アイフル

大手消費者金融として評判のよい「アイフル」。

カードローンの作成を検討している方の中には「アイフルへの申し込みを迷っている」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アイフルについて徹底解説。アイフルの特徴や金利・返済方法、審査難易度から必要書類に至るまで詳しくまとめています。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

アイフルへの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、アイフルの特徴を確認していきましょう。

アイフルの主な特徴は以下3つです。

  1. スマホローン
  2. コンビニで利用可能
  3. 24時間チャットでサポート

それぞれ解説していますので、ぜひ目を通してみてください。

1スマホローン

アイフルの特徴1つめは、スマホで借入できることです。

 アイフルでは申し込みから契約まで、全ての手続きをスマホで完結できます。スマホローンなら、来店なし・郵送物もありません。

周囲にバレる心配なく、手軽に借入可能です。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

2コンビニで利用可能

アイフルの特徴2つめは、コンビニで利用可能なことです。

アイフルの提携ATMは全国約70,000台アイフル店舗だけでなく、提携ATM、コンビニなど、借りられる・返せる手段が豊富にあります。

提携ATMの台数が多いため、ライフスタイルに応じて柔軟な利用が可能です。
\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

324時間チャットでサポート

アイフルの特徴3つめは、24時間チャットでサポートしてくれることです。

アイフルでは、AIチャットボットやオペレーター対応のチャットボットを完備。困ったことや分からないことをいつでも相談できます。

相談受付時間は24時間365日。完済まで徹底的にサポートしてくれます。

アイフルの申し込み方法、提出書類は?

次に、アイフルの申し込み方法を解説していきます。

アイフルの申し込み手順と申し込みに必要な書類を紹介しています。ぜひ確認してみてください。

アイフルの申し込み方法

アイフルの申し込み方法は、以下5つです。

  1. WEB
  2. スマホアプリ
  3. 電話
  4. 無人店舗
  5. 店頭窓口

申し込み方法別の手順を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1WEB

WEBから申し込む方法
  1. 申し込み
    スマホ・パソコンから申し込み可能
  2. 審査
    審査結果は電話またはメールでお知らせ。審査にあたり本人確認書類(場合により収入証明書類)の提出が必要です。
  3. 契約手続き
    スマホ・パソコンより契約。アイフルカードの有無を選択可能です。
  4. 借入れ(カードレス)
    スマホアプリで原則24時間365日取引可能。郵送物はありません。
\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

2スマホアプリ

スマホアプリで申し込む方法
  1. 申し込み
    スマホアプリから24時間365日申し込み可能。運転免許証を読み取るだけで本人情報の入力を短縮できます。
  2. 審査
    審査結果は電話またはメールでお知らせ。審査にあたり本人確認書類(場合により収入証明書類)の提出が必要です。
  3. 契約手続き
    アイフルカードの有無を選択可能
  4. 借入れ(カードレス)
    スマホアプリで原則24時間365日取引可能。郵送物はありません。
\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

3電話

電話で申し込む方法
  1. 申し込み
    電話で申し込み可能(09:00~21:00)
  2. 審査
    借入可能かどうかを審査
  3. 契約手続き
    全国の店頭窓口・無人店舗にて契約可能。問題がなければその場でカードを発行できます。郵送での契約も可能です。
  4. 借入れ
    全国のアイフルATMや提携ATM(コンビニ/銀行)にて借入可能。また、登録口座への振り込みもできます。
\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

4無人店舗

無人店舗で申し込む方法
  1. 申し込み
    運転免許証・パスポートなどの本人確認書類(場合により収入証明書類)を持って無人店舗へ行く
  2. 審査
    借入可能かどうか審査
  3. 契約手続き
    問題がなければその場でカード発行
  4. 借入れ
    全国のアイフルATMや提携ATM(コンビニ/銀行)にて借入可能。また、登録口座への振り込みもできます。

5店頭窓口

店頭窓口で申し込む方法
  1. 申し込み
    運転免許証・パスポートなどの本人確認書類(場合により収入証明書類)を持って店頭窓口へ行く
  2. 審査
    借入可能かどうかを審査
  3. 契約手続き
    問題がなければその場でカード発行
  4. 借入れ
    全国のアイフルATMや提携ATM(コンビニ/銀行)にて借入可能。また、登録口座への振り込みもできます。

申し込みに必要な提出書類

アイフルの申し込みに必要な提出書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」です。

本人確認書類(いずれか1点) 運転免許証

住民基本台帳カード

特別永住者証明書

在留カード

個人番号カード(表のみ)

収入証明書類(いずれか1点) 源泉徴収票

住民税決定通知書

給料明細書

確定申告書

所得証明書

ただし、収入証明書の提出が必要なのは以下いずれかのパターンに該当する場合です。

  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルの利用限度額と他の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合
  • 就業状況の確認等、審査の過程で提出をお願いされた場合

もし上記いずれかに該当する場合は、事前に収入証明書を用意しておきましょう。

収入証明書は準備に時間がかかることがあります。なるべく早い融資を希望する方は、ぜひチェックしておいてください。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

アイフルの借入方法

アイフルの借入方法は、以下4つです。

  1. スマホアプリ(セブン銀行)
  2. アイフルATM
  3. 提携先ATM(コンビニ・銀行)
  4. 振り込み

それぞれ借入方法の手順やポイントをまとめています。ぜひ確認してみてください。

1スマホアプリ(セブン銀行)

スマホアプリからの借入方法
  1. スマホアプリにログイン
  2. スマホATMで「融資」を選択
  3. セブン銀行ATMでスマートフォンでの取り引きを選択
  4. QRコードが取引画面に表示
  5. 表示されたQRコードをアプリで読み取ると企業番号が表示
  6. セブン銀行ATM取引画面に企業番号を入力
  7. セブン銀行ATM取引画面に暗証番号を入力
  8. 取引金額を入力

アイフルのスマホアプリをダウンロードすると、全国各地のセブン銀行ATMで借入できます。

セブン銀行ATMでは千円単位の出金が可能。細やかな借入れも柔軟に対応できます。

アイフルから郵送物を送られたくない

アイフルのカードを人に見られたくない

カードを持ち歩くのが面倒

という方におすすめの借入方法です。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

アイフルATM

アイフルATMでの借入方法
  1. カードを挿入
  2. 借入を選択
  3. 金額を入力
  4. 現金を受け取る

アイフルATMを使えば、手数料は0円。平日はもちろん、土日・祝日でも千円単位で借入可能です。

提携先ATM(コンビニ・銀行)

アイフルでは、提携先ATMからの借入も可能です。

アイフルの提携ATM

借入・返済が可能 セブン銀行・ローソン銀行・イオン銀行・三菱UFJ銀行・西日本シティ銀行・Enet・親和銀行
借入のみ可能 福岡銀行・熊本銀行
返済のみ可能 ファミリーマート(ファミポート)

提携ATMを使えば、土日や深夜でも借入可能です。ただし、提携ATMで取引すると、1万円以下税込110円・1万円超え税込220円の手数料が発生します。

振り込み

振り込みでの借入れ
  1. インターネットor電話で振り込み予約
  2. 指定の金融機関口座に入金

振り込みでの借入では、自分が都合の良い金融機関に振り込み可能です。最短30分で審査完了し、最短即日融資が可能です。申し込みには郵送物が一切不要。誰にも知られず、全ての手続きがWEB完結します。また24時間即時振込のサービスもあります。

振り込みサービスを利用すれば、カード不要で借入できます。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

アイフルの返済方法

アイフルを利用する前、ぜひ確認しておきたいのが「返済方法」です。

返済方法を知っておけば、より安心してカードローンを契約できます。アイフルの返済について確認していきましょう。

アイフルの返済方法

アイフルの返済方法は、以下6つです。

  1. スマホアプリ(セブン銀行)
  2. アイフルATM
  3. 提携先ATM(コンビニ・銀行)
  4. コンビニ
  5. 口座振替
  6. 振り込み

アイフルには、多彩な返済方法が用意されているため、一人ひとりに合わせた最適な返済方法を選択できます。

「スマホアプリ」「口座振替」「振り込み」を選択すれば、返済にカードは不要です。

手数料をかけたくない方には「アイフルATM」と「口座振替」がおすすめ。どちらも手数料0円で利用できます。

アイフルは一括返済できる?

アイフルでは、借入残高の一括返済が可能です。

一括返済する場合、まずは完済金額を確認する必要があります。完済金額は「会員ページ」から確認可能です。

一括返済の方法は以下5つから選択できます。

  1. 振込
  2. アイフルATM
  3. 提携先ATM
  4. アイフル店舗
  5. コンビニ(Famiポート)

一括返済では、通常借入残高に加えて利息と手数料がかかります。完済金額がいくらになるのか事前に確認しましょう。

もし、完済金額より多く入金してしまった場合は、以下いずれかの方法で返金されます。

  • 銀行振込での返却
  • 次回ご利用時に相殺
  • 郵送での返却
  • 店頭窓口での返却

一括返済することで、利息・返済総額を安くおさえることが可能です。お金に余裕がある方は、ぜひ一括返済してみてください。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

アイフルの金利

アイフルの金利は3.0%〜18.0%です。

大手消費者金融の金利
  • アイフル(3.0%~18.0%)
  • アコム (3.0%~18.0%)
  • smbcモビット(3.0%~18.0%)
  • レイクALSA( 4.5%~18.0%)
  • プロミス(4.5%~17.8%)

ただし、具体的な金利は借入金額によって異なります。アイフルを利用する際は、必ず契約書の内容を確認し、金利を把握しておきましょう。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

アイフルの審査難易度・口コミ

アイフルへの申し込みを検討している方の中には「審査難易度や口コミが気になる」という方も多いでしょう。

審査難易度が分かれば、アイフルへ申し込むべきか判断できます。

ここでは、アイフルの審査難易度を解説。審査に関する口コミもまとめています。アイフルの審査に少しでも不安がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

1審査難易度

アイフルの審査難易度は「それほど厳格ではない」と予測できます。

アイフルの申し込み条件は満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方となっています。

 パートやアルバイト、自営業者でも申し込み可能。年収が低くても定期的な収入があれば、カードを作成することが望めるでしょう。

他の消費者金融の審査に落ちた方で、アイフルの審査に通ったという事例は多数あります。審査に自信がない方でも、一度申し込んでみる価値があるでしょう。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

2審査口コミ

「年収100万円以下でも通った」

年収100万円以下しかありませんが、審査通りました。利用可能枠は20万円です。借入できました。
20代・男性

「大手消費者金融で最も審査が甘い」

他社借入件数4件あり、プロミス・アコム ・レイク全ての審査に落ちました。その後、ダメもとでアイフルに申し込んだところ、審査通過。
40代・男性

「対応が安心できる」

私は電話から申し込みしました。初めてのカードローンで不安だったのですが、女性オペレーターの方が、親切に対応してくれて安心して借入できました。希望額20万円に対して50万円の限度額をもらえました。女性でも安心して申し込めるカードローンだと思います。
30代・女性
\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

まとめ

ここまで、アイフルについてまとめてきました。

アイフルは多彩な借入・返済方法があり、ライフスタイルに応じて柔軟に使えます。カードの申し込みはWEB完結可能です。

また、審査難易度はそこまで厳格ではないと考えられ、他の金融機関で審査落ちした方でもカードを発行できる可能性があります。

ぜひこの記事の内容を参考に、アイフルへの申し込みを検討してみてください。

\最短即日融資希望の方は/ アイフル申し込みはこちら
Webで完結可能

関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

おすすめの記事