おすすめのキャッシング比較
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

急な出費が必要になった時、現金を借りられるサービスのひとつにキャッシングがあります。

しかし、一口にキャッシングと言ってもローンやカードなどを提供している金融機関は多数あり、どれに申し込めば良いか迷っている方も多いでしょう。

そこで今回は、即日借りられる消費者金融系や銀行系、海外旅行での利用など、ジャンル別におすすめのキャッシングを徹底解説。人気のキャッシングサービスを比較し、おすすめを紹介していきます。

気になる審査や即日融資についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。
\最短即日融資できる/

最短即日でキャッシングするならどこが良い?

キャッシングについて調べている方の中には「今すぐお金が必要」という方もいるでしょう。そんな時、知っておきたいのが最短即日でキャッシングする方法です。

最短即日でキャッシングを実現するには、主に以下2つの方法があります。今日中にお金が必要な方は、ぜひチェックしてみてください。

最短即日でキャッシングする方法
  1. 消費者金融カードローンを利用する
  2. クレジットカードのキャッシング機能を使う
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

1消費者金融カードローンを利用する

当日中に現金が必要な方は、消費者金融カードローンの利用を検討しましょう。

カードローンを提供している主な金融機関は、銀行と消費者金融があります。銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いのひとつが、融資スピードです。

金融機関 融資スピード
消費者金融 最短即日
銀行 最短翌日以降

消費者金融カードローンは最短即日融資が可能ですが、銀行カードローンは最短でも翌日以降の融資です。

 ただし、消費者金融であっても申し込み時間や審査状況により、即日融資できないケースもあります。

今すぐお金が必要という方は、申し込み時間や申し込み条件もよく確認しておきましょう。

今日中にキャッシングが必要という方は、銀行より消費者金融がおすすめです。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2クレジットカードのキャッシング枠を使う

クレジットカードのキャッシング枠

手元にクレジットカードを持っている方は、カード付帯のキャッシング枠を使って、当日中に現金を引き出せる可能性があります。

キャッシング機能とは
クレジットカードを使って現金を引き出せる機能のこと。

一般的にクレジットカードには、キャッシング枠が付帯しています。利用限度額の範囲内で、現金の引き出しが可能です。

 例えば、10万円のキャッシング枠が付帯しているカードを使えば、当日中に現金10万円を引き出せます。

手元にクレジットカードがある方は、キャッシング枠が付帯していないか確認してみるのも良いかもしれません。

クレジットカードのキャッシングでも当然ながら返済が必要ですので、計画的に利用しましょう。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

キャッシングにおすすめの消費者金融カードローン5選

プロミス
アコム
SMBCモビット
アイフル
レイクALSA
プロミス
実質年利
4.5〜17.8%
3.0~18.0%
3.0〜18.0%
3.0~18.0%
4.5〜18.0%
借入限度額
500万円
1〜800万円
800万円
800万円
1〜500万円
無利息期間
最大30日間
30日間
×
最大30日間
最大180日間
審査期間
最短30分
最短30分
最短30分
最短25分
最短15秒
融資スピード
最短30分
最短即日
最短即日
最短25分
WEBで
最短60分も可能※
WEB完結
※大手消費者金融系カードローン5社をおすすめとしてご紹介しています。

※レイクALSAの「Webで最短60分融資も可能」について:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

プロミス

プロミス

プロミスは、WEBで契約まで完結できるカードローンです。土日・祝日夜間でも申し込みでき、原則24時間借入・返済できます。

また、2021年オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン部門第1位※1に輝いており、そのほか主要4項目でも1位を獲得しています。

  • 審査対応:第1位※1
  • 金利:第1位※1
  • 借入サポート:第1位※1
  • 返済サポート:第1位※1

最短30分の融資にも対応しているので、急いでいる方にもおすすめです。さらに、収入証明書の提出について公式サイトでは以下の通り記載があります。

・ご提出いただいた収入証明書類の発行日から、3年以上が経過した方
・プロミスのご利用限度額が50万円を超える方
・プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方

つまり、借入額が50万円以下の場合、収入証明書の提出は原則必要ありません。

スマートフォンから最短15秒で事前審査結果を確認できる※2ので、急な出費にも対応できますね。
金利(実質年率) 4.5~17.8%
利用限度額 500万円
最短即日融資 可能
WEB完結 可能
学生利用 可能
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミス 公式サイト

※1 参照:https://life.oricon.co.jp/rank-card-loan/nonbank/

※2 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

アコム 

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの初めてキャッシングをする方におすすめな消費者金融です。

 はじめての方なら契約から最大30日間、金利がかかりません

例えば10万円を借入した場合、30日以内なら金利が0円なため、返済額は10万円です。短期間での借入を検討している方にも適しているでしょう。

さらに、最短即日振り込みも可能です。ネットで契約できるのはもちろん、急ぎの方向けにフリーコールでの電話対応も行っているので安心できます。

アコムはパートやアルバイトの方でも申し込みできますよ。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
利用限度額 800万円
最短即日融資 可能
WEB完結 可能※1
学生利用 可能※2
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

アコム 公式サイト

※1 在籍確認が必要な場合があります。

※2 20歳以上で本人に安定した収入がある方

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットは、最短即日融資可能なカードローンです。特徴は手続きがスピーディーなこと。利用開始までは、たったの3ステップで手続きが完結します。

借入までの3ステップ
  1. 申し込み
  2. 審査結果確認
  3. 契約

三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っていれば、WEB完結申し込みも可能です。「周囲にバレずに今日中にお金を借りたい」というニーズにも応えてくれるでしょう。

契約後は提携ATMでの出金や振り込み融資はもちろん、スマホで24時間キャッシングできます。利息は使った分だけの日割り計算なので安心です。

SMBCモビットは、安心感とスピード感を両立できるキャッシングサービスですよ。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
利用限度額 800万円
最短即日融資 可能※1
WEB完結 可能
学生利用 可能
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

SMBCモビット 公式サイト

※1 申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の扱いとなる場合があります

アイフル

アイフル

アイフルのキャッシングローンは「WEB上での契約」「無人店舗での契約」「郵送での契約」いずれかの方法を選択できます。おすすめはWEB申し込みです。

 WEBからは24時間365日いつでもお申込みOK。審査は最短25分で完了します。

また、WEB契約時「カードレス」「口座振替(自動引落)」を選べば、郵送物は一切ありませんすべての取引をスマホ1台でできるのがメリットです。

カードは後から発行することもできるので、カードの必要性が出てきた時にもスムーズに対応できます。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
利用限度額 800万円
最短即日融資 可能
WEB完結 可能
学生利用 可能
\WEB申込なら最短25分で借入/
アイフル
Web申し込みはこちら

レイクALSA

レイク

レイクALSAでは、急ぎの方向けにWebで最短60分融資も可能※1です。申し込み後、最短15秒で審査結果を表示。21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了で、当日中にキャッシングできます。

運転免許証を持っていれば、スマートフォンでスピーディーに本人確認書類の提出が可能です。さらに、契約時に自宅への郵送物もありません。

Webでの申し込みの場合、最短たった数十秒で審査結果が見られるというスピード感も魅力です!
金利(実質年率) 4.5~18.0%
利用限度額 500万円
最短即日融資 可能
WEB完結 可能
学生利用 可能※2

レイクALSA 公式サイト

※1:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

※2:一定の収入がある場合申込み可能。

おすすめ消費者金融カードローンキャッシング金利比較ランキング

この記事で紹介したおすすめキャッシングの上限金利を比較しました。キャッシングの金利をなるべく抑えたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

※上限金利が低いものを上位にしています。
※上限金利が同じ場合は、下限金利が低い方を上位としています。2022年3月28日時点の情報です。

1プロミス

プロミス

金利(実質年率) 4.5~17.8%
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2アコム 

アコム

金利(実質年率) 3.0~18.0%
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

2SMBCモビット

SMBCモビット

金利(実質年率) 3.0~18.0%
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

2アイフル

アイフル

金利(実質年率) 3.0~18.0%
\WEB申込なら最短25分で借入/
アイフル
Web申し込みはこちら

3レイクALSA

レイク

金利(実質年率) 4.5~18.0%

海外旅行でも使える!キャッシングにおすすめのクレジットカード3選

クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、国内提携ATMでの利用はもちろんのこと、海外旅行の際すぐに現地の通貨で借り入れを行うことができます。

そのため、特に海外に行く機会が多い方や、急にお金が必要となったときのために備えておきたい方には、キャッシング枠の付帯したクレジットカードを持っておくことがおすすめです。

以下の項目では、キャッシングにおすすめのクレジットカードをご紹介していきます。

JCB CARD W

JCBカードW

JCB CARD Wおすすめポイント
  • 39歳以下なら年会費永年無料
  • ポイント還元率が一般カードの2倍
  • セブン-イレブンやスターバックスの利用でポイント還元率UP

JCB CARD Wは、39歳以下限定で発行ができるJCBのお得なクレジットカードです。ポイント還元率は、常にJCBの一般カードの2倍になっています。効率よくポイントを貯めたいという人にはおすすめでしょう。

ポイント還元率がアップする優待店舗には、セブン-イレブンやスターバックス、Amazonなどが含まれます。普段の買い物で効率よくポイントを貯めることができるのは魅力的でしょう。

 貯めたポイントは1ポイント単位で買い物に利用することができます。1ポイント=1円以上の換算になる支払い方法もあるのでお得に活用できます。

優待店でのポイント還元率は最大10倍、JCBが運営しているインターネットショップ「OkiDokiランド」を経由して普段のネットショップをすると最大で20倍のポイントを貯めることができます。

海外キャッシングの利用も簡単で使いやすくなっています。現地のATMで通常通りのキャッシング手続きをすれば、現地通貨でお金を引き出すことができるので、もしもの時にも安心でしょう。

年会費無料なのにも関わらず、海外旅行保険やショッピング保険も付帯しているので、持っているだけでもお得なクレジットカードです。初めてクレジットカードを持つという人にもおすすめでしょう。

海外キャッシングを利用する前には、必ず「利用枠設定」の手続きをする必要があります。
年会費 無料
ポイント還元率(基本) 1%~5.5%
ポイント利用例
  • 対象店での利用
  • 商品と交換
  • 航空会社のマイルと交換
発行スピード 約1週間
保険・補償
  • 海外旅行保険
  • ショッピング保険
\年会費永年無料/

三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード

VIASOカードのおすすめポイント
  • 貯まったポイントがオートキャッシュバックされる
  • セキュリティー性の高いナンバーレスデザイン
  • 対象サービス利用でポイント2倍

VIASOカードは、貯まったポイントがオートキャッシュバックされる便利なクレジットカードです。クレジットカード初心者でポイントの使い道に迷ってしまうという人でも安心して利用できるでしょう。

 対象の携帯電話やインターネットプロバイダ利用料の支払い、ETC利用でポイントが2倍になる※1ので、普段からこれらのサービスを利用している方には特におすすめ。

海外でのキャッシングも可能です。世界主要都市の空港や銀行のVisaやMastercardのマークがあるATMから現地通貨の引き出しができるようになっています。

旅行先で現金が足りなくなってしまったという場合でも安心でしょう。
年会費 無料
ポイント還元率(基本) 0.50%~1.5%
ポイント利用例
  • オートキャッシュバック
  • 対象店での利用
  • 商品と交換
発行スピード 約1週間
保険・補償
  • 海外旅行保険
  • ショッピング保険

VIASOカード

※1 携帯電話・PHSのご利用料金(NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)

インターネットプロバイダーのご利用料金(Yahoo! BB、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN、So-net)

ETCマークのある全国の高速道路、一般有料道路の通行料金

\ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

ライフカード

ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
  • 海外アシスタントデスクの利用が可能
  • 年会費永年無料
  • 貯まったポイントをANAのマイルに移行できる

ライフカードは、年会費無料で海外旅行の際に「海外アシスタントデスク」の利用が可能なクレジットカードです。

 もちろん、海外でのキャッシングの利用も可能で、両替手数料よりも利息が安い場合もあるのでお得に活用できるでしょう。

入会初年度はポイントの還元率が1.5倍、さらには誕生月は毎年還元率が3倍になるなど、ポイントが貯まりやすいキャンペーンが満載です。

貯まったポイントはANAの航空マイルに移行できるので、旅行好きには嬉しいでしょう。
年会費 無料
ポイント還元率(基本) 0.3%~0.6%
ポイント利用例
  • 対象店での利用
  • 商品と交換
  • ANAマイルへの移行
発行スピード 約1週間
保険・補償

キャッシングにおすすめの銀行カードローン4選

銀行カードローンは、消費者金融カードローンのように即日融資を受けることができないものの、一般的な金利より安くお得に借り入れができる傾向にあります。

そのため、できるだけ金利を抑えてお得に借り入れたい方や、安心して利用できる大手銀行のカードローンを利用したい方におすすめです。

以下の項目では、キャッシングにおすすめの銀行カードローンをご紹介していきます。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント
  • スマホ・PCからWEB完結で申し込み可能
  • 楽天銀行口座なら24時間年中無休で融資可能
  • 楽天銀行口座がなくても利用可能

楽天銀行スーパーローンは、楽天市場や楽天モバイルなどさまざまなサービスを運営している「楽天」が提供するカードローンサービスです。楽天のサービスに馴染みがある人にとっては利用しやすいでしょう。

楽天銀行スーパーローンでは、対象の提携ATMからのキャッシングや返済は手数料が無料です。

大手銀行やコンビニに設置されているATMと提携しているため、自宅や勤務先の近くでも無料で利用できるATMを見つけやすいでしょう。

 一般的なカードローンのキャッシングは、ATMを利用するたびに数百円の利用手数料がかかるものが多いです。

楽天口座を持っていれば、ネットからの申し込みをすれば、24時間365日いつでも口座への振り込みで融資を受け取ることができます。

楽天口座を持っていなくても、他社の口座を指定して振り込み融資の受け取りができるのも便利なポイントです。
実質年利 1.9~14.5%
借入限度額 10~800万円
審査時間 最短当日
融資スピード 最短翌日
申し込み条件
  • 20〜62歳
  • 日本国内に居住している人
  • 毎月安定した収入を得ている人、または、専業主婦
  • 楽天カードか、SMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる人
\入会でもれなく1,000ポイントプレゼント!/

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント
  • メガバンクなので信頼性がある
  • ATM利用手数料が無料
  • みずほ銀行口座を持っていればWEB完結で申し込み可能

「みずほ銀行」が提供しているカードローンは、運営元が大手メガバンクということもあり信頼できるでしょう。カードローンの利用が初めてで、どのサービスを利用したらいいか分からないという人でも安心です。

一部の銀行ATMやコンビニの提携ATMで、手数料無料で利用できます。手数料を気にすることなく、借入や返済ができるので便利でしょう。

 みずほ銀行、イオン銀行、大手コンビニ3社のATMは、手数料無料で借入や返済が可能です。

カードローンの利用には、みずほ銀行の口座を持っている必要があります。

既にみずほ銀行の口座を持っている場合は、WEB完結で簡単に申し込みができるようになっているのでスムーズに手続きできるでしょう。
実質年利 2.0~14.0%
借入限度額 10~800万円
審査時間 最短翌営業日
融資スピード 数週間
申し込み条件
  • 20〜60歳
  • 毎月安定した収入を得ている人
  • 保証会社の保証を受けることができる人
  • みずほ銀行の普通口座の開設が必要
\24時間インターネットから申込可能/

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行カードローンのおすすめポイント
  • au IDを持っていれば最大年間0.5%金利を優遇
  • 毎月1,000円から返済可能
  • 手続きは全てスマホで完結

auじぶん銀行カードローンは、KDDIと三菱UFJが共同出資で運営しているネット銀行が提供するカードローンです。大手企業同士が手を組んで運営していることもあり、信頼がおけるサービスでしょう。

au IDを持っていれば、最大で年間0.5%も金利が優遇される特典があり、auユーザーは必見です。既に「auじぶん銀行」を利用している場合は、融資も即日で受け取れるなどメリットが満載になっています。

 申し込み手続きはスマホで完結。24時間いつでも手続きが可能です。

毎月1000円から自分のペースで返済することができるので、無理のない返済計画が立てやすいでしょう。「定額自動入金サービス」を利用すれば、他行口座からでも毎月引き落としで返済することができます。

返済し忘れがなく、手間もかからないので、カードローン初心者でも安心して返済を進めることができるようになっています。
実質年利 1.48~17.5%
借入限度額 10~800万円
審査時間 最短1時間
融資スピード 最短即日
申し込み条件
  • 20〜70歳
  • 毎月安定した収入を得ている人(パート、アルバイト、自営業含む)
  • 保証会社(アコム株式会社)の保証を受けることができる人

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンのおすすめポイント
  • オリックス銀行の口座開設不要
  • 即時振り込みで融資の借入が可能
  • 提携ATMの利用手数料が無料

オリックス銀行カードローンは、新規口座開設不要で利用できる便利なカードローンです。カードローンの利用に際して、新規口座を増やしたくないという人にはおすすめのサービスでしょう。

オリックス銀行カードローンは、即時振り込みに対応しています。事前に振り込み口座の登録をしておくことで、振り込みで融資の受け取りが可能です。

 ジャパンネット銀行を利用すれば24時間365日、即時振り込みを受けることができます。

提携ATMが手数料無料で利用できるのも魅力的でしょう。

コンビニやスーパーなどに設置されているATMや、三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行、三井住友銀行のATMが無料で利用可能です。
実質年利 1.7~17.8%
借入限度額 最高800万円
審査時間 翌営業日~1週間程度
融資スピード 1~2週間程度
申し込み条件
  • 20〜69歳
  • 日本国内に居住している人
  • 毎月安定した収入を得ている人
  • オリックス・クレジット株式会社または、新生フィナンシャル株式会社の保証を受けることができる人
\保険料0円のガン保障特約が選べる/

キャッシングとカードローンの違いは?

ATMで借り入れをする人

カードローンとキャッシングの違いについて解説する前に、まず「キャッシング」という単語の意味について確認しておきましょう。

「キャッシング」の2つの意味
  • 現金を借り入れられるサービスの総称
  • クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスの略称

つまり、現金を借り入れられるサービスの総称としての「キャッシング」を指す場合は、カードローンも、クレジットカード付帯のキャッシングも「キャッシングサービス」の一部ということになります。

 どちらの意味で「キャッシング」という言葉が使われているかは、文脈から判断する必要があります。

カードローンとクレジットカード付帯のキャッシングの大きな違いは提供会社です。

カードローンのサービスは一般的に銀行や消費者金融などが提供しており、クレジットカードのキャッシングサービスはクレジットカード会社が提供しています。

カードローンとカード付帯のキャッシングの違い
  • 提供会社
  • 金利
  • 利用限度額

平均金利に関しての違いも把握しておくようにしましょう。銀行などのカードローンの金利が1.5〜15%程度のものが多いのに対して、クレジットカードのキャッシングの金利は15〜18%のものが多いでしょう。

クレジットカードに付帯しているキャッシングは、現在利用しているクレジットカードを使って簡単に現金を引き出すことができるので便利です。しかし、融資借入専門のサービスではないため金利が割高であるということは押さえておきましょう。

 多額の借入をする場合、長期間の借入をする場合には、数%の金利の差で利息に大きな違いが生まれます。

さらに、利用限度額に関しても違いがあるでしょう。

クレジットカード付帯のキャッシングの場合、ショッピング利用枠の中でキャッシング枠が設けられることが多く、普段カードで買い物をしている人などは多額の借入が難しい可能性があります。

融資借入専用のサービスである「カードローン」であれば、最大で500〜800万円程度の融資を一度に借り入れられるサービスも少なくありません。まとまった資金の借入をしたいという場合にはカードローンが向いています

監修者
まとまった資金を借り入れる際は、なるべく金利を下げるためにもカードローンの利用がおすすめです。

キャッシングの金利を抑えるポイント

キャッシングでは必ず金利が発生します。借りたお金に追加して、金利に応じた利息を支払わなければなりません。金利が高いほど支払う利息も高額になるため、できれば金利を抑えたいものです。

そこで、キャッシングの金利を抑えるコツを紹介します。ポイントを押さえて、賢くサービスを利用しましょう。

短期借入なら消費者金融を利用する

キャッシングの金利を抑えるポイント

短期間かつ少額でのキャッシングを検討している方には、消費者金融がおすすめです。消費者金融の多くは、借入から一定期間金利0円サービスを行っています。

消費者金融 無利息期間
プロミス 初回出金の翌日から最大30日間※1
SMBCモビット なし
アコム 契約日の翌日から最大30日間
アイフル 契約日の翌日から最大30日間
レイクALSA 初回契約翌日から60日間※2 or 180日間※3/4/5
※Webで申込むと60日間無利息 。お借入れ額5万円まで180日間無利息

※1:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※2:Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

※3:契約額1万円~200万円まで

※4:初めてなら初回契約翌日から無利息。無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。

※5:≪貸付条件≫融資限度額:1万円~500万円、貸付利率:4.5%~18.0%、ご利用対象:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方、遅延損害金(年率):20.0%、ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング、ご返済期間・回数:最長5年、最大60回、必要書類:運転免許証・収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)、担保・保証人不要※商号:新生フィナンシャル株式会社※貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号日本貸金業協会会員第000003号

金利0円サービスを実施している消費者金融なら、定められた期間内に返済することで、利息を支払う必要はありません

借入額と同額の返済で済むので、期間内に完済の目処が立っている方は、消費者金融がお得です。

「少しお金が足りない」「次の給料日にはお金を返済できる」という方は、金利0円サービスに注目です。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

長期借入なら銀行カードローンも検討する

キャッシングの金利を抑えるポイント

キャッシングでの長期借入を検討している方は、銀行カードローンを視野に入れてみても良いかもしれません。

あくまで一般的にですが、銀行と消費者金融のカードローンを比較すると、銀行の方が上限金利が低い傾向にあります。

銀行カードローン 金利(実質年率)
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8〜14.6%
三井住友銀行カードローン 1.5~14.5%
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5%

まとまった借入を考えている方で、返済が長期間におよぶ可能性がある方は、銀行カードローンを利用することで利息が安く済むケースがあります。

 ただし、銀行カードローンは最短即日融資に対応していません。

銀行カードローンの融資は、最短翌日以降となります。急ぎでお金が必要な方は、消費者金融を利用しましょう。

もし銀行カードローンに申し込む際は、余裕をもった手続きが必要です。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

審査が甘いキャッシングはどこ?

キャッシングサービスを利用する場合、必ず金融機関の審査を受けなければなりません。そこで気になるのが審査基準や難易度です。

中には「できれば審査が甘いキャッシングサービスを利用したい」と考えている方も多いでしょう。ここでは、キャッシングの審査について解説します。

キャッシングの審査基準は公表されていない

審査が甘いキャシングはどこ?

まず、金融機関各社の審査基準は公表されていません。審査を極端に甘くすると、金融機関にとっては貸し倒れのリスクがあります。

また「審査が甘い」という表現を用いて消費者を勧誘することは、賃金業法16条にある誇大広告の禁止等に該当する可能性もあります。

【貸金業法 第十六条第一項】

貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。

【貸金業法 第十六条の二、第十六条の三】

借入れが容易であることを過度に強調することにより、資金需要者等の借入意欲をそそるような表示又は説明

※引用元:電子政府の総合窓口e-GOV「貸金業法」

審査が甘いという表現は、借入が容易であることを過度に強調することに該当するため、基本的に金融機関は審査が甘いという表現を使用できません。

 ネット上で様々な情報が出回っていますが、審査が甘いと断定できるカードローンは存在しないと考えるのが妥当でしょう。

そもそもカードローンの審査は、法律で義務付けられています。審査が甘いと謳う業者は違法の可能性があるので、注意しましょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

キャッシングの審査通過率は「成約率」を確認しよう

審査が甘いキャシングはどこ?

各金融機関から審査基準は公表されていませんが、審査通過率は公表されています。審査通過率は、各社が公表している成約率を調べることで分かります。

成約率とは
申し込み件数に対して契約できた人数の割合のこと。

成約率は、株主や投資家向けに情報をまとめた資料で確認できます。例えば、この記事で紹介した消費者金融5社の成約率は、以下の通りです。

金融機関 成約率
SMBCコンシューマーファイナンス
(プロミス、SMBCモビット)
41.1%※1
アイフル 38.7%※2
アコム 42.7%※3
レイクALSA 33.2%※4

審査が不安な方は、成約率が高い金融機関のキャッシングサービスを選ぶのもひとつの手です。

成約率が高い=審査に通るとは限りませんが、目安として参考にするのも良いでしょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

キャッシングに関する独自アンケート調査

ここまでキャッシングについて詳しく解説してきました。

この記事をご覧になっている方の中には、お金が必要なときの手段として他の人がどのような手段を取っているか気になる方もいるでしょう。

そこで本サイトでは、キャッシングについて独自のアンケート調査を実施しました。調査項目は以下のとおりです。

アンケート調査の項目
  • お金が必要になったときの対処法
  • カードローン(キャッシング)の審査時間

Q1 あなたは今すぐお金が必要になった時どう対処しましたか?

今すぐお金が必要になった時の対処法

アンケート回答の内訳
お金が必要な際の対処法 割合
クレジットカードの
キャッシングを利用した
23.7%
物を売った 20.3%
人からお金を借りた 18.4%
カードローンを利用した 14.4%
働く時間を増やした 11.0%
その他 12.2%

調査概要はこちら

アンケート回答者にもっとも選ばれたのはクレジットカードのキャッシングです。次に、物を売ったり、人から借りるなどの手段が多く、カードローンは意外にも下位の結果となりました。

価値のあるブランド品を持っていれば、リサイクルショップ等で高く売れる可能性はあります。また、家族や知人から借りるのもてっとり早い方法でしょう。

 しかし、いずれもまとまったお金を用意できる可能性は低いでしょう。周囲の人から借りる場合は、その後の関係性にキズが入るリスクもあります。

また、なるべく低金利に抑えたい方はカード付帯のキャッシングはおすすめできません。

というのも、キャッシング枠の金利を18%に定めているカード会社が多く、平均的に高めの設定だからです。

大手消費者金融のプロミスであれば、実質年利4.5〜17.8%と比較的低金利で借入が可能です。初めて利用する方に限り、最大30日間の利息0円サービスが適用されるため、早めに返済することで利息分の出費を抑えられます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

Q5 カードローンの審査にかかった時間は?

本記事で紹介しているカードローン5社は、最短即日融資が可能です。中にはプロミスやアコムのように最短30分融資が可能な場合もあります。

これが本当なら、急いでるときも安心ですよね。

では、実際にカードローンの審査に要した時間を見てみましょう。

カードローンの審査にかかった時間の調査結果

アンケート回答の内訳
審査にかかった時間 割合
30分以内 25.4%
1時間以内 18.4%
2〜3時間以内 10.5%
1日以内 6.1%
4時間以上12時間以内 5.3%
2日以内 3.5%
覚えていない 30.7%

調査概要はこちら

アンケート結果によると、30分以内に審査が完了した方が最も多い結果となりました。

半数以上が3時間以内には審査を終えています。

審査状況などによって多少審査時間が左右しますが、基本的に消費者金融であれば申し込んだその日に融資が受けられる可能性が高いです。

プロミスやアコム、SMBCモビットなどはアプリひとつで申込みから融資まで手続きできるため、ぜひチェックしてみてください。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

アンケート調査の概要

調査概要 カードローンに関するアンケート
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象者数 441名
調査実施期間 2021年11月
調査対象地域 日本
調査実施会社 株式会社ジャストシステム
ファストアスク

よくある質問

おすすめのキャッシングサービスは?
おすすめはプロミスです。プロミスは上限金利が17.8%と、他の大手消費者金融(アコム ・アイフル・SMBCモビット)の18.0%より低くなっています。また、最短30分の融資に対応しているため、当日中の借入を希望している方でも安心です。
即日キャッシングを受ける方法は?
即日キャッシングを希望する方は、消費者金融に申し込みましょう。最短即日融資に対応している消費者金融であれば、当日中に融資を受けられる可能性があります。一方、銀行カードローンは最短でも翌日以降の融資です。
クレジットカードのキャッシング枠とは?

多くのクレジットカードには、買物の決済で利用する「ショッピング利用枠」と、ATMなどから現金を引き出せる「キャッシング利用枠」が設けられています。

ショッピング利用枠とキャッシング利用枠には、それぞれ限度額が定められています。利用枠を超えて機能・サービスを利用することはできません。

例えば、キャッシング枠20万円のクレジットカードの場合、クレジットカードを使って引き出せる現金の上限は20万円です。

キャッシングの金利とは?
金利とは、お金を借りた人が借りた金額に対してプラスで支払う金額の割合です。金融機関からお金を借りると、金利に応じた利息を支払わなくてはなりません。
審査が甘い・審査なしのキャッシングはある?
審査なしでキャッシングサービスは利用できません。金融機関からお金を借りる際、審査は必ず実施されます。審査基準は公表されていないため、審査が甘い・難しいなどと断定することはできません。
キャッシングの返済方法は?
主な返済方法は、提携ATM・振り込み・口座引き落としなどです。一般的に複数の返済方法が用意されているケースが多く、自分のライフスタイルに応じて返済できます。
カードなしでもキャッシングできる?
金融機関によっては、カードなしのWEB完結融資に対応していることがあります。WEB完結の場合、お金が口座に振り込まれるケースが一般的です。もし周囲にバレたくない方や、カードを持ち運びたくない方は、WEB完結対応の金融機関を利用すると良いでしょう。

まとめ

ここまで、おすすめのキャッシングを紹介してきました。

キャッシングサービスは提供している金融機関毎に特徴が異なるので、自分にあったものを選ぶことが大切です。もし急ぎでお金が必要な場合は、審査が比較的早い消費者金融に申し込みましょう。

海外でキャッシングしたいときは、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのがおすすめ。現地の通貨を借りやすいので、人気のキャッシングサービスです。

ぜひ今回紹介したおすすめ会社や金利比較ランキングを参考に、計画的にサービスを活用してみてください。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事