JCBクレジットカード
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

日本発の国際ブランド「JCB」。

JCBはクレジットカードも発行しており、幅広い世代から高い人気を誇ります。

そこで今回は、JCBのクレジットカードを徹底解説。特徴やポイントから、使える店・解約手数料までをまとめています。

\還元率と特典がお得なカード/

おすすめのJCBカードも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

JCBカード人気おすすめランキング

JCB CARD W
JCB CARD W plus L
ソラチカカード
JCBゴールド
JCB一般カード
JCBプラチナ
JCB CARD W plus L
JCBゴールド
JCB一般カード
JCBプラチナ
年会費
永年無料
永年無料
初年度無料
2年目以降
2,200円税込
ネット入会で
初年度無料
2年目以降
11,000円税込
ネット申し込みで
初年度年会費無料
通常1,375円税込
27,500円税込
還元率
1-5.5%
1-10%
0.5-1%
0.5-5%
0.50%~5.00
0.5-5%
発行
最短
3営業日
最短
3営業日
最短
5営業日
通常
2週間程度
最短
翌日お届け
最短
当日発行
最短
3営業日
国際ブランド
JCB
JCB
JCB
JCB
JCB
JCB
特典
キャンペーン
Amazon.co.jpで
最大10,000円
キャッシュバック
Amazon.co.jpで
最大10,000円
キャッシュバック
1,000マイル
+最大34,700円相当
プレゼント
Amazon.co.jpで
最大20,000円
キャッシュバック
Amazon.co.jpで
最大12,000円
キャッシュバック
Amazon.co.jpで
最大30,000円
キャッシュバック
申込対象
18-39歳
18-39歳
18歳以上
20歳以上で
ご本人に安定継続収入
のある方
(学生不可)
18歳以上で
ご本人or配偶者に
安定継続収入のある方(高校生は除く)
25歳以上で
安定継続収入のある方
学生不可

さらに、JCBカードでは法人カードの用意もあるため気になる方はこちらもチェックしてみてください!

1JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wは、いつでもポイント2倍。JCBの中で最も高還元率カードです。

年会費は永年無料。ETCカードや家族カードも無料で発行できます。

JCBで最もおすすめのクレジットカードであることはもちろん、全クレジットカードの中でもトップクラスの人気を誇ります。

さらに、JCB CARD Wについて詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください!
年会費 永年無料
還元率 1.00%
申し込み条件 18歳以上39歳以下(40歳以降も年会費無料のまま継続可能)
\年会費永久無料/

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用で最大10,000円キャッシュバック!
  • さらに、抽選で10万円分のJCBギフトカードプレゼント
    期間:2021年10月1日(金)~12月7日(火)
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント
  • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント
  • キャッシング枠30万円以上の申し込みで200円プレゼント+利用で3,000円キャッシュバック
    期間:2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)
\年会費永久無料/

2JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lは、女性疾病保険のサポートや優待などの特典が付いたクレジットカードです。

JCB CARD W plus Lの特典
  • 女性に嬉しい優待やプレゼント
  • 女性のための保険サポート

基本スペックは、JCB CARD Wと同じ年会費無料の39歳以下・WEB限定で入会できます。

ポイントをお得に貯めたい女性は、ぜひメインカードにしたい1枚です。
年会費 永年無料
還元率 1.00%
申し込み条件 18歳以上39歳以下(40歳以降も年会費無料のまま継続可能)

3ソラチカカード

ANA To Me CARD PASMO JCB

ソラチカカードは「PASMO」と「ANAカード」の機能が1枚にまとまったクレジットカードです。

ソラチカカードは普段のカード利用でマイルが貯まるのはもちろん、PASMOの定期券購入オートチャージでもマイルを貯めることができます。マイルの還元率は0.50%〜1.00%になっており効率よくマイルを貯められるカードと言えるでしょう。

ソラチカカードが気になる方は以下の記事も読んでみましょう!
年会費 初年度無料(2年目以降:税込2,200円)
ポイント還元率 0.50%
申し込み条件
  • 原則として18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方
  • 日本国内の金融機関に個人口座をお持ちの方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
    ※一部、お申し込みいただけない学校あり。

4JCBゴールド

JCBゴールドは、ゴールドカードならではの安心とクオリティーが魅力の1枚です。

 付帯する海外旅行傷害保険は、最高1億円。海外利用で2倍のポイントが貯まります。

空港ラウンジサービス(国内・海外)やグルメ優待サービス等、特典サービスも充実。旅行や出張が多い方に、おすすめのクレジットカードです。

また、JCBゴールドの利用者のうち条件を満たした方は「JCBゴールド ザ・プレミア」へのインビテーション(招待)を受けられます。

通常招待を受けるには、JCBゴールドを2年間は利用しなければいけませんが、今だけ期間限定で6ヶ月の利用でグレードアップできるキャンペーンを実施中です。
※キャンペーン期間:2021年7月1日〜9月30日

以下の記事では詳しいキャンペーン条件や、JCBゴールドについてさらに解説しているので、ぜひチェックしてみてください!
年会費 初年度無料(2年目以降:11,000円)
還元率 0.50% 
申し込み条件  20歳以上
\ネット申込で年会費初年度無料!/

5JCB一般カード

JCB一般カード

JCB一般カードはオンライン口座設定で最短翌日受け取りが可能な点が特徴のクレジットカードです。また、その他のポイントサービスや付帯保険なども充実しており特に40歳以上の方におすすめのカードです。

基本的な特典はカバーされているので、クレジットカードを初めて持つ方にも使いやすいカードになっています!
さらに、オンライン入会で初年度年会費が無料になるだけでなく以下の条件達成で次年度年会費が無料になる点も嬉しいポイント。
2つの条件
  1. My Jチェックの登録
  2. 年間合計50万円(税込)以上のショッピング利用
お得に入会できるキャンペーンも実施中なのでチェックしてみましょう。
年会費 1,375円(税込)
初年度年会費無料
還元率  0.3〜5.0%
申し込み条件 18歳以上

6JCBプラチナ

JCBプラチナ

JCBプラチナは、プラチナカードらしい特典が魅力のクレジットカードです。年会費は27,500円かかりますが、それ以上に多くのメリットが備わっています。

JCBプラチナメリット
  • コンシェルジュサービス
  • ホテルやレストランでの優待
  • 空港ラウンジ利用
  • 旅行傷害保険

JCBプラチナはインビテーションがなくても申し込むことが可能です。ただし、「25歳以上で本人に安定継続収入のあること」が申し込み条件のため学生の方は申し込めないので注意しましょう。

年会費 27,500円(税込)
還元率 0.50%
申し込み条件 25歳以上
\優待店でいつでもポイント2〜10倍!/

JCBカードの特徴・メリット

まず、JCBカードの特徴を確認していきましょう。

以下、JCBカードの特徴4つをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • トラベルサービスが充実
  • Oki Dokiポイントが貯まる
  • 割引チケットが利用できる
  • My JCBが便利
\還元率と特典がお得なカード/

特徴1:トラベルサービスが充実

JCBでは、旅行の申し込みから、現地のサポートまでを行なっています。

クレジットカードを発行することで、JCBのトラベルサービスを受けることが可能です。JCBが提供するトラベルサービスには、以下のようなものがあります。

JCBのトラベルサービス一覧
  • JCBプラザ
    海外に設置されたサポート窓口。JCB加盟店の予約や観光に関するお問い合わせを日本語で受け付けています。
  • JCB紛失・盗難海外サポート
    →海外でJCBカードの紛失・盗難にあったときの手続きに対応。利用状況に応じたサポートを日本語で行います。
  • 空港免税店割引サービス
    JCBカードを利用すると割引になる優待クーポン券を提供しています。
  • JCB空港優待ガイド
    →JCBおすすめ加盟店を紹介したオリジナルガイド。掲載店にクーポンを渡し、JCBカードで支払うと、おトクな優待サービスが受けられます。
  • 海外レンタカーサービス
    海外のレンタカー会社を紹介。JCBカードで支払うと5~25%引きになります。
  • JCB海外おみやげサービス
    →出発前に注文すると、帰国日にあわせて指定の場所へ届けてくれます。
  • 高品質スーツケースを格安レンタル
    →人気ブランドスーツケース(RIMOWA・Samsonite・Protecaなど)7,000台以上のなかから、サイズ・種類・旅行日数など、希望に最適なスーツケースをレンタルできます。
  • JCB GLOBAL WiFi
    →JCB会員向けに、海外で利用できるWiFiルーターレンタルサービスを優待価格で提供します。
  • たびらば
    →海外旅行に役立つJCBならではの優待情報や、現地スタッフ発のおすすめ情報などをご紹介しています。
  • その他
    →海外キャッシング1回払い・空港宅配優待サービス・空港ラウンジサービス・海外ショッピング保険・海外旅行保険 など

多種多様なトラベルサービスが受けられるだけで、JCBカードに入会する価値は十分です。

\還元率と特典がお得なカード/

JCBカードは、とくに旅行好きの方におすすめのカードと言えます。

特徴2:Oki Dokiポイントが貯まる

JCBカードは、利用額に応じてOkiDokiポイントが貯まります。貯まったOkiDokiポイントは、バラエティー豊かな様々な商品と交換したり買い物で使ったりできます。

OkiDokiポイントの主な使い道は以下4つです。

  1. 商品と交換する
  2. 買い物で使う
  3. 支払い金額に充当する
  4. マイルや他のポイントに移行する

1商品と交換する

JCBカードでは、家電、グルメなど各種コースやポイント数から商品を選ぶことができます。

OkiDokiポイントと交換できる景品は、

  • ReFa CARAT RAY
  • シャーププラズマクラスター加湿空気清浄機
  • ダイソンDyson Cyclone V11 コードレスクリーナー 
  • カゴメ野菜生活100国産プレミアムギフト

などです。ポイントと交換できる商品は、パソコンやスマートフォンで簡単に確認できます。

\還元率と特典がお得なカード/

普段の買い物でポイントを貯めて、お得に商品をゲットしましょう。

2買い物で使う

貯まったOkiDokiポイントは、インターネットショッピングで利用したり、商品券と交換・ポイントカードへのチャージも可能です。

 たとえば、Amazonで1ポイントから使ったり、スターバックスカードへ1ポイントからチャージしたりできます。

そのほか、百貨店で使える商品券と交換したり、オンラインギフトに交換したりと使い方は無限大です。

3支払い金額に充当する

OkiDokiポイントは、おトクにキャッシュバックできます。

キャッシュバックに申し込むと、お申し込みのポイント数から換算した金額が、カード利用金額からマイナス。割安でショッピングを楽しめます。

4マイルや他のポイントに移行する

OkiDokiポイントは、提携先各社のマイル・クーポンやポイントなどへ交換可能です。

OkiDokiポイントと交換できる、ポイント・マイル
ポイント nanacoポイント、dポイント、ビックポイント、Pontaポイント、ジョーシンポイント、楽天スーパーポイント、ビックネットポイント、ベルメゾンポイント、セシールスマイルポイント、楽天Edy、カエトクカード、スターバックスカード チャージ、WAONポイント
マイル JALマイレージバンク、ANAマイレージクラブ、ANA Skyコイン、デルタ航空スカイマイル

交換できるポイントやマイルの数は、クレジットカードの中でもトップクラスです。

\還元率と特典がお得なカード/

JCBカードでポイントを貯めれば、自分にとって、最適な使い道を選択できます。

特徴3:割引チケットが利用できる

コンサートや演劇など、各種チケットの購入にもJCBカードが利用できます。

さらに、JCBカード会員だけの先行受付や割引チケットを用意。JCBのクレジットカードは、ライブやイベント好きの方にもぴったりです。

特徴4:My JCBが便利

My JCBとは

オンラインで利用明細確認やポイントの確認など、各手続きができるJCBカード会員限定のサービスです。

MyJCBでは、利用金額をいつでも確認可能現在のポイント数、有効期限をいつでも把握でき、その場で商品交換もできます。

さらに、MyJCBならキャンペーンへの参加や支払い方法の変更も簡単。あらゆる手続きをネットで完結できるのが、最大の魅力です。

\還元率と特典がお得なカード/

 

JCBカードが使えるお店・使えないお店

JCBカードを発行する際、気になるのが使える店・使えない店です。

ここでは、JCBカードが使える店・使えない店について解説しています。

\年会費永久無料/

JCBカードが使える店

JCBカードの国際ブランドは、JCBです。

 JCB加盟店であれば、どこでもJCBカードでの支払いができます。

JCBの加盟店舗数は、約3,000万店。日本発の国際ブランドだけあって、国内でのシェアは圧倒的です。

クレジットカードに対応しているほとんどの店舗で、JCBカードが使えると考えて問題ないでしょう。

JCBカードが使えない店

国内クレジットカード対応店であれば、ほとんどの店で使用できるJCBカード。しかし、中にはJCBカードが使えない店も、いくつかあります。

JCBカードが使えない店
  • スシロー
  • コストコ
  • Fantia
  • BOOTH など(20201030日時点)

大手チェーン店では、スシローやコストコでJCBカードが使えません。そのほか、FantiaやBOOTHなどの一部ネットサービスでも使えなくなっています。

 もし、これら店舗でのクレジットカード利用を目的としている場合、JCBカードはおすすめできません。VISAやMastercardのクレジットカードを作成しましょう。

ただし、基本的にはJCBカードを持っていて、支払いに困るケースはほとんどありません。

使えない店舗のヘビーユーザー以外は、JCBの利用可能店舗を気にする必要はないでしょう。

\年会費永久無料/

あなたに最適なJCBカードの選び方

ここまで、様々なJCBカードを紹介してきました。ただ、中にはどのようにして自分に合ったカードを選べば良いかわからないという方もいるでしょう。

そこで、ここからは自分に合ったJCBカードを選ぶコツを3点ご紹介します。

JCBカードを選ぶ基準
  • 年会費や特典・ステータスで選ぶ
  • 海外旅行保険の有無で選ぶ
  • 自分がよく利用する店でのポイント還元率で選ぶ

ぜひ、JCBカードを選ぶ際に参考にしてみてください!
\年会費永久無料/

1年会費や特典・ステータスで選ぶ

JCBカードには様々な種類が用意されています。その中でも、クレジットカードを選ぶ際にはステータスごとに比較すると自分に合ったクレジットカードを選びやすくなるためおすすめです。

一般カード
  • JCB CARD W
  • JCB CARD W plus L
  • ソラチカカード
ゴールドカード
  • JCBゴールド
プラチナカード 
  • JCBプラチナ
ブラックカード
  • JCBザ・クラス

クレジットカードのステータスによって、年会費や特典が変わってきます

コストパフォーマンスを重視する方やクレジットカードを初めて持つ方は「一般カード」、特典や会員サービスの充実度を重視する方にはゴールドカード以上のランクが高いカードがおすすめです。

\年会費永久無料/

2海外旅行保険の有無で選ぶ

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されているものが存在します。

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険とは?
海外旅行中の事故によるケガや病気、さらには携行品の盗難や破損に対して補償するサービスです。
海外旅行傷害保険が付いているクレジットカードを作成すると、わざわざ保険に入らなくても安心して海外旅行に行くことができるようになります。また、JCBカードには海外旅行だけでなく国内旅行傷害保険の用意も。
 ただし、カードによっては所持しているだけでは保険が適用されないもの(利用付帯)もあるので注意が必要です!
\年会費永久無料/

3自分がよく利用する店でのポイント還元率で選ぶ

クレジットカードの選び方として、自分がよく利用する店でのポイント還元率に注目して選ぶという方法があります。特にJCBカードにはポイント還元率が上がるポイント優待店(JCB ORIGINAL SERIESパートナー)が多数存在。

ここからは、一部の優待店についてご紹介します!
JCB ORIGINAL SERIESパートナー例
  • amazon【最大10倍】
  • メルカリ【最大2倍】
  • セブンイレブン【最大3倍】
  • Starbucks【最大10倍】
  • モスバーガー【最大2倍】
  • シェルSS【最大2倍】

さらに、JCBが運営している「Oki Dokiランド」を経由して買い物するだけで最大20倍のポイントをいつでも獲得できます。合わせて、利用店舗を確認してみてください。

\年会費永久無料/

JCBカードの発行までの流れ

jcbクレジットカードの発行までの流れ

JCBカードを申し込むには主に、「インターネット申込」と「郵送申込」の2種類があります。ただ「インターネット申込」の方が、早くカード発行できるため、ここでは「インターネット申込」を中心に確認していきましょう。

JCBカードの申込みの流れは、大まかに次のようになります。

JCBカードの申込みの流れ
  1. インターネットで入会申込み
  2. 支払い口座の設定
  3. 審査
  4. カード発行

そのときに、次のいずれかの申込み方法を選択すると、最も早く手元にカードが届けられますよ。

JCBカードの申込み方法
  1. インターネットで支払い口座の設定:支払い口座が確認できるので、本人確認書類や口座開設書類の提出が不要。最短3営業日でカードを発行します。
  2. カードお届け時に運転免許証で本人確認カード申し込み時に「お届け時に運転免許証を確認」を選べば、本人確認書類の提出不要。配達員による本人確認手続きで完了し、最短3営業日でカードが発行されます。

もちろんJCBカードにも審査があり、審査に通過しなければカード発行はできません。しかし審査基準は公表されていないため、対策を立てることは原則できないでしょう。ただ申込みできる条件は、次のように決まっています。

「18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方」

(引用元:JCBカードサイト「クレジットカードの審査や発行までの流れを徹底解説!」)

申込みは簡単なので、気軽に申し込んでみてください!
\年会費永久無料/

JCBカードに関するよくある質問

JCBカードを作ろうと思っている人はぜひ参考にしてみてください!
おすすめのJCBカードは?
ポイント還元率で考えるとやはりJCB CARD Wがおすすめです。JCBカードの中で最も高い還元率のためポイントもよくたまります。

JCBカードのポイントは貯まりやすい?
JCBカードではOki Dokiポイントが貯まります。通常1000円ごとに1ポイント貯めることができますが、JCB CARD Wでは常に2倍を貯めることができるためおすすめです。
また、獲得ポイントを増やす方法としてJCBスターメンバーズなどのメンバーシップサービスへの登録やJCBORIGINAL SERIESパートナーに登録されている優待点利用が挙げられます。

JCBカードの種類は豊富?
JCBカードの種類は豊富で、年会費が無料の「一般カード」からステータスの高い「ブラックカード」まで用意があります。そのため、どんな方にもおすすめのクレジットカードです。

JCBカードが使えない店が多いって本当?
日本企業の国際ブランドであることから、国内では多くの店でJCBカードを使うことができます。ただし、国外や一部の店舗では使えないこともあるので注意しましょう!

解約について

JCBカードは解約できる
いつでも解約できます。

JCBカードの解約方法は以下の通りです。

プレミアム会員の方(JCBゴールドカード以上の方)
  1. JCBカードを用意
  2. カード裏面に記載されているカード発行会社に本人が連絡
一般カード会員の方 (インターネットで行う場合)
  1. MyJCBにログイン
  2. メニュー内の「お客様情報の照会・変更」を選択
  3. ページ最下部の「JCBカードの退会に関するご案内」を選択
一般カード会員の方 (電話で行う場合)
  1. 利用代金明細書を用意
  2. JCB公式サイトからカードの退会電話へ
  3. 自動音声で退会可能
JCBカードは解約手数料が必要
解約手数料は必要ありません。

JCBカードは、解約手数料なくいつでも解約できます。ただし、年会費は返ってきませんので注意しましょう。

\年会費永久無料/

カード紛失について

カードを紛失してしまった時はどうするの?
すぐJCBに連絡しましょう。24時間・年中無休で対応しています。

また、最寄りの警察・交番にも届け出ましょう。

紛失や盗難時の補償はあるの?
60日前までさかのぼり、それ以降の損害額をJCBが補償しています。

紛失したカードは再発行手続きにより、再発行可能です。再発行の手数料は、1,000円。カードが届くまでは、10日程度かかります。

\年会費永久無料/

まとめ

ここまで、JCBのクレジットカードについてまとめてきました。

JCBのクレジットカードは、トラベルサービスが充実。旅行好きな方、出張が多い方に特におすすめのクレジットカードです。

また、ポイントプログラムやセキュリティも言うことありません。JCBでおすすめのクレジットカードは、以下3つでした。

  1. JCB CARD W
  2. JCB CARD W Plus L
  3. JCBゴールド

今回紹介したJCBのクレジットカードは、全てネットから申し込み可能。お得なキャンペーンも開催されているので、ぜひこの機会に作成してみてください。

\年会費永久無料/
記事監修者

弁護士 石原 一樹
2013年ヤフー株式会社に入社。法務部等において、法令調査、契約書作成や子会社管理、役員会議事務局等の企業法務全般の業務に従事。2015年外資系法律事務所東京オフィスにて勤務し、同オフィスパートナーが独立し設立した窪田法律事務所に参画。 特許、商標等知的財産権に関する業務に加え、企業破産管財事件、契約書作成等の企業法務案件(係争案件・非係争案件)、刑事案件など幅広い業務に従事。2017年スタートアップ・ITベンチャー企業に特化したリーガルサービスを提供するSeven Rich法律事務所を設立。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事