おすすめのiD付きクレジットカード!使い方やメリット・デメリット

スマホやクレジットカードをかざすだけで支払いが完了し、スマートに使える電子マネーのiD。

「iDに紐づけられるクレジットカードが知りたい!」「おすすめのiD付きクレジットカードはどれ?」という方もいるでしょう。

クレジットカードなしでも利用できますが、メリットを最大限に生かすならクレジットカードとの組み合わせがおすすめです。

そこで今回は、おすすめのiD付きクレジットカードと、iDに紐づけられるおすすめクレジットカードを3枚ずつ紹介します。さらに、iDの基本情報やメリット・デメリットも解説します。

iD付きクレジットカードを調べいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

【iD付き】おすすめクレジットカード3選

三井住友カード ナンバーレス

三井住友カード ナンバーレス

三井住友カードナンバーレスは、最大還元率5.0%のiD付きクレジットカードです。

 大手コンビニ3社、またはマクドナルドで利用すると、利用金額の最大5%が還元されます。

通常還元率0.5%に加えて、コンビニまたはマクドナルドで2%、タッチ決済で2%の計5%がもらえる仕組みです。iDの魅力である「かざすだけ」の支払い方法を選ぶだけで、還元率が2%プラスされるのは魅力的でしょう。

三井住友カード(NL)

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/add/id/index.jsp#application-title

また、三井住友カードナンバーレスの年会費は無料です。年会費無料のクレジットカードの中でも、比較的高い還元率を誇るカードだと言えます。

日常的にコンビニやマクドナルドを利用する方だけでなく、初めてクレジットカードを発行する方にもおすすめの1枚です。

最大2,000万円まで保証してもらえる海外旅行保険が付いているところも、魅力のひとつです。
年会費 無料
ポイント還元率 0.5~5.0%
ポイントの種類 Vポイント
交換可能ポイント Tポイント、楽天ポイントなど
ETCカード 年会費:550円(税込)
※初年度無料
家族カード 年会費:無料
電子マネー iD・WAON
付帯保険・サービス 海外旅行保険

dカード GOLD

dカード ゴールド

dカード GOLDは、docomoユーザーにおすすめなiD付きクレジットカードです。

 docomoの携帯料金、またはドコモ光の支払いに利用すると、1,000(税別)につき100円分のdポイントがもらえます。

仮に、毎月の携帯料金が10,000円だとした場合、年間12,000円分のdポイントが還元されます。DAZNや光TV、dマガジンなどの、docomoが運営するサービスの還元率も10%なので、それらの定額サービスを利用している方にもお得でしょう。

dカード GOLD

出典:https://d-card.jp/st/abouts/d-cardgoldapply.html

またdカード GOLDには、ゴールド会員らしい手厚い保証・サービスが付いています。

たとえば、新しいスマホを購入してから3年以内に紛失・盗難、修理不能な状態になった場合、最大10万円保証してもらえます。

同一機種・同一カラーのスマホをdカード GOLDで購入すると、後々10万円までの購入金額がキャッシュバックされる仕組みです。

その他にも、最大1億円まで保証してもらえる海外旅行保険や、年間最大300万円まで保証してもらえるショッピング保険が付いていますよ。
年会費 11,000円(税込)
ポイント還元率 1.0~4.5%
ポイントの種類 dポイント
交換可能ポイント
ETCカード 年会費:無料
家族カード 年会費:1,100円(税込)
電子マネー iD
付帯保険・サービス 国内・海外旅行保険、ショッピング保険
\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象

Orico Card THE POINT(オリコ カード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT(オリコ カード ザ ポイント)

Orico Card THE POINTは、どこで使っても1%以上もらえるiD付きクレジットカードです。

 オリコが運営する「オリコモール」経由で、楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングを利用した場合、還元率2%に上がります。

もらえるポイントの種類はオリコポイントで、

  • Tポイント
  • 楽天ポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント

など、さまざまな他社ポイントに「1P=1円」で交換できます。iD付きクレジットカードで貯めたポイントの使い道を広げられるため、使い道に困る心配がありません。

Orico Card THE POINT(オリコ カード ザ ポイント)

出典:https://www.orico.co.jp/thepoint/point/save.html

また、通常還元率1%に加えて、iD利用分として0.5%分のポイントがもらえます。iDで決済するだけで、毎回1.5%以上のポイントがもらえるのは大きなメリットでしょう。

国内航空を優待価格で利用できる「国内格安航空券サービス」や、国内・海外のレンタカーを割引価格で利用できる「レンタカーサービス」など、豊富なサービスが付いているところもポイントです。

年会費無料の、使い勝手がいいiD付きクレジットカードをお探しの方におすすめの1枚です。
年会費 無料
ポイント還元率 1.0~2.0%
ポイントの種類 オリコポイント
交換可能ポイント Tポイント、楽天ポイントなど
ETCカード 年会費:無料
家族カード 年会費:無料
※3枚まで発行可能
電子マネー iD、QUICPay
付帯保険・サービス 海外Wi-Fiレンタルサービスなど

【iDと紐づけ可能】おすすめクレジットカード3選

ライフカード

ライフカード

ライフカードは、1,000円(税込)につき1ポイントがもらえる年会費無料のクレジットカードです。

 貯まるポイントはLIFEサンクスポイント。キャッシュバックに使うと「1P=4.72円相当」の価値があるポイントです。※1

入会後はポイント1.5倍になったり、誕生日月は3倍など、ポイントを貯めやすいサービスがあります。1年間の利用金額に応じて、ポイント還元率がどんどん上がる「ステージ制プログラム」も魅力の一つでしょう。

1年間の利用金額が50万円(税込)だった場合、翌年の還元率は1.5%になり、追加で300ポイントもらえます。

ライフカード

出典:https://www.lifecard.co.jp/card/service/point/point-lp.html

また、貯めたポイントの使い道も豊富です。

  • 楽天ポイント
  • dポイント
  • Pontaポイント

などの使い道が多い、他社ポイントに交換できます。仮に楽天ポイントと交換した場合、300ポイントが900ポイント相当です。

インテリア家電や美容家電などの豪華賞品をお得に交換できるところも、魅力的でしょう。

年会費 無料
ポイント還元率 0.3 ~0.6%
ポイントの種類 LIFEサンクスポイント
交換可能ポイント 楽天ポイント、Pontaポイントなど
ETCカード 年会費:無料
家族カード 年会費:無料
電子マネー
付帯保険・サービス 旅行予約デスク、Travel Gate

※1 10,600ポイント=50,000円と交換した場合。ポイント数に応じて交換レートは1p=4.00円〜4.07円まで変動します。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、キャッシュカードとクレジットカード、電子マネーWAONの機能が1枚にまとめられているクレジットカードです。

 クレジットカード自体にiDの機能はありませんが、おサイフケータイ対応端末でiDと紐づけられます。

通常200円(税込)につき1ポイントがもらえるカードですが、イオングループでは還元率が2倍に。ダイエーやまいばすけっと、マックスバリューでは200円(税込)につき、2ポイントもらえます。

出典:https://www.aeon.co.jp/merit/thanks_day/

さらに、毎月20日・30日に行われる「お客様感謝デー」は、全国のイオンやマックスバリューなどの買い物代金が5%OFFになります。

普段からイオン系列の店舗を利用する機会が多い方に、おすすめのカードですよ。
年会費 無料
ポイント還元率 0.5 ~1.33%
ポイントの種類 WAON POINT
交換可能ポイント dポイント、WAONポイントなど
ETCカード 年会費:無料
家族カード 年会費:無料
※3枚まで発行可能
電子マネー WAON
付帯保険・サービス ショッピング保険

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは、最短即日発行できるクレジットカードです。

 年会費は永年無料。Web申し込み後に、全国のセゾンカウンターから最短即日カードを受け取れます。

通常還元率は0.5%で「1,000円(税込)につき1ポイント」もらえます。1ポイントの価値が5円相当なので、Amazonギフト券に交換した場合、200ポイントが1,000円相当です。

セゾンインターナショナルカードで貯まるポイントは、永久不滅ポイントです。有効期限を気にする必要がないので、ポイントの使い道をじっくりと考えられます。

セゾンインターナショナルカード

出典:https://www.saisoncard.co.jp/creditcard/lineup/001/#feature3

また、セゾンインターナショナルカードは、国内初※1のナンバーレス×プラスチックカードを採用。万が一、紛失・盗難が起きた場合でも、カード番号やセキュリティコードが記載されていないので安心です。

専用アプリから利用停止もお手軽に行えるので、不正利用を避けやすいクレジットカードだと言えます。初めてクレジットカードを発行する方にも、最適の1枚でしょう。

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
ポイントの種類 セゾン永久不滅ポイント
交換可能ポイント Pontaポイント、nanacoポイントなど
ETCカード 年会費:無料
家族カード 年会費:無料
※4枚まで発行可能
電子マネー
付帯保険・サービス 海外サポートデスク

※1 公式サイトの文言です

iDとは?使い方も紹介

iDとは?使い方も紹介

iD付きクレジットカードについて調べている方の中には「そもそもiDとは何か理解できていない」という方もいるのではないでしょうか。

そこで、まずiDに関する基礎知識を解説します。基本的な使い方も紹介していますので、ぜひ目を通してみてください。

iDとは電子マネーのこと

iDとは、クレジットカードやスマホをかざすだけで支払いが完了する電子マネーです。加盟店には、対応端末が設置されています。

 クレジットカードを差し込んで暗証番号を入力したり、スマホでQRコードを読み取ったりする必要がありません。

会計時に「iDで支払います」と伝えれば、後はスマホ・クレジットカードをかざすだけのお手軽さです。加盟店も多く、全国約150万以上のお店・サービスで利用できます。

種類別・iDの使い方

iDの支払い方法は、全部で3種類です。種類によって使い方が異なります。それぞれの特徴と使い方を以下の表にまとめているので、ひとつずつ確認してみてください。

種類 特徴 使い方
【後払い】
ポストペイ型
クレジットカードと同じタイミングで口座から引き落とし iD付きクレジットカードを端末機にかざして使う
【前払い】
プリペイド型
プリペイドカードの残高から引き落とされる コンビニなどで事前にチャージして使う
【即払い】
デビット型
会計と同時に銀行口座からお金が引き落とされる iD対応のデビットカードを登録して支払う

プリペイド型デビット型は、あらかじめ用意した金額の中で利用できるので、使い過ぎを予防できるメリットがあります。

 ただし、毎回残高の確認やチャージ・入金をしなければなりません。

一方、ポストペイ型なら、クレジットカードの支払日にまとめて支払いできます。クレジットカードごとのポイントも獲得できるので、基本的にはポストペイ型が良いでしょう。

面倒な方や、ポイントを効率良く貯めたい方にはポストペイ型がおすすめです。

iD付きクレジットカードのメリット

iD付きクレジットカードのメリット

ここでは、iD付きクレジットカードのメリットを3つ紹介します。それぞれ詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1サインレスなのでお会計がスマートに!

iD付きクレジットカードのメリットは、お会計がスマートになるところです。iDの「かざすだけ」といった決済方法が、最大限に生かされています。

 iD付きクレジットカードも、かざすだけで支払い完了。基本的に、サインや暗証番号の入力は不要です。

また、クレジットカードはポストペイ型に該当します。「事前にチャージし忘れて残高不足になる…」といった心配がありません。日常的に使った料金を、月に1回まとめて支払えるのは大きなメリットでしょう。

クレジットカードの支払日に引き落としされます。会計がスマートになるので、コンビニやタクシーなど、ちょっとした支払いにも使いやすいですよ。

2日本全国約150万台以上のお店・サービスで使える!

出典:https://idmap.id-credit.com/p/docomoid/?_ga=2.200519918.113723338.1626753148-1628567675.1626753148

iDは、日本全国の加盟店に約150万台以上設置されています。

 iDは、日本全国で加盟店が多い電子マネーサービスだと言えます。

生活のあらゆるシーンで利用できるため、現金よりキャッシュレス派の方におすすめです。

コンビニやスーパー、飲食店だけでなく、ドラックストアやカラオケなどでも利用できます。

3ポイントがザクザク貯まる!

iDは、加盟店が多い電子マネーサービスです。したがって、iD付きクレジットカードの利用回数が増え、ポイントがザクザク貯まる状況になります。

 iD付きクレジットカードを選ぶポイントとして、還元率は必ずチェックするのがおすすめです。

クレジットカードのポイント還元率が高ければ高いほど、ポイントを大量に獲得できます。使えるお店・サービスが豊富なので、人によっては年間の支出の数%が戻ってくるかもしれません。

日用品の買い物や、外食をiD付きクレジットカードで決済すれば、利用料金の数%が返ってきますよ。

iD付きクレジットカードのデメリット

iD付きクレジットカードのデメリット

一方、iD付きクレジットカードにもデメリットは存在します。ここでは、iD付きクレジットカードに潜むデメリットを2つ紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1サイン・暗証番号が必要になる可能性がある

基本的にサインレスのiD付きクレジットカードですが、支払額や店舗によっては、サイン・暗証番号の入力を求められる場合があります。

 支払額が10,000円を超える場合、サイン・暗証番号を求められるかもしれません。

しかし、デビットカードやプリペイドカードはサイン・暗証番号の入力が一切不要です。決済額にかかわらず「会計をスマートにしたい」という方は、クレジットカード以外のiD決済を検討しても良いでしょう。

ただし、対応デビットカードは少なく、貯まるポイントの種類が制限されていしまいます。

2無駄な出費が増える可能性がある

支払いがスマートになるiD付きクレジットカードは、ついつい使いすぎてしまう可能性があります。

 後払いするポストペイ型なので、知らず知らずのうちに利用金額が膨らんでしまうかもしれません。

「かざすだけのお手軽さ×後払い決済」による、無駄な出費には注意しましょう。クレジットカードによっては、利用状況を確認できるものもあります。

利用状況などから、今月どれくらい使っているかを確認するのがおすすめです。

まとめ

ここまで、おすすめのiD付きクレジットカードや、iDに紐づけられるおすすめクレジットカードを紹介しました。

iDとは、かざすだけで支払いが完了する非接触決済サービスです。クレジットカードなしでも利用できますが、iDのメリットを最大限に生かすならクレジットカードが良いでしょう。

また、iD付きクレジットカードなら使い方は非常にシンプルです。スマホに設定するなどの無駄な手間がかからないので、めんどくさがり屋の方に最適でしょう。

ぜひこの記事を参考にして、日常生活をよりスマートに過ごしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事