ARUHI住宅ローン

「住宅ローンのフラット35は、どの金融機関で組んでも同じでしょ?」上記のように考えている方は少なくないでしょう。

確かに住宅ローンのフラット35は、住宅金融支援機構が金融機関を通じて提供している共通商品です。そのため基本的には、どの金融機関でも同じ仕組みだと言えます。

 しかし金利や付帯サービス等は金融機関によって異なり得るため、フラット35でも金融機関を慎重に選ぶ必要があります

そこで注目なのが、住宅ローン専門の金融機関であるARUHIです。住宅ローンを扱う大手金融機関のひとつで、特にフラット35では10年連続で実行件数シェア1位となっています。
※出典:https://www.aruhi-group.co.jp/news/press/20200512

 業界最低水準の金利や迅速な審査スピードなどを武器に日々シェアを拡大しており、評判も上々です。

公式ページより

今回はARUHIの住宅ローンについて、審査や金利、シミュレーション、評判などをわかりやすく解説します。

\10年連続高シェア!!/

口コミや評価もご紹介しているので、住宅ローンをどの金融機関で組もうか迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ARUHI住宅ローンの6つの特徴

住宅ローン

ARUHIの住宅ローンには以下の6つの特徴があり、どの特徴もARUHIを選ぶメリットになります。

他にはないサービスもありますので、住宅ローンを検討している方は要チェックですよ。
ARUHI住宅ローンの5つの特徴
  1. 「フラット35」では10年連続シェア1位
  2. 業界最低水準の金利
  3. 審査のスピードが早い
  4. 諸費用をローンに組み込める
  5. 返済口座が全国1000以上の金融機関から選択できる
  6. 付帯保険が充実

1「フラット35」では10年連続シェア1位

ARUHIARUHIは、2019年度の融資実行件数のうちARUHIは27.5%のシェアを誇り、10年連続1位の実績がある住宅ローン専門の金融機関です。公式ページより

フラット35で住宅ローンを組む人のおおよそ4人に1人がARUHIを利用している計算になります。

10年連続シェア1位の理由は、業界最低水準の金利や充実の付帯保険、プランを組み合わせれば最高10割の融資が受けられる点などが挙げられます。

また、住宅ローンの申し込みに来店の必要がないことも大きなメリットです。

 相談やお申し込み、事前審査・本審査など、全てWeb上で手続きができます。もちろん、全国にある店舗でも各種手続きが可能です。

ビデオチャットでのオンライン相談も可能で、時間はたっぷり1枠で2時間あります。最終枠が20時〜22時なので、夜しか時間の取れない方にもおすすめです。

\10年連続高シェア!!/

相談も申し込みもWeb上でできるのは、仕事が忙しくてなかなか来店する時間が取れない人にとっては嬉しいサービスですね。

2業界最低水準の金利公式サイト参照

お金ARUHIには、全期間固定金利のARUHIフラット35だけでなく、借入金額の1割以上の自己資金を用意できればさらに低金利になるARUHIスーパーフラットがあります。

以下にARUHIスーパーフラットの5S(自己資金5割の場合)とARUHIフラット35について、金利や諸費用を一覧表にまとめたのでご参照ください。

※ 以下に示した金利(実質年率)は2021年3月の実行金利です。

項目 ARUHIスーパーフラット5S ARUHIフラット35
金利※1
  • 一般団信加入:年0.870%
  • 団信不加入:年0.590%
  • 機構団信加入:年1.100%
  • 団信不加入:年0.900%
使用目的※2
  • 新築住宅の建設・購入資金
  • 中古住宅の購入資金
  • セカンドハウスの建設・購入資金
  • 中古住宅購入資金及び併せて行うリフォーム工事資金
  • 新築住宅の建設・購入資金
  • 中古住宅の購入資金

 

事務手数料(税込)
  • 借入金×2.2%
  • 最低事務手数料:22万円
  • 借入金×2.2%
  • 最低事務手数料:22万円
保証料 0円 0円
保証人 不要 不要
繰上返済手数料※3 0円 0円

※1 プラン・期間により違いあり
※2 住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合すること。
一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅の場合、床面積が70㎡以上が対象。共同建ての住宅(マンション等)の場合、床面積が30㎡以上が対象。
※3 一部有料の場合あり

なお、ARUHIスーパーフラットには以下の8種類がありそれぞれ金利が違います。

※ 以下に示した金利(実質年率)は2021年3月の団信不加入の場合の実行金利です。

ラインナップ 自己資金 当初10年間の金利 11年目以降の金利
ARUHI スーパーフラット5S 5割 0.590% 0.840%
ARUHI スーパーフラット6S 4割 年0.620% 年0.870%
ARUHI スーパーフラット6.5S 3.5割 年0.640% 年0.890%
ARUHI スーパーフラット7S 3割 年0.670% 年0.920%
ARUHI スーパーフラット7.5S 2.5割 年0.690% 年0.940%
ARUHI スーパーフラット8S 2割 年0.720% 年0.970%
ARUHI スーパーフラット8.5S 1.5割 年0.740% 年0.990%
ARUHI スーパーフラット9S 1割 0.770% 1.020%

公式ページ参照。

\10年連続高シェア!!/

3審査のスピードが早い

審査審査スピードは、申し込みから事前審査完了まで最短1営業日、本審査完了まで最短3営業日となっています。

 人気物件などで早く審査を通したい方にとっては、審査手続が早い点は大きなメリットです。

ただし上記は最短の日程です。追加資料が必要な場合などには最短では審査は終わりません。このため最短の日数で予定を立てるのではなく、1〜2週間ほど余裕を持たせておいた方が安全です。

 最短で審査を通したい場合には、書類に不備などがないように注意する必要があります。

4諸費用をローンに組み込める

経費住宅を購入する場合にはさまざまな諸費用がかかります。このため、住宅購入時にまとまった金額が必要になる場合がほとんどです。

 住宅購入時にかかる諸費用の一般的な目安金額は購入金額の約10%程度だといわれています。

ARUHIのフラット35やARUHIスーパーフラットでは以下のような諸費用をすべて住宅ローンに組み込めます。

  • 仲介手数料
  • 住宅ローン事務手数料
  • 印紙代
  • 火災保険料

ARUHI住宅ローンなら、住宅購入の初期に発生するお金を大幅に減らせますよ。
\10年連続高シェア!!/

5返済口座が全国1,000以上の金融機関から選択できる

選べる返済口座は全国1,000以上の金融機関から選択可能。すでにお持ちの給与口座や生活口座を返済口座に使えます。

生活口座とは?
一般的な認識では、毎月一定額の入金があり、光熱費や保険の支払いなどに使用している口座を指します。

住宅ローンの返済のために新規口座を開設する必要がなく、手続きの負担が経験されるでしょう。

6付帯保険が充実

住宅保険ARUHIの住宅ローンは、付帯保険も充実しています。

ARUHI住宅ローンの付帯保険例
  • 機構団体信用生命保険
  • ARUHI団体信用生命保険(ARUHIスーパーフラットの場合に加入可能)
  • ARUHI全疾病保障(入院一時金付)
  • ARUHI住宅ローン専用火災保険

付帯保険が充実しているため、万が一の場合にも安心して利用できる住宅ローンだといえるでしょう。

\10年連続高シェア!!/

ARUHI住宅ローンの事前審査はスコアリング制

スコアリング制ARUHIの住宅ローンの事前審査にかかる時間は最短1営業日です。事前審査にスコアリング制を採用しており、スピーディーな審査を実現しています。

スコアリング制とは?
事前審査の申し込み用紙に記入された情報をポイント化して点数をつけるものです。点数の善し悪しで承認するかどうかを決めています。

また、事前審査では物件の審査を行わず、借入する人の情報のみを審査しています。その点も、スピーディーな審査が可能な理由だと考えられるでしょう。

ARUHI住宅ローンの金利と手数料

住宅ローン手数料ARUHIの主力であるフラット35やスーパーフラットでは、保証料保証人が必要ありません。Webから申し込めば繰上返済手数料無料など、住宅購入の際にかかる諸経費を安く抑えられます。

金利と手数料について
  • 固定金利だから返済の予定を組みやすい
  • WEBからの新規借入で事務手数料がお得
  • 保証料・繰上返済手数料が不要

ここでは、ARUHI住宅ローンの金利と手数料について知っておくべき主なポイントを3つ紹介します。

\10年連続高シェア!!/

固定金利だから返済の予定を組みやすい

安心のローンARUHIが得意とするフラット35は、全期間固定金利のため返済の予定が組みやすいのが特徴です。

ARUHIスーパーフラットでも当初10年間の金利と11年目以降の金利がそれぞれ固定される期間固定金利です。そのため、借入時に総支払額が分かるメリットがあります。

当初に設定された金利で固定されるので、経済状況に左右される心配がありません。

WEBからの新規借入で事務手数料がお得

ARUHI事務手数料

ARUHI住宅ローンは、Webからの新規借入で手数料が融資金額×1.1%(税込)になりお得です。ARUHI住宅ローンはWebから申し込むようにしましょう。

※ARUHI スーパーフラットをお申し込みの場合は「融資額×2.2%(消費税込)となります。
※別途、対象商品・利用条件についての定めがあります。
※最低事務手数料22万円(消費税込)

\10年連続高シェア!!/

保証料・繰上返済手数料が不要

無料ARUHIの住宅ローンでは、保証料や保証人が不要です。またARUHIフラット35の場合には繰上返済手数料無料のため、諸経費を抑えられます。

なお、ARUHIスーパーフラットの繰上返済手数料は一部無料です。詳細は以下の表をご参照ください。

一部繰上返済手数料(ARUHIスーパーフラットの場合)

お手続き方法 繰上返済方式 手数料(税込)
インターネット 期間短縮型 無料
返済額軽減型
電話・郵送 期間短縮型 11,000円
返済額軽減型 33,000円

全額繰上返済手数料(ARUHIスーパーフラットの場合)

お手続き方法 繰上返済方式 手数料(税込)
電話・郵送 全額繰上返済 55,000円

公式ページより

\10年連続高シェア!!/

ARUHI住宅ローンの気になる口コミや評判

口コミフラット35において実行件数国内シェア1位のARUHIですが、口コミ評判にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、良い口コミと悪い口コミをそれぞれピックアップしてご紹介します。

実際にARUHIの住宅ローンを利用した方から寄せられた声です。

自分にとってARUHIで住宅ローンを組むのが良い選択かどうか、判断する材料にしてくださいね。

良い口コミ・評判

良い口コミ

オンライン完結が好印象

まず、金利が他行より低いのが何よりの魅力でした。オンラインで全て完結するところも、煩わしい手続きが無くて好印象でした。書類も素人にもわかりやすく、全体的に大変満足です。

30代・女性

わかりやすい説明で勉強になった
担当してくれた人が分かりやすく説明してくれた。わからなかった金利の説明や繰り上げ返済の事など勉強になった。
40代・女性
反応や審査が早い
専用ホームページでやり取りができるので色々と相談できる。反応も早いので助かる。審査も早いので焦らなくて済む。
40代・男性
\10年連続高シェア!!/

悪い口コミ・評判

良くないレビュー

担当がころころ変わってやりにくかった
最初に担当してくれた人からころころと担当が変わったため、やりにくい感じがしました。担当が一貫していると安心する。
50代・女性
土曜日でも契約できれば良かった
土日の契約が出来ずに主人が仕事を有給とってわざわざ本社まで出向かなければならなかった。せめて家の近くまで来るとか、土曜日でも契約出来れば良かった。
30代・女性

ARUHI住宅ローンはこんな人におすすめ

おすすめARUHIの住宅ローンのメインはフラット35です。しかしフラット35以外にも、さまざまな種類の住宅ローンが用意されています。

ARUHIの住宅ローンは以下の3タイプの方に特におすすめです。

ARUHI住宅ローンはこんな人におすすめ
  • 毎月の返済額を固定したい人
  • 就職や転職をしたばかりの人・個人事業主など
  • 持病があって団信に加入できない人

どんな特徴を持った人におすすめなのか、以下それぞれ詳しく解説していきますね。

毎月の返済額を固定したい人

お金

ARUHIのフラット35は全期間で固定金利です。ARUHIスーパーフラットでも、当初10年間と11年以降とでは金利が違いますが、該当期間中はずっと同じ金利になっています。

ラインナップ 当初10年間の金利 11年目以降の金利
ARUHI スーパーフラット5S 0.590% 0.840%
ARUHI スーパーフラット6S 年0.620% 年0.870%
ARUHI スーパーフラット6.5S 年0.640% 年0.890%

返済方法も元利均等毎月払いまたは元金均等毎月払いで、月々の返済額は基本的に均等です。このため、返済や長期的なライフプランを立てやすくなっています。

\10年連続高シェア!!/

就職や転職をしたばかりの人・個人事業主など

個人事業主ARUHIの住宅ローンの申し込み要件には、勤続形態や年数に規定がありません。

このため、就職や転職をしたばかりであったり、雇用形態が契約社員や派遣社員、アルバイトなどの正社員以外の方でもお申し込みが可能です。

一般に住宅ローンなどの借入が難しいとされる個人事業主でもお申し込みができます。

持病があって団信に加入できない人

持病ARUHIの住宅ローンは、団信の加入が任意です。過去に大きな病気をしたり持病があったりと健康状態に不安がある方でも、ARUHI住宅ローンなら利用できる可能性があります。

団体信用生命保険(団信)とは?
住宅ローンの返済中に万が一のことがあった場合、保険金により残りの住宅ローンが弁済される補償制度です。

どうしても団信に加入したい場合には、ARUHIスーパーフラットがおすすめです。持病があっても入りやすいワイド団信の取り扱いもあります。

うつ病・高血圧症・糖尿病・肝機能障害などの持病がある場合には、ワイド団信の加入を検討してみてはいかがでしょうか。
\10年連続高シェア!!/

借入も借り換えもシミュレーションは無料

無料ARUHIでは、公式ページで最新金利の情報にてシミュレーションを無料で行えます。借入、借り換えのどちらのシミュレーションも可能です。

シミュレーションの種類
  • 借入希望金額から試算
  • 現在の年収から試算
  • 毎月の返済額から試算

ARUHI住宅ローンのシミュレーション機能は、上記3パターンでの試算に対応しています。登録不要でいつでも気軽にシミュレーション結果を確認できる点は魅力です。

マイページに登録すれば、さらに詳しいARUHI フラット35の借り入れシミュレーションが利用できます。複数の住宅ローンの返済プランを同時に確認でき、シミュレーション結果を保存できます。

どの程度の返済額になるのか知りたい方は、ぜひ一度ARUHIのシミュレーションを試してみてください。

まとめ

今回は、住宅ローン専門の金融機関であるARUHIについて、審査、金利、シミュレーションなどをご紹介しました。以下、本記事で解説したARUHI住宅ローンの特徴を箇条書きでまとめます。

ARUHI住宅ローンの特徴公式ページ参照
  • 「フラット35」では10年連続実行件数シェア1位
  • 金利は業界最低水準
  • 審査対応最短1営業日
  • 全国1,000以上の金融機関から返済口座を選択可能
  • 付帯保険が充実

ARUHIはフラット35では10年連続実行件数シェア1位を誇る実績があります。特に業界最低水準の金利の低さや、審査手続スピードの早さが評価されている住宅ローンです。

住宅ローンを検討されている方は、ぜひARUHI住宅ローンを選択肢に入れてみてくださいね。

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事