還元率の高いクレジットカード 比較ランキング

クレジットカードを選ぶ際、重視する項目のひとつが「還元率」です。

還元率が高いクレジットカードでは、お得にポイントが貯まることが見込めます。「還元率でクレジットカードを選んでいる」という方も多いでしょう。

そこで今回は、クレジットカードの還元率について徹底解説。クレジットカードの平均還元率や、還元率でクレカを選ぶ際の注意点をまとめています。

さらに、高還元率のおすすめクレジットカードも紹介しています。

\人気のクレジットカード/

還元率が高いクレジットカードを探している方、必見の内容です。

クレジットカードの還元率とは、クレジットカードで使った金額に対してポイントが戻ってくる割合のことです。

クレジットカードでは、カードごとに貯まる独自のポイントがあります。

例えば、100円ごとに1円相当にあたる1ポイントが貯まるクレジットカードの場合、1,000円の買い物で10ポイントが貯まり、このカードの還元率は1%と言えます。

還元率が高いクレジットカードほど、より多くのポイントを貯めることが可能です。

迷った方におすすめクレカ
当サイトで人気のJCBオリジナルシリーズで年会費が無料にも関わらず常にポイントが2倍!!など還元率が高いクレジットカードと言えます。
還元率 年会費 特典
1〜5.5% 無料 最大9,000円分
無料お得
web申込はこちら

例:100万円分クレジットカードで買い物した場合

たとえば、100万円分の商品をクレジットカード払いで購入した場合、カードの還元率によってもらえるポイントは以下の通りになります。

還元率 もらえるポイント
0.5% 5000ポイント
1% 10000ポイント
1.5% 15000ポイント

還元率が0.5%と1.5%なクレジットカードを比較すると、もらえるポイントは1万ポイントも差が出ますね。

貯まったポイントは、

  • マイルと交換する
  • 商品と交換する
  • 他のポイントと交換する
  • 現金として利用する
  • 支払いから引く

など様々な使い方が可能ですが、貯まったポイントの使い道はクレジットカードにより異なります。

ポイントの還元率だけでなく使い方にも目を通しましょう。

\人気のクレジットカード/

クレジットカードの平均還元率

クレジットカードの平均還元率は、0.5%程度です。多くのクレジットカードでは、200円あたり1ポイントが貯まります。

平均をもとに考えると、高還元率クレジットカードの基準は還元率1%以上といえます。

 100円あたり1ポイント貯まるクレジットカードであれば、平均還元率の2倍ペースでポイントが貯まります。

クレジットカードの還元率を比較

ここで、代表的なクレジットカードの通常時のポイント還元率を表にして比較してみました。ぜひクレジットカード選びの参考にしてみて下さい。

クレジットカード名 還元率
三井住友カード 0.5%
エポスカード 0.5%
JCBカード 0.5%
ライフカード 0.5%
セブンカード・プラス 0.5%
dカード 1%
amazonカード 1%
オリコカード THE POINT 1%
ヤフーカード 1%
楽天カード 1%
リクルートカード 1.2%
REXカード 1.25%

クレジットカードによっては、キャンペーン利用や特定の店舗利用でポイント還元率が上がることがあります。

たとえば、通常時の還元率1%・優待店舗利用時の還元率2%などです。

ポイント還元率がアップする条件まで確認しておくと、よりお得にクレジットカードを選べます。

\人気のクレジットカード/

還元率でクレジットカードを選ぶ5つの注意点

ここからは、還元率でクレジットカードを選ぶ際、気をつけるべき5つの主な注意点について解説します。クレジットカード選びに失敗しないためにも、ぜひ目を通してみてください。

1還元率は変化する

還元率でクレジットカードを選ぶ1つ目の注意点は、還元率が変化することです。カード会社が定めたクレジットカードの還元率は、固定のものではありません

 クレジットカードの還元率は、カード会社の取り決めによって変更となるケースがあります。

たとえば、入会時の還元率1%のクレジットカードが、来年度から0.5%になるなどです。

還元率が不変のものではないということを頭の片隅に入れておきましょう。

\人気のクレジットカード/

2ポイントの用途はクレジットカードで違う

2つ目の注意点は、ポイントの用途はクレジットカードによって違う点です。

貯まったポイントの使い道は、下記のようにクレジットカード会社によって大きく異なります

  • ギフト券と交換
  • 現金として利用可能
  • マイルと交換

自分に合った使い道がなければ、せっかく貯めたポイントを活かしきれないため、貯まったポイントが何に使えるのか事前に確認しておきましょう。

ポイントの用途を確認しないまま申し込むことは、高還元率クレジットカードを選ぶ際、多くの人が陥りがちな失敗です。十分注意してください。

\人気のクレジットカード/

3年会費を確認する

還元率でクレジットカードを選ぶ3つ目の注意点は、年会費を確認することです。

年会費とは?
クレジットカードを利用するために年間で必要なお金のこと。

クレジットカードによっては、年会費が必要です。一般的に年会費が必要なクレジットカードほど、還元率は高くなります。

 しかし、ポイント還元率が高くても年会費が必要な場合、トータルでマイナスになるケースも十分ありえます。

例えば、年会費1250円・年間で貯めたポイントが1000ポイントの場合などです。

年会費は毎年支払う必要があるため、年数を重ねるほど大きな負担となります。お得にカードを使いたいのであれば、年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

\人気のクレジットカード/

4ポイントの有効期限に気をつける

4つ目の注意点は、ポイントの有効期限に気をつけることです。クレジットカードのポイントには、基本的に有効期限があります

 有効期限が切れると、ポイントは無効。どれだけポイントを貯めていても帳消しになってしまいます。

クレジットカードの中には、ポイントの有効期限が極端に短いカードもあるので要注意です。

ポイントの有効期限が短かいほど、まとまったポイントを貯めるのが難しいうえ、ポイントを無駄にするリスクも高まります。

還元率重視でクレジットカードを選ぶのであれば、ぜひポイントの有効期限を確認しておきましょう。
迷った方におすすめクレカ
当サイトで人気のJCBオリジナルシリーズで年会費が無料にも関わらず常にポイントが2倍!!など還元率が高いクレジットカードと言えます。
還元率 年会費 特典
1〜5.5% 無料 最大9,000円分
無料お得
web申込はこちら

5ポイント優待店をチェックする

還元率でクレジットカードを選ぶ際の最後の注意点は、ポイント優待店をチェックすることです。

 クレジットカードによって、ポイント還元率がアップする店舗「優待店」は異なります。

おすすめは、自分がよく利用する店舗が「優待店」になっているクレジットカードを選ぶことです。

たとえば、セブンイレブンをよく利用する場合。セブンイレブンでポイント還元率が2倍になれば、日常生活でお得にポイントが貯まります。

通常時のポイント還元率をチェックするのはもちろんですが

  • どこの店舗で
  • どんな時に

ポイント還元率がアップするのかも調べておくと安心です。

還元率が高い!クレジットカードおすすめランキング

1三井住友カード ナンバーレス

三井住友カード(NL)

三井住友カード ナンバーレス(NL)は、年会費が永年無料のクレジットカードです。

セキュリティコードやカード番号が券面に記載されていないシンプルなデザインで、セキュリティコードやカード番号は専用アプリにて確認できるようになっています。

  • 年会費永年無料
  • 新規入会&ご利用で最大11,000円分プレゼント
  • ナンバーレスでセキュリティ対策
  • 家族会員の年会費も無料
  • マクドナルドやセブン、ローソンでのタッチ決済ご利用でポイント還元最大5%
    ※またはポイント最大10倍
  • アプリで簡単カード利用制限可能
  • 世界の新基準かざすだけでのタッチ決済搭載

申し込みから最短即日発行、最短5分で作成できるのも特徴的です。VISAとMastercardのタッチ決済も利用できるので、一枚で複数のお支払い方法が選べます。もちろん、お会計では他社ポイントやギフトカードに移行できる「Vポイント」も貯まります。

※即発申込に関しては19:31~8:59は時間外のため、申込不可

年会費 無料
ポイント還元率(通常時) 0.5~5.0%
ポイントアッププログラム
  • セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでタッチ決済すればポイント最大5%還元 
  • 対象のお店でポイントが+0.5%
  • ポイントアップモールでポイント最大2~20倍
ポイント利用例
  • 電子マネーでの利用
  • 他社ポイントへ移行
  • ANAマイル交換可能
国際ブランド Visa,Mastercard
ETCカード あり(税込550円)
保険・補償 海外旅行傷害保険:最大2,000万円

事前に旅費などのカード利用が必要

特典
キャンペーン
最大11,000円分プレゼント
申し込み対象 満18歳以上(高校生を除く)

2三井住友カード

三井住友カード

三井住友カードは、18歳以上(高校生を除く)であれば発行可能なクレジットカードです。

三井住友カードの特徴は、ポイントを電子マネーや他社のポイントに交換するなど多くのお店でポイントが活用することが可能です。

またインターネット経由でのお申し込みで初年度年会費無料+最短翌営業日にカード発行が可能です。

  • 電子マネーへの交換が可能
  • 今なら最大11,000円分プレゼント
  • ご利用料金の20%現金還元
  • 初年度年会費無料
  • 対象店舗でポイントが5倍

1,000円につき1ポイント還元されます。さらに今なら、新規入会・利用で最大11,000円分プレゼント中です。
下記のお店でカードを利用するといつでもポイント5倍で還元されるので、よくご利用する場合とてもお得です。
ポイント5倍の対象店舗
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド など

2年目以降年会費がかかる(条件により無料)などデメリットもありますが、それ以上にメリットの多いクレジットカードです。

年会費 初年度無料(2年目以降税込1,375円)
ポイント還元率(通常時)  0.5〜2.5%
ポイントアッププログラム 対象店舗で5倍 
ポイント利用例
  • 電子マネーでの利用
  • 他社ポイントへ移行
  • ANAマイル交換可能
国際ブランド Visa,Mastercard
ETCカード あり(年会費税込550円)
保険・補償 ショッピング補償:年間100万円〜300万円
特典
キャンペーン
最大11,000円分プレゼント
審査可能年齢 18歳以上

3JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wは、クレジットカード会社「JCB」が発行する39才以下向けのウェブ限定カードです。

JCB CARD Wの特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。

 JCB CARD Wは通常のJCBカードと比べていつでもポイントが2倍貯まり、さらに優待店の利用でポイントは最大21倍に。

海外旅行保険やショッピングカード保険が付いているなど、セキュリティ対策も万全です。

カードは39歳までに申し込めば、40歳以降も年会費無料のまま継続できます現在、期間限定のキャンペーンを実施しています。

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jp利用でポイント30倍キャンペーン!
    【期間】2021年4月1日(木)~6月30日(水)まで
  • 新規入会&利用とMyJCBアプリログインでもれなく3,000円キャッシュバック! ※対象利用金額は5万円
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント!
  • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント!
  • スマリボ登録&利用で最大4ヵ月分のリボ手数料実質0円!+最大6,000円相当プレゼント!
  • キャッシング枠50万円に設定+条件達成で最大3,200円キャッシュバック
    【期間】2021年4月1日(木)~9月30日(木)
  • Apple Pay・Google Payの利用で20%キャッシュバック(上限1,000円)
    【対象店舗】日本全国のコンビニエンスストア(対象加盟店)店頭

    【条件】オリジナルシリーズ専用サイトよりキャンペーン参加登録。JCBカードをスマートフォン端末に設定し、「QUICPay(クイックペイ)TMで」支払う。
    【期間】2021年3月1日(月)~5月31日(月)
※参加登録時期にかかわらず、期間中に利用された金額がキャンペーン対象となります。
※1枚のカードを複数のデバイスに設定された場合でも、キャッシュバックの上限は1,000円となります。
※売上情報の到着時期によってはご利用合計金額の対象とならない場合があります。
\年会費永久無料/

とにかくポイントを貯めたいという方におすすめの1枚です。
年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時)  1〜5.5%
ポイントアッププログラム
  • いつでもポイント2倍
  • 優待店の利用で3〜21倍
  • スターバックス・amazonなどでポイント3倍以上
  • Okidokiランド経由のネットショッピングでポイント最大20倍 
ポイント利用例
  •  JCBギフトカード
  • ANAマイレージ
  • Amazon など
国際ブランド  JCB
ETCカード  あり
保険・補償
  •  旅行傷害保険:海外2,000万円(最高)
  • ショッピングカード保険:海外100万円(最高)
特典
キャンペーン
  1. Amazon.co.jpでの利用でポイント30倍
  2. Apple Pay、Google Pay利用で20%還元
  3. スマリボ登録&利用で最大6,000円相当プレゼント など

※1 入会期間:2021年4月1日~6月30日
※2 キャンペーン期間:2021年 3月1日〜 2021年5月31日

※3 入会期間:2021年4月1日~9月30日

審査可能年齢  18歳以上39歳以下
\年会費永久無料/

4リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは、大手IT企業「リクルート」が発行するクレジットカードです。リクルートカードの主な特徴は、以下の3つです。

  1. 驚異の高還元率1.2%
  2. 還元率最大4.2%
  3. 貯まったポイントをPontaポイントに交換可能

リクルートカードの通常時の還元率は1.2%。年会費無料クレジットカードとして、かなりの高還元率となっています。

さらにリクルートのポイント参画サービスである、

  • じゃらん
  • ホットペーパービューティー
  • ポンパレモール

などでポイントを使用可能で、対象サービスでクレジットカードを利用すると、最大4.2%ポイントが還元されます。

\最大還元率4.2%/
年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1.2%
ポイントアッププログラム リクルートサービスの利用で最大4.2%
ポイント利用例
  • Pontaポイントに交換
  • JALマイルに交換
国際ブランド  MasterCard、JCB、VISA
ETCカード  あり
保険・補償
  • 海外旅行損害保険:最大2000万円
  • 国内旅行損害保険:最大1000万円
  • ショッピング保険:年間200万円 
特典
キャンペーン
新規入会・利用で最大8,000円分相当のポイントプレゼント
※対象申込み期間:4月2日10:00~4月5日9:59まで
審査可能年齢  18歳以上
\最大還元率4.2%/

5オリコカード THE POINT

オリコカード THE POINT

オリコカードTHE POINTは、株式会社オリエントコーポレーションが発行する、年会費永年無料のクレジットカードです。

 還元率は常に1.0%以上ですが、入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ。100円で2オリコポイントがたまります。

機能面では、iDとQUICPayの2種類の電子マネーを搭載。少額の買い物でもポイントを貯めやすいことが魅力です。

貯まったポイントは、500オリコポイントから即座に利用可能。使い勝手もかなり良好です。
年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1%
ポイントアッププログラム
  •  オリコモールの利用でポイント0.5%追加
  • 電子マネー利用でポイント0.5%追加
ポイント利用例
  •  amazonギフト券、楽ポイント、Tポイントなどとの交換可能
  • JAL、ANAマイレージとの交換
国際ブランド Mastercard、JCB
ETCカード あり
保険・補償
  •  海外旅行傷害保険:最大2000万円
  • 国内旅行傷害保険:最大1000万円
特典
キャンペーン
  • 入会後6ヵ月間はポイント還元率が2%
  • 入会・利用で最大8,000オリコポイントプレゼント
    ※2021年9月30日までにカード発行された方が対象
  • 期間中にエントリーの上、Amazonのお支払いをオリコカードで3,000円以上利用した方の中から、抽選で10,000名様に1,000オリコポイント進呈
    ※期間:2021年3月11日(木)~2021年6月10日(木)
審査可能年齢 18歳以上

6楽天カード

楽天カード

楽天カードは、テレビCM楽天カードマンでお馴染みのクレジットカードです。

顧客満足度12年連続1位を獲得しており、年会費は永年無料、ポイント還元率は1%〜最大3%となっています。※出典:https://www.rakuten-card.co.jp/corporate/press_release/20201221/

ポイントが貯まりやすいことはもちろん、バラエティ豊かなデザインも楽天カードの魅力です。

楽天カードのデザイン
  • お買物パンダ デザイン
  • FCバルセロナデザイン
  • ミッキーマウスデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン

好きなデザインのカードへ申し込めるため、カード選びの楽しみが広がります。
\年会費永年無料/
年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1%
ポイントアッププログラム
  • 楽天市場でポイント最大3倍
  • 楽天トラベルでポイント最大2倍
  • 楽天カードの優待店でポイント2倍以上
ポイント利用例 すき家、ファミリーマート、マクドナルド、ミスタードーナツ、楽天市場など多数店舗で利用可能
国際ブランド Visa、Mastercard、American Express、JCB
ETCカード あり
保険・補償 海外旅行傷害保険:最大2,000万円
特典
キャンペーン
  • 新規入会・利用で5,000ポイント
  • 楽天カード紹介で3,000ポイント

※常時開催

審査可能年齢 18歳以上
\年会費永年無料/

7アメックス ゴールド

アメックスゴールド

アメックスゴールドは1.0%の還元率に加え、ゴールドカードとしての多彩なサービスが魅力の1枚です。

 プライオリティ・パスや空港ラウンジ無料サービスはもちろんのこと、レストランやホテルの優待が受けられます。

さらに、最高1億円の海外旅行保険が付帯航空便遅延費用補償も付いており、出張や海外旅行でも安心して利用できます。

また、アメックスゴールドなら家族カードの年会費が1枚無料。出張が多いビジネスパーソンから、旅行好きの家族まで重宝するゴールドカードです。

\憧れのゴールドカードなら/
年会費 31,900円(税込)
ポイント還元率(通常時)  1.0%
ポイントアッププログラム メンバーシップ・リワード・プラス※年間参加費3,300円(税込)

  • ポイント有効期限無期限
  • 特定利用分ボーナスポイント
ポイント利用例
  • ANAマイル(2000ポイント=1,000マイル相当)
  • 15の提携航空マイル(2,000ポイント=1,000マイル相当)
国際ブランド American Express
ETCカード あり
保険・補償
  • 海外旅行傷害死亡保険:最大5000万円
  • 国内旅行傷害死亡保険:最大1億円
特典・キャンペーン 入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大合計36,000ポイント
審査可能年齢 20歳以上
\憧れのゴールドカードなら/

還元率が高いクレジットカードのメリット・デメリット

還元率の高いクレジットカードのメリット・デメリット

ポイント還元のあるクレジットカードのなかで、還元率が高いとされるのは一般的に1.0%以上のものと考えられます。一方で還元率0.5%より低いのは、還元率の低いクレジットカードといえます。

一見すると還元率が高いクレジットカードの方がいいように感じますが、実はそうとも言い切れません。

そこでここでは、還元率の高いクレジットカードの主なメリット・デメリットを確認していきましょう。

1還元率が高いクレジットカードのメリット

還元率が高いクレジットカードの主なメリットは、ポイントが貯まりやすいことです。

 たとえば還元率1.0%と0.5%のクレジットカードを比較してみた場合、還元率1.0%では1万円のショッピングで100ポイントが貯まりますが、0.5%では50ポイントしか貯まりません。

クレジットカードは継続的に利用するものなので、この差は将来的に大きくなります。
繰り返しになりますが、ポイントは次のように活用できるため、還元率の高いクレジットカードの方が生活する上でかなりお得です。
クレジットカードのポイントの活用方法
  • ギフト券と交換
  • 現金として利用
  • マイルと交換
  • 支払い割引

2還元率が高いクレジットカードのデメリット

クレジットカードの還元率は高ければいいわけではなく、中には自動的にリボルビング払い(リボ払い)になるカードがあることに注意してください。

リボ払いとは?
リボ払いとは高い利息が付き、利用した金額が毎月定額で分割請求される、クレジットカードの返済方法のひとつです。

利用額に対して、10%を超える利息が請求されることもあります。

高い還元率だけに注目するのではなく、カードのサービス内容も必ず確認するのがおすすめです。

クレジットカードの還元率に関するよくある質問

クレジットカードのポイント還元率とは?
クレジットカードで使った金額に対して、何円分のポイントが付与されるかの割合のことです。
ポイント還元率とポイント付与率の違いは?
ポイント付与率とは、クレジットカードで使った金額に対してもらえるポイントの割合のことを指します。利用額1,000円で1ポイントが付与される場合、ポイント付与率は0.1%です。
ポイント還元率の計算方法は?
例えば、利用額1,000円ごとに5円相当である1ポイントが付与される場合、5円は1,000円の0.5%なので、そのクレジットカードの還元率は0.5%と求められます。
ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードは?
三井住友カード ナンバーレスや、JCB CARD Wがおすすめです。三井住友カード ナンバーレスなら最大5%ポイント還元、JCB CARD Wならポイント優待店で最大5.5%の還元があります。
クレジットカードのポイントを効率的に貯めるには?
普段の買い物から携帯代や光熱費などの固定費の支払いまで、支払いには基本的に還元率が高いクレジットカードを利用するのがおすすめです。また、自分がよく利用するお店・サイト(楽天やAmazonなど)で還元率が高いクレジットカード何枚かに絞った方が、ポイントが貯まりやすいでしょう。
貯まったポイントの確認方法は?
多くのカード会社では、会員専用のサイトにて獲得したポイント数などが確認できます。しかしカード会社によって異なるため、一度公式サイトを確認してみましょう。
クレジットカード選びの際に還元率以外のチェック項目は?
記事内でも述べた通り、貯まったポイントの使い道やポイントの有効期限、ポイントがお得に貯まる優待店などを事前に確認しておきましょう。

まとめ

ここまで、クレジットカードの還元率とおすすめの高還元率カードをまとめてきました。

クレジットカードの還元率は平均0.5%程度。還元率1%以上が高還元率カードの基準といえます。

還元率でクレジットカードを選ぶ際は、

  1. 年会費
  2. ポイントの使い道
  3. 有効期限
  4. 優待店

4つに着目すると、納得いくクレジットカード選びができます。

今回紹介してきたランキングも合わせて参考にし、高還元率のクレジットカードでお得にポイントを貯めてみてください。

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事