40代に医療保険は本当に必要?必要性の有無に迫ります
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

養老保険の特徴や加入するメリット、選び方がわからず、興味はあってもなかなか加入できずにいませんか?

読者
養老保険とはどんな保険で、どのような人が加入するべきなのでしょうか?

読者
養老保険のメリット・デメリットや選び方のポイントを知りたいです!

マガジン編集部
この記事にあることを学べば、養老保険の活用方法がわかって、ご自身に適した養老保険を選ぶことができますよ。
本記事で紹介するような「養老保険とは何か」を理解して、申し込みを検討する人もいます。
本記事では、養老保険とは何か、おすすめする人・しない人の特徴、メリット・デメリット、選び方のポイントを紹介していきます。

マガジン編集部
本記事を読めば、もう養老保険の加入・未加入で迷うことはありませんよ!ぜひ、参考にしてみてください。

この記事の要点

  • 1.養老保険とは、被保険者の死亡・高度障害といった万が一のときに支払われる「死亡保険金」と、保険期間が満了したときに支払われる「満期保険金」が同額の保険のこと。
  • 2.養老保険の加入をおすすめするのは「将来の資金を作りながら万が一の保障に備えたい人」「保険料を掛け捨てで支払うのに抵抗感のある人」「自分の好きなタイミングで資金を受け取りたい人」など。
  • 3.養老保険を選ぶ際は「満期保険金の返戻率が高い」「契約できる保険期間の長さ」「契約年齢と設定できる保険金額」「満期保険金の受け取り方」などを確認するのが良い。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

養老保険とは

養老保険とは

養老保険とは?
養老保険とは、被保険者の死亡・高度障害といった万が一のときに支払われる死亡保険金と、保険期間が満了したときに支払われる満期保険金が同額の保険のことです。

マガジン編集部
つまり、「万が一の保障」と「将来のための資産形成」を同時に行える保険と言えるでしょう。このように死亡と生存に備えられるため、他には「生死混合保険」ともいわれています。
養老保険の仕組みを簡潔にまとめると、保険料を貯蓄しながら、もしものときは満額の保障を受け取れることです。

養老保険の具体例

  • 死亡保険金と満期保険金が1,000万円で、保険期間20年の養老保険に加入したとします。
  • 以上の養老保険では、被保険者が20年間のうちに死亡すると、一度でも保険料を支払っていれば1,000万円を受け取れます。
  • 一方で死亡・高度障害がなければ、満期まで支払った保険料が積み立てられ満期保険金を受け取れます。
  • もし途中解約すれば、支払った保険料に応じた解約返戻金を受け取れますが、通常、総支払保険料よりも少ないです。

このように養老保険は、2種類の保障で充実しているため、保険料が高くなりやすいです。

 養老保険の満期保険金について

  • ちなみに養老保険の満期保険金は、満期になれば自動でもらえるわけではなく、保険会社に「満期保険金請求書」を身分証明ができるものと一緒に送付しなければなりません。

マガジン編集部
養老保険は死亡保険の一種であるため、同じ死亡保険の定期保険と終身保険と比較検討されることが多いです。それぞれの違いを、次の表にまとめましたのでご確認ください。
死亡保険である養老保険・定期保険・終身保険の違い
養老保険 定期保険 終身保険
特徴 満期があり死亡保険金と満期保険金が同額 あらかじめ決められた保険期間の死亡・高度障害に備える 一生涯にわたり死亡・高度障害に備える
保険期間 満期まで 保険期間終了まで 一生涯
保険料 最も高くなりやすい 最も安くなりやすい 割高になる
満期保険金 あり なし なし
貯蓄性 高い なし/ほぼなし あり
解約返戻金 あり なし/ほぼなし あり
保険の更新 なし あり
(更新の度に保険料が上がる)
なし
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

養老保険がおすすめな人・おすすめしない人

養老保険がおすすめな人・おすすめしない人

読者
セールスの方に養老保険への加入を勧められたけど、私は加入するのがいいのでしょうか?

マガジン編集部
確かに養老保険は優れた保険商品です。ただし一概にすべての人が加入するべきではありません。
ここでは養老保険への加入をおすすめする人、しない人の特徴を確認していきましょう。

養老保険をおすすめする人

養老保険への加入をおすすめするのは、次のような人です。

養老保険の加入をおすすめする人

  • 将来の資金を作りながら万が一の保障に備えたい人
  • 保険料を掛け捨てで支払うのに抵抗感のある人
  • 自分の好きなタイミングで資金を受け取りたい人

将来の資金を作りながら万が一の保障に備えたい人

養老保険は、資金作りしながら、万が一の保障に備えたい人にうってつけです。

養老保険の保険金は自由に設定できるので、次のような資金に備えられます。

 養老保険で備えられる資金

  • 死亡時の葬儀費や埋葬費
  • 死亡時に残された遺族の生活費
  • 退職後の老後生活資金
  • 子どもの成長や進学に合わせた教育資金

毎月、一定の保険料を支払うだけで、両方の資金を準備できるので便利です。

読者
もし貯蓄と万が一の保障で、別々の保険に加入していたら、契約や保険料の支払いなど、手間が増えてめんどうですね。

マガジン編集部
はい、そうですね!保険金を目的に合わせて自由に設定できるので、ご自身に適した資金計画を立てられるのも魅力です。

保険料を掛け捨てで支払うのに抵抗感のある人

マガジン編集部
通常、保障だけの保険は貯蓄性に乏しく、支払った保険料は返ってきません。定期保険がわかりやすい例でしょう。
定期保険は、支払った保険料は積み立てられず、解約返戻金や満期保険金として返還されないため「掛け捨て型の保険」とも言われています。

読者
せっかく保険料を支払っても、自分の身に何も起きなければ、支払ったままになりますよね。

マガジン編集部
保険とはもともと「転ばぬ先の杖」として、万が一に備えられることに価値がありました。もちろん今もその価値が重宝されていますが、顧客ニーズの多様化に伴って貯蓄性を重視する人も増えています。
そのため、保険料を支払うなら、将来的に資金を受け取りたいという人は、養老保険への加入をおすすめしますよ。

自分の好きなタイミングで資金を受け取りたい人

マガジン編集部
実はあまり知られていませんが、養老保険の満期保険金は、自分の好きなタイミングで受け取れます。
もちろん、満期を迎える前に満期保険金を受け取ることはできません(解約すれば一定の解約返戻金は受け取れる)が、満期以降なら一定期間、自分の好きなタイミングで受け取れます。

満期保険金の「据え置き」

  • このように満期保険金を満期以降まで受け取らずにいることを「据え置き」と言います。
  • 満期保険金を据え置ける条件は、取り扱っている保険会社によって異なりますが、通常10年以内に10万円以上、1円単位でできます。
  • 据え置くことによるメリットは、自分の好きなタイミングで保険金を受け取れることだけではなく、満期保険金が増える可能性もあることです。
  • というのも、据え置くとは保険会社に資金を「預けている」ことになるので利息がつくからです。

読者
それなら退職前や子どもの進学前に満期を設定して、据え置くこともできますね。

マガジン編集部
はい、その通りです。
特に据え置きは個人年金保険にはない特徴なので、養老保険は老後資金に柔軟に備えるのに便利ですよ。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

 

養老保険をおすすめしない人

一方で養老保険をおすすめしないのは、次のような人です。

 養老保険をおすすめしない人

  • 最低限の保険料で万が一の保障に備えたい人
  • 一生涯の保障に備えたい人

最低限の保険料で万が一の保障に備えたい人

マガジン編集部
養老保険の保険料はどうしても割高になります。
それは、万が一の保障と資産形成のための貯蓄の2つが充実しているからです。
すると保険会社の商品の運用の手間やコストがかかってしまい、保険料が高くなります。
そのため、万が一の保障を特に充実させたいという人には、あまり向きません。

読者
少ない保険料で死亡・高度障害に備えるなら、定期保険がいいですね!

一生涯の保障に備えたい人

一生涯の保障がほしい人も、養老保険は向きません。

というのも、養老保険には満期があるので、半強制的に保障が終了するからです。

商品によっては、更新のある養老保険もありますが、そのときには次のことに注意してください。

 養老保険の更新の注意点

  • 養老保険を更新すると、契約年齢も更新されるため、保険料が高くなります。
  • また更新時期の健康状態によっては、加入できない、もしくは保障が制限されることがあります。

マガジン編集部
一生涯の保障に最適なのは、終身保険です。

養老保険のメリットとデメリット

養老保険のメリットとデメリット

養老保険には、メリット・デメリットがあります。

ここでは、それぞれをまとめてみましょう。

養老保険のメリット

養老保険のメリットは、次です。

 養老保険のメリット

  • 死亡保障と生存保障の両方に備えられる
  • 満期保険金を一定期間、据え置ける(自分の好きなタイミングで受け取れる)
  • 途中解約しても、解約返戻金を受け取れる

繰り返しになりますが、養老保険は万が一に備えながら、資産形成にも優れた保険です。

特に今は、計画的な資金作りのために利用する人が多くいます。

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

養老保険のデメリット

養老保険のデメリットは、次です。

 養老保険のデメリット

  • 保険料が割高
  • 満期を迎えると保障がなくなる
  • インフレに弱い
  • 解約返戻金が通常、支払った保険料より少ない

特に養老保険は、インフレに弱いです。

 

インフレとは?
インフレとは、モノやサービスの値段が上がり、相対的にお金の価値が下がることをいいます。
例えば今まで100円で買えていた水が、ある時期から150円となると、ものに対してお金の価値が下がったことになります。
養老保険の保険金は、インフレが進んでも増えません。
価値が減ったままの資金を受け取ることになり、資産形成の計画がうまくいかなくなるかもしれません。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

各種生命保険に新規で加入したいけれど、自分ではどんな保障が必要か分からず困っていませんか?もしくは、既に加入している各種生命保険が現在のあなたや家族に最適かどうか分からず迷っていませんか?

どの商品が最適か分からない方や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい方は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。

 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.家計や収支、将来のことも合わせて相談でき
  • 4.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数38社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる

相談員の質が高く、また無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいポイントです。

取扱保険会社数

合計:38社 
(生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

2.保険マンモス

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険マンモス」です。

保険マンモスのここがおすすめ!

  1. 相談満足度95%※1
  2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
  3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
  4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度

相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができると定評があります。

※2 保険マンモスが達成した三冠とは
自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
取扱保険会社数

提携先による

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 提携先による
キャンペーン あり

保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

3.マネードクター

おすすめの無料保険相談所3つ目は「マネードクター」です。

マネードクターのここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数31社 ※1
  2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
  3. 相談満足度92.9% ※3
  4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
  5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
  6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!

無料の保険相談窓口としてテレビCMも行っていることからご存じの方も多いマネードクターは、保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるため頼りになりることうけあいです。

取扱保険会社数

合計:31社 ※1
(生命保険:22社 損害保険:9社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

※1…2021年10月現在
※2…2020年度実績
※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

4.保険市場

おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業

取扱保険会社数は国内最大級で、老舗でありながら東証一部上場企業であることで安心感があります。

取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

5.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所5つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

無料の保険相談窓口はショッピングモールやテレビCMで見たことがあれど、実際に利用をしたことがないと、何を基準に窓口を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。

最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。リモート業務の前後や休憩時間はもちろんのこと、お休みの時間などさくっと相談できるので大変好評なサービスです。
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談ができます。
POINT
カメラを使用する相談も、電話のみでの相談も実施している会社もあります。まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
マガジン編集部
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

無料の保険相談窓口は多くありますが、相談に乗ってくれる担当者はどこも同じではないかと思われがちですが、実は、担当者は相談窓口によって異なることはもちろんのこと、店舗によっても異なります

保険の相談に乗ってくれる担当者全員がFPをはじめとする資格を持っているとは限りません。FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。比較できる対象が多いほうが、ご自身や家族により最適な商品が見つかりやすいということに繋がります。

マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手です。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合は無料で変更することが可能で、違う相談員に再度無料で相談をすることができます。

しかし、できることならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいですよね。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

養老保険の選び方ポイント

養老保険の選び方ポイント

各会社の養老保険の主な特徴は、この記事でお伝えしたようなものになっており、大きくは変わりません。

ただそれでも商品によって異なる点があるので、養老保険を選ぶときは次のようなことを確認しましょう。

養老保険の選び方のポイント

  • 満期保険金の返戻率が高い
  • 契約できる保険期間の長さ
  • 契約年齢と設定できる保険金額
  • 満期保険金の受け取り方

満期保険金の返戻率が高い

返戻率とは?
返戻率とは、支払った保険料に対して、受け取った保険料の割合のことをいいます。
返戻率が100%以上なら、少ない保険料で多くの満期保険金を受け取れることになります。
返戻率は少しでも高いに越したことはないので、必ず確認するのがおすすめです。

 

契約できる保険期間の長さ

商品によって契約できる保険期間の長さが異なります。

想定より保険期間が短いと、資金計画が崩れる恐れがあります。

マガジン編集部
必ず、ご自身の資金計画や将来設計にあった保険期間を選ぶようにしてください。

契約年齢と設定できる保険金額

また設定できる契約年齢と保険金額も異なります。

読者
加入したいのに加入できないと意味がありませんよね。

マガジン編集部
とはいえ、養老保険の加入年齢は0〜80歳までや6〜75歳までと幅広いのが通常です。
保険金額も500万〜2,000万円ほどのものが多いようです。

満期保険金の受け取り方

マガジン編集部
実は養老保険の満期保険金は、一括受け取りだけではなく、年金形式で受け取れる商品もあります。
年金形式だと、資金を無駄遣いせず、計画的に活用できる人もいるかもしれません。
ライフスタイルやお金の理想の使い方から、適した保険金の受け取り方のできる商品を選びましょう。

まとめ

養老保険とは、被保険者の死亡・高度障害といった万が一のときに支払われる死亡保険金と、保険期間が満了したときに支払われる満期保険金が同額の保険のことでした。

そのため、死亡保障に備えながら、老後資金や子どもの教育資金などを準備したい人にうってつけの保険商品です。

また満期保険金を据え置けば、自分の好きなタイミングで利息をつけて受け取れます。

とはいえ、そのようなメリットがあるからこそ、保険料が割高で、死亡保障だけを充実させたい人には不向きです。

ご自身の家庭や経済状況に応じて、養老保険の検討をしてみてください!

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)
本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事