エポスカード

手厚い海外旅行保険と豊富な優待特典が特徴の「エポスカード 」。男女問わず幅広い世代から人気があるクレジットカードです。

そこで今回は、エポスカードについて徹底解説。エポスカードのポイント還元率やポイントの使い方、海外旅行保険や優待内容についてまとめています。

気になる審査難易度やキャンペーン情報も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

エポスカードは、年会費永年無料・丸井グループが発行するクレジットカードです。

年4回マルイやモディで開催される「マルコとマルオの7日間」では多くの商品が10%OFF。他にも、全国10,000店以上の優待サービスが受けられます。

国際ブランドはVISAです。カードには海外旅行保険が自動付帯しています。優待・特典・保険など、非常にメリットが多いクレジットカードです。

年会費 永年無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.50%
貯まるポイント エポスポイント
旅行保険 海外:最高2000万円
国内:ー
ショッピング保険 海外:ー
国内:ー
家族カード
ETCカード 年会費無料
締め日・引き落とし日 4日締め・翌月4日払い(or27日締め・翌月27日払い)
審査可能年齢 18歳以上 

エポスカードのポイント還元率と貯め方

まずは、エポスカードのポイントについて確認していきましょう。

エポスカードでポイントを貯めるおすすめの方法やポイントの使い道も詳しく解説しています。ぜひ目を通してみてください。

ポイント還元率

エポスカードのポイント還元率は0.5%です。

還元率は一般的なクレジットカードの平均程度。カード利用額200円ごとに1ポイントが貯まります。

しかし、エポスカードを上手に活用することで、ポイントを効率よく貯めることが可能。ポイント還元率は大幅に上昇することが見込めます。

エポスカードを使ったお得なポイントの貯め方をまとめていますので、確認していきましょう。

エポスカードのポイントの貯め方

  1. 電子マネーチャージで貯める
  2. 固定費の支払いで貯める
  3. エポトクプラザでポイント最大6倍
  4. たまるマーケットでポイント最大30倍

1電子マネーチャージで貯める

エポスカードは、電子マネーチャージに使えます。エポスカードからチャージ可能な電子マネーは主に以下のとおりです。

  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • スターバックスカード
  • au Pay プリペイドカード
  • エポスVisaプリペイドカード

これら電子マネーへのチャージでも、ポイントが貯まります。

 電子マネーチャージで獲得できるポイントには基本的に上限はありません。

エポスカード は電子マネーとの相性抜群。通勤・通学や、いつもの支払いで、ポイントがじゃんじゃん貯まります。

2固定費の支払いで貯める

エポスカード は、固定費の支払いにも利用できます。

「電気」「ガス」「携帯料金」など公共料金はもちろん、税金の支払いも可能です。

毎月の支払いをエポスカードに変更!1年間で貯まるポイントは?

内訳例 獲得ポイント
電気料金(6000円) 30ポイント
ガス料金(5000円) 25ポイント
水道料金(6000円) 30ポイント
携帯電話料金(10000円) 50ポイント
プロバイダ料金(2000円) 10ポイント
新聞購読料金(4000円) 20ポイント
電子マネー(15000円) 75ポイント
合計48000円 240ポイント

上の例の場合、1ヵ月で240ポイント・1年間で3,000円弱のポイントが貯まります。

エポスカードで固定費を支払えば、支払日の違うものもまとめて引き落とし。利用明細はネットから簡単に確認できるため、家計の確認にも便利です。

3エポトクプラザでポイント最大6倍

エポトクプラザとは、エポス会員限定の優待サイトです。

エポトクプラザには、旅館・ホテル・飲食店・カラオケ店など、多くの店舗やサービスが掲載。優待価格で利用できます。

 さらに、エポトクプラザ経由で宿泊施設を予約したり、エポトクプラザ掲載店で支払いをすると、ポイント還元率が最大6倍にアップ!!

エポトクプラザの利用に特別な手続きは不要。いつもの支払い・休日の旅先で、大きくポイントが貯まります。

4たまるマーケットでポイント最大30倍

エポスカードでネットショッピングするなら、たまるマーケットがおすすめです。

たまるマーケットとは

エポスカードが運営する、エポスポイントが2〜30倍貯まるポイントアップサイトのこと

たまるマーケットを経由して、いつものネットショッピングをするだけで、エポスポイントが大量に貯まります。

たまるマーケットには、ショッビングから旅行、レストラン予約まで400ショップ以上が掲載。バラエティ豊富で使い勝手良好です。

たまるマーケット参加店舗(一部)
  • Amazon(ポイント2倍)
  • 楽天市場(ポイント2倍)
  • 楽天トラベル(ポイント2倍)
  • じゃらん(ポイント3倍)
  • オルビス(ポイント4倍)
  • DHC(ポイント4倍)
  • アイリスプラザ(ポイント4倍)

たとえば、エポスカードを使ってたまるマーケット経由で1万円分買い物した場合、100〜1,500ポイントが貯まります。
 たまるマーケットを利用すれば、エポスカードの還元率は1.00%以上。ショップやサービス次第で、最大15%まで上昇する、目を見張る高還元です。

たまるマーケットを利用できるのはエポスカード の特権。エポスカードを発行したら、ぜひ有効活用しましょう。

エポスカードのポイント5つのお得な使い道

エポスカードで貯まるエポスポイントには、バリエーション豊かな使い道が用意されています。

エポスポイントは、クレジットカードで貯まるポイントとして、かなり使いやすいポイントです。

エポスポイントの主な使い道は、以下5つです。確認していきましょう。

  1. 商品券・ギフト券と交換
  2. グッズ交換
  3. マルイでのショッピング割引
  4. ネット通販利用分をポイント割引
  5. 他社ポイント移行
  6. エポスVisaプリペイドカードに移行

1商品券・ギフト券と交換

エポスポイントは、商品券・ギフト券と交換可能です。商品券・ギフト券と交換する際、交換手数料などはかかりません。

エポスポイントで交換できる商品券には、以下のようなものがあります。

  • マルイの商品券1,000円(=1000エポスポイント)
  • クオカード1,000円(=1000エポスポイント)
  • スターバックスカード3,000円(=3000エポスポイント)
  • VJAギフトカード1,000円(=1000エポスポイント)

エポスポイントを使って、ギフト券・商品券と交換すると、基本的には約1週間程度で自宅に届きます。

2グッズ交換

エポスポイントは、エポスオリジナルグッズと交換できます。

エポスオリジナルグッズ(一例)
  • レプリカカード1枚(=150ポイント)
  • モンスターハンターオリジナルグラス(=1000ポイント)
  • ハンドタオル(=1000ポイント)

エポスオリジナルグッズには、他では手に入らないユニークな商品が多数。ソフトバンクホークスとコラボした商品が多くあるため、ホークスファンは特に必見です。

3マルイでのショッピング割引

エポスポイントは、マルイでの会計時に1ポイント=1円相当として利用できます。

マルイの店舗でエポスポイントを使う方法は簡単。会計前にエポスカード を提示し「エポスポイントで」と伝えるだけです。

 さらに、マルイでは年4回、エポス会員限定の「マルコとマルオの7日間」を開催。期間中何度でも買い物代金が10%OFFとなります。

マルイをお得に利用するなら、エポスカードがかなりおすすめです。

4ネット通販利用分をポイント割引

エポスポイントは、ネットショッピング利用の請求割引に使えます。

エポスカード に貯まったポイントで、今月の支払い分のうち、ネット通販利用分の請求を差し引き。エポスカード 1枚あれば、ネットショッピングがお得に楽しめます。

5他社ポイント移行

エポスポイントは、他社ポイントへの移行も可能です。

エポスポイントと交換できる他社ポイントの例
  • ANA500マイル(=1,000ポイント)
  • JAL500マイル(=1,000ポイント)
  • ANA SKYコイン1000p(=1,000ポイント)
  • dポイント500p(=1,000ポイント)
  • Pontaポイント500p(=1,000ポイント)
  • ノジマスーパーポイント500p(=500ポイント)
  • スターバックスカード500円チャージ(=500ポイント)

マイルは2ポイント=1マイル、その他ポイントは1ポイント=1円相当で交換できます。

交換手数料などはかからないため、安心してポイント移行できます。

気になる!エポスカードの優待・特典内容とは

エポスカード には、会員限定の優待特典が付帯しています。

 エポスカードの優待店舗は全国10,000店舗以上!!

居酒屋・カフェ、アミューズメント、スパなど幅広いジャンルで割引やポイントアップが適用されます。

以下、エポスカードの優待・特典内容の一部を紹介しています。ぜひ確認してみてください。

エポスカード優待・特典の例
  • イオンシネマ1,800円→1,400円
  • 魚民10%OFF
  • 豊後高田どり酒場10%OFF
  • カラオケ館30%OFF
  • KITTE丸の内5%OFF
  • 楽天トラベル1,000円割引きクーポンプレゼント

ここで紹介した以外にも、エポスカード には様々な優待・特典があります。優待・特典の充実度は、年会費無料カードとは思えない内容です。

より詳細な優待・特典内容が知りたい方は、エポスカード 優待サイト「エポトクプラザ」から確認可能。気になる方は、どんな優待特典があるのかのぞいてみてください。

エポスカード最大の魅力!海外旅行保険の充実度

エポスカードの大きな特徴が、海外旅行保険が充実していることです。

エポスカードの海外旅行保険は、年会費無料カードとしては相当な手厚さ。エポスカード1枚あれば、海外旅行も安心して楽しめます。

ここでは、エポスカード の海外旅行保険について徹底解説。特徴や補償内容を紹介しています。

エポスカードの海外旅行保険が、なぜ凄いのかが分かる内容です。ぜひ参考にしてみてください。

1海外旅行保険が自動付帯

エポスカード には、海外旅行保険が自動付帯しています。

自動付帯とは

カードを持っているだけで保険が適用されることです。

エポスカード の海外旅行保険補償を受けるのに、特段の手続は不要。旅行代金をクレジットカードで支払うなどの条件もありません。

エポスカードを持っているだけで、保険金が支払われます。

一方で、海外旅行保険が付帯している他のクレジットカードは、利用付帯がほとんどです。

利用付帯とは

旅行代金等、指定されている費目をクレジットカードで支払った場合のみ保険が適用されること

海外旅行保険が利用付帯しているクレジットカードの場合、宿泊施設の前払いや移動費の支払いなど、保険が適用されるための指定の条件クリアが欠かせません。

 そのため、クレジットカードを持っていても保険が適用されないリスクがあります。

しかし、カードを持っているだけで保険適用となるエポスカード なら安心。クレジットカードの利用にかかわらず、補償の対象となります。

海外旅行保険が自動付帯していることは、エポスカード の大きなメリットです。

2海外旅行保険の補償内容

次に、エポスカード の海外旅行保険の補償内容を確認しましょう。

エポスカード 海外旅行保険の補償内容

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

エポスカード の補償内容でとくに注目なのが「傷害治療費用」「疾病治療費用」が手厚いことです。

傷害治療費用とは
ケガをした場合に適用される保険
疾病治療費用とは
病気や体調不良の場合に適用される保険

海外旅行でケガしたり体調を崩したりして病院を訪問することは十分考えられるため、最も適用される可能性の高いと考えられる保険です。

たとえば、海外での食事に慣れずに1日入院した場合、治療を受けるために支払った金額に対して最高270万円まで保険金が支払われます。

エポスカードは「傷害治療費用」「疾病治療費用」の金額がクレジットカードとしてかなり優れています。

補償内容においても、エポスカード の海外旅行保険は言うことなしです。年会費無料のため、保険目的でエポスカードを発行することもおすすめです。

エポスカードのメリットまとめ

エポスカードのメリット・デメリット

ここまで紹介してきたように、エポスカードにはたくさんの魅力的な特徴がありましたね。以上で紹介してきたものも含めて、エポスカードのメリットをまとめると次のようになります。

エポスカードのメリット
  1. 年会費無料
  2. 電子マネーサービスにも対応
  3. エクスポプラザでポイント3倍
  4. たまるマーケットでポイント最大30倍
  5. ポイントの使い道が豊富
  6. 海外旅行保険が充実している
  7. 100万円利用で1万ポイントがもらえる
  8. リボ・分割払いでポイント2倍
  9. 最短即日発行
  10. スマートフォンアプリで決済状況を確認できる

エポスカードの通常の還元率は0.5%ですが、エポスカードを年間100万円以上使うと、1万ポイント(還元率1%)を受け取れます。またリボ払いや分割払いを活用すると、ポイントが2倍になりますよ。

リボ払いを活用すると、利息が高くなることにご注意ください。
そしてエポスカードを申し込む際に、カードの「店頭受け取り」を選択すると、即日発行となる場合もあります。今すぐクレジットカードを作りたい人には打ってつけですね!
さらにエポスカードのWebサービス「エポスnet」のスマートフォンアプリ版を活用すれば、スマートフォンからいつでもどこでも利用状況を確認でき、便利な機能も活用できます。
 一方でエポスカードの通常の還元率は0.5%とやや低く設定されており、あえて効率的に貯める方法を実践しなければなかなかポイントは貯まりません。また国内旅行保険の付帯はないといった注意点もあります。

エポスカードの審査難易度

エポスカードの審査難易度は、そこまで厳格ではないと予測できます。

エポスカード の申し込み条件は、高校生を除く18歳以上。収入に関わる記載は一切ありません。

 大学生や主婦でもカード作成が可能。パートやアルバイトでも収入さえあれば、審査の通過が望めます。

また、エポスカード は、流通系のクレジットカードに分類されます。流通系のクレジットカードは、他のクレジットカードと比較して、そこまで厳格ではないと考えられています。

他のクレジットカード審査に落ちた方でもカードを発行できる可能性がありますので、ぜひエポスカードに申し込んでみてください。

エポスカードのキャンペーン情報

  • 新規入会で2,000円分のポイントプレゼント
  • エポスカードの紹介で紹介者に最大2,000ポイント
  • エポスカードの紹介で入会者に最大2,500ポイント

まとめ

ここまで、エポスカード についてまとめてきました。

エポスカードは、海外旅行保険や優待特典が充実しているのが特徴です。優れたサービス内容や手厚い保険は、とくにサブカードに適しています。

すでにクレジットカードを持っている方でも、ぜひ手に入れたい1枚です。

また、貯まりやすく、使いやすいポイントも魅力。年会費無料で安心して所有でき、メインカードとして使っても良いでしょう。

エポスカード は最短翌日発行可能。今ならキャンペーンを活用してお得に入会できますので、ぜひこの機会に申し込んでみてくださいね。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事