FX手数料が安いおすすめの取引業者を比較解説【一覧】

「FXはどんな手数料が発生するのだろう?少しでもコストを抑えて取引したい」と悩んでいませんか?

FXの手数料は、ちょっとしたコストに思えても、取引をすればするほど負担が増えるため、少しでも手数料を安くして取引するのが大切です。

本記事はFXで発生する手数料について詳しくまとめていますので、読めば取引でどんなコストがかかるかを把握することができます。

\初心者にもおすすめ/

日本国内のFX手数料で最大のポイントとなるのは「スプレッド」です。

この記事を読んだあと、きっとあなたは手数料の安い口座を上手に使い分けることができるでしょう。

FX手数料の種類

FX手数料一覧

FXの手数料には、次の表のようにさまざまなものがあります。

FX口座手数料 口座を開設する際に発生する手数料です。国内のFX取引業者のほとんどが無料としています。口座を持つコストは実質ゼロですので、まずは口座だけでもつくっておいて損はないでしょう。
FX入金手数料 投資資金を口座に振り込む際に発生します。多くの取引業者では「通常振込」の場合に手数料を課していますが、各業者の推奨する入金方法であれば無料ですので、ぜひご活用ください。
FX出金手数料 各業者の定める出金額未満の場合はFX出金手数料が発生することがありますが、額に関係なく出金手数料がすべて無料の取引業者もあります。比較検討してみるとよいでしょう。
FXレバレッジ手数料 営業日をまたいでポジション(持ち高)を持ち越す場合、レバレッジ手数料が発生することがあります。レバレッジ手数料を抑えたいなら、その日のうちに取引を終わらせることをおすすめします。
FXロスカット手数料 ロスカットが執行される際に発生する手数料です。無料のケースもありますが、取引業者によってロスカット手数料が発生する場合があります。負担が非常に重くなるため、口座を開設する前に取引ルールをよく確認しておきましょう。
FX両替の手数料 外国為替を両替する際の手数料のこと。FX口座のほうが一般的な両替所よりもFX両替手数料が安くなるといわれています。
FX手数料の消費税 「店頭金融先物取引業者」として登録されている業者であれば、あらゆる手数料に一切消費税はかかりません。国内のFX取引は金融庁の管理下にあるため、どの業者も「店頭金融先物取引業者」として登録されていますのでご安心ください。

これらのFX手数料は、国内の取引業者のほとんどが“基本無料”としています。
\初心者にもおすすめ/

FX手数料とスプレッドについて

FX手数料とは?スプレッドとの関係について

先述したように、日本国内のFX手数料は、その多くが無料となっているのが特徴です。しかし一方で、ほぼ必ず発生する取引コスト(実質的な手数料のようなもの)が存在します。それが「スプレッド」です。

FX手数料としてのスプレッドとは

「スプレッド」とは?
「スプレッド」とは、「FXの1回の取引にかかるコストの一つ」です。

 

あなたもFX取引業者のホームページで「スプレッドが狭い」「広い」という表現を見かけたことがあるはずです。その実際の意味は、以下のようになります。

スプレッドの「狭い」「広い」の意味
  • スプレッドが狭い=実質的な手数料が安い
  • スプレッドが広い=実質的な手数料が高い

では、スプレッドの仕組みとは、どのようなものでしょうか?

スプレッドが発生する仕組み

「120円15銭」「110円10銭」といったように、FX(外国為替取引)は、同じ通貨でも売り・買いのときでレートに違いが発生しています。

 このときの「銭」の差、つまり15銭と10銭の「5銭」の差を、FXの世界では「スプレッド」と呼びます。

この差(スプレッド)は、その通貨の「Bid(売値)」と「Ask(買値)」の差額を表しています。

取引業者は、このスプレッドを実質的な手数料としているのです。
ポイント
  • 「銭」のような“端数”の部分の差をスプレッドと呼ぶ
  • 通貨取引を行う際、投資家はこのスプレッドを取引コスト(実質的な手数料)として取引業者に支払う

投資家にとって、スプレッドは狭ければ狭いほどFXの実質的な手数料は安くなります

「スプレッドは業界最狭水準!」というフレーズをよくみかけるのは、そうした理由があるのです。
\初心者にもおすすめ/

FX手数料としてのスプレッドの単位

スプレッドの単位は「銭」「pips」の2種類があります。

● 「銭(せん)」

「銭(せん)」とは?
「銭(せん)」とは、日本円で他国の通貨を取引する際に表すスプレッドの単位です。

米ドル/円、ユーロ/円といった通貨の組み合わせのときに用いられます。「1ドル100円41銭」が実際の使い方です。

「1銭=0.01円」ですので、FX手数料の計算は簡単です!

● 「pips(ピップス)」

「pips(ピップス)」とは?
「pips(ピップス)」とは、米ドル/ポンド、カナダドル/ユーロなど、日本円以外の通貨ペアで用いるスプレッドの単位のことです。

もともとは”pip (percentage in point) “の略称で単数形扱いされていますが、1pip以上になると複数形がついて”pips”となります。

 まずは国際的なスプレッド単位としてpipsを理解しておけば十分です。

「1pip=1銭=0.01円」の関係を覚えておけば、pips換算の計算も簡単にできますよ!

FX手数料が安いおすすめ口座比較10選

1SBI FXトレード

SBI FXトレード

口座開設選びに迷っている方にぴったり!FX手数料をゼロに抑えたいなら、顧客中心主義を徹底している「SBI FXトレード」がおすすめです。

SBI FXトレードのおすすめポイント
  • SBI FXトレードの取引手数料はすべて無料
  • スプレッドがかなり狭い
  • 最小1通貨からの少額取引
  • 高水準のスワップポイント
  • 初心者にもおすすめの使いやすい取引ツール

新規口座開設キャンペーンも豊富ですので、ぜひ今のうちに開設することをおすすめします!

(出典:https://www.sbifxt.co.jp/)

\新規口座開設キャンペーン実施中!!/

こちらの記事もおすすめ

2楽天FX

楽天FX

海外のFXでも有名な自動売買ツール「MT4」に対応しているのが魅力の「楽天FX」。FX取引を行えば自動で楽天ポイントが貯まります!

楽天FXのおすすめポイント
  • 楽天FXの取引手数料は全て無料
  • 自動売買ツール「MT4」に対応している
  • FX取引で楽天ポイントが貯まる
  • 外国為替市場の情報提供力が高い
  • 初心者のサポート体制が充実
  • 南アフリカやトルコなどの高金利通貨が取引できる

無料提供している取引ツールはグッドデザイン賞を受賞!使いやすさにも優れています。

(出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/)
※出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20121001-01.html

\最大100,000ポイントプレゼント/

3マネックスFX(マネックス証券)

マネックスFX(マネックス証券)

信託保全を2銀行に分けており、リスクヘッジの面では相当の信頼性があるのが「マネックスFX(マネックス証券)」です。約定力も高いと評判で、注文から売買成立までのスピードに安定感があります。

マネックスFX(マネックス証券)のおすすめポイント
  • マネックス証券は取引手数料やロスカット手数料がすべて無料
  • スマートフォンでお手軽に取引ができるツール
  • 豊富な投資情報の提供

FX初心者や忙しい人にぴったりの自動発注サービス「オートレール」が魅力です!

(出典:https://www.monexfx.co.jp/)

\取引手数料0円/

4GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券(FXネオ)

大手証券会社としてきわめて高いFX取引高を誇るのが「GMOクリック証券(FXネオ)」です。スプレッドの狭さはイチオシですが、ロスカット手数料が発生するため注意しましょう。

GMOクリック証券(FXネオ)のおすすめポイント
  • GMOクリック証券は取引手数料や出金手数料が無料
  • パソコン・スマートフォンに対応した高性能の取引ツール
  • 高水準のスワップポイント
  • 最短で口座開設当日から取引ができる
  • 信託保全は「三井住友銀行」「みずほ信託銀行」「三井住友信託銀行」「日証金信託銀行」の4行に分散

万全の信託保全対応は特筆に値します。

(出典:https://www.click-sec.com/)

キャンペーン情報
GMOFXキャンペーン
  • 弊サイトより新規口座開設&初回入金5万円以上&FXネオ取引を2回以上4,000円プレゼント!
  • 取引数量に応じて最大30,000円キャッシュバック
※2021年5月1日(土)〜 2021年10月31日(日)

\最大34,000円キャッシュバック中/

こちらの記事もおすすめ

5Oh!FX(住信SBIネット銀行)

Oh!FX(住信SBIネット銀行)

ネットバンク「住信SBIネット銀行」が提供する「Oh!FX」は、入出金がひとつの口座で完結するため非常に便利です。もしあなたがFX初心者で住信SBIネット銀行のユーザーなら、ここからスタートをしてみてもいいかもしれません。

Oh!FXのおすすめポイント
  • Oh!FXは取引手数料が無料
  • 初心者が安心してトレーディングできる低レバレッジコース
  • スマートフォンで操作が簡単の取引ツール

「銀行が提供している」という安心感が魅力ですね。

(出典:https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/fx/ohfx/)

\取引手数料0円/

6松井証券(MATSUI FX)

松井証券(MATSUI FX)

創業100年以上の歴史を誇るのが「松井証券(MATSUI FX)」です。たった100円からFXを始めることができるため、トレーディングに慣れた中級者以上の方はもちろん、初心者におすすめできます。

松井証券(MATSUI FX)のおすすめポイント
  • 1通貨単位(100円)から取引可能
  • 松井証券(MATSUI FX)の全通貨ペアの取引手数料は無料
  • 米ドル/円0.2銭の狭いスプレッド
  • レバレッジは1倍から選べる

専門スタッフが親身に寄り添い、困ったことや疑問に思ったことを即座に解決してくれます!

(出典:https://fx.matsui.co.jp/?mnu=hd)

\取引手数料0円!/

7野村證券

野村証券

海外FXと同じく、変動スプレッド制を採用しているのが「野村證券」の特徴です。スプレッドの動きを活かして大きな利益を上げたい方に向いているといえるでしょう。

野村證券のおすすめポイント
  • 野村證券は取引手数料が無料
  • 24時間でのFX取引が可能
  • 「原則固定」にはない変動スプレッドとしての収益を期待できる

変動スプレッド制であることから、野村證券は中級者以上の方におすすめです。

(出典:https://www.nomura.co.jp/retail/fx/)

\取引手数料0円/

8ソニー銀行

ソニー銀行

ソニー銀行で外貨預金をしているなら、「ソニー銀行」でFX取引を始めてみませんか?非常に安定した財務運営をしているため、安全性はかなりの高さです。

ソニー銀行のおすすめポイント
  • ソニー銀行は証拠金取引手数料が無料
  • ソニー銀行で外貨預金をしている方におすすめ
  • 外貨預金をきっかけにFXに興味のある人向け

通貨ペア決済では1取引単位で手数料が発生するので、その点に関してはご注意ください。

(出典:https://moneykit.net/visitor/sbfx/knowledge/)

\取引手数料0円/

9ネオモバ(SBIネオモバイル証券)

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)

米ドル/円が1,000通貨までスプレッド0銭なのが、「ネオモバ(SBIネオモバイル証券)」の魅力です。2020年からサービスが開始されたばかりですが、そのお手軽さから、投資家の注目を集めています。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)のおすすめポイント
  • 1,000通貨までなら米ドル/円のスプレッド(手数料)が無料
  • Tポイントを使ってFX取引ができる
  • 1通貨からの取引が可能

FXに興味を持ち始めた学生や主婦の方にもおすすめです!

(出典:https://www.sbineomobile.co.jp/)

\米ドル/円なら1,000通貨までスプレッド無料/

10LINE FX

LINE FX

LINEで始めるFX取引!「LINE FX」は外国為替市場のリアルタイムの動きをLINEで通知してくれる画期的なサービス。投資のプロも認めた本格的なトレーディングツールで、今日からあなたも投資家デビューしませんか?

LINE FXのポイント
  • LINE FXは取引手数料からロスカット手数料まで無料
  • スマートフォンで最短3分で申し込みが完了
  • 外国為替市場の変動をLINEで通知
  • パソコン・スマートフォンに対応した高機能取引ツール

取引ツール画面は、初心者も“直感的”に理解できるデザインになっています。

(出典:https://line-fx.com/logout)

今なら「暮らしのぜんぶ」経由でLINE FX口座を開設の上、新規1取引すれば合計最大6,000円もらえます【キャンペーン期間:2021年3月17日(水) ~】

お得なキャンペーン実施中のこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。※取引対象期間は口座申込の翌月末まで。


LINE FX

FX自動売買の手数料が安いおすすめ口座比較3選

自動売買とは、自動でトレーディングを行ってくれる高度なプログラム。パソコンやスマートフォンに張り付いてトレンドを追わなくても投資を行ってくれるため、初心者にも向いています

以下では、FX自動売買を提供している取引業者の手数料を比較しました。

1みんなのシストレ

みんなのシストレ

優秀な投資家のリアルトレードをもとに24時間自動売買できるのが、「みんなのシストレ」です。投資家の成績はリアルタイムでランキング化されているため、あなたはそこから好きに選んでフォローするだけでOK!

みんなのシストレのおすすめポイント
  • みんなのシストレは取引手数料からロスカットまで手数料0円
  • FXに詳しくなくても上級者を選ぶだけで取引ができる
  • 1,000通貨から取引ができる

「FXのことはよくわからないけれど興味がある」という方におすすめの新感覚自動売買システムです。

(出典:https://min-fx.jp/LP/STnew/)

\最大5万円キャッシュバックキャンペーン中!!/

こちらの記事もおすすめ

2FXブロードネット

FXブロードネット

「自分で判断をして取引をするのは心理的にもストレスがかかる」「忙しいので腰を据えて投資ができない」とお悩みを持っている方におすすめなのが、裁量トレードの7倍の利益を期待できる「FXブロードネット」です。

FXブロードネットのおすすめポイント
  • FXブロードネットは1,000~10,000通貨までの取引手数料が0円
  • 初心者でも簡単に設定できる自動売買システム「トラッキングトレード」
  • FXの難しい知識やスキルがなくても利益を期待できる
  • 24時間取引に対応

トラッキングトレードは10,000通貨あたり片道200円の手数料が発生します。

(出典:https://www.fxbroadnet.com/)

\最大20,000円キャッシュバック中/

3トライオートFX(インヴァスト証券)

トライオートFX(インヴァスト証券)

自分の目的に合った取引を指定すれば、あとは待つだけ!「トライオートFX(インヴァスト証券)」は、カスタマイズ性の高い自動売買システムが強みです。

トライオートFX(インヴァスト証券)のポイント
  • トライオートFX(インヴァスト証券)は入出金から両替まで手数料が0円
  • 自動売買システムを利用すれば収益率160%超えを期待できる
  • 自動売買システムは初級者設定や上級者設定を自由に選べる

利用者の60%がFX初級者です!

(出典:https://www.invast.jp/triauto/)

FX手数料は仮想通貨で安くなる?

仮想通貨でFX手数料は安くなる?

近年では、「仮想通貨」や「ビットコイン」でFXを行う投資家が増えてきています。

いわゆる「暗号資産FX」というジャンルですね。

主なメリットは4つです。

仮想通貨やビットコインでFX取引を行うメリット
  • 少額取引ができる
  • レバレッジで大口の取引可能
  • 24時間いつでも取引可能
  • 下げ相場(レートが下がり気味の市場)を予想することで逆に利益を得ることもできる

一般の通貨取引と同様、各種手数料を無料に設定している業者が多いようです。

 ただしレバレッジ手数料がかかることもあるので注意しましょう。

以下では、暗号資産FXに興味を持つ方におすすめの取引業者をご紹介します。

1ビットフライヤー

ビットフライヤー

国内最大級の仮想通貨取引業者といえば、「ビットフライヤー」です。アカウント作成、アカウントの維持、住信SBIネット銀行からの円入金など、FX取引に関するさまざまな手数料が無料となっています。

ビットフライヤーのおすすめポイント
  • 100円から仮想通貨FXを始められる
  • スマートフォンでお手軽に取引ができる

(出典:https://bitflyer.com/ja-jp/)

住信SBIネット銀行以外の場合は出金手数料が発生するため注意しましょう。

2GMOコイン

GMOコイン

東証一部上場グループの「GMOコイン」なら、万全のセキュリティ体制のもとで初心者も安心して取引を楽しむことができます。出金手数料だけでなく、即時入金手数料も無料!スピーディな取引を求めている方におすすめです。

GMOコインのおすすめポイント
  • ビットコインやリップルなど全12種の豊富な投資対象
  • 所有する仮想通貨をGMOコインに貸し出して貸借料を得る「貸暗号資産」システム
  • 口座開設から取引開始まで最短10分

レバレッジ手数料が別途発生するので、その点にはご注意ください。

(出典:https://coin.z.com/jp/)

\口座開設から取引まで最短10分/

まとめ

日本国内の取引業者は、基本的に多くのFXに関する手数料が無料となっています。投資家が気にするべき実質的な手数料は主に「スプレッド」であることを念頭に置いておきましょう。

FX手数料の要点まとめ
  • スプレッドとは「FXの1回の取引にかかる実質的な手数料」
  • スプレッドが狭い=実質的な手数料が安い・スプレッドが広い=実質的な手数料が高い
  • 口座開設や口座維持費用が無料の業者が多い
  • 入金の方法によって、手数料負担が発生する
  • 各業者の定める出金額未満の場合はFX出金手数料が発生する
  • 営業日をまたいでポジション(持ち高)を持ち越す際、レバレッジ手数料が発生する場合もある
  • 取引業者によってロスカット手数料が発生する場合がある
  • 一般的な両替所よりもFX両替手数料が安い
  • 仮想通貨やビットコインなどの暗号資産FXも手数料が安い

まずはFX口座を開設したい取引業者のホームページで、手数料について調べてみましょう!

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事