クレジットカードの手数料負担は店舗or消費者?仕組みを解説

クレジットカードを利用する際、ぜひ確認しておきたいのが「手数料」です。

便利に決済できるクレジットカードですが「手数料が取られていないか心配」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クレジットカードでかかる手数料を紹介。店舗側の手数料負担から、消費者に手数料が発生するケースまでを徹底解説しています。

\特典がすごいクレカはコチラ/

まずは、クレジットカードで手数料が発生する仕組みを解説していきます。

「クレジットカードの手数料を誰が負担しているのか」「クレジットカードを利用する際に手数料が上乗せされているのか」わかる内容です。ぜひ目を通してみてください。

1クレジットカード手数料は店舗が負担

クレジットカードを利用すると、カード会社に手数料を支払う必要があります。

しかし、クレジットカードの手数料を負担するのは、店舗側です。

 クレジットカードの利用者が手数料を負担することはありません。

クレジットカード会社は、加盟店からの手数料で収益を得ています。

たとえば、クレジットカードを使って10万円の商品を購入した場合、10万円の売り上げの一部が店舗からカード会社に支払われます。

手数料の負担をするのは、店舗側。利用者は手数料を負担することなく、安心してクレジットカードを使えます。

\特典がすごいクレカはコチラ/

2加盟店の手数料相場

クレジットカードの手数料を支払っているのは、加盟店です。

中には「加盟店がどのくらい手数料を支払っているのか気になる」という方も多いでしょう。加盟店がカード会社に支払っている手数料の相場は以下の通りです。

店舗 手数料
法人 3.6〜5%
個人 3.6〜5.5%
個人経営飲食店 4〜7%前後
全国チェーンのコンビニ 1%前後
百貨店・デパート 3%前後

加盟店が支払う手数料は、個人経営の店舗が全国チェーンの店舗に比べて、高い傾向にあります。

 ただし、加盟店がカード会社に支払う手数料は、業種・決済代行会社によって異なります。

もし店舗がカード払いを導入する際は、必ず決済代行会社に相談。各決済代行会社ごとの手数料を比較しましょう。
\特典がすごいクレカはコチラ/

3手数料を払ってまで店舗がクレジットカードを導入する理由

なぜ店舗は手数料を負担してまで、クレジットカードを導入しているのでしょうか。店舗がクレジットカードを導入する理由は、主に3つです。

  1. 新規顧客の獲得
  2. 購入単価アップ
  3. 販売機会を逃さない

1新規顧客の獲得

店舗が手数料を支払ってまで、クレジットカードを導入するのは、お客さんが増えるからです。

近年、クレジットカード含むキャシュレス決済は急速な広がりを見せています。

現金を持たずに買い物している方も多く、クレジットカード決済に対応しているだけでも、これまでと違うお客さんが来店する可能性があります。

一度の買い物をきっかけに、リピーターとなるお客さんも一定数いるでしょう。

クレジットカードを導入した店舗は、現金のみの店舗に比べてお客さんが増えるため、売り上げアップにつながります。
\特典がすごいクレカはコチラ/

2購入単価アップ

クレジットカードの特徴のひとつに、支払い感覚が薄れることがあります。

クレジットカードは、カード1枚であらゆる決済が完了します。現金を支払っている実感を持ちにくいため、より高額な買い物をしてしまいがちです。

 また、クレジットカードは後払い。口座にある預金残高以上の買い物ができます。

利用者にとってカードの使い過ぎは、注意したいポイントですが、店舗側にとってはチャンスです。

クレジットカードに対応することで、お客さん一人当たりの購入単価アップが期待できます。

3販売機会を逃さない

クレジットカードでは、複数選択肢から支払い方法を利用者が選択できます。
クレジットカードの支払い方法
  • 一括払い
  • 分割払い
  • ボーナス払い
  • リボ払い
利用者としては、手元や預貯金にまとまったお金がなくても、カード1枚で買い物が可能です。買いたい時に買いたいものを購入できます。
一方現金払いしかなければ、手元にまとまったお金がない限り、欲しい商品を買いたいタイミングで購入できません。

つまり、クレジットカードで買えて現金で買えない商品が存在するということです。
こうした販売機会を逃さないことも、店舗がクレジットカードを導入するメリットです。
\特典がすごいクレカはコチラ/

要注意!クレジットカードカード利用で手数料がかかる5つのパターン

クレジットカードは、消費者側に手数料がかかることなく、利用できます。ただし、使い方次第では手数料がかかるケースもあるため注意が必要です。

ここでは、クレジットカードで手数料が発生する5つのパターンをまとめています。前もって手数料が発生する状況を知っておけば、対策可能です。

クレジットカードをお得に使いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1分割払い

分割払いとは、カードの支払いを複数回に分けて行う方法です。

たとえば、分割5回払いの場合、商品代金を5回に分けて支払います。

分割払いでは、商品代金を指定の分割回数で割り「商品代金+手数料」を返済していきます。

分割払いの手数料シミュレーション

例、5万円の商品を分割払いで購入した場合
分割払い回数 手数料
3回払い(金利12.50%) 1045円
6回払い(金利13.50%) 1985円
10回払い(金利14.50%) 3385円
12回払い(金利14.50%) 4015円
24回払い(金利15.00%) 8185円
36回払い(金利15.00%) 12400円
例、10万円の商品を分割払いで購入した場合
分割払い回数 手数料
3回払い(金利12.50%) 2090円
6回払い(金利13.50%) 3970
10回払い(金利14.50%) 6770
12回払い(金利14.50%) 8030円
24回払い(金利15.00%) 16370
36回払い(金利15.00%) 24800
例、20万円の商品を分割払いで購入した場合
分割払い回数 手数料
3回払い(金利12.50%) 4180
6回払い(金利13.50%) 7940円
10回払い(金利14.50%) 13540円
12回払い(金利14.50%) 16060円
24回払い(金利15.00%) 32740円
36回払い(金利15.00%) 49600円

分割払いの手数料(金利)は、クレジットカードによって異なるため、分割払いを利用する前にカード会社の金利を確認しておくことが大切です。

基本的には、分割回数が多くなるほど、高額の手数料が発生します。クレジットカードの手数料を安く済ませるには、なるべく少ない回数で支払うのがポイントです。

また、一般的には分割払いであっても2回払いまでは手数料がかかりません。

分割払いで手数料がかかるのは、基本的には支払い回数が3回以上の場合です。1回払い・2回払いは、手数料無料で利用できることがほとんどと覚えておきましょう。
\特典がすごいクレカはコチラ/

2リボ払い

リボ払いとは、一定の額を毎月少額ずつ返済していく支払い方式です。

たとえば、10万円のモノを購入しても、リボ払いを選択すると毎月5,000円程度の支払いに済ませられます。

クレジットカードのリボ払いで注意すべき点は、高額な手数料が発生するのが一般的なことです。リボ払いはクレジットカードの支払い方法の中で、多くの場合最も手数料が高くなります。

支払い方法で手数料比較!クレジットカードで30万円ショッピングした場合

支払い方法 手数料
一括払い 0円
2回払い 0円
分割10回払い 20,310円
リボ払い(月15,000円ずつ返済) 39,370円
 リボ払いでは、毎月少額ずつカードの支払いを行いますが、多くが手数料に消えているケースも少なくありません。

そのため、元々の買い物金額が同じでも、リボ払いを選択するだけで高額な手数料が取られます。

リボ払いの手数料シミュレーション

例、5万円の買い物をした場合
毎月の返済額  手数料(金利15%)
3,000円 6410円
5,000円 3746円
7000円 2708円
10000円 1961円
例、10万円の買い物をした場合
毎月の返済額  手数料(金利15%)
5000円 15782円
7000円 10845円
10000円 7497円
15000円 5061円
例、20万円の買い物をした場合
毎月の返済額  手数料(金利15%)
7000円 48957円
5,000円10000円 31576円
7000円15000円 20163円
10000円20000円 15001円

リボ払いは、基本的に毎月の返済額が少額なほど高額な手数料が発生します。

 毎月の返済額が少なければ返済が長期化。リボ払いの手数料は返済期間の長さと比例しているため、返済が長期化するほど、手数料が高くなるという悪循環に陥ってしまいます。

最初は軽く考えていたリボ払い手数料が生活を圧迫してしまうケースも決して珍しくありません。

一方、クレジットカード会社にとっては、より高額な利益を搾取できるリボ払い。カード会社によっては、リボ払いへ支払い方法の変更を案内されることもあります。

しかし、ここまで解説したとおり、基本的にリボ払いと高額な手数料はセットです。

クレジットカードの支払いでは、まず一括払い・2回払いが基本。どうしても支払えない時は、分割払いを検討しましょう。
\特典がすごいクレカはコチラ/

3キャッシング

クレジットカードには、ショッピング機能と別にキャッシング機能があります。

キャッシング機能とは

クレジットカードを使って現金を引き出せる機能のことです。

クレジットカードのキャッシング機能を使えば、いつでもカード1枚でお金を自由に引き出し可能。「少しお金が足りない」「急に現金が必要」などの場面で重宝します。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能を使うと、ほとんどの場合手数料が発生します。

キャッシングの平均金利は18%程度。これは、一般的な消費者金融カードと同程度の高金利です。

キャッシングで支払う手数料は、以下の計算式で計算できます。

キャッシング手数料の計算式
キャッシングした金額×金利÷365×返済日数=キャッシング手数料
例、金利18%で10万円キャッシングして60日後に返済した場合
100,000×0.18÷365×60=2958円

キャッシングは、返済までの期間が長くなるほど、高額な手数料が発生するのが一般的です。クレジットカードのキャッシングを利用する際は、手数料に注意しましょう。

\特典がすごいクレカはコチラ/

4遅延損害金

クレジットカードの支払いができないと、ほとんどの場合遅延損害金が発生します。

遅延損害金とは

クレジットカードの返済が遅れた場合に発生する手数料のことです。

遅延損害金の金利は、どこのクレジットカード会社もおおよそ20%程度。通常時より高額な手数料が設定されているのが一般的です。

 遅延損害金で支払う手数料は、カードの返済が遅れた日数だけ増加します。

もしクレジットカードの支払いが遅れた際は、なるべく早く返済しましょう。早期返済がクレジットカードの手数料を食い止めます。

5年会費

クレジットカードの多くには、年会費がかかります。

年会費とは

クレジットカードを使用する上で支払う手数料のことです。

年会費の金額は、クレジットカードによって様々です。年会費0円のカードから、年会費が数万円を超えるカードまであります。

できる限り手数料をかけたくないという方は、年会費無料のクレジットカードを選びましょう。
\年会費無料のクレカはコチラ/

加盟店の手数料上乗せは違法?

クレジットカードの手数料は加盟店が負担する決まりです。しかし、クレジットカードの手数料負担をお客さんにお願いする店舗も一部あります。

ここでは、「手数料上乗せが違法に該当するのか」どうかを解説。対処法もまとめています。

1客への手数料上乗せは規約違反

店舗側が、クレジットカードを利用したお客さんに対して、手数料を上乗せすることは規約違反となっています。

 店舗がお客さんに手数料負担を要求することは禁止行為。カード会社の規約違反に該当するため、客へ手数料上乗せを行った店舗は、加盟店から除去されます。

ただし、あくまでカード会社の規約違反であり、法律違反ではありません

2手数料負担を要求された場合の対処法

クレジットカードを利用している方中には「過去に手数料負担を要求されたことがある」という方もいらっしゃるでしょう。

もし今後、店舗側に手数料負担を要求されたら「カード会社へ連絡する主旨」を伝えてみてください。

会計時に手数料を支払う必要は一切ありません。ほとんどの場合、規約違反を指摘しカード会社へ連絡することを伝えると、手数料を要求してこなくなります。

実際、店側から手数料負担を要求される事例は多発しています。消費者が手数料を支払う必要は一切ないことを覚えておきましょう。

人気のクレジットカードおすすめ3選

1JCB CARD W

JCB CARD W
まずは、当サイトで人気のJCB CARD Wです。JCB CARD Wは、JCBが発行する39歳以下限定のクレジットカードです。 JCB CARD Wの特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。通常のJCBカードに比べて、国内・海外どこで使ってもポイント付与率が2倍以上となっています。
  • いつでもポイント付与が2倍
  • JCBオリジナルパートナーズのお店でポイント2倍以上
  • 3月31日までの入会なら入会後3ヶ月間ポイントがすべて4倍
  • 年会費無料
  • 最大14,500円分プレゼント
\年会費永久無料/
JCBオリジナルパートナーズ一例
  • スターバックス
  • セブンイレブン
  • amazon
また、JCBが運営するポイント優待サイトOkidokiランド(参加ショップ:Amazon,楽天,yahooの人気店など)経由で買い物すると、なんとポイント最大20倍となります。
紛失・盗難サポートがあるなど、セキュリティサポートも万全です。39歳以下の方であれば、メインカードの最有力候補と言えます。
\年会費永久無料/
年会費  永年無料
ポイント還元率(通常時)  1〜7%
ポイントアッププログラム
  • いつでもポイント2倍
  • 優待店の利用で3〜21倍
  • 入会後3ヵ月は5〜23倍
  • amazonなどでポイント3倍
  • スターバックスでポイント10倍
  • Okidokiランド経由のネットショッピングでポイント最大20倍 
ポイント利用例
  •  JCBギフトカード
  • ANAマイレージ
  • Amazon など
国際ブランド  JCB
ETCカード  あり
保険・補償
  •  旅行傷害保険:海外2,000万円(最高)
  • ショッピングカード保険:海外100万円(最高)
審査可能年齢  18歳以上39歳以下
\年会費永久無料/

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jp利用でポイント30倍キャンペーン!
    【期間】2021年4月1日(木)~6月30日(水)まで
  • 新規入会&利用とMyJCBアプリログインでもれなく3,000円キャッシュバック! ※対象利用金額は5万円
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント!
  • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント!
  • スマリボ登録&利用で最大4ヵ月分のリボ手数料実質0円!+最大6,000円相当プレゼント!
  • キャッシング枠50万円に設定+条件達成で最大3,200円キャッシュバック
    【期間】2021年4月1日(木)~9月30日(木)
  • Apple Pay・Google Payの利用で20%キャッシュバック(上限1,000円)
    【対象店舗】日本全国のコンビニエンスストア(対象加盟店)店頭

    【条件】オリジナルシリーズ専用サイトよりキャンペーン参加登録。JCBカードをスマートフォン端末に設定し、「QUICPay(クイックペイ)TMで」支払う。
    【期間】2021年3月1日(月)~5月31日(月)
※参加登録時期にかかわらず、期間中に利用された金額がキャンペーン対象となります。
※1枚のカードを複数のデバイスに設定された場合でも、キャッシュバックの上限は1,000円となります。
※売上情報の到着時期によってはご利用合計金額の対象とならない場合があります。

2三井住友カード

三井住友カード
三井住友カードは、高校生を除く18歳以上であれば発行可能なクレジットカードです。 三井住友カードの特徴は、ポイントを電子マネーや他社のポイントに交換するなど多くのお店でポイントが活用することが可能です。 また、インターネット経由でのお申し込みで初年度年会費無料+最短翌営業日にカード発行が可能です。

  • 電子マネーへの交換が可能
  • 今なら最大5,000円相当プレゼント
  • 初年度年会費無料(ネットから申込みした場合)
  • 対象店舗でポイントが5倍
1,000円につき1ポイント還元されます。さらに今ならお申し込みで最大5,000円相当プレゼント中です。
ポイント5倍の対象店舗
  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド など
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。 ※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり
上記のお店でカードを利用するといつでもポイント5倍で還元されるのでよくご利用する場合とてもお得です。
  • 2年目以降年会費がかかる(条件により無料)
などデメリットもありますが、それ以上にメリットの多いクレジットカードです。

年会費 インターネットから申し込みした場合、初年度無料(2年目以降:税込1,375円)
ポイント還元率(通常時)  0.5〜2.5%
ポイントアッププログラム
  • 対象店舗で5倍 
ポイント利用例
  • 電子マネーでの利用
  • 他社ポイントへ移行
  • ANAマイル交換可能
国際ブランド  Visa,Mastercard
ETCカード  あり(税込550円)
保険・補償  ショッピング補償:年間100万円-300万円
特典・キャンペーン 最大5,000円相当プレゼント
審査可能年齢  18歳以上

3ライフカード

ライフカード

ライフカードは、年会費無料のクレジットカードです。 保険・補償内容の充実度が高く、旅行からショッピングまで安心して使えます。

  • 年会費が無料、家族カードやETCカードも発行手数料無料
  • 今なら最大10,000円分ポイントプレゼント
  • 誕生日月がポイント3倍
  • ポイントをAmazonギフト券や楽天のポイントに交換可能
国際ブランドは、 VISA、MasterCard、JCBの3つから選択可能。最短3営業日で発行できるため、いますぐクレジットカードが欲しいという方にもピッタリのカードです。
年会費  永年無料
ポイント還元率(通常時)  0.5〜1.5%
ポイントアッププログラム
  •  誕生月の利用はポイント3倍
  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • L-Mallを経由してショッピングするとポイント最大25倍
ポイント利用例
  • カタログ商品と交換 
国際ブランド  VISA、MasterCard、JCB
ETCカード  -
特典・キャンペーン
  • 最大10000円相当プレゼント
  •  入会3ヵ月以内に家族や友達を紹介すると6000ポイント還元
  • 入会後3ヵ月のショッピング利用額に応じて最大1,200ポイント
審査可能年齢  18歳以上

まとめ

ここまで、クレジットカードの手数料についてまとめてきました。

クレジットカードの手数料は、店舗側が負担するため、消費者が手数料を支払う必要はありません。

ただし

  • 3回以上の分割払い
  • リボ払い
  • キャシング
  • 遅延損害金
  • 年会費

などのケースでは手数料がかかることがあります。クレジットカードを利用する際は、よく覚えおきましょう。

ぜひ今回の内容を参考に、クレジットカードの手数料を正しく理解し、賢くクレジットカードを使ってみてください。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事