還元率の高いクレジットカード 比較ランキング

クレジットカードを選ぶ際、多くの人が重視するポイントのひとつが「還元率」です。

その理由は、還元率が高いクレジットカードで支払いをするとポイントが貯まり、よりお得にお買い物ができるから。では、どのクレジットカードが、ポイント還元率が高くておすすめなのでしょうか?

今回は、ポイント還元率が高い!と言われている、計7枚のクレジットカードの還元率を比較したランキングをご紹介します。

還元率以外の比較基準
  • 年会費
  • ポイント還元率(通常時)
  • ポイントアッププログラム
  • ポイント利用例
  • 国際ブランド
  • ETCカード
  • 保険・補償
  • 特典キャンペーン
  • 審査可能年齢

上記の基準を基に、各クレジットカードの平均還元率や、還元率でカードを選ぶ際の注意点をわかりやすく解説していきます。

\人気のクレジットカード/

還元率が高いクレジットカードを探している方、必見の内容です!

還元率が高い!おすすめクレジットカード人気比較

JCB CARD W
三井住友カード
ナンバーレス
三井住友カード
リクルートカード
楽天カード
アメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
オリコカード THE POINT
三井住友カードナンバーレス
三井住友カード
リクルートカード
アメリカンエキスプレスゴールドカード
オリコカード THE POINT
年会費
永年無料
永年無料
インターネット入会で
初年度無料
2年目以降
1,375円税込
永年無料
永年無料
31,900円税込
永年無料
還元率
1-10%
0.5-5.0%
0.5-2.5%
1.2-4.2%
1%〜
1%
1%〜
発行
最短
3営業日
最短
即日発行
最短
翌営業日
最短
3営業日
申し込み後
1週間から10日程度
申し込み後
通常2週間程度
審査完了後
最短8営業日
国際ブランド
JCB
VISA
MasterCard
VISA
MasterCard
VISA
MasterCard
JCB
VISA
MasterCard
JCB
American Express
American Express
MasterCard
JCB
特典
キャンペーン
Amazon.co.jpで
最大10,000円
キャッシュバック
最大
5,500円相当
プレゼント
最大
5,500円相当
プレゼント
最大
6,000円相当
ポイント
プレゼント
最大
5,000ポイント
プレゼント
最大
50,000ポイント
プレゼント
最大
8,000円相当
ポイント
プレゼント
申込対象
18-39歳
満18歳以上
(高校生は除く)
18歳以上
高校生不可
18歳以上
18歳以上
原則高校生不可
-
18歳以上
高校生不可

※7月19日まで

1JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • 1,000円(税込)あたり2ポイントが貯まる|通常の2倍
  • 年会費永年無料|39歳までに申し込めば40歳以降も年会費無料のまま継続可能
  • 会計ごとではなく毎月の利用額に応じてポイントが加算される
  • 保険・セキュリティが充実|海外旅行傷害保険が最高2,000万円

JCB CARD Wは、クレジットカード会社”JCB”が発行する39才以下向けのウェブ限定カードです。

JCB CARD Wの特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。

 JCB CARD Wは通常のJCBカードと比べていつでもポイントが2倍貯まり、さらに優待店の利用でポイントは最大21倍に。
\年会費永久無料/

海外旅行保険やショッピングカード保険が付いているなど、セキュリティ対策もしっかりしています。

カードは39歳までに申し込めば、40歳以降も年会費無料のまま継続できます現在、期間限定のキャンペーンを実施しています。

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用で最大10,000円キャッシュバック!
  • さらに、抽選で10万円分のJCBギフトカードプレゼント
    期間:2021年10月1日(金)~12月7日(火)
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント
  • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント
  • キャッシング枠30万円以上の申し込みで200円プレゼント+利用で3,000円キャッシュバック
    期間:2021年10月1日(金)~2022年3月31日(木)
※参加登録時期にかかわらず、期間中に利用された金額がキャンペーン対象となります。1枚のカードを複数のデバイスに設定された場合でも、キャッシュバックの上限は1,000円となります。売上情報の到着時期によってはご利用合計金額の対象とならない場合があります。

とにかくポイントを貯めたいという方におすすめの1枚です。
年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時)
1〜10%
※通常1,000円(税込)につき2ポイント付与。1ポイント=5円相当として、何円分のポイントが還元されるかを基に還元率を算出しております。最大還元率として記載しております10%は、ポイント優待サイト経由でお買い物をした場合の最大還元率です。
ポイントアッププログラム
  • いつでもポイント2倍
  • パートナー店の利用でポイント最大11倍
  • スターバックス・amazonなどでポイント3倍以上
  • Oki Doki ランド経由のネットショッピングでポイント最大20倍 
ポイント利用例
  • JCBギフトカード
  • ANAマイレージ
  • Amazon など
国際ブランド  JCB
ETCカード  あり
保険・補償
  •  旅行傷害保険:海外2,000万円(最高)
  • ショッピングカード保険:海外100万円(最高)
特典
キャンペーン
  1. Amazon.co.jpでの利用で30%キャッシュバック
  2. スマリボ登録&利用で最大6,000円相当プレゼント など

※入会期間:2021年7月1日~9月30日

審査可能年齢  18歳以上39歳以下
\年会費永久無料/

2三井住友カード ナンバーレス

三菱カードナンバーレス

三井住友カード ナンバーレスのおすすめポイント
  • マクドナルドや各種大手コンビニでのタッチ決済ご利用でポイント還元最大5%※1
  • 年会費永年無料で利用できる|家族カードも年会費無料
  • セキュリティコードやカード番号が券面に記載されていないので不正利用の心配が減る
  • 新規入会&ご利用で最大5,000円相当プレゼント

三井住友カード ナンバーレス(NL)は、年会費が永年無料のクレジットカードです。

セキュリティコードやカード番号が券面に記載されていないシンプルなデザインで、セキュリティコードやカード番号は専用アプリにて確認できるようになっています。

  • 年会費永年無料
  • 新規入会&ご利用で最大5,000円分プレゼント
  • ナンバーレスでセキュリティ対策
  • 家族会員の年会費も無料
  • マクドナルドやセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートでのタッチ決済ご利用でポイント還元最大5%※1
  • アプリで簡単カード利用制限可能
  • かざすだけでのタッチ決済搭載

申し込みから最短即日発行、最短5分で作成できる※2のも特徴的です。

VISAとMastercardのタッチ決済も利用できるので、一枚で複数のお支払い方法が選べます。もちろん、お会計では他社ポイントやギフトカードに移行できる『Vポイント』も貯まります。

年会費 無料
ポイント還元率(通常時) 0.5~5.0%
※通常200円(税込)につき1ポイント付与、10%はポイントUPモールを経由した場合の最大還元率です。
ポイントアッププログラム
  • セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドでタッチ決済すればポイント最大5%還元
  • 対象のお店でポイントが+0.5%
  • ポイントUPモールでポイント2~20倍
ポイント利用例
  • 電子マネーでの利用
  • 他社ポイントへ移行
  • ANAマイル交換可能
国際ブランド Visa, Mastercard
ETCカード あり(年会費税込550円)
保険・補償 海外旅行傷害保険:最大2,000万円

事前に指定された費目のカード決済が必要

特典
キャンペーン
最大5,000円分相当プレゼント
審査可能年齢 満18歳以上(高校生を除く)

※1:一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。
※2:即発申込に関しては19:31~8:59は時間外のため、申込不可

3三井住友カード

三井住友カード

三井住友カードのおすすめポイント
  • マクドナルドや大手コンビニでのタッチ決済利用でポイント還元最大5%
  • オンライン申し込みで初年度年会費無料+最短翌営業日にカード発行が可能
  • 新規入会&利用で最大5,000円分プレゼント
  • 貯めたポイントを多くの電子マネーや他社のポイントに交換できる

三井住友カードは、18歳以上(高校生を除く)であれば発行可能なクレジットカードです。

三井住友カードの特徴は、ポイントを電子マネーや他社のポイントに交換するなど多くのお店でポイントが活用することが可能です。

またインターネット経由でのお申し込みで初年度年会費無料+最短翌営業日にカード発行が可能です。

  • 電子マネーへの交換が可能
  • 今なら新規入会&利用で最大5,000円分プレゼント
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 対象店舗でポイントが5倍

200円(税込)につき1ポイント還元されます。さらに今なら、新規入会+利用で最大5,000円分相当プレゼント中です。
次のお店でカードを利用するといつでもポイント5倍で還元されるので、よくご利用する場合とてもお得です。
ポイント5倍の対象店舗
  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

2年目以降年会費がかかる(条件により無料)などデメリットもありますが、それ以上にメリットの多いといえるクレジットカードです。

年会費 インターネット入会で初年度無料(2年目以降税込1,375円)
ポイント還元率(通常時)  0.5〜2.5%
※通常200円(税込)につき1ポイント付与、10%はポイントUPモールを経由した場合の最大還元率です。
ポイントアッププログラム 対象店舗で5倍 
ポイント利用例
  • 電子マネーでの利用
  • 他社ポイントへ移行
  • ANAマイル交換可能
国際ブランド Visa, Mastercard
ETCカード あり(年会費税込550円)
保険・補償(支払限度額) ショッピング補償:年間100万円
特典
キャンペーン
最大5,000円分相当プレゼント
審査可能年齢 18歳以上
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

4リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードのおすすめポイント
  • 通常利用で還元率1.2%
  • リクルートが運営する指定サービス利用で還元率最大4.2%
  • 貯まったポイントをPontaポイントに交換可能
  • 年会費は永年無料でお得

リクルートカードは、大手IT企業「リクルート」の名前を冠するクレジットカードです。

リクルートカードの通常時の還元率は1.2%。年会費無料クレジットカードとして、かなりの高還元率となっています。

さらにリクルートのポイント参画サービスである、

  • じゃらん
  • ホットペーパービューティー
  • ポンパレモール

などでポイントを使用可能で、対象サービスでクレジットカードを利用すると、最大4.2%ポイントが還元されます。

年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1.2%
ポイントアッププログラム リクルートサービスの利用で最大4.2%
ポイント利用例
  • Pontaポイントに交換
  • JALマイルに交換
国際ブランド  MasterCard, JCB, VISA
ETCカード  あり
保険・補償
  • 海外旅行損害保険:最大2,000万円
  • 国内旅行損害保険:最大1,000万円
  • ショッピング保険:年間200万円(支払限度額)
特典
キャンペーン
新規入会・利用で最大8,000円分相当のポイントプレゼント
審査可能年齢  18歳以上

5楽天カード

楽天カード

楽天カードのおすすめポイント
  • ポイント還元率は1〜3%
  • 顧客満足度12年連続1位を獲得
  • 年会費は永年無料でお得
  • 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント

楽天カードは、テレビCM楽天カードマンでお馴染みのクレジットカードです。

顧客満足度12年連続1位を獲得しており、年会費は永年無料、ポイント還元率は1%〜3%となっています。

\年会費永年無料/

ポイントが貯まりやすいことはもちろん、バラエティ豊かなデザインも楽天カードの魅力です。

楽天カードのデザイン
  • お買物パンダ デザイン
  • FCバルセロナデザイン
  • ミッキーマウスデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン

好きなデザインのカードへ申し込めるため、カード選びの楽しみが広がります。
年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1%
※100円につき1ポイント付与
ポイントアッププログラム
  • 楽天市場でポイント最大3倍
  • 楽天トラベルでポイント最大2倍
  • 楽天カードの優待店でポイント2倍以上
ポイント利用例 すき家、ファミリーマート、マクドナルド、ミスタードーナツ、楽天市場など多数店舗で利用可能
国際ブランド Visa, Mastercard, American Express, JCB
ETCカード あり
保険・補償 海外旅行傷害保険:最大2,000万円
特典
キャンペーン
  • 新規入会+利用で最大5,000ポイント
審査可能年齢 18歳以上
\年会費永年無料/
※出典:https://www.rakuten-card.co.jp/corporate/press_release/20201221/

6アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのおすすめポイント
  • 通常利用1.0%の還元率
  • プライオリティ・パスや空港ラウンジ無料サービス、レストランやホテルの優待
  • 家族カードの年会費が1枚無料
  • 最高1億円の海外旅行保険が付帯

アメックスゴールドは1.0%の還元率に加え、ゴールドカードとしての多彩なサービスが魅力の1枚です。

 プライオリティ・パスや空港ラウンジ無料サービスはもちろんのこと、レストランやホテルの優待が受けられます。

さらに、最高1億円の海外旅行保険が付帯航空便遅延費用補償も付いており、出張や海外旅行でも安心して利用できます。

また、アメックスゴールドなら家族カードの年会費が1枚無料。出張が多いビジネスパーソンから、旅行好きの家族まで重宝するゴールドカードです。

年会費 31,900円(税込)
ポイント還元率(通常時)  1.0%
※100円につき1ポイント付与、一部例外がございます。
ポイントアッププログラム メンバーシップ・リワード・プラス※年間参加費3,300円(税込)

  • ポイント有効期限無期限
  • 特定利用分ボーナスポイント
ポイント利用例
  • ANAマイル(2000ポイント=1,000マイル相当)
  • 15の提携航空マイル(2,000ポイント=1,000マイル相当)
国際ブランド American Express
ETCカード あり
保険・補償
  • 海外旅行傷害死亡保険:最大5000万円
  • 国内旅行傷害死亡保険:最大1億円
特典・キャンペーン 入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大合計50,000ポイント
審査可能年齢

7Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTのおすすめポイント
  • 入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ
  • 新規入会&利用で最大8,000オリコポイントプレゼント
  • 年会費永年無料でお得
  • 貯まったポイントはAmazonギフト券、楽ポイント、Tポイントなどに交換可能

Orico Card THE POINTは、株式会社オリエントコーポレーションが発行する、年会費永年無料のクレジットカードです。

 還元率は常に1.0%以上ですが、入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ。100円で2オリコポイントがたまります。

機能面では、iDとQUICPayの2種類の電子マネーを搭載。少額の買い物でもポイントを貯めやすいことが魅力です。

貯まったポイントは、500オリコポイントから即座に利用可能。使い勝手もかなり良好です。
年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時) 1%
※100円につき1ポイント付与
ポイントアッププログラム
  • オリコモールの利用でポイント0.5%以上追加
  • 電子マネー利用でポイント0.5%追加
ポイント利用例
  •  Amazonギフト券、楽ポイント、Tポイントなどとの交換可能
  • JAL、ANAマイレージとの交換
国際ブランド Mastercard, JCB
ETCカード あり
保険・補償
  • 海外旅行傷害保険:最大2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最大1,000万円
特典
キャンペーン
  • 入会後6ヵ月間はポイント還元率が2%
  • 入会・利用で最大8,000オリコポイントプレゼント
    ※2021年9月30日までにカード発行された方が対象
審査可能年齢 18歳以上

おすすめクレジットカード還元率ランキング

ここまで、7種類のクレジットカードを紹介してきました。ここからは、最高ポイント還元率が高い順にランキング形式で紹介します。

クレジットカード名 ポイント
還元率
 申し込み
1位 JCB CARD W 1-10%
1位 三菱カードナンバーレス 0.5-5.0%
1位 三井住友カード 0.5-2.5%
4位 リクルートカード 1.2%

※キャンペーン等によっては、本記事の記載よりも高いポイント還元率にてポイントが付与される場合があります。

キャンペーンや優待店舗などを上手に利用してお得にカードを使いましょう!

クレジットカードの還元率とは?わかりやすく解説

クレジットカードの還元率とは、基本的にクレジットカードで使った金額に対してポイントが戻ってくる割合のことです。

ほとんどのクレジットカードでは、カードごとに貯まる独自のポイントがあります。

例えば、100円ごとに1円相当にあたる1ポイントが貯まるクレジットカードの場合、1,000円の買い物で10ポイントが貯まり、このカードの還元率は1%といえます。

還元率が高いクレジットカードほど、より多くのポイントを貯めることが可能なのが通常です。

 

迷った方におすすめクレカ
当サイトで人気のJCBオリジナルシリーズで年会費が無料にも関わらず常にポイントが2倍!!など還元率が高いクレジットカードと言えます。
還元率 年会費 特典
1〜5.5% 無料 最大9,000円分
\年会費永久無料/
JCB CARD Wはコチラ

例:100万円分クレジットカードで買い物した場合

たとえば、100万円分の商品をクレジットカード払いで購入した場合、カードの還元率によってもらえるポイントは基本的に次のとおりです。

還元率 もらえるポイント
0.5% 5,000ポイント
1% 10,000ポイント
1.5% 15,000ポイント

還元率が0.5%と1.5%なクレジットカードを比較すると、もらえるポイントは1万ポイントも差が出ますね。

貯まったポイントは、

  • マイルと交換する
  • 商品と交換する
  • 他のポイントと交換する
  • 現金として利用する
  • 支払いから引く

など様々な使い方が可能ですが、貯まったポイントの使い道はクレジットカードにより異なります。

ポイントの還元率だけでなく使い方にも目を通しましょう。

\年会費永久無料/

クレジットカードの平均還元率

クレジットカードの平均還元率は、0.5%程度です。多くのクレジットカードでは、200円あたり1ポイントが貯まります。

平均をもとに考えると、高還元率クレジットカードの基準は還元率1%以上といえます。

 100円あたり1ポイント貯まるクレジットカードであれば、平均還元率の2倍ペースでポイントが貯まります。

クレジットカードの還元率を比較

ここで、代表的なクレジットカードの通常時のポイント還元率を表にして比較しました。ぜひクレジットカード選びの参考にしてみて下さい。

クレジットカード名 ポイント還元率
三井住友カード 0.5%※1
エポスカード 0.5%※2
JCBカード 0.5%※3
ライフカード 0.5%※4
セブンカード・プラス 0.5%※5
dカード 1.0%※6
Amazonカード 1.0%※7
Orico Card THE POINT 1.0%
Yahoo!カード 1.0%※8
楽天カード 1.0%
リクルートカード 1.2%
各クレジットカードのポイント還元率について
※1 出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/numberless/index.html、200円=1ポイントとして還元率を算出しております。
※2 出典:https://www.eposcard.co.jp/epospoint/earn/index.html?int_id=otop_pt、200円=1ポイントとして還元率を算出しております。
※3 出典:https://www.jcb.co.jp/point/use/transfer/nanaco.html、1ポイント=5円相当として、何円分のポイントが還元されるかを元に還元率を算出しております。
※4 出典:https://www.lifecard.co.jp/card/service/point/goods/exp_au.html、1ポイント=5円相当として、何円分のポイントが還元されるかを元に還元率を算出しております。
※5 出典:https://www.7card.co.jp/point/save.html、200円=1ポイントとして還元率を算出しております。
※6 出典:https://d-card.jp/st/services/points/shopping.html、1ポイント=1円相当として還元率を算出しています。
※7 出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/amazon/index.jsp、1ポイント=1円相当として還元率を算出しています。
※8 出典:https://card.yahoo.co.jp/campaign/?utm_source=card.yahoo.co.jp&utm_medium=yahoo&utm_campaign=125102、1ポイント=1円相当として還元率を算出しています。

クレジットカードによっては、キャンペーン利用や特定の店舗利用でポイント還元率が上がることがあります。

たとえば、通常時の還元率1%・優待店舗利用時の還元率2%などです。

ポイント還元率がアップする条件まで確認しておくと、よりお得にクレジットカードを選べます。

\年会費永久無料/

還元率でクレジットカードを選ぶ5つの注意点

還元率でクレジットカードを選ぶ5つの注意点

ここからは、還元率でクレジットカードを選ぶ際、気をつけるべき5つの主な注意点について解説します。クレジットカード選びに失敗しないためにも、ぜひ目を通してみてください。

1還元率は変化する

還元率でクレジットカードを選ぶ1つ目の注意点は、還元率が変化することです。カード会社が定めたクレジットカードの還元率は、固定のものではありません

 クレジットカードの還元率は、カード会社の取り決めによって変更となるケースがあります。

たとえば、入会時の還元率1%のクレジットカードが、来年度から0.5%になるなどです。

還元率が不変のものではないということを頭の片隅に入れておきましょう。

\年会費永久無料/

2ポイントの用途はクレジットカードで違う

2つ目の注意点は、ポイントの用途はクレジットカードによって違う点です。

貯まったポイントの使い道は、次のようにクレジットカード会社によって大きく異なります

  • ギフト券と交換
  • 現金として利用可能
  • マイルと交換

自分に合った使い道がなければ、せっかく貯めたポイントを活かしきれないため、貯まったポイントが何に使えるのか事前に確認しておきましょう。

ポイントの用途を確認しないまま申し込むことは、高還元率クレジットカードを選ぶ際、多くの人が陥りがちな失敗です。十分注意してください。

\年会費永久無料/

3年会費を確認する

還元率でクレジットカードを選ぶ3つ目の注意点は、年会費を確認することです。

年会費とは?
クレジットカードを利用するために年間で必要なお金のこと。

クレジットカードによっては、年会費が必要です。一般的に年会費が必要なクレジットカードほど、還元率は高くなります。

 しかし、ポイント還元率が高くても年会費が必要な場合、トータルでマイナスになるケースも十分ありえます。

例えば、年会費1250円・年間で貯めたポイントが1000ポイントの場合などです。

年会費は毎年支払う必要があるため、年数を重ねるほど大きな負担となります。お得にカードを使いたいのであれば、年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

\年会費永久無料/

4ポイントの有効期限に気をつける

4つ目の注意点は、ポイントの有効期限に気をつけることです。クレジットカードのポイントには、基本的に有効期限があります

 有効期限が切れると、ポイントは無効。どれだけポイントを貯めていても帳消しになってしまいます。

クレジットカードの中には、ポイントの有効期限が極端に短いカードもあるので要注意です。

ポイントの有効期限が短いほど、まとまったポイントを貯めるのが難しいうえ、ポイントを無駄にするリスクも高まります。

還元率重視でクレジットカードを選ぶのであれば、ぜひポイントの有効期限を確認しておきましょう。
迷った方におすすめクレカ
当サイトで人気のJCBオリジナルシリーズで年会費が無料にも関わらず常にポイントが2倍!!など還元率が高いクレジットカードと言えます。
還元率 年会費 特典
1〜5.5% 無料 最大9,000円分
\年会費永久無料/
JCB CARD Wはコチラ

5ポイント優待店をチェックする

還元率でクレジットカードを選ぶ際の最後の注意点は、ポイント優待店をチェックすることです。

 クレジットカードによって、ポイント還元率がアップする店舗「優待店」は異なります。

おすすめは、自分がよく利用する店舗が「優待店」になっているクレジットカードを選ぶことです。

たとえば、セブン-イレブンをよく利用する場合。セブン-イレブンでポイント還元率が2倍になれば、日常生活でお得にポイントが貯まります。

通常時のポイント還元率をチェックするのはもちろんですが

  • どこの店舗で
  • どんなときに

ポイント還元率がアップするのかも調べておくと安心です。

\年会費永久無料/

還元率が高いクレジットカードのメリット・デメリット

還元率が高いクレジットカードのメリット・デメリット

ポイント還元のあるクレジットカードのなかで、還元率が高いとされるのは一般的に1.0%以上のものと考えられます。一方で還元率0.5%より低いのは、還元率の低いクレジットカードといえます。

一見すると還元率が高いクレジットカードの方がいいように感じますが、実はそうともいい切れません。

そこでここでは、還元率の高いクレジットカードの主なメリット・デメリットを確認していきましょう。

1還元率が高いクレジットカードのメリット

還元率が高いクレジットカードの主なメリットは、基本的にポイントが貯まりやすいことです。

 たとえば還元率1.0%と0.5%のクレジットカードを比較してみた場合、還元率1.0%では1万円のショッピングで100ポイントが貯まりますが、0.5%では50ポイントしか貯まりません。

クレジットカードは継続的に利用するものなので、この差は将来的に大きくなります。
繰り返しになりますが、ポイントはクレジットカードによっては次のように活用できるため、還元率の高いクレジットカードの方が生活する上でかなりお得です。
クレジットカードのポイントの活用方法
  • ギフト券と交換
  • 現金として利用
  • マイルと交換
  • 支払い割引
\年会費永久無料/

2還元率が高いクレジットカードのデメリット

クレジットカードの還元率は高ければいいわけではなく、中には自動的にリボルビング払い(リボ払い)になるカードがあることに注意してください。

リボ払いとは?
リボ払いとは高い利息が付き、利用した金額が毎月定額で分割請求される、クレジットカードの返済方法のひとつです。

利用額に対して、10%を超える利息が請求されることもあります。

高い還元率だけに注目するのではなく、カードのサービス内容も必ず確認するのがおすすめです。

\年会費永久無料/

還元率が高いおすすめVISAクレジットカード3選

ここまで、還元率が高いクレジットカードのメリット・デメリットや、カードを選ぶときの注意点について説明しました。

還元率が高いだけでなくサービス内容もきちんと確認し、自分に合ったカードを選ぶことが大切です。

ここでは国際ブランドであるVISAカードのうち、とくにポイント還元率が高く、お得に利用できる3つのクレジットカードを紹介します。

 VISAは加盟店が多く、国内だけでなく海外でも使用できる国際ブランド。世界シェアや知名度が高く使いやすいため、国際ブランドのなかでもおすすめです。

1三井住友カード

三井住友カード

三井住友カードのおすすめポイント
  • 大手コンビニ3社・マクドナルドで2%のポイント還元
  • タッチ決済利用でポイント+2.5%
  • 当月の利用金額5万円以上でボーナスポイント付与

高還元率VISAカードを探しているなら、三井住友カードがおすすめです。三井住友カードでは、VISA・Mastercardから好きな国際ブランドが選べます。

また、下記のようにお得にポイントがもらえるプログラムを多数実施しています。

  • セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドで+2%ポイント還元
  • 対象店舗から最大3店舗選んで+0.5%ポイント還元
  • 1か月の利用金額5万円以上でボーナスポイントプレゼント

とくに注目すべきは、大手コンビニ3社とマクドナルドにおいて、電子マネーをやタッチ決済を利用すると最大5%のポイントが還元されることです。

普段からコンビニやマクドナルドをよく利用する人なら、無理せずポイントが貯められるでしょう。

さらに三井住友カードは、毎月の利用金額に応じたボーナスポイントを受け取れることも魅力の1つです。

ポイント優遇の内容は、以下の表のとおりです。

毎月の利用金額合計 付与ポイント
5万円以上 50ポイント
10万円以上 100ポイント
以降5万円ごと 100ポイント

三井住友カードでは年会費1,375円(税込)かかりますが、インターネットからの申し込みで初年度の年会費が無料になります。

 紙の明細書ではなくWEB明細を選択すれば、翌年度の年会費から550円割引されます。

また、カードの利用金額に応じた年会費割引があるため、使い方によっては年会費を格安で利用できるでしょう。年会費の割引額は、以下の表のとおりです。

利用金額 年会費の割引率
100万円以上300万円未満 半額
300万円以上 無料

※前年2~当年1月の支払い累計金額

2三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

三井住友カードデビュープラスのおすすめポイント
  • いつでもポイント2倍
  • 入会から3か月間は通常ポイント2.5倍
  • 年1回でもカードを利用すると年会費無料

三井住友カードデビュープラスは、18歳~25歳までが申込対象となる三井住友カードです。三井住友カードと異なる点は、以下のとおりです。

デビュープラス 三井住友カード
申込対象 18歳~25歳 18歳以上
年会費 1,375円
(年1回利用で翌年度無料)
1,375円
(初年度無料)
通常ポイント
還元率
1.00% 0.50%

デビュープラスは、いつでもポイントが2倍になるため、200円の利用で2ポイントがもらえます。さらに、入会後3か月間はポイントが2.5倍になることも魅力です。

 三井住友カードの特徴であるコンビニ・マクドナルドでの利用で、2%ポイント還元される点は変わりません。

25歳以下の方が高還元率のVISAカードを作りたいときは、三井住友カードの一般カードよりデビュープラスがお得でしょう。

3 ライフカード

ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
  • 誕生日月の利用でポイント還元率が3倍に!
  • 入会初年度はポイント1.5倍
  • ステージプログラムで最大2倍のポイントがもらえる

ライフカードは、さまざまなポイントプログラムで高還元率が狙えるクレジットカードです。ブランドは、VISA・JCB・Mastercardから選べます。

通常ポイント還元率は0.50%と一般的なクレジットカードと同様ですが、以下のケースでお得にポイントを貯められることが特徴です。

条件 ポイント
倍率
ポイント
還元率
入会初年度 1.5倍 0.75%
誕生日月 3倍 1.50%
年間利用金額
50万円以上
1.5~2倍 0.75~1.00%
L-Mall利用 最大25倍 最大12.50%

「L-Mall」とは、ライフカードのショッピングモールで、サイト経由で買い物をするだけで最大25倍のポイントが貯まる仕組みです。

 楽天市場やYahoo!ショッピングなど、人気のショップが500店舗以上掲載されています。普段の買い物でもポイントを貯めやすく、高還元率を期待できるVISAカードです。

また上記以外にも、1年間の利用金額50万円以上で300ポイントが付与されます。年間利用金額が50万円以上を予定している人にとって、お得にポイントを貯められます。

Amazonで高還元率なおすすめクレジットカード3選

交通網の発達により、近年はより早く荷物が届くようになりました。そのため、以前よりもネットショッピングを利用する人が増えています。

とくにクレジットカードを利用する場合は、ネットショッピングでポイントの還元率が上がることもあり、ぜひ利用したいところです。

ここでは、Amazonを主に利用する場合に、高還元率を期待できるおすすめのクレジットカード3つを比較します。

1JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD WでAmazon.co.jpを
利用したときの還元率
最大4.50%

特徴① いつでもポイント2倍+優待店ボーナス

JCB CARD Wのキャンペーン

JCB CARD Wは、JCBが発行する18歳~39歳向けのクレジットカードです。39歳までに申し込みをすれば、40歳以降もカードを利用できます。

 JCB CARD Wは、いつでもポイント2倍になることが特徴です。優待店でなくても、常時通常ポイント+1倍のポイントがもらえます。

Amazonは優待店のため、「オリジナルシリーズ優待店ボーナス」としてポイントが3倍付与されます。

合計4倍のOki Dokiポイントがもらえ、JCBプレモカードへ交換するとポイント還元率は2.00%です。通常カードは0.50%のため、JCB CARD Wのポイント還元率が高いことがわかります。

\年会費永久無料/

特徴② ポイントの交換方法でお得に

JCB CARD Wのパートナーポイントプログラム

JCB CARD Wで貯めたポイントはそのままAmazonでも利用でき、交換レートは3.5円このままでも十分高い還元率ですが、JCBプレモカードに交換すると交換レートは1ポイント=5円で交換できます。

多少手間はかかりますが、よりお得にポイントを使いたいならポイントの交換方法もチェックしましょう。

JCBプレモカードとは、全国70万店以上で使えるギフトカードです。Amazonでも利用できるので、わざわざ使える店舗を探す必要はありません。また、Amazonの買い物に使用できます。

特徴③ キャンペーン利用でポイント還元率アップ

JCB CARD Wのキャンペーン

JCB CARD Wでは新規入会キャンペーンとして、Amazonの利用金額30%キャッシュバックをおこなっています。
※キャンペーン期間:2021年7月1日〜9月30日

 上限5,000円で、利用金額の30%がカードの支払金額から引かれるため、Amazonの買い物でJCB CARD Wを使う人がお得に利用できるキャンペーンです。
\年会費永久無料/

2三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラスで
Amazon.co.jpを利用したときの還元率
最大6.50%

特徴① サイト経由でポイント最大5倍

三井住友カードデビュープラスは、三井住友が発行する18歳~25歳限定のクレジットカードです。

26歳以降は、三井住友カードプライムゴールドへと切り替わり、充実した付帯サービスを受けられるようになります。

 デビュープラスは、通常カードと比べてポイントがいつも2倍付与されることが特徴です。

さらに「ポイントUPモール」を経由してAmazonで買い物をすると、最大4%のポイント還元が受けられます。通常ポイントの還元率は1%なので、最大5%のポイントがもらえます。

特徴② 入会後3か月間は最大6.50%ポイント還元

デビュープラスの魅力は、入会後3か月間はポイントが5倍になることです。通常の三井住友カードのポイント還元率は0.5%なので、デビュープラスに入会後3か月間は2.5%に上がります。

入会後特典と、ポイントUPモール経由の特典は併用できます。

ポイントUPモール経由でAmazonを利用した場合、最大で6.5%の高還元率です。

3三井住友カード

三井住友カード

三井住友カードでAmazon.co.jpを
利用したときの還元率
最大4.50%

特徴① 18歳以上で年齢制限なく発行可能

三井住友カードはデビュープラスとは異なり、年齢の上限なく発行できるクレジットカード。

 18歳以上の安定した収入のある人が申し込み対象です。

ブランドはVISAとMastercardから選ぶことができ、インターネットからの入会で初年度年会費が無料になります。

特徴② ポイントUPモール経由で+4%ポイント還元

デビュープラスではいつでもポイント2倍で、ポイント還元率1%でした。三井住友カードは、ポイント特典はなく還元率0.50%です。

しかし、「ポイントUPモール」を経由してAmazonで買い物をすると、最大4%のポイント還元があります。

通常ポイントと合算すると、最大で4.5%のポイントが還元されることが特徴です。

ポイントUPモールを経由した場合、Amazonの商品カテゴリーによってポイントの還元率が異なります。

特徴③ 今なら新規入会・利用で最大5,000円相当がもらえる

三井住友カードに新規入会し、カードを利用すると今なら最大で5,000円相当のポイントがもらえます。

 ポイントはVポイントとして付与され、Amazonギフト券に交換することも可能です。

ポイント交換の際は、Vポイント1ポイントに対してAmazonギフト券0.8円分がもらえます。

クレジットカードの還元率に関するよくある質問

クレジットカードのポイント還元率とは?
基本的に、クレジットカードで使った金額に対して、何円分のポイントが付与されるかの割合のことです。
ポイント還元率とポイント付与率の違いは?
ポイント付与率とは、基本的にクレジットカードで使った金額に対してもらえるポイントの割合のことを指します。利用額1,000円で1ポイントが付与される場合、ポイント付与率は0.1%です。
ポイント還元率の計算方法は?
例えば、利用額1,000円ごとに5円相当である1ポイントが付与される場合、5円は1,000円の0.5%なので、そのクレジットカードの還元率は0.5%と求められます。
ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードは?
三井住友カード ナンバーレスや、JCB CARD Wがおすすめです。三井住友カード ナンバーレスなら5%ポイント還元、JCB CARD Wならポイント優待店で10%の還元を受けることも可能です。
クレジットカードのポイントを効率的に貯めるには?
普段の買い物から携帯代や光熱費などの固定費の支払いまで、支払いには基本的に還元率が高いクレジットカードを利用するのがおすすめです。また、自分がよく利用するお店・サイト(楽天やAmazonなど)で還元率が高いクレジットカード何枚かに絞ったほうが、ポイントが貯まりやすいでしょう。
貯まったポイントの確認方法は?
多くのカード会社では、会員専用のサイトにて獲得したポイント数などが確認できます。しかしカード会社によって異なるため、一度公式サイトを確認してみましょう。
クレジットカード選びの際に還元率以外のチェック項目は?
記事内でも述べましたとおり、貯まったポイントの使い道やポイントの有効期限、ポイントがお得に貯まる優待店などを事前に確認しておきましょう。

まとめ

ここまで、クレジットカードの還元率とおすすめの高還元率カードをまとめてきました。

クレジットカードの還元率は平均0.5%程度。還元率1%以上が高還元率カードの基準といえます。

還元率でクレジットカードを選ぶ際は、

  1. 年会費
  2. ポイントの使い道
  3. 有効期限
  4. 優待店

の4つに主に着目すると、納得いくクレジットカード選びができます。

今回紹介してきたランキングも合わせて参考にし、高還元率のクレジットカードでお得にポイントを貯めてみてください。

\年会費永久無料/

関連記事

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事