LINEpay カード
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

LINEが手掛ける人気のキャッシュレス 決済サービス「LINE Pay」。

ユーザー同士で送金ができたり、実店舗での支払いに使えたり、利便性の高さから年々利用者が増加しています。

LINE Payをはじめとする、キャッシュレス決済サービスと相性が良いのがクレジットカードです。

「LINE Payとクレジットカードを紐づけて支払いしたい」と考えている方も多いでしょう。

そこで今回は、LINE Payにクレジットカードは使えるのかを解説。LINE Payに使えるクレジットカードやチャージ方法、注意点などを紹介しています。

\人気クレカを3枚に厳選/

まずは、LINE Payのチャージ方法を確認していきましょう。

LINE Payの主なチャージ方法は以下6つです。

  1. 銀行口座
  2. セブン銀行ATM
  3. QRコード/バーコード
  4. LINE Payカード
  5. Famiポート
  6. オートチャージ

それぞれ解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1銀行口座

LINE Payのチャージ方法1つめは、銀行口座です。

利用している金融機関の銀行口座を登録すると、口座からチャージできます。

LINE Payに銀行口座からチャージする方法
  1. LINE Payメニューからチャージを選択
  2. チャージ方法で銀行口座を選択
  3. 登録したい銀行を選択
  4. 各銀行のサイトで必要な情報を記入
  5. 希望する金額を入力
  6. チャージ完了

2セブン銀行ATM

LINE Payのチャージ方法2つめは、セブン銀行ATMです。

全国のセブンイレブンにあるセブン銀行ATMから、LINE Payにチャージができます。

LINE Payにセブン銀行ATMからチャージする方法(スマートフォン編)
  1. LINE Payメニューからチャージを選択
  2. チャージ方法でセブン銀行ATMを選択
  3. 画面下にある次へをタップしてコードリーダーを開く
  4. ATM画面に表示されるQRコードを読み取る
  5. スマホ画面に表示される4桁の番号をATMに入力
  6. 現金を入金してチャージ完了
LINE Payにセブン銀行ATMからチャージする方法(LINE Payカード編)
  1. セブン銀行ATMにLINE Payカードを挿入
  2. 入金をタップ
  3. 現金を入金してチャージ完了

3QRコード/バーコード

LINE Payのチャージ方法3つめは、QRコード/バーコードです。

QRコード/バーコードを店舗のレジで提示することで、LINE Payにチャージできます。

QRコード/バーコードでチャージできるのは「AINZ&TULPE」「LIPS and HIPS」「アインズ」のLINE Pay対象店舗です。

LINE PayにQRコード/バーコードでチャージする方法
  1. LINE Payメニューからチャージを選択
  2. チャージ方法でをQRコード/バーコード選択
  3. 店員さんにLINE Payチャージをお願いする
  4. チャージ金額を現金で支払い
  5. チャージ完了

4LINE Pay カード

LINE Payのチャージ方法4つめは、LINE Pay カードです。

LINE Payカードを使って、対象店舗レジでチャージできます。

LINE Payカードでチャージできるのは「ローソン」「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」です。

LINE PayにLINE Payカードでチャージする方法
  1. 店頭のレジでチャージしたい金額を伝える
  2. LINE Payカードを店員さんに渡す(orレジ端末でカード左上にある矢印マークの方向にスワイプする)
  3. チャージ金額を支払う
  4. チャージ完了

5Famiポート

LINE Payのチャージ方法5つめは、Famiポートです。

ファミリーマートにある「Famiポート」からLINE Payにチャージできます。

LINE PayにFamiポートでチャージする方法
  1. LINE Payメニューからチャージを選択
  2. チャージ方法でFamiポートを選択
  3. 希望のチャージ金額を入力しチャージをタップ
  4. LINEウォレットからのトークに記載されている番号をFamiポートに入力
  5. Famiポートから印刷されたレシートとチャージ額をレジで支払い
  6. チャージ完了

6オートチャージ

LINE Payのチャージ方法6つめは、オートチャージです。

オートチャージにすると、LINE Pay残高が設定した金額を下回った場合、登録した口座から自動でチャージされます。

LINE Payにオートチャージする方法
  1. LINE Payメニューからチャージを選択
  2. チャージ方法でオートチャージを選択
  3. オートチャージをONにする
  4. 条件と金額を設定
  5. 設定した金額を下回ると、自動でチャージ完了

クレジットカードからLINE Payにはチャージできない

ここまで、LINE Payのチャージ方法をまとめてきました。

LINE Payのチャージ方法は「銀行口座」「Famiポート」「LINE Pay カード」「QRコード/バーコード」「セブン銀行ATM」「オートチャージ」の6つです。

 基本的には、クレジットカードからLINE Payへのチャージはできません。

LINE Payにチャージできるクレジットカードはありませんので、覚えておきましょう。

ただし、クレジットカードからLINE Payの決済をすることは可能です。

LINE関連のサービスならクレジットカードが使える

LINE Payにクレジットカードを登録すれば、チャージすることなくスムーズに支払いができます。クレジットカードのポイントも貯まるためお得です。

 しかし、LINE Payにクレジットカードが使えるのは「LINE STORE」「LINEモバイル」「LINEほけん」「LINEタクシー」など、LINE関連サービスのみです。

コンビニやドラッグストア、飲食店など実店舗での支払いにクレジットカードは使えません。

LINE Payに登録できるクレジットカードは、「Visa」「MasterCard」「American Express」「Diners Club」「JCB」ブランドのクレジットカードです。

VISA エポスカード 、三井住友カード、dカード、ライフカード など 
Mastercard  楽天カード、オリコカード ザポイント 、セゾンインターナショナルカード、VIASOカード など
American Express  ANAアメックス、アメックスグリーン、アメックスゴールド、SPGカードなど
JCB  リクルートカード 、JCB CARD W、JCBゴールドカード、JALカード など
Diners Club ダイナースクラブ カード、ANAダイナース、ダイナースクラブ プレミアム など 

日本国内で発行しているクレジットカードは、上記いずれかの国際ブランドに該当します。ほぼ全てのクレジットカードが登録できると考えて問題ありません。

LINE Pay経由でクレジットカードを利用すると、クレジットカード会社所定のポイントが貯まります。

たとえば、還元率1.00%のクレジットカードをLINE Payに登録し1万円分使えば、100ポイントが貯まります。
LINE Payにクレジットカードを登録する主なメリットは以下2つです。
  • わざわざチャージせずに支払えること
  • クレジットカードのポイントが貯まること

すでにLINE関連サイトを利用している方にとっては、嬉しいメリットといえるでしょう。

LINE Payで支払えるのは【VISA LINE Pay クレジットカード】だけ

ここまで紹介した通り、LINE Payでクレジットカードが使えるのは、基本的にLINE関連サービスのみです。

しかし、LINE Payの実店舗支払いに使えるクレジットカードが1種類だけあります。「VISA LINE Payクレジットカード」です。

VISA LINE Payクレジットカードは、LINEと三井住友カードが提携して発行するクレジットカード。

LINE Payの実店舗支払いに使える現時点では唯一のクレジットカードとして、2020年4月からスタートしました。

ここでは、VISA LINE Payクレジットカードについて解説。VISA LINE Payクレジットカードの特徴や出来ることを紹介しています。

VISA LINE Payクレジットカードとは

VISA LINE Payクレジットカード

VISA LINE Payクレジットカードは、LINE Payと実店舗での支払などを含む形で連結できる現時点では唯一のクレジットカードです。

VISA LINE PayクレジットカードをLINE Payに登録すると、事前チャージなしでLINE Payの各種支払いができます。

カードは全世界のVISA加盟店で利用可能。VISAタッチ決済に対応しており、暗証番号やサイン不要でスムーズに決済できます。

初年度のポイント還元率は3.00%(ただし2021年5月1日以降または2年目以降1.00%)。カード利用額100円あたり3ポイントLINEポイントを獲得できます。ポイントの獲得上限もありません。

年会費は初年度無料。2年目以降税込1,375円ですが、年1回以上利用すると無料になります。

年会費 初年度無料(※2年目以降税込1,375円)
※年1回以上の利用で無料
ポイント還元率 1.00〜3.00%
貯まるポイント LINEポイント
国際ブランド VISA
締め日・支払日 月末締め・翌月26日払い
審査可能年齢 18歳以上 
\人気クレカを3枚に厳選/

VISA LINE Payクレジットカードを登録すれば【チャージ&ペイ】が利用できる

VISA LINE Payクレジットカードの最大の特徴は、LINE Payに紐付けて使えることです。

VISA LINE PayクレジットカードをLINEアカウントに登録することで「チャージ&ペイ」が利用できるようになります。

チャージ&ペイとは

事前にチャージしなくても支払いができる後払いサービスのことです。

チャージ&ペイを使えば、事前に銀行口座やコンビニなどから残高をチャージする必要はありません。いつでもLINE Payでの支払ができます。

利用金額はVISA LINE Payクレジットカードに請求。まとめて登録している金融機関の口座から引き落とされます。

チャージ&ペイを利用した分だけ、ポイントが貯まります。通常ポイントに加えて、LINEポイントクラブのボーナスポイントが加算されるのもメリットです。

VISA LINE Payクレジットカードは、LINE Payをきわめてお得に利用できるクレジットカードです。

人気のクレジットカードおすすめ3選

おすすめクレジットカード3選

数あるクレジットカードのポイント還元率、使いやすさ(年会費の安さ)、付帯保険・サービスの手厚さなどを比較した結果、総合的におすすめできる人気クレジットカードは以下の3枚です。

総合的におすすめなクレジットカード3選

ここからは、それぞれの特徴や最新のキャンペーン情報について紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

1JCB CARD W


jcb card w
JCB CARD Wのおすすめポイント
  • ポイントが常に2倍
  • 年会費は永年無料
  • 今なら新規入会後、Amazonの利用で最大10,000円キャッシュバック
  • パートナー店でポイント最大11倍
    スターバックス、セブンイレブン、Amazon、メルカリなど
  • ポイント優待サイト経由のネットショッピングでポイント最大20倍
    楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなど
  • ETCカード・家族カードの追加無料
※キャンペーン期間:2022年4月1日〜2022年6月30日

\年会費永久無料/

JCB CARD Wは、入会できるのが18歳〜39歳限定のクレジットカードです。年会費はずっと無料特別な条件なし&更新料もなしで、一度入会すれば40歳以降も年会費無料のまま、使い続けられます。

そんなJCB CARD Wの最大の特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。JCBカード屈指の高還元率を誇ります。

 通常のJCBカードと比較して、国内・海外どこで使っても常にポイントが2倍。パートナー店では最大11倍になり、優待サイト経由のネットショッピングなら最大20倍にもなります。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険の付帯や、家族カード・ETCカードも無料で追加できるなど、クレジットカードとしての使いやすさも魅力。

加えて、不正利用がないかチェックしてくれるシステム・紛失/盗難サポートがあるなど、セキュリティサポートも万全なので、初めてクレジットカードを持つ方におすすめです。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1.0%〜10.0%
国際ブランド JCB
ETCカード 無料

\年会費永久無料/

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用分20%(最大12,000円分)プレゼント!
    期間:2022年4月1日(金)~2022年6月30日(木)
  • 家族カード入会でJCBギフトカード最大4,000円分プレゼント
    期間:~9月30日(金)
  • 友達に紹介でもれなく1,500円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
  • ショッピングを合計1万円(税込)以上利用+キャッシングリボ払いを合計10万円以上利用で3,000円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)

出典:JCB カード W公式サイト

2三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード
三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
  • 貯まったポイントを自動で現金に還元
  • 年会費が永年無料
  • 新規入会で最大10,000円キャッシュバック
  • POINT名人.com経由でポイント最大25倍
    楽天、Yahoo!ショッピングなど
  • 最短翌営業日発行!最短3日程度でカードが届く

\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

三菱UFJカード VIASOカードは、高校生を除く18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能なクレジットカードです。年齢の上限はなく、学生の方でも作ることができます。

三菱UFJカード VIASOカードの最大の特徴は、貯まったポイントを自動で現金にキャッシュバックしてくれることです。キャッシュバック利用の手続きは不要で、1ポイント1円で現金化してくれます。

ポイントが有効期限切れになってしまう心配がなくなる、便利なサービスですね。
 また「POINT名人.com」経由で、楽天市場やYahoo!ショッピングなどでカードを使って買い物をすると、ポイントが最大25倍になります。

カードの発行スピードも魅力です。最短翌営業日に発行、最短3日程度で届きます。お急ぎの方にもおすすめできる、クレジットカードです。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 0.5%〜
国際ブランド Mastercard
ETCカード 年会費無料 (発行手数料:税込1,100円)

\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

出典:三菱UFJカード VIASOカード公式サイト

3三井住友カード(NL)

三井住友NL

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • 最短5分で即時発行可能1
  • 年会費が永年無料
  • 対象店舗でポイント最大5%還元※3
    大手コンビニ3社、マクドナルドでVisaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使ってお支払いいただく場合
  • カード番号・有効期限の記載なしで安心・安全
  • 新規入会と利用で最大6,500円相当のポイントプレゼント※2
  • 家族・友達を紹介で最大10,000ポイントプレゼント

三井住友カード(NL)は、Webで「即時発行」を選択すれば、最短5分で発行できるクレジットカードです。※1

 アプリでカード番号を確認できるため、カードの到着を待たずに利用を開始できます。

年会費は永年無料。高校生を除く18歳以上であればどなたでも申し込みが可能です。

また三井住友カード(NL)の大きな特徴は、Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使ってお支払いいただく場合、対象店舗でポイント還元率が最大5%にアップすること。対象店舗は、コンビニ3社(セブン-イレブン/ファミリーマート/ローソン)とマクドナルドです。※3

これらの店舗をよく利用する方は、ポイントがザクザク貯まります!

さらに、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているほか、カード番号・有効期限の記載がないため、セキュリティ面も安心と言えるでしょう。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 0.5~5.0%
国際ブランド Visa,MasterCard
ETCカード 初年度無料 (年1回利用で翌年も無料)


※1:最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。
※2:2022年4月30日まで
※3:一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
※3:一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

出典:三井住友カード公式サイト

まとめ

ここまで、LINE Payで使えるクレジットカードについてまとめてきました。

LINE Payにクレジットカードは使えますが、LINE関連サービスのみです。クレジットカードからLINE Payへのチャージもできません。

ただし、VISA LINE Payクレジットカードを登録すれば、実店舗の支払いなど自由にLINE Payが利用できます。

LINE Payに紐付けしてクレジットカードを使いたい方は、VISA LINE Payクレジットカードを発行しましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事