クレジットカード 何枚
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

クレジットカードを持っている方であれば一度くらい、「何枚持ちが最もお得なのだろう?」と考えたことがあるのではないでしょうか。また、他の人がどのくらいの枚数のクレジットカードを持っているかも気になりますよね。

そこで今回は、クレジットカードは何枚持ちがおすすめなのか、何枚もカードを使い分けるメリットやデメリットと共にご紹介していきます。

さらに最後には、複数枚持ちにおすすめのクレジットカードを目的別に紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

\高還元率&特典がお得/

これさえ読めば、お得な使い方と枚数がわかる内容です。ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードは何枚まで持てる?作れる?

まず、そもそもクレジットカードは何枚まで作れて、持てるのでしょうか。

ここでは、クレジットカードを何枚まで持てるのか解説します。クレジットカードの平均保有枚数も紹介していますので、ぜひ目を通してみください。

クレジットカードは何枚でも発行可能

クレジットカードは、何枚でも持てます。クレジットカードの発行枚数に上限はありません。クレジットカード会社の審査にさえ通過すれば、何枚でも発行可能です。

クレジットカードを何枚持っている?平均保有枚数を調査

クレジットカードの平均保有枚数は、一般社団法人日本クレジット協会「クレジットカード発行枚数調査結果の公表について」によれば、一人あたり2.8枚です。クレジットカードを持っている方の多くは、平均して2〜3枚を所有しています。

当サイト独自のアンケート調査においては4枚以上持っていると答えた方が40.7%と最も多い結果となりました。

クレジットカードを何枚持っているか

アンケート回答の内訳
クレジットカードの
所持枚数
割合
1枚持っている 14.8%
2枚持っている 17.4%
3枚持っている 19.2%
4枚以上持っている 40.7%
持っていない 7.9%

調査概要はこちら

この結果からもわかるように、クレジットカードは複数枚持ちが一般的です。1枚しか持っていない方は、追加での発行を検討してもいいかもしれませんね。

\高還元率&特典がお得/

クレジットカードを何枚も使い分けるメリット

保有できるクレジットカードに上限はありません。実際、多くの方がクレジットカードを複数枚使い分けています。そこで気になるのが、クレジットカードを何枚も使い分けるメリットがあるのかどうかです。

クレジットカードを何枚持っていても、複数使い分けることにメリットがなければ意味はありません。

ここでは、クレジットカードを何枚も使い分けるメリットを解説します。クレジットカードの複数持ちを検討している方は、ぜひ確認してみてください。

クレジットカードを何枚も使い分けるメリット
  1. カードごとのサービス・特典が受けられる
  2. 保険金を合算できる
  3. 多くの店舗で支払いに対応できる

1カードごとのサービス・特典が受けられる

クレジットカードを何枚も使い分けると、カード毎のサービスや特典が受けられます。

クレジットカードのサービス・特典内容は、カードによって異なります。カードに付帯しているサービス・特典は、複数枚クレジットカードを持っていても適用可能です。

クレジットカードのサービス・特典の例
  • 特定店舗の優待利用
  • 買い物が割引になる
  • 海外旅行保険
  • ロードサービス など

つまり、クレジットカード枚数分のサービス・特典が受けられるということです。

様々なシーンで異なるサービスが受けられることは、大きなメリットと言えます。

\高還元率&特典がお得/

2保険金を合算できる

実は、クレジットカードに付帯している旅行保険の金額は合算できます。合算できる保険金は、基本的に傷害死亡・後遺障害以外の補償内容です。

クレジットカードを何枚も持っていれば、枚数分だけ手厚い保険を受けることを期待できます。

事例で確認!枚数で変わるクレジットカードの保険内容

カードA(1枚)
  • 傷害死亡:最高500万円
  • 後遺障害:最高200万円
  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高270万円
  • 賠償責任:最高2,000万円
  • 携行品損害免責:最高20万円
  • 救援車費用:最高100万円
カードB(1枚)
  • 傷害死亡:最高2,000万円
  • 後遺傷害保険金:2,000万円
  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高200万円
  • 賠償責任:最高2,000万円
  • 携行品損害免責:最高20万円
  • 救援車費用:最高200万円
カードA&B(2枚)
  • 傷害死亡:最高2000万円
  • 後遺障害:最高2000万円
  • 傷害治療費用:最高400万円
  • 疾病治療費用:最高470万円
  • 賠償責任:最高4,000万円
  • 携行品損害免責:最高40万円
  • 救援車費用:最高300万円

万が一のトラブルに備えて、手厚いほど安心できる旅行保険。補償金額が上がるだけでも、クレジットカードを複数枚持つ意味は十分あります。

監修者
とくに海外旅行では、クレジットカードの複数枚持ちがおすすめです。1枚だけでは補償金が足りなくても、2枚あれば足りるケースは決して少なくありません。
\高還元率&特典がお得/

3多くの店舗で支払いに対応できる

クレジットカードを何枚も持っているほど、幅広い店舗での支払いに対応可能です。

クレジットカードは「VISA」「JCB」「Mastercard」など国際ブランドによって、加盟店舗が異なります。そのため、例えばVISAでは支払えるけれどJCBでは支払えないというケースが起こり得ます。

もしJCBのクレジットカード1枚しか持っていなかったら、VISAやMastercardしか対応していない店舗でカードが使えません。

そこでおすすめなのが、異なる国際ブランドのカードを所有しておくことです。

 多様な国際ブランドのクレジットカードを持っておくだけで、カード払い可能な店舗の選択肢は一気に広がります。

できれば最低でも2種類以上の国際ブランドのクレジットカードを持っておくと安心です。

\高還元率&特典がお得/

クレジットカードを何枚も使い分けるデメリット

クレジットカードを何枚も使い分けることには、デメリットもあります。

ここでは、クレジットカードを何枚も使い分けることのデメリットを解説しています。本当に複数枚持ちがお得か判断するためにも、確認していきましょう。

\高還元率&特典がお得/

1管理が面倒

クレジットカードを何枚も持つと、利用金額やポイントなど管理に手間がかかります。

お店ごとにカードを出し変えたり、外出先によって持ち歩くカードを決めたりと、1枚であれば不要な手間が発生してしまいます。そのほか、お金の管理もそれぞれのカード毎に必要です。

また、カードによって支払日は異なるので、それぞれの支払日と支払い金額を知っておかないと、生活に支障が出てしまうかもしれません。

 クレジットカードを何枚も持っていると、不正利用や盗難に気づかない危険性も考えられます。

クレジットカードごとに振替口座を設定している場合は、支払日にそれぞれの口座への入金する手間もあります。

監修者
引っ越しや転職で個人情報が変わった場合、保有するクレジットカード全ての情報の更新が必要です。

 

2ポイントが分散してしまう

ポイントが分散してしまう

ポイントが分散してしまうことも、クレジットカードを複数枚持つデメリットです。

 クレジットカードによって貯まるポイントは異なります。貯まったポイントを一括りにすることはほとんどの場合できません。

クレジットカードを何枚も持つと、まとまって高額なポイントが貯めづらくなります。ポイントをたくさん貯めたい方は注意してください。

3使い過ぎてしまう可能性がある

クレジットカードには、それぞれ利用枠が設けられています。利用枠が埋まった場合は、支払いをして枠を空けない限り、次のカード決済を利用できなくなります。

クレジットカードを複数枚持てば、仮にメインカードの利用枠が埋まってしまっても、サブカードでカード決済を行うことが可能です。

 しかし、それぞれの利用料金をしっかり管理しないと、クレジットカードを複数枚持つことで使い過ぎてしまう場合があるので注意が必要です。

 

\高還元率&特典がお得/

クレジットカードは何枚持ちがベスト?

クレジットカードの複数枚持ちは、保険が合算できたり異なるサービスが受けられたり、様々なメリットがあります。

クレジットカードを複数枚持つのであれば、ぜひ知っておきたいのが「ベストな枚数とカードの選び方」です。

ここでは、クレジットカードのベストと考えられる枚数と、複数枚持ちする場合のカードの選び方を解説しています。ぜひカード選びの参考にしてみてください。

\高還元率&特典がお得/

おすすめは【メインカード1枚+サブカード3枚】

クレジットカードの枚数でおすすめは、メインカード1枚+サブカード3枚程度です。

メインカード・サブカードとは?
メインカードとは、使用頻度が高い普段使いのカードのこと。サブカードとは、普段はあまり使用しない2枚目以降のカードのことを指します。
 メインカードには、ポイントが貯まりやすいカードを選ぶのがおすすめです。

メインカードは、最も会計に使用するカード。ショッピング時のポイント還元率を重視することで、お得にポイントを貯めることができます。

サブカードは、サービス・保険内容を重視しましょう。サブカードは、あまり会計で使わないカードなので、基本的にはメインカードにポイントを集中させて、メインカードで足りないサービスや保険をカバーします。

監修者
クレジットカードの中には、ポイント還元率は高くないものの、サービス・保険が充実しているカードも少なくありません。

また、自分の目的から逆算してサブカードを選ぶこともおすすめです。たとえば、自動車に乗る方ならロードサービスがついたもの・旅行や出張が多い方なら保険が手厚いものなどです。

クレジットカードを何枚も使い分ける際は、

  • メインカード:ポイント重視
  • サブカード:サービス・保険内容重視

上記の2つのポイントを意識して、カードを選んでみてください。

2枚持ちする方におすすめなメインカード+サブカード

次に、クレジットカードを2枚持ちする方におすすめなメインカードとサブカードをご紹介します。当サイトがおすすめする組み合わせは、以下の2枚の組み合わせです。

2枚持ちにおすすめなメインカード+サブカード

2枚持ちする方におすすめな組み合わせ
  • JCB CARD W
    ポイントが貯まりやすく使いやすい
  • エポスカード
    サービスと保険が充実している

それぞれのクレジットカードの特徴を、詳しくみていきましょう。

メインカードの最強候補:JCB CARD W

jcb card w

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • いつでもポイント2倍
  • 優待店利用でポイント最大10倍
  • ネットショッピングでポイント最大20倍
\年会費永久無料/

複数枚持ちにおすすめのメインカードは、JCB CARD Wです。JCB CARD Wは、年会費無料クレジットカードの中でも高還元カードといえます。

 いつでも通常のJCBカードに比べて2倍のポイントが貯まり、JCB優待店ポイントアップサイトを利用すると最大10〜20倍ものポイントが貯まるためです。

JCB CARD Wを使うとポイント還元率がアップする優待店は、Amazonやスターバックス・セブン-イレブンなどが挙げられます。

JCB CARD Wのポイント優待

貯まったポイントが使いやすいことも、JCB CARD Wがメインカードとしておすすめの理由です。

JCB CARD Wで貯まるOkiDokiポイントは、買い物に使ったり景品と交換したりできるのはもちろん、キャッシュバックやポイント・マイル移行もできます。

複数枚持ちのメインカードなら、ポイントが貯まりやすく・使いやすいJCB CARD Wがオススメです。
年会費 永年無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1.00%
申し込み条件 18〜39歳(高校生を除く)

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jpでの利用分20%(最大12,000円分)プレゼント!
    期間:2022年4月1日(金)~2022年6月30日(木)
  • 家族カード入会でJCBギフトカード最大4,000円分プレゼント
    期間:~9月30日(金)
  • 友達に紹介でもれなく1,500円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
  • ショッピングを合計1万円(税込)以上利用+キャッシングリボ払いを合計10万円以上利用で3,000円キャッシュバック
    期間:~9月30日(金)
\年会費永久無料/

サブカードの最強候補:エポスカード

エポスカード のおすすめポイント
  • 手厚い海外旅行保険が自動付帯
  • 全国10,000店舗以上で優待
  • 年会費永年無料

複数枚持ちにおすすめなサブカード1枚は、エポスカード です。

エポスカードの特徴は、年会費無料ながらサービスと保険が充実していること。まずエポスカード には、海外旅行保険が自動付帯しています。

監修者
自動付帯なので、カードを発行するだけで保険が適用されます。

さらにエポスカードの海外旅行保険で注目すべきは、

  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高270万円

の2項目が手厚いこと。傷害治療費用と疾病治療費用は、海外で病気やケガをした場合に適用されます。

傷害治療費用と疾病治療費用は、数ある項目の中でも適用される確率が高いといえるため、重視したいポイントです。

 手厚い旅行保険が自動付帯しているだけで、エポスカードを発行する価値は十分あります。

また、エポスカードを持っておくと、スターバックスや出前館・ビッグエコーなど、全国約10,000店舗での優待が受けられます。

エポスカードの特別優待

優待店舗では、会員限定の割引やサービスを受けることが可能。エポスカード1枚で毎日をお得に過ごせます。

年会費無料とは思えないほど、サービスと旅行保険が充実しているエポスカード。非常に魅力的なサブカードです。
年会費 永年無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.50%
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)

複数枚を使い分け!目的別サブカード7選

1ネットショッピングが多い方に!三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%~
国際ブランド Mastercard
申し込み条件 18歳以上で安定した収入のある方(高校生を除く)
三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
  • 年会費無料
  • ポイントが自動でキャッシュバックされる
  • POINT名人.comを経由して買い物をするとポイントが最大25倍
  • 携帯電話やインターネット、ETCの利用でポイントが2倍になる
  • 新規入会特典で最大10,000円キャッシュバック
  • 券面のデザインが豊富

\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

たまったポイントを自動でキャッシュバックしてくれるという特徴を持つのが三菱UFJカード VIASOカードです。面倒なポイント交換手続きがないため、ためたポイントの取りこぼしがありません。

携帯電話やインターネット、ETCでの利用でポイントが2倍、POINT名人.com経由でのネットショッピングでポイントが最大25倍になるなど、ポイントをためやすい環境が整っていることもポイントです。

POINT名人.com経由でポイントが増えるサイトには、以下のようなものがあります。

  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ベルメゾン
  • ビックカメラ
  • Joshin
  • QVC
  • じゃらん
  • 一休.com

上記のようなお店で買い物をしたり、食事・旅行の予約をしたりすればポイントも多く貯まるでしょう。またVIASOカードには、海外旅行保険が最高2.000万円まで付帯しています。

VIASOカードは海外旅行傷害保険を付帯!面倒な手続き一切ナシ!旅行代金をVIASOカードで払うだけ!

引用元:VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

監修者
旅行代金をVIASOカードカードで支払えば補償されるため、海外旅行に行くときも安心できますね。
キャンペーン情報
新規入会で最大10,000円キャッシュバック!
特典1:会員専用のWEBサービスにID登録+15万円分のお買い物で8,000円キャッシュバック
特典2:特典1をクリアしたのち登録型リボ「楽Pay」に登録で2,000円キャッシュバック

\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

2コンビニ利用が多い方に!三井住友カード(NL)

三井住友カード ナンバーレス
年会費 永年無料
ポイント還元率  0.5〜5.0%
国際ブランド VISA、Mastercard
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • ナンバーレスなのでカード番号を盗み見られる心配がなくセキュリティ面で安心
  • セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドでポイント最大5%※1※2還元
  • SBI証券の投資信託を積立することができポイントがたまる

三井住友カード(NL)は、カード面に番号が印字されていないスマートなクレジットカードです。

以下店舗で利用すると、通常のポイント(200円につき0.5%)に加えて、利用金額200円につき+2%ポイントが還元、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスを使っての支払いで、ポイントが+2.5%の合計5%※1※2が還元されます。

  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

監修者
コンビニやマクドナルドをよく利用する方にとっては、嬉しいメリットです。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。海外旅行傷害保険が適用されるには、旅行代金を三井住友カード(NL)で支払っておく必要があります。

最短5分で発行される※3のも魅力的です。すぐにお買い物に使いたい方には嬉しいですね。

三井住友カード(NL)公式サイト

※1:※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

※2:一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

※3:最短5分発行受付時間9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

3お得に買い物!イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.50%
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
イオンカードセレクトのおすすめポイント

\最短5分の即時発行ができる/

イオンカードセレクトは、キャッシュカードもクレジットもWAONも1枚にまとまったコンパクトで便利なクレジットカード。普段イオンでのお買い物が多い方にぴったりです。
「イオンカードセレクト特典」として、各種公共料金の口座振替1件につき5WAONポイントがプレゼントされます。
イオンカードセレクトをお持ちのお客さまなら、「イオンカードセレクト特典」として口座振替件数×5電子マネーWAONポイントをプレゼントします。

監修者
さらに、給与振込口座もイオンカードセレクト設定することで、毎月10WAONポイントたまります。
キャンペーン情報
新規入会・利用で最大10,000WAONポイントプレゼント
さらに、Web入会限定特典で1,000WAONポイントプレゼント
\最短5分の即時発行ができる/

4ポイントがざくざくたまる!楽天カード

楽天カード
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、American Express
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
楽天カードのおすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 楽天市場や楽天モバイルなど楽天グループサービスの利用でポイントがざくざく貯まる
  • ポイントの使い道が豊富
  • カード利用メールが自動で届くので不正利用に気付きやすい

\年会費永年無料/

楽天カードは、ポイントがたまりやすいと評判のクレジットカードです。

通常のポイント還元率は1.0%ですが、楽天モバイル・楽天でんき・楽天ガスなどを利用していると楽天市場でのポイント還元率が飛躍的にアップします。

たまったポイントは以下のような提携店で使用することもできます。

  • マクドナルド
  • 吉野家
  • ファミリーマート
  • サンドラッグ
  • ビックカメラ

カードの提示でポイントを貯めることも可能なので、カードを提示してカードで支払いをすればポイントの二重取りも可能です。

また、楽天カードには海外旅行保険最高2,000万円まで付帯しています。なお、保険が適用されるには旅行代金を楽天カードで決済する必要があります。

キャンペーン情報

新規入会・利用で5,000楽天ポイントプレゼント!

特典1:新規入会で2,000円分の通常ポイントプレゼント
特典2:利用で3,000円分の期間限定ポイントプレゼント

\年会費永年無料/

5幅広いサービス&保険が充実!セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス
年会費 初年度無料(2年目以降:税込3,300円)
※25歳まで年会費無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド AmericanExpress
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)でご連絡が可能な方
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント
  • 最高3000万円の海外・国内旅行保険が自動付帯
  • トラベルサービス(空港・旅行・海外サポート・宿泊優待など)が充実
  • ジム・レンタカー・エステなど複数優待あり
  • ポイントに有効期限なし
\初年度年会費無料/

幅広いサービスに定評があるのがセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードです。セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、26歳までの方なら年会費無料で持つことができます。

 海外旅行の際に最高3,000万円の旅行傷害保険が自動付帯されることがセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの大きなメリットです。

自動付帯のため、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで旅行代金を支払う必要もありません。

監修者
現地情報を案内してくれたり、予約代行を行ってくれたりする「海外アシスタンスデスク」サービスも利用できるため、海外旅行が多い方はぜひ持っておきたいクレジットカードだといえるでしょう。
キャンペーン情報
新規入会・利用で最大7,000円相当プレゼント
\初年度年会費無料/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト

※1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合

6車に乗るなら!ENEOSカード S

ENEOSカード S
年会費 初年度無料(2年目以降:税込1375円)
※翌年度以降も、年1回以上のカード無料
ポイント還元率 0.60%
国際ブランド VISA/JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
ENEOSカード S のおすすめポイント
  • ガソリン・軽油がずっと2円/L引き
  • ロードサービス付帯
  • カーコンビニ倶楽部で愛車の修理費用が5%引き

普段の生活が車移動だという方はガソリン代がかさんで家計に与える影響は小さくありません。そんな普段車に乗ることが多い人におすすめなのがENEOSカード Sです。

ENEOSカード Sを持っていると、ガソリン・軽油がずっと2円/L引きになります。灯油は1円/L引きになるため、灯油を多用する生活をしている方にも助かりますね。

監修者
ENEOSカード Sではロードサービスが充実している点も見逃せません。
ENEOSカード Sのロードサービス
  • レッカー車による移動:10kmまでは無料※1
  • キー閉じ込み開錠サービス:30分以内は無料
  • バッテリージャンピング:30分以内は無料
  • タイヤパンク時の交換作業:30分以内は無料
  • 落輪時の引き上げ作業:30分以内は無料※2
  • ガス欠時給油作業:30分以内は無料
  • その他30分以内の作業:30分以内は無料

生活する上で車が必須な地域に住んでいる方などは必見ですね。

キャンペーン情報

新規入会・利用で最大1,500ポイントプレゼント

特典1:対象の電気料金をカードで支払いで500ポイントプレゼント
特典2:対象のガス料金をカードで支払いで500ポイントプレゼント
特典3:対象の携帯電話料金をカードで支払いで500ポイントプレゼント

ENEOSカード S公式サイト

※1:自力走行が不可能な場合が対象(キーを紛失した車両は対象外)

※2:落差1m以内でタイヤ1本までが対象

※3:メールアドレスの登録が必要

7通勤・通学に便利!ビックカメラSuicaカード

ビックカメラ Suicaカード
年会費 初年度無料(2年目以降:税込524円)
※年1回利用で翌年無料
ポイント還元率 1.0%(JRT POINT0.5%+ビックポイント0.5%)
国際ブランド VISA/JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
ビックカメラSuicaカード のおすすめポイント
  • Suicaチャージでポイントが貯まる
  • Suicaオートチャージ機能あり
  • 貯まったビックポイントはSuicaにチャージできる

ビックカメラでも、Suicaチャージでもお得にポイントがたまるのがビックカメラSuicaカードです。Suicaオートチャージ機能が付いているので、残高不足で改札で止められることがありません。

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラでのお買い物が基本10%ビックポイントサービス、さらにチャージしたSuicaで支払いをすると最大11.5%ポイントサービスとなります。

 また、初年度の年会費は無料です。通常次年度からの年会費は524円(税込)かかりますが、年1回の利用で無料になります。

初年度の年会費は無料!さらに2年目以降は、年1回クレジットカード機能をご利用すれば、次年度の年会費524円(税込)も、無料になります!

引用元:ビックカメラSuicaカード:ビューカード

また、ビックカメラSuicaカードには海外旅行傷害保険が500万円まで自動付帯しています。旅行代金をビックカメラSuicaカードで支払わなくても機能するため、お守り代わりに持っておくのもいいですね。

クレジットカードを何枚も使い分けるコツ

クレジットカードは、利用頻度・決済金額が大きい「メインカード」と、それ以外の「サブカード」を使い分けるようにしましょう。

クレジットカードを何枚も持つ際は、お互いの弱みを補うように選ぶことでよりお得にお買い物が楽しめます。

メインカードは還元率と利便性で選ぶ

クレジットカード

メインカードの選び方
  • 還元率が1.0%以上
  • 利便性が高さに注目する
  • 使用目的に合ったカードを選ぶ

メインカードとして保有するクレジットカードは、還元率が高く利便性のあるカードを選ぶといいでしょう。

還元率が高いカードを選ぶことで、日々のお買い物から多くのポイントを受け取ることができます。

 メインカードとして選ぶクレジットカードは、還元率1.0%以上を目安に選びましょう。

メインカードで多くのポイントを貯めるためには、利便性の高いクレジットカードを選ぶことが有効です。

スマホ・タッチ決済に対応したクレジットカードなら、コンビニやスーパーマーケットでの会計時に掛かる時間が省けて便利です。また、カードを使うシーンに合った機能が備わったものがおすすめです。

普段使いする店舗と提携するクレジットカードを利用すれば、更なるポイント還元を得ることができます。
\年会費永久無料/

サブカードは独自の特典やサービスで選ぶ

サブのクレジットカード

サブカードは、メインカードには無い独自の特典やサービスを提供しているものを選ぶといいでしょう。

サブカードの選び方
  • 特定の店舗で割引やポイント還元が受けられる
  • 手厚い旅行保険が付帯している
  • メインカードと異なる国際ブランドのカードを持つ

特に旅行・出張等で頻繁に海外に行かれる方にとって、クレジットカードを持つだけで付帯する「海外旅行傷害保険」の手厚さを、サブカード選びの基準としてもいいかもしれません。

また、国によって国際ブランドのシェア率は異なります。海外滞在中にメインカードで決済できない場合に備えて、メインカードと異なる国際ブランドのサブカードを選ぶと良いでしょう。

サブカードは、汎用性よりも尖った特徴を持つカードの方が持つ価値があるかもしれません。
\年会費永久無料/

主婦・学生・新社会人はクレジットカード何枚持ちがベスト?

本記事では【メインカード1枚+サブカード3枚】をおすすめしましたが、主婦学生・新社会人の場合は状況に合わせて枚数を調整した方がいいでしょう。

そこで、主婦・学生・新社会人向けにおすすめの枚数を理由とともに紹介します。

【主婦の場合】3枚持ちがおすすめ

日々の生活に欠かせない食品や日用品を購入する機会が多い専業主婦の方は、クレジットカードの3枚持ちがおすすめです。

クレジットカードの使い分け(主婦の場合)
  • 日常的に利用するメインカード
  • 時々利用する店舗での優待があるカード
  • 電子マネー用のカード・ネット通販用のカード

メインカードにポイント還元率の高いクレジットカードを設定することで、日々のお買い物でもコツコツポイントを貯めることができます。

サブカードには時々利用する店舗で割引や優待が受けられるカードを持ちましょう。ネットショッピングを頻繁に利用する方は、専用カードを持つことでさらなる特典を受けることができる可能性もあります。

\年会費永久無料/

【学生の場合】2枚持ちがおすすめ

クレジットカード 2枚

クレジットカードの保有枚数に年齢制限は設けられていないため、学生でもクレジットカードを何枚も持つことができます。

クレジットカードに慣れるためには、学生は2枚持ちがおすすめです。

クレジットカードの使い分け(学生の場合)
  • 利用頻度の高いメインカード
  • 海外旅行保険が付帯したサブカード

メインカードにはポイント還元率が高いものを選ぶと良いでしょう。学生でも利用する機会の多いコンビニや飲食店でポイント還元を受けられるクレジットカードがおすすめです。

海外留学等を考えている方は、付帯保険が手厚いサブカードを同時に持つと安心です。海外渡航時に発生した事故や怪我による出費をカバーすることができます。

\年会費永久無料/

【新社会人の場合】3枚持ちがおすすめ

新社会人になって初めてクレジットカードを持つ方は、最初は限度額が低く設定されることが一般的です。用途に合わせて3枚持ちにすることで、お得に買い物することができます。

クレジットカード(新社会人の場合)
  • ポイント還元率の高いメインカード
  • 優待店舗が豊富なカード
  • ETCカードが作れるカード

社会人になると、仕事帰りや付き合いで外食が増えることが予想されます。そんな時に優待店舗が多いサブカードを持っていれば、食事料金の節約や無料優待サービスが受けられます。

また、仕事で車を使う方はETCカードが作れるクレジットカードをサブカードとして持っておくと便利です。石油会社が発行するクレジットカードなら、ガソリン代も現金よりお得に支払うことが可能です。

\年会費永久無料/

クレジットカードを何枚も持つ注意点

クレジットカードは複数枚持つことで様々な恩恵を受けられます。しかし、お得に利用するためにはコツが要ります。クレジットカードを賢く利用するための注意点をいくつか解説します。

クレジットカードを何枚も持つ注意点
  • 利用状況をまめにチェックする必要がある
  • 年会費コストがかかる
  • ローン審査に影響を与える可能性がある

利用状況をまめにチェックする必要がある

自己破産

カードを何枚も持っていると、使い過ぎてしまうおそれもあります。使い過ぎを避けるためには、利用枠の確認やカード決済の履歴をこまめにチェックして対策しましょう。

利用状況や設定枠は、専用アプリや公式サイトの個人ページで確認ができます。カードを利用するたびに、アプリからスマホへ通知を飛ばすのもおすすめの方法です。

限度額を超えた使い過ぎが原因で、支払いを遅延すると信用情報にキズがついてしまいます。審査にも影響が出てしまうことも考えられるので、注意しましょう!

\年会費永久無料/

年会費コストがかかる

年会費

年会費がかかるクレジットカードを何枚も作ってしまうと、利用しなくても保有するだけでお金がかかってしまいます

年会費がかかるクレジットカードは、サービス内容をよく確認して年会費を払う価値があるのかしっかりと吟味してから申し込みましょう。

利用頻度が低いサブカードは年会費無料のクレジットカードにすることで、負担を減らすことができます。

毎月の利用額によって、年会費を無料にできるクレジットカードもあります。

ローン審査に影響を与える可能性がある

クレジットカードの利用枠は、「ショッピング枠」と「キャッシング枠に分けられます。

クレジットカードの利用枠
  • ショッピング枠
    カード決済でお買い物ができる利用枠
  • キャッシング枠
    →クレジットカードでお金を借りることができる利用枠

この内、キャッシング枠を設定したクレジットカードを何枚も持つと、実際にキャッシングをしていなかったとしても、ローン審査に影響が出る可能性があります。

 住宅ローンやマイカーローン審査を受ける際は特に注意しましょう。

ローン審査が不安な方は、キャッシング枠を設定するカードはひとつだけにしておくと良いでしょう

キャッシングを利用する予定のない方は、無闇に設定することは控えたほうが良いかもしれません。
\年会費永久無料/

クレジットカードを何枚も申し込むと審査に落ちる?

短期間で複数枚のカードを申し込む行為は「多重申し込み」と呼ばれます。発行できるカード枚数の上限は決まっていませんが、多重申し込みは審査落ちしやすく、今後の入会審査でも不利になる可能性があります。

 クレジットカードを何枚も持つ場合は、期間を空けて申し込みましょう。

クレジットカードを何枚も申し込むと審査に落ちる可能性がある理由を解説します。

同時に何枚も申し込まない方がいい理由
  • お金に困っている印象を与える
  • 特典目当ての入会を繰り返すと思われる

1. お金に困っている印象を与える

お金に困っている

カード決済は手持ちのお金がなくても買い物ができることが特徴です。しかし、お金に困っている方向けの決済方法ではありません。

お金に困っている人にクレジットカードを発行すると、支払い不能に陥るリスクがあるのでカード会社も発行をためらってしまうでしょう。

カードを短期間に何枚も申し込むのは、「手元に自由に使えるお金がない」とみなされてもおかしくありません。

2. 特典目当ての入会を繰り返すと思われる

クレジットカードは、集客のためにポイント付与やキャッシュバックなどの入会特典を用意しているものもあります。

短期間に何枚も申し込むと、「カードを利用する意志がないのに特典だけ貰おうとしているのでは?」とみなされてしまうかもしれません。

カード会社はクレジットカードの年会費や各種手数料で、収益を上げています。そのため、利用するつもりがない人に特典を与えてしまうことがないように慎重に審査していると考えられます。

\年会費永久無料/

クレジットカードの所持枚数に関するよくある質問

クレジットカードは何枚持ちが理想?
複数のクレジットカードの優待を受けるために、【メインカード1枚+サブカード3枚】がおすすめです。クレジットカードを使い慣れていない方は、まずは2枚持ちから試してみましょう。

クレジットカードを何枚も持つメリットは?
クレジットカードを何枚も持つメリットは主に次の通りです。
・カードごとのサービス・特典が受けられる
・保険金を合算できる
・多くの店舗で支払いに対応できる

クレジットカードは何枚まで持てる?
クレジットカードの保有枚数に上限は設けられていません。利用用途に合わせて枚数を調整しましょう。

クレジットカードを複数持つ方の平均は何枚ですか?
クレジットカードは1人あたり2.5枚発行されています。おおよそ2~3枚持つことが一般的と言えるでしょう。

クレジットカードは何枚持ち歩くのがベストですか?
基本的に何枚持ち歩いても大丈夫ですが、紛失や盗難の恐れがあるため、何枚かは家で保管して必要なカードだけ持ち歩くようにしましょう。

まとめ

ここまで、クレジットカードを使い分け枚数を中心に解説してきました。各カードによってサービスや保険のメリットが異なるため、クレジットカードは複数枚持ちが断然お得です。

もしクレジットカードを複数枚持ちするのであれば、メインカードとサブカードを決めることが重要。

この記事で紹介した複数枚持ちにおすすめのカードは、以下の2つです。

  • メインカード「JCB CARD W」
  • サブカード「エポスカード」

どちらのカードも年会費永年無料。気軽に発行できますので、ぜひこの機会に手に入れてみてくださいね。

\年会費永久無料/

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事