審査が甘い緩い? クレジットカード

クレジットカードに申し込むと必ずあるのが「審査」です。申し込んだものの「審査に落ちた」という方も多くいます。

そのため、クレジットカードの発行を考えている方の中には

  • クレジットカードの審査基準が知りたい
  • 審査が甘い・緩い、審査難易度が低いクレジットカードがあるのか知りたい
  • 審査落ちした理由が知りたい

という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クレジットカードの審査基準から審査落ちの原因までを徹底解説しています。

今まであきらめていた人向けのクレジットカードも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
即日発行したい方におすすめのクレジットカード
ACマスターカード
カードローンのアコムが発行しているACマスターカード。最短即日で発行可能なので、お急ぎの方でも安心のクレジットカードです。独自の審査基準があるため、審査が不安な方におすすめです。
発行スピード 年会費 審査
最短1時間で即日発送 無料 消費者金融系クレジットカードで独自の審査基準あり
\最短1時間で最短即日発行/

まず、クレジットカードの審査基準を確認していきましょう。クレジットカードの審査基準が分かれば、審査に通るポイントが見えてきます。

ここでは、クレジットカードの審査基準3つを解説。各ポイントを紹介していますので、ぜひ目を通してみてください。

1過去の取引履歴

クレジットカードの審査基準1つめは、過去の取引履歴です。

クレジットカードの審査では、過去の取引履歴が重視されます。具体的に審査されるのは、以下2点です。

  1. 過去に延滞履歴がないか
  2. 過去に借金を踏み倒していないか

また、過去数年間の取引履歴がチェックされます。

 過去に延滞・滞納を繰り返していると、信用度が低いと判断されるため、審査に通りにくくなる傾向にあります。

ここで気をつけたいのはクレジットカードだけでなく

  • 携帯電話
  • 奨学金

の延滞・滞納も審査に影響し得ることです。携帯電話や奨学金の支払い状況もクレジットカードの審査でチェックされます。

一方で、家賃や公共料金の支払いは、一般的に審査基準にのりません。

2現在の取引履歴

クレジットカードの審査基準2つめは、現在の取引履歴です。

クレジットカード審査では、現在のカード利用状況も調べられています。

とくに審査基準となるのが「他社での借入状況」です。

お金の借入状況は、金融機関で共有されています。そのため、クレジットカード発行会社は他社で借入があるかどうか確認可能です。

 他社での借入額が大きいほど、クレジットカードの審査には通りにくくなる傾向があります。

審査不可となる借入額の明確な基準は公表されていませんが、年収の3分の1程度が一般的な目安です。

すでに年収の3分の1を超える借入がある場合、クレジットカードの審査に通るのは難しくなることがあります。

3個人情報

クレジットカードの審査基準3つめは、個人情報です。

クレジットカードを申し込む際は、必ず個人情報を入力しなければいけません。

その理由は?

金融機関が個人情報から返済能力の有無を確認するためです

クレジットカードで審査される個人情報は大きく以下3つです。

  1. 仕事
  2. 収入
  3. 生活状況

まず仕事では「職業」「勤続年数」「雇用形態」などが審査されます。仕事の審査で重視されるのが、安定性です。

  • 勤続年数が長い
  • 正社員

などは、仕事としての安定性が高いと判断されやすく、審査に通る可能性が上がることが期待できます。

 一方、勤続年数が短かったり自営業だったりすると、審査難易度は上がる可能性があります。

次に重視されるのが収入です。基準となる収入はクレジットカードによって大きく異なります。

そこで、収入審査で共通して大切になるのが「継続性」です。

審査では、収入額はもちろんですが、継続した収入があるかも判断されます。

アルバイトやパートなどで収入が低くても、継続した収入があれば、クレジットカードの審査に通る可能性は高くなります。

反対にどれだけ高収入であろうと

  • 入社して数ヶ月
  • 完全歩合性の職業

など収入が不安定な場合、クレジットカードの審査に落ちてしまうことも少なくありません。

その他「家族構成」「住居状況」などもクレジットカードの審査項目です。

独身

家賃が安い

など、生活コストが低いほど、クレジットカードの審査には有利にはたらく可能性があります。

クレジットカードの審査難易度を見分ける2つのポイント

クレジットカードの審査難易度

クレジットカードによって審査難易度は異なります。「出来るだけ審査難易度が低いクレジットカードが知りたい」という方も多いでしょう。

実は、クレジットカードの審査難易度を見抜ける2つのポイントがあります。

  1. ステータス
  2. 発行元の会社

ここでは、審査難易度に影響する2つの要素を解説しています。ぜひ確認してみてください。

1ステータス

クレジットカードには、ステータスがあります。

ステータスとは

カードのランク・社会的地位を表したものです

一般的にステータスが高いクレジットカードほど、社会的信用度が高くなります。

クレジットカードのステータスには、以下のような種類があります。

ステータス 種類
ブラックカード
プラチナカード
ゴールドカード
一般カード

クレジットカードは、ステータスが高くなるほど、発行が難しくなるのが一般的です。

つまり、ステータスが上がるほどカードの審査難易度も高くなると考えられます

その理由は?

審査難易度の高さ(=社会的信用度が高い人しか発行できないこと)がステータスの価値を担保しているからです

基本的に、クレジットカードのステータスが高くなるほど、カードの年会費も上がります。

スムーズな審査を期待できるのは、年会費無料の一般カードです。クレジットカードの審査に通りたい方は、まずステータスが一般のクレジットカードを選びましょう。

2発行元の会社

クレジットカードの審査難易度は、発行元の会社によっても異なります。

発行元別の審査難易度は次のように予測できます。

審査難易度 発行元(カード例)
銀行系(三井住友カード・MUFJカード)
鉄道系・交通系(JALカード・ビューカード)
信販系(JCBカード・ライフカード )
流通系(楽天カード・イオンカード)

一般的には、銀行系クレジットカードが最も審査難易度が高く流通系クレジットカードが最も審査通過を期待できると考えられます。

ただし、発行元が同じ系列であっても、カードによって詳細な審査難易度は異なることが考えられます。

あくまで審査難易度を見極めるひとつの目安として参考にしてみてください。

クレジットカードの審査に落ちた!通らない原因7つ

クレジットカードの審査に通らない原因

読者の中には「クレジットカードの審査に落ちた経験がある」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、クレジットカードの審査に通らない7つの原因として考えられるものを解説していきます。

審査落ちする原因を知れば、次の審査に備えて必要な対策ができます。

クレジットカードの審査に落ちた事がある方はもちろん、これから申し込む方も必見の内容です。

1収入が安定していない

クレジットカードの審査では、必ず収入がチェックされると予測できます。

収入で重視されるのが「安定性」です。

その理由は?

継続した収入がなければ、クレジットカードの返済が困難と判断される傾向にあるためです

そのため、以下のようなケースに該当する場合、クレジットカードの審査に通らないケースがあります。

  • 年収なし(著しく低い)
  • 勤続年数が短い(入社して数ヶ月など)
  • 完全歩合性の自営業
  • 起業したばかり

収入に関しては、年収より安定性の方が大切です。非正規雇用であっても、毎月一定の収入があれば、クレジットカードの審査に通る可能性はあります。

2多重申し込みしている

多重申し込みとは、短期間に複数のクレジットカードへ申し込むことです。

クレジットカードの申し込み履歴は、全ての金融機関・クレジットカード発行会社で共有されています。

短期間に複数クレジットカードへ申し込むと

  • お金に困っている
  • 返済能力が信用できない

と判断され、審査落ちする確率が上がることが考えられます。

 本来なら審査に通過していた場合であっても、多重申込みをしたせいで審査落ちしてしまうケースも多々あります。

クレジットカードを申し込む際は、枚数を絞って申し込むことが重要です。

一度に申し込むのは、多くても2〜3社までにしましょう。

3事故情報がある

信用情報に事故情報があると、まずクレジットカードの審査に通りません

事故情報とは
信用情報機関に過去の延滞・滞納・債務整理の履歴が登録されていることです。

事故情報が登録されることを「ブラックリストに登録される」と呼ぶこともあります。

信用情報機関に事故情報が登録ケースとしては、次のようなものが挙げられます。

事故情報が登録されるケースの例
  • 債務整理をしたことがある
  • 携帯料金を2〜3ヵ月以上滞納していた
  • 借金の返済が2〜3ヵ月以上遅れた
  • 奨学金の返済を3ヵ月以上滞納していた
 事故情報が登録されている期間は、クレジットカードの審査に通らないことはもちろん、ローンを組むこともできないのが一般的です。

事故情報が解除されるまでの期間は、約5年程度と言われています。事故情報が解除されれば、クレジットカードが発行できる可能性が出てきます。

自分に事故情報があるか確認するには、情報開示をしましょう。

情報開示とは

信用情報機関に登録されている取引履歴を請求すること

全ての信用情報機関(JICC・CIC・KSC)は情報開示に対応しています。

ネットから手続きできるので、クレジットカードに審査落ちして気になるという方は、ぜひ活用してみてください。

4キャッシング枠を高額に設定している

クレジットカードの中には、ショッピング機能と別にキャッシング機能を持つものがあります。

キャッシングとは

クレジットカードを使って現金を借入できる機能です

多くのクレジットカードでは、申し込み時にキャッシング利用可能枠が自分で設定できます。

「キャッシングの利用可能枠が高い=クレジットカードを使って借入できる金額が上がる」ということです。

そのため、キャッシング利用可能枠を高額に設定すると、そのぶん審査難易度も高くなる傾向にあります

キャッシング機能を必要としていない場合、キャッシング利用可能枠を0にすると、グッと審査に通りやすくなることが期待できます

5他社での借入額が大きい

審査落ちした場合、他社での借入状況を確認しましょう。

 他社での借入額が大きいほど、返済能力が低いと判断されやすく、クレジットカードの審査に通らなくなる傾向にあります。

他社での借入額が適正か判断するひとつの基準が、年収に占める借入額の割合です。

高額な借入があっても、それ以上に高額な収入があり、年収に占める借入額の割合が低ければ問題ないと考えられます。

たとえば、他社での借入額が同じ100万円であっても、年収300万円と年収500万円では話が変わってくることがあります。

クレジットカードの審査に落ちた際は、

  • 他社で借入があるか
  • 借入が年収を圧迫していないか(年収3分の1近い借入れがないかなど)

2点を確認してみてください。

6申し込み条件を満たしていない

クレジットカードには、申し込み条件があります。

 申し込み条件を満たしていない場合、年収や職業と関係なくクレジットカードの審査に落ちてしまいます。

クレジットカードの中には、年齢制限があるカードも多くありますので、申し込み条件を必ず確認しましょう。

7初めてクレジットカードを作る

実は、初めてクレジットカードを作ると、審査落ちする可能性が高くなることがあります。

その理由は?

信用情報機関に過去の取引履歴がないため、信用度の判断が難しいからです

信用情報機関には、携帯代金の支払い情報も登録されています。

もしクレジットカードを持っていなくても、携帯代金を分割払いし、きちんと支払いしていれば問題ありません。

分割払いの経験が一切なく、初めてクレジットカードを作成する場合は、なるべくスピーディーな審査を期待できるクレジットカードへ申し込みましょう

一度クレジットカードの返済履歴を作った後に、改めて作りたいクレジットカードへ申し込むのがおすすめです。

クレジットカードの審査に落ちたら期間を開ける

クレジットカードの審査に落ちたら、期間を開けて申し込むことが大切です。

クレジットカードの審査情報・申し込み履歴は一定期間信用情報機関に保存されます。

信用情報機関に登録されている情報は、各クレジットカード会社や金融機関が審査で確認する情報です。

  • 審査落ち=返済能力が無い
  • 複数申込み履歴=お金に困っている

と判断される傾向にあるため、審査落ちした後は、クレジットカードの審査に通りにくくなることが予想されます。

 クレジットカードの申込み履歴が残るのは半年間です。

複数クレジットカードの審査に落ちた方は、半年以上期間を開けて申し込んでみてください。

審査が不安な方におすすめのクレジットカード

1ACマスターカード

ACマスターカード

ACマスターカードは三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にあるアコムが発行しているクレジットカード。

ACマスターカードの審査は、他社の審査に比べて特別甘いわけではありません。しかしACマスターカード、消費者金融系クレジットカードで独自の審査基準があるため、審査が不安な方におすすめです。

審査は最短30分で、自動契約機からでもクレジットカードの即日発行が可能です。

 半年以内にアコムのカードローンまたはクレジットカードに申込をして審査が通らなかった場合は、審査通過の可能性が低いため、他社へお申し込み下さい。また、アコムカードをご利用中の場合も、他社へお申し込み下さい。
ACマスターカードの特徴
  • 審査時間最短30分
  • 即日カード発行可能
  • 毎月利用額の0.25%を自動キャッシュバック
  • 利用明細の郵送不要
  • 一度申込みした方の申込み不可
\最短1時間で即日発行/

ACマスターカードでは、自動でその月の利用額の0.25%を現金で還元しています。ACマスターカードで毎月20万円、年間240万円を利用すると、自動で現金6000円のキャッシュバックとなります。

年会費 無料
還元率 0.25%
国際ブランド MasterCard
支払日 35日ごとの支払・毎月支払(口座振替・口座振替以外)
発行スピード 最短即日
入会資格 20歳以上69歳以下の安定した収入(アルバイト)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
\最短1時間で即日発行/

2三井住友カードRevoStyle(リボスタイル)

三井住友カード リボスタイル

次にご紹介するカードは、三井住友カードリボスタイルです。こちらのカードは、リボ払い専用のクレジットカードでありながら三井住友カードの特典も使える優秀な1枚になっています。

リボ支払い手数料がとてもリーズナブル!
※詳細は三井住友カード公式サイトにてご確認下さい。

2年目以降も年会費が無料なだけではなく、新規入会の特典として利用額の15%がプレゼントされるキャンペーンも実施中のお得なカードになっているので是非チェックしてみてください。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。

※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

年会費 永年無料
還元率(通常) 0.5〜3.0%
還元率(ポイントアップ)
  • セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドでのご利用でポイント5倍
  • ポイントUPモールを経由のネットショッピングで2〜20倍
付与ポイント Vポイント
交換可能マイル JALマイル
交換可能ポイント dポイント、nanacoポイント、Pontaポイント、WAONポイントなど
特典・サービス
  • 安心の24時間サポートサービス
ショッピング保険 年間100万円までのお買物安心保険
旅行保険 なし
スマホ決済 WAON、iD、Apple Pay、Google Pay
ETCカード 550円(初年度無料、年1回利用で次年度無料)
家族カード 永年無料
国際ブランド VISA
支払い日
  • 15日締め翌月10月払い
  • 月末締め翌月26日払い
    ※選択可
発行スピード 最短翌営業日(オンライン入会)
入会資格 高校生を除く18歳以上の方

3イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、よくイオンで買い物する人に特におすすめのカードです。

  • 買い物が割引になる
  • イオンの買い物でポイントが貯まる
  • WAONが使える

など、イオンユーザーにとって大きなメリットがあります。

カードの審査基準がスムーズなことでも知られており、

他のカードの審査には難航したけどイオンカードは作れた!!

という方も多くいます。

年会費  無料
還元率  0.5%
国際ブランド Mastercard / Visa / JCB
審査期間  1〜2週間程度

4ライフカード(デポジット型)

ライフカード

ライフカード(デポジット型)は、事前に保証金を預けることで利用できるクレジットカードです。

通常のクレジットカードとの違いは、保証金の有無だけです。店頭でのショッピングはもちろん、ECショッピング、公共料金の支払い等、他のクレジットカードと変わらず利用できます。

そして本カードは、非常にスピーディーな審査を期待できます。

そのため

  • 過去に延滞がある方
  • 初めてクレジットカードを作る方
  • 審査に不安がある方

におすすめのクレジットカードです。

また、ライフカード(デポジット型)には、特典・サービスなどが充実しているという魅力もあります弁護士無料相談海外・国内旅行傷害保険が付帯できます。

年会費 5,500円(税込)
還元率(通常) 0.5%
還元率(ポイントアップ)
  • 誕生月はポイント3倍
  • 年間利用額に応じてポイントアップ
付与ポイント LIFEサンクスポイント
交換可能マイル ANAマイル
交換可能ポイント 楽天ポイント、dポイント、WALLETポイント、ANA SKY コイン、ベルメゾンポイント、Gポイント
特典・サービス
  • 弁護士無料相談サービス
  • カード会員保証制度
  • LIFE DESK(日本語サービス)
  • 会員限定の各種優待割引サービス
ショッピング保険
旅行保険 海外旅行傷害保険:2,000万円
国内旅行傷害保険:1,000万円
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
ETCカード 無料(保証金10万円以上の場合のみ発行可能)
家族カード 無料
国際ブランド MasterCard
支払い日 5日締め・当月27日払い
発行スピード 最短3営業日
入会資格 20歳以上

クレジットカードの審査の流れ

クレジットカードの審査の流れ

それでは、クレジットカードの審査に通るか不安な人に向けて、クレジットカード審査の流れを確認しておきましょう。カード会社によって違いはありますが、一般的には次のようになっています。

クレジットカードの審査の流れ
  1. 申込内容の審査
  2. 本人確認
  3. 取引履歴の確認
  4. 信用情報を確認
  5. スコアリング
  6. カード発行の可否を判断

前提として、クレジットカードに申し込むときは、正確な情報を入力してください。入力ミスはもちろん、虚偽情報の申請は、それだけで審査に落ちる原因となります。

特に収入や借入金額などは、選択式になっていることもありますが、できるだけ現状に即したものを入力しましょう。

申込内容を元に、審査され信用力をスコアリングされます。スコアリングでは、「年齢」や「勤続年数」「クレジットカード利用歴」などが数値化され、発行可否や利用限度額が精査されます。

 スコアリングの基準は会社によって異なるため、「ある会社では通過したのに違う会社では落ちた」ということが発生することにご留意ください。

審査期間は「最短翌営業日」や「1〜2週間かかる」など会社によって異なります。
もしすぐにでも発行したいなら、「最短翌営業日」のクレジットカードを選ぶのが無難です。
\最短1時間で即日発行/

クレジットカードに関するQ&A

クレジットカードに関するよくある質問

おすすめのクレジットカードは?
おすすめのクレジットカードは、本記事で第1位の「ACマスターカード」です。審査が最短30分で完了するため、最短でその日のうちに発行できます。大きな特徴は、月々の利用額の0.25%を現金でキャッシュバックしてくれること。他にもおすすめポイントはさまざま!ACマスターカードの詳しい情報は記事内で確認できます。
審査の甘いクレジットカードはある?
審査の甘いクレジットカードはありません。クレジットカードやローンなどの審査において、甘い・緩いということはありません。カードのステータスや発行元によって審査難易度に差はありますが、どれも審査が甘いわけではないので注意が必要です。
審査なしでクレジットカードは作れる?
審査なしでクレジットカードを作ることはできません。クレジットカードやローン商品(カードローン、住宅ローンなど)では、利用する前に必ず審査が設けられています。
クレジットカードの審査に落ちた。原因を知りたい。
クレジットカードの審査基準は公表されていないため、ハッキリとした原因は分かりません。審査に落ちてしまった方は、下記のどれかに原因がある可能性があります。
・収入の安定性
・多重申し込みしている
・信用情報に傷がついている…など
記事内では、より詳しく説明しているため、ぜひ確認してみてください。
クレジットカードの審査で会社に電話は来る?
基本、「勤務先に電話は来る」と思って良いでしょう。ただ、クレジットカードの種類や会社、申込内容によって電話連絡の有無は異なります。既に一度クレジットカードを作成していて、以前の申込内容に変更がないなら、電話連絡が行われない場合もあります。

まとめ

ここまで、クレジットカードの審査についてまとめてきました。

クレジットカードの審査で特に重視されるのは

  1. 過去の延滞・滞納履歴
  2. 現在の借入状況
  3. 安定した収入

3つです。審査基準や審査のポイントを把握する事で、クレジットカードの審査通過率はアップすることが期待できます。

また、この記事ではスピーディーな審査を期待できるクレジットカードも紹介してきました。

スムーズな審査を期待できるカードですので、一度審査落ちした方や審査に自信がない方は、ぜひ申し込んでみてください。

\最短1時間で即日発行/

関連記事

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事