生活費が足りないときの対処法や原因は?
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

今月の生活費が足りない!どうしよう……」と悩んでいませんか。生活費が足りなくなる事態を対策するための方法を解説します。本記事ではお金が足りなくて焦ってしまっている人のために次のような質問に答えます。

  • 生活費が足りない時に収入を増やす方法は?
  • 生活費が足りなくなるのはどんな時?対策法は?
  • 生活費が足りない時にローンは利用できる?

毎月のように生活費が足りないことで悩まされている人にピッタリの情報満載です。ぜひ最後まで目を通して参考にしてみてください。

\24時間365日土日OK最短即日可能!/

生活費が足りないのはどんな時?

生活費が足りないのはどんな時?

そもそも生活費が足りなくなるのはどんな時でしょうか。あらかじめ出費が増えることを予想できていれば生活費に回すお金の調整ができます。

生活費が足りない状況になる主な3つのケースについて考えましょう。

  1. 妊娠
  2. 離婚
  3. 単身赴任

それぞれのケースごとに、必要な生活費の平均額と生活費が足りなくなる理由について解説します。

1妊娠

妊娠

出産後の平均生活費
約78,000円

妊娠の時期は正確に予想できるものではありません。病院代や子供の養育費などで予定外の出費になるケースは多くあります。検診費用や検診時に、特別な処置があると余計に費用が掛かります。

妊娠検診費の助成金や高額療養費制度など、妊娠時や出産時に使える各種制度を上手に利用して節約しましょう。
\24時間365日土日OK最短即日可能!/

2離婚

離婚すると生活費が足りなくなる

シングルマザーの平均生活費
約12~13万円/月

離婚することによって世帯収入が下がり、生活費が足りなくなるケースが考えられます。子どもがいるなら子供の食費や教育費を払わなければなりません。これまでは配偶者の収入を頼りにしていた場合、新たに仕事を増やさなければ生活費をやりくりすることは困難でしょう。

離婚によって収入が減り、生活していくことが難しい場合に受けられる助成制度があります。生活保護や児童手当、児童扶養手当などを利用して国の援助を受けながら生活費を賢くやりくりしていきましょう。

3単身赴任

単身赴任の平均生活費
12~14万円/月

単身赴任が決まると単身赴任手当が会社から出るケースが多いです。しかし、地元の家の生活費と単身赴任先での生活費の2重でお金が出ていくのでやりくりしていくのが難しくなると考えられます。

また、単身赴任先で生活費を制限されるケースもあります。赴任先での生活費は行ってみないと分からないことが多く、あらかじめ把握しておくことは難しいでしょう。

単身赴任先の生活費をできるだけ抑えるために次のような方法をおすすめします。

  • 家賃補助の範囲内で部屋を探す
  • 外食を控えて自炊をする
  • 家具・家電はレンタルする
\24時間365日土日OK最短即日可能!/

生活費が足りないときの対処法は?

生活費が足りないときの対処法とは

ここまで、生活費が足りなくなる主なシチュエーションについて説明しました。しかし、上記のような場面に遭遇しなくとも、生活費が足りなくて悩んでいる人は少なくありません。

生活費が足りない時にできる対処法として次のようなものが挙げられます。

生活費が足りないが足りないときの主な対処法
  1. パート・アルバイト
  2. 副業
  3. ローン

では、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

1パート・アルバイト

毎月のように生活費が足りないのであれば、収入を増やすためにパートやアルバイトを始める、増やしてみることを検討してみてください。

サラリーマンや主婦でもOKな短時間から働けるパート・アルバイトをいくつかご紹介します。

  • スーパーのレジ・品出し
  • データ入力・一般事務
  • 飲食店のキッチン・ホール
  • 梱包作業
  • 新聞配達
  • コールセンター
  • ポスティング

では、一つずつ作業内容や労働時間、収入について紹介していきましょう。

\24時間365日土日OK最短即日可能!/

スーパーのレジ・品出し

スーパーのレジや品出し

日中に時間があいている主婦におすすめのパート・アルバイトはスーパーのレジや品出し業務です。

労働時間 3時間~
平均時給 892~977円程度
おすすめできる主な理由
  • 自分の都合に合わせた時間帯に働ける
  • 複雑な作業が少ない
  • 店舗が変わっても慣れやすい

スーパーでの仕事は主にシフト制になっているため、早番・昼番・遅番という形で時間が決まっています。4時間未満の勤務OKという融通の利くお店もあるので、自分のスタイルに合わせて収入を増やせるでしょう。

データ入力・一般事務

データ・一般事務

事務系の仕事はフルタイムで募集されているのをよく見かけますが、4時間以下のパートでも働けます。家庭の事情で急に退勤または欠勤することになっても柔軟に対応してくれる会社が多いので主婦におすすめです。

労働時間 4時間~
平均時給 957円程度
おすすめできる理由
  • パソコン操作を学べる
  • 体力が必要ない

データ入力作業が一般的ですが、事務の作業内容は会社によって異なります。PC操作を一から学んで身に着ける機会にもなります。

\24時間365日土日OK最短即日可能!/

飲食店のキッチン・ホール

飲食店のホール

飲食店でのパート・アルバイトもおすすめです。ランチ営業があるファミレスのお店であれば、午前中から夕方までのシフトを入れてもらえば家事に影響が出ないでしょう。

労働時間 4時間~
平均時給 865~1,250円程度
おすすめできる理由
  • 接客スキルを磨ける
  • 調理スキルや盛り付けのアレンジ方法を学べる
  • まかないで食費カットできる
飲食店の仕事内容はキッチンとホールに分かれています。調理補助をすれば料理のスキルを磨くことができます。ホールでの業務は注文の受付がメイン。賄いを楽しみの一つともできる点が飲食店で働く魅力です。

梱包作業

梱包作業

短時間OKで軽作業の仕事といえばピッキングや梱包作業のパート・アルバイトです。接客がないので服装やメイクに気を使う必要がなく、生活費を増やすために気軽に働くことが可能です。

労働時間 3時間~
平均時給 952~1,422円程度
おすすめできる理由
  • 作業を覚えやすい
  • 身なりにそこまで気を使わなくてもよいところもある
  • 短時間勤務が可能
同じ作業を淡々と繰り返すことになれている人におすすめの仕事です。棚から出荷する物を集める作業や商品を梱包する作業を黙々と行います。パート・アルバイト経験が少なくてもすぐに仕事を覚えられるでしょう。
\24時間365日土日OK最短即日可能!/

新聞配達

新聞配達

出勤前や家族が起き出す前に働いて生活費を増やしたいという方にオススメなのが新聞配達です。4時間以内の早朝勤務が可能です。勤務開始時間は夜中の2時や3時で、早ければ2時間ほどで終了します。

労働時間 2時間~
平均時給 約1,000円
おすすめできる理由
  • 人間関係のトラブルが少ないことが予想できる
  • 周辺エリアに詳しくなる

自転車やバイク、車で新聞配達を行います。仕事内容は単純で難しくないので初めてパート・アルバイトをするという主婦の方でも安心です。早起きができる人や早朝しか時間があいていないという人は、ぜひ検討なさってください。

コールセンター

コールセンター

仕事帰りや休みの日に収入を増やせるおすすめのパート・アルバイトといえばコールセンターです。シフトの融通が利きやすいので自分の空いている時間に仕事ができます。週3日や3時間からOKの企業もあるので要チェックです。

労働時間 4時間~
平均時給 1,011~1,272円程度
おすすめできる理由
  • 時間の融通が利きやすく隙間時間を使って稼げる
  • デスクワークなので体力を使わない

コールセンターでの仕事は発信と受信の両方です。専門的な知識が必要な場合は研修を受けてサービス内容をレクチャーしてもらえるので安心です。

体を使う仕事ではないので、一日本業を終えた後であっても作業がしやすいというメリットもあります。
\24時間365日土日OK最短即日可能!/

ポスティング

ポスティング

ポスティングのアルバイトはほとんどの場合、勤務時間が決められておらず、ポスティングした量に応じて報酬が支払われる形態の仕事です。なかには日給・時給制もあるので自分の希望に応じたスタイルを選んでください。

労働時間 2時間程度
平均時給 859~1,144円程度
おすすめできる理由
  • 基本的に好きなタイミングで好きなだけ働ける
  • 歩いたり走ったりしてよい運動になる

自分で働く時間を決められるので、本業が終わった夜や出勤前の早朝にポスティングすることもできます。自転車やバイク、車を使えば効率よく作業できるでしょう。

2副業

副業

生活費が足りないときに一番手っ取り早く収入を増やす方法が副業です。お金に困ったときにすぐに始められるように自分の生活スタイルに合う副業を今のうちに探しておくこともおすすめ。

時間に縛られず、自由に行える副業には次のようなものがあります。

  • ネットショップの運営
  • ネット広告
  • 覆面モニター
  • クラウドソーシング

では、それぞれの副業の特徴について紹介します。

\24時間365日土日OK最短即日可能!/

ネットショップの運営

個人で手軽にネットショップを開業できるサービスが登場しているため、サラリーマンも副業としてネットショップの運営を行えます。

ネットショップ運営のメリット
  • 開業するのにコストが安い
  • 商圏という概念がない
  • 自分の趣味や特技を生かした商材を販売できる

ネットショップを運営する方法には次のようなものがあります。

  • 販売プラットフォームに出店
  • ショッピングカートサービスを利用
  • オリジナルショップを作成

実店舗と異なるのは、開業コストが安いことだけでなく、営業時間を考慮しなくてもよいことも挙げられます。自分の空いた時間でお客様対応ができるので副業としてやっていけます。

ネット広告

ネット広告

企業がインターネット上で知名度を高めるためにネット広告を出して顧客を増やすことがあります。そのための広告を作成し、自分のホームページやSNSに載せるという方法で副業ができます。

ネット運用やSNS広告運用についての専門知識があれば、そのスキルを生かして副業を行い収入を増やしましょう。

本業後の空いた時間を使って広告運用の仕事を行ってみるのはいかがでしょうか。
\24時間365日土日OK最短即日可能!/

覆面モニター

覆面モニターとは、飲食系や美容系のお店を利用して、スタッフの接客態度や掃除状況、サービスの提供スピードや質をチェックする調査員のようなものです。

覆面モニターを募集しているサイトに登録し必要事項を入力しておけばすぐに始められます。調査会社によって求められる調査の量が異なりますが、15分~2時間で一つのモニターを終えられるでしょう。

自分の休みの日を利用して、美味しいものを食べたり、くつろぎながら報酬がもらえる時間を過ごせるというのは魅力的な副業です。

クラウドソーシング

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは?
インターネット上で企業が不特定多数の群衆に業務を発注する業務形態のこと
クラウドソーシングで受注できる仕事は様々です。簡単なライティングや翻訳、データ入力作業から高度な技術が求められるデザインやアプリ政策の仕事もあります。
ほとんどの場合、納品するものによって単価が発生するため、自分の好きな時間にマイペースに取り組める副業です。専門のスキルを持っていればそれを強みとして単価の高い案件をつかむこともできます。

3ローン

ローン

慢性的な生活費不足ではなく、急な出費がかさんでしまって一時的に生活費が足りない状況が生じているときにおすすめなのはローンです。後々、必ず返済できる見通しがついているのであればローンを利用して支払うことができます。

借入して生活費を支払う方法として次の2種類があります。

  • カードローン
  • キャッシング

    では、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

    \24時間365日土日OK最短即日可能!/

    カードローン

    カードローンとはATMからカードを使って現金融資を受けられるローンのことをさします。融資限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れができます。融資可能額は少額に設定されていることが多く個人向けです。

    カードローンの主なメリット
    • 担保・保証人なしで借入可能
    • 利用目的が限定されていない
    • 繰り返し借入・返済ができる
    カードローンの主なデメリット
    • 金利が高い傾向にある
    • 返済期間が長引くと支払総額が高額になる
    • 他のローン審査に悪影響が及ぶ可能性を予測できる

    カードローンは金利が高く、返済に長期間かけてしまうと借入残高が膨れが上がってしまうことも。計画的に利用し、できるだけすぐに返済できる見通しがついているときに検討してみましょう。

    \24時間365日土日OK最短即日可能!/

    キャッシング

    キャッシングローン

    キャッシングとはクレジットカードに付帯している機能のことで、ATMやCDから借入ができます。数万円から数十万円の少額融資限度額となっています。

    キャッシングの返済方法は一括払いかリボ払いで返済期間が長くなるほど返済額が高くなるので注意が必要です。

    キャッシングの主なメリット
    • ATMから現金を引き出せる
    • 海外で現地通貨の借入が可能
    • クレジットカードが発行されていれば別段の審査が不要
    キャッシングの主なデメリット
    • 長期的な借り入れにより返済が追い付かなくなる可能性がある
    • リボ払いの手数料が高い傾向にある

    どうしても今月の生活費が足りない!というときに近くのATMに行けば、すぐに現金を手にできる安心感と便利さはキャッシングの魅力です。しかし、借入ですから必ず返済しなければならないことを忘れないようにして、計画的に利用しましょう。

    おすすめカードローン会社

    金利や審査スピード・実際の利用者の口コミを比較して作成したおすすめのカードローン会社を紹介します。

    1プロミス

    プロミス
    プロミスの特徴
    • カードレスでWeb完結が可能
    • 最短30分審査・最短30分融資
    業界最大手のプロミスでは最大30日間無利息で、最短30分の審査※2から申し込みが完了します。 審査の通過率も比較的高いといえ、約2人に1人が新規で成約しています。 ※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    プロミスの自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機からカードの発行をすることもできます。
    また、カードレスのWeb完結型で、申し込みから返済までをプロミスの公式アプリで手軽に済ますことができます。
    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能
    金利(実質年率) 4.5%~17.8%
    限度額 500万円
    審査期間 最短30分 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    融資スピード 最短30分
    WEB完結 可能
    学生の利用 可能
    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    2アコム

    アコム
    アコムの特徴
    • 最短30分の審査&最短即日振り込み
    • 最大30日間金利0円サービス
    • 全国5万台以上の自社・提携ATM
    ※2020年3月時点。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。 三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査から最短即日振り込みが可能です。 CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も約50%と高いようです。アコムマンスリーレポート参照
    \アルバイトの方も申込可能/
    アコム申し込みはこちら
    Webで完結可能

    ※在籍確認が行われる場合がございます。
    アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!
    審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機のむじんくん(※2020年3月時点)からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。 また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。
    金利(実質年率) 3.0~18.0%
    限度額 1万円〜800万円
    審査期間 最短30分
    融資スピード 最短即日可能
    WEB完結 可能※在籍確認が行われる場合があります。
    学生の利用 可能 ※20歳以上で本人に安定した収入がある方
    返済方式 定率リボルビング方式
    返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
    担保・保証人 不要
    \アルバイトの方も申込可能/
    アコム申し込みはこちら
    Webで完結可能

    ※在籍確認が行われる場合がございます。

    3三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

    バンクイック
    バンクイックの特徴
    • 電話・インターネット・テレビ窓口の申込に対応
    • キャッシングの提携ATM手数料完全無料
    • 毎月1000円からの返済が可能※お借入利率(金利)によって返済額が異なります。
    • 申し込みに三菱UFJ銀行の口座不要
    三菱UFJ銀行の銀行系カードローンがバンクイックです。 銀行口座をお持ちの方はキャッシュカードから簡単にWeb完結申込が可能。もちろん、口座をお持ちでない方も電話・ネット・窓口でのお申し込みができます。
    \銀行金利のカードローン/
     キャッシングには全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットの提携ATMが手数料完全無料で利用できます。
    銀行カードローンらしい金利で20代後半~50代後半の幅広い年齢層に人気ですが、審査は厳しめと予想されますので、自信がない方はプロミス・アコムなど消費者金融カードローンがおすすめです。
    金利(実質年率) 1.8~14.6%
    限度額 10~500万円
    審査期間 最短翌営業日※2
    融資スピード 最短翌営業日※3
    WEB完結 可能
    パート・アルバイト 申し込み可能
    ※2現住所記載の運転免許証を提出し、審査受付時間内(できるだけ午前中)の申込でテレビ窓口から審査回答後(申し込みから最短翌営業日)にカード受取可能。 ※3テレビ窓口でのカード受取、または三菱UFJ銀行の口座への融資には本人確認書類には現住所記載の運転免許証が必要になります。 ※3 50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。
    \銀行金利のカードローン/

    4SMBCモビット

    SMBCモビットの特徴
    • Web完結で面倒な電話連絡不要
    • SMBCグループ
    • カードレスで最短即日融資可能
    SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループですが、
    • 三井住友銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • みずほ銀行
    • ゆうちょ銀行
    上記いずれかの口座を開設していれば、保険証、本人確認書類と収入証明書類の提出でWeb完結申し込みを済ませることができます
    \WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
    SMBCモビット申込み
    Webで完結可能
    ※参考URL:https://pc.mobit.ne.jp/web/pc/AP310S0000
    このWeb完結申し込みを利用すると、勤務先への電話連絡を省略することができるのはSMBCモビットの大きなメリットです!
    ただし、SMBCモビットでは、他社でよくある無利息期間が無いことには注意が必要です。
    金利(実質年率) 3.0~18.0%
    限度額 800万円
    審査期間 10秒簡易審査
    融資スピード 最短即日可能 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
    WEB完結 可能
    学生の利用 可能
    \WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
    SMBCモビット申込み
    Webで完結可能

    生活費が足りないときは原因を把握するのが重要

    生活費が足りないときは原因を把握する

    生活費が足りないときは、どうしてそうなってしまうのか原因を知ることが大切です。生活費をやみくもに切り詰めるよりも、他に節約できる要素があるかもしれません。

    生活費が足りなくなってしまう原因として、代表的なものは次のとおりです。もしこの中に心当たりがある原因があれば、この機会に見直してみましょう!

    生活費が足りなくなる主な原因
    • 毎月の固定費が高い
    • 外食が多い
    • 家賃が収入に対して高め

    どの項目も、工夫次第でコストを抑えられます!
    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    なお、総務省が発表している単身世帯の1ヶ月あたりの消費支出平均は、次の表のとおりです。だいたいの費用を知りたい方は参考にしてみてください。※1

    項目 金額
    消費支出総額 150,506円
    飲食費 41,373円
    水道・光熱費 11,687円
    交通・通信費 18,310円
    住居費 20,950円
    家具などの家事用品費 5,393円
    被服や履物 4,910円
    医療 7,129円
    教育費 2円
    教育娯楽費 15,867円
    その他 24,888円

    1毎月の固定費が高い

    毎月の固定費が高いと生活費が足りなくなる

    生活費が足りないときは、お金を節約する必要があります。お金の使い道は複数ありますが、一番手をつけやすいのが毎月の固定費です。

    固定費はほかの選択肢があるものが多いため比較しやすく、見直し次第でかなりコストダウンできることもあります。

    家計における固定費とは、主に次のようなものがあります。

    固定費の代表例
    • 水道・光熱費
    • ケータイ代など通信費
    • 住居費
    • 保険料
    • 自動車費 など

    では、1つずつ詳しく説明していきます。

    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    ● 水道・光熱費

    水道・光熱費は、水道代や電気代、ガス代を含めた費用のことです。特に電気やガスは会社によって料金が異なるため、価格を比較すればコストを抑えられる可能性があります。

    また、電気やガスをセットで料金提供している会社もあります。
    ただ会社やプラン変更をせずとも、水道・光熱費は工夫次第で節約することもできます。例えば、
    • 出しっぱなしやつけっぱなしを無くす
    • 残り湯を洗濯に使用する
    • 省エネタイプの家電製品に買い換える

    などが挙げられます。使い方を含め、どうすれば生活費に回せるか一度検討してみてはいかがでしょうか。

    ● ケータイ代などの通信費

    ケータイなどの通信費

    次に見直したいのがケータイ代などの通信費です。インターネットの回線費用や、アプリのサブスクリプションなどもここに分類されます。

    特にケータイやスマホ料金に関しては、次々に新しいプランがリリースされています。現在の料金プランでよいか、一度シミュレーションしてみましょう。

    近年は格安スマホや格安SIMが続々登場しています。携帯キャリアを変えてしまうのも一つの手です。
     もう使っていないアプリのサブスクリプションを解約したり、WiFiとスマホのセット割を視野に入れたりなど、通信費全体で様々な工夫ができます。プランなどはこまめに確認するのがおすすめです。
    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    ● 住居費

    住居費は、現在の居住形態によって内容が異なります。一般的には

    • 賃貸住宅…家賃、管理費
    • 持ち家…住宅ローン(集合住宅の場合は管理費や修繕積立金も必要)

    となります。住居費は毎月必ず出ていくお金でありながら、月の支出で大きな割合を占めます。住み続けていると意識が薄れがちですが、節約できればその分生活費に足せるかもしれません。

    ● 保険料

    保険料が高いと生活費が足りなくなる可能性がある

    生命保険や医療保険など、「保険」と名のつくものが分類されます。保険も数多くの選択肢がある固定費のひとつで、比較検討をすれば費用を抑えることが期待できます。

    保険への加入は最低限にするのが重要です。加入しすぎると出費がかさむだけになってしまいます。

    ● 自動車費

    ガソリン代や駐車場代など、自動車にまつわる費用をさします。マイカーを持っていて生活費が足りない方は、まずここから検討したほうがよいでしょう。

    そもそも本当に自動車が必要か、駐車場代が高いなら交渉できないかなど、方法は様々。移動が公共交通機関などで事足りそうであれば、思い切ってマイカーを手放す勇気も必要です。

    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    2外食が多い

    外食が多いと生活費が足りなくなる

    次に節約しやすいのが外食です。1回の外食にかかるお金は、そこまで大きな出費ではないかもしれません。しかし、外食の回数が多ければかなりの支出になってしまいます。

    農林水産省の統計調査によると、1人1ヶ月あたりの外食消費支出はおおむね2,500〜4,000円で推移していることがわかりました。なお、公開されている最新の情報では、月2,579円でした。※2

    年・月 外食費 備考
    2019年1月 3,968円
    2019年5月 4,347円
    2019年9月 3,997円
    2020年1月 4,231円
    2020年3月 2,997円 イベント自粛、小中学校の休校
    2020年5月 1,912円 4月に緊急事態宣言
    2020年9月 3,154円
    2021年1月 2,577円 緊急事態宣言2回目
    2021年2月 2,579円

    コロナの影響もあり、最新の統計ではやや少ない印象です。外食が多いと感じている方は参考にしてみてください。

    仕事で忙しいうえに自炊もするのは大変かもしれませんが、毎月生活費が足りないと感じている場合は、見直しが必要かもしれません。生活費を確保したいなら、外食を控えることもときには大切でしょう。

    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    3家賃が収入に対して高め

    家賃が収入に対して高いと生活費が足りなくなる

    一般的に、家賃は収入の30%が目安といわれています。現状の収入から考えて、あきらかに家賃の割合が大きい場合は引っ越しを考えるか、大家に家賃交渉をするなど工夫が必要です。

    国土交通省の調査では、年収が低い人ほど収入に対する家賃の占める割合が大きいという結果が出ています。なお、高家賃負担者の割合は以下のとおりです。(年収500万円以上に関しては高家賃負担者はなし)※3

    年収 高家賃負担者の割合
    100万円未満 79%
    100万円〜200万円 40%
    200万円〜300万円 10%
    300万円〜400万円 5%
    400万円〜500万円 2%

    収入の大半を家賃に費やしてしまうと、当然生活費は足りなくなります。家賃は毎月かかるものとはいえ、かなり大きな出費です。アクセスなどの条件もありますが、生活費が足りなくて困っているなら、節約を考えましょう。

    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    生活費が足りないときに関連する独自アンケート調査

    ここまで、生活費が足りないときに有効な対処法や、おすすめのカードローンについて紹介しました。生活費が足りなくなってしまう状況は、誰でも起こり得ることです。しかし、日頃から工夫しておけば生活費で困るリスクを軽減できるでしょう。

    なお、当サイトでは生活費が足りないときに関連する独自アンケート調査を実施しました。以下3つの調査結果を掲載しますので、生活費が足りないと困っている方はぜひ参考にしてみてください。

    独自アンケートの調査項目
    • 今すぐお金が必要になったときの対処法
    • カードローンで借りたお金の使い道
    • 利用したことがあるカードローン

    Q:今すぐお金が必要になったときの対処法

    今すぐお金が必要になったときの対処法

    アンケート回答の内訳
    お金が必要な際の対処法 割合
    クレジットカードの
    キャッシングを利用した
    23.7%
    物を売った 20.3%
    人からお金を借りた 18.4%
    カードローンを利用した 14.4%
    働く時間を増やした 11.0%
    その他 12.2%

    調査概要はこちら

    今すぐお金が必要になったときの対処法について、当サイトが独自にアンケート調査を行った結果、クレジットカードのキャッシング利用が23.7%と最多でした。

    また、おすすめの方法としてご紹介したカードローンは14.4%と、10人に1人以上が利用していたことが分かりました。ほかにも、売れるものがあれば手放したり人にお金を借りたりなど、様々な方法にまんべんなく票が入りました。

    他人とのトラブルを避けたいときは、カードローンやキャッシングの利用がおすすめです。
    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    Q:カードローンで借りたお金の使い道は?

    カードローンで借りたお金の主な使い道

    アンケート回答の内訳
    借入金の使い道 割合
    生活費補填 32.4%
    娯楽費・旅行費 15.3%
    他社への返済や
    クレジットカードの支払い
    10.8%
    ショッピング 9.0%
    冠婚葬祭費 6.3%
    医療費 3.6%
    投資・ギャンブル 1.8%
    覚えていない 9.9%
    その他 10.8%

    調査概要はこちら

    当サイトの独自アンケートで、カードローンで借りたお金の使い道を調査したところ、生活費の補填が32.4%で一番多いことが結果として分かりました。

    生活費が足りない状況でいますぐお金がほしい時は、カードローンの利用がおすすめです。特に、最短即日融資やWeb完結申し込みなど、スピードが魅力の消費者金融カードローンは、生活費が足りないときすぐ融資を受けられるので便利です。

    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    Q:いままで利用したことがあるカードローンは?

    今までに利用したことがあるカードローン

    アンケート回答の内訳
    貸金業者 利用者の割合
    地方銀行のカードローン 24.6%
    プロミス 21.9%
    アコム 21.1%
    アイフル 21.1%
    三菱UFJ銀行カードローン
    バンクイック
    16.7%
    SMBCモビット 15.8%
    三井住友カードローン 14.9%
    レイクALSA 13.2%
    三井住友銀行カードローン 10.5%
    みずほ銀行カードローン 9.6%
    楽天銀行カードローン 7.9%
    その他 21.1%

    調査概要はこちら

    当サイト独自のアンケート調査において、利用経験のあるカードローンにプロミスを挙げた人は21.9%と、結果としては地方銀行カードローンに次いで2位でした。

    プロミスでは、Web申し込みで最短30分融資ができるほか、時間や曜日を問わずいつでもすぐ振り込んでもらえる「瞬フリ」があります。プロミスは融資や審査のスピードが速く、無利息サービスの用意もあるのでおすすめです。

    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    生活費が足りないときによくある質問

    生活費が足りないときにおすすめのカードローンは?

    生活費が足りないときにおすすめのカードローンは、プロミスです。

    業界大手のプロミスでは最短30分融資が可能なため、生活費が足りなくて困っているときでもすぐに融資を受けることができます。また、24時間365日いつでも振込OKな瞬フリなど、すぐお金が必要な方にはうってつけのカードローンです。

    また、はじめて利用する方なら最大30日間の無利息サービスもありますので、ぜひ申し込んでみてください!

    生活費が足りなくなってしまうシチュエーションはある?

    生活費が足りなくなってしまう主なシチェーションとしては、次の3つが挙げられます。

    ・妊娠
    ・離婚
    ・単身赴任

    いずれも突発的なものばかりですが、こういった状況になることは誰でも考えられます。万が一のことが起きたときに備えて、生活費をはじめとするやりくりを計画することが大切です。

    生活費が足りないときにおすすめの対処法とは?

    生活費が足りないときにおすすめの対処法として、以下の3つがあります。

    ・パートやアルバイト
    ・副業
    ・ローンの利用

    時間や体力に余裕がある場合は仕事を増やすのがよいでしょう。今すぐお金が必要なときはカードローンなどのローンを利用するのがおすすめです。

    生活費が足りなくなる原因として考えられることとは?

    生活費が足りなくなってしまう主な原因としては、

    ・毎月の固定費が高い
    ・外食が多い
    ・家賃が収入に対して高め

    などが考えられます。いずれも解決策は様々あるため、ぜひ記事内をチェックして改善してみてください。

    カードローンとはどういうもの?

    カードローンとは、ATMからカードやアプリなどで現金融資を受けられるローンのことをいいます。限度額の範囲内であればいくらでも借り入れが可能です。

    メリットとしては、
    ・担保・保証人がいらない
    ・利用目的が自由であること
    が挙げられます。

    一方デメリットとしては、
    ・金利が高いものがある
    ・返済期間が長いと支払総額が高くなってしまう
    などがあります。

    まとめ

    生活費が足りない!となる前に事前に予想できることは対策しておくのが一番です。主な対策は3つあります。

    • パート・アルバイト
    • 副業
    • ローン

    もし、慢性的な生活費不足になっているのであれば、パート・アルバイトまたは副業によって収入を増やすことを検討してください。

    一時的な出費により生活費が足りない場合は、カードローンやキャッシングを利用できます。しかし、返済に時間をかけすぎないように計画的に利用しましょう。

    \24時間・土日も振込可能/
    プロミス申し込みはこちら
    Webで完結可能

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事