レバレッジ取引におすすめな仮想通貨取引所
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

仮想通貨の取引には大きく分けて、現物取引とレバレッジ取引の2つがあります。ところが、レバレッジ取引とはどのような取引かしっかりと理解していない方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、レバレッジ取引の基本的な説明やメリット・デメリットを解説します。

さらに、レバレッジ取引が可能なおすすめの国内仮想通貨取引所も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

\レバレッジ取引向き/

レバレッジ取引におすすめ仮想通貨取引所4選

DMM Bitcoin
DMMビットコイン
bitFlyer
ビットフライヤー
GMOコイン
BIT Point
ビットポイント
dmmbit
bitflyer
Bit point
取引所手数料
無料
約定数量×0.01~0.15%(単位: BTC)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
無料
販売所手数料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
2倍
2倍
2倍
2倍
最低取引額
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0001 BTC/回
0.00000001BTC単位
取引通貨数
12種類
13種類
15種類
10種類
キャンペーン
新規口座開設で
2,000円
キャッシュバック
-
-
3,000円相当のJMY
(ジャスミー)プレゼント

※DMM Bitcoin:BitMatch取引手数料は2円〜、キャンペーン期間は2021年9月1日(水) 7時00分~2021年10月1日(金) 6時59分
※GMOコインでレバレッジ取引に対応しているのは10銘柄

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

おすすめポイント
  • レバレッジ取引できる通貨ペアは19種類
  • BTC建・ETC建でレバレッジ取引が可能
  • レバレッジ手数料は建玉ごとに0.04%/日

    DMM Bitcoinは、DMM.comグループによる仮想通貨取引所です。レバレッジは2倍で取引ができます。レバレッジ取引に力を入れており、19通貨ペアで取引が可能です。

    現物取引の通貨ペアは4ペアなので、現物取引中心の方には物足りないかもしれません。

     ビットコインやイーサリアム建てで、レバレッジ取引できる点も特徴です。
    \もれなく2,000円キャッシュバック中/

    レバレッジ手数料は建玉ごとに0.04%/日です。顧客サポートは365日休まず対応。お問い合わせフォームに加えLINEでも問い合わせできる手軽さが魅力です。

    何かあった時にもすぐに問い合わせできる環境は、ユーザーからするとありがたいですね。
    取扱通貨数 12通貨
    (BTC・ETH・ETC・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・OMG)
    レバレッジ 2倍
    最小注文数量(BTC) 0.0001BTC
    ※現物注文時
    販売所手数料(税込) 無料
    ※BitMatch注文は取引単位あたり2円(BTC/JPY)
    取引所手数料(税込)
    入金手数料(税込) 無料
    出金手数料(税込) 無料
    主要通貨送金手数料 無料

    出典:https://bitcoin.dmm.com/

    \もれなく2,000円キャッシュバック中/

    bitFlyer

    bitFlyer(ビットフライヤー)

    おすすめポイント
    • レバレッジ取引はビットコインで証拠金の預入が可能
    • ビットコインの取引量は国内No.1
    • 特殊注文が可能

      bitFlyerは、ビットコイン取引量が国内No.1の取引所。レバレッジ取引においては、ビットコインで証拠金の預入をすることもできます。

      レバレッジ取引では特殊注文にも対応。IFDやOCO、IFDOCOなどの注文方法を選択できます。

      \ビットコイン取引量国内No.1/
      ※公式サイト参照
      IFDとは?
      一度に2つの注文を出して最初の注文が約定したら2つめの注文が自動的に発注される注文パターン
      OCOとは?
      2つの注文を同時に出して一方の注文が成立した際にもう一方の注文が自動的にキャンセルされる注文パターン
      IFDOCOとは?
      IFD注文が約定した後に自動的にOCO注文が発注される注文パターン

      ビットコインの取り扱いに関しては実績があるので、ビットコインでの取引を検討している方におすすめです。

      レバレッジ取引にはビットコインのみが対象で、2倍のレバレッジをかけられます。
        取扱通貨数 13通貨
        (BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・BAT・XTZ・DOT)
        レバレッジ 2倍
        最小注文数量(BTC) 取引所:0.001BTC
        販売所:0.00000001BTC
        販売所手数料(税込) 無料
        取引所手数料(税込) 0.01〜0.15%
        入金手数料(税込) 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
        クイック入金(住信SBIネット銀行から入金):無料
        ※住信SBIネット銀行以外のクイック入金は330円(税込)
        出金手数料(税込) 三井住友銀行:220円(税込・3万円未満)
        三井住友銀行以外:550円(税込・3万円未満)
        主要通貨送金手数料 BTC:0.0004BTC
        ETH:0.005ETH
        XRP:無料

        出典:https://bitflyer.com/ja-jp/
        ※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

        \ビットコイン取引量国内No.1/
        ※公式サイト参照

        GMOコイン

        GMOコイン

        おすすめポイント
        • 10銘柄でレバレッジ取引が可能
        • 買いと売りの「両建て」ができる
        • 注文方法が豊富な本格スマホアプリ

          GMOコインは、インターネット大手のGMOグループが運営している取引所です。レバレッジは2倍までかけることができます。レバレッジ取引ができる仮想通貨は、10銘柄と多めです。

          「買い」のポジションと「売り」のポジションの両方を保有する「両建て」が可能。

           両建てをすることで、市場価格の急落もしくは急騰での損失リスクを軽減できます。
          \最短10分で取引開始!/

          レバレッジ手数料は、0.04%/日。

          GMOコインのスマホアプリ「GMOコイン暗号資産ウォレット」は、レバレッジ取引にも対応しています。1タップで注文可能なスピード注文を始め、様々な注文方法が可能です。

          アプリの通知設定をONにしておけば、急な価格変動の通知もしてくれます。
          取扱通貨数 14通貨
          (BTC・ETH・XRP・XEM・LTC・BCH・XLM・QTUM・BAT・ENJ・OMG・XTZ・DOT・ATOM)
          レバレッジ 2倍
          最小注文数量(BTC) 取引所:0.0001BTC
          販売所:0.00000001BTC
          販売所手数料(税込) 無料
          取引所手数料(税込) Maker:-0.01%
          Taker:0.05%
          入金手数料(税込) 無料
          出金手数料(税込) 無料
          主要通貨送金手数料 BTC:0.0005BTC
          ETH:0.005ETH
          XRP:0.15XRP

          出典:https://coin.z.com/jp/

          \最短10分で取引開始!/

          BITPoint

          Bit Point(ビットポイント)

          おすすめポイント
          • TRXのレバレッジ取引ができる
          • レバレッジ手数料は0.035%/日
          • 国内で唯一ADAの取り扱いあり(現物取引)

            BITPointは、2016年から仮想通貨取引サービスを運営しています。レバレッジ取引できる仮想通貨は4銘柄で、それぞれ2倍のレバレッジを変えられます。

            特徴としては、レバレッジ手数料の安さが挙げられます。手数料は0.035%/日となっており、今回紹介する4社の中では最安です。

             トロン(TRX)のレバレッジ取引ができるのは、BITPointだけです。
            \各種取引手数料が無料/

            現物取引も含めると、取り扱い通貨数は8銘柄とそこまで多くはありません。しかし、国内で唯一エイダコイン(ADA)の取り扱いがあるなど、他業者にはないメリットがあります。

            エイダコイン(ADA)は、仮想通貨時価総額が第3位の急伸している銘柄です。
            取扱通貨数 8通貨
            (BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・BAT・TRX・ADA)
            レバレッジ 2倍
            最小注文数量(BTC) 取引所:0.0001BTC
            販売所:0.00000001BTC
            販売所手数料(税込) 無料
            取引所手数料(税込) 無料
            入金手数料(税込) 無料(振込手数料は実費負担)
            出金手数料(税込) 無料(振込手数料は実費負担)
            主要通貨送金手数料 無料

            出典:https://www.bitpoint.co.jp/
            ※2021年8月28日現在の時価総額における順位

            \各種取引手数料が無料/

            仮想通貨のレバレッジ取引とは

            仮想通貨のレバレッジ取引とは?

            そもそもレバレッジ取引とは、どのような取引のことを指すのでしょうか?

             レバレッジ取引とは、口座に入金した証拠金を担保にして、その証拠金の一定倍率の金額で取引をすることです。

            例として、口座に10万円入金して2倍のレバレッジをかけて取引する場合、10万円の2倍で20万円まで取引ができます。

            この場合、10万円の証拠金で20万円の取引をするわけなので、本来ならお金が足りません。不足分は仮想通貨取引所から借りている状態になります。

            取引のために不足分を借りているだけなので、自分自身の資産は増えていません。

            なお、仮想通貨のレバレッジ取引は、仮想通貨FXとも呼ばれることがあります。為替によるFXと仕組みは同じですが、扱っている商品が異なります。

            \もれなく2,000円キャッシュバック中/

            仮想通貨レバレッジ取引のメリット・デメリット

            レバレッジ取引にはメリットとデメリットがあります。メリットを3つ、デメリットを2つずつ紹介します。

            レバレッジ取引のメリット

            主なメリット
            1. 少ない元手で大きい利益を狙える
            2. 売り注文からスタートできる
            3. 24時間365日いつでも取引が可能
            \もれなく2,000円キャッシュバック中/

            1少ない元手で大きい利益を狙える

            仮想通貨レバレッジ取引のメリット・デメリット

            元手以上の金額で取引できるのが、レバレッジ取引の利点です。そのため、少ない元手の場合でも大きな利益を狙うことができます

            かけられるレバレッジの倍率は、それぞれの業者で設定できます。自身の投資スタイルに合ったレバレッジ倍率を設定している業者で、取引するのが良いでしょう。

            投資がうまくいけば、短期間で数倍、数十倍の利益を出せることもありますよ。
            \もれなく2,000円キャッシュバック中/

            2売り注文からスタートできる

            仮想通貨レバレッジ取引のメリット・デメリット

            レバレッジ取引では、必ずしも購入から取引をする必要がありません。仮想通貨を持っていなくても、売却から取引を始められます。売却から始める手法を空売り(ショート)と呼びます。

             空売りすることによるメリットは、下落相場でも利益を狙える点です。

            現物取引だと、下落相場では利益を出しにくく、取引がしづらいです。一方で、レバレッジ取引なら下落相場からでも儲けられるのでどのような相場からでも取引を始めやすいです。

            下落相場では、空売りをして価格が下がったら、買い戻しすることで利益を出します。
            \もれなく2,000円キャッシュバック中/

            324時間365日いつでも取引が可能

            仮想通貨レバレッジ取引のメリット・デメリット

            仮想通貨のレバレッジ取引は、原則いつでも取引できます土日含めていつでも取引できる環境は、平日が忙しく休日に取引したい方にとって大きなメリットです。

            スマホアプリを使えば、出先でも気軽に取引できますよ。

            ※ 仮想通貨取引所がメンテナンス中の期間を除く

            \もれなく2,000円キャッシュバック中/

            レバレッジ取引のデメリット

            主なデメリット
            1. 損失が膨らむ可能性がある
            2. レバレッジ手数料が発生する

            1損失が膨らむ可能性がある

            仮想通貨レバレッジ取引のメリット・デメリット

            元手以上の取引ができるのが、レバレッジのメリットです。しかし見方を変えれば、損失額が大きくなるリスクがあるとも捉えられます。

            なお、取引所各社では損失額を抑えるために、ロスカットと呼ばれる強制決済のシステムを用意しています。ロスカットのシステムにより、預けた金額以上の損失は出にくくなっています。

            僅かな価格変動で、多大な損失を被る可能性もあることは覚えておきましょう。

            2レバレッジ手数料が発生する

            仮想通貨レバレッジ取引のメリット・デメリット

            通常の取引手数料とは別に、レバレッジ手数料が発生します。レバレッジ手数料は、取引所で定められた時間を跨いで建玉を保有していた場合に、保管費用として発生します。

            レバレッジ手数料は取引所ごとに異なります。レバレッジ取引をする前に、各社のレバレッジ手数料を確認しておきましょう。

            \もれなく2,000円キャッシュバック中/

            仮想通貨レバレッジ取引の注意点

            仮想通貨でのレバレッジ取引における注意点を4つ解説します。実際に取引をする際は、これらの注意点を頭に入れながら取引しましょう。

            証拠金維持率を意識する

            仮想通貨レバレッジ取引の注意点

            証拠金維持率を意識して、高い状態を保ちましょう。証拠金維持率を高くキープしておけば、ロスカットのリスクを遠ざけます。

             証拠金維持率が高いと、分散注文をしてリスクを減らすことも可能です。

            まずは、ロスカットされないためのリスク管理を心がけましょう。

            \もれなく2,000円キャッシュバック中/

            損切りすることをためらわない

            損切りとは、含み損(購入時からマイナスの状態)で売却をすることです。損切りをすると、当然ながら損失が確定します。あまり良い行動とは言えないでしょう。

             しかし、損切りをしないと損失がさらに膨らむ可能性も出てきます。

            レバレッジ取引では、損失が膨らむとロスカットされる場合もあります。

            ロスカットされるなら、早めに見切りをつけて損失を少なく済ませる方が賢いと言えますね。
            \もれなく2,000円キャッシュバック中/

            余裕のある資産で取引する

            仮想通貨レバレッジ取引の注意点

            レバレッジ取引に限ったことではありませんが、取引は余裕資産で行いましょう。これまで説明してきたように損失リスクをゼロにすることはできません。

            仮想通貨のレバレッジ取引は特に、価格変動が激しい傾向にあります。

             生活資金で取引を行うと、精神的に不安定な状態に陥る可能性も出てくるでしょう。

            普段の生活に悪影響を及ぼさないためにも、余裕資産で取引する、あらかじめ取引できる上限金額を決めておくなどの対策が必要です。

            \もれなく2,000円キャッシュバック中/

            ポジションを持ったまま放置しない

            ポジションを持つとは、仮想通貨取引を行なって「買い」もしくは「売り」の状態にあることです。この状態のまま放置するのはやめておきましょう。

            放置した結果、損失が膨らみロスカットとなる可能性も出てきます。特に気をつけたいのが就寝時です。就寝中の価格変動は対処のしようがありません。

            就寝中にポジションを持つ場合は、事前に損切り用として指値注文を入れておくと良いでしょう。
            \もれなく2,000円キャッシュバック中/

            【よくある質問】何倍まで?借金の可能性は?

            レバレッジ取引ができるおすすめの仮想通貨取引所はどこですか?
            DMM Bitcoinです。レバレッジは2倍までかけられます。大きな特徴としては、レバレッジ取引できる通貨数の多さです。12銘柄の計19通貨ペアでレバレッジ取引が可能です。各種手数料が無料で、サポートサービスは365日対応と利用者からすると使い勝手が良い取引所と言えます。
            レバレッジ取引は最大何倍まで可能ですか?
            2021年8月末現在、国内の仮想通貨取引所では2倍までレバレッジをかけられます。ただし、全ての取引所がレバレッジ取引に対応しているわけではありません。レバレッジ取引をする際は、レバレッジ取引できる業者を選んで取引を行ってください。
            レバレッジ取引のロスカットとは何ですか?
            保有している仮想通貨の価格が大きく下落したときに、仮想通貨取引所が強制的に決済することです。損失額を膨らませないようにするため導入されています。一定額以上の損失が出ない点はメリットですが、ロスカットにより損失が決定してしまうと考えればデメリットとも言えます。
            レバレッジ取引の証拠金維持率とは何ですか?
            必要証拠金に対する純資産の割合のことです。証拠金維持率が規定の割合を下回るとロスカットの対象となります。ロスカットの対象となる証拠金維持率は、各仮想通貨取引所により異なります。
            レバレッジ取引の際には、証拠金維持率を一定の割合以上で保つことが非常に重要になります。
            レバレッジ取引の追証とは何ですか?
            追加保証金の略称です。証拠金維持率が一定の割合まで下がったときに、取引を続けるために仮想通貨取引所に対して、追加で保証金を支払わなくてはいけません。追証をしない場合は取引所による強制決済となります。
            レバレッジ取引で借金をする可能性はありますか?
            借金をする可能性はあります。レバレッジ取引ではロスカットのシステムがあるので、原則は預けた金額以上の損失は出ません。しかし、相場が急変動した場合はロスカットが追いつかず、そのまま価格が下がり続けてしまいます。その場合は、レバレッジ取引で仮想通貨取引所から借りている分の金額を追加で支払う必要があります。
            レバレッジ取引は短期取引と長期取引のどちらに向いてますか?
            短期取引に向いています。レバレッジをかけて長期保有しようとすると、価格急落によるロスカットのリスクを秘めています。長期取引をしたい方はレバレッジではなく、現物取引での保有を検討しましょう。

            まとめ

            今回は、仮想通貨のレバレッジ取引について解説しました。レバレッジ取引は、少額の元手で大きな利益を狙えるところがメリットです。

            売り注文から取引できるなど、取引のバリュエーションも増えるので、柔軟に取引ができます。一方で、損失額が膨らむリスクも潜んでいます。仮想通貨は特に値動きが激しいので、常に注意が必要です。

            レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所は限られています。本記事で紹介した取引所であれば、レバレッジ取引にも力を入れていて安心して取引できるでしょう。

            自身に合った取引所を選び、無理のない範囲からレバレッジ取引に挑戦してみてください。
            \ビットコイン取引量国内No.1/
            ※公式サイト参照
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事