FXのスプレッド比較

「FXのスプレッドの意味がわからず不安で、うまく取引できない」と悩んでいませんか?

本記事ではそんな方のために、FXのスプレッドの基礎知識や計算方法各FX会社の比較を解説していきます。

本記事で紹介するFXのスプレッドの基礎知識を学ぶと、スプレッドにうまく向き合いながら取引できるようになるでしょう。

実際に多くのトレーダーは、FXのスプレッドを理解してから利益を増やすことに成功しています。読み終える頃には、スプレッドに精通していることでしょう。
\初心者にもおすすめ/

FXのスプレッドとは

FXのスプレッドとは

「スプレッド」とは?
「スプレッド」とは、「FXの1回の取引にかかるコストのこと」です。
※サービスによっては、手数料等スプレッド以外の取引コストがかかる場合があります。

スプレッドは基本的に「狭い」「広い」と表現されますが、その意味は以下のようになります。

スプレッドの「狭い」「広い」とは
  • スプレッドが狭い=コストが安い
  • スプレッドが広い=コストが高い

仕組みがわからなくても、上記のシンプルな理解があれば、スプレッドの最低限の知識を身につけたといえます。

FXのスプレッドの仕組み

そもそもスプレッドは、なぜ・どのようにして生じるのでしょうか?それについて説明するには、まずは海外旅行で通貨交換(外貨両替)をするときをイメージするとよいでしょう。

例えば今、ドルと円で以下のようなレートになっていたとします。

日本円→ドル ドル→日本円
1ドル120円41銭 1ドル110円41銭

この交換レートが成立している場合、日本円でドルを交換(1ドル120円41銭)してから、すぐにドルで日本円を戻す(1ドル110円41銭)と、10円の損失をしてしまいますよね。

どうしてこのようなことが起こるのでしょう?

その理由はシンプルで日本円とドル間で、それぞれレートが異なっているためです。レートは基本的に為替市場の売買状況によって変動しますが、実はこのときに生じた10円の差額こそが「スプレッド」と呼ばれるものの正体なのです。

普通、外貨両替を行う金融機関は、この差額(スプレッド)をコストとして収益に加えることになります。

ポイント
  • 通貨間で生じる交換レートの「差額」をスプレッドと呼ぶ
  • 金融機関はその差額を収益として得ている

外貨両替のスプレッドの理解は、FXにそのまま当てはめて考えられます。FXでは日本円とドルのように、通貨の組み合わせ(ペア)の「Bid(売値)」と「Ask(買値)」の差額をスプレッドと呼んでいます。

例えば今、ドルと円で以下のようなスプレッドが発生しているとしましょう。

Bid(売値) Ask(買値)
105.777 105.774

あなたが円でドルを購入するなら、「買値-売値」でスプレッドは0.003円。つまり「スプレッド=0.3銭」ですね。このことから、「いかに狭いスプレッド差で取引を行うか」が利益を増やす(損をしない)ための基本的な立ち回りになります。

FXのスプレッドはわずかな差が利益になる

スプレッドの説明を聞いて、「ほんのちょっとのレートの差額で、そこまで変わるの?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。たった数銭のスプレッドでは、利益に直結しているという実感はなかなか得られないかもしれません。

スプレッドはそこまで気にしなくてもいいのでは……?

だからこそ、このように考えてしまう方がいてもおかしくはないでしょう。

 しかし、取引量が多くなればなるほど、手数料の差はどんどん広がっていきます

例えばスプレッド0.3銭(0.003円)でドルを1,000ドル購入すれば、支払う手数料は3。一方でスプレッドが3円なら、どうでしょうか?そのときの手数料は3,000円です。

「できる限り狭いスプレッドで取引を行う」のがFXの定石である理由が、おわかりいただけたかと思います。

ポイント
  • FXは必然的に取引数が多くなるため、わずかなスプレッド差が損得に大きく関わってくる
  • スプレッドが狭ければ狭いほど得をすることに繋がる

つまりスプレッドは、FX会社選びの基準にもなるわけですね!

FXのスプレッドは通貨ペアごとに異なる

「ドル/円」0.3銭、「ユーロ/円」0.2銭、「ポンド/円」0.8銭、「トルコリラ/円」0.7銭など通貨ペアによって、スプレッドはさまざまです。その理由は大まかに2つ挙げられます。

  • 外貨取引の盛況具合(その外貨の人気度)
  • FX仲介業者が決める手数料

通貨が今、政府や投資家によってどれくらいやりとりされているか(貨幣流通量)等によって、スプレッドは常に変動しています。それをふまえた上で、通貨取引を仲介する側はコストとしてのスプレッドを決定するのです。

FXに慣れてきたら口座は複数持って、スプレッドを比べながら取引するのがより良い戦略です!
\初心者にもおすすめ/

FXのスプレッドの単位とは

スプレッドの単位は主に「銭」「pips」の2種類があります。こちらも必須の知識ですので、ぜひ習得しておきましょう。

● 「銭(せん)」

「銭(せん)」とは?
「銭(せん)」とは、日本円で他の外貨をやりとりする際に用いられるスプレッドの単位のことです。

つまり、ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円といった通貨ペアのときに表されます。「1ドル120円41銭」が実際の使い方です。まずは「1銭=0.01円」ということを覚えておきましょう。

「日本円」が通貨の組み合わせになっているときに必ず登場するスプレッドの単位として理解すれば大丈夫です!

● 「pips(ピップス)」

「pips(ピップス)」とは?
「pips(ピップス)」とは、米ドル/ポンド、NZドル/米ドル、カナダドル/韓国ウォンなど、日本円以外の外貨の組み合わせで使うスプレッドの単位のことです。

もともとは”pip (percentage in point)“の略称で単数形扱いされていますが、pipが2以上になると複数形がついて”pips”となります。

 いうなれば、“国際的なスプレッド単位”というわけです。

FXの世界では非常に頻繁に登場する単語であるため、これを知らなければ「取引画面が何を意味しているのかサッパリわからない」という困ったことになってしまいます。

1pipは1銭(0.01円)。ドル円が「120.00円→120.003円」に変動した場合、「3pips(3銭)」アップしたといえるわけです。

FXのスプレッドの「原則固定」とは

基本的にスプレッドは、さまざまな要因で常に変動しています。しかも同じ通貨の組み合わせでも、FX会社によってスプレッドが異なり、複数の口座を使い分けて賢く運用することが重要と考えられます。

毎日パソコンの画面とにらめっこして、各FX会社のスプレッドをみるのはさすがに大変では…?

しかしご安心を。実は多くの証券会社では、顧客が混乱しないよう“わかりやすいスプレッド”を提示するため、「固定スプレッド」を行っているのです。

 これを「原則固定」ともいいます。

固定スプレッドとは文字通り「ドル円0.3銭」とあらかじめ決めておき、このスプレッドに基づいて投資家に取引を行ってもらう方法のことです。

なるほど!原則固定のおかげで、投資家はある程度見通しのある戦略を立てることできるようになるわけですね。

FXのスプレッドは変動する

しかし「原則固定があるから安心」と油断してはなりません。

 FX会社からすれば、原則固定はあくまでも「顧客の投資のしやすさ&自分たちの手数料収益の確保」を両立できる範囲で行っているだけです。

原則固定ができなくなると、必然的に現行のスプレッドは解除されてしまうことになります。

では、原則固定が解除されるのはどのような場合なのでしょうか?

以下に、原則固定が解除されるシナリオの一例を示してみましょう。

原則固定が解除されるケース
  1. 何らかの出来事がきっかけで、世界的な経済不況が訪れる
  2. 投資家は“守り”に入り、外貨や株などの資産を「売り」にだして現金に換えようとする
  3. しかし他の投資家も“買い控え”のムードなので、なかなか外貨が売れない
  4. 必然的に為替市場における「Bid(売値)」と「Ask(買値)」の差がひらいていく
  5. 証券会社は経済不況以前の固定スプレッドを維持するのが難しくなる
  6. 原則固定を解除せざるを得なくなる

株式市場と同じく経済不況や国際社会の混乱が生じると、為替市場に元気がなくなっていきます。すると外貨の売買に活況がなくなり、結果としてスプレッドが大きく開いてしまう可能性があるのです。

「スプレッドが大変動して予想以上の手数料を支払わなければならなくなった」というのはFXで起こり得ることです。
くれぐれも気を付けましょう。
\初心者にもおすすめ/

FXのスプレッドの計算方法

FXのスプレッドの計算方法

スプレッドがFXにおけるコストである以上、取引の際には常にスプレッドを注視しておく必要があります。以下ではスプレッドがどう算出されるのか、具体例をみていきましょう。

例えばスプレッド「0.2銭」で「NZドル/円」を「1万通貨」取引した場合のコストは、通貨数×スプレッド」で簡単に算出できます。

コスト計算
  • 「1銭=0.01円」なので「0.2銭=0.002円」
  • 1万通貨×0.002円=20円

まず最初に銭を円に変換しておくと計算がしやすいですよ!

一方で日本円以外」の通貨ペアの取引は「pips」を用います。pips換算のスプレッド計算も非常にシンプルで、基本的には「通貨数×スプレッド」です。

 まずはpipを円に変換して計算すれば、日本円でスプレッドを導出できます。

例えばスプレッド「1.2pips」で「カナダドル/米ドル」を「1万通貨」取引すると、コストは次のようになります。

コスト計算
  • 「1pip=0.01円」なので「1.2pips=0.012円」
  • 1万通貨×0.012円=120円

ちなみにドル換算でいうと「1pip=0.0001ドル(0.01セント)」です。こちらも合わせて覚えておくと便利ですよ。
\初心者にもおすすめ/

FX会社のスプレッド比較

FX会社のスプレッド比較一覧

ここででは、証券会社ごとのスプレッドを比較しています。これからネット口座をつくろうと考えている方は、ご一読ください。

※本記事内で記載しているスプレッドは原則固定(例外あり)です。

1GMOクリック証券

GMOクリック証券

FX取引高、世界1位!信頼と実績のあるFX会社といえば「GMOクリック証券」です。小口から大口取引まで柔軟に対応しており、自分の投資スタイルに合わせて資産運用できます。

※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月

「スマホでスピード本人確認」を利用すれば、口座開設から最短当日で取引をすることができます。

ドル円 0.2銭
ユーロ円 0.5銭
ポンド円 1.0銭
豪ドル円 0.7銭
NZドル円 1.2銭
カナダドル円 1.7銭
スイスフラン円 1.8銭
メキシコペソ円 0.2銭
トルコリラ円 原則固定適応対象外
ユーロドル 0.4pips
ポンドドル 1.0pips
豪ドルドル 0.9pips

スプレッドは原則固定(例外あり)

出典:https://www.click-sec.com/corp/lp/general/

低スプレッドFX会社といえば、GMOクリック証券です。口座選びに迷った際は、ここを選ぶことをおすすめします。

2SBI FXトレード

SBI FXトレード

業界最狭水準のスプレッドの狭さを誇るのが「SBI FXトレード」です。取引可能な通貨ペアは全部で34と、非常にバリエーションが豊かなのも見逃せません。
公式ページの文言によります。

ドル円 無料
ユーロ円 0.28銭
ポンド円 0.50銭
豪ドル円 0.38銭
NZドル円 0.88銭
カナダドル円 1.40銭
スイスフラン円 1.40銭
南アフリカランド円 0.78銭
韓国ウォン円 3.3銭
ユーロドル 0.19pips
ポンドドル 0.50pips
豪ドルドル 0.59pips

出典:https://www.sbifxt.co.jp/lp/bl-sp1li/index.html

少額投資にも向いていますので、SBI FXトレードは初めてFX取引を行う学生や主婦の方にもおすすめですよ。

3外為どっとコム

外為どっとコム

スプレッド縮小キャンペーンが豊富!取引チャンスに恵まれているのが「外為どっとコム」です。取引数に関係なく、米ドル/円なら「0.2銭」のスプレッドを保証。「たくさん取引したい」方はかなりの恩恵を享受できるしょう。

ドル円 0.2銭
メキシコペソ円 0.2銭
ポンド円 0.6銭(2021年8月2日9時~2021年9月4日27時まで
豪ドル円 0.4銭(同上)
トルコリラ円 1.7銭
南アフリカランド円 0.3銭(同上)
カナダドル円 1.7銭
スイスフラン円 1.8銭
人民元円 0.9銭

※表内も含め、スプレッドは原則固定(例外あり)。

出典:https://www.gaitame.com/g/lp_beginner.html

キャンペーンは頻繁に行われているため、複数口座を持ちつつ、オトクな時期に取引するのも手ですね。

おすすめのFX口座 厳選6選!



1GMOクリック証券

GMOクリック証券
 
おすすめポイント
  • 取引コストが安い
  • スプレッドが最小水準
  • 24時間サポート無料
GMOクリック証券 FX ネオは、取引コストの安さに定評があるFXです。

FXでは、同一通貨の取引であっても、手数料やスプレッドで大きく外貨取引のコストに差がでます。

GMOクリック証券のFX取引では、取引手数料0円。スプレッドも業界最小水準のため、ユーザーにとって有利に取引できます。

公式サイトの文言より

\最大30万円キャッシュバック中/
もちろん、口座開設費用、維持費用はすべて無料です。サービス内容も非常に充実しており、初心者人気の高いFX口座です。
最低取引単位 10,000通貨(南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は100,000通貨)
スプレッド ※原則固定, 例外あり
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 20通貨ペア
キャンペーン情報
  • 弊サイトより新規口座開設&初回入金5万円以上&FXネオ取引を2回以上4,000円プレゼント!
  • さらに取引数量に応じて最大30万円キャッシュバック
\最大30万円キャッシュバック中/

2DMM FX

DMM FX
おすすめポイント
  • DMM.com証券の口座数80万以上
  • 取引ツールがわかりやすくスマホアプリも充実
  • 各種手数料が無料
  • 金融機関口座から取引口座へリアルタイムに入金可能なクイック入金
  • スプレッド(通貨の売値と買値に生じる差)が狭い
  • FXの取引でポイントが貯まる
  • 最短1時間取引スタート
  • 最新のニュースを無料で受け取れる
  • 24時間安心サポート。LINEでも問い合わせ可能 ※1 『スマホでスピード本人確認』を使用した場合(弊社休業日を除く)
DMM.com証券の口座開設数は、80万口座突破。当サイトで紹介しているFX口座の中では多い数字です。

DMM FXの特徴は、取引ツールが充実していることです。初心者からプロまで使いやすさに拘っており、もちろん全て無料で利用できます。

 取引にかかる各種手数料も無料です。24時間安心サポートがあるため、はじめての方でも安心してFXに挑戦できます。
さらに、FX初心者向けのはじめてガイドがあり、疑問など取引方法などもを分かりやすく解説してくれています。

\最大204,000円キャッシュバック中/
DMM FXの口座開設はWEBで完結。最短1時間で取引開始可能です。※DMM FXの申込で『スマホでスピード本人確認』を利用した場合(休業日を除く)
最低取引単位 10,000通貨
スプレッド ※原則固定, 例外あり
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 21通貨ペア
キャンペーン情報
dmmキャンペーン
  • 新規口座開設&取引で最大200,000円キャッシュバック
  • 弊サイトからお申し込みされた方は、新規口座開設&条件達成で4,000円キャッシュバック
\最大204,000円キャッシュバック中/

外為どっとコム

おすすめのFX口座ランキング外為どっとコム
おすすめポイント
  • 各種手数料口座開設手数料、口座維持手数料、クイック入金手数料、出金手数料、取引手数料、ロスカット手数料)が無料
  • スプレッドがUSD/JPY0.2銭(原則固定、例外あり)
  • 高金利通貨のスプレッドが狭く、取引に応じたキャッシュバックも実施
  • 万全のサポート体制
  • 初心者が使いやすい、かつ上級者でも満足できる取引ツール


外為どっとコムでは、1,000通貨単位で取引可能。少額の資金で取引できるので、初めてでも安心です。

各種手数料はすべて0円。口座開設後も長く取引できます。

※ロシアルーブル/円は10,000通貨から

また、最先端の取引ツールも外為どっとコムの強みです。スマホ・iPad・パソコンから、いつでも簡単に取引できます。 HDI格付け調査「Webサポート/問い合わせ窓口(電話)部門」で最高評価の三つ星を獲得(2019年〜2020年)しており、サポート体制は万全です。

外為どっとコム 2019年12月26日プレスリリースより

\最大106,000円キャッシュバック中/
口座開設キャンペーンも非常に充実しており、取引量に応じてキャッシュバックが受けられますよ。
最低取引単位 1,000通貨
スプレッド ※原則固定, 例外あり
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 30通貨ペア
キャンペーン情報
  • 新規口座開設で最大103,000円キャッシュバック!※1
  • 特別タイアップキャンペーン!弊サイトより新規口座開設+1万通貨のお取引で3,000円キャッシュバック!※2
※1 口座開設月から翌々月末まで(2021年8月2日(月)午前7時00分より開始)
※2 口座開設月から翌々月末まで(2020年11月26日 午前7時10分より開始)
\最大106,000円キャッシュバック中/

4LINE FX

LINE FX
おすすめポイント
  • 各種手数料(口座開設手数料、取引手数料、入金手数料、出勤手数料、ロスカット手数料)が無料!
  • 高水準のスワップポイント
  • 安心の取引環境(充実のサポート体制資産の分別管理
  • 最短即日から取引可能
LINE FXは、FX初級者から上級者まで使いやすいFXとして知られています。
 
スマートフォンツールでは、豊富な注文方法への対応直感的にわかりやすいチャート取引に役立つマーケット情報などFXに有利なツールを搭載しております。
 
 PCツールでは、レイアウトも自由。よりスピーディで快適な取引が可能です。
無料サポート機能があるため万が一の時でも安心。また、証拠金を信託口座に分けて管理しているためLINE証券が破綻しても資産は守られるよう証券保全もされています。
相場変動や約定通知をLINEのメッセージでお知らせしてくれる通知機能もLINE FXの大きな特徴です。
最低取引単位 1,000通貨
スプレッド ※原則固定 ,例外あり
  • 0.2 銭(米ドル/円):通常スプレッド0.2 ~ 3.6銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円):通常スプレッド0.5 ~ 5.4銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円):通常スプレッド1.0 ~ 8.9銭(ポンド/円)

原則固定※例外あり

通貨ペア・スプレッド一覧https://line-fx.com/market/spread/ex/summaryList

通貨ペア 23通貨ペア
キャンペーン情報
  • 新規口座開設+取引で最大50,000円キャッシュバック
  • 弊サイトからお申し込みされた方は、新規口座開設+1取引で5,000円プレゼント
  • 限定タイアップ特典で1,000円プレゼント
  • 上記合計最大56,000円プレゼントキャンペーン実施中!! ※ 口座申込対象期間:2021年3月17日(水) 00:00〜

5松井証券FX

  松井証券(MATSUI FX)
松井証券FXおすすめポイント
  • 1通貨単位から取引可能
  • スプレッドが業界最狭水準
  • 全通貨ペア、取引手数料が0円
  • サポート体制が充実
松井証券FXは1通貨単位から取引可能なので、100円という少額からはじめることができる、初心者にも優しいFX会社です。

さらに、WEBからのお問い合わせなら24時間受け付けてくれるなど、サポート体制も充実しているので初めての方でも安心して取引ができるでしょう。

また全通貨ペア取引手数料が0円なので、取引にかかるコストも抑えることができます。

\取引手数料0円!/
MATSUI FXは為替ニュースやFX取引に役立つ情報が無料で配信されています。FXの情報をどうやって集めるのか分からないという方でも安心です。
最低取引単位 1通貨
スプレッド ※原則固定 ,例外あり
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.1銭(ポンド/円)
通貨ペア 20通貨ペア
\取引手数料0円!/

6YJFX!

YJFX!PayPay
 
YJFX!おすすめポイント
  1. YJFX!でしか見られないFXレポート
  2. お取引に応じてPayPayか現金が貰える
  3. スマホで見やすい
  4. 24時間サポート体制
  5. 各分野で著名なプロフェッショナルによる「YJFX!アカデミー」の無料オンラインセミナー
YJFX!は、FX口座満足度ランキング2020」総合満足度部門第1位を獲得※1したFX会社です。

YJFX!では24種類の通貨ペアを選択可能。定番のドル・ユーロをはじめ豊富な通貨ペアから自分に合ったものを選べます。

どれだけ取引しても手数料は無料※2なため、安心して取引に打ち込めます。

また、学べるコンテンツが豊富なこともYJFX!の特徴です。貴重な情報の数々は、FX初心者の方にとって重宝するものばかりです。

※1出典 「投資の教科書」(運営:エンジュク株式会社)実施「FX口座満足度ランキング2020 ※2 但し、外貨出金手数料は1回につき1,500円が発生

\最大42,000円キャッシュバック!/
YJFX!はヤフーグループの企業。大手としての安心感・信頼感も魅力です。
最低取引単位 1,000通貨
スプレッド ※原則固定 ,例外あり
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 24通貨ペア
キャンペーン情報
  • 新規口座開設+取引で最大42,000円キャッシュバック!
    ※キャンペーン期間:2021年9月1日~11月30日
\最大42,000円キャッシュバック!/

FXのスプレッドに関するQ&A

FXの「スプレッド」とは?

スプレッドとは、FXで一回の取引にかかるコストのことを指します。よく「スプレッドが狭い(広い)」といいますが、これは「コストが安い(高い)」と同じ意味です。

おすすめのFX口座は?
本記事では「DMM FX」をおすすめしています。DMM FXのおすすめポイントは3つ!
①口座開設数が80万以上
②初心者からプロまで満足できる取引ツールの充実度
③初心者も安心の24時間サポート
新規口座開設でキャッシュバックキャンペーンなども開催しているので、気になる方は記事内で確認してみてください。

スプレッドが狭いFX口座は?
本記事でスプレッドが狭いFX口座として紹介しているのは、SBI FXトレード、外為どっとコム、GMOクリック証券の3つです。それぞれの特徴を簡単に以下にまとめました。
SBI FXトレード:業界最狭水準のスプレッドの狭さ。少額投資に向いている。
外為どっとコム:スプレッド縮小キャンペーンが豊富。たくさん取引したい方向き。
GMOクリック証券:FX取引高が世界1位。さまざまな投資スタイルに柔軟に対応できる。
通貨ペア数など詳細を知りたい方は、ぜひ記事内をチェックしてみてください。
FXのスプレッドでコストを計算したい。方法は?

FXの取引コストは「通貨数×スプレッド」で計算できます。

 

コストの計算例
スプレッド「0.2銭」で「NZドル/円」を「1万通貨」取引した場合のコストを計算する。
  • 銭を円換算する。
    1銭=0.01円なので、「0.2銭=0.002円」
  • 1万通貨×0.002円=20円

日本円以外の通貨ペアの場合は、「銭」ではなく「pips」を使います。詳細は記事で確認できるので、気になる方は参考にしてみてください。

FXのスプレッドが生じる仕組みを知りたい。
FXのスプレッドは、通貨間で生じる交換レートの差によって生じます。通貨交換をイメージすると分かりやすいかもしれません。
・日本円→ドル:1ドル120円41銭
・ドル→日本円:1ドル110円41銭
のとき、日本円でドルに交換して、すぐにドルで日本円を戻すと10円の損失となります。この10円という差額がスプレッドと呼ばれるものです。
FXのスプレッドが変動するのはなぜ?
為替市場の売買状況に影響されるためです。スプレッドの変動が生じやすいのは、
・市場の流動性が低下したとき(早朝などの時間帯)
・重要な経済指標の発表直前、直後
といわれています。

まとめ

FX取引を本格的に行っていく上で欠かせない、「スプレッド」の理解。今回の記事を通じて、少しでもあなたの助けになることができれば幸いです。

 

スプレッドの基本さえ知っておけば、FX会社選びも迷わなくなることでしょう。これまで解説してきた内容を以下にまとめましたので、ぜひお役立てください。

 

FXのスプレッドの要点まとめ
  • スプレッド=Bid(売値)とAsk(買値)の差=取引に生じる「コスト」
  • スプレッドが狭い=手数料が安い・スプレッドが広い=手数料が高い
  • 手数料の計算は「通貨取引量×スプレッド」
  • 通貨取引が多ければ多いほどコストが増大する
  • 「銭(せん)」は日本円と外貨の組み合わせで使用するスプレッド単位(1銭=0.01円)
  • 「pips(ピップス)」は日本円以外の外貨の組み合わせで使用するスプレッド単位(1pip=1銭)
  • スプレッドは為替市場の相場に影響されて常に変動している
  • 多くの証券会社では投資がしやすいように一定期間スプレッドを原則として固定している

取引は、スプレッドを狭くするのが基本!FX口座を複数持ち、スプレッドを比較検討しながら賢く取引しましょう。

関連記事

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事