カードローンの一括返済を解説
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

カードローンの借入残高をまとめて返済する「一括返済」。いち早くカードローンを完済したい方の中には一気に返すことができる一括返済を考えている方も多いのではないでしょうか。

また、カードローンの一括返済にはいくつかのメリットがありますが、なんといっても支払総額を減らせることができる点が大きなメリットです。

そこで今回は、カードローンの一括返済について解説。カードローン各社の一括返済の方法から、メリット・デメリットに至るまでを詳しくまとめています。

さらには、カードローンの一括返済のおすすめの方法やタイミングについてもご紹介。自分に合ったカードローン会社や返済方法が探せる内容になっているため、ぜひチェックしてみましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

カードローンをお得に利用する上で必見の内容です。ぜひ参考にしてみてください。

一括返済可能なおすすめカードローン会社人気比較

プロミス
アコム
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
SMBCモビット
プロミス
三菱ufj
実質年利
4.5〜17.8%
3.0~18.0%
1.8〜14.6%
3.0〜18.0%
借入限度額
500万円
1〜800万円
10〜500万円
800万円
無利息期間
最大30日間
30日間
×
×
審査期間
最短30分
最短30分
最短翌営業日※
最短30分
融資スピード
最短30分
最短30分
最短翌営業日
最短即日
WEB完結
申し込みは可能

1プロミス

プロミス
プロミスの特徴
  • 来店不要で申込みから返済まで完結
  • 郵送物ナシで契約できるため周囲にバレにくい
  • 最短30分審査・最短30分融資
  • 上限金利が17.8%と低金利
  • 土日祝日でも24時間振り込みOK
  • インターネット返済ならいつでも返済可能◎振込手数料も無料
  • 最大30日間の無利息サービスは初回の借入日翌日からスタート

プロミスは申込みから返済まで来店不要で完結するカードローンです。全ての手続きがWEBで完結するため、店舗に足を運ぶ時間がない方にもおすすめになっています。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

また、もちろん自宅に郵送物が届く心配もありません。最短30分で審査が完了、その後最短30分で融資が受け取れるためすぐにお金を受け取りたい方でも安心してお申し込みいただけます。

さらに、プロミスの特徴として上限金利が他社に比べて低めに設定されていることが挙げられます。

 上限金利が他社より低いため、借り換えにもおすすめです!

プロミスがおすすめな理由として、「30日間の無利息サービス」が提供されている点も挙げられます※1もちろん、無利息期間終了前に一括返済することで無駄な利息を支払わずに返済することも可能です。

しかも、24時間365日いつでも返済できる点も嬉しいポイント。振込手数料無料で返済することができるため、結果的に返済額も抑えることが可能になります。
返済計画に迷った場合は、公式サイトに「返済シミュレーション」もありますので利用してみてください!
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
6
金利(実質年率) 4.5~17.8%
限度額 500万円まで
審査期間 最短30分
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
学生の利用 可能※2
関連記事 プロミスの審査難易度は甘い?返済・借入方法や特徴を徹底解説!

プロミスの審査にかかる時間は?審査に落ちた人の口コミから基準を解説

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※2 高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

● プロミスの一括返済でおすすめの方法は?

プロミスで一括返済する場合にはインターネット返済がおすすめです。そもそも、プロミスで一括返済する場合には次の方法が用意されています。

  • インターネット返済
  • 店頭窓口
  • プロミスATM・提携ATM
  • コンビニマルチメディア端末返済
  • 提携ATM
  • 銀行振り込み
その中で、「インターネット返済」は来店不要&手数料無料で返済できるためおすすめです。
 もちろんインターネット返済なら、24時間365日対応しています!

返済方法の中ではインターネット返済がおすすめですが、その他の方法でも提携ATM以外なら手数料無料で返済できるのも嬉しいポイント。

インターネット返済以外の手段で返済する場合には、営業時間のチェックを忘れずに行いましょう!

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミスではATMで端数も返済できる?

ATMには硬貨を投入することができないため、一括返済時に端数が出てしまうことも多くあります。

提携ATMやプロミスATMでは多くの場合、硬貨を使った返済ができません。
もし、返済額を確認した際に端数が出てしまう場合にはできるだけATM以外の返済方法を選んだ方が、手続きが少なく済むためおすすめです。

ただし、どうしてもATMを使って一括返済したい場合には、以下の2種類の方法が用意されています。

  • 1,000円以下を切り上げて返済
  • 端数を切り捨てて返済し、後にATM以外の方法で完済する

もし、プロミスで1,000円以下を切り上げて返済した場合「銀行振込」「店頭」で多く支払った分を受け取ることができます。また、次回の借入時に相殺することも可能です。

 ただし、一時的に返済額より多くの金額を支払わなければなりません!

また、端数を切り捨てて返済し、後にATM以外の方法で端数を返済することもできます。ただ、こちらの方法で返済した場合には完済したことにはならないため注意が必要です。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2アコム

アコム

アコムの特徴
  • 最短30分で審査回答・最短即日振込可能
  • 来店不要でお申込みから返済まで完結、WEB完結にも対応
  • 郵送物ナシでも契約可能
  • インターネット返済なら手数料無料でいつでもすぐに返済可能
  • 30日間金利0円サービスあり

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の最短即日融資に対応しているカードローン会社です。アコムでは最短30分で審査が終わり、最短で即日振込も可能なスピード感が特徴になっています。

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、アコムではWEB完結にも対応しており来店不要でお申し込みから返済まで完結させることも可能です。もちろん、WEB完結申し込みなら自宅に郵送物が届く心配もありません。

さらに、アコムでは30日間の金利0円サービスを提供しているため初回利用の場合、契約日の翌日から利息0円で借入を行うことができます。

アコムで利息を支払わずに融資を受けたい場合には、借入後30日間以内にインターネット返済で全額返済がおすすめです。インターネット返済なら手数料無料で24時間365日いつでもすぐのご返済ができます。

 ただし、アコムではプロミスのように初回借入日の翌日から初回サービスが適用されるわけではないため注意が必要です。

アコムはCMで「はじめてのアコム」というようにカードローン初心者の方にも選べばれることも多く、店舗やATMサービスも充実しているため安心してご利用いただけます。

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

まずは、アコムのホームページで提供されている「3秒診断」を試してみましょう!

金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短即日可能
WEB完結 可能※1
学生の利用 可能※2
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
担保・保証人 不要
関連記事 アコムは金利が高い?返済方法や審査難易度・特徴を徹底解説

アコムの審査は甘い?審査に落ちた人の口コミから審査基準を徹底解説

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。
※1 在籍確認が必要な場合があります。

※2 18歳以上で本人に安定した収入がある方。

● アコムのおすすめ一括返済方法

アコムで一括返済をする方法は、次の5種類が用意されています。

  • インターネット返済
  • アコムATM
  • 提携先のATM
  • 店頭窓口
  • 銀行口座振り込み
中でもおすすめなのは「インターネット返済」です。アコムなら24時間いつでも、スマホ・パソコンから返済することが可能になっています。
もちろん土日祝日も対応しており、手数料がかかる心配もありません。
 インターネットの利用環境が整っている方は、ぴったり返済できるインターネットの一括返済がおすすめです!

また、他にも店頭窓口での返済や提携先のATMを使った一括返済も可能ですが、営業日や営業時間が定められていることも多いため事前に確認してから返済するようにしましょう。

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。
アコムではATMを使って全額返済できる?

アコムでは、1,000円以下の端数が「無利息残高」として扱われるように設定されています。

無利息残高とは
利息・手数料を付けず、支払期限も設定しない残高として取り扱われる金額のこと。

つまり、6,959円を完済したい場合には、ATMで6,000円を返済すれば残りの959円には利息もつかず支払い期限も無くなるのです。

 ただし、無利息残高が残っている場合には完済扱いにならないため注意しましょう!

また、無利息残高は以下の方法で返済することが可能になっています。

  • インターネット返済
  • 店頭窓口
  • 銀行振込

ただ、無利息残高が残ってしまうと二度手間になってしまうため、できるだけ「インターネット返済」など端数の出ない返済方法を選びましょう。

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

3バンクイック 

バンクイック

バンクイックの特徴
  • 銀行ならではの年1.8〜14.6%の安心金利
  • 三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても申込み可能
  • スマホ完結に対応しているから、郵送物ナシでも契約できる
  • ATM手数料は完全無料、硬貨の支払いに対応しているATMもアリ
  • インターネット返済なら振込手数料無料
  • 毎月1,000円からの少額返済可能※1

バンクイックは三菱UFJ銀行が提供しているカードローンです。消費者金融カードローンに比べて、銀行カードローンは低金利な傾向がありますが、バンクイック も年1.8〜14.6%の銀行らしい金利が特徴になっています。

\銀行金利のカードローン/

また、申し込み時に三菱UFJ銀行の口座開設は必須ではありません。そのため、三菱UFJ銀行の口座を持っていない方でもお申込みいただけます。

 インターネット完結申し込みにも対応しているため、銀行にわざわざ足を運ぶ必要もありません。

さらに、郵送物なしでの契約も可能なため周囲にバレたくない方にもおすすめです。借入金利によっても異なりますが、毎月1,000円からの少額返済が可能な点も嬉しいポイント。

もちろん、バンクイックでも一括返済に対応しています。バンクイックのインターネット返済なら振込手数料無料でいつでもご返いただけます。

バンクイックでは、提携ATMでの返済も手数料無料です!
バンクイックでは、
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM

のATMで返済した場合も余分な手数料を支払う必要がありません。時間は決められていますが三菱UFJ銀行ATMなら硬貨の支払いに対応している端末もあるため端数までしっかりと一括返済することが可能です。

\銀行金利のカードローン/

バンクイックは、銀行らしい金利が魅力的なカードローンです。ただし、審査は厳しめのためまずはバンクイックが提供している借入診断を試してみましょう。

金利(実質年率) 1.8~14.6%
限度額 10~500万円
審査期間 最短翌営業日※3
融資スピード 最短翌営業日※4
WEB完結 可能※お申し込みまで
パート・アルバイト 申し込み可能
\銀行金利のカードローン/
※1 借入利率(金利)によって返済額が異なります。
※2 返済額の入金が15時以降となる場合は、翌平日窓口営業日扱いとなりますのでご注意ください。
※3 現住所記載の運転免許証を提出し、審査受付時間内(できるだけ午前中)の申込でテレビ窓口から審査回答後(申し込みから最短翌営業日)にカード受取可能。
※4 テレビ窓口でのカード受取、または三菱UFJ銀行の口座への融資には本人確認書類には現住所記載の運転免許証が必要になります。 50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。

● バンクイック のおすすめ一括返済方法

銀行カードローンの「バンクイック」でも一括返済が可能です。バンクイックの一括返済方法は以下の通り。

バンクイックの一括返済方法
  • 三菱UFJダイレクトを使った振込
  • 三菱UFJ銀行ATMを使った振込/提携ATMを使った振込

バンクイックの返済方法でおすすめは、インターネットバンキングの三菱UFJダイレクトを使った振込です。バンクイックの申込み自体は三菱UFJ銀行の口座不要ですが、振込には三菱UFJ銀行のインターネットバンキング口座が必要です。

三菱UFJ銀行のインターネットバンキング口座を持っていれば、手数料無料でご自宅からでも返済できるためおすすめです。

ただしバンクイックでは、土日祝日や15時以降にご入金の場合、返済日が翌平日窓口営業日扱いとなってしまう点には注意が必要です。

 銀行カードローンは土日祝日が営業日外になってしまうため、平日が忙しい会社員の方はプロミスなどの消費者金融がおすすめ!

それでは、一括返済時の端数の扱いについても確認していきましょう。

\銀行金利のカードローン/
バンクイックではATMを使って一括返済ができる?

一括返済をする際には1,000円以下の端数が出てしまうことも多いでしょう。バンクイックでは一括返済する場合、三菱UFJ銀行のインターネットバンキング口座を所持していない方はATMを使って返済する必要が出てきます。

 もちろん、カードローン契約後インターネットバンキング口座を開設することも可能です。

バンクイックでは「三菱UFJ銀行ATM」を使うことで、1,000円以下の端数も入金可能になっています。三菱UFJ銀行ATMが硬貨の入金に対応している時間は平日8:45~18:00までです。

ただし、硬貨を取り扱っていないATMもあるため、ATMで端数も全額返済したい場合には事前に確認してから向かいましょう。

ATMが自宅の近くにない方や平日が忙しい方は、プロミスなどの消費者金融カードローンがおすすめです!
\銀行金利のカードローン/

4SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • WEB完結に対応しているため来店不要&郵送物が自宅に届かない
  • 原則的にWEB完結申込みなら勤務先への電話連絡はナシ
  • 審査は最短30分、最短即日融資が可能
  • 返済でTポイントが貯まる&使える
  • インターネット返済なら自宅から手数料無料で返済可能

SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループのカードローン会社です。SMBCモビットではWEB完結申込みを選択した場合、基本的に勤務先に電話連絡がされない点がメリットとして挙げられます。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

以下の口座開設を行っている場合、WEB完結申込みを選択可能です!
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

やはり、カードローンの利用がバレる可能性が低いとしても、勤務先への在籍確認の電話に抵抗がある人も多いでしょう。

ただ、SMBCモビットのWEB完結申込みなら自宅に郵送物が届かないだけでなく、基本的には勤務先への電話もないため少しでも周囲にバレる可能性を下げたい方にはおすすめです。

 SMBCモビットの審査は最短30分、最短即日融資が可能になっています!

また、SMBCモビットでは返済する際にTポイントを貯めることが可能です。貯めたTポイントを返済に使うこともできるためお得に利用することができるでしょう。

もちろん、SMBCモビットでは一括返済も可能になっています。インターネット返済なら手数料もかからないためおすすめです。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

ただし、SMBCモビットには初回利用時に無利息期間がなく、1,000円以下の端数にも利息が発生してしまうことには注意が必要です。

金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査期間 10秒簡易審査
本審査:最短30分
融資スピード 最短即日
WEB完結 可能
学生の利用 可能
関連記事 SMBCモビットの審査は在籍確認がいらない?通過した人の口コミから調査

smbcモビットカードローンは在籍確認なし?審査やWEB完結を徹底解説

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

● SMBCモビットのおすすめ一括返済方法

SMBCモビットでは以下の方法で一括返済することが可能です。

SMBCモビットの一括返済方法
  • インターネット返済
  • ATMでの返済
  • 銀行振込

上記の方法の中で1番おすすめは「インターネット返済」です。SMBCモビットのインターネット返済なら、手数料無料でご利用いただけます。

 SMBCモビットの場合、会員専用サービス「Myモビ」から利用可能です!

インターネット返済を利用する場合にはネットバンキング口座が必要なので事前に作成する必要がありますが、店舗に足を運ぶ必要もなくおすすめになっています。

また、SMBCモビットではインターネット返済以外にも

  • 三井住友銀行ATM
  • ファミポート

手数料無料で返済できますがプロミスアコムに比べて選択肢が少なくなっていることについては注意が必要です。

プロミスならファミリーマート以外のコンビニマルチメディア端末やプロミスATMでも手数料無料で返済可能になっています。
さらに、SMBCモビットは店頭窓口が設定されていないため店舗での返済もできないので注意しましょう。
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能
SMBCモビットでは1,000円以下の端数にも利息がかかる!

硬貨に対応していないATMで一括返済する場合に、どうしても1,000円以下の端数が出てしまうことが多いです。

そんな時、大手消費者金融の中には「無利息残高」としてカウントされることもありますが、SMBCモビットでは1,000円以下の残高にも利息がかかってしまいます

 SMBCモビットでは1,000円以下の端数にも利息が発生してしまうため注意が必要です!

SMBCモビットで1,000円以下の端数を支払う場合には以下の3種類の方法が用意されています。

  • 硬貨支払いに対応している提携ATMで返済する
  • 銀行振込
  • インターネット返済

ただし、硬貨支払いに対応しているATMは数が限られているだけでなく、三井住友銀行ATM以外は手数料がかかってしまうため注意が必要です。また、銀行振込も同様に手数料がかかります。

インターネットバンキング口座をお持ちの場合は初めからインターネット返済で一括返済を行いましょう!
ここまで説明してきたように、SMBCモビットでは1,000円以下の端数にも利息が発生するだけでなく、他の大手消費者金融より手数料無料で返済する手段も少なくなっています。
これから、カードローン利用を検討している方はプロミスアコムなどとも比較してみましょう。また、SMBCモビットを利用中の方も他社と比較し、を検討してみてもいいかもしれません。

実際にみんなはどのカードローンを利用している?

おすすめのカードローンが本当に人気があるのか調査するために、実際に皆さんが利用したことがあるカードローンについて、独自アンケート調査をしてみました。

アンケート回答の内訳
貸金業者 割合
地方銀行のカードローン 24.6%
プロミス 21.9%
アコム 21.1%
アイフル 21.1%
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
16.7%
SMBCモビット 15.8%
三井住友カードローン 14.9%
レイクALSA 13.2%
三井住友銀行カードローン 10.5%
みずほ銀行カードローン 9.6%
楽天銀行カードローン 7.9%
その他 21.1%

独自アンケート調査の詳細はこちら

回答を見てみると、地方銀行のカードローン(24.6%)に次いで、プロミスの利用者(21.9%)が多い結果に。消費者金融カードローンの中では、プロミスが最も人気なカードローンと言えそうです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

カードローンの一括返済とは?

カードローンの一括返済とは、借りているお金を全額まとめて返済する返済方法のことです。一括返済は他にも「全部繰上返済」や「全額返済」と呼ぶこともあります。

通常カードローンを利用する際は毎月決まった額を返済していきますが、一括返済することで多くのメリットを受けることが可能です。

通常の返済方法のことを「約定返済」と言います。
多くのカードローン会社では、約定返済や一括返済の他に「繰上返済」が可能です。

カードローンの月々の平均返済額はいくら?

ちなみに、皆さんは月にどのくらいの額を返済しているのでしょうか?

アンケート回答の内訳
月々の平均返済額 割合
5,000円未満 9.9%
5,000円以上10,000円未満 25.2%
10,000円以上20,000円未満 28.8%
20,000円以上30,000円未満 10.8%
30,000円以上50,000円未満 8.1%
50,000円以上70,000円未満 6.3%
70,000円以上100,000円未満 1.8%
10万円以上15万円未満 0.0%
15万円以上20万円未満 0.0%
20万円以上30万円未満 0.9%
30万円以上 0.9%
該当なし 7.2%

独自アンケート調査の詳細はこちら

当サイト独自のアンケート調査でカードローンの月々の平均返済額について尋ねたところ、最も多い回答が「1万円以上2万円未満」の28.8%。

次いで「5,000円以上1万円未満」が25.2%と、家計にとって致命的ではないものの、カードローンの返済は決して小さくない影響を与えていることがわかりました。

そこで月々の支払いを無くすために、一括での返済を検討する方もいますよね。次に、カードローンを一括返済するメリットを見ていきましょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

カードローンを一括返済する3つのメリット

カードローンを一括返済するメリット

まずは、カードローンを一括返済するメリットを確認していきましょう。カードローンを一括返済する主なメリットは3つです。

  1. 借金の返済総額を減らせる
  2. 自由に借入できる
  3. 金融機関の審査に通りやすくなると考えられる

各メリットを解説していますので、ぜひ目を通してみてください。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

1借金の返済総額を減らせる

一括返済1つめのメリットは、借金の返済総額を減らせることです。一括返済すると、最終的に支払う利息が少なくて済みます。

その理由は?

利息には、借入期間が長くなるほど高額になる特性があるからです。

カードローンで発生する利息は借入期間の長さに比例します。実際の例を用いて確認してみましょう。

● 一括返済時のカードローン利息計算方法

まず利息の計算式は以下の通りです。

利息の求め方
利息=実質年率×借入残高÷365(うるう年は366)×借入日数

例えば、10万円(金利18%)を借り入れた場合。借入日数別の利息は以下のように計算できます。

30日で返済 0.18×100,000÷365×30≒1,479円
300日で返済 0.18×100,000÷365×300≒14,794円 

上記例の場合、10万円を30日で返済した場合の1,479円です。一方、300日で返済すると、同じ10万円でも利息は14,794円。10倍にまで膨れ上がります。

このように、借入金額・金利が全く同じでも、借入日数が長期化するほど高額な利息が発生します。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

一括返済すると、返済期間が短縮。利息の一部を支払わずに済むため、借金の返済総額を減らせます。

2自由に借入できる

一括返済2つめのメリットは、自由に借入できることです。一括返済すると、カードローンの利用可能枠が最大まで回復します。

例えば、利用限度額100万円のカードローンで一括返済すれば、100万円までいつでも引き出しできるようになります。

よくある間違いが「一括返済=カードローンの解約」と考えることです。

 しかし、実際には「一括返済=カードローンの解約」ではありません。

カードローンを解約するには、一括返済した後に更に手続きが必要です。今あるカードローンは、一括返済後も利用可能。一括返済後は、利用限度額の範囲内で自由にお金の借入が可能です。

お金が急に必要になった際、限度額いっぱいまで余裕を持って使えることも、一括返済のメリットです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

3金融機関の審査に通りやすくなると考えられる

3つめのメリットは、金融機関の審査に通りやすくなると考えられることです。一括返済すると、一括返済した履歴が残ります。

 お金の取引に関する情報は、個人信用情報機関が管理。各金融機関は、カードローンの審査をする際、必ず信用情報機関に登録されている情報を確認するといわれています。

カードローンの一括返済履歴は信用度UPに繋がることが予測できる情報です。そのため、新たにカードローンを申し込み際、審査に通りやすくなると考えられます。

また、今使っているカードローンの増枠もしやすくなると予想できます。

金融機関の審査に通りやすくなると考えられることは、長期的にみて非常に大きなメリットになり得るといっていいでしょう。

カードローンを一括返済するデメリット

カードローンを一括返済するデメリット

次に、カードローンを一括返済するデメリットを解説していきます。カードローンの一括返済はメリットばかりだけではありません。デメリットを理解しておくことで、本当に一括返済すべきか判断できます。

カードローンを一括返済する主なデメリットは以下2つです。

1生活に余裕がなくなる

一括返済1つめのデメリットは、生活に余裕がなくなる可能性があることです。

一括返済には、まとまったお金が必要不可欠です。毎月少額ずつ返済していたお金を一気に返済するので、家計への負担は避けられないでしょう。

特に、当サイト独自のアンケート調査によれば、カードローンで借りたお金の使い道は、以下のように「生活費の補填」が32.4%と最も多くなっています。

これはつまり、多くの方は日々の生活にゆとりがないから、カードローンを利用しているということ一括返済をして、一気に手持ち資金がなくなることで、経済的余裕がなくなることが考えられます。

アンケート回答の内訳
借入金の使い道 割合
生活費補填 32.4%
娯楽費・旅行費 15.3%
他社への返済や
クレジットカードの支払い
10.8%
ショッピング 9.0%
冠婚葬祭費 6.3%
医療費 3.6%
投資・ギャンブル 1.8%
覚えていない 9.9%
その他 10.8%

独自アンケート調査の詳細はこちら

例えば、残り50万円を一括返済する場合、手元から50万円がなくなります。

一方、通常通りの返済であれば、毎月1万5千円程度の支払いで問題ありません。そのため、一括返済するタイミングや貯金にもよりますが、一括返済後は生活に余裕がなくなる可能性があります。

できれば、前もって一括返済後の生活をイメージしておくのがおすすめです。一括返済しても十分な資金がある場合のみ、利用しましょう。

2急な出費に対応できない

一括返済2つめのデメリットは、急な出費に対応できないことです。一括返済後は預金残高が一気に減少します。手元にお金がなく、結婚式や病気・ケガなど、予定外の出費に対応できないケースも考えられます。

 対策としては、一括返済してもカードローンを解約しないことです。

一括返済後、生活が安定するまではカードローンを保有しておくのがおすすめです。

一括返済しても解約しない限り、カードローンを使っていつでも借り入れできます。カードローンを手元に残しておけば、もし一時的にお金が足りない場合も対応可能です。

一括返済しても生活に困らない資金がある場合を除き、カードローンを手元に残しておいた方が、その後の生活は安心できます。

一括返済とカードローンの解約は、全く別で考えましょう。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

カードローンの一括返済には手数料がかかる?

カードローン一括返済のメリットとして、利息を減らすことができるため返済総額を減らすことが可能な点を挙げました。もちろん、一括返済をすることによって約定返済よりも支払利息の総額を減らすことが可能です。

ただ、一括返済時に手数料がかかってしまった場合、せっかく支払い利息を減らすことができても無駄な出費が増えてしまいます。そのため、できるだけ一括返済をする際には手数料がかからない返済方法を選ぶことが大切です。

下記に手数料無料で一括返済できる方法をまとめたので参考にしてみてください!

 

手数料無料でカードローンを一括返済できる方法まとめ
プロミス ・インターネット返済
・コンビニマルチメディア端末
・店頭窓口
・プロミスATM
アコム ・インターネット返済
・アコムATM
・店頭窓口
バンクイック ・三菱UFJダイレクト振込
・コンビニATM手数料
SMBCモビット ・インターネット返済
・三井住友銀行ATM
・ファミポート
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

金融機関別!カードローンの一括返済のやり方

一括返済のやり方とは

カードローンの一括返済を検討している方の中には「一括返済の方法が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、一括返済の仕方を紹介します。カードローンの一括返済は、たったの3ステップで完了します。ぜひ参考にしてみてください。

1利息を計算し完済金額を確認する

一括返済するには、まず完済金額を確認しましょう。カードローンの利息は毎日増え続けるため、返済予定日の利息を計算し完済金額を確認することが重要です。

完済金額の確認方法はカードローン会社によって異なりますが、先ほど紹介したようなカードローン会社では自分で利息を計算しなくても完済方法を確認できるようになっています。

基本的には電話やインターネットのどちらかで完済金額を確認できるケースがほとんどです。カードローンを利用している金融機関の会員ページからの確認や窓口への電話で完済金額を調べてみてください。

以下は先ほど紹介したカードローン会社の完済金額確認方法です!
カードローン 確認方法
プロミス プロミスインターネット会員サービス
・プロミスコール(9:00~21:00
アコム ・インターネット上のマイページで確認
・フリーコールまで電話
・アコムATMや提携ATM
・自動契約機(むじんくん)
・店頭窓口
バンクイック 会員ページのご利用残高照会メニューでご確認
第二リテールアカウント支店専用ダイヤルに発信
SMBCモビット ・会員専用ページの「返済シミレーション」で確認

上記のような大手の消費者金融では、完済金額の確認方法も多岐に渡ります。自分にあった方法で返済予定日の返済額を確認してみましょう。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2一括返済の方法を確認する

一括返済の方法を確認する

次に、一括返済の方法を確認します。カードローンを一括返済するには、主に以下のような方法があります。

  • 銀行振込
  • 提携先ATM
  • 店舗
  • インターネット返済

その中でも特に、インターネットバンキングを使ったインターネット支払いがおすすめです。インターネット支払いを使った一括返済は多くのカードローン会社で手数料がかかりません。

また、それぞれのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

返済方法 メリット・デメリット
銀行振込 銀行の営業日に左右される
振込手数料がかかることが多い
営業時間が限定されている
提携先ATM 地方などの場合自宅の近くにないと不便
振込手数料がかかることが多い
営業時間が限定されている
店舗 ◎振込手数料はかからない
◎端数までしっかりと支払える
◎手厚いサポートを受けることができる
自宅から遠いと交通費がかさむ
店舗数が少ない
インターネット
返済
◎手数料が無料の場合がほとんど
◎自宅からでも返済可能
◎端数までしっかりと支払える
インターネット支店の口座開設が必要

一括返済の方法も金融機関によって異なるので、事前の確認が必要です。各カードローン会社の公式HPから確認しましょう。

ATMなどで支払いを行った時に出る端数の扱い方法についても各会社ごとに異なるため、合わせてチェックしてみましょう!
※ATMの返済時に出る1,000円未満の返済額のこと
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

3金額を返済する

完済金額と返済方法が分かれば、あとは金額を入金するだけです。

 金額を返済する際、注意したいのが手数料です。一括返済の方法によっては、振り込み手数料が発生する場合があります。

同じ金融機関のカードローンでも、一括返済の方法によって手数料の有無が異なります。

  • 手数料が無料or有料か
  • 手数料が有料の場合、いくら必要か

一括返済する際は、上記2点を必ず確認しましょう。できれば手数料無料の返済方法を選ぶのがおすすめです。

一括返済がキツいなら繰り上げ返済がおすすめ!

繰り上げ返済もおすすめ

借金の返済総額を減らせたり、金融機関の審査に通りやすくなったりと、メリットが多い「一括返済」。

しかし、一括返済すると手元のお金が一気に減少します。そのため「少しでも早く完済したいけど、一括返済は厳しい」という方も多いでしょう。

そんな一括返済がキツイ方におすすめの返済方法が繰上げ返済です。

繰上げ返済とは

毎月の返済額と別に+αで返済すること

繰上げ返済は返済額よりも一部多く返済するため、一括返済ほどではないものの以下のようなメリットがあります。

  1. 利息を減らせる
  2. 早期完済できる

ここでは、繰上げ返済2つのメリットを解説していますので、ぜひ確認してみてください。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

1利息を減らせる

利息を減らせる

繰上げ返済1つめのメリットは、利息を減らせることです。繰上げ返済で、支払ったお金は全て元金に充当されます。

元金とは
利息を除いた借入額のことです。

例えば、カードローンで30万円借り入れした場合、30万円が元金に該当します。

通常の返済では、返済額の中に利息が含まれています。毎月きちんと返済していても、その多くが利息に消えているケースも珍しくありません。

カードローンで50万円借りている場合

毎月返済額 1万5千円(元金充当分8千円:利息7千円
返済後借金 49万2千円 

上の例では、毎月1万5千円返済していますが、元金に充当されるのは8千円のみです。大半が利息の支払いに充てられており、実際にはほとんど借金が減っていないことが分かります。

このように毎月少額ずつの返済は、元金が減りづらいのが特徴です。借り入れ期間が長期化しやすく、支払う利息も高額になります。

一方、繰上げ返済であれば利息には返済額は充当されません。繰上げ返済した金額だけ、確実に借金を減らせます。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

例、カードローン50万円借りている場合(繰上げ返済すると)

繰上げ返済 1万5千円(元金充当分1万5千円:利息0円
返済後借金 48万5千円

カードローンは、繰上げ返済するほど、支払う利息が削減できます。

ボーナス月や生活費に余裕がある月は、繰上げ返済のチャンスです。積極的に繰上げ返済を活用して、借金の返済総額を減らしましょう。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

早期完済できる

繰上げ返済2つめのメリットは、早期完済できることです。ここまで紹介した通り、繰上げ返済では、返済額すべてが元金に充当されます。

 月々の返済で搾取される利息には充当されません。支払った額だけ確実に借金を減らせます。

そのため繰上げ返済するほど、借金の早期完済が可能です。

月数千円程度、繰り上げ返済するだけでも完済までの期間は十分短くなるでしょう。今あるカードローンを少しでも早く完済したいという方は、意識的に繰り上げ返済してみてください。

\借金がいくら減らせるか60秒で診断/
借金減額シミュレーター
(無料)

繰り上げ返済の方法と注意点

繰り上げ返済の注意点

繰り上げ返済のメリットを取り上げましたが、こちらもメリットばかりではありません。繰り上げ返済を行う際の方法と注意点もきちんと把握しておきましょう。

繰り上げ返済の方法

繰上げ返済は、銀行振り込みやコンビニATMへの入金が一般的です。

 申し込み書類など、前もった手続きは一切必要ありません。毎月の返済額+αで入金すれば、繰上げ返済としてカウントされます。

また、繰上げ返済のタイミングも自由です。基本的には、自分が好きなタイミングでいつでも返済できます。ただし具体的な方法は、カードローン会社によって異なるので、事前に確認してみてください。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

繰上げ返済の注意点

繰上げ返済する際の注意点は、繰上げ返済しても毎月の返済は無くなるとは限らないことです。

繰上げ返済は、毎月の返済とは全く異なるものとして処理されます。今月多く支払ったからといって、次回の返済が無くなるわけではありません。

例、毎月27日に1万5千円返済している場合

日付 返済額
5月20日 3万円
5月27日 1万5千円
6月27日 1万5千円

上記例では、5月20日に3万円を繰上げ返済しています。

臨時で3万円返済しても、借入残高が0の場合を除き、毎月27日は通常通り1万5千円の引き落としです。

 「繰上げ返済=規定日より早く返済すること」ではありません。

あくまで繰上げ返済は、毎月の支払い額に+αで返済することです。

繰上げ返済を利用する際は、毎月の返済額も計算に入れたうえで、有効活用しましょう。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

カードローンの一括返済はリボ払い脱出にもおすすめ

一括返済はリボ払いにもおすすめ

カードローンの一括返済は、カードローンのリボルビング払い(リボ払い)を抜け出すのにもおすすめです。

リボルビング払い(リボ払い)とは?
リボルビング払い(リボ払い)とは、カードローンで借り入れたお金を、毎月、一定金額にして返済していく方法のことです。
例えば、カードローンで30万円を借り入れたとした場合、リボ払いで毎月1万円ずつ返済していくといったイメージです。リボ払いは自分で、返済していく金額を決められることもあり、一見便利に感じるかもしれません。
しかし、高い利息がついてしまうことに注意が必要です。

リボ払いにつく利息は、年利15%以上に設定されるのが一般的です。
そのため、30万円を借りてリボ払いで返済する場合は、1年間に利息として4〜5万円を支払う必要があります。さらに、リボ払いの1度の支払いには、利息が多く含まれているので、なかなか元本が減らず、長く利息と向き合わなければなりません。
そこでリボ払いを解消するために、一括払いを活用するのがおすすめです。一括払いにすれば、以降の利息をなくして、返済を終わらせることができますよ。

カードローン一括返済のタイミングと借金返済のコツ

一括返済のタイミングと借金返済のコツ

カードローンには様々な返済方法があることがわかりました。その中で、「高い利息は支払い続けたくないが、今後が不安」という方も多いと思います。

そこで、一括返済が向いている人とそうではない人の特徴をまとめました。

以下を参考に今後の返済プランを立ててみましょう。

一括返済が向いている人の特徴

一括返済が向いている人の特徴は以下の通りです。

    • 一括返済をしても今後の生活に支障をきたさないくらいの貯金がある方
    • 毎月の家計に余裕がある方
    • 直近に大金を使うようなライフイベントがない方

    上記の特徴が当てはまる方は、一括返済がおすすめです。また、現在利用中のカードローンの金利が高くて悩んでいる方は、カードローンの借り換えおまとめローンの利用もおすすめです。

    \借金がいくら減らせるか60秒で診断/
    借金減額シミュレーター
    (無料)

    一括返済が向いていない方

    逆にカードローンの一括返済が向いていない方の特徴は以下の通りです。

      • 一括返済をすると貯金残高が少なくなり生活に支障をきたしてしまう可能性がある方
      • 家計に余裕がない方
      • 家計や貯金には余裕があるものの、直近に大金が必要なライフイベントを控えている方

      上記のような特徴の方はカードローンを一括返済せずに繰り上げ返済や約定返済で返済していくことがおすすめです。

      貯金のほとんどを使って無理をして一括返済をしても、再びカードローンを使う羽目になってしまいます。

      ただ、返済期間が長くなってしまうとどんどん支払利息が増えてしまうため、貯金に余裕が出てきたタイミングで一括返済を再び検討するとよいでしょう。

      カードローンの一括返済に関するよくある質問

      カードローンの一括返済とはなんですか?
      カードローンで借りているお金を全額まとめて返済する返済方法のことです。一括返済以外に繰上げ返済が用意されているカードローン会社も多くあります。
      カードローンは一括返済をするべきですか?
      カードローンの一括返済をするべきかどうかは、貯金額やライフイベントによっても変わってくるためどちらの方が良いと言い切ることはできません。ただし、一括返済をすると支払総額を減らすことができるため資金に余裕がある場合には一括返済がおすすめです。
      カードローンで一括返済するメリットは?

      次の3点のようなメリットがあります。

      • 借金の返済総額を減らせる
      • 自由に借入できる
      • 金融機関の審査に通りやすくなると考えられる

      一括返済のメリット詳細はこちら

      カードローンを一括返済するデメリットは?
      カードローンを一括返済するデメリットは次の通りです。
      • 生活に余裕がなくなる
      • 急な出費に対応できない

      一括返済のデメリット詳細はこちら

      カードローンの一括返済には手数料がかかりますか?
      カードローンの一括返済は各会社ごとに様々な方法が用意されており、手数料がかかるかどうかはそれぞれ異なります。記事内ではそれぞれのカードローン会社の手数料無料方法も紹介しているため参考にしてみてください。
      カードローンで一括返済する方法は?

      カードローンの一括返済方法は各金融機関によっても異なります。ただ大まかな流れは次の通りです。

      1. 利息を計算し完済金額を確認する
      2. 一括返済の方法を確認する
      3. 金額を返済する

      カードローンの一括返済の方法はこちら

      一括返済で完済できたらカードローンは解約されるのですか?
      カードローンの借入額を全て完済したとしても、解約したことにはなりません。解約したい場合には別途お手続きが必要になるため注意しましょう。
      一括返済できるカードローンの中でおすすめの会社はどこですか?
      カードローンが一括返済できる中でおすすめの会社はプロミスです。プロミスのおすすめポイントとして次の6点が挙げられます。
      • 来店不要で申込みから返済まで完結
      • 郵送物ナシで契約できるため周囲にバレづらい
      • 最短30分審査・最短30分融資
      • 上限金利が17.8%と低金利
      • 土日祝日でも24時間振り込みOK
      • インターネット返済ならいつでも返済可能◎振込手数料も無料

      さらに、初回利用の方には無利息期間も用意されているため気になる方はチェックしましょう。

      プロミスの詳細はこちら

      まとめ

      ここまで、カードローンの一括返済についてまとめてきました。

      カードローンの一括返済の主なメリットは、以下の3つです。

      一括返済の主なメリット
      1. 借金の返済総額を減らせる
      2. 自由に借入できる
      3. 金融機関の審査に通りやすくなると考えられる

      カードローンを少しでもお得に利用するなら、一括返済がおすすめです。一括返済すれば、カードローンの返済総額を大幅に減らすことができます。

      ただ、デメリットとして一括返済をすると生活に余裕がなくなってしまったり、急な出費に対応できなくなってしまうことがあげらえれます。

      一括返済が厳しい方は、繰上げ返済を検討しましょう。繰上げ返済をすれば一括返済までいかずとも、確実に支払う利息を少なくできます。

      ぜひこの記事を参考に、一括返済や繰上げ返済を活用し、カードローンをお得に利用してみて下さいね。

      \24時間・土日も振込可能/
      プロミス申し込みはこちら
      Webで完結可能

      関連記事

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事