すぐに借りれる即日融資カードローン

急いでお金を借りたいときに利用できるカードローン。実はカードローンのなかには、申込みから最短1時間で、お金を借りられるサービスも存在します。

とはいえ、「カードローンは安全?」「カードローンは即日で利用できる?」などと疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで本記事では、カードローンの基本的な説明から、最短即日融資が可能なカードローンをランキング形式で紹介します。

※お申込みの時間帯等によっては、即日融資にご対応できない場合がございます。

最短即日でお金を借りたい方必見です!
\最短1時間で最短即日融資/

最短即日融資ができるおすすめカードローン

プロミス
レイクALSA
アイフル
SMBCモビット
アコム
プロミス
実質年利
4.5〜17.8%
4.5〜18.0%
3.0~18.0%
3.0〜18.0%
3.0~18.0%
借入限度額
500万円
1〜500万円
800万円
800万円
1〜800万円
無利息期間
最大30日間
最大180日間
最大30日間
×
30日間
審査期間
最短30分
最短15秒
最短25分
最短30分
最短30分
融資スピード
最短30分
最短60分
最短25分
最短即日
最短即日
WEB完結

1プロミス

プロミス

プロミスの特長
  • ノンバンクカードローン顧客満足度No.1
  • 最短30分審査・最短30分で融資可能
  • 初回利用から30日間は無利息
  • カードレスですべてWebで完結

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

※出典:https://life.oricon.co.jp/rank-card-loan/nonbank/evaluation-item/screening.html

最初にご紹介するおすすめは、CMでもおなじみのプロミスです。業界でも著名な企業であるプロミスでは、最短30分の審査、最短30分の融資が可能です。

カードローンの成約率は約40%と高く、審査を受けた10人に約4人が新たに契約を結んでいることになります。

金利(実質年率) 4.5~17.8%
借入限度額 500万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
無利息期間 初回のみ30日

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2レイクALSA

レイクALSA

商号:新生フィナンシャル株式会社/貸金業登録番号:関東財務局長(9) 01024

5番目のご紹介となるのは、レイクALSAです。

新生銀行のカードローン「レイクALSA」では、最短15秒審査、Webで最短60分の即日融資※1も可能。

※1一部金融機関とメンテナンス時間等を除く、21時(日曜日は18時)までの契約手続き(審査と必要書類の確認)完了後、当日中の振込可能。

\審査時間最短15秒/
レイクALSAの無利息特典※2
  • 初めてなら初回契約翌日から30日間無利息※3
  • Web申し込みなら無利息期間が60日間※4
  • 借入額5万円までなら180日間利息0円※5

レイクALSAは、初めての利用で30日間、Web申し込みは60日間、そしてそのうちの5万円は180日間利息なしで借りることができます。

以前までは、新生銀行の「レイク」として広まっていました。しかし現在は、運営元が変わり、新生フィナンシャルのカードローン商品となっています。

 すでに他社からの借入額が多い方年収の1/3近く借入ある方では総量規制により融資を受けることができない可能性が非常に高いと考えられます。
金利(実質年率) 4.5~18.0%
借入限度額 500万円
審査期間 最短15秒
融資スピード Webで最短60分最短即日融資も可能
WEB完結 可能
無利息期間 60日間(webのみ)
ご利用対象
  • 満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
  • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
  • 日本の永住権を取得されている方
返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
遅延損害金 年率20.0%
返済期間・回数 最長8年・最大98回数
必要書類

運転免許証/収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)

担保・保証人 不要
 
\審査時間最短15秒/

※2初めてなら初回契約翌日から無利息期間、期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。ご契約額が200万超の方は30日無利息のみ。

※3契約額1万円~500万円まで。Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息。Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択可

※4Web申込かつご契約額が1~200万円の方のみ。Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

※5契約額1万円~200万円まで

3アイフル(即日融資希望の方に定評あり)


続いてご紹介するのは、アイフルです。

アイフルの特長
  • アイフルATMを使えばATM利用手数料無料
  • アイフルの無人契約ルームではアイフルカードが発券できる
  • 女性オペレーターによる専用ダイヤルがある
  • 30代から50代の方も利用

アイフルには、アイフル無人契約ルームというサービスがあり、そこでアイフルカードを発券できます。

そのカードを使えば、アイフルATMや提携先のコンビニのATMから最短即日融資が可能です。

さらに、アイフルは申し込み作業がすべてWebで完結します。いつでもどこでもネットからカードローンの申し込みができます。

WEBからの申込みなら審査も最短25分で終わるので、申し込みから引き出しまで約1時間もかからずで完了することも可能です。

申し込みには郵送物が不要。誰にも知られず、全ての手続きがWEB完結することが望めます。また24時間即時振込のサービスもあります。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能
金利(実質年率) 3.0~18.0%
借入限度額 800万円
審査期間 WEB申し込みの場合、最短25分
融資スピード WEB申し込みの場合、最短25分
WEB完結 可能
無利息期間 初回のみ最大30日
\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

4SMBCモビット

続いてのご紹介は、SMBCモビットです。SMBCモビットでは、以下のいずれかの銀行で口座を開設していれば、Webで申し込みができます。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

運転免許証・健康保険証(両面)などの本人確認書類をスマホで撮影して、提出するだけです。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

SMBCモビットの特長
  • 来店不要で最短即日融資が可能
  • 返済でTポイントが貯まる
  • スマホでキャッシングが可能
  • 利息は日割り計算

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ただしSMBCモビットでは、無利息期間が設けられていないので、その点は注意しましょう。

金利(実質年率) 3.0~18.0%
借入限度額 800万円
審査期間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日可能
WEB完結 可能
無利息期間 なし
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

5アコム

アコム

アコムの特徴
  • 最短30分の審査&最短即日振込み
  • 最大30日間金利0円サービス
  • 全国5万台以上の自社・提携ATM
  • 土日も借入可能

※2020年3月時点。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査から最短即日振込みが可能です。

CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も約40%以上と高いようです。

アコム公式ホームページ参照

\アルバイトの方も申込可能/ アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。

アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!

アコムのWeb完結申し込み

審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機(むじんくん)からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。

※2020年3月時点。

また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。

金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
※在籍確認が必要な場合があります。
学生の利用 可能
※20歳以上で本人に安定した収入がある方
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
担保・保証人 不要
\アルバイトの方も申込可能/ アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。

最短即日融資が可能なおすすめカードローン融資スピードランキング

それでは、最短即日融資が可能なおすすめのカードローンを最短融資スピード順でご紹介します。

※それぞれの公式サイトを基に融資スピードを掲載しています

カードローン 融資
スピード
 申し込み
1位 アイフル WEB申し込みなら
最短25分
2位 プロミスプロミス 最短30分
3位 レイクALSA
最短60分
4位
アコム
最短即日
4位 SMBCモビット
最短即日※1

※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

カードローンとは

そもそもカードローンとは何ですか?
カードローンとは、個人向けの融資のことです。
簡潔にいえば、利用限度額内であれば、自由に引き出して使えるローンのようなものを指します。

カードローンは、無担保・無保証人で借入・返済ができます銀行やコンビニのATMなどで、簡単に現金を引き出すことが可能なだけでなく、ネットで自分の講座にお金を振り込むことも可能です。

またカードローンの利用限度額は、審査によって決められているので一人ひとり異なります。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

カードローン3種類を比較

茶色の革の財布と紙幣を持っている人

一口にカードローンといっても、

  • 銀行のカードローン
  • 信販会社のカードローン
  • 消費者金融のカードローン

の3種類が存在します。各種カードローンのメリット・デメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

銀行のカードローン

銀行カードローンの主なメリット、デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
  • 銀行という安心感
  • 低金利
  • 法律により即日融資不可
  • 審査に時間がかかる

銀行のカードローンは、全体的に審査に時間がかかる傾向にあり即日融資は不可能になっています。

その一方、低金利でお金を借りられる傾向にあるため利息を節約することが可能です。また、銀行ということもあり信頼感や安心感があるというメリットがあります。

信販会社のカードローン

メリット デメリット
  • 信頼度が高い
  • 低金利での借り入れが可能
  • 審査に時間がかかる

信販会社とは販売信用取引を営む会社のことを指し、クレジットカードを発行している会社が多いことが特徴です。

信販会社でも、利息が低いカードローンを探すことが可能ですが銀行とほぼ同水準の審査基準をもっているといわれているため、銀行カードローンの審査に落ちてしまった方は利用することが難しいかもしれません。

また、銀行と同じく信販会社も信頼度が高く安心して融資を受けることができますが、その反面融資や審査に時間がかかってしまうことがあるというデメリットがあります。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

消費者金融のカードローン

メリット デメリット
  • 最短即日融資が可能
  • 最短1時間で引き出し可能
  • 口座開設不要
  • 金利が高めに設定されている

最短即日で融資を受けたい場合には、消費者金融のカードローンが有力候補となります。多くの消費者金融は、ネットで手続きが完結しているため、口座を開設することなく銀行やコンビニのATMで借り入れることが可能です。

さらに、消費者金融は基本的に返済方法も豊富にあり、返済額も調整することが可能です。返済の計画を立てることで、しっかりと返済していくことができます。

消費者金融と聞くと、ちょっと怪しい、不安だと思う方も多いかと思います。しかしながら、2010年に成立した賃金業法によって、違法な取り立て・利息の支払いは禁止になり安全に利用することができるようになりました。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

最短即日融資なら消費者金融カードローン

white printer paperr

最短即日で融資を受けたい場合には、「消費者金融カードローン」がおすすめです。消費者金融カードローンの主な特徴としては以下4つが挙げられます。

消費者金融カードローンの主な特徴
  1. 担保・保証人が必要ない
  2. 利用目的が決められていない
  3. 最短即日融資が可能なところが多い
  4. Web上で手続きが完結するところも多い

これら4つの特徴について、細かく見ていきましょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

1担保・保証人が必要ない

消費者金融カードローンでは、借入れに担保と保証人が必要ない点がメリットとして挙げられます。そのため、学生やパート、アルバイトでお金が少ない方、収入があまりない方でも借りることが可能です。

また、無利息期間があるカードローンを利用することで、無駄な利息を払う必要がなくなるため一石二鳥です。

保証人や担保なしという条件は、大きいですよね。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2利用目的が決められていない

2つ目のカードローンのメリットは、利用目的が決まっていない点です。カードローンはフリーローンのひとつなので、目的に囚われる必要がありません。

入院や手術、結婚など、急な大金が必要になったときでも、用途に関係なくカードローンを使うことができます。

何に使ってはいけないとは決まっていませんよ。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

3最短即日融資が可能なところが多い

カードローンと金利の仕組み

3つ目のメリットは、多くの消費者金融カードローンで最短即日融資が可能で最短だと1時間で引き出しが可能な点です。そのため、急に大金が必要になったときでも安心して利用することができます。

さらに、定まっている借入限度額を超えなければ、何回でも利用することが可能です。

最短即日融資を受けるためには、消費者金融のカードローンの利用がおすすめです。銀行や信託会社は審査に時間がかかることがあります。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

4Web上で手続きが完結するところも多い

4つ目のメリットは、多くの消費者金融カードローンにおいてWeb上で手続きが完結することです。店舗に行ったり、書類を手書きで出したりすることが、不要である場合が多いです。カードローンの契約内容の確認や必要書類の提出も、Web上で行うことができます。

Webなので簡単に申し込みができますね。
また、会社によって異なりますがWEBを使えない場合でも
  • 電話
  • ローン契約機

から申し込むことができます。自分にあった申し込み方法を探しましょう!

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

最短即日融資カードローンを受けるためのコツ

ここからは、消費者金融でカードローンを受ける際の注意点やコツについて説明します。最短即日の融資を受けたいと考えている場合には、以下の6項目について確認しておくと無難です。

最短即日で融資を受けるコツ
  1. 時間の確認
  2. 自動契約機の設置場所確認
  3. 必要書類の確認
  4. 連絡がつきやすい電話番号を登録
  5. 限度額は最低限に設定

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

1時間の確認

最短即日融資を受けたい場合には以下の3つの時間を確認する必要があります。

営業時間 カードローンの申し込みが可能な時間。
申し込み方法により営業時間が異なるため注意。
審査対応
時間
審査を受け付けている時間のこと。
営業していても、審査対応時間が終了していると翌日以降の融資になってしまうため注意。
振込実施
時間
振込融資を選択した場合、銀行口座の金融機関により振込が可能な時間が異なるため注意。

上記の時間は、曜日によっても異なるため最短即日で融資を受けたい場合には前もって確認しておくことが重要です。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2自動契約機の設置場所確認

2 00の白いデジタルデバイス

自動契約機を利用する場合には、前もって設置場所を確認しておきましょう。予想よりも遠くにしか設置されていなかったり、先客がいたため営業時間が過ぎてしまうということも考えられます。

即日融資を受けたい場合には、時間に余裕をもって自動契約機を利用しましょう!

 周りにある自動契約機を複数チェックしておくと安心。

3必要書類の確認

カードローンで融資を受けるために必要な書類は、消費者金融によって異なりますが一般的に以下ののようなものが挙げられます。

本人確認書類 収入証明書
  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

本人確認書類は、消費者金融で融資を受ける方全員に必要な書類となっています。

その一方で、収入証明書は50万円を超える融資で必要になることが多いです。すぐに準備することが難しい書類であるため、前もって準備しておくことをおすすめします。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

4連絡がつきやすい電話番号を登録

在籍確認

消費者金融から融資を受ける場合には、「在籍確認」が行われる場合がほとんどです。在籍確認とは、本人が申告した勤務先および連絡先が正しいか確認する審査の一部です。

消費者金融は、融資を受けたい人の在籍確認をすることで「安定した収入があるのか」を確かめます。

 消費者金融から勤務先への在籍確認では、業者からではなく個人名で電話がかかってくるため周りにバレる可能性は少ない!

最短即日融資を受けるためには、在籍確認をクリアしなくてはなりません。

スムーズに在籍確認を通過するためにも、勤務先の電話番号に自分が在籍している部署の電話番号を登録することをおすすめします。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

5限度額は少なめに設定

最短即日で融資を受けたい場合には、契約限度額の希望を最低限に設定することでよりスムーズに審査を通過することができると考えられます。すぐにお金が必要な場合は、最低限の金額を申し込無事をおすすめします。

カードローンでは、高額になればなるほど審査が厳しくなると予想できます。

また、追加でお金が必要になった時には増額審査に申し込むことで限度額を引き上げることも可能です。

カードローン関連のQ&A

おすすめのカードローンは?
おすすめのカードローンは、本記事で1位を飾る「プロミス」です。理由は3つ!
・審査・融資ともに最短30分で完了する
・新規申込者は30日間無利息サービスが利用可能
・カードレス・Web完結
「プロミス」の詳細は本記事で確認できます。
最短即日融資可能なカードローンって、具体的にどのくらいの時間で融資可能なの?
会社によっては、最短30分で融資が可能です。ただし新規申込の方の場合は、審査時間を含めて最短1時間ほどです。「プロミス」は審査が最短30分・融資が最短30分と、本記事で紹介している会社の中で、最も融資スピードが早いです。
最短即日で借入する上で、注意すべきことはある?
あります。「今日中にお金が欲しい」という方は、次の3点に注意しましょう。
・営業時間
・審査対応時間
・振込実施時間
申込をした時間によっては、翌日以降の扱いになる場合があります。他にも注意点があるため、詳細を知りたい方は、本記事の「最短即日融資カードローンを受けるためのコツ」を確認しましょう。
審査が甘いカードローンはある?
結論から言うと、ありません。審査基準は公表されておらず、おそらく会社それぞれ独自の基準をもっていると予想されます。審査難易度が気になる方・「審査に落ちちゃうかも」と不安な方は、まずは事前審査から申し込んでみましょう。
在籍確認なしで利用できるカードローンを知りたい。
在籍確認なしで利用できるカードローンはありません。ただ、”電話による”在籍確認がないカードローンはあります。この記事でも紹介している「SMBCモビット」は、WEB完結で申込可能で、電話連絡の在籍確認や郵送物なしで利用可能です。
低金利なカードローンを知りたい。
本記事で紹介しているカードローンの中でいうと、「アコム」や「SMBCモビット」は比較的低金利といえるでしょう。
どのカードローンを使うか迷う!どこを比較すればいい?
以下を参考に比較してみてください。
・総返済額を抑えたい方:金利や、「利息0円サービス」の有無を比較する。
・なるべく早くお金が欲しい方:審査時間・融資スピードを比較する。
・高額な借入を予定している方:最高限度額と金利の比較をする。
本記事では、カードローンの金利・限度額・審査時間・融資スピードの比較表を載せています。ぜひ確認してみてください。

まとめ

今回は、カードローンの基本的な情報とカードローンのおすすめランキングをご紹介しました。最後に要点をまとめると、次のとおりです。

この記事のまとめ
  • カードローンは、無担保・無保証人で借りられる個人向けの融資
  • カードローンは銀行・信託会社・消費者金融の3種類がある
  • カードローンは限度額内なら、いつでも借りて返済できる
  • 急ぎで大金が必要なときは、大手消費者金融の利用がおすすめ
  • 消費者金融として、プロミス・SMBCモビットがおすすめ

カードローンは、優先事項や条件・希望によって、選んだ方がよい会社が変わってきます。ただし、どの会社を選んでも必ず返済しなければならないため、自分で返すことのできる金額を考えて利用しましょう。

本記事が読者の皆さんそれぞれにあったカードローンへ繋がることを願っています。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事