クレジットカードの作り方!学生・無職・未成年は作れるのか?

一般社団法人日本クレジット協会によると、年間約3万枚が発行されている「クレジットカード」。

初めてクレジットカードを作る方の中には「クレジットカードの作り方が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クレジットカードの作り方を解説。必要なものや作成手順をまとめています。

大学生・未成年・無職でクレジットカードを作る方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、クレジットカード作成に必要なものを確認していきましょう。

クレジットカードに必要なものは基本的に以下3点です。

  1. 本人確認書類
  2. 銀行口座
  3. 住所

それぞれ解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

本人確認書類

クレジットカード作成には、本人確認書類が必要不可欠です。

クレジットカードの申し込みで用意する本人確認書類は、基本的に以下のような本人確認書類のいずれか2点です。

クレジットカード作成の本人確認書類の例
  • 運転免許証のコピー
  • パスポートのコピー
  • 健康保険証のコピー
  • 住民票の写し

本人確認書類が用意できなければ、クレジットカードは作成できません。

クレジットカードの申し込みでは、運転免許証を本人確認書類として提出する方が大半を占めています。

運転免許証を持っていない方は「パスポート」「健康保険証」「住民票」などの方法で代替できることがあります。

もし本人確認書類として住民票の写を利用する場合、発行から6ヵ月以内のものである必要があります。必ず発行期限を確認しましょう。

※本人確認方法の詳細については各サービスによって異なる場合もあるので公式サイト等で発表されているものを参照しましょう。

\永久に年会費無料/

銀行口座

クレジットカードで利用代金は、銀行口座から自動で引き落とされます。

そのため、クレジットカードの作成には代金を引き落とす銀行口座が欠かせません。

クレジットカード作成に利用する銀行口座は自分名義である必要があります。

もし銀行口座を持っていない方は、まず銀行口座を作りましょう。

また、クレジットカード会社によっては登録できる銀行口座が指定されているケースもあります。

自分が使っている銀行口座が対象外の場合は、

  • 新たに銀行口座を作る
  • 他のクレジットカードに申し込む

どちらかで対応しましょう。

\永久に年会費無料/

住所

クレジットカードは、郵送で送られてくるのが一般的です。

クレジットカードを受け取る住所を決めましょう。とくに本人確認書類の住所とカードの受け取り住所が異なる方は、注意が必要です。

本人確認書類と異なる住所でクレジットカードを受け取る方は、以下のような書類のいずれかを用意してください。

  • 受け取り住所と氏名が記載されている公共料金の領収証
  • 受け取り住所と氏名が記載されている社会保険料の領収証
  • 受け取り住所と氏名が記載されている税金の領収証

これら全ては発行から6ヶ月以内であることが条件です。

受け取り先の住所が自分名義と証明できなければ、クレジットカードは受け取れません。

クレジットカードの作成を検討している方は、領収証を保管しておくと安心です。
\永久に年会費無料/

クレジットカードの作成方法3つ

クレジットカードの作成方法には、主に3つの方法があります。

  1. ネットで申し込む
  2. 店頭で申し込む
  3. 郵送で申し込む

ここでは、各クレジットカードの作成方法を紹介しています。ぜひ自分に合った作成方法でクレジットカードを作ってみてください。

ネットで申し込む

クレジットカードをネットで作成する手順は以下の通りです。

ネット:クレジットカードの作成方法
  1. クレジットカードを選ぶ
  2. 希望するクレジットカードへ申し込む
  3. 必要事項を記入する
  4. 審査
  5. カードを受け取る

1クレジットカードを選ぶ

まずは、クレジットカード会社のサイトにアクセスします。前もって作りたいクレジットカードを選んでおきましょう。

クレジットカードを選ぶ際のポイントは

  • 還元率
  • 年会費
  • 国際ブランド
  • ステータス
  • 保険・補償内容
  • 特典・サービス

などです。クレジットカードによって特徴は大きく異なるので、よく比較・検討し自分にピッタリの1枚を選んでみてください。

\永久に年会費無料/

2希望するクレジットカードに申し込む

希望するクレジットカードに申し込みます。

希望するクレジットカードの申し込みページにアクセス。申し込みボタンを押しましょう。

クレジットカードの申し込みページは、作りたいクレジットカード名で検索すると出てくる場合がほとんどです。

申し込みボタンを押すと利用規約が表示されますので、内容をよく読み問題がなければ同意して次に進みます。

3必要事項を記入する

次に、必要事項を記入します。

クレジットカードの申し込みで記入する必要事項は

  • 名前
  • 住所
  • 年収
  • 職業
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 銀行口座

などです。必要事項を全て記入すれば、申し込み完了です。

 申し込み完了後は、申し込み番号が表示されますので、必ず控えましょう。

申し込み番号は、カードの発送状況・審査状況を確認する際に使用します。

またクレジットカード会社によって、記入する内容は若干異なりますので、カード会社の案内に従いましょう。

\永久に年会費無料/

4審査

記入した必要事項をもとに、カード会社が審査を行います。

クレジットカードで審査されるのは主に「返済能力があるのか」の1点です。

クレジットカード発行会社は

  • 収入
  • 過去の取引履歴
  • 他社の借入状況
  • 職業
  • 属性

などを総合的にチェック。最終的に返済能力があると判断されれば、審査通過となりクレジットカードが作れます。

 クレジットカードの審査期間は、通常2週間程度です。

ただし、審査期間もクレジットカード会社によって大きく異なります。作りたいクレジットカードの審査期間を事前に調べておくと良いでしょう。

\永久に年会費無料/

5カードを受け取る

審査が通過すれば、クレジットカードを受け取るのみです。

クレジットカードが受け取り先に指定した住所へ送られます。受け取りにお金は一切必要ありません。

クレジットカードを受け取ったら、中身に間違いがないか確認しましょう
 もし「名前が間違っている」「申し込んだカードと違う」など、届いた中身に誤りがある場合は、クレジットカード会社へ連絡してください。

後々トラブルに繋がる可能性もありますので、できる限り早く対応しましょう。

店頭で申し込む

店頭でクレジットカードを作成する手順は以下の通りです。

店頭:クレジットカードの作成方法
  1. お店へ行く
  2. クレジットカードの申し込み情報を記入する
  3. 審査
  4. カードを受け取る

1店頭へ行く

クレジットカードによっては、店頭で申し込めるものもあります。

店頭申し込み可能なクレジットカード(一例)
  • エムアイカード
  • PARCOカード
  • セゾンカード
  • エポスカード
  • ACマスターカード

店頭でクレジットカードを作成する場合、申し込みカウンターの場所と営業時間をよく確認しておきましょう。

 とくに営業時間外にカードの申し込みや受け取りはできません。

審査や手続きにかかる時間も考えて、営業時間終了の1時間半前までには、店頭に足を運ぶようにしてください。

\永久に年会費無料/

2クレジットカードの申し込み情報を記入する

クレジットカードの申し込み情報を記入します。

店頭申し込みでは

  • 本人確認書類
  • 金融機関の口座番号
  • 金融機関の届け印

などが必要ですので、忘れず持参しましょう。もし1つでも不足していれば、カードへ申し込みできません

無駄足とならないように前もって準備しておくことが大切です。

3審査

申込書の内容をもとに、クレジットカードの審査を行います。

店頭申し込みできるクレジットカードの審査は、即日完了が一般的です。審査スピードが短いことは、店頭申し込みの大きな魅力でしょう。

※申込みの時間帯などによっては即日での審査ができない場合もあります。

ただし、クレジットカードによっては店頭で申し込みだけ行い、後日審査結果が連絡されるケースもあります。

できれば、審査にどのくらい時間がかかるのか、事前に調べておきましょう。
\永久に年会費無料/

4カードを受け取る

審査が通過すれば、その場でカードを受け取ります。

ただし、即日発行・店頭受け取りを行うには、カードカウンター営業時間を確認し、必要書類などを準備しておくことが大切です。

営業時間外ギリギリに行ったり、書類が不足していたりすると、手続きのやり直しが必要なこともあります。

郵送で申し込む

郵送でクレジットカードを作成する手順は以下の通りです。

郵便:クレジットカードの作成方法
  1. 郵送申込書を取り寄せる
  2. 書類に必要事項を記入して送る
  3. 審査
  4. カードを受け取る

1郵送申込書を取り寄せる

郵送でクレジットカードを作成する場合、まず郵送申込書を取得する必要があります。

郵送申込書の取得方法は、主に以下3つです。

  1. 店頭などで直接もらう
  2. ネットから申し込み方法で「郵送」を選択する
  3. 電話で問い合わせる

郵送申込書の取得方法や発送までの期間は、クレジットカード会社によっても異なります。

作りたいクレジットカードを選んでから、郵送申込書を取り寄せるとスムーズです。

\永久に年会費無料/

2書類に必要事項を記入して送る

届いた書類に必要事項を記入します。郵送申し込み書を送る際の注意点は、本人確認書類を忘れず同封することです。

郵送申し込みの場合、申込書と別に本人確認書類を提出しなければなりません。

 もし、本人確認書類を忘れてしまうと、再度手続きをやり直す必要があります。記入漏れがあった場合も同様です。

郵送でクレジットカードを作成する方は、書類を送る前に不備がないかよく確認しましょう。

3審査

返送した書類がカード会社に届き次第、審査が行われます。

通常クレジットカードの審査期間は2週間程度です。しかし、郵送で申し込みした場合は郵送期間がプラスされるため、審査期間も若干程度長くなります。

4カードを受け取る

審査に通れば、クレジットカードが発送されます。

クレジットカードは、申込本人に直接郵送されるのが一般的です。受け取りに運転免許証が必要なことがありますので、準備しておきましょう。

未成年がクレジットカードを作りたい場合の作成方法

未成年でもクレジットカードを作ることは可能です。

ただし、未成年がクレジットカードを作る場合、3つの条件を満たしている必要があります。

未成年がクレジットカードを作る3つの条件
  1. 18歳以上
  2. 高校生でないこと
  3. 親権者の同意があること

それぞれ条件を解説していきます。

\永久に年会費無料/

118歳以上

未成年でクレジットカードが作れるのは、18歳以上のみです。18歳未満は、どれだけ収入があろうとクレジットカードを作成できません。

2高校生でないこと

18歳以上でも高校生はクレジットカードが作成できません。未成年でクレジットカードが作れるのは

  • 大学生
  • 社会人

いずれかに該当している場合のみです。

3親権者の同意があること

未成年がクレジットカードを作るには、親権者の同意が必要です。

 もし収入があったとしても、未成年であれば親権者の同意なしにクレジットカードは作成できません。

同意確認方法は、クレジットカード会社から親権者に電話がかかってくることが一般的です。

未成年でクレジットカードへ申し込む際は、あらかじめ親権者の同意を得るようにしましょう。
\永久に年会費無料/

大学生がクレジットカードを作りたい場合の作成方法

大学生であれば、基本的に問題なくクレジットカードを発行できます。20歳以上であれば、親権者の同意も必要ありません。

大学生がクレジットカードを作る場合、おすすめは学生専用クレジットカードへ申し込むことです。

学生専用クレジットカードは、収入が少ない大学生でも発行しやすいのが最大の特徴です。

大学生が一般カードに申し込むと、審査に通らないこともあるので、なるべく学生向けのカードへ申し込みましょう。

無職でもクレジットカードは作成できる?

無職でもクレジットカードは作成できます。

ただし、無職だとクレジットカードの審査に通りにくくなる傾向にあることは事実です。

その理由は?

クレジットカード会社の多くは安定した収入があることを申し込み条件としているからです。

しかしながら、一定の条件を満たしていれば無職でもクレジットカードを作れる可能性はあります。

無職でクレジットカードが作れるケースは以下3つです。

  1. 被扶養者
  2. 学生
  3. 資産が豊富にある

それぞれ解説していきます。

\永久に年会費無料/

1被扶養者

自分が被扶養者で、扶養者に十分な収入があれば、無職でもクレジットカードを作成できる可能性があります。

たとえば、主婦(主夫)で配偶者に安定した収入がある場合などです。

自分を扶養してくれる方がいる場合、クレジットカードに申し込む価値は十分あります。

2大学生

クレジットカードには、学生向けカードがあります。

学生向けカードとは?
収入が無い大学生でも作成できるクレジットカードです。

学生向けカードに申し込むことで、無職の大学生でもクレジットカードを作成できます。

\永久に年会費無料/

3資産が豊富にある

働いていなくても、預貯金など資産が十分にある場合、クレジットカードを作成できることがあります。

 ただし、クレジットカードの審査では「継続的な収入」が重視されるため、資産が十分だからと行って必ずしも審査に通過するとは限りません。

人気のおすすめクレジットカード

1JCB CARD W

JCB CARD W
まずは当サイトで人気のJCB CARD Wです。JCB CARD Wは、JCBが発行する39歳以下限定のクレジットカードです。

JCB CARD Wの特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。通常のJCBカードに比べて、国内・海外どこで使ってもポイント付与率が2倍以上となっています。

  • いつでもポイント付与が2倍
  • JCBオリジナルパートナーズのお店でポイント2倍以上
  • 入会後3ヶ月間ポイントがすべて4倍※2021年1月1日(金・祝)~2021年3月31日(水) カード入会(発行)分まで
  • 年会費無料
\年会費永久無料/
JCBオリジナルパートナーズ一例
  • スターバックス
  • セブンイレブン
  • amazon

また、JCBが運営するポイント優待サイトOkidokiランド(参加ショップ:Amazon,楽天,yahooの人気店など)経由で買い物すると、なんとポイント最大20倍となります。

紛失・盗難サポートがあるなど、セキュリティサポートも万全です。39歳以下の方であれば、メインカードの最有力候補と言えます。

\年会費永久無料/
年会費  永年無料
ポイント還元率(通常時)  1〜7%
ポイントアッププログラム
  • いつでもポイント2倍
  • 優待店の利用で3〜21倍
  • 入会後3ヵ月は5〜23倍
  • amazon・セブンイレブンなどでポイント3倍
  • スターバックスでポイント10倍
  • Okidokiランド経由のネットショッピングでポイント最大20倍 
ポイント利用例
  •  JCBギフトカード
  • ANAマイレージ
  • Amazon など
国際ブランド  JCB
ETCカード  あり
保険・補償
  •  旅行傷害保険:海外2,000万円(最高)
  • ショッピングカード保険:海外100万円(最高)
特典・キャンペーン
  • 新規入会限定Amazonプライムギフトコード3ヶ月プレゼント
     ※2021年1月1日(金・祝)~2021年3月31日(水)カード入会(発行)分まで
  • 入会後3ヶ月間ポイント4倍
    ※2021年1月1日(金・祝)~2021年3月31日(水) カード入会(発行)分まで
  • スマリボ登録&利用でポイント10倍
申し込み対象  18歳以上35歳以下
\年会費永久無料/

2VIASOカード

viasoカード

VIASOカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。VIASOカード最大の特徴は「オートキャッシュバック機能」です。

オートキャッシュバック機能とは

貯まったポイントを自動で現金還元してくれる機能のこと。

一般的なクレジットカードの場合、貯まったポイントの使い方を調べて、商品やポイントと交換したり換金したりする必要あります。

 貯まったポイントを使う手続きが面倒なため、ポイントを無駄にしてしまう方も多くいます。

しかし、VIASOカードなら手続き不要で、貯まったポイントが口座に直接現金でキャッシュバックポイントが無駄になることは一切ありません。

  • 貯まったポイントを現金への交換が可能
  • 今なら最大10,000円分キャッシュバック
  • 永年年会費無料
  • ネットショッピングで最大10%還元
  • 海外旅行傷害保険最高2,000万円
\ポイントが現金になる!!/
年会費  永年無料
ポイント還元率(通常時)  0.5〜10%
ポイントアッププログラム
  •  携帯電話料金の支払いでポイント2倍
  • Visa eショップ経由での買い物でポイント最大10%(Amazon,楽天,yahoo,じゃらん)
  • ETCカードでポイント2倍
ポイント利用例  自動で現金還元
国際ブランド  Visa、MasterCard
ETCカード  あり
保険・補償
  • 海外傷害旅行保険:最高2000万円
  • ショッピングパートナー保険サービス:年間100万円 
特典・キャンペーン  新規入会で最大20%還元
申し込み対象  18歳以上
\ポイントが現金になる!!/

3三井住友カード

三井住友カード
三井住友カードは、18歳以上であれば発行可能なクレジットカードです。

三井住友カードの特徴は、ポイントを電子マネーや他社のポイントに交換するなど多くのお店でポイントが活用することが可能です。

またインターネット経由でのお申し込みで初年度年会費無料+最短翌営業日にカード発行が可能です。

  • 電子マネーへの交換が可能
  • 今なら最大8,000円分プレゼント
  • 初年度年会費無料
  • 対象店舗でポイントが5倍
\初年度年会費無料/

通常200円につき1ポイント還元されます。さらに今ならお申し込みで最大8,000円プレゼント中です。
ポイント5倍の対象店舗
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド など

上記のお店でカードを利用するといつでもポイント5倍で還元されるのでよくご利用する場合とてもお得です。

  • 2年目以降年会費がかかる(条件により無料)

などデメリットもありますが、それ以上にメリットの多いクレジットカードです。

年会費 初年度無料(2年目以降税込1,375円)
ポイント還元率(通常時)  0.5〜2.5%
ポイントアッププログラム
  • 対象店舗で5倍 
ポイント利用例
  • 電子マネーでの利用
  • 他社ポイントへ移行
  • ANAマイル交換可能
国際ブランド  Visa,Mastercard
ETCカード  あり(年会費税込550円)
保険・補償  ショッピング補償:年間100万円-300万
特典・キャンペーン 最大8,000円プレゼント
申し込み対象  18歳以上
\初年度年会費無料/

4ライフカード

ライフカード

ライフカードは、年会費無料のクレジットカードです。

保険・補償内容の充実度には目を見張るものがあります。旅行からショッピングまで、安心して使えます。

  • 年会費が無料、家族カードやETCカードも発行手数料無料 ※1
  • 今なら最大10,000円分ポイントプレゼント
  • 誕生日月がポイント3倍
  • ポイントをAmazonギフト券や楽天のポイントに交換可能

※1 一部有料のカードがあります。

国際ブランドは、 VISA、MasterCard、JCBの3つから選択可能。最短3営業日で発行できるため、いますぐクレジットカードが欲しいという方にもピッタリのカードです。

\年会費永久無料/
年会費  永年無料
ポイント還元率(通常時)  0.5〜1.5%
ポイントアッププログラム
  •  誕生月の利用はポイント3倍
  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • L-Mallを経由してショッピングするとポイント最大25倍
ポイント利用例
  • カタログ商品と交換 
国際ブランド  VISA、MasterCard、JCB
ETCカード  –
特典・キャンペーン
  • 最大10000円相当プレゼント
  •  入会3ヵ月以内に家族や友達を紹介すると6000ポイント還元
  • 入会後3ヵ月のショッピング利用額に応じて最大1,200ポイント
申し込み対象  18歳以上
\年会費永久無料/

まとめ

ここまで、クレジットカードの作り方を解説してきました。

クレジットカードの申し込みはネットから簡単にできます。必要な書類や作成の流れを確認して、スムーズに手続きを進めましょう。

ぜひ今回の内容を参考に、クレジットカードを作ってみてください。

関連記事

債務整理記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事