コンビニ クレジットカード 使える?

ちょっとした買い物に便利な「コンビニ」。今や私たちの生活に欠かせない存在です。

コンビニを利用していて気になるのが、クレジットカードが使えるのか、という問題。

コンビニでクレジットカードが使えれば、お得にポイントが貯められます。

そこで今回は、クレジットカードがコンビニで利用できるのかを徹底解説。コンビニでのクレジットカードの使用方法やクレジットカードが使えないケースをまとめています。

\コンビニでポイントが貯まりやすい/

さらに、コンビニ利用におすすめのクレジットカードも紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

結論から述べると、基本的にコンビニでの支払いにクレジットカードは使えます

ローソン・ファミリーマート・セブンイレブン・ミニストップなど、大手コンビニでは全店舗がクレジットカードの支払いに対応。カード決済可能です。

まずは、クレジットカードをコンビニで使う際に、知っておきたい3つのポイントを紹介します。

ポイントを知っておけば、安心してコンビニでクレジットカードが使えますので、ぜひ目を通してみてください。

1少額でもOK

コンビニでの支払いには、クレジットカードが利用可能です。金額は一切関係ありません。

 たとえ10円の商品であっても、クレジットカードで支払い可能です。

実際、コンビニでの買い物は数百円程度の少額がメイン。中には、「少額の支払いでクレジットカードを使うと迷惑にならないか心配」という方もいるでしょう。

しかし、コンビニでのクレジットカード払いは、現金よりスムーズに行くケースがほとんどです。お釣りを用意する必要がなく、店員さんの負担も現金より少なくてすみます。

コンビニを利用する際は、少額でもクレジットカードでスマートに支払いましょう。
\コンビニでポイントが貯まりやすい/

2暗証番号やサインは不要

コンビニでクレジットカードを使う場合、基本的には暗証番号やサインが不要です。

一般的にクレジットカードを使う際は、暗証番号を入力したりサインを書いたりしなければなりません。

しかし、コンビニでは暗証番号やサインをせずに、クレジットカード払いができます。

暗証番号やサインのやり取りが迷惑になりそう、、、

とコンビニでのクレジットカード使用をためらっていた方も、安心して使ってみてください。

ただし、会計が高額(10,000円以上)な場合などはサインが必要です。

コンビニで高額な買い物をする際にはサインが必要なことを頭に入れておきましょう。
\コンビニでポイントが貯まりやすい/

3ポイント還元の対象

コンビニでの買い物でも、クレジットカードのポイントは貯まります。

コンビニを日常的に利用する方も多いでしょう。1回ごとの支払いは少額でも、1年間を通して計算すると、コンビニで多くのお金を落としているケースは少なくありません。

コンビニでの支払いを現金からクレジットカードに変えるだけで、お得にポイントを貯められます。

クレジットカードをコンビニで使う方法

コンビニでのクレジットカードの使い方は、一般的な店舗と異なります。基本的に、サインや暗証番号の入力が必要ありません。

そこで、ここでは各コンビニにおけるクレジットカードの使い方を紹介します。コンビニでのクレジットカードの使い方は、下記のとおりです。

コンビニ 使い方
セブンイレブン レジ横の端末機に挿入する
ローソン レジ横の端末機に挿入する
ファミリーマート 店員さんにクレジットカードを渡す
ミニストップ レジ横の端末機に挿入する

コンビニでクレジットカードを使う場合、レジ横の端末機を使用するのが一般的です。

会計時にクレジットカード払いを伝え、端末機にクレジットカードを差し込んで支払い完了となります。

ファミリーマートのみ店員さんにクレジットカードを渡して支払いを行います。

もしクレジットカードの利用方法で不明点があれば、店員さんに尋ねましょう。

一度使い方が分かれば、次からスムーズに支払えます。前提としてコンビニでクレジットカードは使えますので、わからないことは聞いてみてください。

\コンビニでポイントが貯まりやすい/

コンビニでクレジットカードを使えないケース

コンビニでのクレジットカード払いは基本的には可能です。

しかし、一部のコンビニではクレジットカードが使えない場合もあります。

そのため、ここではコンビニでクレジットカードが使えないケースを解説していきます。コンビニでクレジットカードを利用する前に、ぜひ確認してみてください。

1公共料金・振り込み用紙の支払い

コンビニで、公共料金・振り込み用紙の支払いをクレジットカードですることはできません。

コンビニで振り込み用紙の支払いは、基本的に現金のみです。

その理由は?

公共料金や年金のクレジットカード支払いを受け付けると、コンビニ側に手数料(カード会社へ支払う料金)が発生します。コンビニ側に損失が出てしまうからです。

コンビニでの

  • 公共料金
  • 年金納付書

などの振り込み用紙にクレジットカードは使えませんので、十分注意しましょう。

\コンビニでポイントが貯まりやすい/

2切手・はがき・印紙類

コンビニで切手・はがき・印紙類を購入する際、クレジットカードは使えません。

切手・はがき・印紙類の支払いは現金のみ。電子マネーも利用不可です。年賀はがきの購入にもクレジットカードは使えませんので、覚えておきましょう。

3プリペイドカード・金券類

プリペイドカードや金券類などの商品も、クレジットカードが使用できません。

コンビニで販売しているプリペイドカード・金券類
  • POSAカード
  • QUOカード
  • テレホンカード
  • ビール券
  • 酒クーポン券 など

コンビニで、プリペイドカードや金券類を購入する際は、現金で支払いましょう。

4ゴミ処理券・地区指定のゴミ袋

コンビニでは、ゴミ処理券や地区指定のゴミ袋も現金のみとなっています。

地区指定のゴミ袋をコンビニで購入する際、クレジットカードは使えません。他の商品と分けて、ゴミ袋のみ現金で会計する必要があります。

ただし、通常のゴミ袋はクレジットカード支払い可能です。

\コンビニでポイントが貯まりやすい/

5分割払い

コンビニでは、クレジットカードの分割払いができません。

 コンビニでの支払い方法は、一括払いのみです。

もし分割払いを希望する方は、一括払いで購入した後に、カード会社に連絡して支払い方法を変更しましょう。

コンビニ別!公共料金・振り込み用紙をクレジットカードで支払う裏技

通常、コンビニでの振り込み用紙の支払いは現金のみです。コンビニでは、クレジットカードで公共料金などの支払いはできません。

しかし、クレジットカードで公共料金・振り込み用紙の支払いを行う、裏技があります。

ここでは、振り込み用紙の支払いをクレジットカードで行うテクニックをコンビニ別にまとめています。

振り込み用紙がクレジットカードで払えれば、ザクザクポイントを貯めることが可能です。ぜひ参考にしてみてください。
\コンビニでポイントが貯まりやすい/

セブンイレブン

セブンイレブンでは、クレジットカードによる振り込み用紙の支払いは不可。しかし、nanacoでの支払いは認めらています

 セブンカードプラスは、nanacoチャージが可能なクレジットカード。セブンカードプラスでチャージしたnanacoを使って、振り込み用紙代金のコンビニ払いが可能です。

セブンカードプラスでnanacoをチャージすれば、220円(税込)につき1ポイントが還元間接的な支払い方法ではあるものの、振り込み用紙の支払いでポイントが貯められます。

セブンイレブン:振り込み用紙をクレジットカードで支払う方法
  1. セブンカードプラスを作成
  2. セブンカードプラスでnanacoをチャージ
  3. チャージしたnanacoで支払い

ファミリーマート

ファミマTカードは、コンビニ振り込み用紙の支払いが可能なクレジットカードです。ファミマTカードは、ファミリーマート自身が発行元となっています。

決済手数料をカード会社に支払う必要がないため、ファミマTカードを使えば、振り込み用紙の支払いが可能です。

さらに、ファミマTカードを使えば公共料金以外にも

  • 切手・はがき・印紙類
  • ゴミ処理券や地区指定のゴミ袋
  • プリペイドカードや金券類

などの支払いも可能です。ファミマTカードをファミリーマートで使うことが、クレジットカードで直接振り込み用紙を支払う方法となっています。

 ただし、国民年金保険料等の税金類は、ファミマTカードであってもクレジットカード払いできません。

合わせて覚えておきましょう。

\ファミリマートでお得/
ファミリーマート:振り込み用紙をクレジットカードで支払う方法
  1. ファミマTカードを作る
  2. ファミリーマートでファミマTカードを使って支払い
\ファミリマートでお得/

ローソン

ローソンは、公共料金・振り込み用紙のクレジットカード払いに対応していません

 ローソンでの公共料金など振り込み用紙の支払い方法は、現金のみです。

どうしてもクレジットカードを使いたい方は、セブンイレブン・ミニストップ・ファミリーマートなど他のコンビニを利用しましょう。

ミニストップ

イオンカードセレクト

イオンカードは、WAONへのオートチャージが手軽にできるクレジットカード。ミニストップではWAONを利用することで、振り込み用紙分の代金を支払うことができます

イオンカードでWAONにチャージすると、200円(税込)につき1ポイントが還元。公共料金などのコンビニ支払いでポイントが貯まります。

ミニストップ:振り込み用紙をクレジットカードで支払う方法
  1. イオンカード(WAON一体型)を作成する
  2. イオンカードでWAONにチャージ
  3. WAONで支払う

コンビニ別!おすすめクレジットカード

セブンイレブンでお得なクレジットカード

1JCB CARD W

JCB CARD W

おすすめポイント

  • セブンイレブン, amazonなどでポイント3倍以上
  • ポイントが常に2倍
  • JCBの安心・安全のセキュリティ
\年会費永久無料/
年会費 永年無料
還元率 1% 
国際ブランド JCB
\年会費永久無料/

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jp利用額の30%キャッシュバック!
    【期間】2021年7月1日(木)~9月30日(木)まで
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント!
  • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント!
  • スマリボ登録&利用で最大4ヵ月分のリボ手数料実質0円!+最大6,000円相当キャッシュバック !
  • キャッシング枠50万円に設定+条件達成で最大3,200円キャッシュバック
    【期間】2021年4月1日(木)~9月30日(木)
※参加登録時期にかかわらず、期間中に利用された金額がキャンペーン対象となります。
※1枚のカードを複数のデバイスに設定された場合でも、キャッシュバックの上限は1,000円となります。
※売上情報の到着時期によってはご利用合計金額の対象とならない場合があります。

2セブンカード・プラス

セブンカード・プラス

おすすめポイント

  • 7&iグループ店の利用でポイント2倍
  • nanacoへのチャージが可能
  • nanacoポイントが貯まる
年会費 永年無料
還元率 0.5% 
国際ブランド JCB/Visa

ローソンでお得なクレジットカード

1dカード

dカード

おすすめポイント

  • ローソンのdカード決済で1%ポイント還元
  • ローソンでdカード,dポイントカード定時でさらに220円(税込)ごとに1%ポイント還元
  • 貯まったdポイントはPontaポイントと交換可能
  • ドコモユーザーならケータイ・通信量がお得になる
\新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で/
 ※申込翌々月末までの入会対象 ※dポイント(期間・用途限定)
年会費 永年無料
還元率 1% 
国際ブランド Mastercard / Visa

dカード GOLDはもっとお得にポイントが貯まる!

dカードGOLD

ドコモの携帯・ドコモ光を契約している場合は、dカード GOLDの方がポイントが貯まるためおすすめです。dカード GOLDなら、ドコモ携帯とドコモ光の利用料金1,000円(税抜)ごとに100ポイント貯まります!
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
 家族カードも1枚目は年会費無料のため、家族でドコモ携帯を利用している場合はポイントがさらに貯まりやすいです。

毎月10,000円ほどの支払いをしている場合は還元ポイントが大きくなりますよ!

dカード GOLDのキャンペーン情報

  • dカード GOLDに新規入会&利用で合計最大20,000ポイントプレゼント
\合計最大20,000ptプレゼント/
 ※11月30日まで
※申込翌々月末までの入会対象※dポイント(期間・用途限定)
※新規入会、利用、各種設定、抽選、要エントリーした方が対象
※申込期間:2021年11月30日まで、翌々月末までの入会対象

2ローソンPontaプラス

おすすめポイント

  • ローソンで利用すると110円(税込)につき最大4Pontaポイントが貯まる
  • 1ヵ月の利用金額に応じて翌月のポイント還元率がアップ
  • 年間100万円のショッピング保険付帯
年会費 永年無料
還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard

ファミリーマートでお得なクレジットカード

1ファミマTカード

ファミマTカード

おすすめポイント

  • ファミリーマートで200円(税込)につき最大4ポイント還元
  • ファミリーマートで商品割引あり
  • ファミリーマートで公共料金・振り込み用紙の支払いが可能
年会費 永年無料
還元率 0.5% 
国際ブランド JCB

2Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

おすすめポイント

  • 100円につき1ポイントTポイントが貯まる
  • PayPayへの直接チャージに対応
  • 全国のTポイント提携先でTポイントを利用可能
\Tポイントが貯まる/
年会費 永年無料
還元率 1% 
国際ブランド Mastercard / Visa/JCB
\Tポイントが貯まる/

ミニストップでお得なクレジットカード

1イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

おすすめポイント

  • WAONオートチャージで200円につき1ポイントが貯まる
  • イオングループ対象店でいつでもポイント2倍
  • お客さま感謝デーは買い物代金5%OFF
年会費 永年無料
還元率 0.5% 
国際ブランド Mastercard / Visa/JCB

2JALカード

JALカード

おすすめポイント

  • JALカード→JMB WAONカードへのWAONチャージで還元率が最大1.5%
  • カード利用でマイルが貯まる
  • 搭乗時にボーナスマイルがプラス
年会費 初年度無料(2年目以降税込2,200円)
還元率 0.5% 
国際ブランド  Mastercard / Visa/JCB

コンビニでクレジットカードを使うメリット

コンビニでクレジットカードを使うメリット

コンビニでクレジットカードを活用するメリットには、次のようなものがあります。

コンビニでクレジットカードを活用するメリット
  1. 支払い金額に応じてポイントが貯まる
  2. 決済が現金よりスムーズになる
  3. 決済履歴を確認すれば家計簿代わりになる
  4. ATMで手数料をかけて現金を引き出す必要がない

1支払い金額に応じてポイントが貯まる

クレジットカードには商品やサービス、現金などに交換できるポイントサービスがついています。たとえ少額でも、コンビニで買い物をするときに、意識的にクレジットカードを活用すればポイントを地道に貯められますよ。

現金では、ポイントサービスはないので、積極的にクレジットカードを活用するのがお得です!

コンビニをよく活用される人ほど、クレジットカードでの決済をおすすめします。

2決済が現金よりスムーズになる

クレジットカードでは、現金を数えてお釣りの交換をする必要がないため、決済が現金よりも早くなりやすいです。急いでいるときや、レジに列ができているときなどに便利ですね。

 クレジットカードの利用限度額を超えているときは、決済できず逆に遅くなる恐れがあります。複数のカードを持つか、現金を準備しておくのが無難です。

3済履歴を確認すれば家計簿代わりになる

クレジットカードの多くは、スマートフォンアプリと連携して、決済履歴が保存されるようになっています。わざわざレシートをためて家計簿をつけなくても、アプリから「何にいくら使ったか」を確認できるのです。

コンビニは細々した買い物を、何度も繰り返しやすいので、決済履歴を残してくれるアプリは便利ですよ!

ATMで手数料をかけて現金を引き出す必要がない

もしコンビニで手元に現金やクレジットカードがなければ、ATMを使わなければなりません。コンビニのATMは、一部のカードや時間帯によっては無料サービスもありますが、通常、手数料がかかります

そこでクレジットカードがあれば、現金を引き出す必要がないため、ATMを活用する必要がなく手数料もかかりません

\年会費永久無料/

まとめ

ここまで、コンビニでのクレジットカードの使い方を中心にまとめてきました。

基本的に、コンビニでクレジットカードは使えます。支払いをクレジットカードに変更するだけで、毎日のコンビニ利用でお得にポイントが貯まります。

ぜひ今回の記事の内容を参考に、コンビニでクレジットカードを使ってみてください。

\年会費永久無料/

関連記事

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事