女性向けがん保険はおすすめ?必要性と選び方ポイントを解説

万が一に備えて加入する保険にはさまざまな種類がありますが、中でも女性から注目を集めやすいのが「がん保険」です。

読者
女性は乳がんの罹患率(りかんりつ)が高いと知り、男性よりも若いうちから保険に加入する必要性が高いのかと考えています。

マガジン編集部
しかし、女性向けのがん保険を選ぶ際には注意点もあります。

女性特有のがんに罹患した場合に通常の給付金に上積みする形で手厚い保障が受けられる一方、保険料が割高になることや保障が過剰になることも考えられます。

読者
自分に合った適切な保障を受けるためには、どのように選べば良いのでしょうか?

そこで今回は、女性向けのがん保険の必要性と選び方のポイントを解説します。

この記事の要点

  • 1.女性特有のがんは、30代から50代で罹患率が高くなる
  • 2.公的制度を利用しても、給付対象外の項目があるため、対象外の金額をまかなうためにがん保険に加入するのは一つの手段
  • 3.通常の保険は罹患する前の健康な状態でないと加入が困難になるため、健康な状態であるうちに加入を検討しよう
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

\オンライン・訪問どちらも可能/

この記事は5分程度で読めます。

女性向けのがん保険とは

女性向けのがん保険とは?
女性向けのがん保険とは、「女性特有のがん」に罹患した場合に手厚い保障を受けることができるがん保険のことです。

ひと口に「女性向け」といっても、大きく分けて以下のような2つのタイプに分けられます。

女性向けのがん保険とは

  • 通常のがん保険に女性特有のがん保障が付帯している保険
  • 女性特有のがん保障が主契約になっている保険

女性向けがん保険は、女性特有のがんに罹った(かかった)場合に、それ以外のがんでも支給される入院給付金や手術給付金、診断給付金に上乗せされた金額が支払われます。

また、乳がんで乳房を切除したあとの「乳房再建術」などの手術を受けた場合に給付金が支給されるタイプの保険もあります。

女性向けのがん保険の保障内容

女性向けのがん保険の保障内容は、保険会社や保険商品によっても千差万別です。

代表的な保障内容は以下のとおりです。

女性向けがん保険の保障(例)

  • 診断給付金
  • 入院給付金
  • 通院給付金
  • 手術給付金

マガジン編集部
通常のがん保険と名称は全く同じですが、女性向けの保険ならではの特徴を持っています。

それぞれの保障内容について、詳細に見ていきましょう。

診断給付金

がんの診断を受けた時点で、まとまった一時金を受け取ることができる保障が「診断給付金」です。

一時金の額は保険によっても異なりますが、一般的に100~200万円の金額が設定されます。

さらに、女性特有のがんになった場合、金額が上乗せされて支給されるタイプもあります。

入院給付金

がん治療を目的として入院した場合に、入院日数に応じて1日あたり所定の給付金が支払われる保障です。

1日あたりの給付金額は5,000~15,000円が一般的で、がん保険以外の医療保険と異なり、入院日数に制限がないタイプが一般的です

読者
女性向けのがん保険は、女性特有のがんに罹患した際通常の入院給付金に上乗せして受け取ることができるんですね。

通院給付金

がんの治療を目的として通院した場合に、通院日数に応じて給付金が支払われる保障です。

1日あたりの給付金は入院給付金と同等の5,000~15,000円程度が一般的に設定されます。

マガジン編集部
入院給付金と同じく、女性特有のがんで通院した場合は通院給付金が上乗せされます。

手術給付金

がんの治療を目的に手術を受ける場合に、所定の給付金を受け取ることができます。

がん入院給付金を基準に「〇倍」という形で決められることが一般的です。

商品によっては「入院での手術は20万円」など、金額が設定されることもあります。

女性向けがん保険の必要性

女性特有のがんとは

女性特有のがんは、年齢が若くても発症するリスクがあります。

マガジン編集部
そのため、がん罹患率は30~50代前半まで女性の方が高くなっているのです。

それぞれのがんの特徴を紹介します。

乳がん

国立がん研究センターの「最新がん統計 どの部位のがん死亡が多いか~年齢による変化」によれば、乳がんは40代前半から50代にかけての女性にもっとも多いがんで、他には子宮がん、卵巣がんの死亡が多くを占めることが知られています。

「しこり」によって罹患が発覚するほか、痛みや赤みなどの自覚症状が出ることもあります。

子宮頸がん

子宮の入り口である子宮頸部の上皮にできるのが子宮頸(けい)がんです。

ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することが主な原因であり、性交渉によって感染するため若い世代の罹患率が高いとされています。

卵巣がん

女性特有の器官である「卵巣」にできるがんです。

初期症状がなく、早期発見が難しいがんの1つと言われています。

リスク要因として以下が考えられています。

卵巣がんのリスク要因

  • 家族に卵巣がんの罹患歴があること
  • 自身に出産歴がない

女性特有のがんの罹患率

女性向けのがん保険の必要性を考えていく場合、女性特有のがんがどれだけ怖いものかを知ることが大切です。

読者
「がん」といっても罹患する部位は多くありますが、女性特有のがんは特別に警戒するほどのものでしょうか?

国立がん研究センターの「最新がん統計」によれば、女性が罹患しやすいがんのランキングは以下のとおりです。

女性が罹患しやすいがん

  • 乳がん(91,605人)
  • 大腸がん(66,170人)
  • 肺がん(41,630人)
  • 胃がん(40,144人)
  • 子宮がん(子宮頸部+子宮体部)(28,183人)

出典:国立がん研究センター|最新がん統計

マガジン編集部
女性がかかりやすいがんトップ5のうち、1位の乳がんと5位の子宮がんがいわゆる「女性特有のがん」にあたります。

乳がんの患者は2位の大腸がんの患者と比較しても圧倒的に多いため、女性なら特に警戒するべきでしょう。

また、女性の場合は手術のあとのQOL(生活の質)に関する費用も男性よりかかる傾向にあります。

術後の費用例

  • 抗がん剤で髪の毛が抜ける副作用があるため、ウィッグ(かつら)を必要とする方もいます。
  • 女性専用の個室を選択する場合は公的保障が適用されないため、差額ベッド代として自己負担となります。
  • 乳がんの場合は、乳房再建術の費用も必要です。

とはいえ、現在では以前と違って乳房再建術に公的保険が適用されることから、費用負担は以前より軽くなっています。

マガジン編集部
女性向けのがんのための保険とはいえ、何が何でも必要というわけではありません。

女性向けのがん保険の手厚い保障が本当に必要なのかは個別に考える必要があります。

すでに加入している医療保険があれば、その保障内容と必要になる費用を比較して新たに女性向けがん保険に加入するかを決めていきます。

女性ががんに罹患する年齢

女性向けのがん保険は、必ずしもすべての年代の女性に必要ということはありません

マガジン編集部
同じ女性でも、年代によってがんに罹患するリスクは大きく異なります。

がん研究振興財団によれば、「乳がん」「子宮頸がん」「卵巣がん」の年齢階級別罹患率(人口10万人対の率)は以下のとおりです。

乳がん 子宮頸がん 卵巣がん
20~24歳 1.2 0.9 5.6
25~29歳 8.3 6.2 9.4
30~34歳 29.5 20.0 10.0
35~39歳 75.2 27.8 14.0
40~44歳 158.1 27.8 20.7
45~49歳 239.7 29.2 29.9
50~54歳 239.3 25.9 36.8
55~59歳 231.9 23.4 36.6
60~64歳 252.2 22.3 32.3

出典:公益財団法人がん研究振興財団|がんの統計’19|90P

読者
30~40代にかけて、罹患率が急激に上昇していますね。

マガジン編集部
罹患率は50代になっても上昇を続け、子宮頸がんと卵巣がんは50代乳がんは60代がピークを迎えます。

少なくとも、50代・60代の女性はがん保険に加入する必要性は高いといえます。

ポイント

  • しかし、がん保険は「かかってから」ではなく「かかる前に」あらかじめ加入しておくものです。
  • 一度がんにかかると健康告知の制限によって加入できない可能性もあります。
  • 罹患率が跳ね上がる30~40代など、できるだけ若いうちに加入しておく必要があるでしょう。

がんの治療にかかる費用はいくら?

医療費が高額になった場合、公的保障として一定額を超える金額が「高額療養費制度」によって払い戻されます。

マガジン編集部
以下の医療費を参考に、女性特有のがん保険に加入するべきかを判断しましょう。

標準報酬月額(※)が28~50万円、入院費用と外来費用の合計で100万円(保険適用前)がかかったと仮定しましょう。

※標準報酬月額=その年の4月、5月、6月の3カ月間に支払われた報酬の平均額

高額療養費制度を利用した際の自己負担限度額

  • 80,100円+(医療費の総額-267,000円)×1%
  • 100万円の医療費がかかる場合、窓口での支払金額は30万円です。
  • 高額療養費制度が適用される「30万円 - 8万7,430 = 21万2,570円」が払い戻しされることになります。

診療を受けた月以前の1年間で3ヶ月以上の高額療養費の支給を受けた場合は「多数回該当」になり、自己負担限度額がさらに軽減されます。

マガジン編集部
上記のケースが多数回該当にあたる場合、自己負担は4万4,400円まで抑えられます。

女性向けのがん保険は女性特有のがんに対する保障が手厚い代わりに保険料が割高になる点がデメリットです。

通常の医療保険でも十分という判断になれば、無理に加入する必要はありません。

しかし、実際には負担は医療費だけではありません。

自己負担になる項目

  • 乳がんなら乳房再建術の費用が発生するほか、ウィッグなどの術後の生活の質を高めるための費用も必要です。
  • 入院中に個室を選んだ場合は差額ベッド代も自己負担になります。

これらにかかる費用まで総合的に計算・考慮し、女性向けがん保険への加入を判断しましょう。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめのがん保険商品はこれ!

チューリッヒ生命
「終身ガン 治療保険プレミアム DX」

チューリッヒ生命の「終身ガン 治療保険プレミアム DX」なら、お手軽な保険料で今の時代にぴったりな保障を受けられる!

ここがおすすめ!

  1. 治療を受けた月ごとに一定額が受取れます!
  2. 健康保険のきかない所定の自由診療もサポートを受けられます!
  3. 必要な保障を選んで無駄なく合理的に備えられます!
チューリッヒ生命
「終身ガン 治療保険プレミアム DX」保険料例

年齢 男性 女性
30歳 1,875円 1,655円
40歳 2,575円 2,030円
50歳 3,900円 2,410円
保険期間・保険料払込期間:終身
保険料払込方法:クレジットカード扱(月払)・口座振替扱(月払)
お申込可能年齢:満6歳~満80歳
保障内容:[基準給付月額]10万円[ガン診断給付金]50万円[悪性新生物保険料払込免除]適用
※2020年10月1日現在
募補01808-20201006

女性向けがん保険の選び方4つのポイント

診断一時金はいくらまでもらえるか?何回もらえるか?

女性向けに限らず、がん保険を選ぶ際に診断給付金は重要な要素です。

マガジン編集部
診断給付金の支払回数に注目してください。

保険によっては初めてがんと診断された場合に限って支払われるタイプもあります。

ポイント

  • がんは昨今では不治の病ではなく、生存率が高まっています。
  • 「死亡」ではなく「再発」「転移」のリスクが大きくなりつつあるのです。
  • つまり、何度もがんの確定診断を受ける可能性が上がっているともいえます。

読者
将来的なリスクを考えた時、診断給付金を複数回受け取れるタイプのがん保険だと安心できそうですね。

通院治療に対応したがん保険を選ぶ

保険は社会情勢や生活環境の変化に応じて支払条件が変化します。

古いがん保険の場合、基本的な保障は入院給付金手術給付金がメインです。

マガジン編集部
これは少し前まで、がんは通院で治すことは想定されていなかったことが原因とされています。

現代でも入院して外科手術を行うこともありますが、抗がん剤放射線による通院治療という選択肢が増えています。

ポイント

  • 通院保障が適用されない保険に加入してしまうと、通院でのがん治療では保障されません。
  • 通院治療や抗がん剤治療、放射線治療でも給付金が支給されるがん保険を選ぶことが大切です。

上皮内新生物でも適用される保険を選ぶ

女性特有のがんの特徴として、「上皮内新生物と診断されることが多い」というものがあります。

上皮内新生物とは?
上皮内新生物とは、がん細胞が上皮部分に留まっているがんのことです。

がんが基底膜という膜を破って深いところに達していない状態であり、比較的治療がしやすく、しっかり治療すれば転移の心配もありません

上皮内新生物が保障に含まれるかはがん保険次第です。

中には上皮内新生物では保障の金額が減額されてしまったり、保障の対象外になる保険もあります。

マガジン編集部
上皮内新生物に罹患しやすいことを考えると、上皮内新生物も保障されるタイプのがん保険だと安心でしょう。

できるだけ早めに加入する

生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」によれば、がん保険、またはがん特約の加入率の年齢別データは以下のとおりです。

全生保 民保
男性全体 43.2 38.6
20歳代 22.0 21.0
30歳代 46.3 39.9
40歳代 52.8 48.3
50歳代 46.8 41.1
60歳代 42.2 37.8
女性全体 42.2 36.5
20歳代 28.9 25.9
30歳代 46.5 39.7
40歳代 49.2 43.0
50歳代 43.1 38.7
60歳代 39.0 32.4

出典:生命保険文化センター|生活保障に関する調査|63P

読者
30代を境に、がん保険に加入する人は一気に増加していますね。

特に女性の場合は乳がんや子宮頸がんの罹患率が30代の若い世代から高くなるため、その意味においても男性よりも若いうちにがん保険に加入する必要性は高いといえます。

マガジン編集部
できれば30歳までに、がん保険への加入を検討しておきたいところです。

注意点

  • 一度でもがんに罹患してしまった場合は健康告知に引っかかって、がん保険に加入できなくなることも考えられます。
  • 確かに若いうちは罹患率は低いです。
  • しかし、もしも若い時にがんにかかると長期間にわたって入院、通院、再発や転移のリスクと戦い続けることになるのです。

 

金銭的な不安を取り除くためにも、できるだけ若い年齢のうちから女性向けがん保険に加入することが重要になるでしょう。

まとめ

がん保険は将来の万が一のために若いうちから加入を検討するべき商品ですが、女性はがんの特性から男性よりも早いうちから加入する必要性が高いといえます。

「診断給付金を無制限に受け取れる」「通院給付金の保障が手厚い」などのポイントを押さえて、ご自身に合う女性向けがん保険を選びましょう。

マガジン編集部
もしもどのような商品がよいか迷われる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事