ARUHI フラット35

フラット35は、住宅金融支援機構が提供している住宅ローンで、一見どの金融機関で借り入れても同じように感じます。たしかに、フラット35の仕組み自体は、各金融機関で差はありません。

 しかし金利や付帯するサービスは、金融機関ごとに異なるため、フラット35を選ぶときは各金融機関のメリット・デメリットを理解する必要があります。

今回は11年連続シェア1位ARUHI【フラット35】の金利や審査・評判から、メリット・デメリットに至るまで解説します。 公式サイトの文言です。

低金利でおすすめの住宅ローンを探している方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。
\10年連続高シェア!!/

【フラット35】とは?【フラット35】Sとの違いは?

フラット35とは?Sとの違いは?

【フラット35】とは、新築住宅・中古住宅の購入費や、建築費に利用できる全期間固定金利の住宅ローンです。

従来、民間の金融機関は変動金利タイプの住宅ローンを扱うことが多く、利用者にとってはリスクがありました。

 フラット35は、住宅金融支援機構と金融機関が提携し、全期間固定金利の住宅ローンを実現させたものです。

次に【フラット35】のメリットでもある特徴と、【フラット35】Sとの違いについて、わかりやすく解説します。

【フラット35】の特徴

フラット35のメリット

フラット35には、メリットとも言える3つの特徴があります。

【フラット35】の3つの特徴
  1. 保証人が不要
  2. 持病がある人でも借りやすい
  3. 保証料がかからない
 民間の金融機関が扱う住宅ローンとは異なり、保証人や保証料はかかりません。

また、団体信用生命保険(団信)への加入も任意のため、持病があって団信に加入できない人も利用できるのがメリットです。

\10年連続高シェア!!/

【フラット35】Sとの違い

「フラット35S」との違い

フラット35と似た住宅ローンに、【フラット35】Sがあります。

 【フラット35】Sは、新築・購入する住宅が定められた住宅性能を備えている場合に、金利が引き下げられる住宅ローンです。

次の4つの性能に優れた住宅が、【フラット35】Sの対象となります。

【フラット35】Sの住宅性能基準
  1. 省エネルギー性
  2. バリアフリー性
  3. 耐震性
  4. 耐久・可変性

上記の条件をすべて満たす必要はなく、4つのうち1つ以上の基準をクリアしていれば、【フラット35】Sの金利で住宅ローンが組めます。

ARUHI【フラット35】の金利・金利推移

ARUHIのフラット35の金利・金利推移

ARUHIフラット35の金利タイプは、全期間固定金利です。

 全期間固定金利とは、金利の見直しがおこなわれず、融資実行時の金利が継続される金利タイプ。

金利変動の影響を受けず、住宅ローンの借入時に返済総額が確定するため、返済の目安が立てやすいことが特徴です。

 対して変動金利の住宅ローンは、金利変動による影響を受け、返済総額が増える可能性があります。

2018年~2021年までのフラット35の金利推移は、次の表のとおりです。
対象年月 借入期間
15~20年 21~35年
2021年5月 1.23% 1.36%
2021年1月 1.20% 1.29%
2020年5月 1.23% 1.30%
2020年1月 1.22% 1.27%
2019年5月 1.23% 1.29%
2019年1月 1.26% 1.33%
2018年5月 1.30% 1.35%
2018年1月 1.30% 1.34%

出典:https://www.aruhi-corp.co.jp/rate/transition/

\10年連続高シェア!!/

ARUHI【フラット35】の事前審査・本審査を解説

ARUHIのフラット35の事前審査・本審査を解説

ARUHIのフラット35に申し込む方法は、次の2パターンです。

ARUHI【フラット35】申し込みパターン
  1. 店舗に来店して申し込む
  2. Webから申し込む

店舗に来店する方法を選んでも、必要書類の提出は郵送で済ませることが可能な場合もあります。

来店する方法と、Webでおこなう方法の流れをそれぞれ紹介します。

来店での申し込みの流れ

ARUHI店舗に来店してフラット35に申し込む手順
  1. 電話あるいはネットから来店予約をする
  2. 新規借り入れの場合は事前審査
  3. 申込書・必要書類を提出
  4. ローンの本審査
  5. 契約に向けての面談・融資の実行

1電話かネットで来店予約をする

ARUHIの店舗でフラット35に申し込む場合は、来店予約が必要です。

 近くの店舗に電話で予約するか、ネットから来店予約ができます。

店舗で申し込む方法では、担当者に直接質問でき、疑問に思っていることをその場で解決できるため、初めて住宅ローンを検討する人におすすめの方法です。
\10年連続高シェア!!/

2新規借り入れの場合は事前審査の申込

新規借り入れは事前審査の申込

来店して申込を決めた場合、新規で住宅ローンを組む人には、事前審査が実施されます。ARUHIの事前審査は、最短で当日回答が可能です。

 ただし、追加資料が必要なケースでは、最短日よりも審査に時間がかかることもあります。

3申込書・必要書類を提出する

申込書と必要書類を、店舗で記入、あるいは郵送にて提出します。

 店舗で記入する際は、担当者に記入のサポートをしてもらえるため、書類の記入方法に不安がある場合は、店舗での記入が安心です。

また、審査の回答を急ぐ場合も、書類不備のリスクを避けるため、店舗で記入するとよいでしょう。

4本審査の申込

本審査の申込

申込書・必要書類を提出すると、本審査に入ります。ARUHIの本審査は、最短で3営業日です。

 書類に不備があったり、追加資料が必要だったりする場合は、審査日数が延びる可能性もあります。

日にちに余裕をもって、書類を提出しましょう。

5面談・融資実行

本審査に通過すると、金銭消費貸借契約を結ぶための面談をおこないます。

住宅ローンで不安な点など、面談にて担当者に相談しましょう。

契約を終結し、融資が実行されます。

\10年連続高シェア!!/

Webからの申し込みの流れ

Webからフラット35に申し込む手順
  1. ARUHI IDを作成
  2. Web事前審査を申込・回答
  3. Webで本申込・本審査
  4. 郵送で契約手続き
  5. 融資の実行

1ARUHI IDの登録

Webからフラット35に申し込むには、ARUHI IDの登録が必要です。登録ページから、ARUHI IDを作成します。

登録は無料で、最短5分で完了します。

2Web事前審査への申込・結果の回答

ARUHIのフラット35の事前審査・本審査を解説

ARUHI IDでマイページにログインし、事前審査へ申し込みをおこないます。事前審査では、本人確認のために、登録した電話番号に電話がかかってきます。

 電話がつながらない場合は、事前審査の結果回答に時間がかかるので注意しましょう。

審査の結果は、1~2営業日以内にメールで送られてきます。

3Webから本申込・本審査

事前審査を通過したら、次は本審査です。審査に必要な書類を、郵送で提出します。

Webで申し込む場合は、店舗への来店は不要です。

4契約書類の返送

ARUHIのフラット35の事前審査・本審査を解説

本審査の申込から、1~2週間で結果の回答があります。

 審査結果は、メールと電話でおこなわれ、追加資料が必要な場合も電話・メールで連絡がきます。

審査を通過後、契約書類が送付されますので、署名・捺印をして返送しましょう。

5融資の実行

契約書類が受理されると、契約終結となり、融資が実行されます。

\10年連続高シェア!!/

ARUHIの審査に落ちた?本審査に落ちる確率は?

「住宅ローンの審査に落ちるのでは?」と、不安な方も多いのではないでしょうか。また本審査の回答がもらえるまで、落ち着かない気持ちが続くこともあるでしょう。

ARUHIのフラット35の事前審査・本審査を解説

実は、事前審査にとおっていれば、本審査にも通る確率は高いと言われています。ここでは、ARUHIの本審査に落ちる確率と、本審査の回答が遅くなる理由について説明します。

本審査に落ちる確率は10%程度

一般的に、事前審査に通っている場合は、本審査に落ちる確率は10%未満と考えられています。

つまり、事前審査にとっていれば、本審査も通る確率は90%程度。ほとんどの場合で、本審査もパスできるでしょう。

 本審査に落ちる確率は、金融機関による正式なデータが発表されていないため、正確なデータは不明です。

本審査の回答が遅くなる理由

本審査の結果連絡が遅い場合「審査に落ちたのでは?」と不安になるかもしれません。ARUHIの本審査は、最短3営業日で回答されます。

 あくまで最短の日数なので、場合によっては1週間以上、審査に時間がかかるケースもあるでしょう。

審査の回答が遅い理由として、次のようなものが考えられます。
本審査の回答が遅い理由
  • 住宅ローンの申込件数が多く、手続きに時間がかかっている
  • 追加資料の提出が必要になった
  • 個人信用情報に問題が見つかった
  • 転職・退職など、申込者の収入に変化があった など

本審査の回答が遅くなるのは、単純に住宅ローンの申込が多く、手続きの順番待ちをしている可能性があります。このケースでは、申込者に問題はないため、安心して回答待ちをしましょう。

 審査中に追加資料が必要になった場合も、求められた資料を提出すれば、問題なく審査が進みます。必要な追加資料をなるべく早く提出すると、審査の回答も早くなります。

問題なのは、個人信用情報に問題が見つかった場合や、審査中に申込者の収入に変化があった場合です。

とくに、個人信用情報の審査で、過去の事故が見つかった場合は、住宅ローンが下りない可能性があります。

 審査中に転職や退職をして、収入が大きく減少した場合も、本審査に通らないケースがあるので、審査中の転職・退職は控えるのが無難です。

本審査の回答が遅れているときに、金融機関から問い合わせがくることもあるので、速やかに返答すると審査がスムーズに進むでしょう。

\10年連続高シェア!!/

ARUHIの口コミ・評判

口コミ

ここでは、ARUHIの口コミ・評判を紹介します。

多く見られた口コミ・評判
  • 金利が低い
  • 接客が丁寧
  • 審査がスピーディー

ARUHIの口コミ・評判を調べると「金利の低さ」「接客の丁寧さ」「審査の早さ」を評価する声が複数ありました。

フラット35は、住宅金融支援機構と各金融機関が提携して扱う住宅ローンのため、内容はどの金融機関で契約しても変わりません。

 しかし、金利は各金融機関で異なったり、手続きの速さなどに違いがあったりと、フラット35を利用する金融機関の選択も重要です。

ARUHIは口コミ評判も良いので、安心して利用できますね。

ARUHI【フラット35】のメリット・デメリット

ARUHIのフラット35のメリット・デメリット

ARUHIのフラット35は、2020年度の融資実行件数のシェアが28.4%と、11年連続シェアNo.1を獲得しています。

選ばれるフラット35であるARUHI【フラット35】のメリットと、デメリットについて解説します。
※参照:https://www.aruhi-corp.co.jp/guide/flat_share/
\10年連続高シェア!!/

【フラット35】の4つのメリット

ARUHIのフラット35には、以下の4つのメリットがあります。

ARUHI【フラット35】の4つのメリット
  1. 金利が比較的低く設定されている
  2. 住宅ローンにかかる諸費用も融資対象になる
  3. 付帯保険も併せて利用できる
  4. 申込に来店が不要

金利が業界最低水準でお得なだけでなく、申込に来店が不要で、利用しやすい点が選ばれる理由でしょう。
公式サイトの文言です。

 仲介手数料や事務手数料などの諸費用も融資対象になったり、付帯保険に合わせて加入できたりと、痒い所に手が届くのがARUHIのフラット35のメリットです。

【フラット35】の2つのデメリット

ARUHIのフラット35のメリット・デメリット

メリットの多いARUHIのフラット35ですが、デメリットとなる部分もあります。

ARUHI【フラット35】の2つのデメリット
  1. ワイド団信には加入できない
  2. 融資手数料が高めに設定されている

ARUHIのフラット35は、団体信用生命保険への加入は任意で、加入できるのは一般団信のみです。

 持病のある人も利用できるワイド団信には、加入できません。

また、融資手数料が融資額×2.2%※1と高めに設定されていますが、Web申し込みを利用すれば、融資手数料が融資額×1.1%になる割引もあります。※2

※1参考:https://www.simulation.jhf.go.jp/flat35/kinri/index.php/rates/nameIndex?user_name=%A5%A2%A5%EB%A5%D2

※2 一部商品、スーパーフラットは対象外です

\10年連続高シェア!!/

ARUHI【フラット35】がおすすめな人

フラット35のプランは、多くの金融機関が取り扱っていますが、ARUHIのフラット35は手続き方法や付帯サービスに特徴があります。

ARUHIのフラット35は、以下の3タイプの人におすすめです。

こんな人におすすめ
  1. 少しでも低金利で住宅ローンを借りたい人
  2. Web上で手続きを完結させたい人
  3. 仲介手数料や事務手数料も融資してほしい人

    どんな人におすすめなのか、詳しくみていきましょう。

    1、少しでも低金利で住宅ローンを借りたい人

    フラット35を利用したい場合、変動金利の住宅ローンと比べて金利が高く設定されています。

    そのため、より金利の低いプランを選びたいものです。
     15~20年の借り入れ・団信に不加入の場合、ARUHIのフラット35の2021年5月金利は1.030%(借入90%以下)。団信に加入した場合でも、1.230%と比較的低い水準です。

    金利は、返済総額を左右する大きな要因です。

    とくに資金繰りが厳しいケースでは、ARUHIフラット35のように、金利が比較的低い住宅ローンを選びましょう。

    \10年連続高シェア!!/

    2、Web上で手続きを完結させたい人

    ARUHIのフラット35がおすすめな人

    フラット35の申込は、一般的に店舗に来店して手続きをします。

     しかし「仕事が忙しい」「わざわざ出向くのが面倒」という場合、ARUHIのフラット35なら、来店せずにWeb上で手続きが完結します。

    必要書類の提出も郵送で行えるため、店舗へ行けない人でもフラット35を利用しやすいでしょう。

    3、仲介手数料や事務手数料も融資してほしい人

    住宅の新築・購入に仲介手数料が必要だったり、住宅ローンの借り入れに事務手数料がかかったりと、フラット35を利用する際は思ったよりも諸費用が必要になります。

     ARUHIのフラット35では、仲介手数料や事務手数料などの諸費用も、融資の対象です。

    家計が厳しく、諸諸費用をすぐに用意できない人にもフラット35はおすすめです。
    \10年連続高シェア!!/

    よくある質問

    フラット35の融資の実行までにどれくらいの日数がかかる?
    店舗:おおむね1か月程度
    Web:本申込の受付から、6週間程度
    フラット35の事前審査に必要な書類は?
    • ARUHIフラット35(買取型)・(保証型)長期固定金利型住宅ローン事前審査申請書兼今回の住宅取得以外の借入に関する申出書
    • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証・マイナンバーカードなど)
    • 年収がわかるもの(源泉徴収・納税証明書・確定申告書いずれも直近2年分)上記以外に、2年以内に転職をした人・産休育休を取得した人は給与明細が必要です。場合によっては、そのほかの書類が必要になることもあります。
    フラット35の本審査に必要な書類は?
    • 申込書類一式
    • 本人確認書類(住民票・健康保険証・戸籍謄本)上記以外に運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・印鑑証明書のうち、いずれか1つの提出も必要です。
    住宅ローンの否決歴があってもフラット35に申し込める?
    別の金融機関で、過去に住宅ローンの審査を通過しなかった場合でも、フラット35に申し込めます
    住宅ローンの審査は、金融機関別・ローン商品別に審査基準が設定されており、否決歴があっても、フラット35の審査に通る可能性があります。
    転職をしたばかりでもフラット35に申し込める?
    ARUHIのフラット35への申込は、過去1回以上の給与受給があれば、申し込めます。
    ただし、転職した勤務先に、収入を証明する書類の作成依頼が必要です。作成してもらった書類を参考に、年収を計算します。
    派遣社員やパートでもフラット35に申し込める?
    ARUHIフラット35に申し込む際は、雇用形態の制限はありません
    派遣社員やパート、契約社員でも申し込めます。就職したばかりの人も対象です。
    中古物件の購入費用も融資の対象になる?
    中古の住宅も、融資の対象になります。
    ただし、住宅金融支援機構の技術基準をクリアしている必要があり、審査には適合証明書が必要です。
    \10年連続高シェア!!/

    まとめ

    今回は、ARUHIのフラット35の金利と、メリット・デメリットを紹介しました。ARUHIのフラット35で、注目したいポイントは以下のとおりです。

    ARUHI【フラット35】の特徴
    • 金利が比較的低く設定されている
    • 住宅ローンにかかる諸費用も融資対象になる
    • 付帯保険も併せて利用できる
    • 申込に来店が不要
    • 就職・転職したばかりでも申し込める

    とくに、金利が業界最低水準であることは、住宅ローンを借りるうえで重要なポイントでしょう。

    住宅の新築・購入・ローンの借り入れにかかる諸費用も、融資対象になることも、すぐに資金を用意できない人におすすめの理由です。

    フラット35を組むなら、11年連続シェア1位のARUHIを検討してみてくださいね。
    公式サイトの文言です。
    \10年連続高シェア!!/
    監修者の紹介

    監修者の写真

    監修者岡田行史

    人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事