dカードの還元率や審査について解説!dカード GOLDのお得な利用法まで

みなさんはNTTドコモが発行しているクレジットカード、dカードをご存知でしょうか?

ドコモを使っている方は、ドコモショップの店員さんなどから勧められたことがあるかもしれません。

しかし実際にどれくらいお得なのか、審査基準は厳しいのかわからない方もいらっしゃるはずです。

この記事では「dカードを使うとどれくらい得なのか」「dカードの審査は厳しいのか」、といったことを中心に解説していきます。

これを読めばdカードがドコモユーザーにとっていかにお得なクレジットカードなのかがわかるはずです。それでは一つ一つ見ていきましょう。

\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

dカードとは

dカード

早速ですが、dカードにはどんな特徴があるか見ていきましょう。

年会費 永年無料
dカードケータイ補償 最大1万円まで
お買物あんしん保険 年間100万円まで
VJデスク
(旅のサポート)
海外緊急サービス

一般的にクレジットカードの還元率が1%を超えるとお得なカードといわれることが多いです。

その点から考えると、通常カードでもポイント還元率が1%あるdカードは十分高還元カードと呼ばれる資格があります。

通常のdカードでもこのように十分お得なクレジットカードなのですが、より上位にdカード GOLDというさらにお得なクレジットカードが存在します。

\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

dカード GOLDとdカードを比較

dカード GOLDは通常のdカードとどこが違うのでしょうか?早速次の表を見てみましょう。

dカード dカード GOLD
年会費 永年無料 11,000円(税込)
dポイント
クラブご優待
(10%ポイント還元)
×
dカード
ケータイ補償
最大1万円
補償
最大10万円
補償
dカード
ゴールドデスク
×
海外旅行保険 × 最大1億円
国内旅行保険 × 最大5000万円
お買物あんしん保険 年間100万円まで 年間300万円まで
ラウンジ
(空港・その他)
×
VJデスク
(旅のサポート)
海外レンタカー
海外緊急サービス 有料 無料

まず目につくところとして、年会費が挙げられます。これだけ見るとdカード GOLDの年会費は高いと感じてしまうかもしれません。

しかし実際には年会費の以上にお得に活用することができ、「dカード GOLD」の利用によるポイント還元等で結果的に11,000円(税込)の年会費の元を取ることが望めます。

なんとドコモの利用料をdカード GOLDで支払うことで通常カードでは利用料金1%のポイント還元のところを1,100円(税込)につき10%のポイント還元を受けることできるのです。

2人の赤ちゃんと赤ちゃんを押しながらタブレットで見ながらソファーに座っていた女性

さらにこれはドコモ料金だけではなく、固定回線サービスであるドコモ光の料金を合算している場合にも適用されます。

特に「家族でまとめてドコモ料金を支払っている方」「ドコモ光もまとめて契約している方」にとっては大変魅力的と言えるでしょう。

例えば月額料金が11,000円(税込)の場合月々1,000ポイントが還元されるため、1年間では12,000ポイントを獲得することができるため簡単に元を取ることができます。

ドコモユーザーのポイント還元

また、dカードで貯まるポイントは1ポイント=1円相当として計算されほとんど現金と同じ感覚で使うことができる点も大きなメリットです。

\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

dカードの審査は落ちる?

とても便利なdカードですが、クレジットカードですので当然入会には審査を通過することが必要です。

クレジットカードの審査はカードごとに難易度が違うとよく言われますが、dカードはどれくらいの難易度なのでしょうか?

dカードの申し込みページにある必要条件として、次の4つが書かれています。

申し込み必要条件
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと

上記にある通り、高校生を除く満18歳以上の方であれば全員が発行資格を持っています。そのため、大学生であっても発行が可能です。

また個人使用目的でのカード発行のみ有効で、会社の経費精算に使うコーポレートカードとしては使えないということを表しています。

では、dカードではどのような審査基準で審査されるのでしょうか?

一般にクレジットカードの審査基準は大きく分けて

  • 支払い能力はあるか・資産は十分か
  • 信用に値する性格か

の2つあるといわれています。それぞれの審査基準について確認していきましょう。

支払い能力はあるか

中央の男のローアングル写真

支払い能力を審査するためにはほとんどのクレジットカードで申し込みの際に、勤務先や年収を提供することになります。

また資産については持ち家かそうでないか、他に債務があるかないかというところで測られることが多いと予想できます。

いわゆる高級クレジットカードの中には高い収入や資産の多さで審査をするものもあるといわれています。

しかしdカードは年会費無料と、幅広く使われることを想定していますのでそんなに高い社会的地位や収入の多さを要件にしているわけではないと考えられます。

\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)
信用に値する性格か

本にバケットリストを書いている人

クレジットカード会社は毎月の支払い履歴を記録しており、そのデータを他社も見ることができるデータベースに登録して管理しています。

クレジットカード会社は新規申し込みがあるとそのデータベースに申込者の支払い履歴を照会し、信用度を測っているといわれています。

その際に支払い遅延などが見つかると、例えカードを申し込んでいるクレジットカード会社とは違うところでの遅延であっても審査結果に大きく影響することが予測できます。

 クレジットカードの支払いを遅れると、カードを発行する際の審査に響くことが考えられす!

また、債務整理などを行った方は5年間クレジットカードの新規発行ができなくなります。

さらに、短期間で大量のクレジットカードに申し込んでいる場合も信用度が落ちてしまうといわれているため注意が必要です。

クレジットカードを発行する前には自身の信用情報を確認しましょう。
\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

dカードの審査難易度

通常のdカードを申し込む際、過去に支払い遅延や債務整理、自己破産などがなければ審査難易度はそこまで厳格ではないでしょう。

それら信用度に極めて重大な影響を及ぼすことをしていない限り、基本的に次の要件を満たしていれば基本的に発行されると考えてよいかと思われます。

審査基準
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと

なお大学生や年金生活で収入がない方でも問題なく発行されている事例が多数あります。

\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

dカードの審査期間

ホワイトプリンターペーパー

dカードの公式サイトにはカードお申込み完了から最短5分で入会審査完了とあり、「収入あり、信用情報も良好」であれば実際に短時間で審査が完了するのが一般的です。

今までクレジットカードを申し込んだことがない場合には審査にもう少し時間がかかるようです。

審査が短く済む場合でも実際にdカードが手元に届くのは審査が完了してから1週間から10日程度かかることがあります。

審査に時間がかかる場合は1ヶ月程度発行まで見ておいた方がいいでしょう。

\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

dカード GOLDの審査基準

通常のdカードの審査難易度はそこまで高くはないと予想されますが、dカード GOLDになると少し難易度が上がると考えられます。

一般的にゴールドカードは高い年会費を払う必要があり、利用枠が100万円を超える場合もあるため通常カードよりも高い信用度が必要になるといわれています。

公式サイトで書かれている入会条件は以下のとおりです。

dカード GOLD入会条件
  1. 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  2. 個人名義であること
  3. ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  4. その他当社が定める条件を満たすこと

通常のdカードとは違い、未成年や学生は申し込むことができません。さらに安定した継続収入が必要になりました。

一般的に日本で安定した継続収入というと、正社員での収入のことを指すことが多いと考えられます。

そのため正社員として雇用され、安定した収入を得ていることが審査基準になっていると予測できます。

なお安定した継続収入と言っても、審査の対象となるのは申込みをする個人ですので勤務先の安定度や事業の継続年数に関しては審査の対象とならないと考えられます。

ですので万が一勤務先の経営状況が悪かったり、設立してすぐのベンチャー企業であってもそれが必ずしも審査に悪影響を与える心配はないと考えられるでしょう。

階段の近くに立っている人

ただし、プラス要因として公務員、インフラ系企業、名前の通った大手企業に勤めている場合、この情報が考慮されることが考えられます。

実際これらにお勤めの方だと新卒入社一年目でもdカード GOLDが発行された事例もあるそうです。

勤続年数3年を目安に考えると審査に通過する確率がアップすると予測できます!

一般的に3年の職歴が転職などでは評価になるといわれていますが、クレジットカードの審査においても同じ傾向が存在するようです。

それ以外にはもちろん信用度の高さが必要になると考えられますので、支払い遅延などの履歴は当然かなりの悪影響になるでしょう。

信用度の高さに自信がない場合、通常のdカードを3年ほど支払い遅延なしで毎月使うことで底上げすることも可能と考えられます。

\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

dカードのポイント還元率をアップさせるには?

通常のdカードでの支払いでは1%のポイントを獲得することができますが、お得にdカードを活用するコツがあります。そのコツとはdカード特約店の活用です。

特約店といっても特別なお店だけではなく、ドラッグストアなど日常的に使うお店もたくさん含まれているのでポイントを日常的に貯めることができます。

ENEOS 決済ポイントに加えてさらに200円で1ポイント
JAL 決済ポイントに加えてさらに100円で1ポイント
JTB 決済ポイントに加えてさらに100円で2ポイント
高島屋 決済ポイントに加えてさらに100円で1ポイント
マツモトキヨシ 決済ポイントに加えてさらに100円で2ポイント
スターバックスカード 決済ポイントに加えてさらに100円で3ポイント

例えばマツモトキヨシでは、通常のポイントに加えてポイントが貯まるため3%の還元率で使うことが可能になります。

また日常的な使い方以外にも高島屋、JALでの航空券購入でも通常ポイントに加えて100円ごとに1ポイントを獲得することが可能です。

これらのお店で使う金額は大きくなりがちなので、dカードを活用すると非常に大きなポイント還元が期待できます。

またポイント還元ではありませんが、口座引落し時に割引となるキャンペーンも存在しています。

\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

おすすめのポイントの貯め方と使い方

おすすめのポイントの貯め方と使い方は以下のとおりです。

ポイントの貯め方
  1. ドコモ料金をdカード GOLDで支払う
  2. dカード特約店をうまく活用する
  3. 貯まったポイントはiDキャッシュバック!

おすすめのポイントのため方として、まずはドコモ料金をdカード GOLDで支払うことをおすすめします。10%のポイント還元は滅多にありません。

そのためドコモ料金をdカード GOLDで支払うことには大きな優位性があるといえます。

その上でdカード特約店をうまく活用することが鍵になるでしょう。

dカード特約店では、普段使いできるお店が多いことが特徴です。

また、dカードのポイントは1ポイント=1円相当として幅広く使うことが可能です。ポイントの主な使い道として

  • お店やネットショッピングで使う
  • 家電や電子マネーに交換
  • ドコモのスマホ料金支払いに使う
  • iDキャッシュバック
  • Pontaポイントに交換

      など様々な方法が用意されています。

      その中でも、おすすめの使い方はiDキャッシュバックです。dカードには非接触型の決済としてiDがついており、Apple Payでも利用可能な大変便利な決済手段です。

      Androidのスマートフォンを保持している女性

      そのiDを使う際にdポイントを使うことで、まるでポイントを現金のように幅広く使うことができます。

      クレジットカードのポイントの中には使い道が限定されていて、いつの間に失効してしまったというケースがありますが、dカードには基本的にその心配もあまりありません。

      \合計最大20,000ptプレゼント/
       ※11月30日まで
      ※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
      ※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
      \新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
       ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

      まとめ

      このようにdカードは審査もそれほど難しくないと予測でき、さらにGOLDならドコモ料金の10%還元や特約店など非常にお得に使うことができます。

      また、dカードにはプリペイドカードも用意されているので審査が不安な方はそちらを利用してみてもいいでしょう。

      この記事のまとめは以下のとおりです。

      この記事のポイント
      • dカードには通常版とdカード GOLDの2種類がある
      • dカードとdカード GOLDでは審査基準が異なると予測できる
      • dカード特約店は日常的に利用できる店が多数
      • dカード GOLDはdocomo料金の支払いで高還元

      GOLDがまだ自信がないという方は通常のdカードをしっかりと使い続けていればいずれGOLDにアップグレードできる可能性が十分にあると考えられます。

      dカードはアプリにログインすることで、明細をスマートフォンからも確認することができる点も嬉しいポイントですね♪

      是非この機会にdカードを検討してみませんか。

      \合計最大20,000ptプレゼント/
       ※11月30日まで
      ※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
      ※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
      \新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
       ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)

      関連記事

      監修者の紹介

      監修者の写真

      監修者岡田行史

      人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事