ETCカード おすすめ

有料道路の利用に欠かせない「ETCカード」。

ETCカード1枚あれば、料金所をスムーズに通過できるのはもちろん、時間帯によって通行料金の割引が受けられます。

便利なETCカードですが、その種類はさまざま。どのETCカードを発行するか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、年会費無料のETCカードを徹底比較おすすめのETCカードをランキング形式で紹介しています。

\年会費無料/

お得なETCカードが分かる内容です。ぜひ参考にしてみてください。

【年会費無料】ETCカードおすすめ人気ランキング!

1JCB CARD W(ETCスルーカード)

JCB CARD W

JCB CARD Wは、39歳以下・WEB入会限定のクレジットカードです。

JCB CARD Wは年会費永年無料。ETCカードも発行手数料・年会費無料で発行できます。

JCB CARD W最大の特徴は、目を見張るポイント還元率の高さです。

通常のJCB CARDと比較して、ポイント還元率は常に2倍以上。1,000円あたり2ポイント(10円相当)が貯まります。

 さらに、優待加盟店やネットショッピングを使うと、ポイント最大20倍。ポイント還元率が10%まで上昇します。
\年会費永久無料/
JCB CARD Wの優待加盟店(一部)
  • Amazon利用で最大ポイント10倍(2020年12月1日〜2020年12月31日)
  • セブンイレブン(ポイント3倍)
  • スターバックス(ポイント10倍)
  • 成城石井.com(ポイント11倍)
  • ウイルスバスター(ポイント20倍)

普段使いでお得にポイントが貯まり、ETCカードの利用でもポイントが貯まる「JCB CARD W」。

年会費無料のETCカードを作るのに、かなりおすすめのクレジットカードです。
年会費 無料 
ポイント還元率 1.00〜5.50%
貯まるポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:無料 
審査可能年齢 18歳〜39歳
\年会費永久無料/

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jp利用額の30%キャッシュバック!
    【期間】2021年7月1日(木)~9月30日(木)まで
  • 新規入会&利用とMyJCBアプリログインでもれなく3,000円キャッシュバック! ※対象利用金額は5万円
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント!
  • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント!
  • スマリボ登録&利用で最大4ヵ月分のリボ手数料実質0円!+最大6,000円相当キャッシュバック !
  • キャッシング枠50万円に設定+条件達成で最大3,200円キャッシュバック
    【期間】2021年4月1日(木)~9月30日(木)
※参加登録時期にかかわらず、期間中に利用された金額がキャンペーン対象となります。
※1枚のカードを複数のデバイスに設定された場合でも、キャッシュバックの上限は1,000円となります。
※売上情報の到着時期によってはご利用合計金額の対象とならない場合があります。

2VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJニコスが発行しているVIASOカードのETCカードは年会費無料で作成できます。VIASOカードは「オートキャッシュバック機能」を搭載しているのが特徴。

 還元対象月に請求がある場合には、口座にキャッシュバックされず、請求額からポイント分が引かれます。

一般的なクレジットカードは、貯まったポイントを使うのに手続きが必要で、ポイントを期間内に使い切らない方が多いと思います。しかしVIASOカードは手続き不要で、ポイントが利用できるので無駄になることは一切ありません。

最短翌営業日発行で早めにクレジットカードとETCカードを受け取る事が出来ます。

また、ETCカード利用でポイント2倍になる以外にも、ポイント名人.com経由でレンタカー予約やタイヤ購入でもポイントアップ対象になります。レンタカー派マイカー派問わずおすすめのカードの一枚と言えるでしょう。

\ETCカード利用でポイント2倍!/
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%~13.0%
貯まるポイント 自動で現金還元
※還元対象月に請求がある場合ポイントが自動で使われます
国際ブランド MasterCard
ETCカード 発行手数料:1,100円(税込)
年会費:無料 
申し込み条件 18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)

本人・家族会員ともに年会費は無料です。
\ETCカード利用でポイント2倍!/

3三井住友カード ナンバーレス(ETCカード)

三井住友カードナンバーレス

三井住友カード ナンバーレス(NL)は、年会費が永年無料のクレジットカードです。

セキュリティコードやカード番号が券面に記載されていないシンプルなデザインで、専用アプリにて確認できるようになっています。

ナンバーレス=セキュリティに特化しており、安心・安全に使えるクレジットカードです。

ポイントアップサービスも充実しており、普段使いでも活躍するカードです。

通常、ご利用金額200円(税込)につき1ポイント貯まりますが全国のセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドではポイント最大5%還元になりお得です。

 三井住友カードで貯まるVポイントがETCの利用でも貯まります。

ETCカードの年会費は、550円(税込)かかりますが前年度に一回以上使えば無料なのも嬉しいポイントです。

年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5〜5.0%
貯まるポイント Vポイント
国際ブランド Visa、Mastercard
ETCカード 無料※入会翌年度以降、前年度に一度もETCカードのご利用がない場合は、ETCカード年会費550円(税込)のお支払いが必要となります。
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)未成年の方は親権者の同意が必要です。

三井住友カードのETCカードは単独で作ることはできません。三井住友カードが発行するクレジットカードをお申し込みの方、お持ちの方が対象です。

エポスカード (エポスETCカード)

エポスカードは、年会費永年無料・女性の人気が高いクレジットカードです。

エポスカードでは、申し込み時のオプションとして無料でETCカードが発行可能エポスETCカード利用分もエポスカード利用分と合わせてエポスポイントがたまります。

また、利用明細でETCカードの利用日や金額が確認可能です。

  • エポスNet公式アプリ
  • 利用明細Web照会サービス

を使えば、スマホからいつでも・簡単にETCカードの利用状況がチェックできます。

エポスカードはクレジットカードとしての機能も充実。とくに全国10,000店以上で優待特典が受けられたり、海外旅行保険が自動付帯していることがメリットです。

 さらに、エポスカードの年間利用額が50万円を超えると、年会費無料でエポスゴールドカード(通常:年会費税込5,000円)が発行可能です。
エポスゴールドの主なメリット
  • ポイント有効期限なし
  • 選んだ3つのショップでポイント3倍
  • 年間ボーナスポイント最大10,000pt
  • 空港ラウンジサービス付帯

ETCの通行料金や公共料金の支払いにエポスカードを使って、エポスゴールドカードの発行を目指すのも良いでしょう。
年会費 無料
ポイント還元率 0.50%
貯まるポイント エポスポイント
国際ブランド VISA
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:無料
審査可能年齢 18歳以上

出光カードまいどプラス(出光ETCカード)

出光カードまいどプラス

出光カードまいどプラスは、年会費永年無料・ガソリン代がお得になるクレジットカードです。

出光SSで給油すれば、いつでもガソリン・軽油が2円/ℓ引き、灯油が1円/ℓ引き。WEB明細を利用するだけで毎年5月のガソリン・軽油代が+3円/ℓ引きになります
※値引き単価は税込表記です。

 さらに、入会後1ヶ月間はガソリン・軽油が5円(税込)/ℓ引き、灯油が3円(税込)/ℓ引き!!

とにかくガソリン代が安くなるクレジットカードです。

出光カードまいどプラスは、ETCカードも年会費無料で発行可能。もちろん、ETCカードの利用代金もポイントサービスの対象です。

自動車の利用頻度が高い方に、ピッタリの1枚です。
年会費 無料 
ポイント還元率 0.50%
貯まるポイント プラスポイント
国際ブランド VISA/JCB/Mastercard/AmericanExpress
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:無料
審査可能年齢 18歳以上

リクルートカード 

リクルートカード

リクルートカードは、ポイント還元率1.20%の高還元クレジットカードです。

年会費無料クレジットカードとして、ポイント還元率は相当な高さ。公共料金の支払いや買い物代など、生活費の支払いに使えば、ザクザクポイントが貯まります。

もちろん、ETCカードでもポイント還元率は1.2%。通行料金100円につき1.2ポイント貯まります。

貯まったリクルートポイント は1ポイント=1円相当として、現金感覚で利用可能。Pontaポイントに交換することもできます。

リクルートカードから申し込めるETCカードは年会費永年無料です。

 ただし、VISA・Mastercardのリクルートカードに申し込むと、ETCカードの新規発行手数料として1,100円(税込)がかかります。

新規発行手数料・年会費無料でETCカードを作成したい方は、国際ブランドに「JCB」を選択しましょう。
年会費 無料 
ポイント還元率 1.20% 
貯まるポイント リクルートポイント
国際ブランド JCB/VISA/Mastercard
ETCカード 新規発行手数料:無料(※JCB以外の国際ブランドは税込1,100円)
年会費:無料
申し込み条件 18歳以上 

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパスは、コスモ石油でガソリン、灯油が会員価格になるクレジットカードです。

 コスモ・ザ・カード・オーパスを使えば、コスモ石油SSでの給油が毎日優待価格。さらに、入会時には燃料油50リットル(最大500円)までキャッシュバックされます。

コスモ・ザ・カード・オーパスで貯まるポイントは、ときめきポイントです。カード利用額200円につき1ポイントが貯まります。

  • イオングループの対象店舗ならときめきポイントがいつでも2倍
  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は買い物代金が5%OFF

など、イオンがお得に利用できることも特徴です。

ETCカードは年会費・発行手数料無料で発行可能。年間最大5万円を補償する「ETCゲート車両損傷お見舞い金制度」も付帯しているため、安心して運転できます。

年会費 無料
ポイント還元率 0.50% 
貯まるポイント ときめきポイント
国際ブランド JCB/VISA/Mastercard
ETCカード 発行手数料:無料
年会費:無料
審査可能年齢  18歳以上

アメックス ゴールド

アメックスゴールドは、ゴールドカードならではの多彩なサービスが魅力の1枚です。

 プライオリティ・パスや空港ラウンジ無料サービスはもちろんのこと、レストランやホテルの優待が受けられます。

さらに、最高1億円の海外旅行保険が付帯航空便遅延費用補償も付いており、出張や海外旅行でも安心して利用できます。

また、アメックスゴールドならETCカード&家族カードの年会費が1枚無料。出張が多いビジネスパーソンから、旅行好きの家族まで重宝するゴールドカードです。

年会費 31,900円(税込)
ポイント還元率 1.00%
貯まるポイント メンバーシップ・リワード
国際ブランド American Express
ETCカード 発行手数料:1枚につき935円(税込)
年会費:無料
審査可能年齢 20歳以上

個人向けETCカードの種類は2つ

個人が発行するETCカードには大きく2つの種類があります。

ETCカードを作成する前には、カードの種類ごとの特徴を把握しておくことが大切です。

ここでは、2種類のETCカードについて解説しています。ぜひ確認してみてください。

1クレジットカード付帯ETCカード

クレジットカード付帯型とは

クレジットカード会社が発行するETCカードのことです。

クレジットカードの中には、申し込み時にETCカードが発行できるものが多くあります。

ETCカードに申し込むことで、クレジットカードとは別にETC専用カードが取得可能です。ETCカードの利用額はクレジットカードから引き落としされます。

ETCカードの年会費や発行手数料は、クレジットカード会社によってさまざまです。

また、クレジットカードカードとETC機能が一体化したタイプのものもあります。
\年会費永久無料/

2ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードとは

東・中・西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同発行するETCカードのことです。

ETCパーソナルカードの特徴は、クレジットカードを作っていない方でも利用できることです。

 ETCパーソナルカードを作成するには、あらかじめ保証金(デポジット)を預ける必要があります。保証金の額は、平均月間利用額の4倍です。

例えば、1ヵ月に5,000円ETCカードを利用する場合、保証金として2万円を預けなければなりません。

ETCパーソナルカードの利用金額は、登録した金融機関口座から1ヵ月単位で引き落としされます。別途、年会費として1,257円(税込)が必要です。

\年会費永久無料/

おすすめはクレジットカード付帯ETCカード

ETCカードを作るなら、クレジットカード付帯型のETCカードがおすすめです。

クレジットカード付帯型のETCカードを発行する主なメリットは以下2つです。

  1. 年会費無料
  2. ポイントが貯まる

ここでは、クレジットカード付帯のETCカードがおすすめな2つの理由を解説していきます。ぜひ目を通してみてください。

1年会費無料

クレジットカード付帯型のETCカードの多くは、別段の年会費無料で使えます。

クレジットカード会社が発行するETCカードの年会費はカードによってさまざまです。

中には、別段の年会費無料で発行できるETCカードも多くあります。年会費無料のETCカードに申し込めば、維持コストは0円。安心して利用できます。

一方、ETCパーソナルカードを作成する場合、以下2つの支払いが必要です。

  • 年会費1,257円(税込)
  • 保証金(月間利用額の4倍)

年会費無料でETCカードを使いたい方は、クレジットカード付帯のETCカードに申し込みましょう。
\年会費永久無料/

2ポイントが貯まる

クレジットカード付帯型のETCカードのほとんどは、ポイントが貯まります。

クレジットカードに付帯するETCカードの支払いは、クレジットカードで行われます。

そのため、ETCの利用金額に応じてクレジットカードのポイントが付与。ETC利用料金でお得にポイントを貯めることが可能です。

 さらに、ETCカード独自のポイント「ETCマイレージ」も貯まるため、ポイントが二重取りできます。
ETCマイレージとは
ETC通行料金の支払額に応じて、 ポイントが貯まるサービスのことです。通行料金10円あたり1ポイントが貯まります。

貯まったポイントは還元額(無料通行分)に交換可能。通行料金の支払いに使えます。

ETCマイレージサービスへの登録は無料です。年会費もかかりません。

クレジットカードで貯まるポイントと二重取りができますので、ぜひETCマイレージサービスに登録しましょう。

ETCカードに関するQ&A

ETCカードのおすすめランキング1位は?

本記事におけるおすすめランキング1位は「JCB CARD W(ETCスルーカード)」です。年会費永年無料・ETCカードも発行手数料と年会費が無料なため、余計な費用はかかりません。最大の特徴は”ポイントが高還元”なこと。常に還元率2倍以上で、最大20倍までポイントアップ可能!ポイント重視な方には特に魅力的な一枚です。

ETCカードの作り方を教えて。
ETCカードカードの作り方については下記を参考にしてください。
【クレジットカード付帯のETCカードの場合】
クレジットカードの申込と同時に発行する。クレジットカードを既に持っている方は、カード会社に問い合わせて、追加発行の手続きをする。
【ETCパーソナルカードの場合】
①利用申込書を記入の上、郵送。
②「デポジット振込ご依頼書」を受け取る。
③デポジットをコンビニや郵便局で振込。
もっと詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。
ETCカードの使い方を知りたい。
ETC車載器を購入・車両情報をETC車載器にセットアップすることで、ETCカードが使えるようになります。実際に高速道路で使う際は、車載器にETCカードを挿入すればOKです。
クレジットカードなしでETCカードは作れる?
クレジットカードがなくても作ることは可能です。クレジットカードがない場合、「ETCパーソナルカード」というカードを作ることになります。事前にデポジット(大体、平均月間利用額×4程度の金額)を預けることで作成可能です。ただ、年会費として、別途1,257円(税込)が必要となるため、注意しましょう。
ETCカードの利用明細を確認する方法は?
ETCカードの利用明細などは、Web上の「ETC利用照会サービス」で確認できます。サービス利用開始日の15ヶ月前までの利用情報がわかります。※事前に会員登録が必要です。
審査なしでETCカードは作れる?
審査なしで作れる個人向けのETCカードは「ETCパーソナルカード」のみです。クレジットカード付帯ETCカードの場合は、クレジットカードの審査があるため、審査なしで作ることは不可能となっています。クレジット機能が不要で、「デポジットや年会費を払ってもいい」という方向けのカードといえます。

まとめ

ここまで、年会費無料のおすすめETCカードをランキング形式で紹介してきました。

今回紹介したETCカードは、どれも基本的に年会費・発行手数料無料です。クレジットカードに申し込むことで、気軽に発行できます。

ポイントがお得に貯まったり、ガソリン代が安くなったり、クレジットカードによって特徴は様々です。

カードの利用目的や利用シーンから逆算して、自分に合ったクレジットカードのETCカードを発行しましょう。

ぜひこの記事の内容やランキングを参考に、年会費無料でETCカードをGETしてみてください。

\年会費永久無料/

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事