dポイント クレジットカード

大手コンビ二3社や、マツモトキヨシなどで貯まるdポイント。日常的に使いやすいポイントなので「dポイントが貯まるおすすめのクレジットカードを知りたい!」という方は多いでしょう。

そこで今回は、dポイントが貯まるおすすめなクレジットカードを5つご紹介します。

ポイントの2重取りができるクレジットカード払いや、3重取りができる「d払い」についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

dポイントが貯まるカードの還元率ランキングも掲載していますよ。

dポイントが貯まるクレジットカード5選

1dカード

dカード

dカードは、年会費無料で基本還元率1%・dポイントを直接貯められるクレジットカードです。

 貯めたポイントを交換する必要がないので「毎回ポイントを交換するのはめんどくさい…」とい方におすすめです。

また、マクドナルドやスターバックスなどの対象店舗で利用すると還元率が上がります。対象店舗で最大4%還元されるので、dポイントをザクザク貯められるでしょう。

ただし、dポイントから交換できるポイントは限られています。日常的にdポイントの提携店舗・サービスを利用している方でない限り、使用範囲が限られてしまうのはデメリットかもしれません。

年会費 無料
ポイント還元率 1~4%
貯まるポイントの種類 dポイント
国際ブランド VISA・Mastercard
追加カード 家族カード・ETCカード
交換できるポイント JALマイル
締め日・引き落とし日 15日締め・翌月10日払い
付帯保険 ショッピング保険

出典:https://d-card.jp/st/

\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

2リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは、常時1.2%還元のクレジットカードです。

 もらえるポイントの種類はリクルートポイントですが、1ポイント=1dポイントと等価交換できます。

また、株式会社RECRUITが展開するサービスでは、さらに還元率UP。旅行予約サイトのじゃらんや、美容院・エステの予約に便利なホットペッパービュティーでは、常時3.2%以上もらえます

携帯料金や一部公共料金の支払いでも1.2%以上のポイントがもらえるので、ポイントをザクザク貯めたい方にピッタリでしょう。年会費が永年無料なので初心者でも安心です。

年会費 永年無料
ポイント還元率 通常1.2%
貯まるポイントの種類 RECRUITポイント
国際ブランド VISA・JCB・Mastercard
追加カード 家族カード・ETCカード
交換できるポイント Ponntaポイント・dポイント
締め日・引き落とし日 15日締め・翌月10日払い
付帯保険 旅行傷害保険・ショッピング保険

出典:https://recruit-card.jp/

3イオンカード セレクト

イオンカードセレクト

イオンカード セレクトは、イオン対象店舗で買い物代金が最大5%OFFになるクレジットカードです。

 貯めたポイントは、dポイントクラブに入会すれば「1P=1P」のレートで交換できます。

また、イオングループが展開するサービス・お店で利用すれば2倍のポイントがもらえます。日常的にイオンやマックスバリューで買い物している方におすすめです。

貯まるポイントの種類は、WAON POINT。電子マネーWAONポイントやJALマイルにも交換できます。

年会費 無料
ポイント還元率 0.50~1.33%
貯まるポイントの種類 WAON POINT
国際ブランド VISA・JCB・Mastercard
追加カード 家族カード・ETCカード
交換できるポイント dポイント・電子マネーWAONポイント
締め日・引き落とし日 10日締め・翌月2日払い
付帯保険 ショッピングセーフティ保険

出典:https://www.aeon.co.jp/card/lineup/select/

4オリコカード ザ ポイント

オリコカード THE POINT

オリコカード ザ ポイントは、基本還元率1.0です。カード利用のショッピングで、100円につき1ポイントもらえます。

 1オリコポイント=1ポイント分のdポイントに移行できます。1,000オリコポイント以上から交換可能です。

また、Amazonや楽天市場などで買い物をする際に「オリコモール」を利用するだけで、ポイントが加算されます。最大2%まで還元されるので、比較的ポイントを貯めやすいでしょう。

もちろん年会費は無料なので、余分な支払いは不要です。IDやクイックペイにも対応しているので、キャッシュレス派の方にピッタリでしょう。

年会費 無料
ポイント還元率 基本1%
貯まるポイントの種類 オリコポイント
国際ブランド JCB・Mastercard
追加カード 家族カード・ETCカード
交換できるポイント dポイント・楽天ポイントなど
締め日・引き落とし日 月末締め・翌月27日払い
付帯保険 旅行傷害保険・ショッピングガード

出典:https://www.orico.co.jp/creditcard/list/thepoint/

5dカード GOLD

dカードゴールド (1)

dカード GOLDは、dカードの最大還元率と付帯保険の手厚さがグレードアップした一枚です。

 基本還元率は1.0%ですが、毎月のドコモのケータイ利用料金1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%分のdポイントが還元されます。

また、ショッピング保険に加えて、旅行傷害保険も付帯されています。ショッピング保険の保証金額も、100万円から300万円までに上がっているので、手厚いサポートを受けられるでしょう。

ただし、こちらはゴールドカードなので年会費が11,000円(税込)かかります。ポイント還元率や保険内容などを考慮した上で、年会費に見合う価値があるか判断するべきでしょう。

年会費 11,000円(税込)
ポイント還元率 1.0%
貯まるポイントの種類 dポイント
国際ブランド VISA・Mastercard
追加カード 家族カード・ETCカード
交換できるポイント JALマイル
締め日・引き落とし日 15日締め・翌月10日払い
付帯保険 旅行傷害保険・ショッピング保険

出典:https://d-card.jp/st/abouts/d-cardgoldapply.html

\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象

dポイントが貯まるクレジットカード還元率比較ランキング

ここまで、dポイントが貯まるクレジットカードを紹介してきました。おすすめカードの中でも、少しでも還元率が高いカードを選びたいという方も多いでしょう。

そこで、通常時のポイント還元率が高い順に、dポイントが貯まるクレジットカードをランキング形式で発表します。

カード名 ポイント還元率
1 リクルートカード  1.2%〜4.2%
2 dカード GOLD 1.0%〜10.0%
3 dカード 1.0%〜4.0%

※通常時のポイント還元率が同じ場合は、最大還元率が高いカードを上位としています

1リクルートカード

リクルートカード

通常ポイント還元率1.2〜4.2%※1
還元率アップ条件リクルートサービスを利用した場合、別途1〜3%加算(じゃらんnetやポンパレモールなど)

※1出典:https://recruit-card.jp/
※10,000円のお買い物で120円分のポイントが還元されます。

2dカード GOLD

dカードゴールド

ポイント還元率1.0~10.0%※1
還元率アップ条件毎月の「ドコモのケータイ」「ドコモ光」利用料金1,000円(税抜)ごとに10%ポイント還元

※1出典:https://d-card.jp/st/abouts/d-cardgoldapply.htm

\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象

3dカード

dカード

ポイント還元率1.0~4.0%※1
還元率アップ条件dカード特約店の利用で最大4%還元(オリックスレンタカー・スターバックスなど)

※1出典:https://d-card.jp/st/

\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

dポイントの基本情報

dポイントの基本情報

出典:https://dpoint.jp/guide/howto_dpoint/lecture/index.html

dポイントは、NTTドコモ関連のお店やサービスで貯まる・使えるポイントです。「1P=1円」として使えるため、注目を浴びています。

 docomoユーザー以外も利用できるポイントです。

また、dポイントには2種類のポイントがあります。通常ポイント期間・用途限定ポイントがあり、それぞれ有効期限や使用範囲が異ります。

期間・用途限定ポイントは、ゲームやキャンペーンなどで獲得できるポイントです。
有効期限 使用範囲
通常ポイント 獲得した月から48ヶ月以内 すべてのdポイント関連サービスで使用可能
期間・用途限定ポイント ポイントごとに有効期限が異なる 携帯料金の支払い・交換商品などには使用不可
\dポイントを貯めるなら/

dポイントを貯める方法

dポイントを貯めるには「dポイントカード」を発行する必要があります。全国のdocomoショップや提携店舗でお手軽に発行できるので、まずはdポイントカードを発行しましょう。

 dポイントカードの年会費・入会費は無料です。

また、実物のカードの発行・所持が面倒な方には「モバイルdポイントカード」がおすすめです。スマホを持っている方なら、誰でも無料でダウンロードできます。

dポイントの基本情報

出典:https://dpoint.jp/guide/about_dpointcard/index.html

dポイントカード(アプリ)を入手したら、提携店舗のお会計時に提示するだけでdポイントがもらえます。

付与率は店舗によって異なりますが、ほとんどが100円(税込)につき1ポイント付与されるので、積極的にポイントを貯めていきましょう。

\dポイントを貯めるなら/

dポイントの使い方

貯めたdポイントを利用するためには「dアカウント」を作成必要があります。dアカウント作成後に「dポイントクラブ」で利用者登録を済ませましょう。

 dポイントクラブ上で、dポイントカードの情報を入力すれば手続き完了します。

実際にdポイントを使う方法は、提携店舗でdポイントカード(アプリ)を提示するだけです。

もちろん、メルカリやAmazonなどの、インターネット上の提携サービスでも利用できます。

dポイント提携店舗・サービスを紹介

dポイントの基本情報

出典:https://dpoint.jp/guide/howto_dpoint/shopping_use/index.html

dポイントが利用できる提携店舗・サービスは、比較的豊富です。「実際にどのような店舗があるのか気になる」という方に向けていくつかご紹介します。

dポイント提携店舗・サービス(一例)
  • LAWSON(ローソン)
  • セブンイレブン
  • FamilyMart(ファミリーマート)
  • マツモトキヨシ
  • welcia(ウェルシア)
  • UNIQLO(ユニクロ)
  • すき家
  • モスバーガー

もちろん、提携店舗・サービスでは、ポイントの利用・還元どちらにも対応しています。

全国的に有名や店舗があるので、日常生活でも使いやすいポイントと言えますよ。

dポイントを貯める3つの方法

dポイントがもらえる4つの方法
  1. 提携店舗でもらう
  2. ネットショッピングでもらう
  3. アンケートやゲームでもらう

ここでは、dポイントをもらうための方法を4つご紹介します。

街中のお店でポイントカードを提示する以外にもたくさんの方法があるので、ぜひ参考にしてみてください。

もらうための方法を知れば、dポイントをザクザク貯められますよ。

1提携店舗・サービスでもらう

dポイントを貯める3つの方法

出典:https://dpoint.jp/guide/howto_dpoint/shopping_acc/index.html

一番代表的な方法は、街中の提携店舗でdポイントをもらう方法です。日常的に利用するコンビニやドラックストアにも提携店舗はあるので、ポイントを貯めやすいでしょう。

 店舗によって還元率は異なります。お会計時に必ずポイントカード(アプリ)を提示しましょう。

たとえば、LAWSONなら100円につき1P、ジョーシンなら200円につき1Pです。

2ネットショッピングでもらう

dポイントを貯める3つの方法

出典:https://d.dmkt-sp.jp/?auth_ignore=1

dポイントは、Amazonやメルカリ、BUYMAなどのネットショッピング利用時にももらえます。日常的にネットショッピングを利用する方は、提携しているネットショッピングサイトを利用すると良いでしょう。

 d払いという決済サービスを利用することで、ポイントが還元される仕組みです。

また、docomoが展開する「dマーケット」では、定期的にポイント還元率UPキャンペーンが行われています。最大20%還元キャンペーンが実施されていることもあるので、積極的に利用しましょう。

dマーケットは、ショッピングだけでなく、旅行や音楽なども提供している便利なサービスです。

3アンケートやゲームでもらう

dポイントを貯める3つの方法

出典:https://dpoint.jp/content/land/index.html

dポイントクラブ内には、dポイントがもらえるゲームアンケートが用意されています。どれも隙間時間を活用してポイントが貯められるので、通勤時間やお昼休みを利用して楽しくポイントを貯められるでしょう。

 平均1~10分程度で完結するゲーム・アンケートが豊富に取り揃えられています。

特に何かを購入せずにポイントが貯まるのはお得ですね。

クレジットカード払いでdポイント2重取り!

クレジットカード払いでdポイント2重取り!

dポイントをお得に貯めるなら、クレジットカード払いがおすすめです。dポイントカードで貯まるポイント+クレジットカード決済の還元率分のポイントが貯まります。

 クレジットカードは、dポイントに交換できる、またはdポイントが直接貯まるカードを選択しましょう。

現金払いでは、ポイントカード分のポイントしかもらえないのがデメリットです。仮に、リクルートカードで10,000円分の買い物をした場合、以下のようにポイントが貯まります。

  • リクルートカードの還元率1.2%×10,000円=120P
  • dポイントカードの還元率1%×10,000円=100P
  • 120P+100P=220P

dポイントカードの還元率は店舗によって異なりますが、ほとんどの場合1%です。クレジットカード払いなら、約2倍のポイントがもらえます。

ポイントが貯まる速度が2倍になるということですね。

d払い×クレジットカード払いでdポイント3重取り!

docomoのサービスである「d払い」を利用すれば、さらにポイントが貯まりやすくなります。

d払い×クレジットカード払いでdポイント3重取り!

スマホ1台にポイントカードとクレジットカード払いの機能が備わっているので、ミニマリストの方にもおすすめです。

 d払いは、スマホユーザーなら誰でも利用できるサービスです。

スマホ1台でお会計するだけで、ポイントの3重取りができますよ。

ポイントが3重取りできる仕組みを紹介

d払い×クレジットカード払いでdポイント3重取り!

出典:https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/topics/dcard/index.html

d払いがどのような仕組みでポイントの3重取りができるのかをご紹介します。特に必要な物はなく、スマホ1台とクレジットカードがあれば問題ありません。

  • d払いでお会計をすると1%還元
  • d払いからポイントカードを提示して1%還元
  • d払いに設定したクレジットカードの還元率が適用

仮にリクルートカードを設定した場合、dポイントにプラスして1.2%分のポイントがもらえます。10,000円の買い物で合計320ポイントがもらえるのは非常にお得でしょう。

 ただし、d払いに設定できるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)の設定がされている必要があります。

還元率の高いカードをd払いに設定すれば、ポイントを効率よく貯められるでしょう。

まとめ

ここまで、dポイントにおすすめなクレジットカードや、お得に貯める方法について紹介してきました。

dポイントをもっとも効率良く貯める方法は「d払い」です。d払いアプリ内でクレジットカード払いを設定すれば、ポイントの3重取りが可能になります。

また、年会費や還元率、付帯保険の観点から、総合的におすすめなクレジットカードはリクルートカードです。基本還元率1.2%なので、普段の買い物でもザクザクポイントが貯まります。

ぜひこの記事の内容や還元率比較ランキングを参考に、dポイントをお得に貯めてみてください。

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事