株式投資のやり方をわかりやすく解説!口座開設〜売買まで

資産運用方法のひとつとして多くの人が実践する「株式投資」。その一方で、株式投資に興味があるもののやり方・仕方が分からない、という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、株式投資のやり方をわかりやすく解説株式投資で利益を出す方法から、口座開設の仕方・売買方法に至るまで、詳しくまとめています。

株式投資のコツも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

株式投資を行う方の目的のほとんどは、利益を出すことでしょう。株式投資で利益を出すには、次の2つの方法があります。

1値上がり益

値上がり益とは
株を購入した値段より、高い値段で売却した際に得られる利益のことです。

株式投資で利益をあげる基本は「安く買って高く売る」ことです。企業の株価は常に変動しています。購入した株がその後値上がりすれば、値上がり分が利益となります。

株式投資の利益計算式

株式の売却額−株式の購入額=利益

たとえば、10万円で購入した株が15万円に値上がりしたタイミングで売却できれば、5万円が利益です。

 一方、購入した企業の株価が下げれば、下落したぶんが損失となります。

値上がり益は、株式投資の最も基本となる考え方です。株式投資で利益を出す軸となるので、ぜひ抑えておきましょう。

2配当金

配当金とは
企業が出した利益の一部を株主に分配することです。

株を購入すると、企業からの配当金が受け取れるケースがあります。受け取れる配当金は、株式の保有比率に基づきます。

例:利益1億円のA社で受け取れる配当金

たとえば、1億円の利益を出すA社で、利益全体のうち3,000万円を配当金に回したとします。3,000万円はA社の株を保有している投資家で分配する仕組みです。

 もしA社の株を10%保有していたとすると、300万円を配当金として受け取れます。

ただし、配当金の有無や大小は企業の業績に左右されます。そのため、どれだけ株式を保有していても、企業の業績が悪ければ配当金は受け取れません。

株式投資家の中には、配当金で利益を出している方も多くいます。配当金を基準に購入する株を選ぶのも良いでしょう。

株式投資のやり方:口座開設編

株式投資するには、まず証券口座を開設しなければなりません。しかし、株式投資初心者の中には「証券口座の開設方法が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

株式投資のやり方:口座開設編

そこでここからは、証券口座開設の方法を紹介していきます。口座開設は、株式投資をスタートする第一歩です。ぜひ目を通してみてください。

1証券会社を選ぶ

証券口座の開設方法1つめのステップは、証券会社を選ぶことです。

証券口座を提供している会社は多数あります。まずは、どの証券会社の口座を開設するか選びましょう。証券会社は、ネット証券総合証券の2つに大別できます。

  • ネット証券
    インターネット専門の証券会社
  • 総合証券
    実店舗がある証券会社

おすすすめはネット証券です。ネット証券であれば、口座開設手続きは全てオンラインで完結。インターネット上で株式を売買できたり・手数料が安かったりすることもメリットです。

ネット証券のメリット
  • 手数料が比較的安い
  • オンラインで口座開設可能
  • 時間や場所を選ばず取引できる

ネット証券の口座開設は無料です。各ネット証券の売買手数料や特徴を比較したうえで、気になるネット証券に申し込んでみてください。

2口座開設申し込み

株式投資のやり方:口座開設編

証券口座の開設方法2つめのステップは、口座開設の申し込みです。

証券会社を選んだら、口座開設の申し込みを行います。ネット証券の場合、口座開設申し込みにメールアドレスが必要なことが一般的です。

 まず、証券会社の申し込みページにアクセスし、メールアドレスを入力。その後、確認メールが届きます。

メール内容は、認証コードや申し込みURLなどです。詳細な手順や方法は証券会社によって異なりますので、証券会社の指示通りに手続きしましょう。

3本人確認書類の提出

証券口座の開設方法3つめのステップは、本人確認書類の提出です。証券口座を開設するには、本人確認書類の提出が必須です。

また、ネット証券の口座開設ではマイナンバーの提出も必須となっています。「マイナンバーカード」もしくは「通知カード+本人確認書類」を用意しましょう。

提出に有効な本人確認書類の組み合わせ(一例)
  • マイナンバーカード
  • 通知カード+運転免許証

もし、マイナンバーカードを持っている場合、マイナンバーカードのみで本人確認書類の提出は完了します。

マイナンバーカードを事前に入手しておくと、口座開設はスムーズです。

4完了通知の受取

株式投資のやり方:口座開設編

証券口座の開設方法4つめのステップは、完了通知の受取です。本人確認書類の提出が完了すれば、口座開設完了通知が届きます。

口座開設完了通知の受け取り方法は、主に以下の2つです。

  • メールで受け取り
  • 郵送で受け取り

最短での口座開設を希望する場合、おすすめはメールで受け取りです。

株式取引を始めるには、口座開設完了通知に記載の取引パスワードが不可欠。郵送受け取りでは、受け取るまで時間がかかるので、そのぶん取引スタートが遅れてしまいます。

株式投資のやり方:売買編

証券口座を開設できたら、株式投資をスタートできます。株を売買する流れを確認していきましょう。

株式投資のやり方:売買編

ここでは、株式投資の流れ・やり方を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

1口座に資金を移動する

株を売買する1つめのステップは、口座に資金を移動することです。口座開設が完了したら、まず証券口座にお金を振り込みます。

 一般的に株式投資に必要なお金は、約10万円程度です。

株式投資に必要なお金は株価×購入株数で決まります。購入株数は、原則100株単位です。

もし、株価1,000円の株を購入する場合、10万円(1,000円×100株)が必要です。

株価は企業によって大きく異なりますが、10万円程度あれば、ある程度の選択肢から買いたい株を購入できます。

2株を選ぶ

株式投資のやり方:売買編

株を売買する2つめのステップは、株を選ぶことです。株式投資で利益を出すには、価値が上がる企業株を買うことが大切です。株価が上がる=多くの人が株を欲しがっている状態です。

今後、事業拡大が見込める企業(=成長株)や、本来の価値より低く評価されている企業(=割安株)の株を選びましょう。

ただし、初心者にとって成長株や割安株を見つけるのは難しいものです。もし迷って購入できない場合、おすすめは身近な企業の株を購入することです。

 よく知っているサービスやモノを提供している企業ほど、情報が得られやすく、売買判断が平易になります。

また、自分が良いと思う企業やサービスは、他の人にとっても良い企業・サービスであるケースも多く、結果として値上がりする場合も少なくありません。

自分にとって親しみのあるサービスや、自分が好きなモノを提供している企業の株を選んでみましょう。

3買い注文を出す

株を売買する3つめのステップは、買い注文を出すことです。株を買う際に決めることは「どの株を(銘柄)・いくらで(金額)・どのくらい(株数)」買うかの3つです。

また、株式を売買する際の注文方法には「指値注文」と「成行注文」の2つがあります。

株式投資2つの注文方法
  • 指値注文
    →価格を指定できる
  • 成行注文
    →価格を指定できない

株式投資初心者におすすめなのは、指値注文です。指値注文の特徴は、自分で購入価格を設定できることです。

 たとえば、1,000円の指値で買い注文をした場合、株価が1,000円以下にならない限り注文は成立しません。

一方、成行注文の場合は、値段がどんどん上昇する可能性があります。株式投資初心者の方は、リスクを最小にスタートするのが鉄則です。

買い注文を出す際は、希望価格を自分で決められる「指値注文」が無難でしょう。

4売り注文を出す

株式投資のやり方:売買編

株を売買する4つめのステップは、売り注文を出すことです。

購入後は、タイミングをみて株を売却します。購入時と同様に「どの株を(銘柄)・いくらで(金額)・どのくらい(株数)」売るか決めましょう。

また、株を売却する際も「指値注文」「成行注文」の2つが選択できます。

指値注文 希望金額で売却できるが、時間がかかる
成行注文 いくらで売れるか分からないが、すぐ売却できる

指値注文は、売却金額を設定できるのが特徴です。取引が成立すれば、自分が希望する利益を確保できます。ただし取引成立には時間がかかり、状況次第では取引不成立となるケースもあります。

成行注文は価格こそ選べませんが、すぐに売れるのがメリットです。株価が急落していて、すぐにでも売却したい場合は成行注文を選択しましょう。

初心者向け株式投資のポイント

上手に株式投資を行うには重要なコツがあります。ちょっとしたコツを知っておくだけで、リスクを最小に利益を積み上げられるかもしれません。

初心者向け株式投資のポイント

ここでは、株式投資のコツを解説。株式投資を行う前に知っておきたい2つのポイントを紹介しています。ぜひ目を通してみてください。

1売却するタイミングを決めておく

株式投資1つめのコツは、売却するタイミングを決めておくことです。

株式投資で利益を出すには、購入した株を手放すタイミングが重要です。売却タイミングひとつで利益を確保したり、損失を最小限に抑えたりできます。

おすすめは、売却するタイミングを事前に決めておくことです。

株の売却タイミング
  • 利益確保:5〜10%値上がりしたら売却
  • 損切り:5%値下がりしたら売却

前もって売却タイミングを決めておけば、感情に流されず冷静な判断ができます。

 当然ですが株式投資では、購入した株が必ず値上がりするとは限りません。

そのため、損失を最小に抑える「損切り」は、株式投資において特に重要です。売却タイミングが決まっていないと、どんどん損失額が膨らむ可能性があります。

株式取引を始める前には、なるべくマイルールを設定。冷静な取引を行いましょう。

2少額からスタートする

初心者向け株式投資のポイント

株式投資2つめのコツは、少額からスタートすることです。株式投資に初めてチャレンジする方は、少額からスタートするのがおすすめです。

 株式投資には当然リスクもあります。上手く運用すれば資産を増やせる反面、お金が減ってしまう可能性もあります。

株の購入額が高いほど損失リスクも高くなるため、一度少ない金額で株を購入してみましょう。株式投資必要な金額は「株価×株数」で決定します。

株数は、100株単位での購入が原則です。資金を抑えるには、株価が安い企業(1,000円以下)に絞って株を選んでみるのも良いかもしれません。

少額投資対応のネット証券もおすすめ!

また、少額での株式投資を行うには、少額投資対応のネット証券を利用するのもおすすめです。少額投資対応のネット証券では、100株未満で株が購入できます。

少額投資できるネット証券(一例)

上記のネット証券では、1株数百円から株が購入可能リスクを最小に取引できるのはもちろん、まとまった元手がなくても株式投資できるのがメリットです。

まずは少額からスタートし、慣れてきたら金額をあげるのも良いでしょう。

3リスクを分散する

株式投資3つめのコツは、リスクを分散することです。特定銘柄に集中投資してしまうと、銘柄の価値の比例して資産も大きく変動してしまいます。

 もし銘柄Aに全資金を投資した場合、株価が50%下落すれば資金は2分の1になってしまいます。

その逆も起こりえますが、投資の世界ではリスク分散が基本です。複数の投資先があれば、仮に1つの投資が失敗しても他でカバーできます。

特定銘柄への集中投資は避けて、なるべく幅広い投資先にお金を分散させましょう。

まとめ

ここまで、株式投資のやり方を紹介してきました。今回のポイントは以下3つです。

株式投資のやり方3つのポイント
  • 株式投資するには証券会社の口座開設が必須
  • 株で利益を出す方法は「値上がり益(安く買って高く売る)」が基本
  • 初心者は少額スタートがおすすめ

株式投資を行うには、まずネット証券に口座を開設しましょう。株式で利益を得る基本は安く買って高く売ることです。少額投資可能なネット証券を選べば、少ない資金で株式投資をスタートできます。

ぜひこの記事の内容を参考に、株式投資にチャレンジしてみてくださいね。
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事