アルトコイン おすすめ

現在、アルトコインの種類は2,500種類以上もあることを知っていましたか。

アルトコイン投資を考えている方の中には「将来性有望なアルトコイン をどうやって選べばいいのか」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では2021年注目のおすすめアルトコイン5選を紹介。有望なアルトコインの選び方や、アルトコイン投資のメリット・デメリットも解説しています。

おすすめの仮想通貨取引所も紹介しているので、これからアルトコインの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
\アルトコイン購入可能/
※参照https://coinmarketcap.com/

2021注目のおすすめアルトコイン5選

さっそく、2021年以降注目のおすすめのアルトコインを紹介します。

おすすめアルトコイン
  • イーサリアム
  • バイナンストークン
  • ポルカドット
  • エンジンコイン
  • チリーズ

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)

通貨名 イーサリアム
単位 ETH
プラットフォーム イーサリアム
時価総額ランキング 2位※2021年9月現在
発行上限 なし
中央機関 なし

アルトコインで最もおすすめなのは、2021年9月15日現在で仮想通貨時価総額2位のイーサリアムです。

イーサリアムの優秀な点は、ビットコインのブロックチェーンを基軸としながらも、アプリケーションを収めることができる点です。

ビットコインとアルトコインの違い
  • ビットコイン
    →中央管理を持たない決済
  • イーサリアム
    →中央管理を持たない決済に加えて、自動契約の仕組みがある

例えばあなたがAさんに100万円を渡す契約をし、2年後Aさんから50万円を返金してもらう契約をしたとしましょう。

この場合まずAさんに100万円貸す契約を交わし、2年後に50万円を返金してもらう契約を交わします。そして実際に送金・返金の作業を行います。

 しかしイーサリアムのプラットフォームを使用すれば、最初の契約作業だけで2年後の返金の契約から実行までを自動で行えます

これを色んな店で採用すれば、事務手数料や人件費が抑えられるようになります。

また最近では、イーサリアムのプラットフォームを基盤としているDeFiが登場したことにより、今後のイーサリアムにも期待が持たれています。

DeFiとは?
分散型金融のことです。ブロックチェーンを利用して、金融機関を介さず取引を行う仕組みのことをいいます。

今までは銀行が仲介していたため、手数料が多く取られたり送金に時間がかかっていました。しかしDeFiであれば、中央管理者がいなくなりブロックチェーン上で処理できるので、手数料が安く送金も高速でできます。

手数料が安く審査もないDeFiなら誰でも利用可能なので、使用者が増えています。
\イーサリアム購入可能/

バイナンストークン(BNB)

バイナンストークン(BNB)

通貨名 バイナンストークン
単位 BNB
時価総額ランキング 4位※2021年9月現在
発行上限 2億枚
中央機関 バイナンス

BNBは大手海外取引所のバイナンスが発行しているトークンです。

世界中で人気の仮想通貨となっており、約半年もの間に10倍以上値上がりしています。BNBのよいところは、仮想通貨の数が最も多いバイナンスの基軸通貨であることです。

基軸通貨とは?
仮想通貨から法定通貨に換金する時の橋渡しの役割をするコイン

聞いたこともないようなコインから円に換えたいと思っても、通常は換金できません。一度、ビットコインやイーサリアムなどの基軸通貨に換金してから、円やドルに換金するのが一般的です。

 しかしBNBはバイナンスで基軸通貨としての役割があるので、様々なコインと換金が可能です。

BNBを保有しているだけでバイナンスでの取引手数料が安くなるメリットもあります。またBNBは四半期ごとに営業履歴の20%をバーンしており、価値を高めています。

バーンとは?
現在ある仮想通貨の一部をなくすことで、その仮想通貨の価値を高めるものです。

バーンすることで世の中からBNBの枚数が減るので、BNB1枚の価値が上がります。「今のうちに」と前もって保有しているユーザーも多いでしょう。

 ただしBNBは日本の取引所に上場していません。

日本の法律は厳しく、現時点で安全性が担保されていないと判断されたBNBは国内での取引が認められていません。

海外取引所は日本の法律外です。リスクもあるので十分注意しましょう。
\アルトコイン購入可能/

ポルカドット(DOT)

ポルカドット(DOT)

通貨名 ポルカドット
単位 DOT
時価総額ランキング 10位※2021年9月現在
発行上限 10億7,000万枚
中央機関 なし

ポルカドットは『Web3.0』を目指すスイスの財団によって設立されたオープンソースプロジェクトです。複数のブロックチェーンを1つに接続するブロックチェーンに取り組んでいます。

 今までは異なるブロックチェーン同士には互換性がありませんでしたが、ポルカドットはそれらを接続する役目を果たします。

またイーサリアムのブロックチェーンを基軸にしつつ、イーサリアムの弱点である「セキュリティ」や「拡張性」の解決を目指しており「イーサリアムキラー」とも呼ばれています。

国内では、2021年5月にGMOコインが取り扱いを開始しています。
\アルトコイン購入可能/

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン(ENJ)

通貨名 エンジンコイン
単位 ENJ
時価総額ランキング 69位※2021年9月現在
発行上限 10億枚
中央機関 なし

エンジンコインは『エンジンプラットフォーム』で発行されたコインです。エンジンプラットフォームはオンラインゲームのプラットフォームで、ゲーム内でのアイテム売買や報酬などでエンジンコインを利用します。

 エンジンプラットフォームには2,000万人以上のユーザーがおり、マイクロソフトやサムスンなど大手のバックアップもあるので、これからも価値が上昇するであろうと言われています。

ゲームをしながら稼げることから、投資に興味がない人にもおすすめのコインです。

\エンジンコイン購入可能/

チリーズ(CHZ)

チリーズ(CHZ)

通貨名 チリーズ
単位 CHZ
時価総額ランキング 61位※2021年9月現在
発行上限 88億8888万枚
中央機関 チリーズ

チリーズはスポーツ界で話題の通貨で、スポーツクラブとファンをつなぐために作られたトークンです。昨今スポーツクラブでは、ファントークンと呼ばれる独自のトークンを発行しています。

ファントークンとは?
スポーツクラブ独自の仮想通貨のようなもの。ファンは保有することでクラブチームとの交流や投票イベントなどに参加できる。チームはトークンを発行することで資金調達ができるメリットがある。

チリーズはこのファントークンを購入する際に使用する仮想通貨で、ファントークンの購入に唯一使用できるデジタル通貨となっています。

 サッカー・バスケット・eスポーツ・格闘技など多数のスポーツ業界と提携を結んでおり2021年9月現在も増え続けています。

2021年9月時点では日本の取引所に上場はしていませんが、2021年2月にコインチェックと提携を発表したので、今後が期待できる通貨です。

\アルトコイン購入可能/

将来有望なアルトコインの見分け方

将来有望なアルトコインの見分け方

ではここからは将来有望な可能性があるアルトコインの特徴を見ていきましょう。初心者でも簡単に判断できるので、ぜひチェックしてください。

有望な可能性があるアルトコインの特徴
  • ビジョンがしっかりしていてプロジェクトが進んでいる
  • 企業が支援しており信頼性がある
  • コミュニティが活発である

ビジョンがしっかりしていてプロジェクトが進んでいる

将来有望なアルトコインの1つ目の特徴は、ビジョンがしっかりしており、そのプロジェクトが進行しているかどうかです。

 将来性のあるコインはビジョン・開発目的があり、プロジェクトが進行しています。開発者がSNSで進捗情報を共有していることも多いです。

一方で、怪しいコインは目的がはっきりしていなかったり、ビジョンを発表してるだけでプロジェクトが一向に進んでいないのが特徴です。

2021年9月時点、アルトコインはバブル期で多くのコインの価格が上がっているぶん、実態に注視する必要があります。

\アルトコイン購入可能/

企業が支援しており信頼性がある

将来有望なアルトコインの見分け方

将来性の高いアルトコインの2つ目の特徴は企業が支援していて信頼性があるものです。

 トヨタや三菱東京UFJはイーサリアム連合に加盟していますし、エンジンコインはマイクロソフトやサムスンが支援をしています。

またチリーズはスポーツクラブが発行しているコインです。このように、今ではたくさんのアルトコインが生活の中に溶け込んでいます

企業が支援や出資しているアルトコインなら将来性は高いと言えるでしょう。

コミュティが活発である

将来性の高いアルトコインの3つ目の特徴はコミュニティが活発な点です。通貨にはコミュニティがあり、それが現在進行系で活発に動いてるかが見極める重要なポイントになります。

 discordで開発情報を共有している通貨は多く、私達ユーザーからの質問を受け付けているコミュニティも多いです。

それらのコミュニティを一度のぞいてみて、活発に意見が交わされているか確認するとよいでしょう。

「銘柄 コミュニティ」で検索すると出てくるので、参加して質問するのもオススメです。

\アルトコイン購入可能/

アルトコインとは?

アルトコインとは?

仮想通貨の中でもビットコインを除くコインを総称してアルトコインと呼びます。

 現在アルトコインだけでも2500以上の種類があり、プログラミングさえわかれば誰でも作成できるので今なお増え続けています。※

その中にはとても価値が高いものもあり、企業が使用しているもの、プラットフォームの中で活躍しているもの、ゲームで使用されているものなどたくさんあります。

中には冗談で作られたアルトコインがバブルの波に乗っかり高騰している事例もありますよ。
\アルトコイン購入可能/
※参照:https://coinmarketcap.com/

アルトコイン投資のメリット

アルトコイン投資のメリット

アルトコイン投資のメリットは大きく分けて以下の4つがあります。

アルトコイン投資の主なメリット
  • ボラリティが大きいためリターンが大きい
  • 種類が多く、好きな分野のコインがある可能性
  • 1年に数回アルトコインのターンがある
  • 分散投資ができる

ボラティリティが大きのでリターンが大きい

アルトコイン投資1つ目のメリットは、ボラリティが大きいためリターンが大きい点です。

ボラリティとは?
価格変動の度合い・変動率を指します。

アルトコインの中には、たった1年で何千倍になるコインが数多くあります。国内外問わず実業家やインフルエンサーの発言によって、1日で30%高騰することも珍しくありません。

価格が安い時にあらかじめ仕込んでおくことで、跳ね上がった時に大きな儲けになる可能性もあります。

種類が多く、好きな分野のコインがある可能性

アルトコイン投資のメリット

アルトコインは様々な種類があり、開発目的も様々です。決済だけでなく、ゲームで使用するものやスポーツのコミュニティで使用するものもあります。

株と同じように自分が投資したいと思える仮想通貨を選べるのもアルトコインのメリットです。
\アルトコイン購入可能/

1年に数回アルトコインのターンがある

仮想通貨は年に数回アルトコインのターンがあります。

 BTC相場上昇後にビットコインへ流入していた資金がアルトコインに移動することがあります。

この影響で色んなアルトコインの相場が急騰する可能性もあるでしょう。

ビットコインだけに投資していると、このチャンスに気付かず機会損失してしまう可能性もあります。

分散投資ができる

アルトコインは2500種以上あります※。ひとつのコインだけに投資すると価格の上下だけで資産が左右されますが、アルトコイン数種類に分散投資しておけば、このリスクを避けられます。

ビットコインと価格連動しているコインも多いですが、旬のコインはビットコインが下降している時でも上昇する傾向にあります。

※参照https://coinmarketcap.com/

\アルトコイン購入可能/

アルトコイン投資のデメリット

アルトコイン投資のデメリット

ただしアルトコイン投資にもデメリットがあります。

アルトコイン投資の主なデメリット
  • リスクが大きい
  • 取り扱っている取引所が少ない

リスクが大きい

価格の幅が広いと言うことは、リターンが大きい代わりにリスクも高いです。

 前日まで好調に上昇していたコインが朝起きたら暴落していることも珍しくありません。

再び上昇を期待していても一向に上がらず、塩漬けになってしまうこともあります。

また人気のアルトコイン以外は、流動性が低い可能性があります。流動性が低いと、自分が売りたいときに買ってくれる相手がおらず、利確や損切りができないので注意しましょう。

取り扱っている取引所が少ない

またメジャーなアルトコイン以外は、海外と比べるとそもそも取り扱っている取引所が少ないです。

このようなアルトコインは海外の取引所にお金を送金して買わなければいけないので、初心者には少しハードルが高いかもしれません。

さらにマイナーな硬貨は海外の有名取引所でも売っていない可能性があります。

アルトコインでおすすめの仮想通貨取引所3選

ここからはアルトコインを購入できる仮想通貨取引所を紹介いたします。

コインチェック(Coincheck)

コインチェック(Coincheck)

コインチェックのおすすめポイント
  • 取扱アルトコインが17種類※2021年9月現在
  • 最短1日で取引開始できる
  • 取引所の手数料が無料

最短1日で取引開始可能。取扱アルトコインは17種類と豊富にあります。

購入できるアルトコイン一覧
XRP・IOST・ETH・MONA・XEM・ETC・LSK・FCT・LTC・PLT・XLM・QTUM・BAT・ENJ・OMG

取引所での売買手数料が無料なので、取引回数の多い方におすすめです。

\最短5分で申し込み完了!/

取扱通貨数 17通貨
レバレッジ 不可
最小注文数量(BTC) 取引所:0.005BTC以上かつ500円(相当額)以上
販売所:円建てで500円相当額
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 ・銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
・コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
・クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)
主要通貨送金手数料 BTC:0.0005BTC
ETH:0.005ETH
XRP:0.15XRP

\最短5分で申し込み完了!/

出典:https://coincheck.com/ja/

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • レバレッジ取引が可能
  • 取引・入金・出金手数料が無料※1
  • LINEで365日相談可能

動画サービスで有名な『DMM』が運営するDMMビットコインです。

購入できるアルトコイン一覧
ETH・XRP・OMG・BAT・QTUM・XLM・MONA・XEM・LTC・ETC・BCH

レバレッジ取引が可能であり、口座開設手数料・入出金手数料・取引手数料・ロスカット手数料など、ほとんどの手数料が無料です。

\もれなく2,000円キャッシュバック中/

取扱通貨数 12通貨
レバレッジ 2倍
最小注文数量(BTC) 0.001BTC※現物注文時
販売所手数料 無料※BitMatch注文は取引単位あたり2円(BTC/JPY)
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
主要通貨送金手数料 無料

\もれなく2,000円キャッシュバック中/

出典:https://bitcoin.dmm.com/

※1 銀行振込による入金の場合、銀行手数料の負担あり。また、取引手数料はBitMatchの場合2円〜

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーのおすすめポイント
  • 取扱仮想通貨が13種類
  • 不正な出金に対し最大500万円の補償がある
  • 取引所が多いので注文が約定しやすい

ビットフライヤーは2020年の1〜4月にはビットコインの国内取引量NO.1※1を獲得しており、ユーザー人気がとても高い取引所です。

購入できるアルトコイン一覧
XRP・ETH・DOT・XTZ・XLM・XEM・BAT・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK

また、様々な手数料が無料なのもビットフライヤーの特徴です。アカウント作成手数料・販売所全通貨売買手数料・ビットコインFX取引手数料など、無料で利用できます。

\ビットコイン取引量国内No.1/
※公式サイト参照

取扱通貨数 13通貨
レバレッジ 2倍
最小注文数量(BTC) 取引所:0.001BTC
販売所:0.00000001BTC
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料 ・銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
・クイック入金:無料(住信SBIネット銀行から入金)
※住信SBIネット銀行以外のクイック入金は330円(税込)
出金手数料 ・三井住友銀行:220円(税込・3万円未満)
・三井住友銀行以外:550円(税込・3万円未満)
主要通貨送金手数料 BTC:0.0004BTC
ETH:0.005ETH
XRP:無料

\ビットコイン取引量国内No.1/
※公式サイト参照

出典:https://bitflyer.com/ja-jp/
※1 参照:https://bitflyer.com/pub/20210714-bitFlyer-No1-announcement.pdf

よくある質問

アルトコインのおすすめは何ですか?
イーサリアム・ポルカドット・バイナンストークン、エンジンコイン・チリーズなどです。
アルトコインが購入できるおすすめの販売所はどこですか?
コインチェック・DMMビットコイン・ビットフライヤー・バイナンスなどがおすすめです。
アルトコイン投資のメリットは何ですか?
リターンが大きい・1年に数回アルトコインのターンがある・好きなコインが見つかる・分散投資ができる点です。
アルトコイン投資のデメリットは何ですか?
リスクが大きい・国内では取り扱っている販売所が少ない点です。
将来有望なアルトコインの特徴は何ですか?
ビジョンがはっきりしておりプロジェクトが進んでいること。コミュニティが活発であること。企業が開発に関わっていたり支援していることです。
アルトコイン投資で気をつけた方がよいことは何ですか?
大きなリターンを狙いすぎて、中身のないコインに手を出すのはやめましょう。
「◯◯の銘柄を買おうと思うのですが、どうでしょうか?」
投資は自己責任です。ミラトレは自身の力にならず、いつか失敗します。最初の時点で自分で考えて決断できるようにしましょう。

まとめ

ここまで、2021年将来性が有望なおすすめのアルトコイン を紹介してきました。仮想通貨取引はビットコインだけではありません。

「イーサリアム」「エンジンコイン」「ポルカドット」「チリーズ」「バイナンストークン」など、アルトコインの中にもおすすめはたくさんあります。

それぞれに開発目的やプロジェクトがあるので、気になるアルトコインが見つかったら、サイトやSNSで情報を収集して、どのようなコインなのか調べてみましょう。

この記事を参考に、自分がお気に入りのアルトコインを見つけてくださいね。
\最短5分で申し込み完了!/
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事