FXのレバレッジとは?なしでもできる?最大値も徹底解説

「FXのレバレッジの意味やかけ方がわからず、うまく取引できない」と悩んでいませんか?

本記事で紹介するFXのレバレッジの基礎知識を学べば、レバレッジを上手に活用して、FXを楽しめるようになっていくことでしょう。

実際に多くのトレーダーは、FXのレバレッジを理解してから、スムーズに取引できるようになっています
※本記事の内容は、FXで必ず利益を生む方法を紹介するものではありません。FXは自己の責任において行っていただきますようお願いいたします。

\初心者にもおすすめ/

本記事ではFXのレバレッジの基礎知識や計算方法、最大値、設定の仕方について紹介していきます。読み終えるころには、レバレッジの詳しい活用方法がわかるでしょう。

FXのレバレッジとは

FXの「レバレッジ」とは?
FXのレバレッジとは、手元にあるお金以上の金額で、取引をする方法のことです。「レバレッジ」とはもともと、「てこの原理」を意味しています。

例えば100万円の商品を自力で買うには、100万円を準備しなければなりません。しかし、友人が50万円を負担してくれるなら、自分で支払うのは残りの50万円でいいですよね?

つまりレバレッジとは「てこの原理」のように、自分の少ない資金で、大きな金額の取引をすることなのです。
ここではさらに踏み込んで、次のことについて解説します。
FXのレバレッジの基礎知識
  • FXのレバレッジに関する重要語句(証拠金とポジション)
  • レバレッジのメリットと注意点

FXの証拠金とは

「証拠金」とは?
「証拠金」とは「レバレッジをかける元となる資金のこと」です。

そしてレバレッジは、証拠金に対して「〇〇倍」というように表現されます。例えば、1ドル=100円のときに、日本円を100万円分のドルと交換したいとしましょう。

しかし、手元には10万円しかありません。そこで、その10万円を元手に10倍のレバレッジをかけると、10万円×10倍=100万円分のドルと交換できるのです。

そのとき、自分の手元にあった10万円が証拠金です。
逆から考えると、10万円の証拠金で100万円の取引をするなら、レバレッジは10倍となります。
 FXは日本語で「外国為替証拠金取引」と呼ばれており、証拠金を使ってレバレッジをかけることがFXの前提と考えられています。

以上のことからわかるように、「証拠金(自分の資金)」がないとレバレッジはかけられません。

FXのポジションとは

「ポジション」とは?
「ポジション」とは、「通貨を持っている状態のこと」となります。
 日本語では、「建玉(たてぎょく)」とも呼ばれているので、覚えておくと戸惑いませんよ。

そしてポジションには、「買い(ロング)」「売り(ショート)」の2種類があります。「買い」とは、通貨を買っている状態のことです。例えば1ドル=100円のときに、日本円で100万円分のドルを買えば、ポジションを持ったことになります。

一方の「売り」とは、通貨を売っている状態、専門的には「空売り」している状態のこと。「空売り」とは、保有していない通貨を売る契約をしておき、あとで買い戻すことです。

例えば、1ドル=100円のときに100ドルを売っておき、1ドル=80円のときに買い戻せば125ドルを得られることになります。

空売りして、買い戻すまでが「売り」のポジションです。

FXでは、通貨を売買するときに、頻繁に「ポジションを持つ」と表現するので覚えておきましょう。

\初心者にもおすすめ/

FXでレバレッジをかけるメリット

FXでレバレッジをかけるメリットは、効率よく稼ぐことを期待できることです。

FXのレバレッジをかける事例
  • 例えば証拠金を10万円として、1ドル=100円のときに、次のような取引をしたとしましょう。
  • 1人は1,000ドルを買い、もう1人は証拠金10万円に10倍のレバレッジをかけて、1万ドルを買います。
  • ここで1ドル=120円になったタイミングで、2人ともドルをすべて売りました。
  • すると1,000ドルは12万円に、1万ドルは120万円になります。

 

つまり、利益が10倍になったのがわかるはずです。このように手元の資金が少なくても、大きな金額の取引をすることで、効率よく稼げることを望めるのです。

FXでレバレッジをかけるときの注意点

もちろんレバレッジには、注意点もあります。それは主に、次の3点です。

FXにおけるレバレッジの注意点
  • レバレッジをかけすぎない
  • ポジションの持ちすぎを避け、ロストカットのリスクを下げる
  • 多めに証拠金を預けておく

● レバレッジをかけすぎない

大前提として、大きなレバレッジをかけるのは避けましょう。というのも、効率よく稼ぎやすいということは、損失も大きくなりやすいからです。

例えば先ほどのメリットの説明でお伝えした例で、ドルを買ってから1ドル=80円になったとしましょう。

 すると、1,000ドルは8万に、1万ドルは80万円になります。

損失も、利益と同じように10倍になるのです。損失は当然、自分で負担しなければなりません。

レバレッジをかけるときは、具体的にいくらの損失まで耐えられるかを事前に確認しておきましょう。

● ポジションを持ちすぎず、ロストカットを避ける

「ロストカット」とは?
「ロストカット」とは、一定の損失が出たときに、それ以上の損失を防ぐため、システムによって強制的に取引を終了する仕組みのことです。

ロストカットされると、自分が意図しいないうちに損失が確定してしまいます。

 特に、通貨価格の暴落や高騰による損失を、確定させるのがいやでポジションを持ち続けてしまうと、ロストカットに陥りやすくなります。

ちなみにロストカットは、「証拠金維持率」を元に実行されます。「証拠金維持率」とは、レバレッジをかけるのに必要な証拠金に対する純資産の割合のこと

つまり、次の計算式によって求められます。

証拠金維持率の計算式

純資産総額÷必要証拠金×100=証拠金維持率(%)

 

例えば、FX口座に預けている資金と取引中の通貨を合わせて純資産額が50万円、必要証拠金が25万円とすると、証拠金維持率は200%となります。

ロストカットの基準はそれぞれのFX会社によって異なりますが、証拠金維持率が50%未満になるとロストカットするところが多いようです。

● 多めに証拠金を預けておく

多めに証拠金を預けておくのは、証拠金維持率を高く維持してロストカットを避けるためです。証拠金維持率は、純資産を増やすことで高くなります。

そのため、多くの証拠金を預けておけば、証拠金維持率を高く保てます

ロストカットを避けるための工夫として、試してみてください。
\初心者にもおすすめ/

FXはレバレッジなしでもできる

FXはレバレッジなしでも行えます。というのも「レバレッジなし」というのは証拠金に対して「1倍」のレバレッジをかけている状態ともいえるからです。

特にFXを始めたばかりの方には、レバレッジなし(1倍)で取引するのをおすすめします。
なぜなら比較的、損失が大きくなるリスクが小さく、取引が安定しやすいと考えられるです。その分、効率的に利益を得ることも難しくなると考えられますが、まずはレバレッジなしでFXに慣れてから、少しずつレバレッジを上げていくといいでしょう。

FXでレバレッジなしにするメリット

それではFXでレバレッジなしにする、具体的なメリットを確認していきましょう。

FXでレバレッジなしにする主なメリット
  • 損失がふくらむリスクが低い
  • 外貨預金より手数料が低い傾向にある

● 損失がふくらむリスクが低い

繰り返しになりますが、レバレッジをかけないということは、投資資金をすべて自分でまかなうことになります。そのため取引で万が一、損失を出したとしても、その損失は最低限のものになります。

損失が大きくなりにくいということは、ロストカットが実行される懸念も少ないくなります。
FXに慣れていない人に限らず、安全に取引をしたいならレバレッジなしが適しています。

● 外貨預金より手数料が低い傾向にある

外貨預金とは?
外貨預金とは、日本円ではなく外貨で銀行などに預金することをいいます。

外貨預金も為替相場によって、利益を得られる可能性があるのが魅力です。

つまり外貨預金で得られる効果は、FXでレバレッジなしで取引するのと似ています。ただし外貨よりもFXの方が、手数料が低い傾向にあり、その点ではFXの活用が有利になるといえるでしょう。

 ちなみにFXの手数料は「スプレッド」といい、取引通貨の「買値(Ask)」と「売値(Bid)」の差のこととなります。
\初心者にもおすすめ/

FXでレバレッジなしにするデメリット

一方で、レバレッジなしの主なデメリットは、次のようになります。

FXにおけるレバレッジの注意点
  • 損失が少ない代わりに利益も少ない
  • 自力で一定の資金を準備しなければならない

● 損失が少ない代わりに利益も少ない

レバレッジなしでは、ありに比べて損失が少ないと考えられるのがメリットですが、反面、期待できる利益が少ないというデメリットがあります。

とはいえレバレッジなしでも、取引回数をあげたり、長期トレードで相場の成長に期待したりするなどの工夫によって、得られる利益を上げられる可能性があります。

収益を効率的に上げたいなら、レバレッジの活用が重要です。

● 自力で一定の資金を準備しなければならない

レバレッジをかけると、自分が取引したい金額が元手になくても取引できました。しかし、レバレッジなしでは、自分で資金を準備しなければなりません。

一般的に、FXの最低投資額は10万円ですが、今は、1万円から取引できるFX会社も増えていきています。

資金を準備するのが難しければ、最低投資額の少ない会社を活用するのがおすすめです。
\初心者にもおすすめ/

FXのレバレッジの計算方法

FXのレバレッジの計算方法は、次のようになります。

FXのレバレッジの計算式
  • (通貨価格×取引数量)÷証拠金=レバレッジ(倍)

 

 通貨価格の単位は一般的に日本円で計算されるので、1ドル=100円で100ドル購入するなら、通貨価格は1万円です。

例えば証拠金が10万円あり、1ドル=100円のときにドルを1万ドルを買うとすると、「(100×1万)÷10万=10倍」のレバレッジになります。

同じようにして、必要証拠金額を求めることもできますよ!
同じような例で、1ドル=100円でドルを1万ドルを買うときに、10倍のレバレッジをかけるなら、「(100×1万)÷10=10万円」の証拠金が必要だとわかりますね。
レバレッジは大きければ大きいほど、利益・損失も大きくなるのが通常です。必ずレバレッジの計算して、リスクを負いすぎていないか確認してみてください。

FXのレバレッジの最大は?かけ方は?

FXのレバレッジの最大とは?
FXのレバレッジは、日本国内にあるFX個人口座の場合、最大で「25倍」までと決められています。つまり10万円の証拠金でできる取引は、250万円までです。

2009年の『金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令』によって、2011年8月から日本のFX会社におけるレバレッジを最大25倍までにすると定められました。

 ちなみに外国のFX口座であれば、25倍以上の取引ができますが、言語の壁やトラブル対応の難しさから、あまりおすすめしません。

FX会社ごとの最大レバレッジを比較

日本にある、主なFX会社の最大レバレッジを確認してみましょう。

各FX会社における最大レバレッジ
FX会社 最大レバレッジ
DMM FX 25倍
GMOクリック証券 25倍
外為どっとコム 25倍
YJFX! 25倍
外為オンライン 25倍
FXブロードネット 25倍
SBI FXトレード 25倍
みんなのFX 25倍

すべての会社が、最大25倍のレバレッジになっているのがわかりますね。

\初心者にもおすすめ/

FXのレバレッジのかけ方

では、レバレッジの設定方法を確認していきましょう。FXのレバレッジのかけ方は、主に次の2種類です。

FXのレバレッジのかけ方
  • 利用している口座で自分でレバレッジを設定する
  • 取引口座であらかじめ決められているレバレッジを利用する

利用している口座で自分でレバレッジを設定する

FXでのレバレッジは、自分で設定することができます。各FX会社によって違いはありますが、取引するときに、取引画面を確認すると、例えば「レバレッジ設定」などの案内があります

その案内にしたがって、自分が設定したいレバレッジを選択、もしくは入力すれば、簡単にレバレッジの取引を実現できます。

また各FX会社には、レバレッジ倍率に応じたコースを選べるところが多くあります。FXの経験が浅い人は「1倍コース」や「3倍コース」など、小さいレバレッジから始めるのがおすすめです。

 

 コースは自由に変更できるのが一般的です。

取引口座であらかじめ決められているレバレッジを利用する

日本国内にある主要なFX会社であれば、自分でレバレッジを設定できるのが通常です。ただし、取引によっては、あらかじめかけられるレバレッジが決められていることもあります。

レバレッジがわからないのは、大変危険ですし、どう取引していいかもわからないはずです。レバレッジがわからないときは無理に取引を開始せず、必ず事前に情報収集してください

おすすめのFX口座 厳選5選!

1DMM FX

DMMFX
おすすめポイント
  • DMM.com証券の口座数80万以上
  • 取引ツールがわかりやすくスマホアプリも充実
  • 各種手数料が無料
  • 金融機関口座から取引口座へリアルタイムに入金可能なクイック入金
  • スプレッド(通貨の売値と買値に生じる差)が狭い
  • FXの取引でポイントが貯まる
  • 最短1時間取引スタート
  • 最新のニュースを無料で受け取れる
  • 24時間安心サポート。LINEでも問い合わせ可能
    ※1 『スマホでスピード本人確認』を使用した場合(弊社休業日を除く)
DMM.com証券の口座開設数は、80万口座突破。当サイトで紹介しているFX口座の中では多い数字です。

DMM FXの特徴は、取引ツールが充実していることです。初心者からプロまで使いやすさに拘っており、もちろん全て無料で利用できます。
 取引にかかる各種手数料も無料です。24時間安心サポートがあるため、はじめての方でも安心してFXに挑戦できます。
さらに、FX初心者向けのはじめてガイドがあり、疑問など取引方法などもを分かりやすく解説してくれています。
\最大204,000円キャッシュバック中/
DMM FXの口座開設はWEBで完結。最短1時間で取引開始可能です。※DMM FXの申込で『スマホでスピード本人確認』を利用した場合(休業日を除く)
最低取引単位 10,000通貨
スプレッド ※原則固定, 例外あり
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 21通貨ペア
キャンペーン情報
  • 新規口座開設&取引で最大200,000円キャッシュバック
  • 弊サイトからお申し込みされた方は、新規口座開設&条件達成で4,000円キャッシュバック
\最大204,000円キャッシュバック中/

GMOクリック証券

おすすめのFX口座ランキングGMOクリック証券
おすすめポイント
  • 取引コストが安い
  • スプレッドが最小水準
  • 24時間サポート無料
GMOクリック証券 FX ネオは、取引コストの安さに定評があるFXです。 FXでは、同一通貨の取引であっても、手数料やスプレッドで大きく外貨取引のコストに差がでます。

GMOクリック証券のFX取引では、取引手数料0円。スプレッドも業界最小水準のため、ユーザーにとって有利に取引できます。 公式サイトの文言より
\最大34,000円キャッシュバック中/
もちろん、口座開設費用、維持費用はすべて無料です。サービス内容も非常に充実しており、初心者人気の高いFX口座です。
最低取引単位 10,000通貨(南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は100,000通貨)
スプレッド ※原則固定, 例外あり
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 20通貨ペア
キャンペーン情報
GMOFXキャンペーン
  • 弊サイトより新規口座開設&初回入金5万円以上&FXネオ取引を2回以上4,000円プレゼント!
  • 取引数量に応じて最大30,000円キャッシュバック
※2021年5月1日(土)〜 2021年10月31日(日)
\最大34,000円キャッシュバック中/

外為どっとコム

おすすめのFX口座ランキング外為どっとコム
おすすめポイント
  • 各種手数料口座開設手数料、口座維持手数料、クイック入金手数料、出金手数料、取引手数料、ロスカット手数料)が無料
  • スプレッドがUSD/JPY0.1銭(原則固定、例外あり)
  • 高金利通貨のスプレッドが狭く、取引に応じたキャッシュバックも実施
  • 万全のサポート体制
  • 初心者が使いやすい、かつ上級者でも満足できる取引ツール
※キャンペーン期間:2021年5月3日(月)午後4時〜5月29日(土)午前1時 提示時間帯:対象期間中の各営業日午後4時〜午前1時
    外為どっとコムでは、1,000通貨単位で取引可能。少額の資金で取引できるので、初めてでも安心です。 各種手数料はすべて0円。口座開設後も長く取引できます。

    また、最先端の取引ツールも外為どっとコムの強みです。スマホ・iPad・パソコンから、いつでも簡単に取引できます。

    HDI格付け調査「Webサポート/問い合わせ窓口(電話)部門」で最高評価の三つ星を獲得(2019年〜2020年)しており、サポート体制は万全です。 外為どっとコム 2019年12月26日プレスリリースより
    \最大106,000円キャッシュバック中/
    口座開設キャンペーンも非常に充実しており、取引量に応じてキャッシュバックが受けられますよ。
    最低取引単位 1,000通貨
    スプレッド ※原則固定, 例外あり
    • 0.1銭(米ドル/円)
    • 0.3銭(ユーロ/円)
    • 0.6銭(ポンド/円)
    キャンペーン期間:2021年5月3日(月)午後4時〜2021年5月29日(土)午前1時 提示時間帯:対象期間中の各営業日午後4時〜翌午前1時
    通貨ペア 30通貨ペア
    キャンペーン情報
    • 新規口座開設で最大103,000円キャッシュバック!※1
    • 特別タイアップキャンペーン!弊サイトより新規口座開設+1万通貨のお取引で3,000円キャッシュバック!※2
    ※1 口座開設月から翌々月末まで(2021年2月1日 午前7時00分より開始)
    ※2 口座開設月から翌々月末まで(2020年11月26日 午前7時10分より開始)
    \最大106,000円キャッシュバック中/

    4SBI FXトレード

    おすすめのFX口座ランキング4位!SBI FXトレード
    おすすめポイント
    • スプレッド業界最狭水準!※1
    • 約5円から気軽にFXを始める事が可能!
    • 各種手数料0円!
    • 最大30,000円のキャッシュバック中
    SBI FXトレードは、業界最狭水準※1のスプレッド実績を持つFXです。 スプレッドは初心者に優しい原則固定※2で提供。取引コストは業界最低水準※1を誇ります。
     また、SBI FXトレードでは、1ドルから1,000万ドルの取引が可能です。FXでは珍しい1通貨単位から取引できるため、初心者の方でも気軽に一歩踏み出せます。
    ※1 公式サイトの文言より ※2 例外あり
    \新規口座開設キャンペーン実施中!!/
    SBI FXトレードなら、約5円の証拠金でリアル口座の取引ができるので、約定力を含めた本番の取引環境を低リスクで確かめることが可能ですよ。
    最低取引単位 1通貨
    スプレッド ※1000通貨まで (原則固定,例外アリ)
    • 0.09銭(米ドル/円)
    • 0.3銭(ユーロ/円)
    • 0.69銭(ポンド/円)
    通貨ペア 34通貨ペア
    キャンペーン情報
    SBIFXトレードキャンペーン6月
    • 新規口座開設&取引で最大50,000円キャッシュバック!
    ※ 申込期限 2021年06月01日 0時00分 2021年07月9日 17時00分
    キャンペーン情報
    SBI FXトレードキャンペーン

    • 弊サイトより新規口座開設&初回入金5万通貨以上の取引で5,000円キャッシュバック!
    \新規口座開設キャンペーン実施中!!/

    5YJFX!

    YJFX!PayPay
    YJFX!は、FX口座満足度ランキング2020」総合満足度部門第1位を獲得※1したFX会社です。

    YJFX!では24種類の通貨ペアを選択可能。定番のドル・ユーロをはじめ豊富な通貨ペアから自分に合ったものを選べます。

    どれだけ取引しても手数料は無料※2なため、安心して取引に打ち込めます。

    また、学べるコンテンツが豊富なこともYJFX!の特徴です。貴重な情報の数々は、FX初心者の方にとって重宝するものばかりです。

    ※1出典 「投資の教科書」(運営:エンジュク株式会社)実施「FX口座満足度ランキング2020 ※2 但し、外貨出金手数料は1回につき1,500円が発生
    YJFX!おすすめポイント
    1. YJFX!でしか見られないFXレポート
    2. お取引に応じてPayPayか現金が貰える
    3. スマホで見やすい
    4. 24時間サポート体制
    5. 各分野で著名なプロフェッショナルによる「YJFX!アカデミー」の無料オンラインセミナー
    \最大27000円キャッシュバック中/
    YJFX!はヤフーグループの企業。大手としての安心感・信頼感も魅力です。
    最低取引単位 1,000通貨
    スプレッド ※原則固定 ,例外あり
    • 0.2銭(米ドル/円)
    • 0.5銭(ユーロ/円)
    • 1.0銭(ポンド/円)
    通貨ペア 24通貨ペア
    キャンペーン情報
    • 新規口座開設+取引で最大27,000円キャッシュバック!
    \最大27000円キャッシュバック中/

    まとめ

    本記事では、FXのレバレッジの基礎知識について解説してきました。

    ここまで学んできたことをまとめると、次のようになります。

    • FXのレバレッジとは、手元にある資金以上の金額で、取引をする仕組みのこと
    • FXのおいて証拠金とは、レバレッジをかけるもととなる資金のこと
    • レバレッジをかけるメリットは、効率よく稼ぎやすくなることが望めること
    • レバレッジをかけるときの注意点は「レバレッジをかけすぎない」「ポジションの持ちすぎを避け、ロストカットのリスクを下げる」「多めに証拠金を預けておく」など
    • FXはレバレッジなしでもできる
    • FXでレバレッジなしにするメリットは、「損失が大きくなるリスクが低い」外貨預金より手数料が低い傾向にある」など
    • レバレッジの計算式は「(通貨価格×取引数量)÷証拠金=レバレッジ(倍)」
    • 日本国内においてFXのレバレッジは最大で「25倍」

    FXの醍醐味は、レバレッジを上手に活用して、利益を伸ばすことです。とはいえ、大きなレバレッジはリスクも大きくするので、ご自身にあったものにするよう注意してください。

    関連記事

    ※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

    おすすめの記事