FXのスキャルピング手法とは?禁止理由や勝ち方を徹底解説

「FXのスキャルピングに興味があるけど、あまり意味がわからなくて、全く活用できていない」と悩んでいませんか?

本記事で紹介するFXのスキャルピングの基礎知識を学ぶと、誰でもスキャルピングを上手に活用して、FXのスキルの幅が広がっていきます。

実際に成果を出しているFXトレーダーは、スキャルピングを正しく理解して、活用していますよ。

\初心者にもおすすめ/

本記事ではFXのスキャルピングの基礎知識や他の手法との比較、禁止される可能性や勝ち方のコツについて紹介していきます。
読み終えるころには、スキャルピングの詳しい活用方法がわかるでしょう。
※本記事は、FXで必ず利益を生む方法を紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただきますようお願いいたします。

FXのスキャルピング手法とは?他手法と徹底比較

FXにおける「スキャルピング」とは?
FXにおける「スキャルピング」とは、「数秒から数分といったごく短時間のうちに取引を完了させ、その繰り返しで利益を上げていく投資手法のこと」です。

「スキャルピング」とはもともと「頭の皮をはぐ」ことを意味し、インディアンの風習からきているといわれています。
つまり頭の薄い皮を剥ぐように、ごく小さな利益を繰り返し積み上げていくのがスキャルピングなのです。後述しますが、他の取引手法と比べると、早く取引結果を確定させる、スピード特化型の手法といえるでしょう。
 とはいえ、絶対的な定義のある言葉ではなく、数十秒から数分程度で完了する取引が、一般的にスキャルピングと呼ばれているのが実態です。

ここではスキャルピングの詳しい基礎知識として、次のことを解説していきます。

FXのスキャルピングの基礎知識
  • FXのスキャルピングの特徴
  • FXの他の手法との比較
  • メリット・注意点
  • 向いている人・向いていない人の特徴

FXのスキャルピングの特徴

FXのスキャルピングの特徴をまとめると、次のようになります。

FXのスキャルピングの特徴
  1. 素早く取引結果を出すことが重要
  2. 利益額と損失額が小さい傾向にある
  3. 経験が物を言う

● 素早く取引結果を出すことが重要

スキャルピングの大前提は、素早く取引を完了させることです。というのも、短時間での取引を何度も繰り返すことで、利益を上げていく必要があるからです。

つまりスキャルピングでは、「いかに短時間で、いかに多くの取引をするか」が重要になるといえます。
\初心者にもおすすめ/

● 利益額と損失額が小さい

スキャルピングでの1回あたりの利益額や損失額は、とても小さいと一般的に考えられます。なぜなら、為替相場が大きく動くようなことがあまり起こりにくいからです。

FXでは通貨を買って価格変動に応じて売ることで利益を上げるのが基本。そして価格変動は、需要と供給によって決まります。
例えば世界中の投資家が「日本円がほしい」と思えば日本円の価格が上がり、逆に「いらない」となれば下がります。そして価格変動は、特段の事情がない限りゆっくり起こっていくものです。

 

具体例を言うとアメリカで経済危機が起こり、米ドルへの信用を失った投資家が、米ドルを手放せば価格が暴落しますよね。しかしそのような変化は、通常はある一瞬に起こるのではなく、一定の期間がかかるのです。

そのため数十秒から数分以内に取引が完了するスキャルピングでは、その影響をあまり受けないのが一般的です。

価格変動がごくわずかな取引を繰り返すので、スキャルピングでは利益も損失も小さく傾向にあるのが一般的なのです。
 スキャルピングで得られる利益は、「1pips単位(0.01円ほど)」くらいであると理解しておくといいでしょう。

● 経験が物を言う

スキャルピングは、短時間の一瞬の判断が重要になります。「通貨がどのように変動していくか」や、「いつ買って、いつ売るか」の判断を、短時間かつ何度も繰り返さなければならなくなります。

そのことからも、FXに慣れていない人は、スキャルピングで成果を出すスキルが十分ではありません。

まずはFXに慣れて少しづつ、少額で試しにスキャルピングに取り組んでいくのがセオリーです。

FXのスキャルピングと他手法の比較

FXでは、スキャルピングの他に次のような手法があります。

FXの手法の種類
取引手法 1回の取引時間 取引回数 利幅
為替リスク
スキャルピング 数秒〜数分 1日に数十〜数百 1~10pips 小さい
デイトレード 数分〜数時間 1日に数回 10~100pips 小さい
スイングトレード 数日〜数週間 数週間に1回 500~1500pips やや大きい
長期トレード 数週間〜数ヶ月以上 数ヶ月に1回 100~500pips 大きい

※記載内容は一定の目安であり、実態と異なることがあります。

投資手法を選ぶ上でのポイントとしては、取引時間が短いほど取引回数が増え、また為替リスクが小さい傾向にありますね。
\初心者にもおすすめ/

FXのスキャルピングのメリット

FXでスキャルピングをするメリットは、主に次の3点です。

FXのスキャルピングのメリット
  1. 為替変動リスクが小さい
  2. 時間・資金効率が良い
  3. 取引が翌日に持ち込まれない

● 為替変動リスクが小さい

スキャルピングは、数秒から数分以内に取引が完了する手法です。そのため、為替変動リスクが小さく、得られる利益が少ない代わりに、受ける損失も少ないのが一般的な特徴です。

すると、特段の事態が起こらない限りロスカットのおそれもほぼなくなります。
ロスカットとは?
ロスカットとは、一定水準の損失を出したときに、システムによって強制的に取引を終了させられる制度のこと。
ロスカットを招くような損失は、通常はスキャルピングでは出にくいです。

● 時間・資金効率が良い

ごく短時間で取引を終えるスキャルピングは、ちょっとしたすきま時間でも行えます。

そのため、仕事や家事の合間に取引できるでしょう。

また、何度も取引を繰り返すので、一般的に資金回転率が高いのも特徴です。

● 取引が翌日に持ち込まれない

多くのFXトレーダーに共通する悩みが、「相場の変化が気になって、なかなか眠れない」ことです。というのも、日本では夜でも海外の取引所は開いていて、相場が常に動いているからです。

もしかすると、あなたも寝る直前まで、相場をチェックしてしまっているかもしれませんね。

しかしスキャルピングは、日をまたぐような長い取引をしないため、そのストレスから解放されることが望めます。
\初心者にもおすすめ/

FXのスキャルピングの注意点

一方でFXのスキャルピングの主な注意点は、次の3つです。

FXのスキャルピングの主な注意点
  • スプレッドが増えやすい
  • 約定力に左右される
  • 通信環境に左右される

● スプレッドが増えやすい

「スプレッド」とは?
「スプレッド」とは、「FXの1回の取引にかかる手数料のこと」です。

 

もう少し具体的に言うと、取引通貨の「買値(Ask)」と「売値(Bid)」の差となります。例えば米ドルを買うときに、その買値が日本円で「100.250」、売値が「100.253」とすると、スプレッドは0.3銭となり、これが取引手数料として差し引かれます。

スキャルピングは何度も取引を繰り返すので、自然とスプレッドが増えていきます。

● 約定力に左右される

「約定力」とは
「約定力」とは、「注文した価格で取引がきちんと成立する可能性」のことです。

利用している口座や、取引状況によって約定力が異なり、注文した価格とはずれた価格で約定することがあるのです。

 注文した価格と実際に約定した価格との差を「スリッページ」といいます。

スキャルピングは、小さな利益を追求する手法なので、その誤差は致命傷になりかねません。

● 通信環境に左右される

とても単純なことですが、短時間で取引をするスキャルピングでは、通信環境の悪化で大きな損失に繋がるおそれがあります。通信環境も約定力に繋がります。

必ず安定していて、かつ早い通信環境を整えるようにしてください。

FXのスキャルピングに向いている人

FXのスキャルピングには、短時間での判断力や分析力、そして1日に何度も取引できることが重要です。以上のことを踏まえて、スキャルピングに向いている人の特徴をまとめると、次のようになります。

FXのスキャルピングに向いている人の特徴
  1. 毎日FXに取り組める人
  2. 瞬発力・判断力・分析力・継続力のある人
  3. 単純な作業の繰り返しが好きな人
  4. すきま時間を活用して利益を出したい人

機械的に、淡々と取引できる人が向いているでしょう。
\初心者にもおすすめ/

FXのスキャルピングに向いていない人

ただし次のような人は、FXのスキャルピングに向いていない可能性があります。

FXのスキャルピングに向いていない人の特徴
  • 少ない取引で大きく利益を出したい人
  • 単純な作業の繰り返しが苦手な人
  • FXにあまり時間を避けない人
  • 瞬発力・判断力・分析力・継続力・集中力に自信のない人

 

スキャルピングは、どうしても自分自身が何度も取引をしなければ成果は出ません。

そのため、自分の時間をFXにさいて、それを楽しめる人でなければスキャルピングを続けるのは難しいでしょう。

FXのスキャルピングは禁止?その理由とは

もしかすると、「FXのスキャルピングはFX会社によって、禁止されている」といううわさを聞いたことがある人もいるかもしれません。ただし、スキャルピングが「禁止」されているというのは、あまり正しくありません

なぜならFX会社では、一般的に「スキャルピングを禁止する」と明言していないからです。

 

ではなぜ、「スキャルピングが禁止されるかもしれない」といううわさがあるかというと、FX会社によっては「短時間での注文を繰り返し行う行為」「禁止行為」としているからです。

 しかし、どのような行為が「短時間で注文を繰り返し行う行為」なのか、その具体例や基準は公表されていないのがほとんど。その判断はFX会社の一存で決められているのが実状です。

ちなみにFX会社のHPによっては、スキャルピングを認めているような記載があります。しかしそれでも、短時間での過度な取引は禁止にされていることがあるため注意してください。

FX会社で「短時間での注文の繰り返し」が禁止されている理由

FX会社ではスキャルピングを禁止すると明言はされていないものの、その特徴に似た「短時間で注文を繰り返し行う行為」は禁止行為にされているその理由として考えられるのが、主に次の2点です。

FX会社で「短時間での注文の繰り返し」が禁止されている理由
  • 「カバー取引」が間に合わない
  • サーバーの負担が大きくなる

● 「カバー取引」が間に合わない

「カバー取引」とは
「カバー取引」とは「トレーダーの注文を受けて、FX会社が対応する取引のこと」です。

例えばトレーダーがFX会社から米ドルを購入したら、FX会社は米ドルを売って、さらに市場から米ドルを仕入れます。しかし、あまりにも短時間に多くの注文がくると、その対応ができず、損をするリスクがあるのです。

そのため、「短時間で注文を繰り返し行う行為」は禁止されていると考えられます。
\初心者にもおすすめ/

● サーバーの負担が大きくなる

また単純に、FX会社のサーバー負担が増えて、取引の安全性が確保できないことも考えられます。またサーバーのコストを懸念していることも、あるのではないでしょうか。

FXでの「短時間での注文の繰り返し」で口座凍結の恐れ

もしスキャルピングが、「短時間での注文を繰り返し行う行為」として「禁止行為」に認められると、口座が凍結される恐れがあります。その間、まったく取引ができなくなるので、トレーダーにとって痛手ですよね。

凍結期間や解除条件などは、FX会社によって異なるので、必ず確認しましょう。
スキャルピングが禁止行為になるかどうか、どうしても不安な人は、口座を複数に分けておき、口座凍結されても他の口座で取引するなどの工夫をおすすめします。

FXのスキャルピングで勝てない理由・勝ち方とは

FXのスキャルピングは、知識や経験が重要ですが、その他にも勝てない理由や、勝ち方(勝つ可能性が上がる方法)があります。ここでは、それぞれに分けて解説していきます。

FXのスキャルピングで勝てない理由

FXのスキャルピングで勝てない理由は、さまざまですが、主なものとして次のことが考えられます。

FXのスキャルピングで勝てない理由
  • 取引量の少ない通貨や時間帯を選んでいる:
    取引量が少ないと、価格が安定せず、予測もしづらい。
  • 難しいトレンドで取引している:
    トレンド(価格変動の方向性)が予測しづらいときに取引しても、運によってしか利益を出せない
  • 大きな利益を狙いすぎている:
    大きな利益を狙うと、少額の利益を見落としてしまう
  • スプレッドの高い口座を使っている:
    スプレッド(手数料)が高いと利益が目減りする
  • パソコンの通信環境がよくない:
    通信が悪いと、相場の動きを見過ごしてしまいかねない

ご自身に当てはまることがないか、今一度確認してみましょう!
\初心者にもおすすめ/

    FXのスキャルピングの勝ち方

    それでは、スキャルピングで勝てない理由を踏まえた、想定できる勝ち方を紹介します。

    FXのスキャルピングの勝ち方
    1. 取引量の多い通貨ペア・取引所を選ぶ
    2. トレンドにあった取引をする
    3. 小さな利益を積み上げることを意識する
    4. スプレッドの少ない口座を選ぶ
    5. 通信環境を整える

      取引量の多い通貨ペアとは、いわゆるメジャーな通貨のことで、米ドルユーロ、人民元などが該当します。また取引量の多い時間帯は、ニューヨークやロンドンといった大型の取引所が開いている「16〜21時」「21〜翌日5時」などです。

      またスキャルピングでの1回の取引で得られる利益は、よくて10pipsほど。それ以上の利益を狙って、無理な取引をするのは、損失の原因になるため避けるようにしてください。

      おすすめのFX口座 厳選6選!



      1GMOクリック証券

      GMOクリック証券
       
      おすすめポイント
      • 取引コストが安い
      • スプレッドが最小水準
      • 24時間サポート無料
      GMOクリック証券 FX ネオは、取引コストの安さに定評があるFXです。

      FXでは、同一通貨の取引であっても、手数料やスプレッドで大きく外貨取引のコストに差がでます。

      GMOクリック証券のFX取引では、取引手数料0円。スプレッドも業界最小水準のため、ユーザーにとって有利に取引できます。

      公式サイトの文言より

      \最大30万円キャッシュバック中/
      もちろん、口座開設費用、維持費用はすべて無料です。サービス内容も非常に充実しており、初心者人気の高いFX口座です。
      最低取引単位 10,000通貨(南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は100,000通貨)
      スプレッド ※原則固定, 例外あり
      • 0.2銭(米ドル/円)
      • 0.5銭(ユーロ/円)
      • 1.0銭(ポンド/円)
      通貨ペア 20通貨ペア
      キャンペーン情報
      • 弊サイトより新規口座開設&初回入金5万円以上&FXネオ取引を2回以上4,000円プレゼント!
      • さらに取引数量に応じて最大30万円キャッシュバック
      \最大30万円キャッシュバック中/

      2DMM FX

      DMM FX
      おすすめポイント
      • DMM.com証券の口座数80万以上
      • 取引ツールがわかりやすくスマホアプリも充実
      • 各種手数料が無料
      • 金融機関口座から取引口座へリアルタイムに入金可能なクイック入金
      • スプレッド(通貨の売値と買値に生じる差)が狭い
      • FXの取引でポイントが貯まる
      • 最短1時間取引スタート
      • 最新のニュースを無料で受け取れる
      • 24時間安心サポート。LINEでも問い合わせ可能 ※1 『スマホでスピード本人確認』を使用した場合(弊社休業日を除く)
      DMM.com証券の口座開設数は、80万口座突破。当サイトで紹介しているFX口座の中では多い数字です。

      DMM FXの特徴は、取引ツールが充実していることです。初心者からプロまで使いやすさに拘っており、もちろん全て無料で利用できます。

       取引にかかる各種手数料も無料です。24時間安心サポートがあるため、はじめての方でも安心してFXに挑戦できます。
      さらに、FX初心者向けのはじめてガイドがあり、疑問など取引方法などもを分かりやすく解説してくれています。

      \最大204,000円キャッシュバック中/
      DMM FXの口座開設はWEBで完結。最短1時間で取引開始可能です。※DMM FXの申込で『スマホでスピード本人確認』を利用した場合(休業日を除く)
      最低取引単位 10,000通貨
      スプレッド ※原則固定, 例外あり
      • 0.2銭(米ドル/円)
      • 0.5銭(ユーロ/円)
      • 1.0銭(ポンド/円)
      通貨ペア 21通貨ペア
      キャンペーン情報
      dmmキャンペーン
      • 新規口座開設&取引で最大200,000円キャッシュバック
      • 弊サイトからお申し込みされた方は、新規口座開設&条件達成で4,000円キャッシュバック
      \最大204,000円キャッシュバック中/

      外為どっとコム

      おすすめのFX口座ランキング外為どっとコム
      おすすめポイント
      • 各種手数料口座開設手数料、口座維持手数料、クイック入金手数料、出金手数料、取引手数料、ロスカット手数料)が無料
      • スプレッドがUSD/JPY0.2銭(原則固定、例外あり)
      • 高金利通貨のスプレッドが狭く、取引に応じたキャッシュバックも実施
      • 万全のサポート体制
      • 初心者が使いやすい、かつ上級者でも満足できる取引ツール


      外為どっとコムでは、1,000通貨単位で取引可能。少額の資金で取引できるので、初めてでも安心です。

      各種手数料はすべて0円。口座開設後も長く取引できます。

      ※ロシアルーブル/円は10,000通貨から

      また、最先端の取引ツールも外為どっとコムの強みです。スマホ・iPad・パソコンから、いつでも簡単に取引できます。 HDI格付け調査「Webサポート/問い合わせ窓口(電話)部門」で最高評価の三つ星を獲得(2019年〜2020年)しており、サポート体制は万全です。

      外為どっとコム 2019年12月26日プレスリリースより

      \最大106,000円キャッシュバック中/
      口座開設キャンペーンも非常に充実しており、取引量に応じてキャッシュバックが受けられますよ。
      最低取引単位 1,000通貨
      スプレッド ※原則固定, 例外あり
      • 0.2銭(米ドル/円)
      • 0.5銭(ユーロ/円)
      • 1.0銭(ポンド/円)
      通貨ペア 30通貨ペア
      キャンペーン情報
      • 新規口座開設で最大103,000円キャッシュバック!※1
      • 特別タイアップキャンペーン!弊サイトより新規口座開設+1万通貨のお取引で3,000円キャッシュバック!※2
      ※1 口座開設月から翌々月末まで(2021年8月2日(月)午前7時00分より開始)
      ※2 口座開設月から翌々月末まで(2020年11月26日 午前7時10分より開始)
      \最大106,000円キャッシュバック中/

      4LINE FX

      LINE FX
      おすすめポイント
      • 各種手数料(口座開設手数料、取引手数料、入金手数料、出勤手数料、ロスカット手数料)が無料!
      • 高水準のスワップポイント
      • 安心の取引環境(充実のサポート体制資産の分別管理
      • 最短即日から取引可能
      LINE FXは、FX初級者から上級者まで使いやすいFXとして知られています。
       
      スマートフォンツールでは、豊富な注文方法への対応直感的にわかりやすいチャート取引に役立つマーケット情報などFXに有利なツールを搭載しております。
       
       PCツールでは、レイアウトも自由。よりスピーディで快適な取引が可能です。
      無料サポート機能があるため万が一の時でも安心。また、証拠金を信託口座に分けて管理しているためLINE証券が破綻しても資産は守られるよう証券保全もされています。
      相場変動や約定通知をLINEのメッセージでお知らせしてくれる通知機能もLINE FXの大きな特徴です。
      最低取引単位 1,000通貨
      スプレッド ※原則固定 ,例外あり
      • 0.2 銭(米ドル/円):通常スプレッド0.2 ~ 3.6銭(米ドル/円)
      • 0.5銭(ユーロ/円):通常スプレッド0.5 ~ 5.4銭(ユーロ/円)
      • 1.0銭(ポンド/円):通常スプレッド1.0 ~ 8.9銭(ポンド/円)

      原則固定※例外あり

      通貨ペア・スプレッド一覧https://line-fx.com/market/spread/ex/summaryList

      通貨ペア 23通貨ペア
      キャンペーン情報
      • 新規口座開設+取引で最大50,000円キャッシュバック
      • 弊サイトからお申し込みされた方は、新規口座開設+1取引で5,000円プレゼント
      • 限定タイアップ特典で1,000円プレゼント
      • 上記合計最大56,000円プレゼントキャンペーン実施中!! ※ 口座申込対象期間:2021年3月17日(水) 00:00〜

      5松井証券FX

        松井証券(MATSUI FX)
      松井証券FXおすすめポイント
      • 1通貨単位から取引可能
      • スプレッドが業界最狭水準
      • 全通貨ペア、取引手数料が0円
      • サポート体制が充実
      松井証券FXは1通貨単位から取引可能なので、100円という少額からはじめることができる、初心者にも優しいFX会社です。

      さらに、WEBからのお問い合わせなら24時間受け付けてくれるなど、サポート体制も充実しているので初めての方でも安心して取引ができるでしょう。

      また全通貨ペア取引手数料が0円なので、取引にかかるコストも抑えることができます。

      \取引手数料0円!/
      MATSUI FXは為替ニュースやFX取引に役立つ情報が無料で配信されています。FXの情報をどうやって集めるのか分からないという方でも安心です。
      最低取引単位 1通貨
      スプレッド ※原則固定 ,例外あり
      • 0.2銭(米ドル/円)
      • 0.5銭(ユーロ/円)
      • 1.1銭(ポンド/円)
      通貨ペア 20通貨ペア
      \取引手数料0円!/

      6YJFX!

      YJFX!PayPay
       
      YJFX!おすすめポイント
      1. YJFX!でしか見られないFXレポート
      2. お取引に応じてPayPayか現金が貰える
      3. スマホで見やすい
      4. 24時間サポート体制
      5. 各分野で著名なプロフェッショナルによる「YJFX!アカデミー」の無料オンラインセミナー
      YJFX!は、FX口座満足度ランキング2020」総合満足度部門第1位を獲得※1したFX会社です。

      YJFX!では24種類の通貨ペアを選択可能。定番のドル・ユーロをはじめ豊富な通貨ペアから自分に合ったものを選べます。

      どれだけ取引しても手数料は無料※2なため、安心して取引に打ち込めます。

      また、学べるコンテンツが豊富なこともYJFX!の特徴です。貴重な情報の数々は、FX初心者の方にとって重宝するものばかりです。

      ※1出典 「投資の教科書」(運営:エンジュク株式会社)実施「FX口座満足度ランキング2020 ※2 但し、外貨出金手数料は1回につき1,500円が発生

      \最大42,000円キャッシュバック!/
      YJFX!はヤフーグループの企業。大手としての安心感・信頼感も魅力です。
      最低取引単位 1,000通貨
      スプレッド ※原則固定 ,例外あり
      • 0.2銭(米ドル/円)
      • 0.5銭(ユーロ/円)
      • 1.0銭(ポンド/円)
      通貨ペア 24通貨ペア
      キャンペーン情報
      • 新規口座開設+取引で最大42,000円キャッシュバック!
        ※キャンペーン期間:2021年9月1日~11月30日
      \最大42,000円キャッシュバック!/

      まとめ

      本記事では、FXの「スキャルピング」の基礎知識について解説してきました。ここまで学んできたことをまとめると、次のようになります。

      • FXにおける「スキャルピング」とは、数十秒から数分といったごく短時間のうちに取引を完了させ、その繰り返しで利益を上げていく投資手法のこと
      • スキャルピングのメリットは「為替変動リスクが小さい」「時間・資金効率が良い」「取引が翌日に持ち込まれない」など
      • スキャルピングは、FX会社によって禁止の明言はされていないが「短時間での注文を繰り返し行う行為」が禁止されていることがある
      • スキャルピングでの勝ち方として考えられる方法は「取引量の多い通貨ペア・取引所を選ぶ」「トレンドにあった取引をする」「小さな利益を積み上げることを意識する」「スプレッドの少ない口座を選ぶ」「通信環境を整える」など

      スキャルピングは実践して経験を積むことが大切です。

      まずは目先の利益にとらわれず、実践を通して学んでいくことを優先するのがおすすめです。

      関連記事

      監修者の紹介

      監修者の写真

      監修者岡田行史

      人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事