クレジットカードは何枚持ちがおすすめ?2枚の組み合わせ最強候補は?

クレジットカードを持っている方であれば一度くらい、「何枚持ちが最もお得なのだろう?」と考えたことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、クレジットカードは何枚持ちがおすすめなのか、何枚もカードを使い分けるメリットやデメリットと共にご紹介していきます。

さらに最後には、複数枚持ちにおすすめのクレジットカードも紹介するので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

\高還元率&特典がお得/

これさえ読めば、お得な使い方と枚数がわかる内容です。ぜひ参考にしてみてください。

まず、そもそもクレジットカードは何枚まで作れて、持てるのでしょうか。

ここでは、クレジットカードを何枚まで持てるのか解説します。クレジットカードの平均保有枚数も紹介していますので、ぜひ目を通してみください。

クレジットカードは何枚でも発行可能

クレジットカードは、何枚でも持てます。

 クレジットカードの発行枚数に上限はありません。

そのため、クレジットカード会社の審査にさえ通過すれば、何枚でも発行可能です。

\高還元率&特典がお得/

クレジットカードの平均保有枚数

クレジットカードの平均保有枚数は、一人あたり2.5枚です。(一般社団法人日本クレジット協会調べ)

クレジットカードを持っている方の多くは、平均して2〜3枚を所有しています。

クレジットカードは、複数枚持ちが一般的です。1枚しか持っていない方は、追加での発行を検討しても良いでしょう。

クレジットカードを何枚も使い分けるメリット

保有できるクレジットカードに上限はありません。実際、多くの方がクレジットカードを複数枚使い分けています。

そこで気になるのが、クレジットカードを何枚も使い分けるメリットがあるのかどうかです。

クレジットカードを何枚持っていても、複数使い分けることにメリットがなければ意味はありません。

そこで、クレジットカードを何枚も使い分けるメリットを解説します。クレジットカードの複数持ちを検討している方は、ぜひ確認してみてください。

\高還元率&特典がお得/

1カードごとのサービス・特典が受けられる

クレジットカードを何枚も使い分けると、カード毎のサービスや特典が受けられます。

クレジットカードのサービス・特典内容は、カードによって異なります。カードに付帯しているサービス・特典は、複数枚クレジットカードを持っていても適用可能です。

クレジットカードのサービス・特典の例
  • 特定店舗の優待利用
  • 買い物が割引になる
  • 海外旅行保険
  • ロードサービス など

つまり、クレジットカード枚数分のサービス・特典が受けられるということです。

様々なシーンで異なるサービスが受けられることは、大きなメリットと言えます。

\高還元率&特典がお得/

2保険金を合算できる

実は、クレジットカードに付帯している旅行保険の金額は合算できます。合算できる保険金は、基本的に傷害死亡・後遺障害以外の補償内容です。

クレジットカードを何枚も持っていれば、枚数分だけ手厚い保険を受けることを期待できます。

事例で確認!枚数で変わるクレジットカードの保険内容

カードA(1枚)
  • 傷害死亡:最高500万円
  • 後遺障害:最高200万円
  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高270万円
  • 賠償責任:最高2,000万円
  • 携行品損害免責:最高20万円
  • 救援車費用:最高100万円
カードB(1枚)
  • 傷害死亡:最高2,000万円
  • 後遺傷害保険金:2,000万円
  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高200万円
  • 賠償責任:最高2,000万円
  • 携行品損害免責:最高20万円
  • 救援車費用:最高200万円
カードA&B(2枚)
  • 傷害死亡:最高2000万円
  • 後遺障害:最高2000万円
  • 傷害治療費用:最高400万円
  • 疾病治療費用:最高470万円
  • 賠償責任:最高4,000万円
  • 携行品損害免責:最高40万円
  • 救援車費用:最高300万円

万が一のトラブルに備えて、手厚いほど安心できる旅行保険。補償金額が上がるだけでも、クレジットカードを複数枚持つ意味は十分あります。

\高還元率&特典がお得/

とくに海外旅行では、クレジットカードの複数枚持ちがおすすめです。1枚だけでは補償金が足りなくても、2枚あれば足りるケースは決して少なくありません。

3多くの店舗で支払いに対応できる

クレジットカードを何枚も持っているほど、幅広い店舗での支払いに対応可能です。

クレジットカードは「VISA」「JCB」「Mastercard」など国際ブランドによって、加盟店舗が異なります。

そのため、例えばVISAで支払いできるけどJCBでは支払えないというケースが起こり得ます。

もしJCBのクレジットカード1枚しか持っていなかったら、VISAやMastercardしか対応していない店舗でカードが使えません。

そこでおすすめなのが、異なる国際ブランドのカードを所有しておくことです。

 多様な国際ブランドのクレジットカードを持っておくだけで、カード払い可能な店舗の選択肢は一気に広がります。

できれば最低でも2種類以上の国際ブランドのクレジットカードを持っておくと安心です。

クレジットカードを何枚も使い分けるデメリット

クレジットカードを何枚も使い分けることには、デメリットもあります。

ここでは、クレジットカードを何枚も使い分けることのデメリットを解説しています。本当に複数枚持ちがお得か判断するためにも、確認していきましょう。

\高還元率&特典がお得/

1管理が面倒

クレジットカードを何枚も持つと、管理に手間がかかります。

お店ごとにカードを出し変えたり、外出先によって持ち歩くカードを決めたりと、1枚であれば不要な手間が発生してしまいます。

そのほか、お金の管理もそれぞれのカード毎に必要です。

カードの管理にかかる時間や労力が増えることが、クレジットカードを複数枚持つデメリットのひとつと言えます。

2ポイントが分散してしまう

ポイントが分散してしまうことも、クレジットカードを複数枚持つデメリットです。

 クレジットカードによって貯まるポイントは異なります。貯まったポイントを一括りにすることはほとんどの場合できません。

ポイントは各カードで分散。複数枚持つと、まとまって高額なポイントが貯めづらくなります。

\高還元率&特典がお得/

クレジットカードは何枚持ちがベスト?

クレジットカードの複数枚持ちは、保険が合算できたり異なるサービスが受けられたり、様々なメリットがあります。

クレジットカードを複数枚持つのであれば、ぜひ知っておきたいのが「ベストな枚数とカードの選び方」です。

ここでは、クレジットカードのベストと考えられる枚数と、複数枚持ちする場合のカードの選び方を解説しています。ぜひカード選びの参考にしてみてください。

\高還元率&特典がお得/

おすすめは【メインカード1枚+サブカード3枚】

クレジットカードの枚数でおすすめは、メインカード1枚+サブカード3枚程度です。

メインカードとは
使用頻度が高い普段使いのカードのこと
サブカードとは
普段はあまり使用しない2枚目以降のカードのこと

メインカードには、ポイントが貯まりやすいカードを選ぶのがおすすめです。

メインカードは、最も会計に使用するカード。ショッピング時のポイント還元率を重視することで、お得にポイントを貯めることができます。

サブカードは、サービス・保険内容を重視しましょう。

サブカードは、あまり会計で使わないカード。基本的にはメインカードにポイントを集中させて、サブカードで必要なサービスや保険をカバーします。

クレジットカードの中には、ポイント還元率は高くないものの、サービス・保険が充実しているカードも少なくありません。

また、自分の目的から逆算してサブカードを選ぶこともおすすめです。

たとえば、自動車に乗る方ならロードサービスがついたもの・旅行や出張が多い方なら保険が手厚いものなどです。

クレジットカードを何枚も使い分ける際は、

  • メインカード:ポイント重視
  • サブカード:サービス・保険内容重視

2つのポイントを意識してカードを選んでみてください。

2枚持ちする方におすすめなメインカード+サブカード

メインカードの最強候補:JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • いつでもポイント2倍
  • 優待店利用でポイント最大10倍
  • ネットショッピングでポイント最大20倍

複数枚持ちにおすすめのメインカードはJCB CARD Wです。

JCB CARD Wは、年会費無料クレジットカードの中でも高還元カードといえます。

 いつでも通常のJCBカードに比べて2倍のポイントが貯まり、JCB優待店やポイントアップサイトを利用すると最大10〜20倍ものポイントが貯まるためです。
\年会費永久無料/

JCB CARD Wの優待店(一例)

  • Amazon
  • スターバックス
  • セブンイレブン
  • 出光昭和シェル など多数

貯まったポイントが使いやすいことも、JCB CARD Wがメインカードとしておすすめの理由です。

JCB CARD Wで貯まるOkiDokiポイントは、買い物に使ったり景品と交換したりできるのはもちろん、キャッシュバックやポイント・マイル移行もできます。

\年会費永久無料/

複数枚持ちのメインカードなら、ポイントが貯まりやすく・使いやすいJCB CARD Wがオススメです。
年会費 永年無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1.00%
申し込み条件 18〜39歳(高校生を除く)
\年会費永久無料/

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jp利用額の30%キャッシュバック!
    【期間】2021年7月1日(木)~9月30日(木)まで
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント!
  • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント!
  • スマリボ登録&利用で最大4ヵ月分のリボ手数料実質0円!+最大6,000円相当キャッシュバック !
  • キャッシング枠50万円に設定+条件達成で最大3,200円キャッシュバック
    【期間】2021年4月1日(木)~9月30日(木)
※参加登録時期にかかわらず、期間中に利用された金額がキャンペーン対象となります。
※1枚のカードを複数のデバイスに設定された場合でも、キャッシュバックの上限は1,000円となります。
※売上情報の到着時期によってはご利用合計金額の対象とならない場合があります。

サブカードの最強候補:エポスカード 

エポスカード のおすすめポイント
  • 手厚い海外旅行保険が自動付帯
  • 全国10,000店舗以上で優待
  • 年会費永年無料

複数枚持ちにおすすめなサブカード1枚は、エポスカード です。

エポスカード の特徴は、年会費無料ながらサービスと保険が充実していること。まずエポスカード には、海外旅行保険が自動付帯しています。

自動付帯とは

カードを発行するだけで保険が適用されることです。

エポスカードの海外旅行保険で注目すべきは、

  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高270万円

の2項目が手厚いこと。傷害治療費用と疾病治療費用は、海外で病気やケガをした場合に適用されます。

傷害治療費用と疾病治療費用は、数ある項目の中でも適用される確率が高いといえるため、重視したいポイントです。

 手厚い旅行保険が自動付帯しているだけで、エポスカードを発行する価値は十分あります。

また、エポスカードを持っておくと、全国約10,000店舗での優待が受けられます。

エポスカード の優待店(一例)

  • スターバックス
  • ビックエコー
  • hulu
  • 日本旅行 など

優待店舗では、会員限定の割引やサービスを受けることが可能。エポスカード1枚で毎日をお得に過ごせます。

年会費無料とは思えないほど、サービスと旅行保険が充実しているエポスカード。非常に魅力的なサブカードです。
年会費 永年無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.50%
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)

複数枚を使い分け!目的別サブカード6選

1車に乗るなら!ENEOSカード S

ENEOSカード S
年会費 初年度無料(2年目以降:税込1375円)
※翌年度以降も、年1回以上のカード無料
ポイント還元率 0.60%
国際ブランド VISA/JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
ENEOSカード S のおすすめポイント
  • ガソリン・軽油がずっと2円/L引き
  • ロードサービス付帯
  • カーコンビニ倶楽部で愛車の修理費用が5%引き

2通勤・通学に便利!ビックカメラSuicaカード

ビックカメラ Suicaカード
年会費 初年度無料(2年目以降:税込524円)
※年1回利用で翌年無料
ポイント還元率 1.0%(JRT POINT0.5%+ビックポイント0.5%)
国際ブランド VISA/JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
ビックカメラSuicaカード のおすすめポイント
  • Suicaチャージでポイントが貯まる
  • Suicaオートチャージ機能あり
  • 貯まったビックポイントはSuicaにチャージできる
今なら期間限定で下記キャンペーン開催中です!
ビックカメラSuica キャンペーン

3旅行好き必見!Booking.comカード

Booking.comカード
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.00%
国際ブランド VISA
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
Booking.comカードのおすすめポイント
  • Booking.com宿泊予約でポイント6%還元
  • 163ヶ国800店舗のレンタカーが8%OFF
  • 貯まったポイントは自動キャッシュバック

4お得に買い物!イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.50%
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
イオンカードセレクトのおすすめポイント
  • 毎月20日・30日の「お客様感謝デー」は買い物代金5%OFF
  • イオングループでいつでもポイント2倍
  • 55歳以上の会員は毎月15日「G.G感謝デー」で5%OFF

5幅広いサービス&保険が充実!セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カード
年会費 初年度無料(2年目以降:税込3,300円)
※25歳まで年会費無料
ポイント還元率 0.50%
国際ブランド AmericanExpress
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)でご連絡が可能な方
\初年度年会費無料/
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント
  • 最高3000万円の海外・国内旅行保険が自動付帯
  • 西友・リヴァン・サニー・Loftが5%OFF
  • トラベルサービス(空港・旅行・海外サポート・宿泊優待など)が充実
  • ジム・レンタカー・エステなど複数優待あり
  • ポイントに有効期限なし
\初年度年会費無料/

まとめ

ここまで、クレジットカードを使い分け枚数を中心に解説してきました。

各カードによってサービスや保険のメリットが異なるため、クレジットカードは複数枚持ちが断然お得です。

もしクレジットカードを複数枚持ちするのであれば、メインカードとサブカードを決めることが重要。

複数枚持ちにおすすめのカードは、以下2つでした。

  • メインカード「JCB CARD W」
  • サブカード「エポスカード」

どちらのカードも年会費永年無料。気軽に発行できますので、ぜひこの機会に手に入れてみてくださいね。

関連記事

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事