審査が甘い、通りやすいカードローンはある?重視される3つのポイント
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

カードローンは、急遽お金が必要となった際でもすぐに借り入れができ便利です。しかしながら、カードローンの借入を検討している人の中には、審査について不安がある人も多いでしょう。

せっかく申し込みをしても、審査に落ちてしまっては融資の借入をすることができません。

そこでこの記事ではカードローン審査のポイントスムーズに通過するコツ、さらに審査に甘い、通りやすいカードローンは存在するのかなどを解説します。

カードローン審査に申し込む際の注意点や、審査に落ちる人の特徴についても紹介しているので、申し込む前にぜひ参考にしてみてください。

審査が甘い・通りやすいカードローンはある?

お金の束

カードローンの審査に不安がある人の中には、なるべく審査が甘いカードローンを選びたい、審査に通りやすいカードローンはないのか探している人も多いでしょう。

結論からいうと、審査の甘いカードローンや、審査に通りやすいカードローンというのは存在しません。カードローンの審査というのは、法律で定められている一定の基準に基づき審査が行われているので、最低限の審査基準は担保されています。

 カードローンの利用可能額は「総量規制」という法律によって、借り手の年収の3分の1以内に制限されています。

カードローンの審査は、借り手が滞りなく返済することができるのかを判断するものです。貸し付けた資金が順当に返済されないと、ローン会社は負債を抱えることになってしまいます。

返済能力のない借り手へのローン貸付はカードローン業者にとっては負債を背負うリスクになってしまうのです。負債のリスクを背負わないためにも、多くのカードローンで一定の審査基準が設けられています。

ネットで調べていると「無審査」「審査不要」などを売りにしているカードローン業者を見かけることがあるかもしれません。そういった業者は法律の規定に違反して運営を行なっている可能性が高く、利用は避けた方がいいでしょう。

審査を行っておらず貸付の限度額の規定を守っていないということは、その他のカードローンに関する規定も違反している可能性が高いです。

監修者
高額な金利を請求されたり、不当な支払いを求められるといったトラブルを招きかねません。
\おすすめにジャンプ/

カードローンの審査ポイント

ローンを借り入れる人

カードローンの審査ポイント
  • 信用情報(過去の利用歴・現在のローン借り入れ状況)
  • 年収に対するローンの利用状況
  • 利用者本人の属性

1信用情報(過去の利用歴・現在のローン借り入れ状況)

カードローンの審査の重要なポイントの一つとして挙げられるのが、信用情報です。信用情報を利用すれば、過去のクレジットカードやカードローンの利用歴、現在の借り入れ状況などを確認することができます。

過去に遅延を起こしたことがないか、現在何社からローンの借り入れを行っているかなどの情報をもとに、利用者の返済能力が判断されるでしょう。

 信用情報は、信用機関によって記録されており誰でも照会することができます。

他社からの借入額や利用状況については、申し込みの際に自己申告を求められる場合も多いでしょう。例え、そこで偽りの申告をしたとしても信用情報を参照すれば、虚偽の申請であることは一目瞭然です。

トラブルの元になりかねないので偽りの情報を届け出ることはやめましょう。

返済遅延を起こしたことのある人や、現在複数社からローンの借り入れを行っている人などは注意が必要です。

2年収に対するローンの利用状況

カードローンの利用限度額は、利用者の年収の3分の1を超えない範囲というように「総量規制」という法律によって規定されています。複数社から借入がある場合には、その総額が年収の3分の1以下である必要があるので注意が必要です。

年収の3分の1以上の利用額でローンの申し込みをしている場合や、安定した収入を得ていないという場合には、審査に通るのが難しい可能性が高いでしょう。

監修者
総量規制は、消費者金融のような貸金業者を対象にした法律です。
\おすすめにジャンプ/

3利用者本人の属性

お金を抱える人

利用者本人の属性とは、年収や勤続年数、勤め先、住まいが持ち家か賃貸かなどを指します。属性により、利用者の社会的ステータスに関して評価がされ、信用できる相手かどうかという点が判断されます。

審査の基準は、カードローンを提供する業者によって異なるので一概にはいえません。しかし一般的には、アルバイトよりは正社員の方が、勤続年数が短いよりは長い方が、賃貸に住んでいるよりは持ち家の方がといった形で信用性が高いでしょう。

 申し込み時に希望する利用限度額によっても審査基準が異なる可能性は高いです。

年収を得ていない主婦(夫)や、アルバイトやパートの年収しかないという人は、年収が少ない人向けのカードローンのプランを打ち出している貸金業者を選ぶというのも1つの方法。

50万円以下の借入であればアルバイトやパートでも借り入れを認めていたり、配偶者の同意があれば無職の専業主婦(夫)でもローンの申し込みが可能なサービスもあります。

カードローンの審査の流れ

1カードローンの申し込み

利用するカードローンサービスが決まったら、まずは申し込みを行います。カードローンの申し込みは、電話やWEBの申し込みフォームで受け付けているのが一般的です。

業者によっては、店舗の窓口や、店舗の契約機(無人)などで申し込める場合もあります。最近は、WEB申し込みしか受け付けていないというカードローンサービスもあるので、窓口で申し込みたい場合は利用前に確認しておくと安心です。

 インターネットからの申し込みであれば、24時間365日、いつでも受け付けているサービスも増えています。

カードローン業者の休業日の前や、連休前の時期は、審査が混み合ってしまい申し込み手続きに時間がかかることがあるでしょう。スムーズに手続きを進めたい場合は、申し込みのタイミングに注意が必要です。

\おすすめにジャンプ/

2必須書類の提出

申し込みをする人

申し込みに必要な情報を申告したら、必須書類を提出しましょう。

カードローンの審査に必要な主な必須書類
  • 本人確認書類
  • 金融機関の通帳やキャッシュカード
  • 年収証明(場合によって)

本人確認書類として、運転免許証・パスポート・健康保険証・住民票などの提出が必要になります。ネットからの申し込みであれば、公式サイトやアプリから本人確認書類の提出ができるサービスが増えています。

一般的に、50万円を超える借り入れを希望する場合、または他社からの借入額と希望額の合計が50万円を超える場合は年収証明書の提出を求められる可能性が高いです。

源泉徴収書や、給与支払い明細、確定申告書を用意しておきましょう。

3審査&審査結果の通知

必要書類を全て提出したら、審査結果を待ちます。審査の際に、勤務先への在籍確認などの電話がある場合や、申し込み内容に関しても確認の電話がある場合もあるので、知らない電話番号からの連絡にも対応しましょう

電話に出なかったり、連絡が取れないと判断されてしまうと、審査落ちの原因になってしまいます。勤務先への電話確認は本人が対応する必要はありませんが、電話番号に間違いがないことや、本人が在籍していることが確認できる必要があります。

 勤務先への在籍確認では、ローン会社からの連絡であることは伝えられないのが一般的です。

審査結果は、早いサービスで最短30分程度で電話やメールで通知がされるでしょう。長くても一週間程度で審査結果が出ることが多いです。

即日の借入を希望している人や、なるべく早く利用を始めたいという人は、申し込み前に審査時間について確認しておくといいでしょう。各カードローンサービスの公式ホームページに記載されているのが一般的です。

\おすすめにジャンプ/

4カード発行&受け取り

ローンカード

審査に通過するとローンカードが発行されます。即日融資が可能な場合は、窓口や無人契約機で発行後すぐに受け取りが可能です。郵送で受け取りの場合は、簡易書留で自宅に送付されるのが一般的となります。

最近は、カードがなくてもローンの借り入れが可能なサービスも増えています。また、スマートフォンアプリなどを利用して表示したQRコードをATMで照会すると、融資の引き出しが可能といったサービスも。

さらに、ネットバンキングを利用した借り入れ方法などを利用すればローンカードが届く前でも借り入れができるというサービスも増えています。

監修者
すぐにお金が必要な時も、手軽に借り入れがしやすいサービスが多くあります。

カードローンの審査に通るためのコツ・注意点

他社から借りているローンがあれば一旦完済する

カードローン審査に落ちてしまう原因の一つとして、既に他社からのローン借入をしているというポイントがあります。

貸金業者は、滞りなく返済をしてくれる借り手への貸し出しをしたいと考えるのが一般的です。返済が終わっていないのにも関わらず新たにローンの借り入れをしようとしている事実は、審査の際の懸念材料になりかねません。

 ローン申し込み時の審査では、借り手に返済能力があるかどうかを判断されます。

他社で既にお金を借り入れているのに、更にお金を借りたいということは、現在借り入れているローンの返済が滞っているのではないか、または、更にお金が必要な状況なのではないかと判断される可能性があります。

新しいローン会社からの借入に申し込む場合には、現在借り入れているローンを一旦完済した方が審査にはスムーズに通過できる可能性が高いでしょう。

\おすすめにジャンプ/

複数社で借入がある場合はローンを一元化する

お金を貯める人

新規でローンの借り入れに申し込む際、既に2社以上からの借入がある場合は、審査に通りにくくなってしまう可能性があります。既に借り入れているローンの返済がされていないというのは、審査の際にいいイメージを与えません。

一般的には2社以上からの借り入れをしていると審査に影響があるといわれています。もし、複数社からの借入があるという場合、1つのローン会社に借入先をまとめるという方法も。

 「おまとめローン」などといった、複数社からのローンを一社でまとめられるサービスを提供している貸金業者もあります。

ローンの審査では、返済能力があることを証明するのがポイントです。複数社からの借入があるというのは、返済が滞っているのではないかと判断されてしまう可能性があるので十分に注意が必要です。

おまとめローンなら、複数社で借入がある場合でも審査に通る可能性があるほか、借入をまとめることで利息が抑えられる場合もあります。

信用情報をクリアにする

カードローンの審査で確認される可能性が高い項目として挙げられるのが「信用情報」です。「信用情報」とは、信用情報機関によって記録されているクレジットヒストリーです。

信用情報で確認できること
  • クレジットカードの利用歴
  • クレジットカードの返済歴
  • ローンの申し込み状況
  • ローンの借り入れ状況
  • ローンの返済歴

「信用情報」を確認すれば、利用者が過去に利用したクレジットカードやローンで返済遅延を起こしていないか、更には、現在何社からローンの借り入れを行っているかなどを確認することができます。

ローン審査の際に信用情報が参照され、懸念点があると審査に影響が出る可能性があるでしょう。信用情報をクリアにするためには、利用中のサービスで返済遅延や支払いの滞納を起こさないようにするのが一番です。

もし、過去に返済遅延を起こしてしまったことがあるという場合は、信用情報上の記録が削除されるタイミングを待ってローンへの申し込みをするというのも1つの手段といえるでしょう。

監修者
ローン会社から信用を得るためにはとても大切な情報といえます。
\おすすめにジャンプ/

審査なしのカードローンには注意

カードローンの審査に不安がある人の中には、審査のないカードローンを利用したいと考える人もいるでしょう。しかし、審査なしで借入ができるカードローンには注意が必要です。

カードローン借入の際に審査の必要がある理由は、借り手が滞りなく返済することができるかというのを判断するためです。借り手が返済を行わなければ、その分貸金業者が負債を負うことになります。

 カードローン審査は、貸金業者自身がリスクを回避するために行います。

無審査ということは、カードローンの貸金業者もその分リスクを背負う可能性があるということです。それでも、無審査で貸付をしている業者には裏があると思っていいでしょう。

さらに、カードローンなどで貸付を行うことができる金額は法的に制限されています。審査を行っていないということは、法の範囲内での運営が行われていないということが推測されるでしょう。

上限金額に関する方を守っていないということは、金利を抑制するための法律なども守っていない可能性が高いです。

カードローンの審査に落ちた!落ちる人の特徴

カードが入ったお財布

カードローン審査に落ちる人の特徴
  • 複数のカードローンに同時に申し込んだ人
  • 既に複数者でローンの借り入れがある人
  • 信用情報に傷がある人
  • 収入の3分の1を超える額の利用を希望している人
  • 安定した収入を得ていない人

既に他社でカードローンの借り入れがある人や、同時期に複数のカードローンへの申し込みを行った人は、審査に落ちやすい傾向があります。

複数のローンを利用しているということは、相当お金に困っていて返済がままならないのではないかという印象をローン業者に与えかねません。基本的にはローンの借入先は最低限に抑えた方がいいでしょう。

 「おまとめローン」などを利用すれば、借入先をまとめることもできます。

さらに、信用情報に傷がある人、過去にカードローンやクレジットカードの返済遅延を起こした経験がある人は注意が必要です。ローン業者は信用できない利用者には貸付をしたくないと考えるでしょう。

安定した年収を得ていることや、年収と借り入れ希望額の比率も、審査では重要なポイントの一つです。

監修者
年収の3分の1を超える利用額を希望している人や、既に他社での借入がこの割合を超えている場合、審査に通るのが難しくなります。

厳選!おすすめカードローン会社

ここからは、各カードローンの金利や融資スピード・実際の利用者の口コミを比較した結果、当サイトが特におすすめするカードローンを紹介します。中でもおすすめなのは、次の4社です。

おすすめカードローン会社4選

総合的におすすめなカードローン3選

いずれも融資スピードが比較的早く、金利の低さや無利息サービスなどおすすめできる特徴があります。ぜひ自分に合ったカードローン選びの参考にしてみてくださいね。

1プロミス

プロミス

プロミスの特徴
  • カードレスでWeb完結が可能
  • 最短30分審査・最短30分融資

業界最大手のプロミスではプロミスをはじめてご利用の方に対して最大30日間無利息※1で、最短30分の審査※2から申し込みが完了します。審査の通過率も比較的高いといえ、約2人に1人が新規で成約しています。

プロミスの自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機からカードの発行をすることもできます。

また、カードレスのWeb完結型で、申し込みから返済までをプロミスの公式アプリで手軽に済ますことができます。

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査期間 最短30分※1
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

プロミス 公式サイト

※1※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

2アコム

アコム

アコムの特徴
  • 最短30分の審査&最短即日振り込み
  • 最大30日間金利0円サービス
  • 全国5万台以上※1の自社・提携ATM

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査から最短即日振り込みが可能です。

CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も約50%と高いようです。アコムマンスリーレポート参照

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。
アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!

審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機のむじんくん※2からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。

また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。

金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短即日可能
WEB完結 可能
※3
学生の利用 可能※4
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
担保・保証人 不要
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

アコム 公式サイト

※1) 2020年3月時点。提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

※2) 2020年3月時点

※3) 在籍確認が行われる場合があります。

※4) 20歳以上で本人に安定した収入がある方

3三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック

バンクイックの特徴
  • 電話・インターネットの申込に対応
  • キャッシングの提携ATM手数料完全無料
  • 毎月1000円からの返済が可能※1
  • 申し込みに三菱UFJ銀行の口座不要

三菱UFJ銀行の銀行系カードローンが「バンクイック」です。

銀行口座をお持ちの方はキャッシュカードから簡単に申し込みまでのWeb完結が可能。もちろん、口座をお持ちでない方も電話・ネットでのお申し込みができます。

\銀行金利のカードローン/
 キャッシングには全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットの提携ATMが手数料完全無料で利用できます。
銀行カードローンらしい金利で20代後半~50代後半の幅広い年齢層に人気ですが、審査は厳しめと予想されますので、自信がない方はプロミス・アコムなど消費者金融カードローンがおすすめです。
金利(実質年率) 1.8~14.6%
限度額 10~500万円
審査期間 最短翌営業日※2
融資スピード 最短翌営業日※3
WEB完結 お申し込みまでは可能
パート・アルバイト 申し込み可能
\銀行金利のカードローン/

三菱UFJ銀行 公式サイト

※1 お借入利率(金利)によって返済額が異なります。

※2現住所記載の運転免許証を提出し、審査受付時間内(できるだけ午前中)の申込でテレビ窓口から審査回答後(申し込みから最短翌営業日)にカード受取可能。

※3テレビ窓口でのカード受取、または三菱UFJ銀行の口座への融資には本人確認書類には現住所記載の運転免許証が必要になります。

※3 50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。

4SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • Web完結で面倒な電話連絡不要
  • SMBCグループ
  • カードレスで最短即日融資可能

SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループですが、

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
上記いずれかの口座を開設していれば、保険証、本人確認書類と収入証明書類の提出※1でWeb完結申し込みを済ませることができます。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能
このWeb完結申し込みを利用すると、勤務先への電話連絡を省略することができるのはSMBCモビットの大きなメリットです!

ただし、SMBCモビットでは、他社でよくある無利息期間が無いことには注意が必要です。

金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査期間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日可能※2
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

SMBCモビット 公式サイト

※1 SMBCモビット「モビットカードのお申込」

※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

まとめ

この記事では、審査が甘い・通りやすいカードローンはあるのか、また、カードローン審査にスムーズに通過するためのポイントなど、カードローンの審査に関することを紹介しました。

カードローンサービスの提供会社が何を基準に審査をしているのかを知ることで、審査に申し込む前に審査落ちに対しての対策をすることもできるでしょう。

この記事では、カードローンの審査に落ちる人の特徴や、カードローンの審査に通るためのコツや注意点についても紹介しています。しっかりと確認して、審査対策に役立ててみてください。

なるべく懸念点のない状態で審査に申し込むと安心です。
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事