カードローンの一括返済を解説

カードローンの借入残高をまとめて返済する「一括返済」。

いち早くカードローンを完済したい方の中には一括返済を考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、カードローンの一括返済について解説。一括返済の方法から、メリット・デメリットに至るまでを詳しくまとめています。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

カードローンをお得に利用する上で必見の内容です。ぜひ参考にしてみてください。

まずは、カードローンを一括返済するメリットを確認していきましょう。

カードローンを一括返済する主なメリットは3つです。

  1. 借金の返済総額を減らせる
  2. 自由に借入できる
  3. 金融機関の審査に通りやすくなると考えられる

各メリットを解説していますので、ぜひ目を通してみてください。

1借金の返済総額を減らせる

一括返済1つめのメリットは、借金の返済総額を減らせることです。

一括返済すると、最終的に支払う利息が少なくて済みます。

その理由は?

利息には、借入期間が長くほど高額になる特性があるからです。

カードローンで発生する利息は借入期間の長さに比例します。実際の例を用いて確認してみましょう。

まず利息の計算式は以下の通りです。

利息の求め方
利息=実質年率×借入残高÷365(うるう年は366)×借入日数

例えば、10万円(金利18%)を借入た場合。借入日数別の利息は以下のように計算できます。

30日で返済 0.18×100,000÷365×30≒1,479円
300日で返済 0.18×100,000÷365×300≒14,794円 

上記例の場合、10万円を30日で返済した場合の1,479円です。

一方、300日で返済すると、同じ10万円でも利息は14,794円。10倍にまで膨れ上がります。

このように、借入金額・金利が全く同じでも、借入日数が長期化するほど高額な利息が発生します。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

一括返済すると、返済期間が短縮。利息の一部を支払わずに済むため、借金の返済総額を減らせます。

2自由に借入できる

一括返済2つめのメリットは、自由に借入できることです。

一括返済するとカードローンの利用可能枠が、最大まで回復します。

例えば、利用限度額100万円のカードローンで一括返済すれば、100万円までいつでも引き出しできるようになります。

よくある間違いが「一括返済=カードローンの解約」と考えることです。

 しかし、実際には「一括返済=カードローンの解約」ではありません。

カードローンを解約するには、一括返済した後に更に手続きが必要です。

今あるカードローンは、一括返済後も利用可能。一括返済後は、利用限度額の範囲内で自由にお金の借入が可能です。

お金が急に必要になった際、限度額いっぱいまで余裕を持って使えることも、一括返済のメリットです。

3金融機関の審査に通りやすくなると考えられる

一括返済3つめのメリットは、金融機関の審査に通りやすくなると考えられることです。

一括返済すると、一括返済した履歴が残ります。

 お金の取引に関する情報は、個人信用情報機が管理。各金融機関は、カードローンの審査をする際、必ず信用情報機関に登録されている情報を確認するといわれています。

カードローンの一括返済履歴は信用度UPに繋がることが予測できる情報です。そのため、新たにカードローンを申し込み際、審査に通りやすくなると考えられます。

また、今使っているカードローンの増枠もしやすくなると予想できます。

金融機関の審査に通りやすくなると考えられることは、長期的にみて非常に大きなメリットになり得るといっていいでしょう。

おすすめカードローン会社

金利や審査スピード・実際の利用者の口コミを比較して作成したおすすめのカードローン会社を紹介します。

1プロミス

プロミス
プロミスの特徴
  • 利用者数&顧客満足度No.1※1
  • カードレスでWeb完結が可能
  • 最短30分審査・最短30分融資
業界最大手のプロミスでは最大30日間無利息で、最短30分の審査※2から申し込みが完了します。 審査の通過率も比較的高いといえ、約2人に1人が新規で成約しています。 ※1出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain ※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミスの自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機からカードの発行をすることもできます。
また、カードレスのWeb完結型で、申し込みから返済までをプロミスの公式アプリで手軽に済ますことができます。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査期間 最短30分 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2アコム

アコム
アコムの特徴
  • 最短30分の審査&最短即日振り込み
  • 最大30日間金利0円サービス
  • 全国5万台以上の自社・提携ATM
※2020年3月時点。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。 三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査から最短即日振り込みが可能です。 CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も約50%と高いようです。アコムマンスリーレポート参照
\アルバイトの方も申込可能/ アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!
審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機のむじんくん(※2020年3月時点)からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。 また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短即日可能
WEB完結 可能※在籍確認が行われる場合があります。
学生の利用 可能 ※20歳以上で本人に安定した収入がある方
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
担保・保証人 不要
\アルバイトの方も申込可能/ アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。

3三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック
バンクイックの特徴
  • 電話・インターネット・テレビ窓口の申込に対応
  • キャッシングの提携ATM手数料完全無料
  • 毎月1000円からの返済が可能※お借入利率(金利)によって返済額が異なります。
  • 申し込みに三菱UFJ銀行の口座不要
三菱UFJ銀行の銀行系カードローンがバンクイックです。 銀行口座をお持ちの方はキャッシュカードから簡単にWeb完結申込が可能。もちろん、口座をお持ちでない方も電話・ネット・窓口でのお申し込みができます。
\銀行金利のカードローン/
 キャッシングには全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットの提携ATMが手数料完全無料で利用できます。
銀行カードローンらしい金利で20代後半~50代後半の幅広い年齢層に人気ですが、審査は厳しめと予想されますので、自信がない方はプロミス・アコムなど消費者金融カードローンがおすすめです。
金利(実質年率) 1.8~14.6%
限度額 10~500万円
審査期間 最短翌営業日※2
融資スピード 最短翌営業日※3
WEB完結 可能
パート・アルバイト 申し込み可能
※2現住所記載の運転免許証を提出し、審査受付時間内(できるだけ午前中)の申込でテレビ窓口から審査回答後(申し込みから最短翌営業日)にカード受取可能。 ※3テレビ窓口でのカード受取、または三菱UFJ銀行の口座への融資には本人確認書類には現住所記載の運転免許証が必要になります。 ※3 50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。
\銀行金利のカードローン/

4SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • Web完結で面倒な電話連絡不要
  • SMBCグループ
  • カードレスで最短即日融資可能
SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループですが、
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
上記いずれかの口座を開設していれば、保険証のみでWeb完結申し込みを済ませることができます
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能
このWeb完結申し込みを利用すると、勤務先への電話連絡を省略することができるのはSMBCモビットの大きなメリットです!
ただし、SMBCモビットでは、他社でよくある無利息期間が無いことには注意が必要です。
金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査期間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日可能 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

カードローンを一括返済するデメリット

次に、カードローンを一括返済するデメリットを解説していきます。

カードローンの一括返済はメリットばかりだけではありません。デメリットを理解しておくことで、本当に一括返済すべきか判断できます。

カードローンを一括返済する主なデメリットは以下2つです。

1生活に余裕がなくなる

一括返済1つめのデメリットは、生活に余裕がなくなる可能性があることです。

一括返済には、まとまったお金が必要不可欠です。毎月少額ずつ返済していたお金を一気に返済するので、家計への負担は避けられないでしょう。

例えば、残り50万円を一括返済する場合、手元から50万円がなくなります。

一方、通常通りの返済であれば、毎月1万5千円程度の支払いで問題ありません。

そのため、一括返済するタイミングや貯金にもよりますが、一括返済後は生活に余裕がなくなる可能性があります。

できれば、前もって一括返済後の生活をイメージしておくのがおすすめです。

一括返済しても十分な資金がある場合のみ、利用しましょう。

2急な出費に対応できない

一括返済2つめのデメリットは、急な出費に対応できないことです。

一括返済後は預金残高が一気に減少します。手元にお金がなく、結婚式や病気・ケガなど、予定外の出費に対応できないケースも考えられます。

 対策としては、一括返済してもカードローンを解約しないことです。

一括返済後、生活が安定するまではカードローンを保有しておくのがおすすめです。

一括返済しても解約しない限り、カードローンを使っていつでも借り入れできます。カードローンを手元に残しておけば、もし一時的にお金が足りない場合も対応可能です。

一括返済しても生活に困らない資金がある場合を除き、カードローンを手元に残しておいた方が、その後の生活は安心できます。

一括返済とカードローンの解約は、全く別で考えましょう。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

一括返済の方法

カードローンの一括返済を検討している方の中には「一括返済の方法が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、一括返済の方法を紹介します。カードローンの一括返済は、たったの3ステップで完了します。ぜひ参考にしてみてください。

ステップ1:完済金額を確認する

一括返済するには、まず完済金額を確認しましょう。

 完済金額の確認方法は、カードローン会社によって異なります。

基本的には「電話orネット」どちらかで完済金額を確認できるケースがほとんどです。

カードローンを利用している金融機関の会員ページから確認したり、窓口に電話したりして、完済金額を調べてみてください。

ステップ2:一括返済の方法を確認する

次に、一括返済の方法を確認します。

カードローンを一括返済するには、以下のような方法があります。

  • 振り込み
  • 提携先ATM
  • 店舗
  • インターネットバンキング

一括返済の方法も、金融機関によって異なるので、事前の確認が必要です。各カードローン会社の公式HPから確認しましょう。

ステップ3:金額を返済する

完済金額と返済方法が分かれば、あとは金額を入金するだけです。

 金額を返済する際、注意したいのが手数料です。一括返済の方法によっては、振り込み手数料が発生する場合があります。

同じ金融機関のカードローンでも、一括返済の方法によって手数料の有無が異なります。

  • 手数料が無料or有料か
  • 手数料が有料の場合、いくら必要か

一括返済する際は、上記2点を必ず確認しましょう。できれば手数料無料の返済方法を選ぶのがおすすめです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

一括返済がキツいなら繰り上げ返済がおすすめ!

借金の返済総額を減らせたり、金融機関の審査に通りやすくなったりと、メリットが多い「一括返済」。

しかし、一括返済すると手元のお金が一気に減少します。

そのため「少しでも早く完済したいけど、一括返済は厳しい」という方も多いでしょう。

そんな一括返済がキツイ方におすすめの返済方法が繰上げ返済です。

繰上げ返済とは

毎月の返済額と別に+αで返済すること

繰上げ返済には主に以下2つのメリットがあります。

  1. 利息を減らせる
  2. 早期完済できる

ここでは、繰上げ返済2つのメリットを解説していますので、ぜひ確認してみてください。

1利息を減らせる

繰上げ返済1つめのメリットは、利息を減らせることです。

繰上げ返済で、支払ったお金は全て元金に充当されます。

元金とは

利息を除いた借入額のことです。

例えば、カードローンで30万円借り入れした場合、30万円が元金に該当します。

通常の返済では、返済額の中に利息が含まれています。毎月きちんと返済していても、その多くが利息に消えているケースも珍しくありません。

カードローンで50万円借りている場合

毎月返済額 1万5千円(元金充当分8千円:利息7千円
返済後借金 49万2千円 

上の例では、毎月1万5千円返済していますが、元金に充当されるのは8千円のみです。

大半が利息の支払いに充てられており、実際にはほとんど借金が減っていないことが分かります。

このように毎月少額ずつの返済は、元金が減りづらいのが特徴です。借り入れ期間が長期化しやすく、支払う利息も高額になります。

一方、繰上げ返済であれば利息には返済額は充当されません。繰上げ返済した金額だけ、確実に借金を減らせます。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

例、カードローン50万円借りている場合(繰上げ返済すると)

繰上げ返済 1万5千円(元金充当分1万5千円:利息0円
返済後借金 48万5千円

カードローンは、繰上げ返済するほど、支払う利息が削減できます。

ボーナス月や生活費に余裕がある月は、繰上げ返済のチャンスです。積極的に繰上げ返済を活用して、借金の返済総額を減らしましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

早期完済できる

繰上げ返済2つめのメリットは、早期完済できることです。

ここまで紹介した通り、繰上げ返済では、返済額すべてが元金に充当されます。

 月々の返済で搾取される利息には充当されません。支払った額だけ確実に借金を減らせます。

そのため、繰上げ返済するほど、借金の早期完済が可能です。

月数千円程度、繰上げ返済するだけでも完済までの期間は十分短くなるでしょう。

今あるカードローンを少しでも早く完済したいという方は、意識的に繰上げ返済してみてください。

繰り上げ返済の方法と注意点

繰り上げ返済の方法と注意点

繰り上げ返済のメリットを取り上げましたが、こちらもメリットばかりではありません。

繰り上げ返済を行う際の方法と注意点もきちんと把握しておきましょう。

繰上げ返済の方法

繰上げ返済は、銀行振り込みやコンビニATMへの入金が一般的です。

 申し込み書類など、前もった手続きは一切必要ありません。毎月の返済額+αで入金すれば、繰上げ返済としてカウントされます。

また、繰上げ返済のタイミングも自由です。基本的には、自分が好きなタイミングでいつでも返済できます。

ただし具体的な方法は、カードローン会社によって異なるので、事前に確認してみてください。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

繰上げ返済の注意点

繰上げ返済する際の注意点は、繰上げ返済しても毎月の返済は無くなるとは限らないことです。

繰上げ返済は、毎月の返済とは全く異なるものとして処理されます。今月多く支払ったからといって、次回の返済が無くなるわけではありません。

例、毎月27日に1万5千円返済している場合

日付 返済額
5月20日 3万円
5月27日 1万5千円
6月27日 1万5千円

上記例では、5月20日に3万円を繰上げ返済しています。

臨時で3万円返済しても、借入残高が0の場合を除き、毎月27日は通常通り1万5千円の引き落としです。

 「繰上げ返済=規定日より早く返済すること」ではありません。

あくまで繰上げ返済は、毎月の支払い額に+αで返済することです。

繰上げ返済を利用する際は、毎月の返済額も計算に入れたうえで、有効活用しましょう。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

カードローンの一括返済はリボ払い脱出にもおすすめ

カードローンの一括返済はリボ払い脱出にもおすすめ

カードローンの一括返済は、カードローンのリボルビング払い(リボ払い)を抜け出すのにもおすすめです。

リボルビング払い(リボ払い)とは?
リボルビング払い(リボ払い)とは、カードローンで借り入れたお金を、毎月、一定金額にして返済していく方法のことです。
例えば、カードローンで30万円を借り入れたとした場合、リボ払いで毎月1万円ずつ返済していくといったイメージです。リボ払いは自分で、返済していく金額を決められることもあり、一見便利に感じるかもしれません。
しかし、高い利息がついてしまうことに注意が必要です。

リボ払いにつく利息は、年利15%以上に設定されるのが一般的です。
そのため、30万円を借りてリボ払いで返済する場合は、1年間に利息として4〜5万円を支払う必要があります。さらに、リボ払いの1度の支払いには、利息が多く含まれているので、なかなか元本が減らず、長く利息と向き合わなければなりません。
そこでリボ払いを解消するために、一括払いを活用するのがおすすめです。一括払いにすれば、以降の利息をなくして、返済を終わらせることができますよ。

おすすめカードローン

PROMISE プロミス当サイトで最短即日融資が必要という方におすすめのプロミス。大手のプロミスは30日間無利、申し込みから返済までアプリ・webで完結可能です。
金利 4.5%〜17.8%
審査期間 最短30分※1
融資までの時間 最短30分
web完結 可能
※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

まとめ

ここまで、カードローンの一括返済についてまとめてきました。

カードローンの一括返済の主なメリットは、以下の3つです。

一括返済の主なメリット
  1. 借金の返済総額を減らせる
  2. 自由に借入できる
  3. 金融機関の審査に通りやすくなると考えられる

カードローンを少しでもお得に利用するなら、一括返済がおすすめです。一括返済すれば、カードローンの返済総額を大幅に減らすことができます。

一括返済が厳しい方は、繰上げ返済を検討しましょう。繰上げ返済をすれば一括返済までいかずとも、確実に支払う利息を少なくできます。

ぜひこの記事を参考に、一括返済や繰上げ返済を活用し、カードローンをお得に利用してみて下さいね。

おすすめカードローン

PROMISE プロミス当サイトで最短即日融資が必要という方におすすめのプロミス。大手のプロミスは30日間無利、申し込みから返済までアプリ・webで完結可能です。
金利 4.5%〜17.8%
審査期間 最短30分※1
融資までの時間 最短30分
web完結 可能
※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

関連記事