初心者におすすめの資産運用3選!注意点やポイントも解説

お金を効率的に増やすことができる、資産運用

「老後の資金が心配」「貯まったお金を有効活用したい」という方の中には、資産運用に興味がある方も多いでしょう。

しかし、資産運用と聞くと難しいイメージがあるのも事実。
そのため「全くの初心者だけど資産運用できるか不安」な方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、資産運用する際のポイントや注意点を初心者向けに解説。さらに、少額でできる初心者におすすめの資産運用方法も紹介しています。

資産運用の初心者必見の内容です。ぜひ参考にしてみてください。
\資産運用がよくわからない方必見/

資産運用とは、自分が持っている資産(お金)を貯蓄や投資に回し、資産を増やすことです。

2種類の資産運用

資産運用の種類は、大きく2つに分類できます。

貯蓄 貯めることを目的とした資産運用
投資 増やすことを目的とした資産運用
\資産運用がよくわからない方必見/

1貯蓄

資産運用として最も一般的なのが、貯蓄です。貯蓄は、元本保証など高い確実性が特徴

主な金融商品には、

  • 普通預金
  • 定期預金
  • 積立定期預金

などがあります。

\資産運用がよくわからない方必見/

2投資

一方で投資は、お金を増やすことを重視した資産運用法です。投資方法は、長期投資と分散投資が基本となります。

固定金利が大半を占める貯蓄と比較して、運用成果は予測できません。主な金融商品は、

  • 株式
  • 債権
  • 投資信託

などです。

この記事では、主に資産運用「投資」について解説しています。お金を増やすことに興味がある方は、最後まで目を通してみてください。
\ミドルリスク・ミドルリターン/

初心者におすすめの資産運用投資3選

資産運用といっても、そのやり方や金融商品は様々です。そのため、資産運用初心者の中には「どれを選べば良いのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、初心者におすすめの資産運用投資3つを厳選して紹介します。

どれも少額投資できますので、ぜひ活用してみてください。

1つみたてNISA

つみたてNISAとは、少額投資非課税制度のことです。

つみたてNISAでは、年間40万円まで投資で得られた利益に対し、最長20年間非課税になります。

国民の安定した資産形成を目的にスタートした「つみたてNISA」。少額かつ長期間で分散・積立投資ができるため、初心者が始めやすい資産運用です。

\今スグにつみたてNISAを始めたい方必見/
投資対象年齢 20才以上
年間投資上限額 120万円 
メリット
  • 運用益が非課税
  • 少額からスタート可能(最低100円)
  • 自由に換金可能
  • 年齢上限なし
  • 専門知識不要 
デメリット
  • 投資信託の商品が少ない
  • 元本保証なし
  • 所得控除の対象外
  • 非課税枠の翌年持ち越し不可 
\今スグにつみたてNISAを始めたい方必見/

2個人向け国債

国債とは、国が資金を調達するために発行する債券のことです。

国債を購入し、国にお金を貸すことで利息を受け取れます。国債は国が破綻しない限り、元本割れの可能性がほとんどありません

ただし、他の金融商品に比べて利率が低い(0.05%程度)ことがデメリットです。

1万円から1万円単位で購入できるため、初心者でも気軽に手を出せます。

\今スグに個人向け国債を購入したい方必見/
投資対象年齢 20才以上
年間投資上限額 なし
メリット
  • 定期預金より金利が高い傾向にある
  • 少額投資可能
  • 安全性が高い 
デメリット
  • すぐに換金できない
  • 金利が低い
  • 購入期間が決まっている
  • 国の信用リスク
\今スグに個人向け国債を購入したい方必見/

3iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)とは、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金制度です。

iDeCo(イデコ)では、掛金を自分が拠出し、自分で運用方法を選択。 掛金と運用益との合計額を給付として受け取ることができます。

iDeCo(イデコ)最大の魅力は、税制上の優遇措置があることです。掛け金が全額所得控除のうえ、運用益は非課税となります。

掛け金は毎月5,000円以上と、初心者でも少額からスタート可能です。

\今スグにiDeCoを始めたい方必見/
投資対象年齢 20才以上
年間投資上限額
  • 自営業者 :81万6000円
  • 専業主婦:27万6000円
  • 公務員:14万円4000円
  • 会社員:14万4000円-24万円
メリット
  • 掛け金が所得控除
  • 運用益が非課税
  • 月5,000円から可能
デメリット
  • 60才まで換金できない
  • 運用リスクは加入者が負う
  • 手数料は全て自己負担
\今スグにiDeCoを始めたい方必見/

初心者が資産運用を始めるときのおすすめ方法

株や投資信託の売買をするときは、証券会社に仲介役となってもらい取引を行います。

そのため資産運用を始めるには、まず証券会社で証券口座を開設しましょう

証券口座とは

投資商品をたくさん取扱う金融機関です。お金を預け入れすることもできますが、銀行口座とは異なり株式の購入をしたり、投資信託を購入したりなどができます。購入した株を預けることもできる口座が証券口座です。

証券口座にお金が入っていれば、自分の好きなタイミングでお金を投資に回すことが可能です。

\資産運用初心者におすすめ/

証券口座はネット証券での開設がおすすめ

次に「どこの証券会社で口座を開設するか」ですが、証券会社には、下記の2種類があります。

  • 店舗がある『総合証券会社』
  • 店舗がない『ネット証券会社』
資産運用初心者におすすめなのはどっち?
ネット証券会社がおすすめです。
 その理由は、もし初心者が対面式で取引を行っていく「総合証券会社」を選んだ場合、初心者ゆえに営業担当者が教えてくれる情報が正しいか否かの判断が難しいからです。

対してネット証券会社を選んだ場合は、自分のペースで投資ができ、万が一相談したいことがあればコールセンターを利用することができます。

加えて店舗を持たないため売買手数料が安い傾向にあり、口座開設はネットで手続きできるので10分ほどで完了することも。

売買手数料とは

株を売るとき・買うときに発生する手数料のこと。その金額は証券会社によって異なるため、証券会社選びの際に絶対に見るべきポイントの1つ。

資産運用初心者の方にとっては、なるべく口座開設費がかからず、売買手数料が安い証券会社がいいですよね。

ここからは資産運用初心者の方にもおすすめなネット証券会社を6つ紹介します!

ネット証券会社おすすめ6選

1LINE証券

LINE証券

LINE証券は、スマホでの操作に特化した作りが特徴です。スマートフォンのアプリで気軽に資産運用を行うことができます。

その他の特徴は以下の通りです。

LINE証券の特徴
  • 少額投資が可能(投資信託:100円、株式:数百円)
  • 投資信託の手数料が無料
  • 支払いにLINE Payが利用可能&LINEポイントも貯まる
  • セキュリティ対策バッチリ

今なら「暮らしのぜんぶ」 経由でLINE証券の口座開設をされたお客様の中から、抽選で毎月50名様に3,000円プレゼントキャンペーンを実施中です!【期間:2021年3月1日〜】
LINE証券

\インターネットで信用取引の売買手数料0円/

LINE証券では、上記のように定期的にキャンペーンが開催されているため興味のある方は要チェックです!
現物取引売買手数料

(税込)

※1注文の約定代金に対する手数料

  • 5万円:99円(買付0円)
  • 〜10万円:176円(買付0円)
  • 〜20万円:198円(買付0円)
  • 〜50万円:484円(買付0円)
  • 〜100万円:869円(買付0円)
  • 〜150万円:1,056円(買付0円)
  • 〜3,00万円:1,661円(買付0円)
  • 3,000万円超え:1,771円(買付0円)

※同一日に同一注文で複数の約定となった場合は、約定代金を合算し手数料を計算します。

取扱商品
  • 国内株式
  • ETF・REIT
  • 投資信託
  • 信用取引
取引ツール(PC)
取引ツール(スマホ・タブレット)
  • LINEアプリ
キャンペーン
  • 口座開設&クイズに答えて最大3株分購入代金プレゼント
\インターネットで信用取引の売買手数料0円/

2SBI証券

SBI証券は、ネット証券会社のいわば最大手

口座開設数は業界トップクラスの500万を突破 (※1) し、2020年に「オリコン顧客満足度ランキング」のネット証券部門で5年連続13度目となる1位を獲得 (※2)

そんなSBI証券の特徴は以下の通りです。

※1 出典:https://www.sbigroup.co.jp/news/2020/0226_11874.html

※2 公式ページの文言によります。

SBI証券の特徴
  • 初心者でも安心な少額から投資OK
  • 取引や投資信託でTポイントが貯まる・使える
  • すぐ口座開設ができる
特に最大の特徴として、売買手数料の安さが挙げられます。

SBI証券の国内株式の現物取引「アクティブプラン」の場合、一日の取引合計額が100万円までなら売買手数料は無料。つまりタダで取引できてしまいます。

一日の取引合計額が100万円を超えると手数料が発生しますが、それでも安め。

口座開設は最短5分で終わるため、資産運用に少しでも興味がある方はSBI証券で始めましょう!
\手数料が安い/
取引手数料 【スタンダードプラン】※1注文の約定代金に対する手数料

  • 5万円まで:50円 (税込55円)
  • 10万円まで:90円 (税込99円)
  • 20万円まで:105円 (税込115円)
  • 50万円まで:250円 (税込275円)
  • 100万円まで:487円 (税込535円)
  • 150万円まで:582円 (税込640円)
  • 3,000万円まで:921円 (税込1,013円)
  • 3,000万円超:973円 (税込1,070円)

【アクティブプラン】※1日の約定代金合計に対する手数料

  • 〜100万円:0円
  • 〜200万円:1,162円(税込1,278円)
  • 以降100万円増加ごとに:400円(税込440円)ずつ増加
取扱商品
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託
  • 債権
  • 外国為替保証金取引(FX)
  • 先物・オプション
  • CFD(くりっく株365)
  • 金・銀・プラチナ
  • eワラント
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • 保険
取引ツール(PC)
  • HYPER SBI
  • SBI CFDトレーダー
取引ツール(スマホ・タブレット)
  • 「SBI証券 株」アプリ
  • かんたん積立 アプリ
  • HYPER FXアプリ
  • HYPER 先物・オプションアプリ
  • HYPER CFDアプリ
キャンペーン
  • 新規口座開設で期間固定Tポイント100ポイントプレゼント
  • ポイント投資紹介で最大50,000ポイントプレゼント(〜2020年10月31日)
  • 「ひふみ」で投資を応援!買付金額一部還元&積立でTポイントが最大10万ポイントあたる(〜2020年8月31日)
  • Tカード番号の登録の合計300万ポイントプレゼント(〜2020年9月30日)
  • 取引手数料最大5,000円キャッシュバック(〜2020年8月27日)
\手数料が安い/

3楽天証券

次にご紹介する証券会社は楽天証券です。

 楽天証券は、2019年口座開設数No.1 ※1

そんな楽天証券の特徴は以下の通りです。

※1 出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/company/newsrelease/pdf/press20200206.pdf

楽天証券の特徴
  • ポイントプログラムが充実
  • 楽天銀行などの他のグループと連帯でさらにお得に利用可能
  • 業界トップクラスで手数料が低い ※2
  • キャンペーンに参加でたくさんの特典を受けれる
※2 公式ページの文言によります。
楽天証券では積立投資でポイントが貯まるだけではなく、自分が今まで貯めてきた楽天ポイントで投資信託や株式を購入することが可能です。
 積立投資でポイントをGETするためには、楽天クレジットカード決済をする必要がある!

ポイント投資は気軽に始めることができるため初心者の方に大人気の資産運用方法です。
\最大1,200ポイント+1,000円獲得/
取引手数料 【超割コース】※1回の取引金額で取引手数料が決定

  • 5万円まで:55円(税込)
  • 10万円まで:99円(税込)
  • 20万円まで:115円(税込)
  • 50万円まで:275円(税込)
  • 100万円まで:535円(税込)
  • 150万円まで:640円(税込)
  • 3,000万円まで:1,013円(税込)
  • 3,000万円超:1,070円(税込)

【いちにち定額コース】※1日の合計取引金額で取引手数料が決定

  • 100万円まで:0円
  • 200万円まで:2,200円(税込)
  • 300万円まで:3,300円(税込)
  • 以降100万円増えるごとに1,100円(税込)を追加
取扱商品
  • 国内株式
  • 海外株式・ETF
  • 投資信託
  • 楽ラップ
  • 債権
  • 先物・オプション
  • 楽天FX
  • 外国為替
  • 保険
取引ツール(PC)
  • マーケットスピードⅡ
  • マーケットスピード
  • マーケットスピードFX
取引ツール(スマホ・タブレット)
  • マーケットスピードⅡ
  • iSPEED
  • iSPEED for iPad
  • iSPEED FX
  • iSPEED 先物OP
キャンペーン
  • はじめての貸株サービス利用または久しぶりの利用で200ポイントもらおう(〜2020年9月30日
  • 株式投資デビュー応援!250万ポイント山分けキャンペーン(〜2020年8月31日
  • 純金・プラチナ積立デビューキャンペーン(〜2020年8月24日
  • マーケットスピードIIで先物・オプションを取引しようキャンペーン(〜2020年8月31 日
  • はじめての投信積立キャンペーン(〜2020年9月30日
  • 先物・オプション取引デビューキャンペーン(〜2020年8月31 日
  • 楽天FXデビューキャンペーン(〜2020年8月31日
  • 【第10回】楽天銀行口座開設+自動入出金設定で1,000円プレゼント (〜2020年9月14日
  • iDeCoの開設でもれなく200ポイントプレゼント!さらに、抽選で1万ポイントがあたる(〜2020年8月31日
  • ポイント投資・投資信託でポイント+1倍
  • NISA口座限定!国内株式売買手数料0円&海外ETF買付手数料全額キャッシュバック
  • ジュニアNISA国内株式売買手数料実質0円
  • 家族・友達紹介プログラム
\最大1,200ポイント+1,000円獲得/

2岡三オンライン証券4

岡三オンライン証券の最大のポイントとして、取引ツールが多彩なことが挙げられます。

例えば、「岡三かんたん発注」は株の取引を初めて行う方に向けたツールで、機能が必要最低限に絞り込まれているため誰でも簡単に利用することができます。

<岡三オンライン証券の取引ツール受賞歴>

  • 2019年 みんなの株式ネット証券ランキング取引ツール部門 7年連続第1位 ※1
  • 2020年 オリコン顧客満足度調査 ネット証券 分析ツール 第1位 ※2

※1 出典:https://www.okasan-online.co.jp/company/reason/evaluation.html

※2 出典:https://www.okasan-online.co.jp/company/release/2020/0106a/

その他の特徴は以下の通りです。

岡三オンライン証券の特徴
  • 格安な取引手数料
  • IPO取扱い数が多い
  • 投資信託の手数料が無料

岡三オンライン証券の「銘柄ランキング」は必見の充実度です!
\初心者向けの機能充実/
取引手数料

(カッコ内は税込の金額)

【ワンショット】※1注文の約定代金に対する手数料

  • ~10万円99円(108円)
  • ~20万円200円(220円)
  • ~50万円350円(385円)
  • ~100万円600円(660円)
  • ~150万円1,000円(1,100円)
  • ~300万円1,500円(1,650円)
  • 以降100万円増加ごとに300円(330円)ずつ増加※3,000円(3,300円)を上限

【定額プラン】※1日の約定代金合計に対する手数料

  • ~10万円:0円
  • ~20万円0円
  • ~50万円:0円
  • ~100万円:800円(880円)
  • 以降100万円増加毎に:500円(550円)ずつ増加
取扱商品
  • 現物株式
  • ETF・ETN・REIT
  • 単元未満株式
  • 信用取引
  • 投資信託
  • 先物・オプション
  • 取引所FX
  • 店頭FX
  • 取引所CFD
  • IPO
  • NISA
  • iDeCo
取引ツール(PC)
  • 岡三ネットトレーダーWEB2
  • 岡三かんたん発注
  • 岡三RSS
  • 岡三ネットトレーダーライトF
  • 岡三オンラインFX WEB版
  • ネットトレーダー365FX
  • RSS 365FX
  • 岡三アクティブFX インストール版
  • 岡三アクティブFX WEB版
  • 岡三オンライン株365 WEB版
  • ネットトレーダー株365
  • RSS 365CFD
取引ツール(スマホ・タブレット)
  • 岡三ネットトレーダーWEB2
  • 岡三かんたん発注
  • 岡三カブスマホ
  • 岡三ネットトレーダースマホ
  • 岡三ネットトレーダースマホF
  • 岡三ネットトレーダースマホF for iPad
  • 岡三オンラインFX スマートフォンアプリ
  • 岡三オンラインFX for iPad
  • 岡三アクティブFX スマートフォンアプリ
  • 岡三アクティブFX iPadアプリ
  • 岡三オンライン株365 スマートフォンアプリ
キャンペーン
  • 友達紹介プログラム3,000円プレゼント
  • 新規口座開設で国内株式取引手数料最大3カ月全額キャッシュバック
  • 新規信用取引口座開設で信用取引手数料 最大3カ月全額キャッシュバック
  • 新規先物・オプション取引口座を開設で先物・オプション取引手数料 最大3カ月全額キャッシュバック
  • 新規FX取引口座開設で最大50,000円をキャッシュバック
  • 新規365取引口座開設で最大50,000円をキャッシュバック
\初心者向けの機能充実/

5マネックス証券

マネックス証券

次にご紹介する証券会社はマネックス証券です。なんとマネックス証券では100円で始めることができる資産運用が用意されています!

100円以上であれば1円単位で積立設定することができるため、初心者の方でも資産運用を気軽にスタートできますね!
また、少額投資が可能なだけではなく取引手数料がお手頃な点も魅力的です。
その他のマネックス証券のポイントは以下の通りです。
マネックス証券の特徴
  • 扱っている米国株の種類が豊富
  • サポート体制が充実しているため初心者でも安心
  • マネックスポイントを貯めて特典GETも可能
最短翌営業日で開設完了!
取引手数料

(税抜)

【取引毎手数料コース】※1注文毎に手数料を計算

  • 〜10万円以下:100円
  • 10万円〜20万円以下:180円
  • 20万円〜30万円以下:250円
  • 30万円〜40万円以下:350円
  • 40万円〜50万円以下:450円
  • 50万円~100万円以下:(成行注文)1,000円(指値注文)1,500円
  • 100万円~:(成行注文)約定金額の0.1%(指値注文)約定金額の0.15%

【一日定額手数料コース】※1日の約定金額の合計額に対して手数料を計算

  • 300万円まで:1日何回取引しても2,500円
  • 600万円まで:1日何回取引しても5,000円
  • 以降、300万円増えるごとに2,500円ずつ増加
取扱商品
  • NISA
  • iDeCo
  • 国内株
  • 米国株
  • 投信・投信つみたて
  • 新規公開株(IPO)
  • ETF
  • FX
  • 暗号資産CFD
  • 債権
  • ロボアドバイザー
  • 信用取引
  • 先物・オプション
  • 中国株
  • 金・プラチナ
取引ツール(PC)
  • マネックストレーダー
  • MonexTraderFX
  • 銘柄スカウター
  • マルチボード500
  • フル板情報ツール
  • チャートフォリオ
  • マーケットボード
  • マーケットライダープレミアム
  • マーケットライダー
  • MONEX VISION
取引ツール(スマホ・タブレット)
  • 銘柄スカウター
  • マーケットボード
  • マネックストレーダー株式スマートフォン
  • マネックストレーダー先物スマートフォン
  • トレードステーション米国株スマートフォン
  • マネックストレーダーFXスマートフォン
  • マネックス証券アプリ
  • MONEX VISION
  • MONEX TRADER CRYPTOスマートフォン
  • SNS型投資アプリ「ferci」
  • マネックストレーダー株式タブレット
キャンペーン
  • ご家族・ご友人紹介で最大50,000円キャッシュバック 期間:随時
  • 期間中にferciで口座開設された方の、ferciにおける単元未満株取引手数料(税込)を最大6ヶ月間全額キャッシュバック2021年1月4日(月)~2021年3月31日(水)
最短翌営業日で開設完了!

6松井証券

最後にご紹介するのは松井証券です。松井証券の最大の特徴として、1日50万円以下の取引であれば売買手数料が無料な点が挙げられます。

また、その他松井証券の特徴は以下の通りです。

松井証券の特徴
  • アプリやツールの種類が豊富
  • お得なキャンペーンが多い
  • 顧客サポートが充実

松井証券では、様々なキャンペーンが開催されているためまだ口座開設していない方は是非参加してみましょう!
\約定代金50万まで手数料無料/
取引手数料

(税抜)

※1日の約定代金合計額

  • 50万円まで:0円
  • 100万円まで:1,000円
  • 200万円まで:2,000円
  • 100万円増えるごとに:1,000円加算
  • 1億円超:100,000円(上限)
取扱商品
  • 株式・現物取引
  • 株式・信用取引
  • 投資信託
  • IPO
  • 貸株サービス
  • 立合外分売
  • ベストマッチ(約定価格改善サービス)
  • PTS
  • MMF
  • 先物・オプション取引
  • NISA/つみたてNISA
  • FX
  • ETF/REIT
  • iDeCo
取引ツール(PC)
  • ネットストック・ハイスピード
  • 株価ボード
  • チャートフォリオ
  • FXトレーダープラス
  • フル板情報(BRiSK for 松井証券)
取引ツール(スマホ・タブレット)
  • 株touch
  • 投信アプリ
  • 松井証券FXアプリ
  • LINE公式アカウント(松井証券FX)
キャンペーン
  • 株主優待銘柄買付、抽選で15名にグルメカタログギフト(4,000円相当)をプレゼント(〜2020年8月27日)
  • FX取引、抽選で100名に松井証券ポイント1,000ポイントをプレゼント(〜2020年10月30日)
  • 投信つみたて、抽選で50名に松井証券ポイント3,000ポイントをプレゼント(〜2020年8月31日)
  • つみたてデビュー総額1億円還元キャンペーン(〜2020年12月30日
  • 「松井証券ポイント」を口座開設で全員に200ポイントプレゼント(〜2020年12月29日)
  • 紹介で株式取引手数料をキャッシュバック(〜2020年12月18日
  • 貸株口座開設で抽選で100名様に2,000ポイントの松井証券ポイントをプレゼント(〜2020年8月28日)
  • 投資信託の保有金額に応じて現金またはポイントを付与
\約定代金50万まで手数料無料/

初心者が資産運用で気をつけるべき3点

初心者が資産運用する際、必ず気をつけるべきことがあります。

 資産運用の注意点を知らずに投資してしまうと、失敗につながりかねません。

そこで、初心者が資産運用で気をつけるべき3つのことを解説しています。ぜひ確認してみてください。

1資産運用のメリット・デメリットを理解する

初心者が資産運用で気をつけること1つめは、メリット・デメリットを理解することです。

初めて資産運用を行う場合、まずメリット・デメリットを知ることからスタートしましょう。

 資産運用のメリット・デメリットを正しく理解することで、本当に資産運用すべきか冷静に判断できます。
\最大1,200ポイント+1,000円獲得/

資産運用のメリット

資産運用のメリットは、労働以外で資産を増やせることです。働いて収入を得ることは生活の基本ですが、労働で得られる収入は限られています。

株式投資や積立投資などの資産運用をすれば、自分が働く時間とは別に資産を増やせます。

\最大1,200ポイント+1,000円獲得/

資産運用のデメリット

資産運用のデメリットは、損失が出る可能性があることです。資産運用したからといって、必ず資産が増えるとは限りません。

 資産運用には失敗もあります。運用が上手くいかなければ、元々ある資産がかえって減ってしまいます。

お金を増やすせる資産運用ですが、損失リスクがあることを必ず頭に入れておきましょう。

資産運用初心者向け

WealthNavi(ウェルスナビ)
当サイトで資産運用が初心者という方に人気のウェルスナビ。全自動で資産を運用してくれます。6つの質問に答えるとその人にあったプランを提案してくれます。ロボアド資産運用では預かり資産・運用者数No1です。
難易度 簡単(全自動)
投資期間 長期・積立
最低投資額 10万
手数料 年率1%
\運用シミュレーション無料/
ウェルスナビ公式HPはこちら

2資産運用に使えるお金を把握する

初心者が資産運用で気をつけること2つめは、資産運用に使えるお金を把握することです。

資産運用するには、元手となるお金が必要。資産運用の元手となるお金は、生活に支障をきたさない「ゆとり資金」から出しましょう

 資産運用には、損失リスクがつきものです。金融商品によっては、すぐにお金が引き出せないものもあります。

そこで貯蓄を整理し、資産運用に使えるお金を把握することが大切です。

資産運用に回せるお金の目安は、以下の公式で計算できます。

ゆとり資金(資産運用に使えるお金)の求め方
貯蓄−緊急予備費用−近々使う予定があるお金=ゆとり資金(資産運用に使えるお金)
緊急予備費用 病気や災害などのトラブルに備えて必要なお金
近々使う予定
があるお金
車の買い替え、結婚式など使う予定が決まっているお金

緊急予備費用の目安は、生活費の4〜6ヵ月程度。近々使う予定があるお金は、10年以内を目安に考えると良いでしょう。

貯蓄から、

  • 緊急予備費用
  • 使う予定のお金

の2つを引いて余ったお金は、資産運用に回しても問題ない可能性が高い資金です。

どのくらい資産運用に使えるお金があるのか、ざっくり計算してみてください。
\最大1,200ポイント+1,000円獲得/

3資産運用のリスクを管理する

初心者が資産運用で気をつけること3つめは、リスクを管理することです。

資産運用には、リスクがつきものです。確実に大金が入る資産運用方法は存在しません。

 リスクをいかに管理できるかが、資産運用の成功を左右する重要なポイントとなります。

リスクを最小限に抑えて資産運用するには、以下2つを抑えましょう。

  1. 分散投資
  2. 長期投資

分散投資とは、複数の投資先に分散して資産運用すること。投資先を分散することで、全体としてのリスクを下げられます。

例えば、1つの投資先がマイナスでも、別の投資先で利益があれば補える可能性があります。
\最大1,200ポイント+1,000円獲得/

(例)100万円を資産運用した場合

投資先が1つの場合
投資先(投資額) 結果
A(100万円) 80万円(−20)
分散投資していた場合
投資先(投資額) 結果
A(25万円) 20万円(−5)
B(25万円) 28万円(+3)
C(25万円) 30万円(+5)
D(25万円) 35万円(+10)
トータル +13万円

長期投資とは、ロングスパンで資産運用することです。資産運用では、投資期間が長くなるほど収益は安定傾向にあります。

ハイリスク・ハイリターンの短期投資に比べて振れ幅が少ないので、リスクを最小限に抑えたい初心者には長期投資がおすすめです。

資産運用初心者向け

WealthNavi(ウェルスナビ)
当サイトで資産運用が初心者という方に人気のウェルスナビ。全自動で資産を運用してくれます。6つの質問に答えるとその人にあったプランを提案してくれます。ロボアド資産運用では預かり資産・運用者数No1です。
難易度 簡単(全自動)
投資期間 長期・積立
最低投資額 10万
手数料 年率1%
\運用シミュレーション無料/
ウェルスナビ公式HPはこちら

初心者が資産運用する際のポイント3つ

次に、資産運用で大切なポイントを確認していきましょう。

初めて資産運用する際に必須のポイントをまとめています。

1目的・目標・プランを決める

初心者が資産運用する際のポイント1つめは、目的・目標・プランを明確にすること。資産運用を考えたら、まず目的や目標をハッキリすることが重要です。

その理由は?

目的・目標によって、最適な資産運用方法・金融商品は異なるため。

例えば、すでに老後資金が貯まっていたり希望する生活水準が高くなかったりする場合、そもそも投資をする必要がないケースもありえます。

資産運用を初めて行う人の中には、最初から金融商品を探す人も少なくありません。

しかし、金融商品の特徴は様々。目的や目標によってどの金融商品を選ぶべきかは大きく変わってきます

  • 老後資金としてこのくらいの金額が欲しい
  • 〇〇年でこのくらい増やしたい
  • 資産運用投資自体に興味があり無理ない範囲でチャレンジしたい

など、資産運用する目的やスタンスを明確にしましょう。

そのうえで、生活に無理のない範囲で資産運用することが重要です。資産運用にお金を回したせいで、

「急な出費に対応できない」「生活が苦しい」

といった事にならないよう、合わせて計画も立てましょう。

\最大1,200ポイント+1,000円獲得/

2資産運用について勉強する

初心者が資産運用する際のポイント2つめは、資産運用について勉強することです。

 資産運用投資は貯蓄と違い、お金が減るリスクがあるため、最低限の知識が必要です。

資産運用について必要な知識があれば、こうしたリスクを最小限に抑えられます。資産運用の勉強方法は、

  • ブログを読む
  • 本を読む
  • セミナーに参加する
  • 専門家に相談する

などが一般的。とくにブログや本を読むことは、今すぐにでも始められます。

もし専門家に資産運用を相談する際も、大まかな知識があるだけで話がスムーズにすすみ、内容をグッと理解できます。

また、資産運用の正しい知識を持っておくことは、トラブル防止の観点からも重要です。

 一部業者の中には「必ず儲かる」「リスク0」など甘い言葉でお金を搾取する悪徳業者も存在します。

資産運用について知識があれば、トラブルに巻き込まれる心配もありません。

\最大1,200ポイント+1,000円獲得/

3少額からスタートする

初心者が資産運用する際のポイント3つめは、少額からスタートすることです。

初めての資産運用は、少額から慣れていくのがおすすめです。金額が少なければ、もしマイナスになっても生活へ大きな影響はありません。

(例)資産運用投資で10%の損失が出た場合

金額 損失
5,000,000円 500,000円
50,000円 5,000円

投資の利益は元手に対する割合で決まります。そのため、同じ損失割合でも元手が大きいほど損失額は大きくなります。

中には、少額投資は一気に高額リターンが見込めないため、物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

しかし、資産運用初心者にとってはは、最小限のリスクで投資の仕組みを理解することが何より重要です。

まずは少額からスタートして、高額投資は慣れてからにしましょう。
\最大1,200ポイント+1,000円獲得/

初心者が資産運用すべき2つの理由

初心者が資産運用すべき理由

近年、日本政府によって「貯蓄から投資へ」とい合言葉が使われているように、資産運用の必要性は年々増してきています。その主な理由は、次の2点です。

初心者が資産運用すべき理由
  1. 低金利下で貯蓄では資産が増えないから
  2. 老後資金が不足する恐れがあるから

1低金利下で貯蓄では資産が増えないから

日本政府と日本銀行(以下、日銀)によるいわゆる「マイナス金利政策」が実施されて久しくなりました。

マイナス金利政策とは?
マイナス金利とは、金融機関から日銀に資金を預けるとき本来なら利息を受け取るところ、逆に金融機関から日銀に支払う政策です。そうして市井に出回る資金を増やし、経済活性化を促す狙いがあります。

そのため銀行などの金融機関では、消費者にお金を貯蓄してもらうより投資などに活用してもらいたいため、金利が下がっています。例えばメガバンクの三菱UFJ銀行の定期預金は、0.002%しかありません。

ただ貯蓄するだけでは資金が増えない時代です。資産運用で積極的に資産を増さなければなりません。

2老後資金が不足する恐れがあるから

2019年に「老後2,000万円問題」で話題になった、金融庁による『金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 「高齢社会における資産形成・管理」 』では、老後資金について、次のような見解が示されています。

金融庁の老後資金に関する見解
  1. ある65歳で退職した夫婦が、平均的な年金収入を得ていたとする
  2. その場合、毎月の家計は平均的に約5.5万円の赤字となる
  3. その夫婦は「人生100年時代」とも言われる今後の平均寿命の伸びも勘案して、95歳まで生きるとする
  4. すると退職から亡くなるまでの老後資金は、5.5万円×12ヶ月×30年=1,980万円不足する

細かな数値は報告書を確認していただきたいですが、平均的な生活では約2,000万円の資金が足りません。そのための自助努力して、資産運用は欠かせなくなっているのです。

\最大1,200ポイント+1,000円獲得/

まとめ

ここまで、初心者が資産運用する際のポイントや注意点を解説してきました。

ポイント 注意点
目的・目標・プランを決める
資産運用について勉強する
少額からスタートする
メリット・デメリットを理解する
資産運用に使えるお金を把握する
リスクを管理する

初心者でもポイントや注意点を押さえることで、安定した資産運用は十分可能です。

とくに、初心者におすすめの資産運用は「つみたてNISA」「iDeCo」「国債」の3つでした。

どれも少額からスタートできるため、大きな元手がないという方にも最適。リスクを最小限に資産運用したい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

\最大1,200ポイント+1,000円獲得/

資産運用初心者向け

WealthNavi(ウェルスナビ)
当サイトで資産運用が初心者という方に人気のウェルスナビ。全自動で資産を運用してくれます。6つの質問に答えるとその人にあったプランを提案してくれます。ロボアド資産運用では預かり資産・運用者数No1です。
難易度 簡単(全自動)
投資期間 長期・積立
最低投資額 10万
手数料 年率1%
\運用シミュレーション無料/
ウェルスナビ公式HPはこちら

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事