キャッシングのリボ払いとは?支払いの変更方法や仕組みを解説!

クレジットカードのキャッシングを利用していても、リボ払いの金利や最終的な返済額をしっかり計算できている人は少ないと思います。

この記事では、一見複雑なキャッシングでのリボ払いの仕組みを簡単に説明し、以下のような疑問に答えています。

  • キャッシングのリボ払いは怖い?
  • リボ払いは複雑でわかりにくい?
  • 途中で支払い方法をリボ払いに変更できる?

キャッシングやリボ払いにおすすめのクレジットカードも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


いつでもリボ払いOK/

キャッシングのリボ払いとは?

キャッシングの返済方法は主に以下の2通りあります。

  • 翌月一括払い
  • リボ払い

クレジットカードのキャッシングでは、通常ショッピング枠と同じ支払日にその月ぶんのキャッシング額も一括返済するようになっています。

もう一つの方法であるリボ払いは、正しくはリボルビング払いといい、「月ごとに自分で決めた返済額を分割して支払うこと」ができます。

キャッシングのリボ払いとは?

リボ払いの特徴として、キャッシングの金額に関係なく返済額を自分で決めることができるので、図のように「今月厳しいかも…」というときは数千円から、反対に余裕がある月は多めに払ったり、残額を一括返済することもできます

そもそもキャッシングとは?

キャッシングサービスはATMなどからキャッシュ(現金)を引き出せる融資サービス全般のことですが、一般的にはクレジットカードのキャッシング枠やキャッシング機能のことを指していいます。

保証人・担保なしでいつでも融資を受けることができ、使い道も自由で24時間世界の多くの国の提携ATMから利用できるメリットがあります。

\いつでもリボ払いOK/

分割払いとリボ払いの違い

クレジットカードの支払い方法である分割払いとリボ払い、どちらも複数回に分けて支払・返済する方法ですが、明確な違いがあります。

分割では、回数を決めるのに対し、リボ払いは金額を決める支払方法です。

分割払いとリボ払いの違い

たとえば一回のショッピングで10万円の買い物をしても、10回払いと支払いの回数を決めて支払いするときは「分割払い」といい、毎月1万円と金額を決めて支払いするときは「リボ払い」といいます。

同じ1万円を10回払うときでも、回数を決めるのか、金額を決めるのかによって支払い方法の呼び方が変わります。

 

キャッシングリボ払いの返済方式

クレジットカードやカードローンのホームページをみると、残高スライド元金定額払い・残高スライド元利定額払いなど難しい言葉の意味を理解しないままにキャッシングを利用している方も多いと思います。

ここからは主に返済方法で知っておきたい以下3つの支払い方法を紹介します。

  • 残高スライド方式
  • 元金定額払い
  • 元利定額払い

これらの返済方法に関してはキャッシングを利用する前に必ずチェックしてください。

残高スライド方式とは

残高スライド方式では、返済を進めていくうち、借入の元金が減るにつれて返済額も毎月少しずつ減っていく(スライド)していく方式のことです。

たとえば、元金が50万円のときは5万円、40万円まで減ると4万円返済する、というように、借入残高に応じて返済する額を減らすことができます。

リボ払いの残高スライド方式

この方法では、毎月きちんと返済してすこしずつ借入総額を減らしていくことで、少ない金額でも返済の意志があることを伝え、月々の負担を軽くすることができるメリットがあります。

\いつでもリボ払いOK/

元金定額払いと元利定額払いの違い

こちらもよくクレジットカードのホームページなどで記載されている「元金定額」や「元金定率」などについてです。

リボ払いといえば、「元金定額払い」と「元利定額払い」のどちらかになることがほとんどなので、違いをこの2つだけはしっかり理解しておくとのちのちの返済計画も立てやすくなります。

「元金定額払い」とは、

POINT

元金が定額の支払い方法

リボ払いで月々1万円の支払いをするときには利息としてキャッシング残高に対する金利がかかるので、実質「1万円+利息分」を支払う必要があります。

したがって、「元金定額払い」で毎月1万円という元金が決まっているときには、1万円と追加の利息分を支払う必要があります。

一方、「元利定額払い」

POINT

元金と利息を合わせて定額を支払う方法

リボ払いぼ支払いを月々1万円と決めたとき、「元利定額払い」では返済額1万円のうちに元金の利息分も含まれています

毎月きっちり返済額を「1万円」などと決めておきたい人には元利定額払いがおすすめ。

反対に少しでも多く返済して一日でも早く完済したいひとには元金定額払いがおすすめの返済方式になります。

定率払いとは

先ほど紹介した「元金定額払い」、「元利定額払い」の定額払いに対して、定率払いという返済方法もあります。

定額払いでは月々の返済額が1万円など固定の金額でしたが、定率払いでは、「毎月の残高のうちどれくらいの割合で返済するのか?」を決める方法です。

たとえば10万円のキャッシングに対して毎月3%の定率払いでは、以下のように返済していきます。

残高 返済(残高の3%)
4月 10万円 3000円
5月 9万7000円 2910円
6月 9万4090円 2822円

定率リボ払いを採用しているクレジットカードなどはめずらしく、大手消費者金融のアコムなどでは一部の商品に採用されている支払い方式です。

\いつでもリボ払いOK/

リボ払いにかかる金利手数料

キャッシングリボ払い|金利手数料の計算方法
利用残高×金利(実質年率)×利用日数÷365(日、うるう年は366)

クレジットカードのキャッシングを利用すると、一括払い・リボ払いの返済方法にかかわらず、手数料がかかります。

キャッシングにかかる手数料(実質年率)は、基本的におよそ15~18%ほど。

たとえば、10万円のキャッシングを毎月1万円ずつ手数料(実質年率)18%で10ヶ月かけて元金定額リボ払いで返済すると以下のような手数料になります。

支払い方式は、一般的な元金定額リボルビング払いです。
手数料 支払い額 支払い後残高
1ヶ月後 1229円 1万1229円 9万円
2ヶ月後 1372円 1万1372円 8万円
3ヶ月後 1180円 1万1180円 7万円
4ヶ月後 1067円 1万1067円 6万円
5ヶ月後 914円 1万914円 5万円
6ヶ月後 737円 1万737円 4万円
7ヶ月後 609円 1万609円 3万円
8ヶ月後 442円 1万442円 2万円
9ヶ月後 304円 1万304円 1万円
10ヶ月後 152円 1万152円 0円

また、キャッシングの返済にかかる手数料は、借入した日の翌日から計算が始まることになっています。

JCBの利息計算方法

これには「初日不算入の原則」という民法の考え方が影響していて、とくにお金に関する契約を行うキャッシングなどでは、どのカード会社でも翌日からの利息計算となります。

MEMO

即日返済なら金利0でキャッシングを利用できる!

\いつでもリボ払いOK/

キャッシングの返済を一括払いからリボ払いに変更する方法

クレジットカードのキャッシングはショッピング枠の支払いと同じように翌月一括払いが通常。

しかし、キャッシングを利用したは良いものの、あとからリボ払いに変えたいときなどは、クレジットカード各社のお支払い方法の変更から「あとからリボ」を利用することができます

  • 一括払い→リボ払い
  • リボ払い→一括払い
  • 一括払い→分割払い

上記以外にもお支払い方法の変更をしたいときは電話はもちろん、ほとんどのカード会社がネットやアプリからの変更に対応しています

詳しくはご利用のカード会社のホームページ等をご参照ください。

 リボ払いへの変更などはお支払い日の一週間前など期日が決まっていることが多いので、変更方法や変更期日は早めの確認をおすすめします。
\いつでもリボ払いOK/

キャッシングをリボ返済する時の注意点

キャッシングのリボ払いには、クレジットカードの限度額を圧迫してしまうというデメリットがあります。

キャッシング枠とショッピング枠

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の一部として設定されているので、キャッシングを使った分だけショッピング枠も少なくなってしまいます

リボ払いは毎月の返済額が少なくて済むぶん、借入の元金も減りにくくなります。

クレジットカードの限度額がいっぱいになってしまうと、キャッシングもショッピングでもカードを利用することができなくなってしまうので、毎月の利用額や返済計画をきちんと把握しておく必要があります

キャッシングにおすすめのカードローン4選

1VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。VIASOカードのキャッシングでは、融資利率(実質年率)が14.95〜17.95%と安い金利になっています。

一括払いはもちろん、元本定額リボルビング払い(元金定額)が可能。

支払い方法の変更も電話やインターネットから簡単で、キャッシングのあとからリボ払いに変更することもできます

キャッシング以外でも、ポイントを自動で現金還元してくれるオートキャッシュバッグ機能など、便利なクレジットカードです。

オートキャッシュバック機能では、還元対象月になると直接口座にキャッシュバックされます。その月に、請求額があった場合にはポイント分引かれた額が請求されるためポイントを無駄にしてしまうこともありません。

  • 貯まったポイントを現金への交換が可能
  • 今なら最大10,000円分キャッシュバック
  • 永年年会費無料
  • ネットショッピングで最大10%還元
  • 海外旅行傷害保険最高2,000万円
\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/
融資利率 14.95〜17.95%
返済方式 一括払い/元本定額リボルビング払い
年会費  永年無料
ポイント還元率(通常時)  0.5〜10%
ポイントアッププログラム
  •  携帯電話料金の支払いでポイント2倍
  • Visa eショップ経由での買い物でポイント最大10%(Amazon,楽天,yahoo,じゃらん)
  • ETCカードでポイント2倍
ポイント利用例  自動で還元
※対象還元月に請求がある場合には、口座にキャッシュバックではなく請求額からポイント分が引かれて請求されます。また、蓄積ポイント数が一定以上の場合にキャッシュバックが行われる等、キャッシュバックには一定の条件がございます。
国際ブランド MasterCard
ETCカード  あり
保険・補償
  • 海外傷害旅行保険:最高2000万円
  • ショッピングパートナー保険サービス:年間100万円 
申し込み対象 18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

2エポス(EPOS)カード

エポスカード

エポスカードは、丸井グループのクレジットカードです。

最大の特徴はキャッシングを利用する際、全国の提携ATMで手数料無料で利用できる点。

自社ATMはもちろん、他社の提携コンビニATMなどでも手数料がかからないことに加えて、キャッシングを初めて利用する方は最大30日間金利が0円になります。

EPOS(エポス)カードの手数料

また、マルイではもちろん、その他のお店約10,000店舗で特別優待で割引などが受けられます。

  • 最大30日間金利0円
  • キャッシングの提携ATM手数料無料
  • 年会費が永年無料
  • 今なら入会特典で2,000円分ポイントプレゼント
  • 年会費が無料なのに海外旅行保険が自動付帯
  • 最短即日で発行が可能

今なら入会するだけで2,000円分のポイントプレゼント中です。
金利(実質年率) 18.0%
返済方法 1回払い/リボ払い
年会費 永年無料
ポイント還元率(通常時)  0.5%
ポイントアッププログラム
  • マルイグループで2倍 
  • ネットショッピングで最大ポイント30倍
ポイント利用例
  • マルイの買い物で使用する
  • ANAマイル
  • JALマイル
  • dポイント
  • au WALLETポイント
国際ブランド  Visa
ETCカード  あり
保険・補償
  • 傷害死亡または後遺障害:最高500万円
  • 傷害治療費用:1回の事故につき200万円限度
  • 疫病治療費用:1回の病気につき270万円限度
  • 賠償責任(免責なし):1回の事故につき2,000万円限度
  • 救援者費用等:100万円限度
  • 携行品損害(免責3,000円):1旅行につき20万円限度(1個・1組・1対あたり10万円限度)

エポスカードは自動付帯なので持っているだけで海外旅行保険の補償をうけることができます。

特典・キャンペーン 入会で2,000円分ポイントプレゼント
申込可能年齢  18歳以上

3JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wは、JCBが発行する39歳以下限定のクレジットカードです。

JCB CARD Wの特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。通常のJCBカードに比べて、国内・海外どこで使ってもポイント付与率が2倍以上となっています。

  • いつでもポイント付与が2倍
  • JCBオリジナルパートナーズのお店でポイント2〜10倍
  • 今なら入会後3ヶ月間ポイントがすべて4倍2021年1月1日~2021年3月31日
  • 新規入会ならAmazonで利用すると30%(上限金額5,000円)キャッシュバック【2021年1月1日~2021年3月31日】
  • 年会費無料
\年会費永久無料/
JCBオリジナルパートナーズ一例
  • スターバックス
  • セブンイレブン
  • amazon
  • 一休(旅行サイト)など

また、JCBが運営するポイント優待サイトOkidokiランド(参加ショップ:Amazon,楽天,yahooの人気店など)経由で買い物すると、なんとポイント最大20倍となります。

紛失・盗難サポートがあるなど、セキュリティサポートも万全です。39歳以下の方であれば、メインカードの最有力候補と言えます。

\年会費永久無料/
金利(実質年率) 15.0~18.0%
返済方法 一回払い/リボ払い
年会費  永年無料
ポイント還元率(通常時)  1〜7%
ポイントアッププログラム
  • いつでもポイント2倍
  • 優待店の利用で3〜21倍
  • 入会後3ヵ月は5〜23倍
  • amazon・セブンイレブンなどでポイント3倍
  • スターバックスでポイント10倍
  • Okidokiランド経由のネットショッピングでポイント最大20倍 
ポイント利用例
  •  JCBギフトカード
  • ANAマイレージ
  • Amazon など
国際ブランド  JCB
ETCカード  あり
保険・補償
  •  旅行傷害保険:海外2,000万円(最高)
  • ショッピングカード保険:海外100万円(最高)
特典・キャンペーン
  • 入会後3ヶ月間ポイント4倍2021年1月1日~2021年3月31日
  •  Apple Pay、Google Pay利用で20%還元
  • スマリボ登録&利用でポイント10倍2020年10月1日~2021年3月31日
  • Apple Pay、Google payを利用すると抽選で全額キャッシュバックキャンペーン
申込可能年齢  18歳以上39歳以下
\年会費永久無料/

JCBカードWのキャンペーン情報

  • \新規入会限定/Amazon.co.jp利用額の30%キャッシュバック!
    【期間】2021年7月1日(木)~9月30日(木)まで
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント!
  • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント!
  • スマリボ登録&利用で最大4ヵ月分のリボ手数料実質0円!+最大6,000円相当キャッシュバック !
  • キャッシング枠50万円に設定+条件達成で最大3,200円キャッシュバック
    【期間】2021年4月1日(木)~9月30日(木)
※参加登録時期にかかわらず、期間中に利用された金額がキャンペーン対象となります。
※1枚のカードを複数のデバイスに設定された場合でも、キャッシュバックの上限は1,000円となります。
※売上情報の到着時期によってはご利用合計金額の対象とならない場合があります。

ACマスターカード

ACマスターカード

ACマスターカードは三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムが発行しているクレジットカードです。審査は最短30分で完了し、自動契約機からでもクレジットカードの最短即日発行が可能です。

ACマスターカードでは、自動でその月の利用額の0.25%を現金で還元しています。

毎月20万円、年間240万円ACマスターカードを使うと自動で現金6000円がキャッシュバックされます。

\最短即日発行/
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
返済方法 リボ払い
年会費 無料
ポイント還元率※ 0.25%(※自動でその月の利用額の0.25%を現金で還元)
ポイントアッププログラム
ポイント利用例
国際ブランド mastercard
ETCカード
保険・補償
特典・キャンペーン
申し込み対象 20歳以上69歳以下の安定した収入(アルバイト)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
\最短即日発行/

まとめ

最後にもう一度、キャッシングのリボ払いについて覚えておきたいポイントをまとめます。

  • リボ払いの返済方法や金利計算は簡単にわかる
  • キャッシングの支払いはいつでも一括払いやリボ払いに変更できる
  • リボ払いをする時はカードの限度額に注意

キャッシングのリボ払いには、クレジットカード各社独自のルールが設定されているので、公式ホームページで簡単に使える返済シミュレーションなどでなるべく金利や残高をこまめにチェックしておくのがおすすめです。

\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事