子宮頸癌とは?治療方法や治療期間、治療費用を徹底解説します
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

子宮頸がんは、20代後半から30代に急増する、女性にとっては気になる病気の1つです。

読者
子宮頸がんってどんな病気なのでしょうか?罹患率や治療期間も知りたいです。

マガジン編集部
今回の記事では、子宮頸がんの治療や治療にかかる費用等について解説します。

子宮頸がんの治療方法や治療費についても解説しますので、医療保険などに加入する時の参考にしてください。

この記事の要点

  • 1.子宮頸がんは子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんで、毎年約1万人が罹患し約3,000人が亡くなっています。
  • 2.治療はステージに応じて手術や放射線治療や化学療法を行いますが、ステージが進行するほど治療期間は長くなります。
  • 3.また、がんが子宮頸部にとどまっている場合の5年生存率は95.7%ですが、ステージが進行したり再発した場合は大きく低下します。
  • 4.早期発見で比較的簡単に完治する病気であるため、定期的に検査を受けるなどしてリスク管理をしましょう。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

子宮頸がんとは?どれくらいの確率で罹患するの?

子宮頸がんとは?どれくらいの確率で罹患するの?

最初に、子宮頸がんとはどんな病気か、罹患率はどれぐらいなのか、など子宮頸がんの基本的な知識について見ていきましょう。

子宮頸がんとは

子宮がんは、子宮体部にできる「子宮体がん」と、子宮頸部にできる「子宮頸がん」に分類されます。

(子宮の構造)

引用:国立がん研究センター「子宮頸がんについて」

子宮頸部は子宮の入り口にあたるため、子宮頸がんは婦人科の診察などで比較的発見されやすいといわれます。

早期発見によって比較的治療もしやすいがんですが、進行すると治療が難しく骨盤の中のリンパ節に転移したり、ほかの臓器に転移することもあります。

注意点

  • 子宮頸がんは「異形成(がんになる前の状態)」という状態を数年経てからがん化しますが、異形成の時期には自覚症状はほとんどありません。
  • 子宮頸がんになると、「出血」や「膿のようなおりもの」が増えたり、下腹部・腰の痛みを感じたり、尿や便に血が混じることがあります。

 

子宮頸がんの検査は、まず細胞診(子宮頸部の細胞を採取して検査)をします。

異常な細胞が発見されると、精密検査(超音波検査、CT検査、MRI検査、PET検査など)によって確認します。

 

子宮頸がんの罹患率

国立がん研究センターの調査によると、子宮がん(子宮体がんと子宮頸がんの合計)の罹患数の順位は女性のがん患者数の第5位です。

がん患者数の順位(2018年度)
第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
男性 前立腺 大腸 肝臓
女性 乳房 大腸 子宮
男女合計 大腸 乳房 前立腺

参考:国立がんセンター「最新がん統計」

また、子宮頸がんの罹患状況は次の通りです。毎年、約1万人が罹患し約3,000人が亡くなっています。

ポイント

  • 2018年の診断数:10,978人(人口10万人あたり16.9人)
  • 2019年の死亡数:2,921人(人口10万人あたり4.6人)
  • 2009年~2011年の5年相対生存率:76.5%

2018年度の女性の人口10万人あたりのがん診断数は650.1人で、子宮頸がんの占める割合は2.6%程度とそれほど多くはありません。

参考:国立がんセンター「がん種別統計情報 子宮頸部」

マガジン編集部
しかし、子宮頸がんは20代後半から30代にかけて急増し40代後半にピークを迎えるため女性にとっては気をつけたいがんの1つです。

(年齢別の子宮頸がん罹患率)

引用:国立がんセンター「がん種別統計情報 子宮頸部」

特に、30代の女性については全てのがんの内、子宮頸がんが占める割合が10%を超えています。

年齢別の子宮頸がんの割合(人口10万人あたりの人数)
20歳~24歳 25歳~29歳 30歳~34歳 35歳~39歳 40歳~44歳 45歳~49歳 50歳~54歳 55歳~59歳
全てのがん 28.4人 57.6人 109.7人 188.7人 318.1人 468.6人 577.6人 685.2人
子宮頸がん 0.7人 5.2人 18.1人 26.4人 27.8人 29.2人 26.4人 23.5人
割合 2.5% 9.0% 16.5% 14.0% 8.7% 6.2% 4.6% 3.4%

参考:国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」(全国がん登録)(次表も同様)

また、乳がんと子宮がん(子宮体がんと子宮頸がんの合計)について、全てのがんに占める割合をみると次の通りです。

乳がんと子宮がんの割合
20歳~24歳 25歳~29歳 30歳~34歳 35歳~39歳 40歳~44歳 45歳~49歳 50歳~54歳 55歳~59歳
乳がん 3.2% 14.9% 25.0% 35.8% 45.7% 48.0% 39.0% 33.1%
子宮がん 4.9% 13.7% 22.0% 19.9% 15.3% 14.0% 15.2% 12.9%
合計

8.0%

28.6% 47.0% 55.7% 61.0% 62.0% 54.2% 46.0%

20代後半と30代前半では子宮がんは乳がんとほぼ同じくらいの割合で、20代前半と比べて急増していることがわかります。

また、乳がんと子宮がんを合わせると、30代から50代にかけて全てのがんの5割前後を占めます。

 

子宮頸がんの治療方法と治療期間は?

子宮頸がんの治療方法と治療期間は?

子宮頸がんの治療方法はステージによって異なります。また、治療期間は治療方法によって決まります。

治療方法別の治療期間は次の通りです。

ポイント

  • 円錐切除術:2日~3日
  • 単純子宮全摘術:約10日
  • 広汎子宮全摘術:3週間~4週間
  • 放射線療法:7週間~8週間
  • 化学療法:約半年

手術名などを聞いてもよくわからないと思いますので、まずは、子宮頸がんのステージとその治療方法を確認しましょう。

子宮頸がんのステージと治療方法
ステージ 腫瘍の広がり 主な治療方法
Ⅰ期(子宮頸部に限定) A1 広がり7 mm 以下・深さ3 mm 以下
  • 円錐切除術
  • 単純子宮全摘術
  • 広汎子宮全摘術
  • 放射線療法
A2 広がり7 mm 以下・深さ5 mm 以下
B1 がんの大きさ4㎝以内
B2 がんの大きさ4㎝超
Ⅱ期(子宮頸部を超えて浸潤) A 膣の上2/3まで浸潤
  • 広汎子宮全摘術
  • 放射線療法
  • 化学放射線同時療法
B 子宮頸部の周辺まで浸潤
Ⅲ期(骨盤壁や膣下部まで浸潤) A 膣の下1/3まで浸潤
  • 放射線療法
  • 化学放射線同時療法
B 骨盤壁まで浸潤
Ⅳ期(遠隔転移) A 膀胱や直腸に浸潤
  • 放射線療法
  • 化学療法
B 腹腔内や内臓などに転移

参考:新潟大学医学部産科婦人科学教室「悪性疾患について」

主な治療方法の治療内容は次の通りです。

主な治療方法と治療内容
治療方法 治療内容
円錐切除術
  • レーザーを用いて、子宮頸部を円錐型に切り取る手術
  • 子宮を残すことが可能であるため妊娠を希望する人にも適用できる
  • がんを切除するために行うほか、がんの進行状況を調べるための診断に用いることもある
単純子宮全摘術
  • 子宮のみを摘出する手術。周囲の靱帯やリンパ節などの組織をできるだけ残す
  • 「腹式単純子宮全摘術(お腹を切って行う方法)」や、「腹腔鏡下腟式子宮全摘術(腹腔鏡を使って腹腔を観察しながら膣から摘出する方法)」などがある
広汎子宮全摘術
  • 子宮本体だけではなく、子宮の周囲の組織(周囲の靱帯やリンパ節)を骨盤壁の近くまで切除する手術
  • 卵巣については患者の年齢やがんの進行度によって温存することもある
  • 合併症(排尿・排便障害、リンパ嚢腫、リンパ浮腫など)の問題もあり、高齢者には実施しないこともある
放射線療法
  • 放射線を照射することによりがん細胞を殺す治療方法
  • 「外照射(身体の外部から骨盤に放射線を照射)」や「腔内照射(子宮頸部に線源を入れて照射)」、両者の組み合わせなどがある
  • 副作用として腸閉塞や膣・膀胱・直腸の瘻孔形成などがある
化学療法
  • 抗がん剤を投与してがん細胞を殺し、遠隔転移を予防する治療方法
  • 効果のある薬剤を1種類~数種類併用して投与する
  • 投与方法は薬の種類によって異なり、内服や注射による投与などがある
化学放射線同時療法
  • 放射線療法と同時にシスプラチンという抗がん剤を定期的に点滴投与する治療方法
  • 点滴投与により遠隔転移を予防するとともに、放射線の効果を高める
  • 手術でがんを摘出することが難しい場合などに、全身に広がる目に見えないがん細胞を殺す

ステージがⅠ期・Ⅱ期の場合は、手術によって患部が摘出できれば治療期間は比較的短くなります。

しかし、ステージがⅢ期・Ⅳ期と進んだ場合、放射線治療や化学療法を行うのが一般的で治療期間は長くなります。

マガジン編集部
子宮頸がんは早期発見できれば他のがんと比べて治療が容易ですが、発見が遅れステージが進行すると内臓などに転移して死亡リスクも高まります。
 

子宮頸がんの治療費

子宮頸がんの治療方法と治療期間は?

子宮頸がんの治療費は、がんのステージや治療方法によって大きく異なります。

例えば、手術を受けた場合、病院窓口での支払額(健康保険の3割負担額)の目安は次の通りです。

ポイント

  • 子宮頸部円錐除去術(入院4日間):7万円~10万円
  • 単純子宮全摘出術(入院10日間) :22万円~30万円

治療内容によっては、より高額な費用が必要になるケースもありますが、実際の自己負担額は健康保険の「高額療養費制度」によって抑えられます。

ポイント

    高額療養費制度とは、1か月にかかった医療費が高額になった場合、一定金額(自己負担限度額)の超過分が払い戻される制度です。

    自己負担限度額は年齢や収入などによって異なります。

     

    高額療養費制度の自己負担限度額(70歳未満)
    所得区分 自己負担限度額 多数該当(※)

    ①区分ア

    (標準報酬月額83万円以上の方)
    (報酬月額81万円以上の方)

    25万2,600円+(総医療費※1-84万2,000円)×1%
    14万0,100円

    ② 区分イ

    (標準報酬月額53万〜79万円の方)
    (報酬月額51万5千円以上〜81万円未満の方)

    16万7,400円+(総医療費※1-55万8,000円)×1%
    9万3,000円

    ③ 区分ウ

    (標準報酬月額28万〜50万円の方)
    (報酬月額27万円以上〜51万5千円未満の方)

    8万100円+(総医療費※1-26万7,000円)×1%
    4万4,400円

    ④ 区分エ

    (標準報酬月額26万円以下の方)
    (報酬月額27万円未満の方)

    5万7,600円
    4万4,400円

    ⑤ 区分オ(低所得者)

    (被保険者が市区町村民税の非課税者等)

    3万5,400円
    2万4,600円

    ※ ※1総医療費とは保険適用される診察費用の総額(10割)です。

    ※ ※2直近1年間に3か月以上の高額療養費の支給を受けた場合、4か月目から自己負担限度額が軽減される制度

    参考:全国健康保険協会「高額な医療費を支払ったとき(高額療養費)」

    例えば、標準報酬月額28万円〜50万円の人の1か月の治療費が100万円かかったときの自己負担限度額は次の通りです。

    • 自己負担限度額=8万100円+(100万円-26万7,000円)×1%=8万7,430円

    治療費が100万円かかっても、高額療養費制度が適用されれば自己負担限度額は約9万円です。

    ただし、次の費用は保険適用されないため全額自己負担になります。

    自己負担になる項目

    • 差額ベッド代
    • 先進医療など健康保険が適用されない費用
    • 入院時の食事療養費の負担額
    • 入院時の生活費(雑費など) など

    厚生労働省の調査によると、平均的な差額ベッド代は1日あたり6,000円台ですが、病院によっては数万円かかることもあります。

    読者
    1日数千円の比較的安い差額ベッド代を支払う場合でも、入院が長期化すると経済的負担も大きくなりますね。

    また、保険の利かない先進医療の費用も高額になりがちで、たとえば陽子線治療や重粒子線治療を受けると費用は数百万円にもなります。

     

    子宮頸がんが再発した場合、余命はどれくらい?

    子宮頸がんが再発した場合、余命はどれくらい?

    国立がんセンターの調査によると、進行度別の子宮頸がんの生存率(2009-2011年診断例の5年相対生存率)は次の通りです。

    進行度は前述のステージとは異なり3つに区分されています。

     

    ポイント

     

    がんが子宮頸部にとどまっている場合、95.7%が5年後に生存していることになるので早期発見が重要です。

    マガジン編集部
    ただし、再発した場合の5年生存率は「5%以下」といわれ、非常に厳しい状況です。

    子宮頸がん再発後の生存率については、「最初の子宮頸がん治療時に放射線療法を行ったかどうか」に注意が必要です。

    最初の治療時に放射線療法をしていない場合、骨盤内にとどまって再発した子宮頸がんについては放射線療法によって5年生存率が33~74%と高くなります。

     

     

    まとめ

    子宮頸がんは子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんで、毎年約1万人が罹患し約3,000人が亡くなっています。

    • 人口10万人あたりの罹患数(2018年度):16.9人
    • 人口10万人あたりの死亡数(2019年度):4.6人

    女性の全がんに占める子宮頸がんの割合は一生涯では約2.6%とあまり高くありませんが、30代の女性に限れば15%前後にもなります。

    治療はステージに応じて手術や放射線治療や化学療法を行いますが、ステージが進行するほど治療期間は長くなります。

    また、がんが子宮頸部にとどまっている場合の5年生存率は95.7%ですが、ステージが進行したり再発した場合は大きく低下します。

    早期発見で比較的簡単に完治する病気であるため、定期的に検査を受けるなどしてリスク管理をしましょう。

    マガジン編集部
    もしも保険について悩まれる際は、「ほけんのぜんぶ」をはじめとする無料保険相談所で専門家に相談することをおすすめします。
    今ならゆめぴりか米プレゼント
    FPに相談する(無料)

    

    本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
    本コンテンツは商品の概要を説明しています。
    詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
    弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
    本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
    また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
    おすすめの記事