還元率が高いクレジットカード比較ランキング!選び方のコツとは
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

クレジットカードを選ぶ際、多くの人が重視するポイントのひとつが「還元率」です。

その理由は、還元率が高いクレジットカードで支払いをするとポイントが貯まり、よりお得にお買い物ができるから。では、どのクレジットカードが、ポイント還元率が高くておすすめなのでしょうか?

今回は、ポイント還元率が高い!と言われている、計7枚のクレジットカードの還元率を比較したランキングをご紹介します。

還元率以外の比較基準
  • 年会費
  • ポイント還元率(通常時)
  • ポイントアッププログラム
  • ポイント利用例
  • 国際ブランド
  • ETCカード
  • 保険・補償
  • 特典キャンペーン
  • 審査可能年齢

上記の基準を基に、各クレジットカードの平均還元率や、還元率でカードを選ぶ際の注意点をわかりやすく解説していきます。

\人気のクレジットカード/

還元率が高いクレジットカードを探している方、必見の内容です!

還元率の高いおすすめクレジットカード人気比較

還元率が高いおすすめクレジットカードベスト3

複数のクレジットカードの還元率を比較した結果、還元率の高いクレジットカードの中でもおすすめなのは、次の3枚です。

還元率の高いクレジットカード3選

クレジットカード決済でポイントを多く貯めたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

JCB CARD W
三井住友カード
ナンバーレス
三井住友カード
リクルートカード
楽天カード
アメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
オリコカード THE POINT
jcb card w
三井住友カードナンバーレス
三井住友カード
リクルートカード
アメリカンエキスプレスゴールドカード
オリコカード THE POINT
年会費
永年無料
永年無料
インターネット入会で
初年度無料
2年目以降
1,375円税込
永年無料
永年無料
31,900円税込
永年無料
還元率
1.0~10.0%
0.5〜5.0%
0.5〜2.5%
1.2-4.2%
1.0%〜
1%
1%〜
発行
最短
3営業日
最短
5分で発行
最短
翌営業日
最短
3営業日
申し込み後
1週間から10日程度
申し込み後
通常2週間程度
審査完了後
最短8営業日
国際ブランド
JCB
VISA
MasterCard
VISA
MasterCard
VISA
MasterCard
JCB
VISA
MasterCard
JCB
American Express
American Express
MasterCard
JCB
特典
キャンペーン
Amazon.co.jpで
最大12,000円
キャッシュバック
最大
8,000円相当
プレゼント
最大
8,000円相当
プレゼント
最大
6,000円相当
ポイント
プレゼント
最大
5,000ポイント
プレゼント
最大
50,000ポイント
プレゼント
最大
8,000円相当
ポイント
プレゼント
申込対象
18-39歳
満18歳以上
(高校生は除く)
18歳以上
高校生不可
18歳以上
18歳以上
原則高校生不可
-
18歳以上
高校生不可

1JCB CARD W

jcb card w

限定キャンペーン情報
2022年1月31日まで
Amazonでの利用で
最大12,000円
キャッシュバック
  • 年会費
    永年無料
  • ポイント還元率
    1.0~10.0%
  • 申込み
JCB CARD Wのおすすめポイント
  • いつでもポイント2倍
  • セブン-イレブン、スタバ、Amazonなどでの利用でポイント最大11倍
  • Amazonでは1ポイント=3.5円分に!貯めたポイントの使い道さまざま
  • 年会費永年無料
  • 保険・セキュリティが充実|海外旅行傷害保険が最高2,000万円(利用付帯)

JCB CARD Wは、クレジットカード会社”JCB”が発行する39才以下向けのウェブ限定カードです。特徴はポイントが貯まりやすいこと。

 JCB CARD Wは通常のJCBカードと比べていつでもポイントが2倍貯まり、さらに優待店の利用でポイントは最大21倍に。

国内・海外どこで使ってもつねにポイント2倍!パートナー店を利用するとさらにポイントがアップ!

引用元:高いポイント還元率、年会費無料のJCB カード W!|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

海外旅行保険やショッピングカード保険が付いているなど、セキュリティ対策もしっかりしています。

\年会費永久無料/

カードは39歳までに申し込めば、40歳以降も年会費無料のまま継続できます現在、期間限定のキャンペーンを実施しています。

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用で最大12,000円キャッシュバック!
    期間:2021年12月8日(水)~2022年1月31日(月)
  • さらに、抽選で5万円分のJCBギフトカードを1,000名にプレゼント
  • マックのモバイルオーダー限定でOkiDokiポイント20倍
    期間:2021年12月8日(水)~2022年1月31日(月)、マックのポイント20倍は利用上限が10,000円(税込)
  • 家族カード入会でJCBギフトカード最大4,000円分プレゼント
    期間:2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)
  • 友達に紹介で最大5,000円相当のポイントプレゼント
    期間:2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)
  • キャッシング枠30万円以上の申し込みで200円現金プレゼント+利用で3,000円キャッシュバック
    期間:2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)
  • 新デザインでタッチ決済!20%キャッシュバックキャンペーン
    期間:2021年12月8日(水)~2022年3月31日(木)

とにかくポイントを貯めたいという方におすすめの1枚です。
国際
ブランド
電子マネー 発行スピード
国際ブランド 電子マネー 最短3営業日
ポイント利用例 申し込み対象者
JALやANAマイル、楽天・dポイントなどに交換/カード利用額の支払い など 18歳以上39歳以下
ETCカード・家族カード
無料で追加可能
付帯保険
海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)、ショッピングカード保険(海外):最高100万円
\年会費永久無料/

2三井住友カード ナンバーレス

三菱カードナンバーレス

限定キャンペーン情報
2022年4月30日まで
最大8,000円
相当プレゼント
  • 年会費
    永年無料
  • ポイント還元率
    0.5~5.0%
  • 申込み
三井住友カード ナンバーレスのおすすめポイント
  • コンビニ3社とマクドナルドでポイント還元最大5%※1
  • 新サービス「家族ポイント」の利用で最大10%ポイント還元
  • 自分が選んだ3つの対象店舗でいつでもポイント2倍
  • 年会費は永年無料
  • 最短5分で発行!カードの到着前から今すぐ使える

 

三井住友カード ナンバーレス(NL)は、年会費が永年無料のクレジットカードです。

セキュリティコードやカード番号が券面に記載されていない、シンプルなデザインが特徴。セキュリティコードやカード番号は、専用アプリにて確認できます。

三井住友カード(NL)は、カード番号などが印字されていないナンバーレスとなっています。カード番号・有効期限などのカード情報は、スマートフォンでVpassアプリをダウンロードしていただければ、簡単・安全にご確認いただけます。

引用元:三井住友カード ナンバーレス(NL)|三井住友VISAカード

また、申し込みから審査が最短5分で完了※2し、カードの到着を待たずにカードレスでスピーディーに使える点も魅力です。

三井住友銀行アプリを使えば、申込完了後すぐにアプリ内でカード番号を確認でき、そのままネット通販等でのお買い物にご利用いただけます。

※即時発行対応時間内に限ります。

引用元:クレジットカード、デビットカード即時発行: 三井住友銀行

  • 年会費永年無料
  • 新規入会&ご利用で最大8,000円分プレゼント
  • ナンバーレスでセキュリティ対策
  • 家族会員の年会費も無料
  • マクドナルドやセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートでのタッチ決済ご利用でポイント還元最大5%※1
  • アプリで簡単カード利用制限可能
  • かざすだけでのタッチ決済搭載

自分が選んだ3つの対象店舗でいつでもポイントが2倍になるのもうれしいですね。

VISAのタッチ決済Mastercard®コンタクトレスも利用できるので、一枚で複数のお支払い方法が選べます。もちろん、お会計では他社ポイントやギフトカードに移行できる『Vポイント』も貯まります。

国際ブランド 電子マネー 発行スピード
電子マネー 最短5分
ポイント利用例 申し込み対象者
電子マネーでの利用/他社ポイントへの移行/ANAマイルへの交換  満18歳以上
(高校生は除く)
ETCカード・家族カード
家族カードは無料で追加発行可能。ETCカードは発行手数料無料で、年間で1度でも利用すれば年会費もかかりません。利用がなかった場合は、年会費550円(税込)がかかります。
付帯保険
海外旅行傷害保険:最大2,000万円(利用付帯)

三井住友カード ナンバーレス公式サイト

※1:一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

※2:即発申込に関しては19:31~8:59は時間外のため、申込不可

3三井住友カード

三井住友カード

限定キャンペーン情報
2022年4月30日まで
最大8,000円
相当プレゼント
  • 年会費
    オンライン入会で初年度無料
  • ポイント還元率
    0.5~5.0%
  • 申込み
三井住友カードのおすすめポイント
  • マクドナルドとコンビニ3社でポイント常に最大5倍
  • オンライン申し込みで初年度年会費無料
  • 最短翌営業日にカード発行が可能
  • 貯めたポイントを多くの電子マネーや他社のポイントに交換できる

 

三井住友カードは、18歳以上(高校生を除く)であれば発行可能なクレジットカードです。

三井住友カードの特徴は、ポイントを電子マネーや他社のポイントに交換するなど多くのお店でポイントを活用することが可能です。

カードのご利用金額に応じて、景品やマイルやギフトカード、他社ポイントに移行できるポイントをプレゼント!

引用元:三井住友カード|三井住友VISAカード

さらに、「ポイントUPモール」を経由して買い物をするとポイントが最大+9.5%還元されます。

またインターネット経由でのお申し込みで、初年度年会費無料+最短翌営業日にカード発行が可能です。

なお、当サイト独自のアンケート調査では、クレジットカードを「Web申し込みで作った」人は54.8%でした。この結果から、申し込みが素早くスムーズにできるWeb申し込みの支持の多さが伺えます。

クレジットカードを作った申し込み方法

アンケート回答の内訳
クレカの作成方法 割合
Web申し込みで入会 54.8%
店頭申し込みで入会 28.8%
郵送申し込みで入会 16.4%

独自のアンケート調査の詳細はこちら

さらに三井住友カードには、以下のような特徴があります。

  • 電子マネーへの交換が可能
  • 今なら新規入会&利用で最大8,000円相当プレゼント
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 対象店舗でポイントが5倍
\オンライン入会なら初年度年会費無料/

200円(税込)につき1ポイント還元されます。さらに今なら、新規入会+利用で最大8,000円相当プレゼント中です。
次のお店でカードを利用するといつでもポイント5倍で還元されるので、よくご利用する場合とてもお得です。
ポイント5倍の対象店舗
  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

2年目以降年会費がかかる(条件により無料)などデメリットもありますが、それ以上にメリットの多いといえるクレジットカードです。

国際ブランド 電子マネー 発行スピード
国際ブランド 電子マネー 最短翌営業日
ポイント利用例 申し込み対象者
電子マネーでの利用/他社ポイントへの移行/ANAマイルへの交換  満18歳以上
ETCカード・家族カード
家族カードは、1人目の年会費が初年度無料。通常は、年会費が440円(税込)かかります。
付帯保険
海外旅行傷害保険:最大2,000万円(利用付帯)
\オンライン入会なら初年度年会費無料/

三井住友カード公式サイト

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

4リクルートカード

リクルートカード

限定キャンペーン情報
終了時期未定
最大6,000円分
ポイントプレゼント
  • 年会費
    永年無料
  • ポイント還元率
    1.2~4.2%
  • 申込み
リクルートカードのおすすめポイント
  • 通常利用で還元率1.2%
  • リクルートが運営する指定サービス利用で還元率最大4.2%
  • 貯まったポイントをPontaポイントに交換可能
  • 年会費は永年無料でお得

 

リクルートカードは、大手IT企業「リクルート」の名前を冠するクレジットカードです。

リクルートカードの通常時の還元率は1.2%。年会費無料クレジットカードとして、かなりの高還元率となっています。

さらにリクルートのポイント参画サービスである、

などでポイントを使用可能で、対象サービスでクレジットカードを利用すると、最大4.2%ポイントが還元されます。

リクルートカードは、ポイントの使い道も豊富です。

リクルートカードでためたリクルートポイントはそのままつかうだけでなく、Pontaポイントやdポイントに交換することも可能です。1ポイントから交換可能なので用途が広がるだけでなく、さらにおトクにつかうためのテクニックもあります。

引用元:知らなきゃ損するリクルートカード活用術 – リクルートカード(Recruit Card)

国際ブランド 電子マネー 発行スピード
国際ブランド 電子マネー 1週間~10日
ポイント利用例 申し込み対象者
Pontaポイントやdポイント・JALマイルへの交換  18歳以上
ETCカード・家族カード

家族カードは、国際ブランドに関係なく無料で追加可能。

ETCカードは、JCBであれば無料で追加可能です。Visa、MasterCardの場合は発行手数料1,100円(税込)がかかりますが、年会費は無料です。

付帯保険
海外旅行傷害保険:最大2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険:最大1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険:年間200万円

5楽天カード

楽天カード

限定キャンペーン情報
常時開催
最大5,000ポイント
プレゼント
  • 年会費
    永年無料
  • ポイント還元率
    1.0%
  • 申込み
楽天カードのおすすめポイント
  • 楽天市場でいつでもポイント3.5倍
  • 顧客満足度12年連続1位を獲得
  • 年会費は永年無料でお得
  • 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント

 

楽天カードは、テレビCM楽天カードマンでお馴染みのクレジットカードです。顧客満足度12年連続1位を獲得しており、年会費は永年無料・ポイント還元率は1.0%〜3.0%となっています。

楽天カードはポイントが貯まりやすいことでも有名です。

世の中にはたくさんのポイントがありますが、楽天ポイントはお客様が選ぶ「昨年もっとも貯まったポイント」「ポイント総合満足度」「もらってうれしいポイント」ランキングのすべてにおいてNo.1でした。

引用元:【楽天】楽天ポイント お楽しみ図鑑|貯まる、使える!

当サイト独自のアンケート調査では「ポイントが貯まりやすそうなカード」として楽天カードを挙げた人は52.7%と、半数以上の回答を集める結果となりました。

ポイントが貯まりやすそうなカード

アンケート回答の内訳
ポイントが貯まりやすそうなクレジットカード 割合
楽天カード 52.7%
dカード 12.7%
イオンカード 6.8%
JCB CARD W 2.4%
リクルートカード 2.1%
三井住友カード 1.4%
エポスカード 1.4%
三井住友カード ナンバーレス 1.0%
三菱UFJカード VIASOカード 1.0%
ライフカード 0.7%

独自アンケート調査の詳細はこちら

\年会費永年無料/

ポイントが貯まりやすいことはもちろん、バラエティ豊かなデザインも楽天カードの魅力です。

楽天カードのデザイン
  • お買物パンダ デザイン
  • FCバルセロナデザイン
  • ミッキーマウスデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン

好きなデザインのカードへ申し込めるため、カード選びの楽しみが広がります。
国際ブランド 電子マネー 発行スピード
国際ブランド 電子マネー 1週間~10日
ポイント利用例 申し込み対象者
ファミリーマート、マクドナルド、ミスタードーナツ、楽天市場など多数店舗で利用可能 18歳以上
ETCカード・家族カード

家族カードは無料で追加可能。

ETCカードは、楽天PointClubの会員ランクがプレミアム会員またはプラチナ会員であれば、無料で追加可能です。それ以外の会員ランクの場合は、年会費550円(税込)がかかります。

付帯保険
海外旅行傷害保険:最大2,000万円(利用付帯)

6アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

限定キャンペーン情報
終了時期未定
最大40,000ポイント
プレゼント
  • 年会費
    31,900円(税込)
  • ポイント還元率
    1.0%
  • 申込み
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのおすすめポイント
  • 通常利用1.0%の還元率
  • プライオリティ・パスや空港ラウンジ無料サービス、レストランやホテルの優待
  • 家族カードの年会費が1枚無料
  • 最高1億円の海外旅行保険が付帯

 

アメックスゴールドは1.0%の還元率に加え、ゴールドカードとしての多彩なサービスが魅力の1枚です。

 プライオリティ・パスや空港ラウンジ無料サービスはもちろんのこと、レストランやホテルの優待が受けられます。

さらに、最高1億円の海外旅行保険が付帯航空便遅延費用補償も付いており、出張や海外旅行でも安心して利用できます。

また、アメックスゴールドなら家族カードの年会費が1枚無料。出張が多いビジネスパーソンから、旅行好きの家族まで重宝するゴールドカードです。

家族カードでもポイントが貯まるので、たっぷりポイントを貯めることができます。

家族カードでもポイント/マイルは基本カードと同様に貯まります。家族カード利用分のポイント/マイルは基本カード会員様にまとめて加算されるので、まとまったポイント/マイルが貯まりやすく、より多くのポイント/マイルを要する商品などへの交換がしやすくなります。

引用元:家族カードのご案内 – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

国際ブランド 電子マネー 発行スピード
国際ブランド 電子マネー 1週間~10日ほど
ポイント利用例 申し込み対象者
ANAマイルやTポイントへの交換/カード料金の支払い など  20歳以上(安定、継続した収入のある方)
ETCカード・家族カード
家族カードは1枚目のみ無料ですが、2枚目以降は年会費13,200円(税込)がかかります。
付帯保険
海外旅行傷害保険:最大1億円
国内旅行傷害保険:最大5,000万円
ショッピング保険:海外500万円、国内500万円(最高)

7Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

限定キャンペーン情報
2022年3月31日まで
最大7,000ポイント
プレゼント
  • 年会費
    永年無料
  • ポイント還元率
    1.0~2.0%
  • 申込み
    当サイトで
    取扱なし
Orico Card THE POINTのおすすめポイント
  • 入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ
  • 新規入会&利用で最大8,000オリコポイントプレゼント
  • 年会費永年無料でお得
  • 貯まったポイントはAmazonギフト券、楽ポイント、Tポイントなどに交換可能

 

Orico Card THE POINTは、株式会社オリエントコーポレーションが発行する、年会費永年無料のクレジットカードです。

 還元率は常に1.0%以上ですが、入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ。100円で2オリコポイントがたまります。

機能面では、iDQUICPayの2種類の電子マネーを搭載。少額の買い物でもポイントを貯めやすいことが魅力です。

貯まったポイントは、500オリコポイントから即座に利用可能。使い勝手もかなり良好です。
国際ブランド 電子マネー 発行スピード
国際ブランド 電子マネー 最短8営業日
ポイント利用例 申し込み対象者
Amazonギフト券や商品券への交換/Tポイントなどへの移行 18歳以上
ETCカード・家族カード
無料で追加可能です。ただし、家族カードの発行は3枚までとなっています。
付帯保険
盗難・紛失補償

おすすめクレジットカード還元率ランキング

ここまで、7種類のクレジットカードを紹介してきました。ここからは、最高ポイント還元率が高い順にランキング形式で紹介します。

クレジットカード名 ポイント
還元率
 申し込み
1位 jcb card w 1.0~10.0%
2位 三菱カードナンバーレス 0.5~5.0%
3位 三井住友カード 0.5~2.5%

※キャンペーン等によっては、本記事の記載よりも高いポイント還元率にてポイントが付与される場合があります。

キャンペーンや優待店舗などを上手に利用してお得にカードを使いましょう!

クレジットカードの還元率とは?わかりやすく解説

クレジットカードの還元率とは、基本的にクレジットカードで使った金額に対してポイントが戻ってくる割合のことです。

ほとんどのクレジットカードでは、カードごとに貯まる独自のポイントがあります。

 例えば、100円ごとに1円相当にあたる1ポイントが貯まるクレジットカードの場合、1,000円の買い物で10ポイントが貯まり、このカードの還元率は1%といえます。

還元率が高いクレジットカードほど、より多くのポイントを貯めることが可能なのが通常です。

\年会費永久無料/

なお、当サイト独自のアンケートにて「メインカードで毎月貯めているポイント数」を調査したところ、結果として月に400ポイント以上貯めている人が32.2%と最も多い回答でした。

最もよく使うクレジットカードで貯めている月のポイント数
アンケート回答の内訳
月間ポイント数 割合
100未満 16.1%
100以上200未満 12.0%
200以上300未満 7.2%
300以上400未満 2.7%
400以上 32.2%
わからない 27.7%
貯めていない 2.1%

独自アンケート調査の詳細はこちら

 

迷った方におすすめクレカ
JCB CARD W_リニューアル後
当サイトで人気のJCBオリジナルシリーズで年会費が無料にも関わらず常にポイントが2倍!!など還元率が高いクレジットカードと言えます。

還元率 年会費 特典
1.0〜10.0% 無料 最大12,000円
\年会費永久無料/
JCB CARD Wはコチラ

例:100万円分クレジットカードで買い物した場合

たとえば、100万円分の商品をクレジットカード払いで購入した場合、カードの還元率によってもらえるポイントは基本的に次のとおりです。

還元率 もらえるポイント
0.5% 5,000ポイント
1% 10,000ポイント
1.5% 15,000ポイント

還元率が0.5%と1.5%のクレジットカードを比較すると、もらえるポイントは1万ポイントも差が出ますね。

貯まったポイントは、

  • マイルと交換する
  • 商品と交換する
  • 他のポイントと交換する
  • 現金として利用する
  • 支払いから引く

など様々な使い方が可能ですが、貯まったポイントの使い道はクレジットカードにより異なります。

ポイントの還元率だけでなく、使い方にも目を通しましょう。

\年会費永久無料/

クレジットカードの平均還元率

平均還元率

クレジットカードの平均還元率は、0.5%程度です。多くのクレジットカードでは、200円あたり1ポイントが貯まります。

平均をもとに考えると、高還元率クレジットカードの基準は還元率1%以上といえます。

 100円あたり1ポイント貯まるクレジットカードであれば、平均還元率の2倍ペースでポイントが貯まります。

おすすめクレジットカードの還元率を比較

ここで、代表的なクレジットカードの通常時のポイント還元率を表にして比較しました。ぜひクレジットカード選びの参考にしてみて下さい。

クレジットカード名 ポイント還元率
三井住友カード 0.5%※1
エポスカード 0.5%※2
JCBカード 0.5%※3
ライフカード 0.5%※4
セブンカード・プラス 0.5%※5
dカード 1.0%※6
Amazonカード 1.0%※7
Orico Card THE POINT 1.0%
PayPayカード 1.0%※8
楽天カード 1.0%
リクルートカード 1.2%
各クレジットカードのポイント還元率について
※1 出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/numberless/index.html、200円=1ポイントとして還元率を算出しております。
※2 出典:https://www.eposcard.co.jp/epospoint/earn/index.html?int_id=otop_pt、200円=1ポイントとして還元率を算出しております。
※3 出典:https://www.jcb.co.jp/point/use/transfer/nanaco.html、1ポイント=5円相当として、何円分のポイントが還元されるかを元に還元率を算出しております。
※4 出典:https://www.lifecard.co.jp/card/service/point/goods/exp_au.html、1ポイント=5円相当として、何円分のポイントが還元されるかを元に還元率を算出しております。
※5 出典:https://www.7card.co.jp/point/save.html、200円=1ポイントとして還元率を算出しております。
※6 出典:https://d-card.jp/st/services/points/shopping.html、1ポイント=1円相当として還元率を算出しています。
※7 出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/amazon/index.jsp、1ポイント=1円相当として還元率を算出しています。
※8 出典:https://card.yahoo.co.jp/campaign/?utm_source=card.yahoo.co.jp&utm_medium=yahoo&utm_campaign=125102、1ポイント=1円相当として還元率を算出しています。

クレジットカードによっては、キャンペーン利用や特定の店舗利用でポイント還元率が上がることがあります。

たとえば、通常時の還元率1.0%・優待店舗利用時の還元率2.0%などです。

ポイント還元率がアップする条件まで確認しておくと、よりお得にクレジットカードを選べます。

\年会費永久無料/

還元率でクレジットカードを選ぶ5つの注意点

還元率でクレジットカードを選ぶ5つの注意点

ここからは、還元率でクレジットカードを選ぶ際、気をつけるべき5つの主な注意点について解説します。クレジットカード選びに失敗しないためにも、ぜひ目を通してみてください。

1還元率は変化する

還元率でクレジットカードを選ぶ1つ目の注意点は、還元率が変化することです。カード会社が定めたクレジットカードの還元率は、固定のものではありません

 クレジットカードの還元率は、カード会社の取り決めによって変更となるケースがあります。

たとえば、入会時の還元率1.0%のクレジットカードが、来年度から0.5%になるなどです。

還元率が不変のものではないということを頭の片隅に入れておきましょう。

\年会費永久無料/

2ポイントの用途はクレジットカードで違う

2つ目の注意点は、ポイントの用途はクレジットカードによって違う点です。

ポイントの用途はクレジットカードで違う

貯まったポイントの使い道は、次のようにクレジットカード会社によって大きく異なります

  • ギフト券と交換
  • 現金として利用可能
  • マイルと交換

自分に合った使い道がなければ、せっかく貯めたポイントを活かしきれないため、貯まったポイントが何に使えるのか事前に確認しておきましょう。

ポイントの用途を確認しないまま申し込むことは、高還元率クレジットカードを選ぶ際、多くの人が陥りがちな失敗です。十分注意してください。

\年会費永久無料/

3年会費を確認する

還元率でクレジットカードを選ぶ3つ目の注意点は、年会費を確認することです。

年会費とは?
クレジットカードを利用するために年間で必要なお金のこと。

クレジットカードによっては、年会費が必要です。一般的に年会費が必要なクレジットカードほど、還元率は高くなります。

 しかし、ポイント還元率が高くても年会費が必要な場合、トータルでマイナスになるケースも十分ありえます。

例えば、年会費1,250円・年間で貯めたポイントが1,000ポイントの場合などです。

年会費は毎年支払う必要があるため、年数を重ねるほど大きな負担となります。お得にカードを使いたいのであれば、年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

\年会費永久無料/

4ポイントの有効期限に気をつける

4つ目の注意点は、ポイントの有効期限に気をつけることです。クレジットカードのポイントには、基本的に有効期限があります

ポイントの有効期限に気を付ける

 有効期限が切れると、ポイントは無効。どれだけポイントを貯めていても帳消しになってしまいます。

クレジットカードの中には、ポイントの有効期限が極端に短いカードもあるので要注意です。

ポイントの有効期限が短いほど、まとまったポイントを貯めるのが難しいうえ、ポイントを無駄にするリスクも高まります。

還元率重視でクレジットカードを選ぶのであれば、ぜひポイントの有効期限を確認しておきましょう。
迷った方におすすめクレカ
JCB CARD W_リニューアル後
当サイトで人気のJCBオリジナルシリーズで年会費が無料にも関わらず常にポイントが2倍!!など還元率が高いクレジットカードと言えます。

還元率 年会費 特典
1.0〜10.0% 無料 最大12,000円
\年会費永久無料/
JCB CARD Wはコチラ

5ポイント優待店をチェックする

還元率でクレジットカードを選ぶ際の最後の注意点は、ポイント優待店をチェックすることです。

 クレジットカードによって、ポイント還元率がアップする店舗「優待店」は異なります。

おすすめは、自分がよく利用する店舗が「優待店」になっているクレジットカードを選ぶことです。

たとえば、セブン-イレブンをよく利用する場合。セブン-イレブンでポイント還元率が2倍になれば、日常生活でお得にポイントが貯まります。

通常時のポイント還元率をチェックするのはもちろんですが

  • どこの店舗で
  • どんなときに

ポイント還元率がアップするのかも調べておくと安心です。

\年会費永久無料/

還元率が高いクレジットカードのメリット・デメリット

還元率が高いクレジットカードのメリット・デメリット

ポイント還元のあるクレジットカードのなかで、還元率が高いとされるのは一般的に1.0%以上のものと考えられます。一方で還元率0.5%より低いのは、還元率の低いクレジットカードといえます。

一見すると還元率が高いクレジットカードの方がいいように感じますが、実はそうともいい切れません。

そこでここでは、還元率の高いクレジットカードの主なメリット・デメリットを確認していきましょう。

1還元率が高いクレジットカードのメリット

還元率が高いクレジットカードの主なメリットは、基本的にポイントが貯まりやすいことです。

 たとえば還元率1.0%と0.5%のクレジットカードを比較してみた場合、還元率1.0%では1万円のショッピングで100ポイントが貯まりますが、0.5%では50ポイントしか貯まりません。

クレジットカードは継続的に利用するものなので、この差は将来的に大きくなります。
繰り返しになりますが、ポイントはクレジットカードによっては次のように活用できるため、還元率の高いクレジットカードの方が生活する上でかなりお得です。
クレジットカードのポイントの活用方法
  • ギフト券と交換
  • 現金として利用
  • マイルと交換
  • 支払い割引
\年会費永久無料/

2還元率が高いクレジットカードのデメリット

クレジットカードの還元率は高ければいいわけではなく、中には自動的にリボルビング払い(リボ払い)になるカードがあることに注意してください。

リボ払いとは?
リボ払いとは高い利息が付き、利用した金額が毎月定額で分割請求される、クレジットカードの返済方法のひとつです。

利用額に対して、10%を超える利息が請求されることもあります。

高い還元率だけに注目するのではなく、カードのサービス内容も必ず確認するのがおすすめです。

\年会費永久無料/

還元率が高いおすすめVISAクレジットカード3選

ここまで、還元率が高いクレジットカードのメリット・デメリットや、カードを選ぶときの注意点について説明しました。

還元率が高いだけでなくサービス内容もきちんと確認し、自分に合ったカードを選ぶことが大切です。

ここでは国際ブランドであるVISAカードのうち、とくにポイント還元率が高く、お得に利用できる3つのクレジットカードを紹介します。

当サイト独自のアンケート調査でも、メインカードの国際ブランドがVISAの人は51.7%と、過半数が選んでいることが結果から判明しました。

メインカードの国際ブランド

アンケート回答の内訳
メインカードの
国際ブランド
割合
VISA 51.7%
JCB 28.8%
Mastercard 16.1%
アメリカン・エキスプレス 2.1%
その他 1.4%

独自のアンケート調査の詳細はこちら

 VISAは加盟店が多く、国内だけでなく海外でも使用できる国際ブランド。世界シェアや知名度が高く使いやすいため、国際ブランドのなかでもおすすめです。

1三井住友カード

三井住友カード

限定キャンペーン情報
2022年4月30日まで
最大8,000円
相当プレゼント
  • 年会費
    オンライン入会で初年度無料
  • ポイント還元率
    0.5~2.5%
  • 申込み
三井住友カードのおすすめポイント
  • 大手コンビニ3社・マクドナルドで2%のポイント還元
  • タッチ決済利用でポイント+2.5%
  • 当月の利用金額5万円以上でボーナスポイント付与

高還元率VISAカードを探しているなら、三井住友カードがおすすめです。三井住友カードでは、VISA・Mastercardから好きな国際ブランドが選べます。

また、下記のようにお得にポイントがもらえるプログラムを多数実施しています。

  • セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドで+2%ポイント還元
  • 対象店舗から最大3店舗選んで+0.5%ポイント還元
  • 1か月の利用金額5万円以上でボーナスポイントプレゼント

とくに注目すべきは、大手コンビニ3社とマクドナルドにおいて、電子マネーやタッチ決済を利用すると最大5%のポイントが還元されることです。

普段からコンビニやマクドナルドをよく利用する人なら、無理せずポイントが貯められるでしょう。

家族会員を登録すると、大手コンビニ3社・マクドナルドでのポイント還元率が最大5%になる家族ポイントもあります。

「家族ポイント」サービスに登録し、対象のコンビニエンスストアやマクドナルドの店舗でのお支払いでカードをご利用いただくと、通常のポイントに加えて、ご利用金額200円(税込)につき”家族の人数”%ポイントが還元されます。

引用元:三井住友カード|三井住友VISAカード

\オンライン入会なら初年度年会費無料/

さらに三井住友カードは、毎月の利用金額に応じたボーナスポイントを受け取れることも魅力の1つです。ポイント優遇の内容は、以下の表のとおりです。

毎月の利用金額合計 付与ポイント
5万円以上 50ポイント
10万円以上 100ポイント
以降5万円ごと 100ポイント

三井住友カードでは年会費1,375円(税込)かかりますが、インターネットからの申し込みで初年度の年会費が無料になります。

 紙の明細書ではなくWEB明細を選択すれば、翌年度の年会費から550円割引されます。

また、カードの利用金額に応じた年会費割引があるため、使い方によっては年会費を格安で利用できるでしょう。年会費の割引額は、以下の表のとおりです。

利用金額 年会費の割引率
100万円以上300万円未満 半額
300万円以上 無料
\オンライン入会なら初年度年会費無料/

三井住友カード公式サイト

※前年2~当年1月の支払い累計金額

2三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

限定キャンペーン情報
2022年4月30日まで
最大8,000円
相当プレゼント
  • 年会費
    初年度無料
  • ポイント還元率
    1.0~3.0%
  • 申込み
三井住友カード デビュープラスのおすすめポイント
  • いつでもポイント2倍
  • 入会から3か月間は通常ポイント2.5倍
  • 年1回でもカードを利用すると年会費無料

三井住友カードデビュープラスは、18歳~25歳までが申込対象となる三井住友カードです。三井住友カードと異なる点は、以下のとおりです。

デビュープラス 三井住友カード
申込対象 18歳~25歳 18歳以上
年会費 1,375円
(年1回利用で翌年度無料)
1,375円
(初年度無料)
通常ポイント
還元率
1.0% 0.50%

デビュープラスは、いつでもポイントが2倍になるため、200円の利用で2ポイントがもらえます。さらに、入会後3か月間はポイントが2.5倍になることも魅力です※1※2

 三井住友カードの特徴であるセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでの利用で、2%ポイント還元される点は変わりません。

【セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド】通常ポイントに加えて、ご利用金額200円(税込)につき+2%(※)ポイント還元

引用元:三井住友カード デビュープラス|三井住友VISAカード

25歳以下の方が高還元率のVISAカードを作りたいときは、三井住友カードの一般カードよりデビュープラスがお得でしょう。

三井住友カード デビュープラス公式サイト

※1:一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。

※2:一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

3 ライフカード

ライフカード

限定キャンペーン情報
終了時期未定
最大10,000円分
ポイントプレゼント
  • 年会費
    永年無料
  • ポイント還元率
    0.5~1.5%
  • 申込み
ライフカードのおすすめポイント
  • 誕生月の利用でポイント還元率が3倍に!
  • 入会初年度はポイント1.5倍
  • ステージプログラムで最大2倍のポイントがもらえる

ライフカードは、さまざまなポイントプログラムで高還元率が狙えるクレジットカードです。ブランドは、VISA・JCB・Mastercardから選べます。

通常ポイント還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同様ですが、以下のケースでお得にポイントを貯められることが特徴です。

条件 ポイント
倍率
ポイント
還元率
入会初年度 1.5倍 0.75%
誕生日月 3倍 1.5%
年間利用金額
50万円以上
1.5~2倍 0.75~1.0%
L-Mall利用 最大25倍 最大12.5%

L-Mall」とは、ライフカードのショッピングモールで、サイト経由で買い物をするだけで最大25倍のポイントが貯まる仕組みです。

 楽天市場やYahoo!ショッピングなど、人気のショップが500店舗以上掲載されています。普段の買い物でもポイントを貯めやすく、高還元率を期待できるVISAカードです。

また上記以外にも、1年間の利用金額50万円以上で300ポイントが付与されます。年間利用金額が50万円以上を予定している人にとって、お得にポイントを貯められます。

ポイントがたまりやすいステージ制
ご利用額に応じてポイントは最大2倍!
年間50万円の利用で300Pプレゼント!

引用元:ライフカード<年会費無料> | クレジットカードはライフカード

Amazonで高還元率なおすすめクレジットカード3選

交通網の発達により、近年はより早く荷物が届くようになりました。そのため、以前よりもネットショッピングを利用する人が増えています。

当サイト独自のアンケート調査でも、クレジットカードを最も利用するタイミングとして、ネットショッピングを選んだ人は58.9%と圧倒的な回答を集める結果が出ています。

クレジットカードを最も多く利用する場所・機会

アンケート回答の内訳
利用場所・機会 割合
ネットショッピング 58.9%
スーパー・コンビニエンスストア・ドラッグストア 20.2%
ショッピングモール・デパート 5.1%
公共料金の支払い 5.1%
飲食店 3.4%
旅行・宿泊・レジャー施設 2.7%
専門店・小売店(飲食店以外) 1.7%
通信料金の支払い
1.4%
その他 1.4%

独自のアンケート調査の詳細はこちら

とくにクレジットカードを利用する場合は、ネットショッピングでポイントの還元率が上がることもあり、ぜひ利用したいところです。

ここでは、Amazonを主に利用する場合に、高還元率を期待できるおすすめのクレジットカード3つを比較します。

1JCB CARD W

jcb card w

限定キャンペーン情報
2022年1月31日まで
Amazonでの利用で
最大12,000円
キャッシュバック
  • 年会費
    永年無料
  • アマゾン還元率
    最大4.5%
  • 申込み
JCB CARD Wのおすすめポイント
  • いつでもポイント3倍+優待店ボーナス
  • ポイントの交換方法でお得に
  • キャンペーン利用でポイント還元率アップ

特徴① いつでもポイント3倍+優待店ボーナス

JCB Amazonポイント二倍LP

JCB CARD Wは、JCBが発行する18歳~39歳向けのクレジットカードです。39歳までに申し込みをすれば、40歳以降もカードを利用できます。

 JCB CARD Wは、いつでもポイント3倍になることが特徴です。優待店でなくても、常時通常ポイント+2倍のポイントがもらえます。

Amazonは優待店のため、「オリジナルシリーズ優待店ボーナス」としてポイントが3倍付与されます。

合計4倍のOki Dokiポイントがもらえ、JCBプレモカードへ交換するとポイント還元率は2.0%です。通常カードは0.5%のため、JCB CARD Wのポイント還元率が高いことがわかります。

\年会費永久無料/

特徴② ポイントの交換方法でお得に

JCB CARD Wのパートナーポイントプログラム

JCB CARD Wで貯めたポイントはそのままAmazonでも利用でき、交換レートは3.5円このままでも十分高い還元率ですが、JCBプレモカードに交換すると交換レートは1ポイント=5円で交換できます。

多少手間はかかりますが、よりお得にポイントを使いたいならポイントの交換方法もチェックしましょう。

JCBプレモカードとは、全国70万店以上で使えるギフトカードです。Amazonでも利用できるので、わざわざ使える店舗を探す必要はありません。また、Amazonの買い物に使用できます。

特徴③ キャンペーン利用でポイント還元率アップ

JCB キャンペーンLP

JCB CARD Wでは新規入会キャンペーンとして、Amazonのご利用で最大12,000円分キャッシュバックを行っています。
※キャンペーン期間:2021年12月8日〜2022年1月31日

 さらに抽選でJCBギフトカード総額5,000万円分のプレゼントも実施中です!
\年会費永久無料/

2三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

限定キャンペーン情報
2022年4月30日まで
最大8,000円
相当プレゼント
  • 年会費
    永年無料
  • アマゾン還元率
    最大6.5%
  • 申込み
三井住友カード デビュープラスのおすすめポイント
  • サイト経由でポイント最大5倍
  • 入会後3か月間は最大6.5%ポイント還元

特徴① サイト経由でポイント最大5倍

三井住友カードデビュープラスは、三井住友が発行する18歳~25歳限定のクレジットカードです。

26歳以降は、三井住友カードプライムゴールドへと切り替わり、充実した付帯サービスを受けられるようになります。

満26歳以降、最初のカード更新時に本カードから「プライムゴールド」に切替わります。

※一般カードへのお切替えもできます。

引用元:三井住友カード デビュープラス|三井住友VISAカード

 デビュープラスは、通常カードと比べてポイントがいつも2倍付与されることが特徴です。

さらに「ポイントUPモール」を経由してAmazonで買い物をすると、最大4%のポイント還元が受けられます。通常ポイントの還元率は1.0%なので、最大5%のポイントがもらえます。

特徴② 入会後3か月間は最大6.5%ポイント還元

デビュープラスの魅力は、入会後3か月間はポイントが5倍になることです。通常の三井住友カードのポイント還元率は0.5%なので、デビュープラスに入会後3か月間は2.5%に上がります。

入会後特典と、ポイントUPモール経由の特典は併用できます。

ポイントUPモール経由でAmazonを利用した場合、最大で6.5%の高還元率です。

3三井住友カード

三井住友カード

限定キャンペーン情報
2022年4月30日まで
最大8,000円
相当プレゼント
  • 年会費
    オンライン入会で初年度無料
  • アマゾン還元率
    最大4.5%
  • 申込み
三井住友カードのおすすめポイント
  • 18歳以上で年齢制限なく発行可能
  • ポイントUPモール経由で+4ポイント還元
  • 今なら新規入会・利用で最大8,000円相当がもらえる

特徴① 18歳以上で年齢制限なく発行可能

三井住友カードはデビュープラスとは異なり、年齢の上限なく発行できるクレジットカード。

 18歳以上の安定した収入のある人が申し込み対象です。

ブランドはVISAとMastercardから選ぶことができ、インターネットからの入会で初年度年会費が無料になります。

\オンライン入会なら初年度年会費無料/

特徴② ポイントUPモール経由で+4%ポイント還元

デビュープラスではいつでもポイント2倍で、ポイント還元率1%でした。三井住友カードは、ポイント特典はなく還元率0.5%です。

しかし、「ポイントUPモール」を経由してAmazonで買い物をすると、最大4%のポイント還元があります。

通常ポイントと合算すると、最大で4.5%のポイントが還元されることが特徴です。

ポイントUPモールを経由した場合、Amazonの商品カテゴリーによってポイントの還元率が異なります。

特徴③ 今なら新規入会・利用で最大8,000円相当がもらえる

三井住友カードに新規入会し、カードを利用すると今なら最大で8,000円相当のポイントがもらえます。

 ポイントはVポイントとして付与され、Amazonギフト券に交換することも可能です。

ポイント交換の際は、Vポイント1ポイントに対してAmazonギフト券0.8円分がもらえます。

\オンライン入会なら初年度年会費無料/

マイル還元率が高いおすすめクレジットカード3選

旅行や出張が多い方はポイントよりもマイルをたくさん貯めたいと考えているかもしれません。そんな方にはマイル還元率が高いクレジットカードを普段から利用することがおすすめです。

1ソラチカカード

ソラチカカード

限定キャンペーン情報
2022年1月5日まで
最大34,700円分
ポイントプレゼント
  • 年会費
    初年度無料
  • ポイント還元率
    0.5~1.0%
  • 申込み
ソラチカカードのおすすめポイント
  • 入会でボーナスマイル1,000マイル
  • ポイントとマイルは相互交換可能
  • PASMOへのオートチャージ機能が使える
  • 2つのポイントとマイルが一枚で貯められる

 

ソラチカカードPASMOを使いながら効率よくマイルを貯めたい方におすすめのクレジットカード。1枚でメトロポイントOkiDokiポイントANAマイルを貯められる優れものです。

 マイルとポイントは相互交換が可能。航空機に乗る機会が少ない方でも無理なくマイルを貯められます。

このほか、貯めたメトロポイントはPASMOにチャージしたり、楽天ポイントに交換したり、nanacoポイントに交換したりすることが可能です。

PASMOのオートチャージ機能が利用できるため残高不足によって改札で足止めされることがありません。

オートチャージ分もしっかりポイントが貯まるので普段の生活でどんどんポイントが貯められますよ。

定期券が搭載できるので何枚もカードを持ち歩く必要がありません。
コース マイル移行手数料 マイル付与率
5マイルコース 無料 マイル付与率:0.5%
10マイルコース 5,500円/年 (税込) マイル付与率:1.0%

2ANA JCB一般カード

ANA VISAワイドカード

限定キャンペーン情報
2022年1月5日まで
最大49,700円相当
ポイントプレゼント
  • 年会費
    初年度無料
  • ポイント還元率
    0.5%
  • 申込み
ANA JCB一般カードのおすすめポイント
  • マイル自動移行コースで使い忘れの心配なし
  • スマートフォン1台で決済完了できるキャッシュレスに対応
  • 初年度年会費無料で保険も付帯
  • 搭乗ボーナスや継続ボーナスマイルなどがあり、ANAマイルがたまりやすい

 

ANAJCB一般カードは日常ショッピングでも航空機の利用でもANAマイルが貯められ、さまざまな割引を受けられるお得なクレジットカードです。

ANA JCB一般カードで受けられる主な割引
  • ANA機内販売・・・10%OFF
  • ANA FESTA・・・5%OFF
  • 空港内免税店・・・5%OFF
  • ANAツアー・・・5%OFF

マイルの移行は「マルチポイントコース」と「マイル自動移行コース」の2つのコースから選択。自動移行コースであれば毎月自動的にマイルに移行されるため使い忘れてしまう心配がありません。

Q:ANA JCBカードの「マルチコース」と「マイルコース」はどう違うのですか?

マルチポイントコース(マルチコース)
お好みのタイミングで、マイルへの移行やOki Dokiポイントプログラムの商品に交換することができます。
※マイル移行は1~2週間後となります。

マイル自動移行コース(マイルコース)
毎月のOki Dokiポイントが自動的にマイルに移行されます。
移行の手続きの必要はございません。(Oki Dokiポイントプログラムの商品には交換できません。)
自動的に移行されますので、移行の申請が不要となり、毎月の「カードご利用代金明細書」の交換可能ポイントがお振替日の前後1週間でマイルに移行されます。

引用元:ANA JCBカードの「マルチコース」と「マイルコース」はどう違うのですか? | よくあるご質問(個人・法人のお客様)

カード入会と継続時に1,000マイル、ANAの航空便に乗るたびに+10%のボーナスマイルが獲得可能。航空機の利用が少なくても毎年1,000マイルはゲットできちゃいます。

 ANAカード限定サービスが豊富なので、自身のよく利用する店舗がないか確認してみましょう。

空港の免税店で通常は割引対象外となるようなタバコまでも割引価格で購入できます。
マイル移行手数料 移行レート
マイル自動移行5マイルコース 無料 1ポイント=5マイル
マイル自動移行10マイルコース 5,500円/年 (税込) 1ポイント=10マイル
マルチポイント5マイルコース
無料 1ポイント=5マイル
マルチポイント10マイルコース 5,500円/年 (税込) 1ポイント=10マイル

\ボーナスマイルがざくざく/

3JALカード

JALカード

限定キャンペーン情報
2022年1月11日まで
最大14,500マイル
プレゼント
  • 年会費
    初年度無料
  • ポイント還元率
    0.5%
  • 申込み
JALカードのおすすめポイント
  • イオン、エネオスなどの特約店利用で獲得マイルは2倍
  • マイルを直接貯められるため、移行する手間が省ける
  • ボーナスマイルを受け取る機会が多い

 

JALカードの基本的な機能を一通り搭載したクレジットカード。普段のショッピングでは200円ごとに1マイル貯まります。貯めたマイルの主な使い道は以下の通りです。

JALマイルの主な使い道
  • 特典航空券
  • 座席のアップグレード
  • eJALポイントへ交換
  • JALクーポンに交換
  • JALのおすすめ用品に交換

他にも空港店舗・免税店での割引サービスなどが受けられます。JALならではの旅行や出張時に便利な充実したサービスで快適な旅を過ごせますよ。

 家族プログラム利用でマイルを合算できるので、家族みんなで協力すれば特典交換にグッと近づきます。

本会員が「JALショッピングマイル・プレミアム」に入会していれば、家族会員のご利用分も自動的にショッピングマイルが2倍たまります。

引用文:JALカード | 家族会員カード

有料のJALカードショッピングマイル・プレミアムへの入会でショッピングで貯まるマイルはなんと2倍に。年会費はかかりますが、マイルをどんどん貯めたいという方にはおすすめです。

ゴールドカード以降のランクであればショッピングマイル・プレミアムは無料で自動入会できます。
手数料 マイル付与率
通常 無料 マイル付与率:0.5%
ショッピングマイルプレミアムに入会 3,300円/年 (税込) マイル付与率:1.0%

高還元率クレジットカードでポイントを貯める3つのコツ

ここまで、ポイントの使い道に応じたおすすめの高還元率クレジットカードをご紹介しました。

実際に当サイトで行った独自のアンケート調査でも、クレジットカードを作った理由として「ポイントやマイルが貯まるから」という回答は21.6%と「現金なしで買い物できるから」に並んで最多でした。

クレジットカードを作ったきっかけ

アンケート回答の内訳
クレジットカードを作ったきっかけ 割合
現金がなくても買い物できるから 21.6%
ポイントやマイルが貯まるから 21.6%
ネットショッピングでの決済が楽だから 19.5%
海外で利用するから 9.2%
入会キャンペーンを実施していたから 7.9%
店頭や周囲の人に勧められたから
6.2%
仕事上で必要性を感じたから
3.8%
割引や特典を受けられるお店があるから
2.1%
家計の管理が簡単になるから
0.3%
デザインに魅力を感じたから
0.3%
その他 7.5%

独自のアンケート調査の詳細はこちら

\年会費永久無料/

しかし、還元率が高いクレジットカードを手に入れても実際に利用しなければポイントは貯まりません。無理せずポイントを貯める3つのコツをここではご紹介します。

高還元率クレジットカードでポイントを貯める3つのコツ
  1. 日々の買い物はクレジットカード払いにする
  2. 固定費支払いにクレジットカードを利用する
  3. 優待店舗やサイトを利用する

1日々の買い物をクレジットカード払いにする

日々の買い物をクレジットカード払いにする

生活費などクレジットカードで決済する場面を増やすことで当然ながらポイントも貯まっていきます。現金払いにはないポイント還元という恩恵がクレジットカードでは受けられるのです。

使える場面はスーパーやドラッグストア、インターネットショッピングまでさまざま。少額でもクレジットカード決済を利用することでポイントは着実に貯まっていきます。

 クレジットカードにはポイントアップなどのキャンペーンが行われることもあるので、定期的にお知らせをチェックしましょう。

クレジットカードなら利用明細を確認するだけで、何にどれだけお金を使ったのか一目で確認可能。わざわざ家計簿をつける必要がなくなるので、家計管理も楽になりますよ

買い物だけでなく、定期券の購入や旅行の予約もポイントアップ対象となる場合があります。
\年会費永久無料/

2固定費支払いにクレジットカードを利用する

固定費支払いにクレジットカードを利用する

買い物以外でポイントを貯めるには、毎月発生する固定費をクレジットカード払いにするのがおすすめです。
買い物でクレジットカードを利用すればポイントが貯まりますが、ポイント目的のために使いすぎてしまうのは経済的ではありません。
クレジットカードで支払える固定費の例は、以下の通りです。
クレジットカードで支払える固定費の例
  • 電気、ガス、水道などの公共料金
  • 携帯電話やインターネットの利用料金
  • 電車やバスの定期代
  • 住民税、自動車税、固定資産税などの税金
  • NHKの受信料
  • 自動車保険、生命保険などの保険料
  • 賃貸住宅の家賃

支払いを月一回にまとめられますし、自動で決済されるので請求書を持って支払いに行く必要がなくなるのもメリットですね。

 カード会社によっては支払いは可能でも、ポイント対象外となる場合もあります。

口座振替割引を提供している公共サービスもあるので、用途によって使い分けるのもおすすめです。

毎月必要となる固定費なので、無理せずポイントを貯められますよ。
\年会費永久無料/

3優待店舗やサイトを利用する

優待店舗やサイトを利用する

クレジットカードを利用する店によっては、通常の2倍以上のポイントが獲得できる場合もあります。ポイントアップの対象店舗に、自身の利用頻度の高い店が入っているか確認しましょう。

本記事で紹介したJCBカードWを例にすると、提携しているパートナー店舗は下記のようなショップがあります。

パートナー店舗 優待ボーナス
スターバックス 10倍
マクドナルド
(モバイルオーダー限定)
20倍
Amazon 4倍
セブン-イレブン 3倍
モスバーガー 10倍

共通のポイントを貯める場合はポイント加盟店、独自ポイントを貯める場合は複数ある優待店で、重点的に利用すると効率よくポイントが貯められます。

ポイント詳細 ポイントが効率よく貯まる店舗
共通ポイント 企業や業種の垣根を超えて自由に利用できる ポイント加盟店
独自ポイント 同一グループや特定の店舗のみで利用できる 優待店
 ネットショッピングを利用する際には、ポイントモールの経由を忘れないようにしましょう。

自身でポイントアップ対象店舗を選択できる場合もあるので、忘れずに活用しましょう。
\年会費永久無料/

クレジットカードで貯まったポイントの使い方

クレジットカードで貯まったポイントの使い方

クレジットカードの利用によって貯められたポイントの使い道は、カード会社によって独自のポイントプログラムが決められています。では、主にどんな使い道があるのでしょうか?

ポイントの主な使い道
  • 家電製品や食料品などの製品
  • ギフトカードや商品券、割引券
  • 利用料金の割引やキャッシュバック
  • 電子マネーや共通ポイント
  • 寄付

 

このように貯めたポイントは、さまざまな使い道が用意されています。

 有効期限や使い道が限られている期間限定ポイントなどもあるので気をつけましょう。

ポイントの有効期限が迫っている状態で交換するものが決まっていない場合は、ギフトカードや商品券に交換しておくことが無難な手段と言えます。

商品券は普段使いはもちろん、友人への贈り物にも最適です。
\年会費永久無料/

還元率は高いはずなのにポイントが貯まらない3つの理由

還元率は高いはずなのにポイントが貯まらない3つの理由

「還元率が高いクレジットカードを利用しているはずなのに、ポイントがなかなか貯まらない」という方は、以下の点を見直してみましょう。

還元率は高いはずなのにポイントが貯まらない3つの理由
  1. ポイントの有効期限が短いから
  2. 利用先がポイント付与対象外だから
  3. メインのクレジットカードを決めていないから

1. ポイントの有効期限が短いから

せっかく獲得したポイントの有効期限が切れてしまっている場合が考えられます。ポイントの有効期限は「獲得してから1年間」「最終利用日から1年間」などカード会社によって様々です。

複数のクレジットカードを使い分けている場合、ポイントの管理が難しく感じるかもしれません。しっかり把握しておかないと、せっかく貯めたポイントが無駄になってしまうので注意しましょう。

 特にキャンペーンで付与されるポイントは、通常ポイントよりも有効期限が短い傾向にあります。

2. 利用先がポイント付与対象外だから

利用先がポイント付与対象外だから

日頃からクレジットカード払いを徹底していても、実は支払った先がポイント付与の対象外だったということがあります。対象外で多いのは、公共料金や電子マネーへのチャージです。

 無駄なく効率よく貯めるためにも、ポイント付与の対象カテゴリーをしっかり確認しておくことが大切です。

公共料金や電子マネーへのチャージでポイントを貯めたいと考えている場合は、それらがポイント付与の対象になっているクレジットカードを選びましょう。

注意書きとして小さく書かれていることもあるので、気づかない方も多いかもしれません。

3. メインのクレジットカードを決めていないから

メインのカードを決めていない

クレジットカードのポイントをたくさん貯めたいのであれば、メインカードを決めるのが原則です。

複数枚のクレジットカードを使い分けることは、家計の管理をする上で効率アップへつながります。ですがポイントを貯めるとなると話は別です。

 クレジットカードによって貯められるポイントが異なり、ポイントが分散してしまうためです。

特に年間利用額に応じてボーナスポイントがある場合は、複数枚のカードを使ってしまうと達成できずもらえない可能性も考えられます。

利用実績も積めますし、引き落とし日も1日にまとまるのはメリットと言えるでしょう。
\年会費永久無料/

クレジットカードの還元率に関するよくある質問

クレジットカードのポイント還元率とは?
基本的に、クレジットカードで使った金額に対して、何円分のポイントが付与されるかの割合のことです。
ポイント還元率とポイント付与率の違いは?
ポイント付与率とは、基本的にクレジットカードで使った金額に対してもらえるポイントの割合のことを指します。利用額1,000円で1ポイントが付与される場合、ポイント付与率は0.1%です。
ポイント還元率の計算方法は?
例えば、利用額1,000円ごとに5円相当である1ポイントが付与される場合、5円は1,000円の0.5%なので、そのクレジットカードの還元率は0.5%と求められます。
ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードは?
三井住友カード ナンバーレスや、JCB CARD Wがおすすめです。三井住友カード ナンバーレスなら5%ポイント還元、JCB CARD Wならポイント優待店で10%の還元を受けることも可能です。
クレジットカードのポイントを効率的に貯めるには?
普段の買い物から携帯代や光熱費などの固定費の支払いまで、支払いには基本的に還元率が高いクレジットカードを利用するのがおすすめです。
また、自分がよく利用するお店・サイト(楽天やAmazonなど)で還元率が高いクレジットカード何枚かに絞ったほうが、ポイントが貯まりやすいでしょう。
貯まったポイントの確認方法は?
多くのカード会社では、会員専用のサイトにて獲得したポイント数などが確認できます。しかしカード会社によって異なるため、一度公式サイトを確認してみましょう。
クレジットカード選びの際に還元率以外のチェック項目は?
記事内でも述べたとおり、貯まったポイントの使い道やポイントの有効期限、ポイントがお得に貯まる優待店などを事前に確認しておきましょう。

まとめ

ここまで、クレジットカードの還元率とおすすめの高還元率カードをまとめてきました。

クレジットカードの還元率は平均0.5%程度。還元率1%以上が高還元率カードの基準といえます。還元率でクレジットカードを選ぶ際は、

  1. 年会費
  2. ポイントの使い道
  3. 有効期限
  4. 優待店

の4つに主に着目すると、納得いくクレジットカード選びができます。

今回紹介してきたランキングもあわせて参考にし、高還元率のクレジットカードでお得にポイントを貯めてみてください。

\年会費永久無料/
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事