住宅ローンの金利相場・計算方法を解説!金利タイプ別に比較

住宅ローン選びで最も重要なのが「金利」です。

金利が違えば住宅ローンの返済総額は大きく異なります。少しでもお得に住宅ローンを組むには「金利」の知識が欠かせません。

そこで今回は、住宅ローンの金利について徹底解説。金利タイプの違いや相場、金利の計算方法までを詳しくまとめています。

住宅ローンへの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、住宅ローンの金利タイプを確認していきましょう。

住宅ローンの金利タイプには3つの種類があります。

  1. 変動金利型
  2. 全期間固定金利型
  3. 固定期間選択型

ここでは、各金利タイプの特徴を解説。メリット・デメリットをまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

1変動金利型

変動金利型とは、一定期間おきに金利が変化する住宅ローンです。

変動金利型の住宅ローンでは、約6ヵ月周期で金利の見直しが行われます。金利の変動に伴い、返済額も変化する仕組みです。

しかし、金利を見直すたびに、返済額が変わるわけではありません。6ヵ月おきに見直されるのは、あくまで金利のみです。

返済額の変更は5年に1回です。どれだけ返済額が高くなっても、今の返済額の1.25倍までと決まっています。

例えば、毎月5万円を返済している場合、どれだけ返済額が上昇しても6万2500円までです。

変動金利型は、他の金利タイプに比べて、最も金利が低く設定されています。住宅ローンで最も人気の金利タイプです。

ただし、金利が上がれば返済額に占める利息の割合が増えるリスクがあります。

変動金利型のメリット・デメリット

メリット
  • 金利が最も低い
  • 金利が上昇しなければ最もお得
  • 住宅ローンで借りられるお金が固定金利より高額
デメリット
  • 金利が上がる可能性がある
  • 返済額・利息が増える可能性がある
  • 返済計画を立てづらい

2全期間固定金利型

全期間固定金利型とは、完済まで金利が一定の住宅ローンです。

 全期間固定金利型を選択すれば、金利はずっと変わりません。毎月の返済額も一律です。

全期間固定金利型住宅ローンの返済期間は、20〜35年程度です。返済期間は自由に選択できます。

たとえば、人気の住宅ローン「フラット35」は全期間固定金利に該当します。

全期間固定金利型の特徴は、金利と返済額が変わらないため、将来的な返済計画が立てやすいことです。変動金利と違い、金利の上昇を心配する必要もありません。

しかし、全期間固定金利型住宅ローンは、金利が高く設定されています。金利が上昇しなければ、変動金利の方が結果的にお得になるケースも少なくありません。

また、返済期間を長くすると、そのぶん支払う利息は高額になります。

全期間固定金利型のメリット・デメリット

メリット
  • 返済計画が立てやすい
  • ライフプランが立てやすい
  • 返済額・金利が一定なので安心
デメリット
  • 金利が高い
  • 住宅ローンで借りられるお金が変動金利より少額

3固定期間選択型(当初固定金利型)

固定期間選択型とは、一定期間のみ金利を固定できる住宅ローンです。

固定期間選択型の住宅ローンでは、2年・3年・5年・10年など、金利を固定する期間が選べます。選択した期間内は、金利・返済額は一律です。

固定期間選択型住宅ローンの金利は、全期間固定金利型より低く設定されています。

選択した期間が終了すると、次の金利タイプを選択します。変動金利に変更することも、再度固定金利を選択することも可能です。

固定期間が終了すれば、金利相場の影響を受けるため、返済額が増える可能性があります。

 さらに変動金利と違い、金利上昇に伴う返済額の上限が決まっていません。

固定期間終了後に金利が上昇しても大丈夫なように、準備しておくことが必要です。

固定期間選択型のメリット・デメリット

メリット
  • 一定期間は金利・返済額が変化しない
  • 固定期間を自由に選択可能
  • 全期間固定金利型に比べて金利が低い
デメリット
  • 固定期間終了後は金利相場の影響を受ける
  • 長期的な返済プランを立てづらい
  • 返済額の上昇に制限がない

【新規借入】住宅ローンの金利相場!徹底比較

次に、住宅ローンの金利相場を確認していきましょう。

住宅ローンの金利相場は、新規借入と借り換えで異なります。ここでは、新規借入の金利相場をまとめています。ぜひ目を通してみてください。

1変動金利型

金融機関 金利
ARUHI 0.700~1.000%
auじぶん銀行
(全期間引下げプラン/変動金利)
年0.410%(2020年10月)
住信SBIネット銀行 0.440%
楽天銀行 0.527%〜1.177%
ソニー銀行 0.457%〜0.757%
ジャパンネット銀行 0.380%
三菱UFJ銀行 0.475%〜0.725%
りそな銀行 0.470%
三井住友銀行 0.475~0.675%
みずほ銀行 0.5250.775

新規借入・変動金利型住宅ローンの金利相場は、0.526%です。

変動金利型住宅ローンの金利は、大半が1%未満です。0.5%を下回る金利の住宅ローンも複数あります。

とくに金利が低いのは「ジャパネット銀行」「auじぶん銀行」「住信SBIネット銀行」です。

金利を少しでも低く抑えたい方に、変動金利型住宅ローンはピッタリ。金利が高いかどうか判断する際は、金利相場をひとつの目安としてみてください。

2全期間固定金利型

金融機関 金利
ARUHI 1.210%
auじぶん銀行
住信SBIネット銀行 0.900~0.960%
楽天銀行 0.760〜1.560%
ソニー銀行 1.384~1.484%
ジャパンネット銀行 1.450%
三菱UFJ銀行 1.500~1.820%
りそな銀行 1.200~1.250%
三井住友銀行 0.950~1.350%
みずほ銀行 0.880〜1.140

新規借入・全期間固定金利型住宅ローンの金利相場は、1.365%です。

全期間固定金利型住宅ローンの金利相場は、変動金利型住宅ローンの金利相場に比べて、0.8%ほど高くなっています。

全期間固定金利型住宅ローンの金利がお得なのは「ARUHI」「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」です。

全期間固定金利型住宅ローンは、長期的な返済計画・将来設計をしっかり立てたい方におすすめ。金利が1.365%を下回っていれば、低金利と言えます。

3固定期間選択型

金融機関 金利
ARUHI 0.970〜1.340%
auじぶん銀行
(当初期間引下げプラン/固定金利10年)
年0.540%
住信SBIネット銀行 1.280%
楽天銀行 0.753〜1.546%
ソニー銀行 0.650〜1.422%
ジャパンネット銀行 0.410〜1.390%
三菱UFJ銀行 0.390〜2.940%
りそな銀行 0.595%
三井住友銀行 0.800~1.500%
みずほ銀行 0.5001.400

新規借入・固定期間選択型住宅ローンの金利相場は、0.990%です。

金利が1%を下回っていれば、低金利の住宅ローンと言えます。

中でも、固定金利型住宅ローンの金利相場が低いのは「auじぶん銀行」「ジャパネット銀行」「ソニー銀行」です。

ただし、固定期間選択型住宅ローンの金利相場は、選択する固定期間によって変化します。必ず選択する固定期間の金利を確認しましょう。

【借り換え】住宅ローンの金利相場!徹底比較

住宅ローンの金利について調べている方の中には「借り換え」を検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで、住宅ローン借り換えの金利相場を解説。変動金利型・全期間固定型・固定期間選択型、それぞれの金利相場をまとめていますので、ぜひ確認してみてください。

1変動金利型

金融機関 金利
ARUHI
auじぶん銀行
(全期間引下げプラン/変動金利)
年0.410%(2020年10月)
住信SBIネット銀行 0.410%〜0.428%
楽天銀行 0.527%〜1.177%
ソニー銀行 0.507〜0.807%
ジャパンネット銀行 0.380%
三菱UFJ銀行 0.475%〜0.725%
りそな銀行 0.429%
三井住友銀行 0.475~0.675%
みずほ銀行 0.4750.775

借り換え・変動金利型住宅ローンの金利相場は、0.569%です。

変動金利の借り換え相場は、新規借入に比べて若干程度高くなっています。

しかし中には「ジャパネット銀行」「auじぶん銀行」「住信SBIネット銀行」「りそな銀行」など、新規借入と金利相場が同じ、もしくは低い銀行もあります。

変動金利型住宅ローンの借り換えをする際は、借り換えの金利相場が低い銀行を選ぶのがおすすめです。

2全期間固定金利型

金融機関 金利
ARUHI 0.970%~1.300%
auじぶん銀行
住信SBIネット銀行 1.21%
楽天銀行 1.010~1.300%
ソニー銀行 1.434~1.534%
ジャパンネット銀行 1.450%
三菱UFJ銀行 1.500~1.820%
りそな銀行 1.200~1.250%
三井住友銀行 0.950〜1.350%
みずほ銀行 0.880〜1.140%

借り換え・全期間固定金利型住宅ローンの金利相場は、1.371%です。

全期間固定金型住宅ローンの金利相場も、新規借入に比べると、借り換えの方が若干程度高くなっています。

全期間固定金利型住宅ローンの借り換えがお得なのは「ARUHI」「住信SBIネット銀行」「楽天銀行」です。

借り換えの金利が高いか低いか判断する際は、金利相場の1.371%を基準に考えてみてください。

3固定期間選択型

金融機関 金利
ARUHI
auじぶん銀行
(当初期間引下げプラン/固定金利10年)
年0.540%(2020年10月)
住信SBIネット銀行 1.280%
楽天銀行 0.753%〜1.546%
ソニー銀行 0.700~1.472%
ジャパネット銀行 0.620%
三菱UFJ銀行 0.390〜2.940%
りそな銀行 0.595%
三井住友銀行 0.800~1.500%
みずほ銀行 0.5001.400

借り換え・固定期間選択型住宅ローンの金利相場は、1.057%です。

固定期間選択型住宅ローンの金利が低いのは「auじぶん銀行」「ジャパネット銀行」「りそな銀行」など。金利相場を0.4〜0.5%下回っています。

今借りている住宅ローンの金利が、借り換えの金利相場より高い方は、本格的に住宅ローンの借り換えを検討してみても良いでしょう。

金利で分かる!住宅ローンの利息計算方法

住宅ローンを利用する前には、前もって返済総額や利息を計算することがおすすめです。

住宅ローンには必ず金利が設定されており、どの金利タイプを選んでも利息が発生します。

事前に利息を計算できれば、住宅ローンの完済に向けた準備が可能です。

そこで、住宅ローンで発生する利息の計算方法を解説していきます。住宅ローンの新規借入・借り換え前に、ぜひ参考にしてみてください。

住宅ローン利息の計算式

1ヵ月にかかる利息の計算式は以下の通りです。

住宅ローン1ヵ月にかかる利息の計算式
借入金額(元金)×金利(実質年率)÷365×30=利息

利息の計算式に数字を当てはめるだけで、住宅ローンで毎月支払う利息が分かります。

例、3,000万円を年1.25%で借りた場合
3,000万円×0.0125÷365×30=30821円

上の例では、毎月約3万円程度の利息がかかります。

また、30の値を借入日数に変更すれば、完済までにかかるおおよその利息も計算可能です。

ただし、この計算式で求められる利息は、おおよその目安です。

実際には返済に伴い借入金額(元金)が変化するため、利息の値も異なります。あくまで参考として計算式を活用してみてください。

金利・利息の計算は返済シミュレーターがおすすめ

金利・利息の計算を正確にするには、返済シミュレーターがおすすめです。

返済シミュレーターとは

住宅ローンの借入額・金利・返済期間など必要な情報を入力することで、毎月の返済額が分かる計算システムです。

住宅ローンを提供している金融機関では、無料で返済シミュレーションが可能ネットから検索すると、誰でも自由に返済シミュレーションができます。

前もって返済シミュレーションしておけば、完済までのイメージを具体的に描けます。自分で利息を計算するのと違い、計算ミスの心配も一切ありません。

住宅ローンへ申し込む前には、ぜひ返済シミュレーターを活用しましょう。

まとめ

ここまで、住宅ローンの金利についてまとめてきました。

住宅ローンの金利タイプには「変動金利型」「全期間固定金利型」「固定期間選択型」の3つがあります。

それぞれの特徴を把握して、自分に合った金利タイプを選びましょう。

金利タイプが決まったら、住宅ローンの金利相場を確認。相場と比較して、少しでも金利が低い住宅ローンを選んでみてください。

返済シミュレーションで利息・金利を計算しておくと、より安心して契約できます。

この記事が、みなさんの住宅ローン選びの参考になると幸いです。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事