葬式費用は平均いくらかかる?内訳や家族葬のケースや払えない場合

葬式費用はいくらかかるか、ご存知でしょうか。

若い頃は全く興味がなくても、親が高齢になったり自分の老後のことを考え始めたりすると気になるものです。

読者
葬式費用はいくらくらい必要になりますか?家族葬ならあまり費用はかからないでしょうか?

読者
葬式費用ってどうやって準備するのだろう?

マガジン編集部
今回の記事では、平均的な葬式費用や費用の内訳について解説します。

葬式費用を準備する方法についても紹介しますので、葬儀のことを考えるきっかけにしてください。

この記事の要点

  • 1.全国の葬式費用の平均額は約195万円で、この金額には葬儀一式の費用、飲食接待の費用、寺院関連の費用が含まれています。
  • 2.家族葬の場合の葬式平均額は80万円から120万円くらいで、葬式費用の全体平均の4割から6割くらいです。
  • 3.葬式を行うにはまとまった資金が必要ですが、香典があることや、国や自治体からの支給もあることを覚えておきましょう。
  • 4.自分の葬儀費用が心配な人は、生命保険や葬儀社の互助会なども検討してみましょう。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

ほけんの全部無料保険相談

今ならプレゼント
キャンペーン実施中

FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

葬式費用は平均いくらかかるか内訳から解説します

葬式費用は平均いくらかかるか内訳から解説します

まずは、平均的な葬式費用とその内訳についてみていきましょう。

日本消費者協会の「2017年葬儀についてのアンケート調査」を基に解説します。

葬式費用の平均額は約195万円

日本消費者協会の直近の調査では、全国の葬式費用の平均額は約195万円です。

ポイント

  • 葬式費用は、葬式自体に要する費用のほか、参列者に対する飲食接待の費用や、寺院に対する費用も含まれます。
  • ただし、葬式費用は地域の慣習や参列者数などによって大きく異なります。

地域によって葬式費用の差は1.6倍

地域別に葬式費用をみてみましょう。

平均額が最も高い「愛知・静岡・岐阜・長野・山梨」地域は約245万円、最も低い「北海道」は約154万円です。

マガジン編集部
地域ごとにそれぞれの慣習があり、葬式の内容や規模が異なることが原因ですが、地域による差は最大1.6倍にも達します。
地域ごとの葬式費用
地域 葬式費用
愛知・静岡・岐阜・長野・山梨 約245万円
千葉・群馬・茨城・栃木 約238万円
新潟・富山・石川・福井 約227万円
東北 約202万円
近畿 約189万円
東京・神奈川・埼玉 約186万円
九州 約166万円
中国 約163万円
四国 約156万円
北海道 約154万円
全国平均 約195万円

参列者数によっても葬式費用は大きく違う

次に参列者による葬式費用の違いを紹介します。

葬儀に関する情報提供サイト「安心葬儀」の2019年調査によると、参列者数別の葬式費用は次の通りです。

参列者数別の葬式費用
参列者数 葬式費用
10人未満 約65万円
11人~29人 約108万円
30人~49人 約137万円
50人~74人 約148万円
75人~99人 約154万円
100人以上 約195万円

参列者数が多いと、大きな式場の準備や参列者に提供する飲食費など、より大きな費用がかかる傾向にあります。

葬式費用の内訳は3項目

葬式費用の内訳は、主に次の3項目です。

ポイント

  • 葬儀一式の費用
  • 飲食接待の費用
  • 寺院関連の費用

それぞれの費用について説明します。

葬儀一式の費用は約122万円

葬儀一式にかかる費用は、平均で約122万円です。

費用の内訳は次の通りです。

ポイント

  • 遺体の移送費、安置費用、エンバーミングなど(葬式前)
  • 式場使用費
  • 祭壇、棺、棺用布団、枕飾り、遺影写真、受付にかかる物品など葬祭用品にかかる費用
  • 祭壇周りのお供物や水引幕、生花などの費用
  • 司会進行、運営スタッフ、案内人など人的サービスの費用
  • 霊柩車、バスやタクシーの送迎サービスなど車両関係費用(葬式後)
  • 火葬費用、位牌や骨壺の費用(葬式後)

マガジン編集部
内訳にある項目の大半は、依頼する葬儀社においてセットで準備されています。

いくつかのコース設定があり、コース料金によって葬儀の内容や葬祭用品のグレードなどが異なります。

また、オプションによって葬儀内容を充実させることも可能ですが、その費用は上乗せされます。

飲食接待の費用は約31万円

飲食接待にかかる費用は、平均で約31万円です。

費用の内訳は次の通りです。

ポイント

  • 通夜振る舞い(お通夜の後に行うもの)の飲食費
  • 精進落とし(火葬場で行うもの)の飲食費
  • 会葬返礼品、香典返しの費用
  • 参列者のお車代や宿泊費用

通夜振る舞いや精進落としの料理についても、いくつかのコースが準備されています。

読者
グレードの高いコースを選んだり、参列者数が多かったりすれば費用はアップしそうですね。

寺院関連の費用は約47万円

寺院関連にかかる費用は、平均で約47万円です。

費用の内訳は次の通りです。

ポイント

  • 寺院へのお布施(読経料、戒名料、心づけなど)
  • お車代、御膳料

お布施の額は、宗派や地域、グレードによって金額が大きく異なります。

マガジン編集部
依頼する寺院が決まっていない場合は、料金を含め葬儀社などに事前に相談しましょう。

家族葬の場合、葬式費用は平均いくらかかる?

家族葬の場合、葬式費用は平均いくらかかる?

核家族化が進み、近所付き合いが希薄になるとともに、少人数で執り行う家族葬が増えています。

マガジン編集部
家族葬に明確な定義はなく、本当に家族だけで行うケースやごく親しい親戚や友人を交えて行うケースなどもあります。

読者
参列者数が少ないだけに葬式費用も抑えられそうですが、実際には家族葬の場合はいくらくらいかかるのでしょうか。

家族葬を含めた葬式の種類

世帯構成や意識の変化などにより、葬式の方法も多様化しています。

まずは、葬式にはどのような種類があるのか、確認しておきましょう。家族葬を含めて次の4つに分類できます。

ポイント

  • 一般葬:家族・親族のほか、友人・知人や近所の人、会社関係者などにも参列してもらう葬儀形式。
  • 家族葬:家族や親族などごく親しい人のみで行う葬儀形式。
  • 一日葬:通夜はなしで、葬式・告別式だけを1日で執り行う葬儀形式。
  • 直葬:通夜だけでなく葬式・告別式もなくして、火葬のみを行う葬儀形式。

家族葬の費用は80万円~120万円

家族葬の場合、参列者を家族や親族などに限定するため、式場使用費や飲食接待の費用を抑えることができます。

読者
家族葬の費用の平均額は、いくらくらいなのでしょうか。

マガジン編集部
葬式費用に関する大規模な調査がないため正確な金額はわかりませんが、情報サイトや葬儀社発表の平均額は80万円~120万円くらいです。

全国の葬式費用の平均額は約195万円ですから、家族葬の費用はその4割から6割くらいです。

一般葬と比較すると、家族葬の場合に減少すると見込まれる費用は次の通りです。

ポイント

  • 式場使用費
  • 葬祭用品にかかる費用
  • 祭壇周りのお供物や生花などの費用
  • 運営スタッフ、案内人など人的サービスの費用
  • バスやタクシーの送迎サービスなど車両関係費用
  • 通夜振る舞い(お通夜の後に行うもの)の飲食費
  • 精進落とし(火葬場で行うもの)の飲食費
  • 会葬返礼品、香典返しの費用
  • 参列者のお車代や宿泊費用

参列者数が少なくなることで、小さな式場を使い、少ない運営スタッフで葬儀が可能となります。

通夜振る舞いなどで用意する食事や会葬返礼品の数も少なくて済みます。

また、気を使う人が少ないため、葬祭用品や祭壇周りのお供物・生花の費用を抑えることも考えられます。

ただし、次の費用は家族葬も一般葬もあまり変わりません。

ポイント

  • 遺体の移送費、安置費用、エンバーミングなど
  • 霊柩車などの費用
  • 火葬費用、位牌や骨壺の費用
  • 寺院関連の費用

葬式費用のために適した生命保険の選び方

葬式費用のために適した生命保険の選び方

葬儀費用を生命保険で準備するという方法もあります。

ポイント

    生命保険文化センターの「生命保険に加入する目的は?」という調査結果によると、2018年の調査では、生命保険に加入する目的として「万一のときの葬式代のため」と回答した人が15.4%いる結果となっています。

    調査開始の2006年では12.8%だったので年々上昇傾向にあることがわかります。

     

    なお、最も回答が多かったのは「医療費や入院費のため」で57.1%、次いで「万一のときの家族の生活保障のため」で49.5%で、そして3番目に葬儀費用のためが多くなっています。

    しかし、すべての生命保険が葬儀費用を準備する方法として適しているわけではなく、特に「終身保険」がその特徴から最も適しているといえます。

    葬儀費用の準備なら「終身保険」がおすすめ

    では、葬儀費用の準備のために終身保険が適している理由を見ていきましょう。 

    終身保険の保障とは

    終身保険は、その名の通り一生涯の死亡保障と高度障害保障が得られる生命保険です。

    ポイント

    • 解約しない限りずっと保障が続き、死亡時や高度障害状態に陥ったときに保険金が支払われます。
    • また、貯蓄性があるため中途解約をすると「解約返戻金」が受け取れます。
    • 払込保険料よりも解約返戻金のほうが上回ったタイミングで中途解約すると、元本割れすることなく老後資金の生活費などにも充てることができます。

    とはいえ、中途解約してしまうとそこで保障が終了し、葬儀費用の準備ができなくなってしまいますのでご注意ください。

    死亡時期に関わらず決まった金額を受け取れる

    葬儀費用を預貯金で準備する場合、葬儀費用が十分に準備できないうちに死亡してしまう可能性があります。

    ポイント

      一方終身保険は、契約期間中であればどの時点で死亡したとしても、同じだけの死亡保険金を受け取ることができるので、資金の準備が間に合わないということがありません。 

      すぐに保険金を受け取れる

      相続法改正により、20197月から故人名義の口座からの引き出しは遺産分割協議前でも可能になりましたが、一定の範囲内の金額しか引き出すことができず葬儀費用を支払いきれない可能性があります。

      しかし、生命保険から受け取れる保険金は「受取人固有の財産」とされているため、遺産分割協議を経ることなく現金を受け取れ、葬儀費用の支払いに充てることができます。

      一生涯の医療保障も付けられる

      終身保険のメイン保障は死亡保障ですが、「医療特約」を付けることで病気やケガで入院したり手術を受けたりしたときの保障を受けることができます。

      ポイント

        一般的に、高齢になるほど病気やケガのリスクは高くなり、同じ入院でも若い世代に比べると治療日数も長引く傾向があります。

        治療が長引くと医療費の支払い負担が大きくなりますが、医療保障もつけておけば治療費の支払いをカバーしてもらえるので高齢期の病気やケガのリスクにも備えることができます。

        マガジン編集部
        もしも終身保険や医療保険について悩まれる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。
        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

        読者
        保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
        読者
        専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
        マガジン編集部
        どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
         無料の保険相談所とは
        • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
        • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
        • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

        保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

        1.ほけんのぜんぶ

        ほけんの全部無料保険相談

        おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

        「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

        1. 取扱保険会社数35社
        2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
        3. オンライン保険相談も可能!
        4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
        5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
        読者
        相談員の質が高そうですね。
        読者
        無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
        取扱保険会社数

        合計:35社 
        (生命保険:22社 損害保険:10社 少額短期保険:3社)

        主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり
        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        2.マネードクター

        おすすめの無料保険相談所2つ目は「マネードクター」です。

        マネードクターのここがおすすめ!

        1. 取扱保険会社数31社 ※1
        2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
        3. 相談満足度92.9% ※3
        4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
        5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
        6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!
        読者
        保険相談窓口として非常に有名な会社ですね!
        読者
        保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるなんて頼りになりますね。
        取扱保険会社数

        合計:31社 ※1
        (生命保険:22社 損害保険:9社)

        主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり

        マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

        ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

        ※1…2021年10月現在
        ※2…2020年度実績
        ※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

        3.保険マンモス

        おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険マンモス」です。

        保険マンモスのここがおすすめ!

        1. 相談満足度95%※1
        2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
        3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
        4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度
        読者
        相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができそうですね。
        ※2 保険マンモスが達成した三冠とは
        自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
        取扱保険会社数

        提携先による

        主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 提携先による
        キャンペーン あり

        保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

        ※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
        ※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

        4.保険市場

        おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

        保険市場のここがおすすめ!

        1. 取扱保険会は業界最大の84社
        2. オンラインでの相談が可能
        3. 業界のなかで老舗
        4. 東証一部上場企業
        読者
        老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
        取扱保険会社数

        合計:84社 
        (生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

        主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
        対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン なし

        5.保険無料相談ドットコム

        おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

        保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

        1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
        2. 電話やオンラインでの相談が可能
        3. お客様満足度97.6%!
        取扱保険会社数 合計:22 
        (生命保険:15社 損害保険:7社)
        主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
        対応地域 一部対応できない地域あり
        オンライン保険相談 対応可能
        キャンペーン あり

        無料保険相談所の選び方

        読者
        保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
        マガジン編集部
        数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
        最適な保険相談所の選び方
        • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
        • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
        • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

        1.保険相談をする場所はどこが良いか

        新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
        読者
        リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
        読者
        わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
        マガジン編集部
        カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
        その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
        その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

        2.相談担当者が専門知識を有しているか

        読者
        相談担当者って、どこも同じではないのですか?
        マガジン編集部
        実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
        FP(ファイナンシャルプランナー)とは
        • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
        • 保険
        • 教育資金
        • 年金制度
        • 家計にかかわる金融
        • 不動産
        • 住宅ローン
        • 税制など

        生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

        3.取り扱っている保険会社数の多さ

        無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

        読者
        ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
        マガジン編集部
        取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

        それでもどこにするか迷ったら

        どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

        読者
        しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

        どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

        ほけんの全部無料保険相談

        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        おすすめの生命保険2選

        1.チューリッヒ生命
        「定期保険プレミアムDX」(PR)

        チューリッヒ 定期保険プレミアムDX

        チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」なら、お子さまの教育費と配偶者の生活費のために必要な保障額を備えることができます!

        ここがおすすめ!

        1. お手頃な保険料で万一のときに備えられます!
        2. 健康な方は保険料が割引になります!
        3. 保険金額と保険期間が自由に選べます!
        チューリッヒ生命
        「定期保険プレミアムDX」保険料例

        年齢 男性 女性
        30歳 970円 920円
        35歳 1,210円 1,140円
        40歳 1,640円 1,460円
        50歳 3,290円 2,520円

        保険期間・保険料払込期間:10年更新
        保障内容:[保険金額]1,000万円
        ※標準体型と非喫煙優良体型の内、非喫煙優良体型の保険料例です。
        ※2020年10月1日現在

        募補01808-20201006

        2.【引受保険会社】マニュライフ生命保険株式会社
        「無配当外貨建終身保険(積立利率変動型)」

        マニュライフ生命の「こだわり外貨終身」なら、一生涯の保障と、海外の金利を活用した資産形成を同時に備えることができる!

        ここがおすすめ!

        1. 米ドル・豪ドルから契約通貨を選ぶことができる!
        2. 積立利率は年1.5%を最低保証!
        3. がんや急性心筋梗塞、脳卒中で所定の状態に該当した場合、以後の保険料の払込が免除になる!
        マニュライフ生命
        「こだわり外貨終身」保険料例

        年齢 男性 女性
        20歳 163米ドル(17,145円) 158米ドル(16,620円)
        30歳 191米ドル(20,091円) 190米ドル(19,986円)
        40歳 239米ドル(25,140円) 232米ドル(24,404円)

        保険期間:終身
        保険料払込期間:30年満了
        保険料払込方法:口振扱月払
        契約通貨:米ドル
        保障内容:[基本保険金額]10万米ドル[特定疾病保険料払込免除特約(17)]適用
        ※標準保険料率と非喫煙者保険料率の内、非喫煙者保険料率の保険料例です。非喫煙者保険料率の適用には所定の条件を満たすことが必要です。
        ※2020年10月平均の換算為替レート 1ドル=105.19円で計算
        ※換算為替レートは手数料などを考慮しておりません。
        ※2020年11月現在

        「こだわり外貨終身」なら、保険料払込期間中に、がん・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態に該当したとき、それ以降の保険料の払い込みが免除されます。

        さらに、免除された将来の保険料総額に相当する金額は、主契約の積立金に上乗せされ、解約返戻金が増額すると同時に、解約控除の適用がなくなります。ご契約と解約すると保障がなくなります。

        この結果、増額した解約返戻金を、治療費や療養生活をサポートする資金として活用できます。

        ※商品の詳細、リスクや費用については、「ご契約のしおり/約款」「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」でご確認ください。こだわり外貨終身についてのリスクと費用は、マニュライフ生命のHPのこちらをご覧ください。
        ※マニュライフ生命の担当者・募集代理店(生命保険募集人)は、お客さまとマニュライフ生命の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。したがって、保険契約はお客さまからの保険契約のお申し込みに対してマニュライフ生命が承諾したときに有効に成立します。なお、お客さまが生命保険募集人の権限などに関して確認を希望される際には、ご遠慮なくマニュライフ生命コールセンターまでご連絡ください。

        ・保険商品の内容の全てが記載されているものではなく、要点や数値を抜粋して表示したものです。各商品の優劣を比較するものではなく、あくまで参考情報としてご覧ください。
        ・保険商品の内容については、必ず「契約概要」や「商品パンフレット」において全般的に確認いただく必要があります。
        ・保険料だけではなく保障内容等の他の要素も考慮に入れたうえで比較・検討いただくことが必要です。
        ・顧客の年齢や性別等の前提条件に応じ、適用される保険料の相違が顕著である場合には、前提条件の相違により保険料が異なる場合があるので、実際に適用される保険料について保険会社に問い合わせたうえで商品選択を行うことが必要です。
        ・保障内容、免責事由や特約の有無等は保険会社ごとに異なります。保険会社の「契約概要」「設計書」等でご確認ください。

        MLJ(営企)21020065

        今ならプレゼント
        キャンペーン実施中

        FPに相談する(無料)

        保険以外の葬式費用準備方法2つ

        葬式費用が払えない!とならないための準備方法

        自分の葬式費用を遺族が支払えない、という事態を避けるための主な方法は次の通りです。

        ポイント

        • 葬儀社の会員になる
        • 現金を貯めておく

        それぞれについてみていきましょう。

        葬儀社の会員になる

        葬儀社の会員になって葬式費用を積み立てるという方法もあります。

        葬儀社の会員になるとどうなるのですか?
        入会金や毎月の会費が葬式費用に充当され、会員になった葬儀社で実際に葬式をすると割引などのサービスを受けられます。

        また、一般社団法人「全日本冠婚葬祭互助協会」の会員になるという方法もあります。

        仕組みとしては葬儀社の会員と似ていますが、全国規模の互助会なので安心感があります。

        現金を貯めておく

        葬式費用を現金で貯めておくという方法もあります。

        注意点

          銀行預金を死亡後の葬式費用に、と考えていても、死亡後に銀行口座が凍結され相続完了まで遺族が自由に銀行預金を使えないこともあります。

          読者
          喪主となる予定の家族に予め現金を準備していることを伝えておくと、家族も安心できますね。

          葬式費用が払えない場合どうすればいい?

          葬式費用が払えない場合どうすればいい?

          葬式費用についてみてきましたが、平均額は約195万円、家族葬で費用を抑えても100万円前後かかります。

          読者
          もし、葬式費用が払えないという事態になった場合、どうすればいいでしょうか。

          マガジン編集部
          葬式費用を賄うために、次の方法が考えられます。

          ポイント

          • 香典という収入を活用する
          • 葬式費用を抑える
          • 国や自治体の制度を活用する
          • 故人の遺産を使う

          それぞれについてみていきましょう。

          香典という収入を活用する

          葬式を行うにはさまざまな費用が必要ですが、同時に参列者が持参する香典という収入もあります。

          ポイント

          • 参列者数や1人あたりの金額によって香典の総額はさまざまですが、情報サイトなどによると平均額は60万円~80万円くらいです。
          • 参列者数が増えると、大きな式場が必要になったり飲食・接待費用や会葬返礼品などの出費が増えたりしますが、同時に香典も増加します。
          • 葬儀の方法や参列者数によって香典の総額は異なりますが、葬式費用の1/3くらいは香典で賄えると考えていいでしょう。

          葬式費用を抑える

          高額の葬式費用が支払えない場合は、可能な限り支払額を抑えるのも1つの方法です。

          主な方法は、次の通りです。

          ポイント

          • 葬儀の簡素化:家族葬で参列者を減らす。また、「一日葬」「直葬」で通夜や葬式・告別式を省けば葬式費用は大幅に抑えられる。
          • 葬祭用品のグレードダウン:祭壇や棺、飾りの生花などグレードによる料金差は大きく異なる。グレードを下げることで費用も抑制できる。
          • 飲食接待の費用を抑制:参列者への食事や会葬返礼品などにもさまざまなコースがある。低額のコース選択により費用を抑えられる。

          故人の生前の希望もありますが、残された遺族が生活することも重要です。

          外聞を気にして葬式費用のために生活に困らないよう、必要最低限の内容で葬式を行うという選択もあります。

          また、自分の葬儀はできるだけ簡略化したい、と考える人も増えています。

          国や自治体の制度を活用する

          葬式費用などに対する国や自治体の制度もあります。

          主なものは次の通りです。

          ポイント

          • 健康保険の埋葬料(埋葬費)
          • 労災保険の葬祭料(葬祭給付)
          • 生活保護者の葬祭扶助制度(生活保護葬)
          • 自治体の「市民葬」

          健康保険の埋葬料(埋葬費)

          加入している健康保険(組合健保や協会けんぽ)や国民健康保険から、葬祭に対して支払われるのが埋葬料などです。

          会社員やその家族など健康保険加入者に対しては、次の支給があります。

          ポイント

          • 埋葬料:埋葬すべき遺族に対し5万円を上限に実費支給
          • 埋葬費:埋葬すべき遺族がいない場合、埋葬を行った人に対し5万円を上限に実費支給

          参考:全国健康保険協会「ご本人・ご家族が亡くなったとき」

          自営業者など国民健康保険加入者に対しては、次の支給があります。

          ポイント

          • 葬祭費:埋葬を行った人に対し自治体によって1万円~7万円を支給

          参考:大阪市「葬祭費の支給」

          労災保険の葬祭料(葬祭給付)

          労働災害(業務災害と通勤災害)によって亡くなった場合、労災保険から次の支給があります。

          ポイント

          • 葬祭料(業務災害で亡くなった場合)
          • 葬祭給付(通勤災害で亡くなった場合)

          葬祭料(葬祭給付)の額は次の通りです。

          ポイント

          • 31万5,000円に給付基礎日額の30日分を加えた額
          • 上記が給付基礎日額の60日分に満たない場合は、給付基礎日額の60日分

          参考:厚生労働省「遺族(補償)等給付 葬祭料等(葬祭給付)の請求手続」

          生活保護者の葬祭扶助制度(生活保護葬)

          遺族が生活保護者の場合などは、生活保護法第18条に定める葬祭扶助制度(いわゆる「生活保護葬」)が適用されます。

          葬祭扶助は各自治体に申請し、自治体から下記を上限に葬式費用に対する実費が支給されます。

          ポイント

          上限額は自治体によって上乗せされることもあります。

          自治体の「市民葬」

          自治体によっては、市と葬儀社が提携して、通常より安い価格でお葬式が挙げられる「市民葬」と呼ばれる制度があります。

          ポイント

          • 葬儀の内容や費用は市によって異なります。
          • また、葬儀に対する補助があるケースとないケースがあります。

          マガジン編集部
          制度の有無や制度利用の可否については自治体によって異なるため、まずは居住する自治体に照会してみましょう。

          故人の遺産を使う

          遺族の資産で葬式費用を賄えない場合は、故人の遺産を使うという方法もあります。

          また、所定の葬式費用については、相続税を計算する時に相続財産から控除されます。

          注意点

            ただし、相続財産をすぐに換金できるとは限らないため、葬式費用を立て替え払いしないといけないケースも考えられます。

            まとめ

            全国の葬式費用の平均額は約195万円で、この金額には次の費用も含まれています。

            • 葬儀一式の費用
            • 飲食接待の費用
            • 寺院関連の費用

            また、家族葬の場合は80万円から120万円くらいで、葬式費用の全体平均の4割から6割くらいです。

            葬式を行うにはまとまった資金が必要ですが、香典という収入があること、国や自治体からの支給もあることを覚えておきましょう。

            自分の葬儀費用が心配な人は、生命保険や葬儀社の互助会なども検討してみましょう。

            マガジン編集部
            葬儀費用や貯蓄、さまざまな資金、生命保険について悩まれる方は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料の保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。
            今ならプレゼント
            キャンペーン実施中

            FPに相談する(無料)

            監修者の紹介

            監修者の写真

            監修者岡田行史

            人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

            本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
            本コンテンツは商品の概要を説明しています。
            詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
            弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
            本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
            また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
            おすすめの記事