空港ラウンジカードおすすめ人気ランキングと3つの選び方コツを徹底解説

クレジットカードの付帯サービスとして人気が高いのが「空港ラウンジサービス」です。

空港ラウンジサービス付帯のクレジットカードがあれば、国内や海外の空港ラウンジが無料で利用できます。

そこで今回は、おすすめの空港ラウンジカードを厳選し、ランキング形式で人気の7枚をまとめています。

\空港ラウンジを使う方におすすめ/

空港ラウンジカードの選び方も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1エポスゴールド カード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードは、年間50万円以上利用で次年度の年会費が無料になる空港ラウンジカードです。

エポスゴールドカードでは、国内空港ラウンジと海外空港ラウンジが無料で利用可能。ゴールドカードならではの優待サービスも充実しています。

エポスゴールドカードで利用できる空港ラウンジ一覧
  • 新千年、函館
  • 仙台国際、小松
  • 羽田、成田、
  • 中部国際、関西国際、大阪国際、神戸、
  • 広島、松山
  • 福岡、北九州、長崎、阿蘇くまもと、大分、鹿児島、那覇
  • ハワイホノルル、韓国・仁川国際

さらに、エポスカード には海外旅行保険が自動付帯。カードを持っているだけで保険が適用されるため、旅行や出張も安心です。

エポスゴールドカードは、エポスカードを50万円以上利用すると招待状が届きます。

 招待状が届いた方は、ゴールドカードの年会費が永年無料。年会費無料で空港ラウンジが利用できる貴重なカードです。

\まずはノーマルなカードから/

まずは通常のエポスカードを発行することからスタートするのも良いでしょう。
年会費 5,000円(税込)
※年間50万円以上利用で無料
※招待入会で無料
ポイント還元率 0.50〜1.50% 
国際ブランド VISA
使える空港ラウンジ 国内:〇
海外:〇
空港ラウンジ同伴者利用 有料
旅行保険 国内:ー
海外:最高2,000万円
審査可能年齢 20歳以上
\まずはノーマルなカードから/

2楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、国内・海外幅広いエリアで空港ラウンジが利用できる1枚です。

楽天プレミアムカードにはプライオリティパスが付帯しています。

プライオリティパス とは

世界148か国、600を超える都市にある1,300か所以上の空港ラウンジが利用できるサービス

国内空港ラウンジが利用できるのはもちろん、海外空港ラウンジを多く利用できることが楽天プレミアムカードの大きな特徴です。

カバーしている空港の数はクレジットカードとしてかなりの多さ。年会費1万円代とは思えない、コストパフォーマンスの高さです。

最高5,000万円の国内・海外旅行保険やトラベルデスクなど、プレミアムカードとしての特別なサービスも数多く付帯しています。

年会費 11,000円(税込)
ポイント還元率 1.00~5.00%
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/AmericanExpress
使える空港ラウンジ 国内:〇
海外:〇
空港ラウンジ同伴者利用 有料
旅行保険 国内:最高5,000万円
海外:最高
5,000万円
審査可能年齢 20歳以上

3ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANA アメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、マイルが貯まりやすい空港ラウンジカードです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、新規入会でもれなく1,000マイル・毎年のカード継続毎に1,000マイルなど、効率的にマイルが貯まります。

普段の買い物でのポイント還元率は1.00%。100円ごとに1ポイント貯まり、1,000ポイント単位でANAのマイルへ移行が可能です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、国内28か所、海外1か所の空港ラウンジが利用できます。

 さらに、空港ラウンジは同伴者1名まで無料!!

友人や恋人、ビジネスパートナーなどと、フライトまでゆっくり時間を過ごせます。

ANAをよく利用する陸マイラーにもおすすめの1枚です。
年会費 7,700円 (税込)
ポイント還元率 1.00~1.50%
国際ブランド AmericanExpress
使える空港ラウンジ 国内:〇
海外:〇 
空港ラウンジ同伴者利用 同伴者1名無料
旅行保険 国内:最高2,000万円
海外:最高3,000万円
審査可能年齢 20歳以上

JCBゴールド

JCBゴールド

JCBゴールドは、国際ブランドJCBが発行するゴールドカードです。

JCBゴールドには、空港ラウンジサービスが付帯。国内・海外の空港ラウンジが無料利用できます。

JCBゴールドで利用できる空港ラウンジ
  • 旭川、新千歳、函館、青森、秋田、仙台
  • 成田、羽田
  • 富士山静岡、中部国際セントレア、新潟、富山、小松
  • 大阪国際、関西国際、神戸
  • 岡山桃太郎、広島、米子、出雲、山口宇部、高松、徳島、松山、
  • 福岡、北九州、長崎、大分、熊本、宮崎ブーゲンビリア、鹿児島、那覇
  • ダニエル・K・イノウエ国際

ゴールドカードならではのグルメ優待サービスや最高1億円の海外旅行保険も充実の内容です。

\ネット申込で年会費初年度無料!/

JCBゴールドは新規入会キャンペーン中。今なら最大16,500円相当がプレゼントされるので、よりお得に入会できます。
年会費 11,000円(税込、初年度無料)
ポイント還元率 0.50~1.50%
国際ブランド JCB
使える空港ラウンジ 国内:〇
海外:〇 
空港ラウンジ同伴者利用 有料
旅行保険 国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
審査可能年齢 20歳以上
\ネット申込で年会費初年度無料!/

NTTグループゴールドカード

NTTグループカードゴールド

NTTグループゴールドカードは、年間100万円以上利用で次年度の年会費が無料になるクレジットカードです。

NTTグループゴールドカードでは、

  • 国内主要空港31ヶ所
  • 海外3ヶ所(韓国・仁川国際空港・ハワイ・ダニエル・K・イノウエ国際空港・ハワイホノルル)

の空港ラウンジが無料で利用できます。

国際線手荷物宅配優待サービスも付帯しており、荷物を空港から自宅まで優待価格で届けてくれます。

海外旅行保険と国内旅行保険は、どちらも最高5,000万円まで補償。旅先でのトラブルに十分対応できる内容です。

 そのほか、高級旅館が最大90%OFFになったりホテルグルメレストランが最大50%OFFになったりする、優待サービス「クラブオフ」が付帯しています。

ショッピング利用額に応じて年会費が無料になるので、コストをかけずに空港ラウンジカードを所有したい方におすすめです。
年会費 5,500円(税込)
※年間100万円以上利用で翌年度無料
ポイント還元率 1.00%
国際ブランド VISA/Mastercard
使える空港ラウンジ 国内:〇
海外:〇
空港ラウンジ同伴者利用  有料
旅行保険 国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円
審査可能年齢 18歳以上

空港ラウンジカードとは?

空港ラウンジカードとは、空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカードのことです。

クレジットカードの中には、空港ラウンジが無料利用できる特典が付帯したものがあります。

空港ラウンジカードを提示することで、対象の空港ラウンジが無料で利用可能。フライトまでの時間をゆっくりと過ごせます。

空港ラウンジカードのほとんどは、ゴールドカード以上のステータスカードです。

空港ラウンジが利用できるクレジットカードの種類

ブラックカード
プラチナカード
ゴールドカード
一般カード ×(アメックスカード、ダイナースカードなど一部カードのみ利用可能)

空港ラウンジカードを入手するには、まずゴールドカード以上のステータスカードを発行することをおすすめいたします。

ゴールドカードやプラチナカードの優待特典として、空港ラウンジが無料利用できます。

\まずはノーマルなカードから/

空港ラウンジカードのメリット

空港ラウンジカードのメリット

空港ラウンジカードを活用するメリットは、大きくまとめると、次のようになります。

空港ラウンジカードを活用するメリット
  1. 空港ラウンジをステイタスを貯めずに利用できる
  2. 空港ラウンジを無料で使える
  3. 海外の空港ラウンジを無料で使える

 

空港ラウンジとは?
空港ラウンジとは、飛行機の登場前の人は、快適に過ごすための様々なサービス提供を受ける待合室のことです。
空港ラウンジで利用できるサービスには、次のようなものがあります。

【空港ラウンジで利用できるサービス】

  • 無線LANの利用
  • コピー・FAX(有料)
  • シャワー(一般的には有料)
  • 新聞や雑誌などの閲覧(無料)
  • マッサージ機の利用(無料または有料)
  • ドリンクサービス(無料または有料/アルコールの提供もあり)

空港ラウンジは、特にビジネスマンに人気で、フライト前に快適な空間で仕事をする人も多くいます。通常、空港ラウンジを活用するには、ステイタス会員になったり、飛行機に乗る機会を増やしたりしなければなりません。

しかし空港ラウンジカードを持っていればクレジットカードを持っているだけで、上記のようなサービスを無料で利用できるのです。

海外の空港ラウンジも使えるカードも多いため、海外出張や旅行の機会があるに人にもオススメですよ。
\まずはノーマルなカードから/

空港ラウンジカードの選び方3つのポイント

空港ラウンジカードの選び方には、注目すべき3つのポイントがあります。

3つのポイントを知っていると、自分に適した空港ラウンジカードが見つかるでしょう。

そこで、空港ラウンジカードの上手な選び方を解説します。確認したい3つのポイントを紹介していますので、ぜひ活用してみてください。

1使える空港を確認する

空港ラウンジカードを選び方1つめのポイントは、使える空港を確認することです。

空港ラウンジカードによって使える空港はさまざま。無料利用できる空港は大きく異なります。

空港ラウンジカードを選ぶ際は、どこの空港ラウンジが使えるのか確認しましょう。

 空港ラウンジカードを発行しても、自分がよく利用する空港で使えなければ、カードのメリットが薄れてしまいます。

自分が利用する空港ラウンジについて考えておくと、カード選びがスムーズになるでしょう。
\まずはノーマルなカードから/

2同伴者が無料か確認する

空港ラウンジカードを選び方2つめのポイントは、同伴者が無料か確認することです。

空港ラウンジカードの中には、同伴者も無料で空港ラウンジが利用できるカードがあります。

同伴者無料の空港ラウンジカードがあれば、友人・家族・恋人・仕事仲間と、旅行したり出張したりする際に便利です。

しかし、実際のところ同伴者無料の空港ラウンジカードはわずかしかありません。

「同伴者無料」という条件で空港ラウンジカードを選ぶことで、一気にカードの選択肢が絞れます。

3旅行保険を確認する

空港ラウンジカードを選び方3つめのポイントは、旅行保険を確認することです。

空港ラウンジカードを選ぶ際、ぜひ重視したいのが旅行保険の内容です。

旅行保険とは

旅行中に発生したトラブルやケガなどの費用を負担してくれる保険のこと

クレジットカードには、旅行保険が付帯しているカードが多くあります。旅行保険の内容が充実しているほど、安心して出張や旅行ができます。

  • 海外出張や海外旅行が多い方→海外旅行保険の内容
  • 国内での移動が主な方→国内旅行保険の内容

を確認しましょう。

また、クレジットカードに付帯する旅行保険は主に以下2種類があります。

  • 利用付帯
    →旅行代金等指定された費目のカード払いなど条件を満たすことで保険が適用される
  • 自動付帯
    →カードを持っているだけで保険が適用される

おすすめは、旅行保険が自動付帯したクレジットカードです。自動付帯ならカードを持っているだけで保険が適用。補償金受取りの対象になります。

保険金の補償内容はもちろん、自動付帯かどうかにも注目してみてください。
\まずはノーマルなカードから/

まとめ

ここまで、おすすめの空港ラウンジカードをランキング形式で紹介してきました。

今回紹介したカードだけでも、空港ラウンジカードの特徴はさまざまです。

年会費無料 エポスゴールドカード、NTTグループカード
海外空港ラウンジを利用する 楽天プレミアムカード
同伴者1名無料 ANAアメリカンエキスプレスカード
旅行保険が充実 JCBゴールド

各カードの特徴やメリットを把握して、自分に適した1枚を選びましょう。

ぜひこの記事の内容やランキングを参考に、空港ラウンジカードをGETして、フライトまで優雅な一時を過ごしてみてくださいね。

\まずはノーマルなカードから/

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事