アコムのおまとめローンとは?審査難易度やメリットなど解説
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、金融関連業務に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。

複数社からローンの借入をしていると返済日がバラバラで管理がしにくい、金利が高くて返済がなかなか進まない…と悩んでいる人も多いでしょう。

他社からのローンをひとまとめに借り換えられる「おまとめローン」を活用すればローンの管理が簡単になります。

この記事では、アコムで利用できる「おまとめローン」の基本情報や審査難易度、利用する前に知っておきたいメリットやデメリットなどについて解説していきます。

実際に利用を始める前にぜひ参考にしてみてください。
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

アコムのおまとめローンとは?

お金

アコムのおまとめローンは総量規制の対象外なので、借入額が年収の3分の1以上の場合でも申し込めます。商品名は「借換え専用ローン」となっていますが、おまとめローンとしても利用可能です。

おまとめローン
複数社からローンの借入をしている場合に借入先を1社にまとめるためのローンです。

複数社からローンの借入れをしていると、返済日が月に何回もあったり、各社でかかる金利が割高になったりすることも。しかし、アコムの借換え専用ローンで一本化すれば返済日をまとめることが可能になります。

さらに、1社からの借入額を多くすることで金利を抑えることができます。

 実際に適用される金利は審査によって決まりますが、一般的にローンの金利は、借入額が多くなるほど低くなることが多いです。

注意しておきたいのが、「おまとめローン」での借入額は返済のみに利用可能で、追加の借り入れができないということ。また、借り換え対象のローンは以下の2つに限定されています。

おまとめローンの借り換え対象となる債務
  • 消費者金融からの借入
  • クレジットカードのキャッシング

いくつか注意しておきたいポイントはありますが、現在借り換え対象となる債務があり完済を目指したい人や、返済額を減らしたい、金利を抑えたいという人にはピッタリのローンです。

監修者
賢く利用すれば、総支払額を少なくすることが出来るでしょう。
貸付利率 年7.7%~18.0%
契約極度額 1万円~300万円
資金使途 貸金業者債務の借換え
返済方式 元利均等返済方式
返済期間・返済回数 借入日から最長12年3ヵ月・1~146回
担保・保証人 不要
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

● アコムのおまとめローンと通常カードローンを比較

アコムにはおまとめローンだけでなく通常のカードローンもあります。おまとめローンの利用を検討するときに知っておきたい項目で比較しましたので参考にしてみてください!

比較項目 おまとめローン(借換え専用ローン) 通常カードローン
金利 7.7〜18.0% 3.0〜18.0%
限度額 300万円 800万円
借入できる金額の制限 限度額内であれば制限なし 年収の3分の1まで
※総量規制の対象
追加借入 ×

アコムのおまとめローンを利用するメリット

お金

おまとめローンの利用がお得ということは知っているけど、実際にアコムのおまとめローンを利用するとどんなメリットがあるの?と疑問に思っている方も多いでしょう。

ここでは、アコムのおまとめローンを利用するメリットについて詳しく解説していきます。

アコムのおまとめローンを利用するメリット
  • 年収の3分の1を超える借入が可能
  • 追加の借り入れができないので返済に集中できる
  • 毎月の返済負担が軽減する

年収の3分の1を超える借入が可能

アコムのおまとめローンは、総量規制の対象外です。その為、現在他社からの借入額が年収の3分の1を超えている場合でも、全額アコムのおまとめローンに借り換えることができます。

総量規制とは?
貸金業者から借入可能な金額を制限する法律のこと。この法律により、貸金業者が融資できる上限額は基本的に本人の年収3分の1まで。

おまとめローンは、ローンの借り入れ残高を段階的に減らすことを目的とした商品であり、顧客にとって有利な貸付条件になっています。顧客が完済を目指すためのローンであることから、総量規制の対象外になっています。

アコムで扱っている通常の「カードローン」は、総量規制の対象なので注意しましょう。

年収の3分の1を超えるローンの借り入れをしていて、なかなか返済が進まないと悩んでいる人でも利用できる心強いローンです。
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

追加の借り入れができないので返済に集中できる

お金

アコムのおまとめローンでは、追加の借り入れができません。ひたすら返済を行うことになるので、返済に集中し、完済までスムーズに進めることができます。

一般的なカードローンの場合は、返済中であっても追加の借り入れが何度でも可能です。

追加で借り入れることが出来ると、せっかく返済をしてもまた借りてしまい、なかなか完済できないと悩む人も多いでしょう。

おまとめローンは借りたら返すだけというシンプルな利用方法なので、返済が捗ります。

監修者
これ以上は借り入れないと心に決めても、つい追加で借入をしてしまって返済が終わらないとお悩みの方にはピッタリです。
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

毎月の返済負担が軽減する

ローンの金利は、一般的に借り入れ残高が多いと引き下がるため、おまとめローンを利用して複数社からの借り入れをアコム1社にまとめることで、返済額を引き下げることができます。

また、借り入れ中のローン会社の中に金利が高い、または最低返済額が高い会社が含まれている場合、アコムのおまとめローンに借り換えるだけでも総返済額を減らし、返済の負担を軽減させることが可能です。

現在利用しているローン会社の金利よりも、アコムのおまとめローンの方が低ければ返済総額を引き下げ、毎月の返済額も少なくすることが出来るでしょう。

借入先を一本化すれば返済日や返済先もまとめることが出来るので、返済の手間を減らせます。

※返済期間などのご返済計画によって総返済金額が増加する可能性があります。

アコムのおまとめローンのデメリットと注意点

お金

便利に活用すれば返済の負担を減らすことができるアコムのおまとめローンですが、利用するデメリットや注意点についても事前に抑えておきましょう。

アコムのおまとめローンのデメリット
  • 銀行カードローンはおまとめ対象外
  • 追加の借り入れができない
  • 社からの借入額の範囲内でしか借り入れができない
  • 返済期間や適用金利によっては総返済額が増加する可能性がある

銀行カードローンはおまとめ対象外

アコムのおまとめローンでまとめることができるローンは、消費者金融のカードローンとクレジットカードのキャッシングの借入額に限られます

銀行カードローンの借入額やクレジットカードの支払額は借り入れ対象にはなりません。

 一般的なカードローンとは違い、借り入れの目的に制限がある点に注意しましょう。

まずは、最も多く借入をしているのが消費者金融系のカードローンなのか銀行系のカードローンなのか確認し、利用を検討するのがおすすめです。

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

追加の借り入れができない

アコムのおまとめローンでは、追加の借り入れができません。利用者の返済残高を減らすことを目的としたローンなので、更なる借入はできないようになっています。

おまとめローンでは、一般的なカードローンのように借りたり返したりを自由に繰り返すことができません。

そのため、もし他社のローンを借り換えする以外の目的でお金の借り入れがしたい時は、その他通常のカードローン等を新たに利用する必要があります。

監修者
完済を目標として利用するには最適ですが、随時借り入れたり返済したり気軽に利用したい場合は使いづらいかもしれません。

社からの借入額の範囲内でしか借り入れができない

お金

アコムのおまとめローンの借入額は、他社からの借入額の範囲内に限られます。少し多めに借り入れたり、借り換え以外の他の目的で利用するためにお金を借り入れたりすることはできません。

借り換え以外にも広い範囲での利用を検討している人には、あまり向いていません。

 おまとめローンを利用して他社からの借り換えを行い、さらに別の利用目的でお金を借りたい場合はカードローンなどを利用したりする必要があるでしょう。

また、アコムのおまとめローンでは利用限度額の300万円を超える借入はできないので注意が必要です。

返済期間や適用金利によっては総返済額が増加する可能性がある

アコムのおまとめローンを利用して他社から借り換えをすると金利が下がる場合が多いでしょう。そのため、総返済額を引き下げることが出来る可能性があり、月々の返済額を減らすことが出来るというメリットがあります。

しかし、たとえ金利が下がったとしても返済期間が長期化ししてしまったり、返済回数が多すぎたりすると、借り換え前の総返済予定額を上回ってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、アコムおまとめローンで適用される金利率も、実際に申し込みをして審査をしてみないとわからないというのが現実です。

一般的には返済残高が高ければ金利が引き下がるのが一般的ですが、絶対に金利が下がるという保証はないので注意しましょう。

毎月どのくらい返済すれば借り換え前よりもお得なのか、金利がいくらなら借り換えたほうがお得なのか確認しておくと安心です。
\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

アコムのおまとめローンの審査は厳しい?

お金

アコムのおまとめローンの審査基準に関して調べると、「甘い」、「厳しい」といった情報を目にすることがあるでしょう。実際には、アコムに限らず、消費者金融のローンの審査基準は一般には公開されていません

そのため、他社と審査基準を比較して、審査が「甘い」、「厳しい」などと評価するのは難しいでしょう。しかしながら、各カードローン会社で基本的に共通しているチェックポイントはあります。

審査でのチェックポイント
  • 安定した収入があるか
  • 現在の借入額や借入をしている貸金業者の数
  • 信用情報に傷があるか

以上のように、審査では返済能力の有無をチェックされるため、現在の借入額や借入をしている貸金業者の数が多い、過去に返済の延滞を起こしているというような場合は審査に不利に働く可能性が高いです。

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

アコムのおまとめローン審査に落ちる人の特徴

アコムのおまとめローン審査に落ちやすい人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

信用情報に傷がある

過去にカードローンの返済遅延を起こしていたり、クレジットカードの支払い滞納をしていたりと信用情報に傷がついているとアコムの審査に落ちやすくなる可能性が高いでしょう。

ローン会社にとって信用情報は、利用者が問題なく返済をすることが出来るのか、信頼することができる人物なのかを見極めるための判断材料になります。

監修者
信用情報は、信用情報機関に開示申請を行うことで確認が可能なので開示請求ができるため不安な方はチェックしておくと良いでしょう。

年収の安定性が低い

年収の安定性が低い

安定した年収を得ていることは、アコムのおまとめローンへの申し込み条件に含まれます。

 安定した収入の定義は明確ではありませんが、一般的に契約社員や派遣社員、自営業者や経営者よりも正社員として雇用されている人の方が有利に働くと言われています。

パートやアルバイトでもアコムの審査を受けることはできますが、正社員と比較すると不利になる可能性は高いでしょう。

毎月一定した収入を得ていない人や雇用のされ方に安定性がない人の場合、審査に影響が出やすいと言われています。

\アルバイトの方も申込可能/
アコム申し込みはこちら
Webで完結可能

※在籍確認が行われる場合がございます。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

同時に複数社へのローン申し込みをしている

アコムのおまとめローンへの申し込みをする際に、複数社のローンに同時申し込みを行うと審査に落ちやすくなる可能性があります。

ローン会社から金策に走っているのではないかなどと疑われてしまう事になりかねないので注意しましょう。

ローンへの申し込み歴は信用情報から確認することもできるので、申し込み時に申請していなくてもローン会社には把握されてしまいます。

審査落ちが不安でも、1社ずつの申し込みに留めるようにしましょう。

アコムおまとめローンの申し込み方法

お金

アコムのおまとめローンの利用を検討している人の中には、実際の申し込み手順が気になるという人も多いでしょう。

手続きにはどのくらい期間がかかるのか、どの程度の手間がかかるのか、実際に申し込む前に確認しておくと安心です。

カードローンとは融資の方法などに違いがあるので、初めておまとめローンの利用をする人はしっかり確認しておきましょう。

アコムおまとめローンの申し込み方法
  1. 申し込み
  2. 審査結果回答の連絡
  3. 契約
  4. 融資

1申し込み

まずはアコムへの申し込みを行いましょう。はじめてアコムのローンに申し込む場合は、以下の3つの方法で申し込みが可能です。

  • インターネット
  • 電話
  • 自動契約機(むじんくん)・店舗

    インターネットからの申し込みであれば24時間いつでも、パソコンやスマホから手軽に申し込みが可能です。

    オペレーターのアシストが必要な人や疑問点を解消してから申し込み手続きに進みたいという人は、電話からの申し込みを利用しましょう。

    また、アコムの店頭に設置されている自動契約機(むじんくん)を利用して申し込みをすることもできます。必要書類を忘れずに、アコムの店頭へ行くようにしましょう。

    既にアコムを利用している場合は、まずはコールセンターへ電話で連絡をする必要があります。「0120-07-1000」へ連絡をし、契約方法や必要書類等について説明を受けましょう。

    \アルバイトの方も申込可能/
    アコム申し込みはこちら
    Webで完結可能

    ※在籍確認が行われる場合がございます。
    ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

    2審査結果回答の連絡と契約

    小銭

    申し込みが済んだら審査が行われるので、審査結果の連絡を待ちましょう。

    店頭の契約機以外からの申し込みの場合は、メールや電話で審査結果が伝えられます。審査にかかる時間は、審査状況や審査の混雑具合によって異なるので注意が必要です。

    3契約&融資

    審査結果が無事に出たら、契約の手続きを行います。インターネットからの手続きや店頭窓口・自動契約機での手続きが可能です。

    契約が無事に完了すると、融資が行われます。おまとめローンの場合は、原則アコムが利用者の名義で他社への返済を行うことになります。

    もし、アコムが取り扱うことのできない金融機関への返済が必要な場合は、利用者が直接返済を行う場合もあるでしょう。

    監修者
    ご自身で返済をする場合は、完済証明書をもらうのを忘れないようにしてください。
    \アルバイトの方も申込可能/
    アコム申し込みはこちら
    Webで完結可能

    ※在籍確認が行われる場合がございます。
    ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

    アコムのおまとめローンに関してよくある質問

    アコムのおまとめローンとは?

    大手消費者金融アコムが提供している金融商品です。アコムのおまとめローンは「借換え専用ローン」という名称ですが、おまとめローンとして利用できます。

    アコムのおまとめローンは総量規制の対象外となっており、年収の3分の1を超える借入額を設定することが可能です。

    アコムのおまとめローンの審査は厳しい?甘い?

    アコムのおまとめローンでは審査基準を公表していません。したがって審査が厳しい、または甘いと判断することは難しいといえます。

    ただし、現在の収入状況や借入先の数、信用情報などは審査でチェックされるといわれています。

    アコムのおまとめローンのメリットとは?

    アコムのおまとめローンを利用するメリットは以下のとおりです。

    ・年収の3分の1を超える借入ができる
    ・追加の借入ができないので返済に集中できる
    ・毎月の返済負担を軽減できる

    まとめ

    この記事では、アコムの「おまとめローン」の基本情報や利用するメリットや、デメリット、利用上の注意点、さらに実際に申し込む際の方法についても紹介しています。

    アコムの「おまとめローン」で、複数社から借り入れているローンをひとまとめにすると返済日の管理が楽になる他、金利がお得になる可能性もあるので返済に困っている方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

    複数の消費者金融からの借入がある方は、ぜひ利用を検討してみてください。
    \アルバイトの方も申込可能/
    アコム申し込みはこちら
    Webで完結可能

    ※在籍確認が行われる場合がございます。
    ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事