初心者でも分かる 株の買い方・売り方とは?

これから株式投資をはじめる方の中には「株の買い方が知りたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、株の買い方・売り方について解説。株式投資初心者向けに、証券口座の開設方法から株の選び方まで幅広く紹介しています。
※本記事は、株式投資で必ず利益を生む方法を紹介するものではありません。株式投資は自己の責任において行っていただきますようお願いいたします。

\初心者向けの無料口座開設/

株式投資を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

証券会社によってサービス内容は大きく異なります。そのため、まずは自分に合った証券会社を選ぶことが大切です。

証券会社を選ぶ上での主なポイントは3つあります。

  1. 手数料の安さ
  2. 投資情報の充実さ
  3. 金融商品の豊富さ

以下、証券会社を選ぶ3つのポイントをそれぞれ詳しく解説しています。証券口座開設の前に、目を通してみてください。

1手数料の安さ

株式取引では、その都度手数料を支払わなければいけません。

手数料は証券会社によって異なるため、証券会社を選ぶ大きなポイントになり得ます。

証券会社に支払う手数料は主に以下2パターンです。

  • 1回あたりの手数料
  • 1日あたりの手数料

1日にたくさん取引する人であれば、1日あたりの手数料が安い会社を選ぶのが吉。回数に手数料が左右されず、安心して取引できます。

一方、あまり取引しない人であれば、1回あたりの手数料が安い会社が、お得になるでしょう。

手数料は証券会社選びの重要ポイントです。しっかり比較したうえで証券会社を選びましょう。
\初心者向けの無料口座開設/

2投資情報の充実さ

証券口座を開設すると、さまざまな投資情報を無料でチェックできます。

 株式取引では、正しい情報を持っているかどうかが重要です。そのため、どんな情報を提供してくれるかも、証券会社選びの大きなポイントになります。

証券会社は、それぞれ独自のコンテンツを持っています。

証券会社には、情報の分析を行うアナリストや経済動向を予測するエコノミストなどの専門家が在籍。利用者に有益な情報を配信しています。

すべての証券会社が同じ情報を提供しているわけではありません。株式取引で利益をあげるためには「コンテンツの充実度」にも意識を向けてみてください。

3金融商品の豊富さ

現在の証券会社は、国内株式だけでなくさまざまな金融商品を複合的に扱っています。

証券会社が取り扱っていない金融商品は購入することができません。つまり、金融商品の数が多ければ多いほど、利用者の選択肢は増えます。

 ただし、ネット証券の場合、取り扱っている金融商品の種類や数はほとんど変わりません。

そのため、初心者の場合には、あまり気にするポイントではないともいえるでしょう。

ある程度慣れてきたら、どんな金融商品を扱っているのかもチェックしてみてください。

\初心者向けの無料口座開設/

STEP2:証券口座を開設する

株を買うには、証券口座が必要不可欠です。証券口座はネットから最短即日で開設できます。

以下、証券口座の開設申し込み~口座へ入金するまでの流れを詳しく紹介します。確認していきましょう。

1証券会社を選ぶ

証券会社は全国にたくさんあります。証券会社を選ぶポイントは、大きく4つです。

  1. 手数料
  2. サービス内容
  3. 金融商品の豊富さ
  4. 提供してくれる金融情報の質

さまざまな観点から、自分の投資スタイルに合った証券会社を選びましょう。

\初心者向けの無料口座開設/

2証券会社のHPから口座開設申し込みを行う

ネット証券の場合、口座開設はほとんどオンラインで行えます。

オンラインでの口座開設申し込みの流れは以下のとおりです。ぜひ目を通してみてください。

口座開設申し込み手順
  1. メールアドレスを入力する
  2. 返送されたメールに記載されている認証コードを入力する
  3. 住所などの情報を入力する
  4. 各種規約を確認する
  5. 口座開設の方法を選択する
  6. 完了

3本人確認書類を提出する

証券口座の開設には、本人書類の提出が必要不可欠です。

ネット証券ならオンラインで本人確認書類を提出できます。具体的な流れは以下のとおりです。

本人確認書類までの手順
  1. 口座開設申し込み完了と同時に発行されるユーザーネームとログインパスワードで証券会社のマイページにログインする
  2. 口座開設状況を確認する
  3. 本人確認書類の提出方法を選択し、指示される方法で提出する
  4. 完了

証券口座の開設には、マイナンバー確認書類の提出が必要です。手元にない方は、事前に準備しておきましょう。
\初心者向けの無料口座開設/

4口座開設完了通知を受け取る

口座開設完了通知は、メールもしくは郵送で受け取ることができます。

郵送の場合には、申し込みを行なった本人が受け取るようにしましょう。

口座開設完了通知の書類には、口座番号など取引に必要な情報が記載されています。大切に保管しましょう。

5開設した口座に入金する

入金方法は「インターネット入金」「銀行振込」「振替入金」の3種類があります。以下、それぞれ簡単に解説します。

  1. インターネット入金
    インターネット入金は即日入金が可能です。インターネット入金は、マイページから行うことができます。
  2. 銀行振込
    銀行振込が利用できるのは、銀行の窓口・ATMが空いている時間のみです。銀行振込を利用する場合、振込手数料が発生する可能性がある上、振込完了まで数時間かかります
  3. 振替入金
    24時間いつでもインターネット上で入金ができます。振込手数料は発生しませんが、振込完了は翌営業日です。

おすすめは、インターネット入金です。インターネット入金なら、場所や時間に縛られずスムーズに手続き可能。入金スピードがはやく、労力も削減できます。

\初心者向けの無料口座開設/

STEP3:購入する株を決める

証券会社の口座開設が完了すれば、次の行動は実際に株を購入することです。ここでは、初心者向けに株を選ぶポイントと注意点を紹介します

株を選ぶポイントは大きく3つあります。

  1. まずは身近な企業の株を買ってみる
  2. 基本は国内株
  3. 株式市場をチェック

以下、それぞれ詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1まずは身近な企業の株を買ってみよう

株式取引で成功するためには「良い企業」の株を買い続けることです。

多くの人に良い企業だと思われている会社の株は、基本的にはあまり価値が下がりません。

株式初心者にとっての「良い企業」とは?
  • 自分がよく使っている商品・サービスなどを提供している会社
  • 応援したいと思える会社

初めて株式投資をする場合には、まずよく知っている身近な企業の株を買ってみましょう。

よく知っている企業であれば、その企業のストロングポイントも比較的理解しやすいはずです。

何より、よく知っている企業は有名な企業である可能性が高いため、安定した株式取引が期待できます。

\初心者向けの無料口座開設/

2基本は国内株

株には、日本企業の株(国内株)と外国企業の株(海外株)の2種類があります。

株式初心者が扱いやすいのは、基本的には国内株です。

その理由は?

国内株の方が情報を集めやすいから

確かに、海外株は話題の成長株に投資できるというメリットがあります。しかし、国内株に比べて情報が少なく、売買手数料も高く設定されています。

初心者が海外株に手を出して失敗することはよくある話です。まずは国内株から購入してみましょう。

3株式市場をチェック

東京証券取引所では、4つの株式市場を開設しています。株式市場によって、購入できる株式は異なる特徴を持っています。

株式市場の種類
  1. 東証第1部
    大企業や中堅企業が上場しています。海外投資家も参入する世界的にも大きな市場です。
  2. 東証第2部
    中堅企業や老舗企業が上場しています。
  3. マザーズ市場
    成長が期待されている企業が上場しています。
  4. JASDAQ市場
    ある程度実績のある成長企業や将来成長する可能性が高い企業が上場しています。

株式市場ごとの特徴を理解しておくと、買いたい株式がスムーズに選べます。
\初心者向けの無料口座開設/

STEP4:株を買う

ここからは、株の買い方や購入単位、買う際のポイントについて解説します。

初心者が株を買う際、タメになる情報満載です。ぜひチェックしてください。

株を買う流れ

まずは、株を買う流れを把握しましょう。以下、株を買うための簡単な流れを紹介します。

株を買う手順
  1. 証券口座を開設する
  2. 購入に使う資金を口座へ入金する
  3. 購入する株を選ぶ
  4. 買い注文を出す
  5. 購入完了

購入単位

株の購入単位は、100株単位が基本です。

 日本では、株を1株ずつ購入することはできません。

株ごとに購入できる単位が決まっていますので、決まった単位以上で株を購入しましょう。

\初心者向けの無料口座開設/

「成長株」や「割安株」を購入しよう

株式投資で利益を出すためには「成長株」「割安株」を購入するのがおすすめです。

成長株とは
業績が右肩上がりで成長が期待できそうな会社の株のこと

会社の規模が小さいうちに株を購入できれば、かなり大きなリターンが期待できるでしょう。成長株は、株価収益率という計算方法で割り出すことが可能です。

割安株とは
何らかの理由で投資家に注目されず、本来の価値に比べて株価が安い会社の株のこと

初心者のうちは、あれこれと多くの銘柄に手を出してしまいがち。そこをグッと我慢して、成長株や割安株だけに絞るのも一つの方法です。

STEP5:株を売る

株式投資では、株を買って売るまでが1つの流れです。

どれだけ株価が上がっても売却しなければ、利益は獲得できません。株を買う前に、株の売り方まで覚えておきましょう。

ここでは、株を売る方法やポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

株を売る流れ

株を売る流れは、基本的に買う場合と同じです。以下、株を売る流れを紹介します。

株を売る流れ
  1. 売る株を選択する
  2. 売る株の量を決める
  3. 売り注文を出す
  4. 売却完了

株を売る3つのタイミング

株を売るタイミングは主に3つあります。

  1. 目標に達したとき
  2. 損切りするとき
  3. 業績悪化が確定したとき

以下、それぞれ詳しく紹介していきます。

\初心者向けの無料口座開設/

1目標に達したとき

株式投資では、あらかじめこの価格になったら売却するという基準を定めておくことが大切です。

売却タイミングを決めておくことで、利益を確保したり・損失を回避したりできます。

例、株の売買基準
  • 株価が10%上昇したら売る
  • 株価が5%下落したら売る

初心者の場合、ついつい予測を誤ってしまいかねません。最初に定めた目標株価に対して忠実に売却することを心がけましょう。

2損切りするとき

損切りとは、損失が確定している株式の被害を最小限に抑えることのできる行為です。

損切りを行う目安は、損失が5〜10%になったときだといわれています。

例えば、50万円で株を購入した場合は47万5千〜45万になったタイミングで売却するのが一般的です。

この目安を下回った場合には、勇気を持って売却することをおすすめします。

\初心者向けの無料口座開設/

3業績悪化が確定したとき

株式を売るタイミングは、企業の業績悪化を原因とする株価の値下がりが明らかになったときを考えられます。

具体的には、目に見える業績悪化や不祥事が明らかになったときなどです。

株価が下がるスピードは速いため、下がりきる前に売却することをおすすめします。

株式投資では、株を売却するタイミングが一番難しいといわれています。自分なりのルールを持ち、欲を出さないように注意しましょう。

初めての株式投資で注意すること

初めて株式投資を行う場合、注意点を理解しておくことが重要です。

事前に気をつけるべき事を知っておけば、リスクを最小に抑えられます。

初めての株式投資で注意することは3つあります。

  1. 1つの株式に資金を集中させること
  2. 投資方法をコロコロ変えること
  3. 利益に固執しすぎること

以下、それぞれ詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

\初心者向けの無料口座開設/

11つの株式に資金を集中させること

1つの株式に資金を集中させるのはおすすめできません。

 利益は大きくなる可能性がありますが、同時に損失が大きくなる可能性を含んでいます。

株式投資では、避けられるリスクは避けるのが鉄則ともいえます。そのため、1つの株式に資金を集中させるのは避けましょう。

2投資方法をコロコロ変えること

初めて株式投資を行う際、少しでもマイナスになってしまうと投資方法を変える人がいます。

 利益がでないからといって、すぐに投資方法を変えてしまうと、損する可能性が高くなってしまいます。

投資方法によって、ストロングポイントや特徴は様々です。そのため、ひとつの投資方法について理解を深めた方が、株式投資は上達するでしょう。

3利益に固執しすぎる

利益に固執しすぎることも、初心者が陥りやすい注意点です。

 当然ですが、株式投資には損するリスクがつきもの。利益だけに囚われず、ある程度の損失を受け入れることも重要です。

とくに、損切りは株式投資の基本です。

回復の兆しが見えない場合は、損失拡大を避けるためにも思い切って売却しなければいけません。

初心者のうちは、事前に売却する基準を決めておくと良いでしょう。
\初心者向けの無料口座開設/

まとめ

今回は、株の買い方と売り方について解説しました。

株式投資は、証券口座さえあれば初心者でも簡単に行えます。正しい知識を持って行えば成果を出すことも十分可能です。

初めて株式投資は、小さく始めるのがおすすめ。ぜひ今回の内容を参考に、最小限のリスクで株式投資をはじめてみて下さいね。

\初心者向けの無料口座開設/
記事監修者

弁護士 石原 一樹
2013年ヤフー株式会社に入社。法務部等において、法令調査、契約書作成や子会社管理、役員会議事務局等の企業法務全般の業務に従事。2015年外資系法律事務所東京オフィスにて勤務し、同オフィスパートナーが独立し設立した窪田法律事務所に参画。 特許、商標等知的財産権に関する業務に加え、企業破産管財事件、契約書作成等の企業法務案件(係争案件・非係争案件)、刑事案件など幅広い業務に従事。2017年スタートアップ・ITベンチャー企業に特化したリーガルサービスを提供するSeven Rich法律事務所を設立。

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事