借金は減額できる?借金減額診断・シミュレーターのからくりとは

借金の額にかかわらず、借金を減額できるに越したことはありません。借金がある方であれば「減額したい」と誰しもが思っているはずです。

そこで今回は、借金減額の仕組みや方法を紹介。ネット上でよく見かける、借金減額診断・シミュレーターのからくりも解説しています。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

少しでも借金を減額したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

借金には返済義務があります。そのため、「借金を減額できるはずがない」「借金の減額は嘘」と思っている方も多いでしょう。

結論から述べると、借金は合法的に減額可能です。

借金を合法的に減額する方法は、大きく3つあります。

借金減額方法 概要
債務整理(任意整理・自己破産・個人再生) 国が認めた借金救済制度
過払い金請求 貸金業者に払いすぎた利息(違法に搾取された利息)を取り戻す手続き
金利を下げる 借金の金利を下げることで、支払う利息を減額する

なぜ借金を減額できるのか、各からくり(仕組み)を確認していきましょう。
\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

1債務整理

債務整理とは、国が認めた借金救済制度です。債務整理手続きをすれば、裁判や弁護士を介することで、借金を減額できます。

債務整理による借金減額は、法律によって認められています

債務整理3つの種類

債務整理の種類は以下3つです。

任意整理 借入先と交渉することで借金の利息をカットする手続き
個人再生 裁判所を介して借金を原則5分の1程度まで大幅減額できる手続き 
自己破産  裁判所を介して借金を全額免除する手続き

債務整理の種類によって、減額できる借金の金額や仕組みは異なっています。そのため、債務整理で借金減額する際は、自分にあった方法を選ぶことが大切です。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

2過払い金請求

過払い金請求は、払いすぎた利息を取り戻せる手続きです。

過払い金とは

貸金業者によって違法に搾取されたお金(払いすぎた利息)のこと

2010年まで多くの貸金業者は、違法な金利を設定し、消費者からお金を搾取していました。

払いすぎた過払い金は、返還請求することで、戻ってくる可能性があることが裁判により認められています。

過払い金請求したことで、高額な過払い金が戻ってくるケースは決して少なくありません。2010年以前に借入がある方は、過払い金が発生している可能性があります。

過払い金の有無を無料で調べてくれる弁護士もいらっしゃるので、一度相談してみてください。
\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

3金利を下げる

借金には、必ず金利が設定されています。

金利が高ければ、支払う利息は高額に。元金が同じであっても、借金の返済総額が増えてしまいます。

 逆に、金利を下げることさえできれば、支払う利息はダウン。借金減額が可能です。

今ある借金の金利を下げることが期待できる方法は、以下2つです。

  • カードローンの借り換え
  • おまとめローンの利用

この記事では、各方法について解説していますので、ぜひそちらを確認してみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

減額できる借金が分かる?借金減額診断・シミュレーターについて

ここまで紹介してきた通り借金は減額できます。

そこで、次に気になるのが「減額できる借金がいくらか」ということです。

減額できる借金を調べる方法には、借金減額診断・シミュレーターがあります。

借金減額診断・シミュレーターを使えば、ネットから無料で減額できる借金が確認可能です。

しかし、利用したことがない方の中には「なぜ減額できる借金が分かるのか知りたい」「からくりや仕組みが気になる」「裏がありそうで怪しい」など感じている方も多いでしょう。

そこで、借金減額診断・シミュレーターについて解説していきます。借金減額診断やシミュレーターを利用する前に目を通してみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

1借金減額診断・シミュレーターとは

借金減額診断・シミュレーターとは、自分が減額できる借金を診断してくれるものです。

借金減額診断・シミュレーターはネット上から無料で利用できるものがほとんど。

  • 個人情報(名前・住所・電話・メール)
  • 借金情報(借入総額・借入日・借入件数)

など、入力することで、どのくらい借金を減額できるのか分かります。

借金減額診断・シミュレーターは、無料かつ匿名で利用できることがメリットです。
\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

2借金減額診断・シミュレーターのからくり(仕組み)

借金減額診断・シミュレーターでは、どうやって減額できる借金を算出しているのか気になるという方も多いでしょう。

実は、借金減額診断・シミュレーターの計算は、法律事務所や司法書士事務所が行なっているケースがほとんどです。

その理由は?

借金減額診断やシミュレーターの利用から、過払い金請求・債務整理などの依頼につなげるためです。

借金減額診断やシミュレーターを利用する際の注意点は、借金減額診断・シミュレーターを利用している法律事務所が必ずしも優良とは限らないこと。

できれば、借金減額診断・シミュレーターの利用と、借金減額手続き(債務整理・過払い金請求)を依頼する事務所は分けて考えましょう。
\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

借金の利息を減額する方法

借金減額手続きで減額できる借金は、大きく2つに分類できます。

  1. 利息を減額する方法
  2. 借金そのものを減額する方法

ここでは、借金の利息を減額する方法を解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

1カードローンの借り換え

借金の利息を減額する1つめの方法は、カードローンの借り換えです。

カードローンの借り換えとは
今より金利が低いカードローンからお金を借りて、今のカードローンの借金を全て返済することです。その後、新たに借りたカードローンへ返済を続けます。

カードローン借り換えで借金減額できる仕組み(からくり)

カードローンの借り換えを行うことで、借金の金利を下げることができます。金利が下がれば利息が下がるため、借金の減額が可能です。

【金利でこれだけ変わる利息】200万円を毎月5万円ずつ返済する場合
金利 利息合計
15% 789,895円
14% 709,734円
13% 635,662円
12% 566,900円
11% 502,794円
10% 442,908円

上の例の場合、金利15%のカードローンから金利10%のカードローンに借り換えることで、約35万円もの借金を減額できます。
 ただし、カードローンの借り換え選びに失敗すると、借金が増えてしまう可能性も0ではありません。

カードローンの借り換えを行う際は、必ず今のカードローンより金利が低いカードローンを選びましょう。

カードローン借り換えのメリット
  • 金利を下げることができる
  • 毎月の返済負担を減らすことができる
カードローン借り換えのデメリット
  • 返済額が増える可能性がある
  • 返済が長期化する可能性がある
カードローン借り換えで減額できる借金
  • 利息の一部(一般的に5〜20万円程度)
\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

2おまとめローンの利用

借金の利息を減額する2つめの方法は、おまとめローンの利用です。

おまとめローンとは
複数の借金を一本化するサービスのことです。

おまとめローンのからくり(仕組み)

借入先が複数ある借金を一本化することで、借金の金利や毎月の返済額を下げることができます

具体例で確認!おまとめローンってどういうこと?
現在 おまとめローン利用後
ローンA:50万円(金利18%)
ローンB:30万円(金利17%)  ローンD:100万円(金利15%)
ローンC:20万円 (金利17.5%)

おまとめローン利用後は、おまとめローン利用先にお金を返済します。

 借入金額が高額になるほど、借金の金利は下がるのが基本です。おまとめローンを利用して、1つのローンの借入額を高額にすることで、高確率で金利を下げられます。

また、返済管理が楽になることもおまとめローンのメリットです。メリットが多いおまとめローンですが、審査は厳しい傾向にあります。

おまとめローンのメリット
  • 金利を下げることができる
  • 返済管理が楽になる
  • 毎月の返済額を下げることができる
おまとめローンのデメリット
  • 審査が厳しい
  • 借金の総額が増える可能性がある
おまとめローンで減額できる借金
  • 利息の一部(一般的に10〜30万円程度)
\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

3任意整理

借金の利息を減額する3つめの方法は、任意整理です。

任意整理とは
弁護士が借入先と和解交渉。将来発生する利息を丸々カットできます。

任意整理のからくり(仕組み)

任意整理では、借入先の金融機関と交渉することで、利息をカットします。

任意整理は弁護士に依頼することが一般的です。任意整理を弁護士に依頼すると、借金の催促・取り立てが一時的にストップします。

その理由は?

任意整理の手続き期間中に取り立てを行うことは法律で禁止されているからです。

任意整理で減額できるのは、将来発生する利息全てが基本です。任意整理後は、元金のみ3〜5年かけて返済します。

任意整理は、裁判所を介さず手続きできる唯一の債務整理です。

周囲にバレる心配がなく、費用も安価なため、人気の債務整理手続きとなっています。
任意整理のメリット
  • 利息を全額カットできる
  • 裁判の必要なし
任意整理のデメリット
  • 5年程度ブラックリストに登録される
任意整理で減額できる借金
  • 利息の全部(一般的に20〜50万円程度)
\借金減額診断も可能です/

借金そのものを減額する方法

次に、借金そのものを減額する方法を確認していきましょう。

借金をザックリ減額したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1過払い金請求

借金そのものを減額する1つめの方法は、過払い金請求です。

過払い金請求とは
過去に払いすぎた利息を取り戻す手続きのこと

過払い金請求のからくり(仕組み)

過払い金請求すると、貸金業者に払いすぎた利息が戻ってきます。ただし、過払い金請求するには基本的に以下2つの条件を満たしている必要があります。

  1. 最後の取引から10年以内
  2. 2010年以前に借入があること

過払い金には時効があります。過払い金の時効は、最後の取引から10年以内。原則的に、借金完済から10年を過ぎると過払い金は請求できません。

 また、過払い金が発生しているのは、違法な金利が存在した2010年6月17日までです。

2010年6月18日の法律改正にともない、現在違法な金利での取引は行われていません。

過払い金請求するには、まず弁護士に無料相談。過払い金が発生しているのかどうか調べることからはじめてみてください。

過払い金請求には時効があるので、できる限り早く手続きすることがおすすめです。
過払い金請求のメリット
  • お金が戻ってくることを期待できる
  • 着手金がかからないのが一般的
過払い金請求のデメリット
  • 過払い金請求した借入先は利用できなくなる
過払い金請求で減額できる借金
  • 一般的に80〜100万円程度 
\借金減額診断も可能です/

2個人再生

借金そのものを減額する2つめの方法は、個人再生です。

個人再生とは
裁判所を介して借金を原則5分の1程度まで減額する債務整理手続きです。

個人再生のからくり(仕組み)

個人再生は、裁判所を介して手続きを進めます。裁判所に手続きが認可されれば、大幅な借金減額が可能です。

個人再生のメリットは、大幅な借金減額ができるにもかかわらず、住宅を手放さずに済むことです。

同じ債務整理でも、自己破産では住宅を手放す必要があります。

借金が高額な方は、自己破産の前に個人再生を検討しましょう。

個人再生は手続きが複雑だったり、費用が高かったりするので、まずは弁護士に相談してみてください。

個人再生のメリット
  • 借金そのものの大幅な減額が期待できる
  • 住宅など財産を手放さずにすむ可能性がある
個人再生のデメリット
  • ブラックリストに登録される
  • 官報に掲載される
  • 保証人に影響が出る
個人再生で減額できる借金
  • 100万〜500万円→100万円まで減額
  • 500万〜1500万円→借金総額の5分の1程度まで減額
  • 1500〜3000万円→300万円まで減額
  • 3000〜5000万円→借金総額の10分の1程度まで減額
\借金減額診断も可能です/

3自己破産

借金そのものを減額する3つめの方法は、自己破産です。

自己破産とは
裁判所を介して借金を全額免除する手続きです

自己破産のからくり(仕組み)

自己破産を行う場合、まず裁判所に申し立てを行います。

その後、必要な手続きを行い、裁判所が認可すれば自己破産が確定。今ある全ての借金が0円になります。

 自己破産後、借金の返済義務は一切残りません。

自己破産は借金を免除できる唯一の債務整理です。

ただし、自己破産には

  • 財産が処分される(車や住宅を失う)
  • 官報に掲載される
  • 手続き期間中一部の職業制限がかかる

などのデメリットも多くあります。弁護士に相談のうえ、慎重に判断してみてください。

自己破産のメリット
  • 借金が無くなる
  • 生活に必要なモノや最低限のお金(現金99万円・預貯金20万円)は手元に残る
自己破産のデメリット
  • ブラックリストに登録される
  • 官報に掲載される
  • 時価20万円を超える財産が処分の対象
  • 手続き中は一部職業制限がかかる
自己破産で減額できる借金
  • 今ある全ての借金
\借金減額診断も可能です/

借金減額は弁護士に相談

借金減額は、弁護士に相談しましょう。

合法的に借金減額手続きを代理できるのは、弁護士と司法書士のみです。

 ごく一部ですが、借金減額を謳い文句に詐欺を行う悪徳業者もあります。

確実かつ安心して借金減額するには、必ず法律事務所を利用しましょう。

この記事では、無料相談できる法律事務所を紹介しています。借金減額・債務整理の実績豊富な法律事務所をまとめていますので、ぜひ有効活用してみてください。

【無料相談】借金減額・債務整理に強い弁護士

1はたの法務事務所

はたの法務事務所

おすすめポイント

  • 相談は何度でも無料
  • 着手金が0円(初期費用0円)
  • 分割払いOK
  • 全国出張無料
  • 借金が1社からでも対応可能

はたの法務事務所は、東京と大阪に拠点を構える司法書士法人です。全国どこの依頼にも対応しています。

はたの法務事務所としての大きな特徴としてあげられるのが「着手金が0円」「分割払いOK」と債務者にとても優しい料金設計になっています。

相談も完全無料。借金や過払金がある方にとてもおすすめできる司法書士事務所です。

スタッフ
料金が安いうえに分割OKと柔軟性もあるのでおすすめですね
↓全国無料で出張対応可能↓
所在地 〒167-0051 杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理、任意整理、過払金返還請求、個人再生、自己破産
対応時間 平日:10:00〜21:00(土日もOK)
ご相談受付時間 365日 24時間受付可
料金 【任意整理】
着手金:0円
報酬金:1社22,000円(税込)〜
減額報酬:10%+消費税
過払金報酬:回収額の20%+消費税
※10万円以下の場合は12.8%+消費税、別途11,000円(税込)の計算費用が必要
無料相談 可能

2東京ロータス法律事務所

おすすめポイント

  • 相談は何度でも無料
  • 土日祝日・全国対応
  • ノウハウ・実績多数

東京ロータス法律事務所は、債務整理の実績が高い法律事務所です。

一人ひとりの借金問題に弁護士が親身に対応。あなたに合った適切な解決方法を提案してくれます。

法律事務所としては非常に珍しく、相談は何度でも無料。プライバシーの厳守を徹底しており安心して悩みを打ち明けられます。

「取り立てがツライ」「返済生活がキツイ」という方は、一度相談してみてください。
↓借金減らせるか無料診断(全国)↓
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13-2成田第二ビル2階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)、過払い金請求
対応時間 平日:10:00〜20:00
土日:
10:00〜19:00
料金(税抜) 【任意整理】
着手金:1件22,000円(税込)
報酬金:1件22,000円(税込)
減額報酬:10%+消費税
【個人再生】
着手金:330,000円(税込)
報酬金:330,000円(税込)
【自己破産】
着手金:220,000円(税込)
報酬金:220,000円(税込)
【過払い金報酬】
回収額の20%+消費税
無料相談  可能

3ひばり(旧名村)法律事務所

ひばり(旧名村)法律事務所

おすすめポイント

  • 相談無料・24時間受付
  • 着手金分割OK
  • 日本全国対応可能

ひばり(旧名村)法律事務所は、借金問題を専門としている法律事務所です。

ひばり(旧名村)法律事務所では、任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求、債務整理に対応しています。

  • 2,000件以上の実績
  • 25年の実績
  • 東大法学部卒の弁護士も対応可
  • 顧客満足度98%

など、実績・信頼度ともにかなりの高さを誇っています。

借金問題の相談は何度でも無料。着手金の分割払いもできるため、手元にお金がない方でも安心して依頼できます。

実績・料金・サポート体制どれもいうことなしの法律事務所です。
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4第一東永ビル6階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)、過払い金請求
対応時間 平日:10:00〜18:00
料金 【任意整理】
着手金:1社22,000円(税込)
報酬金:1社20,000円(税込)
減額報酬:10%+消費税
【個人再生】
着手金:330,000円(税込)〜
報酬金:220,000円(税込)〜
【自己破産】
着手金:220,000円(税込)〜
報酬金:220,000円(税込)〜
【過払い金報酬】
回収金の20%+消費税
無料相談  可能

4アース法律事務所

おすすめポイント

  • 初回相談無料
  • 全国対応可能
  • 実績3,500件以上

アース法律事務所は、債務整理を得意とする法律事務所です。

アース法律事務所では、借金問題に悩んでいる方を対象に無料相談窓口を開設。

「借金が減らずに増えている」「利息の負担が大きい」「過払い金の発生を確認したい」

など、あらゆる悩みを元裁判官の弁護士が解決します。

アース法律事務所の強みは、債務整理の実績が豊富なことです。これまでの実績はなんと3,500件以上。借金減額事例も多数あります。

アース法律事務所の借金減額事例
  • 233万円→50万円
  • 300万円→0円
  • 820万→164万円

借金を減らしたい方は、ぜひ利用したい法律事務所です。
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8TKK新橋ビル8階
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)、過払い金請求
対応時間 平日:10:00〜19:00
土日:10:00〜19:00
料金 【任意整理】
着手金:1社22,000円(税込)〜
解決報酬金:1社22,000円(税込)
減額報酬:10%+消費税
【個人再生】
着手金:330,000円(税込)〜
報酬金:220,000円(税込)〜
【自己破産】
着手金:330,000円(税込)〜
報酬金:330,000円(税込)〜
【過払い金報酬】
過払い額の20%+消費税〜
無料相談  可能

5新大阪法務司法事務所

おすすめポイント

  • 着手金0円
  • 無料相談可能
  • 分割払い対応

新大阪法務司法事務所は、低価格で借金問題解決ができる司法書士事務所です。

新大阪法務事務所の大きな魅力はコストパフォーマンスの高さです。一般的な法律事務所相場より債務整理の費用が安いといえるうえ、着手金0円で依頼できます。

さらに分割払いにも対応しているため、現段階でまとまったお金がなくても債務整理可能です。

どのような方法で借金を減らすことができるのか、無料相談で確認できますよ。
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)、過払い金請求
対応時間 平日:9:00〜19:00
料金(税別) 【任意整理】
着手金:0円
基本報酬:22,000円(税込)
減額報酬:10%+消費税(最低税込22,000円)
【個人再生】
385,000円(税込)〜
【自己破産】
275,000円(税込)〜
【過払い金報酬】
過払い額の20%+消費税
無料相談  可能
着手金0円

6債務レディー

おすすめポイント

  • 女性スタッフが無料相談対応
  • 着手金0円
  • 分割払い・後払いOK

債務レディーは、女性のための借金相談窓口です。

債務レディーには、女性スタッフが在籍。無料相談に対応しています。借金がある女性の方におすすめの司法書士事務所です。

さらに、着手金は無料。分割払い・後払いも可能です。

債務レディーは「夫や家族に知られず借金を精算したい」「費用が不安で借金問題を一人で抱え込んでいる」という方にピッタリですよ。
着手金0円
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
対象地域 全国どこでも可能
対応業務 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)、過払い金請求
対応時間 平日:9:00〜19:00
土:9:00〜12:00
料金(税抜) 【任意整理】
着手金:0円
基本報酬:1社22,000円(税込)
減額報酬:10%+消費税(最低税込22,000円)
【個人再生】
330,000円(税込)〜
【自己破産】
275,000円(税込)〜
【過払い金報酬】
過払い額の20%+消費税
無料相談  可能
着手金0円

まとめ

ここまで、借金減額のからくりや仕組みについて解説してきました。

合法的に借金を減額する主な方法は以下のとおりです。

利息を減額 カードローンの借り換え、おまとめローンの利用、任意整理 
借金そのものを減額 過払い金請求、個人再生、自己破産

減額できる借金がいくらか知りたい方は、借金減額診断やシミュレーターを使うと、ネットから無料で減額できる借金を調べられます。

実際に借金を減額する際は、一度弁護士に相談することがおすすめです。専門家のアドバイスをもとに、最も自分に適した借金減額方法を選んでみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事