クレジットカードの国際ブランドは何が違う?特徴やおすすめカードもご紹介
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

クレジットカードには、「VISA」や「MasterCard」などの国際ブランドがあります。

この国際ブランドにはそれぞれ様々な特徴があるため、これからクレジットカードを発行する方は事前にそれぞれの特徴を知っておきたいところです。

そこでこの記事では、クレジットカードの国際ブランドについて詳しく解説していきます。

それぞれのブランドの特徴や、自分に合った国際ブランドの選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

記事の後半では、定番の国際ブランドが利用できるクレジットカードを厳選して紹介しています。

クレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの国際ブランドとは、世界で利用することができるクレジットカードのブランドのことを指します。

 「VISA」や「JCB」「Mastercard」「アメリカンエキスプレス」「Diners Club」などが有名で、日本国内に限らず世界の国々でもクレジットカード決済が可能です。

クレジットカードは各国際ブランドの加盟店で利用できるシステムとなっており、国際ブランドによって加盟店は異なります。

そのため、利用するカードの国際ブランドによって決済が可能な店舗にもそれぞれ違いがあるのです。

クレジットカードの国際ブランドによる違い

クレジットカード

クレジットカードの国際ブランドにはそれぞれ違いや特徴があります。どんな違いがあるのか理解しておくことで、自分に合った国際ブランドを見つけることができるでしょう。

国際ブランドによる違い
  • シェア率の違い
  • 加盟店数の違い
  • 優待特典の違い

シェア率の違い

国際ブランドのシェア率には大きな違いがあります。世界で最もシェア率が高いのが「Visa」で、その次に「Mastercard」が続きます。

JCBは日本唯一の国際ブランドということで日本でのシェアは獲得していますが、世界的に見るとそこまでシェア率は高くないと言えるでしょう。

監修者
海外でクレジットカードを利用する機会が多い方は、シェア率の高い国際ブランドの利用がおすすめです。
\定番国際ブランドが使える!/

加盟店数の違い

クレジットカードは各国際ブランドの加盟店で利用することができますが、国際ブランドによって利用できる加盟店の数は異なります。基本的に、シェア数と比例して加盟店数にも差がある傾向にあります。

 国内での加盟店は多くても、海外での加盟店が比較的少ない場合もあるため注意が必要です。

旅行先で利用する場合には、渡航先で使いやすい国際ブランドを選んでおくと良いでしょう。

優待特典の違い

国際ブランドによって提携しているサービスが異なるため、優待特典にも違いがあります。

例えば、東京ディズニーランド・ディズニーシーのオフィシャルスポンサーの「JCB」であればカード会員向けにパークチケットのプレゼントキャンペーンを行なっていることもあります。

アメリカンエキスプレスでは、ホテルやレストランの利用、海外旅行などで活躍するワンランク上の豪華な優待特典を受けられるのが魅力の1つです。

クレジットカードごとに様々な優待特典があるため、どのようなサービスを利用できるのか事前にチェックしておきましょう。

クレジットカードの国際ブランドの選び方

クレジットカード

それぞれの国際ブランドに特徴があるのは分かっても、実際にどのブランドを選んだらいいのか判断するのはなかなか難しいでしょう。

ここでは、主要な国際ブランドごとの特徴を挙げて選ぶ際のポイントを紹介します。

国際ブランドの選び方
  • 日本発の国際ブランドならJCB
  • 加盟店の多さで選ぶならVISA
  • ヨーロッパ旅行で使うならMasterCard
  • ワンランク上の優待特典を受けるならアメリカン・エキスプレス

日本発の国際ブランドならJCB

JCBは、唯一の日本発国際ブランドです。

 国内でカード決済が利用できる加盟店数は多く、ディズニーランドやUSJなどのスポンサーにもなっているので、国内レジャーの優待特典を受けたいという人にはおすすめです。

日本発の国際ブランドということで、サポート体制やサービス内容も日本人にとって安心できる面も多いでしょう。

\定番国際ブランドが使える!/

加盟店の多さで選ぶならVisa

国内外での利用予定があり、とにかく加盟店が多く利用しやすい国際ブランドを選びたいという人には「Visa」がおすすめです。

国内外に多くの加盟店があり、ネットショッピングサイトなどでもほとんどのシーンで利用できるでしょう。

監修者
海外に関しても地域を問わず多くの加盟店があるので、海外旅行で利用したいという人でも安心できるはずです。

ヨーロッパ旅行で使うならMastercard

日本国内、海外での利用はもちろんですが、旅行や留学、駐在などでヨーロッパでの利用を考えている人には「Mastercard」がおすすめです。

ヨーロッパでのシェアが高い「Mastercard」は、現地で利用できるシーンが多いでしょう。

特に、長期滞在の場合は1枚「Mastercard」のクレジットカードを持っておくと安心です。

ワンランク上の優待特典を受けるならアメリカン・エキスプレス

クレジットカード会員ならではの豪華な優待特典を利用したいという人であれば「アメリカン・エキスプレス」が向いているでしょう。

 ホテルやレストランの優待利用、空港ラウンジへのアクセスや、海外旅行先でのアシストなどが充実しています。

アメリカンエキスプレスはプロパーカードが中心で、年会費がかかるものが多いです。しかし、その分優待特典は充実しているので、自分に合ったサービスが受けられるカードを探してみるといいでしょう。

\定番国際ブランドが使える!/

クレジットカードの国際ブランドに迷ったら2枚持ちがおすすめ

クレジットカード

クレジットカードの国際ブランドにはそれぞれ特徴があり、実際にどれを選んだらいいのか迷ってしまうという人も多いでしょう。

国際ブランド選びに迷ってしまったら、カードの2枚持ちを検討するというのも1つの方法です。

メインカードとサブカードといった形で2枚のカードを持っておけば、万が一、1枚目のカードが利用できなかった場合でも2枚目のカードを利用してカード決済をすることができます。

監修者
2つの国際ブランドの加盟店でカード利用ができれば、海外旅行の際などにも安心でしょう。

定番国際ブランドが使えるおすすめクレジットカード5選

ここからは、定番の国際ブランドを利用できるおすすめのクレジットカードをご紹介していきます。

JCB カード W

JCBカードW

JCBカードWのおすすめポイント
  • 18〜39歳までの入会で40歳以降も年会費無料
  • ポイント還元率がJCB一般カードの2倍
  • ディズニーランドのパークチケットが当たる優待がある

JCB カード Wは、39歳以下の若年層向けのクレジットカードです。通常1,375円(税込)の年会費がかかるJCB一般カードですが、JCBカードWならその機能とほとんど差はなく、年会費が永年無料で利用できます。

ポイント還元率はJCB一般カードよりも高く、常に2倍のポイントが貯まる点も魅力のひとつです。Amazonや、セブンイレブン、スターバックスなどの加盟店で利用すれば最大11倍のポイントが貯まります。

 貯まったポイントはカード利用料金への充当や豪華商品との交換、マイルや他社のポイントへの交換などに利用できます。

また、JCBは、東京ディズニーランド・ディズニーシーのオフィシャルスポンサーのため、優待特典としてパークチケットが抽選で当たるキャンペーンやイベントへの招待が届くことも。

その他、割引券や商品などが当たるキャンペーンが多く開催されています。

● JCB カード Wの基本情報

年会費 無料
申し込み対象 ・18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある人
・高校生を除く18歳以上39歳以下の学生
※一部、申し込みできない学校があります。
※40歳以降も年会費無料のまま継続できます。
国際ブランド JCB
貯まるポイント OkiDokiポイント
ポイント還元率 1.00%~5.50%
追加可能カード ・ETCカード
・家族カード

\年会費永年無料/

VIASOカード

VIASOカード

VISAOカードのおすすめポイント
  • 貯まったポイントは自動キャッシュバック
  • 携帯電話※1・インターネット※2・ETC利用料※3の支払いでポイント2倍
  • 「POINT名人.com」経由のネットショッピングでポイント最大25倍

VISAOカードは、貯まったポイントが自動でキャッシュバックされるお得なクレジットカードです。使い道に悩んでいたら、ポイントの有効期限が切れてしまったという経験がある人もいるはずです。

しかし、VISAOカードであれば、貯まったポイントはすぐに月額の利用料金から割引される形でキャッシュバックされるので、使い道に悩む必要がありません。

 月額の利用料金がキャッシュバック分よりも少ない場合は、登録口座に現金としてキャッシュバックされます。

また、VISAOカードは、携帯料金やインターネット料金、ETC利用料金などの支払いでポイントが2倍に。対象サービスを普段から利用している場合は、支払いに利用することでお得にポイントを貯めることが可能です。

監修者
「POINT名人.com」を経由してのショッピングでポイントが最大25倍になるのもうれしいポイントです。

● VIASOカードの基本情報

年会費 無料
申し込み対象 18歳以上で本人または配偶者に安定した収入のある人
18歳以上の学生(高校生を除く)
国際ブランド Mastercard
貯まるポイント VISAOポイント
ポイント還元率 0.50%~1.00%
追加可能カード ・ETCカード
・家族カード

VIASOカード

※1 携帯電話・PHSのご利用料金(NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)

※2 インターネットプロバイダーのご利用料金(Yahoo! BB、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN、So-net)

※3 ETCマークのある全国の高速道路、一般有料道路の通行料金

\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

三井住友カード (NL)

三井住友カード NL

三井住友カード (NL)のおすすめポイント
  • 最短5分でカード番号発行、即日利用可能※1
  • セキュリティー性が高く安心して利用できる
  • セブン-イレブンやローソン、マクドナルドなどでポイント率がアップ※2

三井住友カード (NL)は、カード面にクレジットカード番号の記載がないナンバーレスデザインを採用しています。

最短5分でクレジットカード番号が発行されるので、最短で申し込み即日からキャッシュレス決済などと連動して利用ができます。

カード番号は専用アプリから確認できるようになっているので、カードを利用して決済した場合に番号の盗み見などをされる心配がありません。

 「不正使用検知」で24時間カードの不正利用がチェックされているので安心して利用できます。

さらに、セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどで、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで利用するとポイント還元率が最大5%にアップします。※2

日常的に利用しやすいうえに、ポイントを効率よく貯めることができるでしょう。

普段から5%還元の対象店舗をよく利用する方には特におすすめです。

● 三井住友カード (NL)の基本情報

年会費 永年無料
申し込み対象 満18歳以上(高校生は除く)

※20歳未満の方は保護者の同意が必要です。

国際ブランド ・Visa
・Mastercard
貯まるポイント Vポイント
ポイント還元率 0.5%~5.0%
追加可能カード ・ETCカード
・家族カード

三井住友カード (NL)

※1 最短5分発行受付時間:9:00~19:30。19:31~8:59は時間外のため申込不可。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

※2 一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

※2 一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則税込1万円)を超えるとタッチ決済ではなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんのでご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

ライフカード

ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
  • 国際ブランド3社から好きなものを選べる
  • 入会後1年間はポイント還元率1.5倍
  • 海外旅行サポートデスク「LIFE DESK」の利用が可能

ライフカードは、「Visa」「Mastercard」「JCB」という定番の3社から好きな国際ブランドを選んで利用できるクレジットカードです。

ライフカードには、ポイント還元率がアップするキャンペーンが数多くあり、入会後1年間はポイント還元率が通常の1.5倍になります。

さらに毎年誕生月はポイント還元率が3倍になるなど、嬉しいキャンペーンが満載です。

 毎年のポイント還元率は、前年の利用額によって決定するステージ制が用いられています。カードを使えば使うほどポイント還元率がアップするのでお得です。

さらに、海外旅行へ行く機会がある人には嬉しい海外サポートデスク「LIFE DESK」も、ライフカード会員なら無料で利用できます。

監修者
緊急時のサポートも受けられるのでもしもの時も安心です。

● ライフカードの基本情報

年会費 無料
申し込み対象 日本国内に居住している18歳以上(但し高校生を除く)
・電話連絡が可能な人
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
貯まるポイント LIFEサンクスポイント
ポイント還元率 0.30%~0.60%
追加可能カード ・ETCカード
・家族カード

楽天カード

楽天カード

楽天カードのおすすめポイント
  • 4社の国際ブランドが利用できる
  • 楽天カード同士の2枚持ちが可能※1
  • 楽天経済圏ユーザーにはお得なキャンペーンが満載

楽天カードは、定番国際ブランド4社の利用が可能なクレジットカードです。さらに楽天カードではカードの2枚持ちが可能なので、2つの国際ブランドを使い分けて利用したいという人にはおすすめ。

別々のカード会社のカードを2枚持ちすると、貯まるポイントが別々になってしまったり、支払日が異なったりと管理に手間がかかってしまう場合があります。

しかしながら、楽天カードなら2枚のカードで貯めたポイントをまとめて利用することが可能です

 カードごとに引き落とし先の口座を変えることもできるので、使途によってカードを使い分けるのにも最適です。

また、楽天グループが発行する楽天カードは、楽天の他のサービスと連携して利用することでさらにお得になります。

楽天市場や楽天銀行などを既に利用しているという人には特におすすめです。

● 楽天カードの基本情報

年会費 永年無料
申し込み対象 ・18歳以上(高校生を除く)
・日本国内に居住している人
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
・アメリカンエキスプレス
貯まるポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1.00%~3.00%
追加可能カード ・ETCカード
・家族カード

楽天カード

※1 一部デザインカードにて、2枚目に持てないカードがあります。

※ 2枚目のカードで選べる国際ブランドはカードの種類ごとで異なります。

\年会費永年無料/

まとめ

この記事では、国際ブランドの基本情報や、それぞれの特徴、自分に合った国際ブランドの選び方について紹介しています。定番の国際ブランドが利用できるクレジットカードについてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

国際ブランドは種類によって、国内や海外での利便性が違ったり、特徴的な優待特典に違いがあったりするので、自分の利用目的に合わせた国際ブランドを選ぶことが大切でしょう。

監修者
国際ブランド選びに迷ったらカードを2枚持ちするのもおすすめです。
\年会費永年無料/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事