ビックカメラsuicaカード

ビックカメラでお得にポイントが貯まる「ビックカメラsuicaカード」。

suicaチャージのポイント還元率が高いことでも知られており、suica利用者に多くの愛用者がいます。

今回の記事では、ビックカメラsuicaカードについて解説します。カードの主な特徴から、ポイントの貯まり方や使い方までまとめました。

ビックカメラsuicaカードについて調べている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ビックカメラsuicaカードとは、ビックカメラでの買い物とsuicaチャージがお得なクレジットカードです。

普段のお買い物でのポイント還元率は1.00%です。カード利用が1,000円ごとにJREポイントとビックポイントが5ポイントずつ貯まります。

suicaチャージならポイント還元率は1.5%にアップ。suicaに1,000円チャージするごとに15ポイント貯まります。

さらに、ビックカメラでは10.00%ポイント還元がされます。suicaチャージしたお金で支払えば、ポイント還元率は11.5%にまで上ります。

年会費は初年度無料。2年目以降524円(税込)ですが、年1回利用すると次年度の年会費が無料になります。

年会費 税込524円(初年度は無料)
※年1回利用で次年度の翌年無料
ポイント還元率 1.00〜1.50%
貯まるポイント ビックポイント・JREポイント
国際ブランド VISA/JCB
旅行保険 国内:最高1,000万円
海外:最高500万円
審査可能年齢 18歳以上

ビックカメラsuicaカードの特徴

まずは、ビックカメラsuicaカードの特徴を確認していきましょう。

ビックカメラsuicaカードの主な特徴は以下3つです。

  1. 年会費が実質無料
  2. オートチャージ
  3. suicaチャージでポイントがたまる

それぞれ解説していますので、ぜひ目を通してみてください。

1年会費が実質無料

ビックカメラsuicaカードは、初年度年会費無料。2年目以降は税込524円の年会費がかかります。

 しかし、年1回以上カードを利用すれば、次年度の年会費が無料。2年目以降も年会費無料でカードを使い続けられます。

クレジットカードを発行していれば、年1回利用することは確実といえます。利用金額にも条件がありません。

たとえば、ビックカメラsuicaカードでどんな商品でも1度購入するだけで、翌年の年会費が無料に。

そのように考えれば、ビックカメラsuicaカードは、実質無料で利用できるクレジットカードです。

2オートチャージ

ビックカメラsuicaカードには、オートチャージ機能が搭載されています。

オートチャージ機能とは

自動改札機にタッチするだけで、Suicaへの入金(チャージ)ができる便利なサービスです。

Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入出場の際に事前に設定した金額が自動的に入金されます。改札でストップされたり、suicaの残高を心配したりする必要がありません。

オートチャージの利用は無料です。オートチャージする毎にポイントも貯まります。

まさに通勤・通勤に便利な1枚と言えるでしょう。

3suicaチャージでポイントが貯まる

ビックカメラsuicaカードは、suicaチャージが可能です。

 しかも、suicaへのチャージを行うと、チャージした金額の1.5%ポイントが貯まります。

例えば、毎月2万円suicaを利用している場合、年間でで合計3600ポイントも貯まります。

クレジットカードとして、suicaチャージのポイント還元率はかなり高いといえます。貯まったポイントは、suicaにチャージできます。

suicaチャージがお得な珍しいクレジットカードと言えるでしょう。

\ショッピングポイント還元率&特典あり/

ビックカメラsuicaカードで貯まるポイント

ビックカメラsuicaカードで貯まるポイントは以下の2つです。

ビックカメラsuicaカードで貯まる2つのポイント
  • JREポイント
  • ビックポイント

カードの利用1,000円に応じて10ポイント(JREポイント5p+ビックポイント5p)が貯まります。

ビックカメラsuicaカードを賢く利用していくためには、2つのポイントの貯まり方と使い方をあらかじめ知っておく必要があります。

各ポイントについて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

JREポイント

JREポイントとは
JR東日本の共通ポイントです。

ビックカメラsuicaカードを利用して貯まるJREポイントの貯まり方や使い方を確認していきましょう。

JREポイントの主な貯まり方

  1. 普段の買い物
  2. suicaチャージ
  3. JRE POINT加盟店での利用
1普段の買い物

ビックカメラsuicaカードでは、カード利用額1,000円につきJREポイント5ポイントが貯まります。

買い物、食事、公共料金など全ての支払いが、JREポイントの還元対象です。カードを利用した分だけ、JREポイントを貯めることができます。

2suicaチャージ

ビックカメラsuicaカードは、suicaチャージ対応クレジットカードです。suicaへチャージするだけで、JREポイントが貯まっていきます。

 定期券の購入やsuicaオートチャージで貯まるJRE ポイント還元率は1.50%です。

1,000円につきJREポイント15ポイントが貯まります。

suicaチャージでのポイント還元率は常に1.50%。suicaへのチャージはカードを使用するだけで、ザクザクJREポイントが貯まります。
3JRE POINT加盟店での利用

JRE POINT加盟店でビックカメラsuicaカードを利用すると、100円=JREポイント1ポイントが貯まっていきます。

通常のカード利用ポイントも貯まるため、ポイントの二重取りが可能です。

例、JRE POINT加盟店で5,000円買い物して貯まるポイント
通常カード利用ポイント 50ポイント(ビックポイント25p+JREポイント25p)
JRE加盟店ポイント 50ポイント
合計  100ポイント

JRE POINT加盟店でのポイント還元率は2.00%です。加盟店を利用すればするだけ、ポイントがどんどん貯まります。

JRE POINT加盟店には、駅ビルのショップが複数参加しています。

JRE POINT加盟店(一部)
  • アトレ
  • アトレヴィ
  • ペリエ
  • ビーンズ
  • セレオ

公共交通機関の利用頻度が高い方ほど、効率的にJREポイントを貯めることが可能です。

\ショッピングポイント還元率&特典あり/

通勤・通学に電車を利用している方にとっては、ビックカメラsuicaカードはメリットが大きいカードといえます。

JREポイントの使い方

ビックカメラsuicaカードで貯まったJREポイントの主な使い方は以下5つです。

  1. suicaチャージする
  2. 駅ビルで使う
  3. suicaグリーン券に交換する
  4. ショッピングモールサイトで使う
  5. 商品と交換する
1suicaチャージする

JREポイントは、1ポイント=1円相当としてsuicaチャージできます。

  • カードsuica
  • モバイルsuica

どちらへのチャージも可能です。

 suicaチャージで貯まるポイントは複数ありますが、1ポイント=1円でsuicaチャージに使えるポイントは現時点では「JREポイント」だけです。

suicaチャージがきわめてお得なポイントといえます。
2駅ビルで使う

JREポイントは、駅ビルでの会計に利用できます。

1ポイント=1円相当で1ポイント単位から使用可能。JRE POINT加盟店でお得に会計を済ませられます。

3suicaグリーン券に交換する

suicaグリーン券とは

Suicaシステム搭載の普通列車グリーン車の自由席を1回利用できるチケットのこと

利用できるのはJR東日本管内の運行エリアです。JRE POINT用Suicaグリーン券は、1回につき10枚まで交換が可能となっています。

グリーン券1枚=JREポイント500ポイントで交換できます。

4ショッピングモールサイトで使う

JRE ポイントは、ショッピングモールサイト「JRE MALL」で使えます。

JRE MALLとは

JR東日本が運営するショッピングモールです。

JRE MALL内では、JREポイント1ポイント=1円相当で買い物に使えます。

さらに、JRE MALLで買い物すると、100円につき1ポイントJREポイントが貯まります。

JRE MALLは、JREポイントが貯まる、使えるお得なショッピングサイトです。

5商品と交換する

JREポイントは、JRE POINT WEBサイトで商品と交換できます。

JREポイントで交換できる商品(一部)
  • 美味しいお米カード550円相当(750ポイント)
  • 駅レンタカー3,000円利用券(2550ポイント)
  • 吉野家ギフトカード5,000円相当(5,500ポイント)
  • マイナスイオンヘアドライヤー(4,300ポイント)
  • ボディーバッグ(4,400ポイント)

交換できるアイテムは、利用券・グルメ・ギフトカード・家具など、多数。豊富な選択肢が用意されているので、自分が好きなアイテムが見つかります。

また、JREポイントは1,000ポイントからビックポイントに交換することも可能です。

ビックポイント

ビックポイントとは
ビックカメラ、コジマ電気、ソフマップで貯まるポイントのことです。

次に、ビックカメラsuicaカードで貯まるもう一つのポイントである「ビックポイント」にを見ていきましょう。

ビックポイントの貯まり方

  1. カード利用
  2. ビックカメラの買い物
1カード利用

ビックカメラsuicaカードは、カードの利用1,000円につきビックポイントが5ポイント貯まります。

 さらに、1000円につきJREポイントも5ポイント貯まるので、獲得ポイントは合計10ポイントです。

通常利用のポイント還元率は1.00%。一般的なクレジットカードの還元率が0.50%程度であることを踏まえれば、高還元カードとして、買い物・食事・公共料金の支払いなどのカード利用でお得にポイントを貯められます。

2ビックカメラの買い物

ビックカメラsuicaカードをビックカメラでの買い物で利用すると、10%ポイントがサービスされます。利用代金の10%分のビックポイントが貯まります。

 さらに、ビックカメラsuicaカードにチャージしたsuicaで支払えば、JRE POINTとビックポイントと合わせてポイント還元率は11.5%です。
ビックカメラの支払いは、ビックカメラsuicaカード+suicaチャージがお得
1.50%(suicaチャージ貯まるJREポイント)+10.00%(ビックカメラで貯まるビックポイント)=11.50%

ビックカメラで1年間20万円分の買い物をした場合、ビックカメラsuicaカードなら23,000ポイントが貯まります。

ビックカメラで爆発的にポイントが貯まるビックカメラsuicaカード。ビックカメラで年に何回も買い物をする方は、持っておいて損のない1枚です。

ビックポイントの使い方

  1. ビックカメラで使用する
  2. suicaにチャージする
1ビックカメラで使用する

ビックポイントは、

  • ビックカメラ
  • コジマ電気
  • ソフマップ

で使えます。ビックポイントは1ポイント=1円相当です。1ポイント単位で好きな分だけ使えます。

ビックポイントの有効期限は2年間です。

 ただし、2年間の間に該当店で1回買い物をすれば、ポイントの有効期限が延長されます。

ポイントを貯め続けることができます。

2suicaにチャージする

貯まったビックポイントは、suicaへのチャージにも使用可能です。

交換レートは「ビックポイント1,500ポイント→suica1,000円分」です。

ビックカメラsuicaカードを使えば、年間で必要なsuicaの料金を下げることも可能です。

ビックカメラでの買い物で得たポイントをsuicaにチャージするのもオススメです。

ビックカメラSuicaのお得な使い方

ここまでビックカメラSuicaの主な機能について説明してきました。せっかくビックカメラSuicaを使うなら、お得に使っていきたいですよね。

そこで、次はビックカメラSuicaをお得な使い方について解説していきます。

「VIEWプラス」対象商品に使う

ビックカメラSuicaでクレジットチャージをしたり、定期券購入に使用したりすると、「JRE POINT」というポイントが貯まります。これらの利用は「VIEWプラス」対象商品に該当し、使用金額の1.5%が還元されます。

チャージしたSuicaで支払いを行うと、還元されるビックポイントが10%に増大します。

両者のポイントを合わせるだけで11.5%もポイントの還元が実現できます。
「VIEWプラス」対象商品
  • 乗車券・定期券・特急券・回数券・特別企画乗車券
  • Suica定期券・Suicaカード
  • Suicaへのチャージ
  • オートチャージ
  • JR東日本国内ツアー

ビックカメラの買い物に使う

ビックカメラの買い物でビックカメラSuicaを利用すると、ビックポイントが10%還元されます。

通常のクレジット払いは8%。10%ポイント還元は現金で支払うのと同じ割合です。
また、ビックカメラ・コジマ・ソフマップ以外でも実質1%のポイント還元がされます。
 1%のポイント還元=ビックポイント0.5%+JRE POINT0.5%

まとめ

ここまで、ビックカメラsuicaカードについてまとめてきました。

ビックカメラsuicaカードは「ビックカメラ」と「suicaチャージ」で多くのポイントが貯まるクレジットカードです。

ビックカメラやsuicaの利用頻度が高い方ほど、カードの恩恵が受けられます。

ぜひこの記事の内容を参考に、ビックカメラsuicaカードの発行を検討してみてください。

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事