エポスプラチナ
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

プラチナカードの中でも最強候補なのでは?といった評判もある「エポスプラチナカード(以下、エポスプラチナ)」。

プラチナカードの発行を検討している方の中には、エポスプラチナを候補としている方も多いでしょう。

そこでこの記事では、エポスプラチナカードについて徹底解説します。年会費などの基本情報はもちろん、持つメリット・気になるインビテーションについてまで詳しくまとめています。

エポスプラチナの入手を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

エポスプラチナカードはインビテーションがいらないプラチナカード!

エポスプラチナ

エポスプラチナカードは、インビテーションなしで発行ができるプラチナカードです。

プラチナカードの多くは、カード会社から招待状を受け取った方しか発行できない「インビテーション制」です。

しかしエポスプラチナカードなら、20歳以上の方は自分で申し込みすることが可能。審査の基準となる年収等は公開されていませんが、安定した収入がある方は発行できる可能性があります。

インビテーションが届くと年会費が安くなる

なお、エポスプラチナカードのインビテーションが届くケースもあります。インビテーションが届くと、カードの年会費は20,000円(税込)に。

 通常は3万円なため、1万円も安くエポスプラチナカードを持てることになります。

エポスプラチナカードのインビテーションを入手する方法は?

エポスプラチナのインビテーションが届く条件は「ゴールドカードでのカード利用額が年間100万円を超えていて、支払いの延滞がないこと」と予想されています。

インビテーションが届くまでの最短期間は、エポスゴールドカードの利用から1年後だそうです。

インビテーションがあれば、ほぼ確実にエポスプラチナカードの審査に通過するでしょう。

エポスゴールドカードも自分で申し込みができるゴールドカードですが、審査が不安な方はまずは一般ランクのエポスカードを利用し、インビテーションを狙うのがおすすめです。

以下に、エポスプラチナカードをゲットする3つのルートをまとめてみました。

エポスプラチナカードをゲットするおすすめルート
  1. エポスカードに申し込む→エポスゴールドカードのインビテーションを受け取る→エポスプラチナカードのインビテーションを狙う
  2. エポスゴールドカードに申し込む→エポスプラチナカードのインビテーションを狙う
  3. エポスプラチナカードに申し込む

    エポスカードはこの中で唯一、年会費が永年無料なので、試しに申し込んでみるのもいいかもしれません。

     また、エポスカードを利用してからエポスゴールドカードのインビテーションを受けると、エポスゴールドカードの年会費は永年無料になります。

    自身の年収などを考慮して、自分に合った方法を選んでみてくださいね。

    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    エポスプラチナカードとエポスゴールドカードの違い

    次に、エポスプラチナカードの基本情報を確認するとともに、エポスゴールドカードと何が違うのかを確認してみましょう。

    以下の比較表にまとめましたので、どちらを発行しようか迷っている方は、ぜひ目を通してみてください。

    エポスプラチナカード エポスゴールドカード
    券面(表) エポスプラチナ エポスゴールドカード
    年会費 税込30,000円 税込5,000円
    ポイント還元率 0.5% 0.5%
    年間ボーナスポイント 最大10万ポイント 最大1万ポイント
    ファミリーボーナスポイント 最大6,000ポイント 最大3,000ポイント
    ポイントアッププログラム ・選べる
    ポイントアップ10%
    ・ポイントプレゼント
    5DAYS
    ・誕生月ポイント2倍
    ・選べる
    ポイントアップ10%
    ・ポイントプレゼント
    5DAYS
    旅行傷害
    保険
    海外:最高1億円
    (家族2,000万円)
    国内:最高1億円
    (家族2,000万円)
    海外:最高1,000万円
    国内:-
    プライオリティ・パス
    空港ラウンジ 海外:1,000ヶ所以上
    国内:19ヶ所
    (同伴者1名無料)
    海外:2ヶ所
    国内:19ヶ所
    (本人のみ無料)
    グルメ
    クーポン
    コンシェルジュ
    ゴルフ優待
    利用限度額 1,500万円 300万円
    審査可能
    年齢
    20歳以上 20歳以上

    エポスゴールドカードと比較して、プラチナカードの大きな特徴は、年間ボーナスポイント・旅行傷害保険の補償額・利用できる空港ランジなどでしょう。

    また、ゴールドカードにはないコンシェルジュサービスなどがある点も魅力です。

    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    エポスプラチナがプラチナカードの最強候補な理由9つ

    記事冒頭で触れた通り、エポスプラチナカードは最強候補のプラチナカードと評判高いです。

    その理由はなぜなのかを探るために、ここからはエポスプラチナカードの主なメリットをみていきましょう。

    1. 年会費が安くなる
    2. ポイントが大量に貯まる
    3. 家族カードの年会費が永年無料
    4. プライオリティ・パスが無料
    5. 手厚い海外旅行保険が自動付帯
    6. コンシェルジュサービスが付帯
    7. ゴルフ場を特別価格で利用可能
    8. お得なグルメ・レストラン優待
    9. 海外サポートが充実

    1年会費が安くなる

    エポスプラチナカードには、年会費が安くなる仕組みがあります。通常の年会費は、30,000円(税込)。

     年間利用額100万円以上で、翌年以降20,000円(税込)となります。また、貯まったポイントで年会費を支払うことも可能です。

    そのためエポスプラチナカードの年会費は、実質半額以下になるケースが多いです。

    そもそもプラチナカードの年会費は10万円を超えることも珍しくないため、エポスプラチナは年会費がお得なクレジットカードと言えます。

    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    2ポイントが大量に貯まる

    エポスプラチナカードは、ポイントが貯まりやすいことも特徴です。通常のショッピングポイントとは別に、年間の利用額に応じてボーナスポイントが貯まります。

    エポスプラチナの年間ボーナスポイント

    年間利用額 ボーナスポイント
    100万円 20,000pt
    200万円 30,000pt
    300万円 40,000pt
    500万円 50,000pt
    700万円 60,000pt
    900万円 70,000pt
    1,100万円 80,000pt
    1,300万円 90,000pt
    1,500万円 100,000pt

    エポスプラチナカードで貯まる年間ボーナスポイントは、最大10万円分です。エポスゴールドでカード貯まる年間ボーナスポイントは、最大1万円分。

     利用額に応じて、最大10倍ものポイントが貯まります。

    またエポスプラチナカードは、誕生月ポイント最大2倍。誕生月に利用することで

    • VISA加盟店で200円あたり2ポイント(通常1ポイント)
    • マルイグループの店舗で200円あたり4ポイント(通常2ポイント)

    が貯まります。

    そのほか、選べるポイントアップショップもエポスプラチナも必見です。月々の支払いやお気に入りのショップを登録するだけで、最大3倍のポイントが貯まります

    ポイントアップショップの対象店舗(一例)
    • イオン
    • イトーヨーカドー
    • 東京ガス
    • エディオン
    • ニトリ
    • ANA
    • 無印良品
    • セブンイレブン
    • H&M
    • ETC利用 など

    ポイントアップショップ加盟店は、300店舗以上。よく利用するショップから最大3つが選択できます。

    エポスプラチナで貯まったポイントは、商品券やギフト券に交換したり、他社ポイント・マイルに移行したりと多様な使い方が可能です。

    さらに、ポイント有効期限は無期限。自分が好きな時に、ショッピングの割引や年会費のポイント支払いにも使えるため、貯めたポイントが無駄になることは決してありません。

    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    3家族カードが永年無料

    エポスプラチナは、家族カードを無料で発行できます。

    発行できるのは、エポスゴールドカードです。通常年会費5,000円(税込)ですが、プラチナ会員の紹介なら年会費が永年無料。家族同士でのポイントのシェアも可能です。

    4プライオリティ・パスが無料

    エポスプラチナは、プライオリティ・パスが無料です。

    プライオリティ・パスとは

    世界130ヵ国・500以上の都市で、1300ヶ所以上のラウンジが利用できるサービスのこと。

    プライオリティ・パスには、通常年会費として429USドルが必要ですが、エポスプラチナ会員は無料で利用できます。

    さらに、国内外の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能。出張はもちろんのこと、大切な人との旅行がゆったり楽しめます。

    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    5手厚い海外旅行保険が自動付帯

    旅行保険が充実していることも、エポスプラチナのメリットです。

    エポスプラチナカードには、海外旅行保険が自動付帯。カードを持っているだけで、保険が適用されます。

    エポスプラチナの海外旅行傷害保険内容

    保険内容 金額
    傷害死亡・後遺傷害 1億円
    傷害治療費用 300万円
    疾病治療費用 300万円
    個人賠償責任(免責なし) 1億円
    携行品損害 100万円
    救援者費用 200万円
    航空機遅延費用等 2万円
    航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円

    エポスプラチナの海外旅行保険は、家族も補償対象です。家族の補償金額は、最高2,000万円。エポスプラチナ1枚あれば、海外旅行も安心です。

    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    6コンシェルジュサービスが付帯

    エポスプラチナ には、24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯しています。

    いつでも・どこでも、電話やネットで様々なリクエストに応対。出張の宿泊先予約やレストランの手配、旅行のサポートまで幅広くアシストしてくれます。

    7ゴルフ場を特別価格で利用可能

    エポスプラチナには、Visaプラチナゴルフが付帯しています。

    Visaプラチナゴルフとは

    国内の人気ゴルフ場を特別価格で利用できるサービスのこと。

    国内約1,400コースでつかえる割引クーポン最大10,000円相当や、名門ゴルフコースでのプレーが可能になる「GODプレミアム倶楽部」への入会優待などが受けられます。

    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    8お得なグルメ・レストラン優待あり

    グルメ・レストラン優待があることも、エポスプラチナのメリットです。

    プラチナグルメクーポンを使うと、全国約90店舗のハイクラスなレストランが本人分無料。さらに、

    • ホテル内レストランの割引クーポン
    • 星付きの高級店や厳選した名店の割引クーポン

    などがあります。エポスプラチナは、会食やデートにも大活躍のプラチナカードです。

    9海外サポートが充実

    エポスカードには、海外サポートデスクがあります。

    海外サポートデスクでは、世界30都市以上の現地デスクが日本語でサポート観光に役立つ情報や緊急時の対応など案内してくれます。

    海外サポートデスクの内容
    • インフォメーションサービス
      →現地の最新情報、空港・出入国のご案内、ショッピング・免税店、ホテル・レストランのご案内など
    • リザベーションサービス
      レストラン、観劇、コンサート、スポーツ観戦などのご予約・手配、など
    • エマージェンシーサービス
      パスポートなどの紛失、盗難時の手続のご案内、事故トラブル時の各種アドバイスなど

    ヨーロッパや北米・ハワイなど、人気の観光地に複数サポートデスクがあるため、海外旅行好きの方には心強いサービスです。
    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    エポスプラチナカードがいらない人・おすすめな人の特徴

    ここまでの内容から、エポスプラチナカードがおすすめな人・いらない人の特徴は以下の通りです。

    いらない人
    • 国内の移動が主な人
    • 普段使いのカードを探している人
    おすすめな人
    • 出張が多い人
    • 海外旅行が好きな人
    • 高級レストランや宿泊施設をよく利用する人

    エポスプラチナカードがどのような人に適したカードかまとめていますので、ぜひ目を通してみてください。

    エポスプラチナカードがいらない人

    • 国内の移動が主な人
    • 普段使いのカードを探している人

    エポスプラチナは、海外サポートが充実していることが特徴です。

     海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなど手厚い内容ですが、旅行をしない人や移動範囲が限られている方にとっては、いらないサービスと言えます。

    また、エポスプラチナカードを所有するのには年会費30,000円(税込)が必要です。

    年会費30,000円(税込)には、グルメ優待や空港ラウンジなどサービス費用が含まれています。もし普段の買い物で使うカードを探している場合、年会費無料カードの方がお得になるケースがほとんどです。

    エポスプラチナはポイントを貯めても年会費が必要なうえ、エポスプラチナの通常ポイント還元率(0.5%)はあまり高くありません。

    たとえば、自宅と職場を往復している方にとって、エポスプラチナはあまり必要ないカードと言えるでしょう。

    エポスプラチナカードがおすすめな人

    • 出張が多い人
    • 海外旅行が好きな人
    • 高級レストランや宿泊施設をよく利用する人

    エポスプラチナカードは、行動範囲が広い方におすすめです。他のプラチナカードと比較しても、保険内容が充実しています。

     プライオリティパスが無料利用できたり海外サポートデスクがあったりと、海外旅行に年数回以上行く方は、持っておいて損のない1枚です。

    宿泊施設やレストラン優待があるため、会食や出張にも重宝します。エポスプラチナカードは、移動が多いビジネスマンにもおすすめです。
    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    人気のクレジットカードおすすめ3選

    おすすめクレジットカード3選

    数あるクレジットカードのポイント還元率、使いやすさ(年会費の安さ)、付帯保険・サービスの手厚さなどを比較した結果、総合的におすすめできる人気クレジットカードは以下の3枚です。

    総合的におすすめなクレジットカード3選

    ここからは、それぞれの特徴や最新のキャンペーン情報について紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

    1JCB CARD W


    jcb card w
    JCB CARD Wのおすすめポイント
    • ポイントが常に2倍
    • 年会費は永年無料
    • 今なら新規入会後、Amazonの利用で最大10,000円キャッシュバック
    • パートナー店でポイント最大11倍
      スターバックス、セブンイレブン、Amazon、メルカリなど
    • ポイント優待サイト経由のネットショッピングでポイント最大20倍
      楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなど
    • ETCカード・家族カードの追加無料
    ※キャンペーン期間:2022年4月1日〜2022年6月30日

    \年会費永久無料/

    JCB CARD Wは、入会できるのが18歳〜39歳限定のクレジットカードです。年会費はずっと無料特別な条件なし&更新料もなしで、一度入会すれば40歳以降も年会費無料のまま、使い続けられます。

    そんなJCB CARD Wの最大の特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。JCBカード屈指の高還元率を誇ります。

     通常のJCBカードと比較して、国内・海外どこで使っても常にポイントが2倍。パートナー店では最大11倍になり、優待サイト経由のネットショッピングなら最大20倍にもなります。

    また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険の付帯や、家族カード・ETCカードも無料で追加できるなど、クレジットカードとしての使いやすさも魅力。

    加えて、不正利用がないかチェックしてくれるシステム・紛失/盗難サポートがあるなど、セキュリティサポートも万全なので、初めてクレジットカードを持つ方におすすめです。

    年会費 永年無料
    ポイント還元率(通常時) 1.0%〜10.0%
    国際ブランド JCB
    ETCカード 無料

    \年会費永久無料/

    JCBカードWのキャンペーン情報

    • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用分20%(最大12,000円分)プレゼント!
      期間:2022年4月1日(金)~2022年6月30日(木)
    • 家族カード入会でJCBギフトカード最大4,000円分プレゼント
      期間:~9月30日(金)
    • 友達に紹介でもれなく1,500円キャッシュバック
      期間:~9月30日(金)
    • ショッピングを合計1万円(税込)以上利用+キャッシングリボ払いを合計10万円以上利用で3,000円キャッシュバック
      期間:~9月30日(金)

    出典:JCB カード W公式サイト

    2三菱UFJカード VIASOカード

    VIASOカード
    三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
    • 貯まったポイントを自動で現金に還元
    • 年会費が永年無料
    • 新規入会で最大10,000円キャッシュバック
    • POINT名人.com経由でポイント最大25倍
      楽天、Yahoo!ショッピングなど
    • 最短翌営業日発行!最短3日程度でカードが届く

    \ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

    三菱UFJカード VIASOカードは、高校生を除く18歳以上の方なら誰でも申し込みが可能なクレジットカードです。年齢の上限はなく、学生の方でも作ることができます。

    三菱UFJカード VIASOカードの最大の特徴は、貯まったポイントを自動で現金にキャッシュバックしてくれることです。キャッシュバック利用の手続きは不要で、1ポイント1円で現金化してくれます。

    ポイントが有効期限切れになってしまう心配がなくなる、便利なサービスですね。
     また「POINT名人.com」経由で、楽天市場やYahoo!ショッピングなどでカードを使って買い物をすると、ポイントが最大25倍になります。

    カードの発行スピードも魅力です。最短翌営業日に発行、最短3日程度で届きます。お急ぎの方にもおすすめできる、クレジットカードです。

    年会費 永年無料
    ポイント還元率(通常時) 0.5%〜
    国際ブランド Mastercard
    ETCカード 年会費無料 (発行手数料:税込1,100円)

    \ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

    出典:三菱UFJカード VIASOカード公式サイト

    3三井住友カード(NL)

    三井住友NL

    三井住友カード(NL)のおすすめポイント
    • 最短5分で即時発行可能1
    • 年会費が永年無料
    • 対象店舗でポイント最大5%還元※3
      大手コンビニ3社、マクドナルドでVisaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使ってお支払いいただく場合
    • カード番号・有効期限の記載なしで安心・安全
    • 新規入会と利用で最大6,500円相当のポイントプレゼント※2
    • 家族・友達を紹介で最大10,000ポイントプレゼント

    三井住友カード(NL)は、Webで「即時発行」を選択すれば、最短5分で発行できるクレジットカードです。※1

     アプリでカード番号を確認できるため、カードの到着を待たずに利用を開始できます。

    年会費は永年無料。高校生を除く18歳以上であればどなたでも申し込みが可能です。

    また三井住友カード(NL)の大きな特徴は、Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使ってお支払いいただく場合、対象店舗でポイント還元率が最大5%にアップすること。対象店舗は、コンビニ3社(セブン-イレブン/ファミリーマート/ローソン)とマクドナルドです。※3

    これらの店舗をよく利用する方は、ポイントがザクザク貯まります!

    さらに、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているほか、カード番号・有効期限の記載がないため、セキュリティ面も安心と言えるでしょう。

    年会費 永年無料
    ポイント還元率(通常時) 0.5~5.0%
    国際ブランド Visa,MasterCard
    ETCカード 初年度無料 (年1回利用で翌年も無料)


    ※1:最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。
    ※2:2022年4月30日まで
    ※3:一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
    ※3:一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

    出典:三井住友カード公式サイト

    エポスプラチナカードの口コミ・評判

    エポスプラチナの口コミ・評判

    ここまで紹介したエポスプラチナ特徴や魅力、向いている人の特徴などを踏まえた上で、実際に活用している人の口コミ・評判を確認していきましょう。

    ここでは公平性を考慮し、良い評判とイマイチな評判を紹介していきます。

    エポスプラチナの【良い】口コミ・評判

    インビテーションなしで作れる

    エポスプラチナは、インビテーションなしで自分で申し込めば作れます。そのため他のプラチナカードに比べて、手に入りやすく感じました。
    30代・女性

    誕生月にポイント2倍

    エポスプラチナは、自分の誕生月になると普段の2倍のポイントを受け取れるようになります。誕生月に積極的にショッピングするなど、エポスプラチナを使う機会を増やすば効率的にポイントを貯めやすくなります。
    20代・男性

    海外出張の強い味方

    エポスプラチナの魅力は、海外サポートと付帯されている海外旅行保険の保障の厚さです。海外での決済手段としても便利なたね、海外出張時に欠かせないクレジットカードです。
    30代・男性

    エポスプラチナ【イマイチ】な口コミ・評判

    ステータスの高さをあまり感じない

    エポスプラチナを持っていても、そこまでステータスの高さを感じません。確かにサービスは良いですが、同じことは他のプラチナカードでも言えることかもしれません。
    40代・男性

    年会費が身の丈に合わない

    私のエポスプラチナの年会費は、3万円。エポスプラチナを使う機会があまり多くないため、年会費が高く感じ、身の丈に合っていません。クレジットカードを普段使いするだけなら、もっと年会費の安いもので十分です。
    30代・女性
    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    エポスプラチナカードについてよくある質問

    エポスプラチナカードのメリットは?
    エポスプラチナカードの最大のメリットは、大量のポイントが貯まることです。通常ポイントとは別に年間の利用額に応じたボーナスポイントの付与があり、年会費をポイントに還元することもできます。
    エポスプラチナカードの年会費は?
    エポスプラチナカードの年会費は30,000円(税込)です。ただし、インビテーションが届いた場合は、年会費が20,000円(税込)になります。
    エポスプラチナカードとエポスゴールドカードはどちらがおすすめ?

    エポスプラチナカードとエポスゴールドカードの損益分岐点は、年間の利用額と年会費と考えられます。

    年間100万円ご利用した場合や年会費の部分ではエポスゴールドカードがお得です。しかし、グルメ優待や空港ラウンジ特典などエポスカードを主に旅行で利用される方は、エポスプラチナカードがおすすめです。

    エポスプラチナカードのラウンジ特典とは?

    ラウンジ特典とは空港でエポスカードをご利用した方が、ドリンクサービス(アルコール類有料)、新聞・雑誌閲覧、インターネット接続、パソコン貸出(FREE WIFI)などのサービスを受けることができる特典です。

    さらにエポスプラチナカードの方は同伴者1名まで無料になります。

    エポスプラチナカードの限度額は?
    エポスプラチナカードは、最大1,500万円まで利用可能です。

    まとめ

    ここまで、エポスプラチナについてまとめてきました。

    エポスプラチナは、一般的なプラチナカードに比べて年会費がリーズナブル。にもかかわらず、ポイントプログラムや保険、付帯サービスが非常に充実しています。

    メリットが多く、プラチナカードとしてかなり高いコストパフォーマンスを誇る「エポスプラチナ」。ぜひこの機会に、エポスプラチナの入手を検討してみてくださいね。

    \まずは年会費無料のエポスカードから/

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事