消費者金融カードローンおすすめ人気ランキング

個人への融資を行っている「消費者金融」。消費者金融は融資までのスピードが早いことから、いますぐお金が必要な方におすすすめです。

消費者金融選びで重要な項目のひとつが金利。少しでも金利が低い消費者金融を利用すれば、そのぶん余計な利息を支払わずに済むでしょう。

そこで今回は、おすすめの消費者金融について徹底比較。その中でも金利について低金利ランキングを紹介しています。

\おすすめにジャンプ/

低金利の消費者金融カードローンが見つかる内容です。ぜひ参考にしてみてください。

【金利比較】消費者金融カードローンおすすめ10選

プロミス
アコム
SMBCモビット
アイフル
レイクALSA
プロミス
実質年利
4.5〜17.8%
3.0~18.0%
3.0〜18.0%
3.0~18.0%
4.5〜18.0%
借入限度額
500万円
1〜800万円
800万円
800万円
1〜500万円
無利息期間
最大30日間
30日間
×
最大30日間
最大180日間
審査期間
最短30分
最短30分
最短30分
最短25分
最短15秒
融資スピード
最短30分
最短即日
最短即日
最短25分
最短60分
WEB完結

1プロミス

プロミス

プロミスの特徴
  • 2021年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン」第1位
    ※出典:https://life.oricon.co.jp/rank-card-loan/nonbank/
  • 最短1時間融資
  • 全ての手続きがWEB完結

プロミスは、2021年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン」1位を誇る消費者金融です。

 金利は年4.5〜17.8%と上限金利が低く設定されています。

さらに、プロミスではじめてご契約の方は、初回利用の翌日から30日間無利息です。

また、融資手続がスムーズなこともプロミスのメリットです。審査スピードは最短30分。最短30分で融資が受けられます。

申し込みから借入・返済まではWEBで完結。郵送物なしで利用できるため、周囲にバレる心配もありません。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2021年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン第1位」になっており、信頼度・サービスの質ともにたいへん高いです。
金利(実質年率) 年4.5〜17.8%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短30分 
WEB完結 可能
申込可能年齢 2069

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2アコム 

アコム

アコムの特徴
  • 最短30分で審査・最短即日振込み
    ※お申込みの時間帯等によっては対応できない場合がございます。
  • 利息は利用日数分だけ
  • ネットやATMから24時間借入・返済可能

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの大手消費者金融です。アコムの金利は3.0〜18.0%。適用金利は利用限度額に応じて異なります。

利用限度額別アコムの金利

  • 1〜99万円 7.7%~18.0%
  • 100〜300万円 7.7%~15.0%
  • 301〜500万円 4.7%~7.7%
  • 501〜800万円 3.0%~4.7%

アコムの特徴は、審査手続がスピーディーなことです。最短30分で審査回答。さらに、最短で即日振込にも対応しており、急な申し込みでも安心です。

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。

契約後の借入や返済は、ネットやATMから24時間可能。自分のライフスタイルに合わせて、自由にお金を出し入れできます。
金利(実質年率) 年3.0〜18.0%
利用限度額 800万円 
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短60分 
WEB完結 可能
※在籍確認が行われる場合があります。
申し込み条件 20歳以上69歳以下で安定した収入がある方
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。

3SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • Web完結なら勤務先への電話なし
  • 来店不要で最短即日融資可能
  • 返済ごとにTポイントが貯まる

※申込の曜日、時間帯等によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは、来店不要・最短即日融資可能な消費者金融です。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行

いずれかの口座を持っている方は、申し込みから借入までWEB完結できます。

また、Web完結申し込みを利用すると勤務先への電話がないこともSMBCモビットのメリットです。そのため、会社への電話なくてもカードローンを作成できます。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

少ない入力項目で融資可能か分かる「簡易審査」を使えば、10秒で借入可能か判断可能です。
金利(実質年率) 年3.0〜18.0%
利用限度額 800万円
審査スピード 10秒簡易審査 
融資スピード 最短即日
WEB完結 可能 
申込可能年齢 2069

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

4アイフル(即日融資希望の方に定評あり)

アイフルのキャッシング

アイフルの特徴
  • 来店不要でWEB完結
  • インターネットから24時間365日いつでも申し込み可能
  • はじめての方なら最大30日間利息0円
  • 30代から50代の方も利用

WEB申し込みなら、申し込みから実際にキャッシュを借り入れるまで最短25で終えることができます。

申し込みには郵送物が不要。誰にも知られず、全ての手続きがWEB完結します。また24時間即時振込のサービスもあります。

\最短即日融資希望の方は/
アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

アイフルの成約率は40%前後※1です。初回キャンペーンもやっているので、最短即日融資※2をご希望の方は検討してみてはいかがでしょうか。
※1https://www.ir-aiful.com/data/current/MD202008.pdfより
※2お申込みの時間帯等によっては、即日融資に対応できない場合もございます。

また、はじめての方なら最大30日間利息が0円。無利息期間中に返済すれば、もちろん利息は発生しません。

金利(実質年率) 年3.0〜18.0% 
利用限度額 800万円
審査スピード 最短25分
融資スピード 最短25分
WEB完結 可能
申込可能年齢 2069
\最短即日融資希望の方は/
アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

5レイクALSA

【2110】レイクALSA-LP-1

レイクALSAの特徴
  • 公式アプリ「e-アルサ」で借入可能
  • 本人確認はスマホで完了
  • 「60日間無利息」or「5万円まで180日無利息」を選択可能

※商号:新生フィナンシャル株式会社 ※貸金業登録番号:関東財務局長(9)第01024号

 
\審査時間最短15秒/

レイクALSAは、申し込みから借入までWebなら最短60分融資も可能な消費者金融です。

レイクALSA最大のメリットは、無利息期間が長いことです。レイクALSAでは、以下から無利息期間※1を選択できます。

  • 60日間利息0円※2
  • 5万円まで180日間利息0円※3

レイクALSAでは最長60日間までと無利息期間が長く設定されているため、利息が安く抑えられます。

また、レイクALSAでは、カードレスでコンビニ借入が可能。レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」があれば、全国のセブン銀行ATMがカード無しで利用できます。
※『レイクALSAでは2020年12月23日(水)よりセブン銀行ATM「スマホATM取引」によるお借り入れのご利用を停止しています(2021年2月8日現在)』

レイクALSAは、24時間365日WEBから申し込みOK。WEB完結のスピード融資に対応しています。

 すでに他社からの借入額が多い方年収の1/3近く借入ある方では総量規制により融資を受けることができない可能性が非常に高いと考えられます。
\審査時間最短15秒/
金利(実質年率) 年4.5〜18.0%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短15秒
融資スピード Webで最短60分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込が可能でス。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
WEB完結 可能
利用対象者
  • 20歳以上70歳以下の国内に居住する方
  • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
  • 日本の永住権を取得されている方。
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式
  • 残高スライドリボルビング
  • 元利定額リボルビング
返済期間 最長8年最大96回
必要書類 運転免許証
※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人 不要
 
\審査時間最短15秒/

※1初めてなら初回契約翌日から無利息期間、期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。ご契約額が200万超の方は30日無利息のみ。
※2Web申込かつご契約額が1~200万円の方のみ。Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。
※3契約額1万円~200万円まで。

6セントラル

セントラルの特徴
  • 最短30分のスピード審査
  • スマホ・パソコンから24時間・年中無休で申し込み可能
  • 女性スタッフが対応

セントラルは、昭和48年創業の老舗消費者金融です。

金利は年4.8〜18.0%と低金利での貸付を行っています

 審査時間は最短30分。最短即日振込が可能です。

スマホ・パソコンからは 24時間年中無休で受付。いつでもどこでも来店不要で申し込めるため、周囲にバレる心配もありません。

また、セントラルでは、カードローンの申し込みや相談に女性スタッフが対応します。消費者金融が初めての女性でも安心です。
金利(実質年率) 年4.8〜18.0%
利用限度額 300万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
WEB完結 可能
申し込み条件 20歳以上で安定した収入のある方

7ダイレクトワン

ダイレクトワンの特徴
  • 最短即日の借入が可能
  • 日本全国のコンビニATMで利用可能
  • 最低1万円から借入可能

ダイレクトワンは、スルガ銀行グループの消費者金融です。

ダイレクトワンのカードローン・キャッシングの使い道は自由。最低1万円から利用可能なため、使いすぎる心配がありません。

融資スピードも早く、最短当日の借入が可能。契約後は、セブンイレブンやファミリーマートなど日本全国の提携コンビニATMで借入れ・返済の利用が可能です。

また、スルガ銀行ダイレクトワン支店の口座を利用すれば、返済がインターネットからスムーズに行えます。
金利(実質年率) 年4.9〜18.0%
利用限度額 300万円
審査スピード 最短即日 
融資スピード 最短即日
WEB完結 可能
申し込み条件 安定した収入がある方 

8フクホー

フクホーの特徴
  • コンビニで最短即日契約書類が受け取り可能
  • レディース キャッシング あり
  • 創業50年の信頼と実績

フクホーは創業50年の消費者金融です。

利用限度額は200万円。金利は年7.3〜20.0%です。

利用限度額別フクホーの金利

  • 5万円~10万円未満(7.30%~20.00%)
  • 10万円~100万円未満(7.30%~18.00%)
  • 100万円~200万円( 7.30%~15.00%)

全国約13,000店のコンビニで最短即日契約書が受け取れ、全国どこからでも来店不要で申し込みできます。

また、レディースキャッシングや借換えローンがあるため、女性の方や借り換えを検討している方にもおすすめです。
金利(実質年率) 年7.3〜20.0%
利用限度額 200万円
審査スピード 最短即日 
融資スピード 最短即日
WEB完結 不可 
申込可能年齢 2065

9ライフティ

ライフティの特徴
  • はじめての方なら35日間利息0円
  • 来店不要・24時間申し込み可能
  • 借入可能か0.3秒診断

ライフティは、1991年創業の消費者金融です。

申し込みはインターネットから24時間365日受付。借入はパソコン・スマートフォンで手続きできます。

利用限度額は500万円です。1,000円から融資可能なため、必要なぶんだけ少額利用できます。

ただし、融資には通常1〜3日程度かかるので、余裕を持って申し込みましょう。
金利(実質年率) 年8.0〜20.0%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短即日
融資スピード 1日〜3日
WEB完結 可能
申込可能年齢 2069

10フタバ

フタバの特徴
  • 24時間365日受付
  • 最短即日融資・来店不要
  • 少額借入可能・増額可能

フタバは、少額融資に特化した消費者金融です。

フタバでは初回1万円から50万円までの融資が可能。借りたお金は使途自由なため、旅行や祝儀など、イレギュラーな出費に利用できます。

カード利用中、追加の借入が必要になった場合は、いつでも増額の相談が可能です。

また、平日16時までの審査完了で最短即日振込が可能。来店不要で契約できるため、忙しい方にもスピーディーに対応できます。

フタバでは「3問診断」で事前に融資可能かをチェックできます。

フタバ3問診断の質問項目

  • 年齢
  • 年収
  • 他社借入金額

診断結果はネットで確認できますので、フタバに申し込む前に、ぜひ3問診断を活用してみてください。

少額融資を受けたい方におすすめの消費者金融です!
金利(実質年率) 14.959〜17.950%
利用限度額 50万円
審査スピード 30分程度
融資スピード 最短即日 
WEB完結 可能
申し込み条件 消費者金融での他社借入が4件以内の方

【金利比較】消費者金融カードローン低金利ランキング

消費者金融の金利をまとめると、以下のとおりです。

※このランキングは当サイトからの申し込み件数とアクセス数をもとに作成しています。

  金利(実質年率)
プロミス 年4.5〜17.8%
アコム 年3.0〜18.0%
SMBCモビット 年3.0〜18.0%
アイフル 年3.0〜18.0% 
レイクALSA 年4.5〜18.0%
セントラル 年4.8〜18.0%
ダイレクトワン 年4.9〜18.0%
フクホー 年7.3〜20.0%
ライフティ 年8.0〜20.0%
フタバ 14.959〜17.950%

ここからわかるように、本記事内での金利の安いネット銀行ランキングは以下のとおりです(上限金利で比較)。

ネット銀行上限金利ランキング
  1. プロミス【上限金利:17.8%】
  2. フタバ【上限金利:17.950%】

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

消費者金融とは?

消費者金融とは

消費者金融とは、貸金業法にもとづいて個人に融資を行っている融資事業です。

貸金業法が施行される以前は、自由に金利を設定したり、過剰な取り立てを行ったりする業者が現在よりも多くいました。

そういった業者は「サラ金」と呼ばれており、今でも悪いイメージをもっている人もいるでしょう。

しかし現在は、貸金業法で利用者が守られているため、法外な金利は基本的にはありません。ただし、貸付業法の事業者登録をしていない闇金と呼ばれる業者では、違法な金利や取り立てを行っているケースもあります。

そのため、貸金業法にもとづいて事業者登録をしている消費者金融を利用するのがおすすめです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

カードローンの種類

カードローンの種類

カードローンには、以下の3種類があります。

カードローンの種類
  1. 銀行系
  2. 信販系
  3. 消費者金融系

銀行系は、銀行が融資元となって提供する個人向けカードローンです。金利は低いものの、手続きに時間がかかります。

また返済日があらかじめ設定されており、自由に返済方法の選択肢が少ないこともデメリットです。

融資
信販系とは、クレジットカード会社が取り扱う個人向けカードローンで、比較的低金利で高額融資も受けられます。しかし銀行系カードローンと同様に、審査は書類でのやり取りが一般的で、融資までに時間がかかります。

一方、消費者金融系は口座の開設が不要です。無人契約機が用意されているなど、短期間で融資を受けられることがメリットです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

消費者金融カードローンの特徴

消費者金融カードローンの特徴

消費者金融系カードローンは、銀行系・信販系のカードローンに比べて融資までのスピードが早いことが強み。

例えば、アイフルならWEB申し込みで最短25分融資が可能であるため、急にお金が必要になった時の強い味方となってくれます。※申し込む時間帯により翌日以降になる場合もあります。

 その分金利は高い傾向にありますが、その代わり初回の借り入れに関しては無利息期間を設けている消費者金融会社も多く存在するため、比較的短期の借り入れに適していると考えられるでしょう。

今までは消費者金融系カードローンを利用する際、勤務先への電話による在籍確認が必須であることが多かったですが、最近ではWEB完結で在籍確認なしで申し込み可能な業者も増えてきており、比較的簡単に融資を受けることができると言えます。

また、銀行系・信販系のカードローンと比較して返済の自由度が幅広い傾向にあり、返済日の候補を選べたり返済サイクルを選択できる業者もあります。

自分自身の借り入れのニーズに合わせて、賢くカードローンを利用しましょう。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

消費者金融カードローンの審査のポイント

消費者金融カードローンは、申し込めば誰でも融資を受けられるわけではありません。融資を受けるには、審査に通る必要があります。

カードローンの融資は、以下のポイントをもとに審査が行われると言われています。

  • 返済を滞りなく行えるか
  • 過去の信用情報に問題はないか

消費者金融カードローンの審査では、返済を滞りなく実行できる年収や雇用形態であるかが問われます。

たとえば、学生で収入をアルバイトに頼っていたり、日雇いといった不安定な雇用形態だったりすると、カードローンの審査に通らないこともあります。

消費者金融の審査

返済能力について、審査に関与する主な項目は次の通りです。

  • 年収や雇用形態
  • 他社での借入状況

融資の上限金額は、総量規制に則り年収の3分の1を超える額は借入できません。年収が低くても、融資金額が年収の3分の1を大幅に下回る場合は、審査に通る可能性があります。

また、消費者金融カードローンの審査では、過去の信用情報もチェック対象です。

信用情報とは?
クレジットカードやキャッシング、ローンなどの契約や取引情報のこと。

返済の遅延や債務整理の事実が、一定期間保存されます。いわゆるブラックリストに載っている場合は、消費者金融カードローンの審査に通りにくくなるでしょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

大手と中小消費者金融の違い

審査の基準は、消費者金融ごとに異なります。中小消費者金融だからといって、審査が甘いわけではありません。

口コミでは審査が甘いとされている消費者金融でも、返済能力がないと判断されれば、審査に落ちる可能性はあります。大手消費者金融と同様に、年収や雇用形態・過去の信用情報の調査によって借入できるかを審査されます。

大手と中小消費者金融の違いは、金利の設定です。

 一般的に中小消費者金融のほうが、大手よりも金利は高く設定されています。

ただし、大手消費者金融の審査に落ちてしまった場合に、中小消費者金融への申し込みを検討するのも1つの方法です。

大手消費者金融で審査に通らなかった場合でも、中小消費者金融で融資を受けられる可能性があるため、検討の余地はあります。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

消費者金融カードローンに関するQ&A

そもそも消費者金融とは?
消費者金融とは、個人向けに融資を行う業者のことです。貸金業法という法律に則って融資をしているため、法外な貸付は絶対にしないことはもちろん、過剰に取り立てをするといったこともありません。代表的な消費者金融は、本記事でも紹介しているプロミス、アコム、SMBCモビットなどです。
おすすめの消費者金融カードローンを教えて。
本記事で1番のおすすめはプロミスです。2021年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン」で第1位を飾るなど、利用者からの評価が高いことが伺えます。プロミスをおすすめできる理由は下記のとおり。
①30日間無利息サービスあり
②すべてWEB完結
③融資スピード最短60分
さらにプロミスの魅力を知りたい方は記事をチェックしてみてください。
消費者金融カードローンの金利の相場を知りたい。
金利のおおよその相場は下記のとおりです。
下限金利:3%
上限金利:18%
消費者金融のカードローンでは、利息0円期間がある場合が多く、上記の相場よりも低金利での利用も期待できます。本記事で1位のプロミスでは、上限金利が17.8%となっており、他の消費者金融よりも少し低いといえます。

消費者金融カードローンの審査項目を知りたい
消費者金融のカードローンに限らず、審査がともなうローン商品などは審査基準・審査項目を公表していないため、明確なことはわかりません。ただ、下記の項目はチェックされていると予想できます。
①年収や雇用形態
②他社からの借入状況
③信用情報 など
審査に通るか不安という方は、各社の成約率をチェックして、より高いところを選ぶと良いでしょう。
消費者金融カードローンの特徴は?
消費者金融カードローンの一番の特徴は、無利息期間があることでしょう。消費者金融では、新規申込を対象に、「30日間利息0円」といった無利息期間を設けているところが多いです。利息0円期間なら、余計なお金を払わずに完済することも可能です。

まとめ

ここまで、おすすめの消費者金融カードローンを紹介してきました。また、その中でも金利を比較した低金利ランキングも併せて紹介しています。

低金利でカードローンを作成するなら「プロミス」「SMBCモビット」「アコム」「アイフル」などの大手消費者金融がおすすめです。

お急ぎでお金が必要な方は最短即日融資可能なカードローンを利用しましょう。

たとえば、プロミスなら申し込みから最短30分でのスピード融資が可能。全ての手続きがWEB完結するため、いつでも気軽にお金が借りられます。

ぜひこの記事の内容を参考に、低金利の消費者金融に申し込んでみてくださいね。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

関連記事

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事