キャッシング 金利

クレジットカードは、通常のショッピングなどで使用する以外にキャッシング機能を付帯しているものがあります。

キャッシング機能があれば、万が一の事態に現金を用意できますので非常に便利です。

そこで今回は、クレジットカードのキャッシング機能の仕組みや、金利について説明していきます。

あわせて、キャッシングもできるおすすめのクレジットカードを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

この記事のポイント
  • キャッシング機能の仕組み
  • キャッシングを利用するメリット
  • キャッシングの金利を安くする方法
  • キャッシングにおすすめなクレジットカード
\お得にキャッシングできる/

クレジットカードのキャッシング機能とは

キャッシング

クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能の2種類が用意されています。

ショッピング機能 商品を購入する時に利用。
支払いを後払いにできる。
キャッシング機能 お金を借りたい時に利用。
全国のコンビニや金融機関のATMからご利用可能枠の範囲内でお金を下ろすことができる。

ショッピング機能は普段使っている方も多いため馴染みがあると思いますが、キャッシング機能についていまいち理解できていない方は多いはずです。

クレジットカードのキャッシングサービスでは、カードを使ってATMなどからお金を引き出すことができます。

クレジットカードは日常的に使っている方も多いので、手軽に利用できますね♪
\お得にキャッシングできる/

クレジットカードキャッシングのメリット

キャッシング メリット

クレジットカードのキャッシングサービスには主に以下のメリットがあります。

クレジットカードキャッシングのメリット
  • すぐに融資を受けることができる
  • キャッシングを利用する際に追加の審査がいらない
  • 海外でも利用できる
\お得にキャッシングできる/

すぐに融資を受けることができる

クレジットカードのキャッシングサービスは融資を受けるスピードも速くなっています。

クレジットカードがキャッシング枠も申し込んであれば、コンビニのATMで簡単に現金を受け取ることが可能です。利用方法は以下のとおりです。

キャッシング利用の手順
  1. ATMにて引き出しを選択
  2. クレジットカードを挿入
  3. 暗証番号を入力
  4. 借り入れを選択
  5. 返済方法を指定
  6. 借入金額を入力
  7. 現金を受け取り完了

すぐに融資を受けることができるため、急にまとまったお金が必要になった時にも安心して利用することができます。

キャッシングを利用する際に追加の審査がいらない

クレジットカードのキャッシングを利用するメリットとして、追加の審査がいらないことが挙げられます。

クレジットカードに付帯されているキャッシング機能については、カードが発行されている時点で審査に通過していますので、いつでも利用が可能です。

もし、キャッシング枠の設定をしていなくても、追加の審査を受けることでクレジットカードキャッシングが利用可能になります。
\お得にキャッシングできる/

海外でも利用できる

テーブルの上のデスクグローブ

クレジットカードのキャッシング機能は海外でも利用可能なものが多くなっています。海外でのキャッシング利用の主なメリットは以下のとおりです。

海外キャッシングのメリット
  • 海外で高額の現金を持ち歩きかなくて済む
  • 銀行や両替よりも為替ルートがお得なことが多い

特に海外に長期滞在される方にはおすすめです。

\お得にキャッシングできる/

クレジットカードキャッシングの金利とは

クレジットカードのキャッシング機能を利用する際、注意しなければいけないのが金利です。

金利とは返済額にプラスされるため、使った金額よりも多く返さなければいけなくなります。

クレジットカードのショッピング枠については、一括払いであれば金利はかかりませんが、キャッシング枠の場合は取り扱いが異なり金利は必ずかかります

多くのクレジットカードでは、キャッシングの金利は15.0%から18.0%が相場といったところです。

消費者金融のカードローンに比べると下限金利が高い傾向にあります。
\お得にキャッシングできる/

 

金利から利息を計算する方法

黒のAndroidスマートフォン

金利は実際に借入れた金額にプラスされるため、返済額は大きくなります

そのため、計画的に利用するためにも、きちんと返済額を導き出せるよう計算方法を知っておかなければいけません。

金利から利息を計算する方法は、借入れた金額に対して金利をかけます。そして、365日(うるう年は366日)で割りそこに1ヶ月の日数をかけることで金利が導き出されるわけです。

以下の例で確認してみましょう。

A子さんは、金利が17.0%のクレジットカードを使って10万円をキャッシングしました。30日間借りた場合利息はいくらかかるでしょうか?
【式】10万円×17.0%÷365日×30日≒1397円

つまり、この場合の金利による利息は約1397円かかることがわかります。

金利や借入れた金額などによって利息は異なりますが、キャッシングを利用するとこれだけ余計に支払わなければいけないのです。

\お得にキャッシングできる/

クレジットカードキャッシングの金利比較

では、各クレジットカードキャッシングの金利を比較していきましょう。

イオンカード 7.8%~18.0%
ニコスカード 14.94%~17.94%
三井住友カード 三井住友カードの公式サイトをご確認下さい
オリコカード 15.0%~18.0%
マルイカード 18.0%
ヤフーカード 18.0%
楽天カード 18.0%
みずほ 2.0%~14.0%
UFJ 14.95%~17.95%
エディオン 18.0%
エムアイ 17.95%
セゾンカード 12.0%~18.0%

各クレジットカードの金利を比較してわかるように、14.0%から18.0%あたりが多くなっています。

クレジットカードのキャッシング機能は決して金利が安い訳ではないため、返済金額をきちんと計算をして計画的な利用をすることが大切です。

\お得にキャッシングできる/

安い金利でキャッシングを利用する方法

キャッシング

クレジットカードのキャッシングを利用するうえで、安い金利になる方法はないのでしょうか。

ここからは、お得にキャッシングを利用するための方法を見ていきましょう。

\お得にキャッシングできる/

一括返済をする

キャッシングを利用した際には、

  • 一括返済
  • リボ払い

    の2種類の返済方法が用意されています。

    リボ払いとは

    毎月決められた額を返済する支払い方法のこと。

    リボ払いを利用することで、まとまった金額が手元になかった場合にもキャッシングを使うことができますが毎月の返済に利息がかかるため注意が必要です。

    そのため、トータルで返済金額を安くしたい場合には一括返済をしたほうがお得になります。

    少しでも返済金額を抑えたい方は、必ず一括返済を選択しましょう。

    上限金利を意識する

    クレジットカードキャッシングを利用する際、上限金利をチェックしておきましょう。キャッシングの金利は上限が設定されており、利息制限法という法律が関係しています。

    利息制限法とは

    借金の額に応じて、利息の上限を決めている法律のこと。

    利息制限法では、借入金額の上限が10万円未満の場合には利息20%が上限です。10万円から100万円未満で18%、そして100万円を超えると15%までとなります。

    利息上限法

    つまり、借入限度額が多い方が安い金利で借り入れできる可能性があるため、少しでもお得に利用する方法といえるでしょう。

    ただし、借入上限額を大きくするには基準を満たす収入があることなどを、クレジットカード会社の審査にて認めてもらう必要があります。

    \お得にキャッシングできる/

    キャッシングもできるおすすめクレジットカード5選

    ここからは、キャッシング機能が付帯しているクレジットカードを、ランキング形式で発表していきます。

    キャッシングを活用したいと考えている人は、ぜひ検討材料としてチェックしてみてください。

    1JCB CARD W

    JCB CARD Wは、高いポイント還元率でありながら年会費無料で利用できるおすすめのクレジットカードです。

    カードデザインもネイビーでシックな雰囲気があり、おしゃれさを感じさせます。

    JCB CARD Wは18歳以上から39歳までの方でなければ申し込みができないクレジットカードです。

    ただし、39歳までに申し込みをして審査に通過し所持できれば、40歳になっても使用できます。

    キャッシング機能については以下の通りです。

    JCB CARD Wキャッシング
    • 借入限度額:50万円
    • 金利:15.00%〜18.00%

    どちらも相場のため利用しやすいクレジットカードと言えるでしょう!

    また、JCB CARD WはJCBオリジナルパートナーやOki Dokiランドでの利用で、ポイントの獲得が最大20倍となり大幅にアップします。

    年会費が無料でこれだけお得に利用できますので、ぜひ所持するクレジットカードの候補としてチェックしておいてはいかがでしょうか。

    \年会費永久無料/

     

    年会費 無料
    ポイント還元率 1.00%
    国際ブランド JCB
    キャッシング金利 15.00%~18.00%
    借入限度額 50万円
    審査可能年齢 18歳以上~39歳以下の方
    \年会費永久無料/

    さらに、JCB CARD Wはお得なキャンペーンを開催中です。詳細は以下のとおりです。

    JCBカードWのキャンペーン情報

    • \新規入会限定/Amazon.co.jp利用額の30%キャッシュバック!
      【期間】2021年7月1日(木)~9月30日(木)まで
    • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント!
    • 友達に紹介で最大5,000円相当プレゼント!
    • スマリボ登録&利用で最大4ヵ月分のリボ手数料実質0円!+最大6,000円相当キャッシュバック !
    • キャッシング枠50万円に設定+条件達成で最大3,200円キャッシュバック
      【期間】2021年4月1日(木)~9月30日(木)
    ※参加登録時期にかかわらず、期間中に利用された金額がキャンペーン対象となります。
    ※1枚のカードを複数のデバイスに設定された場合でも、キャッシュバックの上限は1,000円となります。
    ※売上情報の到着時期によってはご利用合計金額の対象とならない場合があります。

    2三井住友カード

    三井住友カードは、VISAカードを提供しており多くの人が所持しているクレジットカードです。

    ショッピングにて使用できる場所が多いことから、非常に使い勝手が良いため人気を博しています。

    それに加えて、もちろんキャッシング機能も利用可能です。キャッシング機能については以下のとおりです。

    三井住友カードキャッシング
    • 借入限度額:50万円
    • 金利:三井住友カードの公式サイトをご確認下さい

    そして、所持しやすさにも関係する年会費ですが、三井住友カードはインターネットからの入会で、通常税込1,375円のところ初年度無料になります。

    また、現在実施中のキャンペーンは以下のとおりです。

    三井住友カードキャンペーン情報
    • 最大13,000円相当プレゼント
    年会費 インターネット入会で初年度無料(通常税込1,375円)
    ポイント還元率 0.50%~2.50%
    国際ブランド VISA
    キャッシング金利 18.0%
    借入限度額 50万円
    申し込み対象 高校生を除く満18歳以上の方

    3VIASOカード

    三菱UFJカード VIASOカード

    VIASOカードは三菱UFJニコスが発行しており、年会費無料で所持できるお得なクレジットカードです。

    ポイント還元率は0.5%(1000円毎に5ポイント付与)と高い訳ではありませんが、VIASOカードの特徴は自動で現金還元してくれること。

    VIASOカードでは手続き不要でポイント還元の対象月に引き落とし口座へ1ポイント1円として自動入金してくれます。

    そんなVIASOカードのキャッシング情報については以下のとおりです。

    VIASOカードキャッシング
    • キャッシング限度額:0〜10万円
    • カードローン限度額(学生除く):0〜40万円
    • 金利:14.95%〜17.95%

    上限金利が18.0%というクレジットカードが多いなか、若干ではありますが安く設定されているのは見逃せないポイント。

    さらに、VIASOカードはインターネットから24時間申し込みができますので、使い勝手の良さも人気を集めている理由と言えるでしょう。

    また、VIASOカードが現在実施中のキャンペーンは以下のとおりです。

    VIASOカードキャンペーン情報
    • 新規ご入会で最大10,000円キャッシュバック
    \ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/
    年会費 無料
    ポイント還元率 0.5%
    国際ブランド Mastercard
    キャッシング金利 14.94%~17.94%
    借入限度額 最大50万円
    申し込み対象 高校生を除く18歳以上で安定した収入がある方
    \ポイントが現金になる!ネットショッピングの強い味方/

    4ライフカード

    ライフカード

    ライフカードは、年会費無料で所持できるのが特徴です。

    入会初年度はポイントが1.5倍、そして誕生日月はポイント3倍など、とにかくポイントが貯めやすい点は大きなメリットといえるでしょう。

    また、年間で50万円利用することで300ポイントがプレゼントされ、次年度の基本ポイントが1.5倍のスペシャルステージとなるのも見逃せません。

    さらに、年間で200万円の利用でポイント2倍のプレミアムステージになりますので、使えば使うほど還元が受けられます。

    そんなライフカードのキャッシング情報は以下のとおりです。

    ライフカードキャッシング
    • 借入限度額:50万円
    • 金利:15%〜18%

    そして、ライフカードはオンラインキャッシングが可能です。

    LIFE-Web Deskという会員専用Webサービスにログインをして申し込みをすると、登録した口座へ直接入金されます。

     平日の0:00から10:00までに申し込みをすると、当日16:00までに入金される!

    国際ブランドもVISA・Mastercard・JCBに対応していますので、さまざまなお店で使いやすいのも特徴です。

    全国のコンビニや銀行ATMにて簡単に借り入れが可能なうえ、ネットからは24時間申し込みができるため、急ぎでお金が必要となった際でも活用できます。
    年会費 無料
    ポイント還元率 0.50%~1.00%
    ※1ポイント=5円相当として、「何円分還元されるか」を元に還元率を算出しております。
    国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
    キャッシング金利 15.0%~18.0%
    借入限度額 50万円
    申し込み対象 日本国内在住で高校生を除く18歳以上の方

    ACマスターカード

    ACマスターカード

    ACマスターカードは三菱UFJファイナンシャル・グループのアコムが発行しているクレジットカードです。審査は最短30分で完了し、自動契約機からでもクレジットカードの最短即日発行が可能です。

    ACマスターカードでは、自動でその月の利用額の0.25%を現金で還元しています。

    毎月20万円、年間240万円ACマスターカードを使うと自動で現金6000円のキャッシュバックされます。

     ACマスターカードキャッシング

    • 借入限度額:クレジットの利用額との合計で最大800万円まで
    • 金利:3.0%~18.0%(実質年率)
    \最短即日発行/
    年会費 無料
    ポイント還元率※ 0.25%(※自動でその月の利用額の0.25%を現金で還元)
    国際ブランド mastercard
    キャッシング金利 3.0%~18.0%(実質年率)
    借入限度額 クレジットの利用額との合計で最大800万円まで
    申し込み対象 20歳以上69歳以下の安定した収入(アルバイト)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
    \最短即日発行/

    まとめ

    クレジットカードのキャッシング機能は、現金を用意しなければいけなくなった際、大いに活用できます。

    この記事のまとめ
    • キャッシングとは「お金を借りること」
    • クレジットカードのキャッシングは枠を設定していればすぐに融資を受けられる
    • 金利を安くするためには一括返済がおすすめ

    キャッシングは返済額に金利がかかりますので無計画での使用には注意が必要です。

    しかし、きちんと返済計画をたてたうえで使用すると生活を豊かにしてくれますのでうまく活用してみてください。

    クレジットカードの金利を出すためのシミュレーションサイトもあるので利用してみましょう!
    \年会費永久無料/

    関連記事

    監修者の紹介

    監修者の写真

    監修者岡田行史

    人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事