積立NISAはやめたほうがいい?損?デメリットと注意点を徹底解説
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

投資で得た利益には原則として20.315%の税金が課されますが、非課税の仕組みを利用することで税金をゼロにできます

たとえば「つみたてNISA」では最長20年にわたって非課税が続くので、余裕資金があれば是非ともチャレンジしたいですね。

とはいえ、つみたてNISAは元本が保証されていません。結局損をしてしまうならやめた方がいいのでしょうか。

マガジン編集部
そこで今回は「つみたてNISAをやめた方が良い人」の特徴や、つみたてNISAを始める前に知っておきたい注意点を解説します。

この記事の要点

  • 1.つみたてNISAはあくまでも投資商品を非課税で運用できる仕組みであるため、経済動向次第では元本を大きく下回ることもあります。
  • 2.また、最大限の複利効果を期待するためには、最長20年にわたってしっかりと投資を続けられることも重要です。
  • 3.つみたてNISAのメリットだけでなく、デメリットや注意点を理解したうえで始めるかどうかを決めましょう。
  • 4.つみたてNISAや老後資金、老後生活について悩まれる方は、一度無料保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

積立NISA(つみたてNISA)とは?

積立NISA(つみたてNISA)とは?

つみたてNISAとは?
つみたてNISAは、2018年1月からスタートした資産運用の方法の1つで、専用の口座内で運用した投資信託の利益が最長20年にわたって非課税になります。

もう1つ、同じNISAと呼ばれている制度に「一般NISA」もあり、こちらは年120万円まで最長で5年にわたって非課税になる制度です。

マガジン編集部
それぞれに特徴がありますが、今回はつみたてNISAならではの特徴を紹介します。

特徴1.積立投資専用の方法である

もう1つのNISAである「一般NISA」では、積立方式もスポット購入(一括購入)も可能です。

ポイント

  • 一方のつみたてNISAは、文字通り積立方式のみ選択できます。
  • 最低購入金額や取り扱い銘柄は証券会社ごとに異なりますが、多くのネット証券では最低100円から購入可能です。
  • 積立のタイミングは毎月1回のほか、毎日を選択することもできます。

ただし、積立額は月3万3,333円が上限になることは覚えておきましょう。

マガジン編集部
これはつみたてNISAの限度額が年40万円のためです。

また、毎日積立する場合は、1日の積立額の上限が「40万円÷その年の営業日数」までになることも併せて覚えておきましょう。

積立のメリットはタイミングを迷わないこと

投資商品は、毎日のように価格が変動しており、安いときに購入するのが基本です。もし一括であれば「どこで買うべきか」を自分で判断しなければいけませんが、毎月あるいは毎日積立するのであれば、タイミングを考える必要はありません。

読者
普段は仕事や育児で忙しい人であっても、無理せず投資を続けることができそうですね。

特徴2.最大20年まで運用益が非課税

つみたてNISAは、口座内で運用した投資信託の利益が最長20年にわたって非課税になる制度です。

ポイント

    本来であれば20.315%の税金がかかるところ、つみたてNISAでは支払う必要がありません。

    仮に1,000円の利益が得られた場合、通常であれば手元に残るのは800円弱です。1,000円まるごと再投資に回すことで、より効率的に資産運用ができるようになりますね。

    特徴3.投資できるのは金融庁お墨付きの「投資信託」のみ

    一般NISAでは、日本・海外の個別株や投資信託など選択肢が豊富です。

    ポイント

    • 一方のつみたてNISAは投資信託に限定されます。
    • それも、金融庁が示した下記の条件を満たす、ごく一部の投資信託に限定されるのが特徴です。

    金融庁が示す条件は以下のとおりです。

    ○例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの
    ・販売手数料はゼロ(ノーロード)
    ・信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
    ・顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
    ・信託契約期間が無期限または20年以上であること
    ・分配頻度が毎月でないこと
    ・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

    引用元:金融庁|つみたてNISAとは

    販売手数料はおおむね1~3%で設定されることが多いため、100万円分の投資信託を購入すると97万円~99万円の元本でスタートすることになります。

    その1万~3万円を取り戻すだけで余計な時間がかかってしまいそうですね。

    ポイント

    • つみたてNISAではノーロードと呼ばれる販売手数料が低水準な商品ばかりです。
    • 運用で利益を得られれば、すぐに黒字を目指すことも可能です。

    マガジン編集部
    そのほか、長期的な運用を目指せる条件に限定されているため、初心者でも安心です。

    積立NISA(つみたてNISA)はやめたほうがいい?

    積立NISA(つみたてNISA)はやめたほうがいい?

    やっぱり、投資なんて難しそうだからやめたほうが良いのでしょうか?投資をしても、損するだけならやりたくない気持ちが出てきてもおかしくはありません。

    実際、つみたてNISAは投資に関わる制度ですし、運用の仕方や市場次第で元本を下回る可能性もあります。

    マガジン編集部
    ここでは、つみたてNISAをやめた方が良い人とは、どんな人かを紹介します。

    つみたてNISAをやめた方が良い人の特徴

    すぐにでも資産を大きく増やしたい人

    つみたてNISAで選択できるのは投資信託のみです。そしてその多くがインデックスファンドと呼ばれています。

    インデックスファンドとは?
    東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価、S&P500、NYダウなどの指数(ベンチマーク)と連動する値動きを目指す商品のことです。

    ニュースに出てくる単語ばかりですが、1年で株価が2倍になったという話を聞いたことがあるでしょうか。結論からいえば、投資信託では1年で資産を2倍・3倍にすることはできません。

    ポイント

    • 一般的に投資信託のリターンは1年で5~7%程度といわれています。
    • なかには1年で10%以上増える年もあれば、10%以上下落する年もあるでしょう。
    • それを平均すると、一般的には5~7%程度に収まるといわれています。

    仮に6%とすると、2倍にするには12年の歳月が必要です。もし1年で資産を2倍にするような取引を希望するのであれば、値動きが激しい個別株FX仮想通貨など、つみたてNISAとは全く別の投資を検討する必要があります。

    注意点

    ただ、1年で2倍になる可能性があるということは、1年で資産が2分の1になる可能性もあるということです。
    このことからも、長期的な資産形成には向かない点を理解しておかなければならないことがわかりますね。

    10年~20年にわたって資産をほったらかしにできない人

    つみたてNISAの最大のメリットは、なんといっても20年もの長い期間にわたって非課税が継続することです。

    ポイント

      投資は、長い時間をかけて運用するほど「複利効果」で利益が大きくなりやすい性質があります。

      複利とは?
      複利とは「配当にも配当がつく」ということです。100万円投資して毎年5%のリターンを得る条件で考えてみましょう。
      たとえば…
      初年度は5万円の利益です。

      次の年度は105万円の5%ですから、受け取れるリターンは5万2,500円になります。

      さらにその次は110万2,500円の5%……といった具合に、受け取れる分配金が少しずつ大きくなっていくのです。

      20年もの長きにわたって複利効果を得ることで、元本にしか利子がつかない単利の定期預金と比較して大きく資産を増やせる可能性があります。

      投資のリスクを許容できない人

      つみたてNISAも投資である以上、元本を大きく下回るリスクがあります。たとえば2020年3月に発生したコロナショックでは日経平均株価は約30%下落しました。

      その直前に投資を開始した人は、投資した資産の30%を失っていることになります。しかし、ここで「投資なんて始めなければよかった……」と投資をやめてしまうのはもったいないのです。

      POINT
      暴落後は、逆にいえば株を安く買える状態ですので、投資をやめずに毎月同じ金額を買い付けることで、いつもより多い口数を購入できます。

      また、前述の日経平均株価ですが、2020年3月に暴落したあと11月にはもとの水準に戻っています。

      参考:Yahoo!ファイナンス|日経平均株価

      一時的な元本割れでも、長く投資を続けることで利益を目指すことは十分に可能とも考えられます。「元本割れは絶対に許容できない」という人の場合、長期で投資を続けることは難しいでしょう。

      積立NISA(つみたてNISA)が向いている・おすすめできる人の特徴

      積立NISA(つみたてNISA)が向いている・おすすめできる人の特徴

      ご紹介したように積立NISA(つみたてNISA)は、少額でも積立ができ最長20年まで運用が可能で、投資する商品は金融庁の条件を満たした商品に限られているので安心といった特徴があります。

      こういった積立NISA(つみたてNISA)の特徴を生かしながら、投資を行うのが向いているのはどのような人なのでしょうか、その特徴を見ていきましょう。

      将来の支出に備えたい20代から30代の人

      20代や30代の若い世代は、まだライフプランが定まっておらず、目的を持った貯蓄をする段階にはない人が多いでしょう。

      POINT
      今後、結婚資金や住宅購入資金、子どもの教育資金などの大きな出費に備えて、貯蓄できるうちに積立NISA(つみたてNISA)を始めておくと良いでしょう。

      積立NISA(つみたてNISA)はいつでも解約できるので、お金が必要になったときにいつでも引き出すことができます。

      子どもの教育費を準備したい人

      積立NISA(つみたてNISA)は、子どもの教育費を準備する方法としてもおすすめです。

      子どもが生まれる前から始めることができれば、大学入学の18歳までに20年弱の運用期間を確保できるので、まとまった資産が形成できるでしょう。

      子どもが大学入学になる年にいくら貯めたいのかを検討し、そこから毎月の掛け金を逆算すると必要な金額を導き出せます。

      マガジン編集部
      もしも学資金や老後資金について悩まれる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。
      今ならゆめぴりか米プレゼント
      FPに相談する(無料)

      老後の生活費を準備し始める40代の人

      40代はまだ子育てや住宅ローンの返済などにお金のかかる世代です。しかし、あと数年後には子どもも独立し、住宅ローンの完済も近づいてくることから、老後の生活費の準備を始める人もでてきます

      特に「老後の生活費には2,000万円が必要」といったことを耳にするようになってから、老後資金は早めに準備した方が良いと考える人も多いでしょう。

      POINT
      積立NISA(つみたてNISA)は、最長20年非課税枠の利用が可能なので、40代から始めると60代まで活用できます。

      積立NISA(つみたてNISA)は長期間の運用をすることでより大きな資産を築くことが可能なので、40代のうちから積立NISA(つみたてNISA)で老後資金を準備するのもおすすめです。 

      老後の生活費不足が心配な50から60代の人

      老後資金の準備は40代から始めておくと余裕をもって取り組めますが、50代や60代になってから「退職金が少ない」、「預貯金を切り崩してしまった」などの理由で老後資金が足りなくなる恐れがある人も出てくるでしょう。

      注意点

        老後資金の準備方法としてはiDeCo(個人型確定拠出年金)もありますが、掛け金を拠出できるのは60歳までなので、十分な期間利用することができません。

        しかし、積立NISA(つみたてNISA)は「日本に居住する満20歳以上」の人ならだれでも利用できるので、50代や60代からでも問題なく始めることができます。

        定年退職後も働いて、その間積立NISA(つみたてNISA)での運用を続けると、高齢期の生活費に充当することができます。

        おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

        各種生命保険に新規で加入したいけれど、自分ではどんな保障が必要か分からず困っていませんか?もしくは、既に加入している各種生命保険が現在のあなたや家族に最適かどうか分からず迷っていませんか?

        どの商品が最適か分からない方や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい方は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。

         無料の保険相談所とは
        • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
        • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
        • 3.家計や収支、将来のことも合わせて相談でき
        • 4.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

        保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

        1.ほけんのぜんぶ

        おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

        おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

        「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

        1. 取扱保険会社数38社
        2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
        3. オンライン保険相談も可能!
        4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
        5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる

        相談員の質が高く、また無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいポイントです。

        取扱保険会社数

        合計:38社 
        (生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

        主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり
        今ならゆめぴりか米プレゼント
        FPに相談する(無料)

        2.保険マンモス

        おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険マンモス」です。

        保険マンモスのここがおすすめ!

        1. 相談満足度95%※1
        2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
        3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
        4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度

        相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができると定評があります。

        ※2 保険マンモスが達成した三冠とは
        自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
        取扱保険会社数

        提携先による

        主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 提携先による
        キャンペーン あり

        保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

        ※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
        ※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

        3.マネードクター

        おすすめの無料保険相談所3つ目は「マネードクター」です。

        マネードクターのここがおすすめ!

        1. 取扱保険会社数31社 ※1
        2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
        3. 相談満足度92.9% ※3
        4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
        5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
        6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!

        無料の保険相談窓口としてテレビCMも行っていることからご存じの方も多いマネードクターは、保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるため頼りになりることうけあいです。

        取扱保険会社数

        合計:31社 ※1
        (生命保険:22社 損害保険:9社)

        主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり

        マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

        ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

        ※1…2021年10月現在
        ※2…2020年度実績
        ※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

        4.保険市場

        おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

        保険市場のここがおすすめ!

        1. 取扱保険会は業界最大の84社
        2. オンラインでの相談が可能
        3. 業界のなかで老舗
        4. 東証一部上場企業

        取扱保険会社数は国内最大級で、老舗でありながら東証一部上場企業であることで安心感があります。

        取扱保険会社数

        合計:84社 
        (生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

        主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン なし

        5.保険無料相談ドットコム

        おすすめの無料保険相談所5つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

        保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

        1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
        2. 電話やオンラインでの相談が可能
        3. お客様満足度97.6%!
        取扱保険会社数 合計:22 
        (生命保険:15社 損害保険:7社)
        主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
        対応地域 一部対応できない地域あり
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり

        無料保険相談所の選び方

        無料の保険相談窓口はショッピングモールやテレビCMで見たことがあれど、実際に利用をしたことがないと、何を基準に窓口を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

        数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。

        最適な保険相談所の選び方
        • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
        • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
        • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

        1.保険相談をする場所はどこが良いか

        新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。リモート業務の前後や休憩時間はもちろんのこと、お休みの時間などさくっと相談できるので大変好評なサービスです。
        わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談ができます。
        POINT
        カメラを使用する相談も、電話のみでの相談も実施している会社もあります。まずは利用してみるのもよいかもしれません。
        その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
        マガジン編集部
        その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

        2.相談担当者が専門知識を有しているか

        無料の保険相談窓口は多くありますが、相談に乗ってくれる担当者はどこも同じではないかと思われがちですが、実は、担当者は相談窓口によって異なることはもちろんのこと、店舗によっても異なります

        保険の相談に乗ってくれる担当者全員がFPをはじめとする資格を持っているとは限りません。FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。

        FP(ファイナンシャルプランナー)とは
        • 保険
        • 教育資金
        • 年金制度
        • 家計にかかわる金融
        • 不動産
        • 住宅ローン
        • 税制など

        生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

        3.取り扱っている保険会社数の多さ

        無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。比較できる対象が多いほうが、ご自身や家族により最適な商品が見つかりやすいということに繋がります。

        マガジン編集部
        取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手です。

        それでもどこにするか迷ったら

        どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合は無料で変更することが可能で、違う相談員に再度無料で相談をすることができます。

        しかし、できることならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいですよね。

        どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

        おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

        今ならゆめぴりか米プレゼント
        FPに相談する(無料)

        積立NISA(つみたてNISA)を成功させるための4つのコツ

        つみたてNISAは投資のため、必ず成功が保障される方法はありません。しかし、成功に近づけるコツはいくつかあります。

        以下ではつみたてNISAを成功させる5つのコツを紹介していくので、これから始められる方は参考にしてみてください。

        ポイント

        • 支出を抑えて入金額を増やす
        • ネット証券を活用する
        • 毎月一定額積立続ける
        • 長期的な目線を持つ

        支出を抑えて入金額を増やす

        これからつみたてNISAを始める方は、支出を抑えて入金できる金額を非課税枠いっぱいに使えるようにしましょう。なぜなら入金力があれば将来的に複利の力が大きく働くからです。

        年間40万円の非課税枠を余すことなく使うには、月額3.3万円程度の入金が必要になります。これから始める方は無駄な支出を省いて満額入金できるようにしましょう。

        マガジン編集部
        入金額を上げるためには「収入を増やす」か「支出を減らす」のどちらかの対策を取る必要があります。誰でもすぐに始められるのは「支出を減らす」ことです。

        ネット証券を活用する

        これからつみたてNISAを始める方はネット証券を活用されると良いでしょう。なぜなら取扱い銘柄数が多かったり、少額から投資できたりするからです。

        また、20年間の非課税期間が終わった後も投資を続ける場合、ネット証券であれば取引にかかる手数料が安くなります。手数料は投資金額が大きくなるほど差が出てくるため、初めから手数料のかからない証券会社で取引しましょう。

        つみたてNISAにかかる手数料

        • 販売手数料:購入時にかかる
        • 信託報酬:投資信託を保有している間にかかる
        • 信託財産留保額:解約時にかかる
        今ならゆめぴりか米プレゼント
        FPに相談する(無料)

        毎月一定額積立続ける

        つみたてNISAを成功させたい方は、毎月一定額積立続けることをおすすめします。なぜなら毎月積立続けることでリスクが分散されるからです。

        POINT
        投資信託などの商品を一定の金額で定期的に購入し続けることを「ドルコスト平均法」と呼びます。
        ドルコスト平均法を活用すると、銘柄の価値が高い時も安い時も買い続けられるため、リスクが平準化されます。相場を読んだり買いのタイミングを判断したりできない初心者の方は活用されると良いでしょう。

        長期的な目線を持つ

        つみたてNISAを利用するときは長期的な目線を持つことが大切です。なぜならつみたてNISA自体の方針が「長期・積立」を推奨しているものだからです。

        金融庁は少額からの長期・積立・分散投資を支援するために、つみたてNISAの制度を開始しました。対象となっている商品はインデックスファンドが多いことからも長期的な投資を支援していることがわかります。

        マガジン編集部
        相場の上げ下げに一喜一憂せず、コツコツと投資し続けられる人が成功できるのです。
        今ならゆめぴりか米プレゼント
        FPに相談する(無料)

        積立NISA(つみたてNISA)のデメリット

        積立NISA(つみたてNISA)のデメリット

        デメリット1:投資できる商品が限定されている

        紹介したとおり、つみたてNISAで購入できるのは金融庁が設定した条件をクリアした公募株式投資信託上場株式投資信託(ETFのみです。

        投資初心者であっても始めやすいメリットがあります。ただ、投資に慣れてくると、つみたてNISAの対象外である「個別株」「REIT(不動産投資信託)」などへの投資を考える人も出てきます。

        そうなると、つみたてNISAでは非課税の恩恵を受けられません。

        ポイント

        • 投資信託はつみたてNISAで運用し、特定口座で個別株を購入する
        • 投資信託も個別株も非課税になる一般NISAを利用する

        このような対策が必要です。ただし、一般NISAは非課税期間が最長5年であり、長期的な資産運用には向きません。

        デメリット2.非課税枠の上限が少ない

        つみたてNISAの非課税枠は年40万円です。一方、一般NISAは年120万円と実に3倍の金額が非課税になります。

        POINT
        現在の手持ちのお金が数百万円以上ある場合で、短期的に効率よく資産を増やしたいときは一般NISAのほうが向いている場合もあります。

        デメリット3.損失が出た場合の恩恵はない

        つみたてNISAで運用する商品は金融庁のお墨付きの商品ではありますが、絶対に利益が出せると決まっているわけではありません

        注意点

        • 市場次第で大きくマイナスに傾く可能性もあります。
        • 特定口座で投資をする場合は他の運用益と相殺(損益通算)したり、残った利益を翌年に繰り越したりすることもできます。
        • 一方、つみたてNISAでは損益通算や繰り越しができません。
        今ならゆめぴりか米プレゼント
        FPに相談する(無料)

        積立NISA(つみたてNISA)の注意点

        積立NISA(つみたてNISA)の注意点

        20年以上継続して投資するのは大変

        つみたてNISAはほかの有力な非課税制度であるiDeCo(個人型確定拠出年金)と比較して、以下のメリットがあります。

        つみたてNISAのメリット

        • お金の引き出しが自由
        • 途中で引き出してもペナルティがない

        しかし、このメリットは考え方によってはデメリットにもなります。

        iDeCoの場合は60歳まで投資した元本と利益を引き出すことができませんが、強制的に老後資金を準備できると考えることもできます。

        一方のつみたてNISAでは、お金が必要で困ってしまったときに簡単に出金できてしまうのです。

        注意点

        • 投資で最大限の利益を狙うには、長期の運用が必須です。
        • つみたてNISAは20年の非課税の仕組みで長期的な運用を助けてくれますが、短期で解約してはそのメリットを活かせません。

        簡単に解約できるからこそ、続けるには相応の意思の強さが求められます。

        今ならゆめぴりか米プレゼント
        FPに相談する(無料)

        口座を開設できるのは1つの金融機関のみ

        つみたてNISAの口座は、複数の金融機関で開設することはできません。金融機関ごとにつみたてNISAで投資できる銘柄が異なるため、自分が積み立てたい投資信託が採用されている金融機関を選択することが必須です。

        POINT
        また、A証券につみたてNISA、B証券に一般NISAの口座を開設することはできますが、各年で利用できるのはいずれか1つの口座のみです。

        毎年どちらかの口座に切り替えて交互に利用することも不可能ではありませんが、口座の管理が難しくなるためあまりおすすめはできません。

        マガジン編集部
        投資する目的を明確にして、一般NISAとつみたてNISAのどちらを使うかを決めることが必要です。

        投資非課税枠は復活させられない

        つみたてNISAの口座内で積み立ててきた投資信託を解約して、新しい投資信託に乗り換えたいと思うこともあるでしょう。

        たとえば「今までは日本株に投資する投資信託しか選んでこなかったけれど、今後は米国に投資する投資信託の保有比率を上げたい」といった具合です。

        注意点

          新しい投資信託を積み立てる原資にするために投資信託の一部、あるいは全部を売却することもできますが、使った非課税枠が回復することはありません

          これまでの投資信託の運用を続けたまま、新しい投資信託を購入することはできます。丸ごと新しい商品に鞍替えするような「預け替え」はできません。

          今ならゆめぴりか米プレゼント
          FPに相談する(無料)

          積立NISA(つみたてNISA)以外の老後資金の準備方法

          老後資金を準備する方法には、積立NISA(つみたてNISA)以外にもいくつか方法があります。ご自身にとって利用しやすい方法を選んで着実に老後資金を準備しましょう。

          iDeCo(個人型確定拠出年金)

          iDeCoは、ご自身が拠出した掛け金を、自らが選んだ金融商品で長期間運用して年金原資を増やしていく仕組みの年金です。

          POINT
          加入できるのは、日本に居住している20歳以上60歳未満で国民年金などの公的年金に加入している人で、2017年に対象者が拡大され、専業主婦や公務員なども加入できるようになりました。

          掛け金は月額5,000円から1,000円単位で決めることができますが、職業や加入している年金制度の種類によって月額の上限が次のように決められています。

          職業

          掛け金の上限(月額)

          自営業、個人事業主など

          68,000

          会社員

          企業型確定拠出年金に加入

          20,000

          上記以外の企業年金に加入

          12,000

          企業年金への加入なし

          23,000

          公務員

          12,000

          専業主婦(夫)

          23,000

          今ならゆめぴりか米プレゼント
          FPに相談する(無料)

          iDeCoのメリット

          iDeCoには、次のような税制上のメリットがあります。

          iDeCoのメリット

          • 利息や運用益に税金がかからない(非課税)
          • 掛け金が全額所得控除の対象になる
          • 年金受取時に所得控除を受けられる

          一般的に、投資信託や預金から出た利息や運用益には税金がかかりますが、iDeCoでは利息や運用益に税金がかかりません。

          また、iDeCoの掛け金全額が「小規模企業共済当掛金控除」の対象となるので、年末調整や確定申告の際に手続きすることで所得控除を受けられます。

          さらに、年金受取時にも控除が設けられており、一時金として受け取った場合には「退職所得控除」の対象に、また、年金として受け取った場合には「公的年金等控除」の対象になります。 

          iDeCoの注意点

          一方で、iDeCo には次のような注意点がありますので注意してください。

          注意点

          • 原則60歳までは引き出せない
          • 運用次第では「元本割れリスク」がある

          iDeCoは一度加入すると原則として60歳まで引き出すことができません。しかし、逆をいえば、簡単に引き出してしまうのを防ぐことができます

          また、iDeCoは投資商品なので運用次第では元本割れしてしまう可能性があります。 

          今ならゆめぴりか米プレゼント
          FPに相談する(無料)

          個人年金保険

          「個人年金保険」も、老後資金の準備のための方法としてメジャーな方法のひとつです。

          POINT
          個人年金保険は、契約時に定めた年齢まで保険料を支払うことで、所定の年齢に達したときに年金を受け取れるという仕組みの年金です。

          たとえば、60歳まで保険料を支払い65歳から受け取るといったようなイメージです。年金の受け取り方法は、年金として受け取るほかにも一括で受け取ることもできます。

          また、個人年金保険は、受取期間などによって「確定年金」「有期年金」「終身年金」の3つのタイプに分かれます。

          個人年金保険の種類

          特徴

          確定年金

          • 年金の受取期間が一定期間(5年や10年など)と決められている。
          • 年金受取期間中に被保険者が死亡した場合は遺族が残りの年金を受け取れる

          有期年金

          • 年金の受取期間が一定期間(5年や10年など)と決められている。
          • 年金受取期間中に被保険者が死亡した場合は、そこで年金の支払いはストップする
          • ただし「保証期間付き」タイプなら被保険者が死亡しても保証期間内の年金は遺族が受け取れる

          終身年金

          • 被保険者が生存中ずっと年金を受け取れ、死亡した時点で支払いはストップする
          • ただし「保証期間付き」タイプなら被保険者が死亡しても保証期間内の年金は遺族が受け取れる

          なお、個人年金保険は運法方法によって、契約時に年金受取額が決まる「定額年金」と運用次第で受取額が異なる「変額年金」に分類できます。

          個人年金保険のメリット

          個人年金保険には以下のようなメリットがあります。

          ポイント

          • 個人年金保険料控除を受けられる
          • 老後資金を着実に貯められる

          個人年金保険料は、生命保険料控除の「個人年金保険料控除」として所得控除の対象になりますが、以下の条件をすべて満たしている必要があります。

          • 「個人年金保険料税制適格特約」が付いている
          • 受取人が契約者または配偶者である
          • 保険料払込期間が10年以上ある
          • 受取期間が10年以上ある
          • 受取人と被保険者が同一人である

          マガジン編集部
          また、個人年金保険は積立NISA(つみたてNISA)のような投資商品ではないので、大きなリターンは期待できなくても元本割れリスクがないというメリットがあります。
          今ならゆめぴりか米プレゼント
          FPに相談する(無料)

          個人年金保険のデメリット

          一方で、個人年金保険には以下のようなデメリットがあります。

          • 大きなリターンが期待できない
          • 中途解約すると元本割れする

          リターンについては先ほど触れましたが、もうひとつのデメリットとして中途解約すると元本割れするということがあります。

          中途解約をすると解約返戻金を受け取れることが多いですが、払い込んだ保険料よりも少額となることがほとんどです。

          積立NISA(つみたてNISA)はやめたほうがいい?よくある質問

          つみたてNISAは必ず儲かりますか?
          つみたてNISAは金融庁が認可した商品のみ販売していますが、元本保証はありません。相場によっては元本割れしてしまう可能性もあるため、理解が必要です。つみたてNISAを成功させるための4つのコツはこちらからチェックしてください。
          ネット証券と窓口での開設どちらがおすすめですか?
          普段からネットを利用していたり、手数料を安く抑えたりしたい方はネット証券をおすすめします。職員の手を借りながら開設や銘柄選定をしたいという方は窓口のある証券会社で開設しましょう。
          具体的にどの銘柄を購入したら良いでしょうか?
          具体的な銘柄は個人の考え方によって異なります。「自分では選定できない」という方は「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料相談所等を活用しながら選定されると良いでしょう。無料で質の高い相談員に相談するならこちらをチェックしてください。
          手数料は証券会社ごとに変わりますか?
          つみたてNISAの場合、どこの証券会社でも販売手数料は無料です。しかし銘柄によって他の手数料が異なるため、取引前に確認しましょう。

          まとめ

          今回は「つみたてNISAをやめた方が良い人」の特徴や、つみたてNISAを始める前に知っておきたい注意点を解説しました。

          預金と違い、つみたてNISAはあくまでも投資商品を非課税で運用できる仕組みです。よって、経済動向次第では元本を大きく下回ることもあります。また、最大限の複利効果を期待するためには、最長20年にわたってしっかりと投資を続けられることも重要です。

          つみたてNISAのメリットだけでなく、デメリットや注意点を理解したうえで始めるかどうかを決めましょう。

          マガジン編集部
          つみたてNISAや老後資金、老後生活について悩まれる方は、一度「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。
          今ならゆめぴりか米プレゼント
          FPに相談する(無料)
          本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
          本コンテンツは商品の概要を説明しています。
          詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
          弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
          本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
          また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
          おすすめの記事