カードローンとキャッシングの違い|どっちが低金利?審査の早さは?

学費や養育費など急な出費があったり、どうしても手持ちの現金でやりくりできないとき、誰もが一度はカードローンやキャッシングの利用を考えたことがあると思います。

本記事では、そんなときに便利なカードローンとキャッシングの仕組みや違いについて、それぞれ比較しながら説明していきます。

少しでもお得に低金利で融資を受ける方法やおすすめのカードローンも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

\最大180日間利息0円/

キャッシングとは

そもそもキャッシングとは何ですか?
ATMなどを利用してキャッシュ(現金)を引き出せる融資サービス全般のことです。

しかし、一般的には「キャッシング」といえばクレジットカードを用いたものを指すことが多く、この記事でもカードローン」と「(クレジットカードの)キャッシング」の違いについて紹介しています。

キャッシングはクレジットカードに付帯する機能の一つなので、原則クレジットカードをお持ちの方であれば誰でも、特別な手続きなどをせずに利用することができます。

カードローンとキャッシングの違い

  • 金利と借入の限度額
  • 審査と融資に必要な時間
  • 年会費・入会金・ATM手数料の有無

以上3点がカードローンとキャッシングの大きな違いです。

金利や限度額は借入をする上でも特に重要なポイントなので、一度整理しておくと無駄な利息を支払わずに済みます。

「カードローンとキャッシングのどちらを利用すべきか?」お悩みの方であれば、

借入したい金額返済時の金利、また審査と融資にかかる時間を基準に、状況に応じて最適なサービスをご利用できるよう、この記事をぜひ参考にしてください。

キャッシングを利用する流れ

先述の通り、ここで紹介するキャッシングはクレジットカードのキャッシング機能のことです。

クレジットカードでは、カード申し込みの際に「キャッシング枠」、つまりキャッシングの限度額が設定されています。

この金額の範囲内であれば、提携しているATMからいつでもクレジットカードを利用して借入することができます

キャッシングを利用する流れをまずは簡単に紹介します。

一般的には以下の手順でクレジットカードを発行しキャッシングを利用できるようになりますが、すでにカードをお持ちの方は、キャッシング枠を設定していればいつでもキャッシングを利用することができます

  1. 申し込み
    クレジットカードの申込書やパソコン・スマホからカードローン利用の申し込みができます。
  2. 審査
    身分証明書(必要な場合は収入証明書)を提出し、2〜4週間ほどで審査を終えることができます。
  3. 契約
    審査通過後、郵送でクレジットカードが自宅に届きます。
  4. 借入
    カード発行後提携ATMからキャッシングが可能です。
MEMO
  • すでにクレジットカードをお持ちの方はキャッシング枠の設定をしていればすぐに利用可能
  • 新しくクレジットカードを発行するには2〜4週間程度必要

カードローンを利用する流れ

カードローンもキャッシングとほとんど同じ手順で利用することができます。

基本的な方法は以下の通りです。

  1. 申し込み
    カードローン会社の窓口やパソコン・スマホからカードローン利用の申し込みができます。
  2. 審査
    身分証明書(必要な場合は収入証明書)を提出し、最短30分〜1時間ほどで審査を終えることができます。
  3. 契約
    審査通過後、カードローン会社窓口・郵送・無人契約機でローンカードが発行できます。
  4. 借入
    契約後すぐにネットやコンビニATMなどから24時間借入をすることができます。
MEMO
  • 最短1時間で最短即日の借入可能 ※お申込みの時間帯などによっては、即日融資に対応できない場合もあります。
  • WEB完結申し込みなら24時間365日スマホ・パソコンで手続き可能

金利と限度額

サービス キャッシング(例) カードローン(例)
金利 年12.0~18.0% 年2.0~18.0%
限度額 10~100万円 100~800万円
返済日 毎月指定日 期間内であればいつでも可能
返済方法 翌月一括払い 金額・期間自由

カードローンとキャッシングには借入限度額と金利に大きく違いがあり、カードローンでは、審査内容や収入によって10万円〜800万円まで借入が可能。

一方キャッシングでは10万円〜100万円が一般的な相場です。

また、キャッシングではクレジットカードのショッピング枠と同じ限度額の範囲で利用することになるので、実際に借入できる金額はさらに少額になってしまいます。

キャッシングの限度額

返済方法についても、原則キャッシングでは翌月一括払い

 キャッシングのリボ払いでは借入の元金が減りづらくなっています。そのためショッピング枠まで圧迫されてしまい、すぐに利用限度額に達してしまいがちなことは注意が必要です。

金利では、およそカードローンが2.0〜18.0%、キャッシングが12.0〜18.0%程度の相場になっています。

一般的に金利(実質年率)は借入額が大きいほど低金利になるので、まとまった金額が必要な方にはカードローンがおすすめです!

審査と融資にかかる時間

サービス キャッシング(例) カードローン(例)
審査期間 2~4週間 最短30分
融資スピード 発行後すぐに可能 最短即日1時間

クレジットカードの審査から郵送で届くまでには通常2〜4週間かかります。

発行されたカードが郵送などで手元に届くまでの時間を含めるとキャッシングを利用できるようになるまで約1ヶ月必要と考えておいて良いでしょう。

すでにクレジットカードをお持ちの場合は、キャッシング枠を設定していればすぐに利用することができます。

カードローンでは窓口はもちろんスマホ・パソコンからWEB完結申し込みも可能で、最短30分で審査が完了し、提携ATMなどから借入できるようになるまで即日最短1時間で利用することができます。

※お申込みの時間帯などによっては即日融資に対応できない場合もあります。

加えてカードローンの審査の場合、借入希望額が50万円以下だと、ほとんどの会社で収入証明書が不要です。

手持ちの身分証明書を提出するだけで、簡単に融資が受けられるのもカードローンのメリットの一つです。

年会費・入会金とATM手数料

サービス キャッシング カードローン
入会金 0~1000円 無料
年会費 1000~1万円  無料

クレジットカードには、年会費や入会金が必要なものも少なくありません。

入会金・年会費無料のクレジットカードも数多くありますが、キャッシングの際にATMを使うと指定の銀行口座を利用する手数料もかかることには注意が必要です。

カードローンでは、ほとんどの会社が自社ATMを全国に設置していて、手数料無料で利用することが可能です。

銀行系カードローンではコンビニなど全てのATMで手数料無料のものが多いです。

一回100〜200円の手数料であっても全体の返済額を考えると、金利が1〜2%上乗せされるのと同じくらいの負担になってしまいます。

低金利おすすめカードローン5選

各カードローンの金利はもちろん、

  • 口コミ・評判
  • 審査・融資スピード
  • その他サービスの充実度

以上をもとに比較し、おすすめのカードローン5選を紹介します。

各社の特徴とお得に低金利で使える利用方法も紹介しているので是非参考にしてください。

1プロミス

プロミス

現在プロミスでは、低い金利である17.8%の上限を設定しています。

同じく、成約率(審査に通過した人が新規で契約し融資を受ける割合)約40%で、審査を受けた10人に4人が新規で契約を結んでいます。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

おすすめのプロミス利用方法はWeb完結申込です!

スマホ・パソコンでできるWeb完結申込から「カード不要」を選択することで、完全カードレス・自宅への郵送書類ナシで最短即日の借入が可能。

スマホ撮影した保険証(※そのほか各種証明書類OK)を送信するだけで申込完了。

 ※この時、電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにプロミスへご相談ください

プロミスのWeb完結申込

証明書類をスマホのカメラで撮影し、プロミスに送信するだけで最短30分の審査完了です!
  • Web完結orアプリ利用でカードレス&自宅郵送ナシ
  • 50万円以下の借入の場合、収入証明書不要
  • 女性専用ダイヤルで女性オペレーターによる「レディースキャッシング」が可能
  • 事業資金におすすめの「自営者カードローン」も可能
  • 学費・医療費におすすめの最低金利の「目的ローン」も可能
金利(実質年率) 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
審査期間 最短30分
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要です。
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
学生の利用 可能
無利息期間 30日間

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

2アコム

アコム

アコムの特徴
  • 最短30分の審査回答&即日振り込み
  • 最大30日間金利0円サービス
  • 全国5万台以上の自社・提携ATM※1※2

※1 2020年3月時点

※2 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムのカードローンでは、最短30分の審査回答から最短即日振り込みが可能です。

CMでおなじみの「はじめてのアコム」というように、カードローンが初めての方にも選ばれることが多いため、審査通過率も40%強と高いようです。

アコム公式ホームページ参照

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。

アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web完結申し込みが可能で、スマホ経由の借入が利用者全体の9割を占めています!

アコムのWeb完結申し込み

審査後も、全国900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機(むじんくん)からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物ナシでスムーズな借入が実現されています。

※2020年3月時点

また、はじめてのご利用の場合、契約の翌日から最大30日の利息0円期間があります。

  • 24時間365日振り込み対応
  • 簡単な質問で借入可能かわかる「3秒診断」
  • 自分で決めた毎月指定日に返済できる
  • 利息は利用日数分だけ
金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短即日可能
WEB完結 可能
※在籍確認が必要な場合があります。
学生の利用 可能
※20歳以上で本人に安定した収入がある方
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7カ月・1回〜100回
担保・保証人 不要
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。

3SMBCモビット

SMBCモビットでは、

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

以上いずれかの口座を解説している場合、保険証の写真をスマホなどから撮影するだけでWeb完結申し込みが可能。

この方法で審査をした場合、職場への電話連絡を省略することができるので、いち早く借入をしたい方へおすすめのカードローンになります。

\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

上記の銀行口座をお持ちの方は最短1時間でカードレス・電話連絡ナシで即日借入可能です!

SMBCモビットのWeb完結申込

Web完結申込を利用すると、ローンカードの発行とカードレスタイプの2種類から選べるのでスマホ一台で申し込み〜借入を完結できます。

また、SMBCモビットの公式ホームページでできる10秒簡易審査ですぐに借入限度額も知ることができます。

  • Tカード一体型で最低金利(実質年利)11%
  • 面倒な勤務先への電話連絡ナシ
  • カードレスで自宅への書類郵送ナシ
  • 最短1時間で最短即日借入可能
  • 電子領収書で明細郵送ナシ
  • 最短3分で口座へ直接振込可能
金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査期間 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日可能
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
WEB完結 可能
学生の利用 可能
\WEB完結で勤務先へ電話連絡なし/
SMBCモビット申込み
Webで完結可能

4アイフル(即日融資希望の方に定評あり)

アイフルの特徴
  • アイフルATMで手数料無料
  • 無人契約ルームでアイフルカードが発券できる
  • 女性専用ダイヤルがある
  • 30代から50代の方も利用

アイフルでは24時間365日スマホとパソコンからローンの申し込みが可能です。申し込みには郵送物が一切不要。誰にも知られず、全ての手続きがWEB完結します。

加えて審査は最短25分で終えることができるので、申し込みから実際にキャッシュを借り入れるまで約1時間で終えることができます。さらに最短即日融資も可能です。また24時間即時振込のサービスもあります。

\最短即日融資希望の方は/
アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

2大消費者金融のアコム・プロミスと並びよく知られる企業であるアイフルですが、コンビニATMなどでは手数料がかかってしまうので注意です。

成約率も約40%と高く、素早く簡単に借入ができる点がメリットです。

金利(実質年率) 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査期間 WEB申し込みの場合、最短25分
融資スピード WEB申し込みの場合、最短25分
WEB完結 可能
学生の利用 可能
無利息期間 30日間
\最短即日融資希望の方は/
アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

5楽天銀行スーパーローン

楽天銀行のカードローン

楽天銀行スーパーローンの特徴
  • ネット銀行ならではの安心金利
  • 年会費・入会金は永年無料
  • 入会で楽天スーパーポイントがもらえる

楽天銀行スーパーローンでは、楽天銀行の口座をお持ちでない方でも、ユーザーの普段使っている口座から申し込み・利用することが可能です。

\入会でもれなく1,000ポイントプレゼント!/

金利も最大14.5%と低く、Web完結もできますが、審査結果がわかるまで数日かかる点には注意です。

年会費・入会金も0円で、楽天銀行の口座を開設する必要もありません。

加えてコンビニの提携ATMも手数料無料で利用することができます。

※一部利用できない時間帯・利用手数料が発生するATMがあります。

金利(実質年率) 1.9~14.5%
限度額 10万円〜800万円
審査期間 最短翌日
融資スピード 最短翌日
WEB完結 可能
学生の利用 可能※アルバイトなどで定期的な収入がある場合

\入会でもれなく1,000ポイントプレゼント!/

キャッシングとカードローンの返済方法

キャッシングとカードローンの返済方法

キャッシングとカードローンの返済方法は、同じキャッシングサービスであるため、大差はありません。ここでは、キャッシングとカードローンの返済方法と返済方式を合わせて紹介していきます。

キャッシングとカードローンの返済方法

キャッシングとカードローンの返済方法には、主に次の2種類があります。

キャッシングとカードローンの返済方法
  1. 登録口座からの引き落とし
  2. ATMから指定口座への振込

返済期間を迎えたときに、あらかじめ契約時に登録していた口座から引き落とす返済方法が一般的です。ただ、返済を遅延したり忘れたりすると信用に傷がつきかねません。

必ず引き落とされる金額以上のゆとりをもって口座に資金を入れておきましょう。

またATMからの返済もできます。引き落としを待たずに返済できるので、利息を減らし、返済期間を短縮する効果も得られますよ。

キャッシングとカードローンの返済方式

キャッシングとカードローンの返済方式には、主に次の2種類があります。

キャッシングとカードローンの返済方式
  1. キャッシング一括払い
  2. キャッシングリボ払い

キャッシング一括払いは、借入れた元本とその利息をまとめて支払う方式のことです。返済期間が最も短く、また利息を少ないのが特徴です。ただし返済には、まとまった資金が必要になります。

キャッシングリボ払いは、毎月一定の金額を返済していく方式です。一度に支払う金額は少ないものの、返済期間が長くまた利息も多くなります

どの方法にもメリット・デメリットがあるので、あなたに適した方法を選んでください!
\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

まとめ

最後にもう一度カードローンとキャッシングの違いをまとめると、

  • 金利と借入の限度額
  • 審査と融資に必要な時間
  • 年会費・入会金・ATM手数料の有無

以上3点が主なポイントでした。

カードローンはこんな人におすすめ

  • まとまった金額を借入したい方
  • なるべく早く融資が必要な方
  • 手数料無料ですぐにATMから借入したい方

スピード感を重視したい方借入したい金額が10万円を超える方にはカードローンがおすすめ。

キャッシングを利用すると限度額や金利も制限されてしまい、もしも新しくクレジットカードを発行するとなると1ヶ月は見積もった方がいいでしょう。

反対に時間に余裕があって少額の借入ならばキャッシングを利用してみるのもおすすめです。

\24時間・土日も振込可能/
プロミス申し込みはこちら
Webで完結可能

監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事