FXの両建てとは?メリットやデメリットを解説

「FXの両建てとは、どういう意味?FXの両建てをすれば、勝ちやすくなると聞いたけど本当?」と疑問に感じていませんか?

FXの両建てとは、投資戦略のひとつなのですが、これを知っているか知らないかで、今後の収益性やリスク回避力が大きく変わってきます。

両建ては、必ず使わなければならないわけではありませんが、FXトレーダーとして成長するのに重要な知識です。

\初心者にもおすすめ/

FX両建ては「本来なら負けていたはずの投資を勝ちに持っていく」こともできる手法です。

本記事ではFX両建ての意味やメリット・デメリットを詳しくまとめています。これを読めば、あなたも今日から両建てを使いこなせるようになるでしょう!
※本記事は、FXで必ず利益を生む方法を紹介するものではありません。FXは自己の責任において行っていただきますようお願いいたします。

FXの両建て手法とは

FXの「両建て」の意味とは?

「両建て」の意味とは?
両建てとは、同じ通貨ペアで「買い」「売り」両方のポジションを持つことをいいます。

「買い(ロングポジション)」と「売り(ショートポジション)」の“両方”を同時に持つとは、どういう意味なのでしょうか。

普通、ある通貨ペアのポジションを持つ場合は「買い」と「売り」のどちらか一方を選択しますよね。
 実は両建てをする最大の意義は、「買い」と「売り」のどちらか一方を選択することで生じるデメリットを補うことにあります。

たとえば為替市場の相場が急変すると、為替レートは必ず「急上昇」か「急落」の極端な結果に行きつきます。すると必然的に「買い」であろうと「売り」であろうと、現在のポジション次第で大損するおそれが高まってしまいますよね。

ある通貨ペアに「買い」と「売り」の一方しかポジションがない場合
  • 買いポジションのみ
    ⇒相場上昇で利益/下落で損失
  • 売りポジションのみ
    ⇒相場上昇で損失/下落で利益

しかし同じ通貨ペアに対して「買い」「売り」両方のポジションを持っていれば(両建て)、どちらの相場でも損失をカバーすることが望めます。
ある通貨ペアに両建てをしている場合
  • 相場上昇
    「売り」の損失「買い」の決済利益でカバー
  • 相場下落
    「買い」の損失「売り」の決済利益でカバー

 

 損失よりも利益のほうが上回っていたなら、単純にマイナスを相殺するだけでなく、利益を確保することも可能です。

このように、両建ての本質は「為替相場変動のリスクを和らげる」ことにあります。

両建てを使って同一通貨ペアの利益をコツコツ確保する投資スタイルを“つなぎ”とも呼びます。
\初心者にもおすすめ/

FXの両建てのメリット

FXで両建を行うメリット

FXで両建てを活用するメリットには、次のようなものがあります。

FXの両建てのメリット
  1. 為替相場の急変に対するリスクヘッジを望める
  2. 含み損をカットして負けのリスクを減らすことに繋がる
  3. 少ない証拠金で取引できる
  4. 税金対策ができる

1為替相場の急変に対するリスクヘッジを望める

為替相場市場は予測のできない世界。プロのトレーダーであっても、完全に相場の動きを把握することはできません

相場は世の中のさまざまな出来事に呼応するように変動します。ある国の大統領のちょっとした発言で、相場が暴落したり急騰したりするのは珍しくないのです。

だからこそ“もしも”のときに備えておきたいですよね。
 そこでFXの両建ては、為替相場の大変動で生じる損失リスクを軽減するのに役立ちます。

「片方のポジションのみを保有していたら大きな損失だった」という場面を食い止めることができるかもしれません。このことから両建ては、リスクヘッジの手段として意義があるといえるでしょう。

2含み損をカットして負けのリスクを減らすことに繋がる

FX取引はいつも勝てるわけではありません。相場を読み切れなかったり、決済の判断が遅れたりしたために、損失が確定してしまうのは仕方のないことです。

FXで大切なのは長期的に投資を継続して戦える“粘り強さ”にあります。

では、どうすれば取引で“粘り強さ”を発揮することができるのでしょうか。その答えは人によってさまざまですが、“負けを相殺する”ことのできる両建てが方法として挙げられます。

 両建てで「含み損」を減らすアプローチをすれば、投資資金の目減りを抑えて長期戦が可能になります
両建てで含み損を減らす方法の例
  1. 「1ドル=120円」×1,000通貨の買いポジションを現在保有している
  2. このとき相場が「1ドル=100円」となり20円分が円高
  3. 含み損は「20円×1,000通貨」で2万円
  4. その後「1ドル=110円」となり10円分が円安になったタイミングで売りポジションを1,000通貨持つ
  5. すると売りポジションの含み益が「10円×1,000通貨」で1万円になる
  6. 結果として「買いの含み損2万円-売りの含み益1万円」でトータルの損失を1万円に抑えることができる

FX取引は「大きな負けを抑える」ことが重要といえます。
\初心者にもおすすめ/

3少ない証拠金で取引ができる

国内には、両建て時の必要証拠金を片方のポジション分のみとしているFX会社が数多く存在します。

つまり「買い」「売り」の両方を行ってもコスト負担を抑えることができるわけですね。
 このような証拠金のシステムを「両建てマックス方式」ともいいます。

たとえば次のような両建てを行うと仮定しましょう。

ドル/円を両建てする場合
  • 買いポジションを10,000通貨
  • 売りポジションを1,000通貨

 

このとき両建てマックス方式では、保有数の多いポジション(10,000通貨)にのみ必要証拠金を適用することになります。

 「買い10,000通貨-売り1,000通貨」で相殺された9,000通貨分の証拠金が適用されるわけではないのでご注意ください!

もしも両建てを駆使してFX取引を行っていきたいなら、両建てマックス方式を採用している取引業者を選んで口座を開設するとよいでしょう。

ただし「買い」「売り」の両方に証拠金を求める取引業者もあります。

4税金対策ができる

マニアックな使い方ですが、両建ては税金対策にも応用することができます。

たとえばいま、年末に含み益のあるポジションがあったとしましょう。

このポジションを年越し前に決済すると、当然ですが収支が増えるため、税金負担が重くなってしまいますよね。年末に決済をすることで税金が発生が予想できたなら、決済をせずに翌年に持ち越すのが賢明な判断といえるでしょう。

しかし、持ち越している間に為替が急変動してせっかくの含み益が含み損になってしまったら…。

そんなときは、両建てで持ち越そうとしている逆ポジションを保有してリスクヘッジを行いましょう。

 「含み損の確定で発生する税金負担」と「両建てで翌年に持ち越すリスク」を天秤にかけて判断することが大切です。

この手法を無理に使う必要はないですが、ある程度経験を積んでFX取引に慣れてきたら、テクニックのひとつとして使ってみるのもいいかもしれません。

\初心者にもおすすめ/

FXの両建ての必勝法とは

FXの両建てに必勝法はあるの?

両建てに負けない必勝法はあるの?
相場の動きが予測不可能である以上、両建てに「必勝法」はありません。

これまで紹介してきたように、FX取引において両建てというのは、戦略性の高い手法のひとつです。「いまは難しくて自分にはまだ早いかも…」という方の多くも、投資の経験を積むなかで、いずれ両建てを使う日がくることでしょう。

両建てを使うのは、えてして「もっと勝ちたい」「負けを減らしたい」という気持ちを抱いたときです。
 ここで気を付けなければならないのは、両建てに必勝法はないということです。

後述しますが、両建ては為替相場の急変動に対するリスクヘッジの対応策として有効ですが、急変動に対応しきれず、結果的に大きな損失を被る危険性もあります。

しかしトレーダーのブログでは、「両建ての必勝法」について書かれている記事をよく見かけますよね。

そもそも「必勝法」という言葉には、矛盾(パラドックス)があります。たとえば日本にいるトレーダーが全員、ある必勝法を実践したとしましょう。

「必ず勝てる」と謳われたテクニックなわけですから、文字通り実践者はみんなFXで勝てるようにならなければなりませんよね。

しかしFX取引は、売買を通じて「損失を出した人」と「利益を得た人」がいて初めて成り立つ世界です。

仮に外国為替市場の参加者(プレイヤー)が全員勝ててしまうとすれば、その時点でFX取引の仕組みは破綻してしまいますよね。

 このように初心者・中級者・プロに限らず「こうすれば両建てを使えば必ず勝てる」という方法はありません。

むしろ「両建てには必ずリスクがつきまとう」といったほうが正しいでしょう。

\初心者にもおすすめ/

FXの両建てのリスク・デメリット

FXで両建てを行うリスクとは?

両建てはメリットだけではなく、次のようなリスクやデメリットが存在します。

FXの両建てのリスク・デメリット
  1. スプレッドが増えてコストが増大する
  2. スワップポイントのサヤ取りができなくなる
  3. 両建てを「塩漬け」するとロスカットの可能性がある

1スプレッドが増えてコストが増大する

先程は、「両建てマックス方式」によって証拠金の負担が減る点に触れました。同一通貨ペアに対して「買い」「売り」の取引量が同じであるなら、証拠金のコストは1/2で済むわけです。

 しかし残念ながら、FX取引の手数料である「スプレッド」は双方のポジション分だけ発生します。

つまり両建てを行う時点で、片方のみのポジション保有による一般的な取引よりもスプレッド負担の増大を覚悟しなければなりません。

両建てによるスプレッド負担が結果的に含み益を大きく減らしてしまうことも……。

2スワップポイントのサヤ取りができなくなる

スワップポイントのサヤ取りって?
サヤ取りとは、通貨ペアのスワップポイントの差を利用して利益を得る方法のことです。
 スワップポイントとは、2ヶ国間の通貨の金利差によって得られる利益のことで「インカムゲイン」とも呼ばれています。

スワップポイントのサヤ取りは、変動の著しい為替相場に慣れない初心者向けの方法として知られています。

大きな利益を上げることは難しいですが、スワップポイントの差額で一定の利益を出すことが可能です。
 しかし両建てをするとせっかくのスワップポイントが相殺されてしまいます。

FX会社のなかには「高水準のスワップポイント」を推しているところもありますので、両建てを行うことでその業者を利用するメリットを活かしきれない可能性も出てきます。

こちらの記事もおすすめ

3両建てを「塩漬け」するとロスカットの可能性がある

「塩漬け」とは?
ポジションを決済せずに長期間保有し続けることです。株取引の世界でも用いられます。

FX取引で両建てを行う際は、スピーディな判断力と決済行動が求められます。「両建てでリスクヘッジしているからしばらく様子をみよう」「もう少し我慢すれば相場に新しい波がきて盛り返すかもしれない」

このような考え方は非常に危険ですので、くれぐれも気を付けてください。

 自分の意図しないタイミングで相場が急変して強制的にロスカットになるリスクが高まります!

ロスカットに「待った」をかけることはできません。
\初心者にもおすすめ/

FXの両建てができるおすすめ口座5選!

1GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券FXネオ

新規口座開設で最大30,000円のキャッシュバックがうれしい「GMOクリック証券(FXネオ)」は、東証一部上場の大手取引業者です。

申し込みからなんと最短一日で取引がスタート。いち早く両建て取引を行いたい方にもおすすめです。

GMOクリック証券(FXネオ)のおすすめポイント
  • 一度の注文で100万通貨まで取引ができる「通常モード」
  • 一度の注文で500万通貨まで取引ができる「大口モード」
  • 高水準のスワップポイント

信託保全体制も万全!大手取引業者としての投資家の寄り添ったサポートサービスも魅力です。
(出典:https://www.click-sec.com/)
キャンペーン情報
  • 弊サイトより新規口座開設&初回入金5万円以上&FXネオ取引を2回以上4,000円プレゼント!
  • さらに取引数量に応じて最大30万円キャッシュバック
\最大30万円キャッシュバック中/

2DMM FX

DMM FX

プロの投資家さながらの高機能を搭載したスマートフォンの取引ツールといえば、「DMM FX」です。

「時事通信社」と提携して無料提供する良質な経済ニュースは、初心者から上級者まで幅広く選ばれる理由のひとつとなっています。

DMM FXのおすすめポイント
  • スマートフォン・パソコンに対応した高機能取引ツール
  • 大手取引業者に引けを取らないスプレッド
  • 出金・口座開設および維持・クイック入金・ロスカットの手数料がすべて0円

全340金融機関に対応したクイック入金は24時間365日OK!
(出典:https://fx.dmm.com/)
\最大204,000円キャッシュバック中/

 

3松井証券 MATSUI FX

松井証券(MATSUI FX)

松井証券FXは1通貨単位で取引できるので、100円という少額からでも取引を始めることができます。

さらに、安心のサポート体制も充実しているので、初心者にも安心のFX会社です。

松井証券FXおすすめポイント
  • 1通貨単位から取引可能
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 取引手数料が0円

無料で為替ニュースやFX取引に役立つ情報を入手できます。FXの情報をどうやって集めるのか分からないという方でも安心でしょう。
(出典:https://fx.matsui.co.jp/service/fx/)
\取引手数料0円!/

4みんなのFX

みんなのFX

新規口座開設キャンペーンが豊富!多くの投資家から高い評判を得ている「みんなのFX」は、初心者にもぴったりです。

最大50,000円のキャッシュバックキャンペーンをお見逃しなく。

みんなのFXのおすすめポイント
  • 申し込みから最短1時間で取引可能
  • 1,000通貨から手数料無料で少額取引
  • 24時間体制で投資家をフルサポート
  • 主要通貨が業界最狭水準のスプレッド
    公式ページの文言によります。
  • 高金利通貨のスワップの高さにも定評あり

「スワップの高さ」と「両建て」は互いの良さを相殺してしまうため、よく検討してトレードしましょう。
(出典:https://min-fx.jp/)
\最大5万円キャッシュバックキャンペーン中!!/

5楽天FX(楽天証券)

楽天FX(楽天証券)

FX取引で楽天スーパーポイントが貯まるのは、現時点では「楽天証券」だけ!

豪ドルやトルコリラなど、投資家が注目を集める高金利通貨の取引で勝負をしたい方におすすめです。

楽天FX(楽天証券)のおすすめポイント
  • 取引で楽天スーパーポイントが貯まる
  • 安心の初心者サポート体制
  • 口座維持からクイック入金まで手数料が0円
  • 操作性とデザイン性に優れた高機能取引ツール

取引に役立つ高品質な投資情報も満載!
(出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/)

まとめ

FX取引の両建ては、「買い」「売り」どちらか片方のポジションのみを保有していることで発生するリスクを抑え、負けを減らすことを期待できるテクニックのひとつです。

FXで両建てを行う主なメリットまとめ
  • 為替相場変動のリスヘッジができる
  • 含み損を減らすことができる
  • 少ない証拠金で済むこともある
  • 税金対策にも応用できる

しかし、しばしば損失が大きくなってしまうことがあるため、多くのFX取引業者は両建てを推奨していません

FXで両建てを行う主なデメリットまとめ
  • 両建てに必勝法はない
  • スプレッドが増えるためコストがかかる
  • スワップポイントのサヤ取りができなくなる
  • 塩漬けをするとロスカットされる危険性がある

メリット・デメリットをよく理解した上で両建てを行うようにしましょう!
\初心者にもおすすめ/

関連記事

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事