カードローンの申し込み方法とは? 手順を詳しく解説

急な出費や給料日までのつなぎとして便利な「カードローン」。

初めてカードローンに申し込む方の中には「申し込み方法が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、カードローンの申し込み方法を紹介。必要なモノから手順まで、詳しくまとめています。

\おすすめにジャンプ!!/

カードローンの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、カードローンの申し込みに必要なモノを確認していきましょう。

申し込み前に必要な書類を集めおけば、スムーズにカードローンを作成できます。

カードローンの申し込みに必要なモノは大きく以下2つです。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書類

具体的にどのような書類が必要なのか解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

\おすすめにジャンプ!!/

1本人確認書類

カードローンの申し込みでは、本人確認書類が必要です。利用する金額や金融機関にかかわらず、提出しなければなりません。

カードローンの申し込みに必要な本人確認書類は主に以下のとおりです。

カードローンの申し込みで使える本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 在留カード特別永住者証明書
  • 年金手帳
  • 福祉手帳
  • 公共料金の領収書

カードローンの申し込みでは、上記本人確認書類の中から1点または2点の提出を求められることが一般的です。

カードローンの申し込みを決めたら、まず手元に本人確認書類を準備しましょう。

ただし、準備する本人確認書類は金融機関によって異なります。必ず金融機関の申し込みページを前もって確認しておいてください。

\おすすめにジャンプ!!/

2収入証明書類

カードローンの申し込みでは、収入証明書類の提出を求められることがあります。

カードローンの申し込みで、収入証明書の提出が必要なのは、主に次のどちらかに該当するケースです。

  1. 借入額が50万円を超える場合
  2. 他社借入額と合計して100万円を超える場合

まず、カードローンの申し込み金額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が求められます。

また、他社借入額と合計して100万円を超える場合も、収入証明書が必要です。

たとえば、現在借入額が80万円あり、新たに30万円カードローンに申し込む場合は収入証明書を提出しなければなりません。

カードローンの申し込みで使える収入証明書は、以下いずれか1点です。

源泉徴収票 働いている会社から主に12月~1月に交付(再交付)される収入証明書類
給与明細書 働いている会社から交付される給与明細書。「本人の氏名」「発行年月」「勤務先名(発行元)」「月収」が明記されているもの。
市民税・県民税額決定通知書 働いている会社または市区町村役場から主に5月~6月に交付される収入証明書類
所得証明書 市区町村役場(出張所含む)または税務署で取得できる収入証明書類
確定申告書・青色申告書・収支内訳書 1月から3月に税務署に提出する書類※税務署の受付印がない場合は「税務署に提出した日付」「提出した税務署名」を記入。

収入証明書類は、本人確認書類と異なり準備に時間がかかります。

 カードローンの申し込み額が50万円を超える、もしくは合計借入額が100万円を超える方は、余裕をもって発行しておくのがおすすめです。

また、提出する収入証明書類は金融機関によって異なります。前もって、申し込みに有効な収入証明書を確認しておきましょう。

\おすすめにジャンプ!!/

カードローンの申し込み方法

次に、カードローンの申し込み方法を解説していきます。

カードローンの申し込み方法は、主に以下4つです。

  1. ネットで申し込む方法
  2. 電話で申し込む方法
  3. 郵送で申し込む方法
  4. 店舗で申し込む方法

どの方法で申し込むかによって、カードローンの申し込み手順は異なります。各申し込み手順を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ネットで申し込む方法

カードローンをネットで申し込む手順
  1. 申し込みたいカードローンの金融機関ページにアクセス
  2. 申し込みをクリック
  3. 本人情報を入力
  4. 勤務先情報を入力
  5. 申し込み内容を入力
  6. 審査
  7. 審査結果の連絡
  8. カード発行
  9. カード利用開始

1申し込みたいカードローン会社にアクセス

まず、申し込みたいカードローン会社のHPにアクセスします。

カードローンの金利や返済期間は、申し込むカードローンによって様々です。しっかり比較検討して、納得いくカードローンを見つけましょう。

\おすすめにジャンプ!!/

2申し込みをクリック

カードローン会社のページには、必ず申し込みボタンが設置されています。「カードローンへ申し込み」をクリックしましょう。

3本人情報を入力

申し込みをクリックすると、必要事項の記入が必要です。本人情報を入力します。

本人情報の入力項目は概ね以下のとおりです。

  • 名前
  • フリガナ
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 住まい形態(自己持家・アパート・賃貸マンションなど)
  • 居住年数
  • 家賃または住宅ローン(毎月〇〇万円)
  • 家族構成(未婚or既婚、親と同居・別居など)
  • 反社会的勢力に関する表明・確約

本人情報を入力する際の注意点は、家賃や住まい形態を正確に記入することです。

 「住まい形態」「毎月の家賃」「家族構成」「居住年数」などは、カードローンの審査に影響する項目です。

少し数字が違うだけで、カードローンの審査結果が異なりますので、間違えないように記入しましょう。

\おすすめにジャンプ!!/

4勤務先情報を入力

次に、勤務先情報を入力します。カードローンの申し込みに必要な勤務先情報は通常以下のとおりです。

  • 勤務先名
  • 帰属部署
  • 勤務先電話番号
  • 勤務先住所
  • 従業員数
  • 種別(上場・未上場・自営業など)
  • 業種
  • 職種
  • 役職
  • 勤続年数
  • 勤め内容(経営者・正社員・アルバイト・パートなど)
  • 収入形態
  • 年収
  • 給料日

勤務先情報は、カードローンの審査に影響するといわれている項目です。記入ミスがないように、再度見直ししましょう。

勤務先情報の入力で注意したいのが、嘘の情報を記述することです。

 カードローンの申し込みで、嘘の申告はNG。虚偽申告すると、申し込みブラック扱いとなり、今後カードローンが作れなくなるケースがあります。
\おすすめにジャンプ!!/

5申し込み内容を入力

カードローンの申し込み内容を入力します。申し込み内容は以下のとおりです。

  • 利用限度額
  • カードローンの受け取り住所
  • 利用の目的
  • 利用中ローンの有無(他社借入状況・件数など)
  • メールアドレス
  • カードローン暗証番号
  • 支払い口座
  • 返済日
  • 融資希望額

申し込み内容では、カードローンの利用額を記入します。希望額が50万円を超える場合は、収入証明書類の提出が必要です。

また、金融機関によりますが、他社借入件数や借入額の入力を求められるケースがあります。

他社借入件数や借入額も、嘘のないように入力しましょう。

 借入件数や借入額は、個人信用情報機関に登録されています。金融機関は審査するタイミングで、個人信用情報機関に登録されている情報を確認可能です。

6審査

入力した申し込み情報をもとに、カードローンの審査が行われます。

審査基準や審査手続のスピードは、金融機関によって様々です。少しでも早く融資を受けたい方は、あらかじめ審査手続のスピードが早い金融機関を選択しましょう。

\おすすめにジャンプ!!/

7審査結果の連絡

審査が終了すると、審査結果の連絡がきます。

ネットからカードローンに申し込んだ場合、メールアドレス宛に届くのが一般的です。

ただし、いくつか確認事項がある場合など、電話がかかってくるケースもあります。審査に通過すれば、カードローンの利用が可能です。

8カード発行

審査通過後は、カードが発行されます。

カードの受け取り方法は、指定の住所に郵送されるのが一般的です。中には、店舗で直接カードが受け取れる金融機関もあります。

 また、カードなしで利用できるカードローン(WEB完結型)もあります。

カードなしを希望した場合、指定の口座に希望額が入金。カードを受け取る必要はありません。

\おすすめにジャンプ!!/

電話で申し込む方法

カードローンを電話で申し込む手順
  1. カードローン会社に電話
  2. 審査に必要な内容を伝える
  3. 審査
  4. カード受け取り

1カードローン会社に電話

まず、カードローン会社に電話します。

ほとんどの金融機関では、申し込み専用の電話番号が公開されています。

カードローン受付以外の番号にかけてしまうと、二度手間ですので、カードローン申し込み専用の電話番号にかけましょう。

\おすすめにジャンプ!!/

2審査に必要な内容を伝える

電話すると、審査に必要な項目を質問されます。聞かれるのは

  • 本人情報(生年月日・氏名など)
  • 勤務先情報(収入・勤務形態など)
  • 申し込み内容(希望額など)

などです。聞かれたことに答えましょう。

3審査

審査に必要な内容を伝え終わると、一度電話が終了。伝えた内容をもとに審査が行われます。

その後、1時間程度で審査結果の電話がかかってきます。

ただし、審査にかかる時間は金融機関によって様々です。審査に2〜3日程度かかるケースもあります。審査結果が早い金融機関で1時間程度と覚えておきましょう。

4カード受け取り

審査に通過すれば、カードの受け取りです。店頭または郵送でカードを受け取りましょう。

\おすすめにジャンプ!!/

郵便で申し込む方法

カードローンを郵送で申し込む手順
  1. カードローン会社に申込書を請求
  2. 申込書を記入して送り返す
  3. 審査結果が届く
  4. 契約書類・カードが届く

1カードローン会社に申込書を請求

郵送で申し込む場合、まずカードローン会社に申し込み書を請求します。

申し込み書の請求は、カードローン会社の公式HPからネットでできることがほとんどです。

2申込書を記入して送り返す

カードローン会社から申し込み書が自宅に届きます。

届いた申込み書を確認し、必要な事項を記入しましょう。必要時効を全て記入したら、カードローン会社に返送します。

返送する際の注意点は、本人確認書類など必要書類を同封することです。借入額によっては、収入証明書類の同封が必要なケースもあります。

 もし必要書類を同封し忘れてしまうと、再度送り直しになってしまいます。忘れず同封しましょう。
\おすすめにジャンプ!!/

3審査結果が届く

指定の連絡先に、審査結果が届きます。

審査結果を受け取る住所は、自分で指定できることが一般的です。

4契約書類・カードが届く

審査に通過した場合、郵送で契約書類・カードが届きます。

カードが届いたら、すぐにATMなどから借入可能です。

また、契約書類は後々必要になる場合があるので、大切に保管しておきましょう。

店舗で申し込む方法

カードローンを店舗で申し込む手順
  1. 必要書類を持参して店舗に行く
  2. 審査
  3. カード発行
  4. 利用開始

1必要書類を持参して店舗に行く

カードローン会社によっては、店舗で契約できる場合があります。

店舗での契約を希望する場合は、必要書類を持参して店舗に行きます。基本的に事前予約などは必要ありません。

持参する必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書」です。

\おすすめにジャンプ!!/

2審査

店頭で受付を済ませ、カードローンの申し込み書を記入します。申込み書の内容をもとに、審査が行われます。

審査スピードは、金融機関によって様々です。消費者金融のカードローンなど、その場で審査結果が分かるものもあります。

3カード発行・

審査に通過すれば、カードが発行。カードローンを利用できます。

カードの受け取りだけ、別日の金融機関もありますので、前もって確認しておきましょう。

おすすめカードローン会社

金利や審査スピード・実際の利用者の口コミを比較して作成したおすすめのカードローン会社を紹介します。

1プロミス

プロミス
プロミスの特徴
  • 利用者数&顧客満足度No.1※1
  • カードレスでWeb完結が可能
  • 最短30分審査・最短30分融資
業界最大手のプロミスでは最大30日間無利息で、最短30分の審査※2から申し込みが完了します。 審査の通過率も比較的高いといえ、約2人に1人が新規で成約しています。 ※1出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain ※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミスの自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機からカードの発行をすることもできます。
また、カードレスのWeb完結型で、申し込みから返済までをプロミスの公式アプリで手軽に済ますことができます。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査期間 最短30分 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2アコム

アコム
アコムの特徴
  • 最短30分の審査&最短即日振り込み
  • 最大30日間金利0円サービス
  • 全国5万台以上の自社・提携ATM
※2020年3月時点。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。 三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査から最短即日振り込みが可能です。 CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も約50%と高いようです。アコムマンスリーレポート参照
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能
アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!
審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機のむじんくん(※2020年3月時点)からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。 また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短即日可能
WEB完結 可能※在籍確認が行われる場合があります。
学生の利用 可能 ※20歳以上で本人に安定した収入がある方
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
担保・保証人 不要
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

3三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック
バンクイックの特徴
  • 電話・インターネット・テレビ窓口の申込に対応
  • キャッシングの提携ATM手数料完全無料
  • 毎月1000円からの返済が可能※お借入利率(金利)によって返済額が異なります。
  • 申し込みに三菱UFJ銀行の口座不要
三菱UFJ銀行の銀行系カードローンがバンクイックです。 銀行口座をお持ちの方はキャッシュカードから簡単にWeb完結申込が可能。もちろん、口座をお持ちでない方も電話・ネット・窓口でのお申し込みができます。
\銀行金利のカードローン/
 キャッシングには全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットの提携ATMが手数料完全無料で利用できます。
銀行カードローンらしい金利で20代後半~50代後半の幅広い年齢層に人気ですが、審査は厳しめと予想されますので、自信がない方はプロミス・アコムなど消費者金融カードローンがおすすめです。
金利(実質年率) 1.8~14.6%
限度額 10~500万円
審査期間 最短翌営業日※2
融資スピード 最短翌営業日※3
WEB完結 可能
パート・アルバイト 申し込み可能
※2現住所記載の運転免許証を提出し、審査受付時間内(できるだけ午前中)の申込でテレビ窓口から審査回答後(申し込みから最短翌営業日)にカード受取可能。 ※3テレビ窓口でのカード受取、または三菱UFJ銀行の口座への融資には本人確認書類には現住所記載の運転免許証が必要になります。 ※3 50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。
\銀行金利のカードローン/

4SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • Web完結で面倒な電話連絡不要
  • SMBCグループ
  • カードレスで最短即日融資可能
SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループですが、
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
上記いずれかの口座を開設していれば、保険証のみでWeb完結申し込みを済ませることができます
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能
このWeb完結申し込みを利用すると、勤務先への電話連絡を省略することができるのはSMBCモビットの大きなメリットです!
ただし、SMBCモビットでは、他社でよくある無利息期間が無いことには注意が必要です。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査期間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日可能 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

まとめ

ここまで、カードローンの申し込み方法を紹介してきました。

カードローンの申し込み方法
  1. ネット
  2. 電話
  3. 郵送
  4. 店舗

申し込みには「本人確認書類」「収入証明書」が必要ですので、事前に準備しておきましょう。

ぜひこの記事の内容を参考に、カードローンに申し込んでみてくださいね。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事