ネット保険のメリットとデメリット

テレビのCMやインターネット上で「ネット保険」の広告を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

読者
従来の対面・店舗型の保険と比較して、保険料が安いという点でメリットを感じています。

マガジン編集部
しかし、対面販売と比べてデメリットもあり、保険料の安さだけで安易にネット保険を選ぶと自分に合わない保険を選択する可能性もあります。

そのような事態を防ぐためにも、ネット保険ならではのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

この記事の要点

  • 1.ネット保険のデメリットとして、自分で保険を選択しなければいけない点や、貯蓄型やリスクがある保険は選べない点、また審査が厳しい傾向があるという点が挙げられる。
  • 2.しかし、メリットとして保険料が安いという点以外にも、24時間いつでも申し込める点や、自分で納得して申し込めるといった点もある。
  • 3.対面型とネット保険それぞれのメリットとデメリットを理解し、適切な保険商品や保険会社を決めていきましょう。

この記事は5分程度で読めます。

ネット保険とは

ネット保険はインターネット上で加入手続きが可能

ネット保険の特徴

  • ネット保険に加入する際、保険会社の営業マンと話し合うことはありません。

     

  • 自分で商品を選ぶだけでなく、保険金額も自分自身で決める必要があります。

読者
ある程度の保険に関する知識がないと難しいのではないでしょうか?

その代わり、ネット保険の保障の詳細はネット上で確認でき、保険料の支払いシミュレーションもネット上で完結できます。

保険商品が決められない場合はどうすればいい?

では、ネット保険に加入して困ったことがあるときはどうしたらよいのでしょうか?
自分だけで商品が決められない場合は、コールセンターに問い合わせることで丁寧な回答をもらうことができます。

また、「オンラインの無料保険相談」に参加も可能です。

マガジン編集部
オンラインで保険のプロに相談してアドバイスをもらうことで、納得したうえで加入できるでしょう。

ネット保険の保険料が安い理由

ネット保険は、いわゆる「対面型」の保険と比較して保険料が割安です。

その理由としては、以下のような費用が発生しないことが挙げられます。

ネット保険の保険料が安い理由

  • 店舗運営費
  • 人件費
  • 事務費用

 

店舗型の保険会社は店の家賃を払う必要があるほか、保険の相談員を多数抱えることから人件費もかかりやすい環境です。

さらに、申し込み内容などのデータを打ち込む事務費用が発生します。

読者
一方のネット保険では店舗が不要で、家賃を払う必要もなく担当者がつかずに自分自身で保険商品を決めて加入するため、相談員・営業マンの人数が少なくても運営できるということですね。

さらに、ネット保険では保険の申し込みフォームに入力したデータをそのまま使えることで、担当者が申し込み用紙の内容を入力する手間もかかりません。

マガジン編集部
このような理由から、通常の保険よりも保険料が割安になっています。

ネット保険と対面販売の比較一覧表

紹介したように、ネット保険と対面販売には多くの違いがあります。

 

ポイント

  • 一方、対面販売ならではのメリットもあるため、一概に「ネット保険が有利」とはいえません。
  • それぞれの特徴を把握して、自分に合った契約方法がどちらかを考えていくことが大切です。

 

ネット保険・対面販売の特徴をまとめましたのでご覧ください。

ネット保険 対面販売
保険料 割安 高め
保険商品 掛け捨て型が中心でシンプル ラインナップが豊富で、保険金の支払条件が複雑な商品もあり
保障内容 特約の種類は少なめ 特約が多く、オーダーメイドしやすい
申し込み手続き ネット上で見積もり・申し込み・告知まで全て完結可能 担当者に説明を受けて申し込み用紙に記入する
請求 マイページにログインして請求 担当者に連絡
記入ミスがあった場合 自己責任として契約できない場合がある 担当者によってミスの存在を教えてもらって修正できる
予備知識 必要 不要
不明点の解決法 コールセンター 担当者に問い合わせ

\オンライン・訪問どちらも可能/

ネット保険のデメリット

読者
ネット保険に加入する前に、ネット保険のデメリットを知っておきたいです。

マガジン編集部
ネット保険のデメリットとなり得る項目は、主に以下に挙げる項目となるでしょう。

 ネット保険のデメリット

  • 自分自身で商品を選ぶ必要がある
  • 選択肢はあまり多くない
  • 手続きは全て自分で行う
  • 対面販売オリジナルの商品は選べない
  • 審査が厳しい傾向がある

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

自分自身で商品を選ぶ必要がある

ネット保険の手続きでは営業マンや相談員がいないため、保険商品は自分で選ぶ必要があります。

保障内容・保険金額も自分自身で決めなければいけません。

注意点

  • 保険金の支払事由など細かい部分も対面で説明は受けられないため、隅々まで自分でチェックしないと「必要ない特約を付けてしまう」「保険金額・保障期間が不足している」といったケースが発生する可能性があります。

マガジン編集部
のちのち後悔することがないよう、徹底的に商品を調べ尽くす必要があるでしょう。

もし分からないときは「コールセンター」に電話したり「無料の保険相談会」に参加したりすることで問題点を解決することはできますが、自宅に訪問してもらって話をじっくり聞きたいと感じる人もいるでしょう。

読者
もし「何が分からないかも分からない」という状態であれば、対面で担当者から一つひとつ丁寧に教えてもらうほうが納得して保険に加入できそうですね。

選択肢はあまり多くない

ネット保険では、従来の保険と比べて内容がシンプルであることが一般的です。

 

対面販売であれば…

  • 担当者とやりとりして申し込むことで、自分に必要な特約を付けられます。
  • いらない特約は排除するなど、オーダーメイドで保険をつくることも可能です。

 

マガジン編集部
ネット保険は、基本的に相談する相手がいないため、保険に入ったことがない人でも分かりやすいシンプルな保険が多く取り扱われています。

手続きは全て自分で行う

対面販売であれば、担当者にお任せで手続きが完了し、たとえば申し込み用紙の書き方が分からなくても丁寧に教えてくれるため、不安を感じることはないでしょう。

一方のネット保険では、手続きを全て自分で行います。

注意点

  • 申し込むときだけでなく、「結婚して姓や住所が変わった」といった際は登録情報の変更手続きも自分で行わなければいけません。

  • 「出産した」「住宅を建てた」「子どもが独立した」といったライフステージの変化があれば、その都度保障の見直しも必要になってきます。

保険金の請求も対面販売なら担当者に連絡すればサポートしてもらえますが、ネット保険では「コールセンターに電話」「マイページにログイン」といった方法で手続きが必要です。

読者
その作業が苦でなければ、ネット保険が良いということですね。

対面販売オリジナルの商品は選べない

ネット保険では、利用者が分かりやすいよう、比較しやすいシンプルな保険が大半です。

注意点

  • 特約を組み合わせてのオーダーメイドはできず、貯蓄性の高い保険(終身保険・養老保険・個人年金保険・学資保険)や外貨建て保険、変額保険など運用次第で損をするリスクがある商品も販売されていません。

マガジン編集部
担当者が対面でしっかりと商品のリスクを説明する義務があるためです。

読者
ネット保険で取り扱いがない保険を希望する場合は、自動的に選択肢は対面販売になるんですね。

審査が厳しい傾向がある

ネット保険は保険料が安い分だけ、告知の審査が厳しい傾向にあります。

対面販売では加入できる保険でも、ネット保険では断られてしまうケースも考えられます。

なぜ、審査に通過しにくいといえるのでしょうか?
特に気を付けるべきは「告知義務違反」です。

注意点

  • 加入の際の健康に関する告知では、被保険者の健康状態・既往歴・職業などを正確に伝える必要があります。

     

  • 対面販売では記入した内容を担当者が細かくチェックすることで問題なく提出できますが、ネット保険ではインターネット上で完結することが多いため、提出作業を自分で行う必要があります。

マガジン編集部
よく分からないまま回答してしまったり、誤って入力したまま提出してしまったりすると審査を通過できません

事実と異なる内容を告知すると保険金等を受け取れないばかりか、告知義務違反として契約が解除になる可能性もあります。

\オンライン・訪問どちらも可能/

ネット保険のメリット

読者
それでは、逆にネット保険に加入するメリットはどのような点が挙げられるのでしょうか。

マガジン編集部
ネット保険に加入するメリットとしては以下のような点が挙げられるでしょう。

 

 ネット保険のメリット

  • 保険料が安い
  • いつでも申し込みができる
  • 保障内容がシンプルでわかりやすい
  • 自分で納得して保険選びができる
  • 対面のわずらわしさがない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

保険料が安い

なんといっても、ネット保険最大のメリットは「保険料が安いこと」でしょう。

生命保険の保険料は以下の3つを基に計算されます。

 

 生命保険の保険料計算

  • 予定死亡率
  • 予定利率
  • 予定事業費率

 

ネット保険とそれ以外の保険で保険料の違いを生みだすのは「予定事業費率」です。

予定事業費率とは?
予定事業費率とは、保険会社の運営コストの割合のことを指します。

ネット保険は一般の保険に比べて事務処理が少人数で可能で、地域に店舗がないことで営業マンを配置する必要もありません。

読者
人件費や運営費などが不要な分だけ、保険料を安くすることができるんですね。

いつでも申し込みができる

保険に加入したいと思っても、営業マンと打ち合わせの時間をすり合わせることができないこともあるでしょう。

打ち合わせを実現させるだけで無駄な時間がかかるだけでなく、住んでいる地域に店舗がないと移動する手間と時間もかかります。

マガジン編集部
ネット保険ならインターネット環境があれば24時間いつでも申し込みできるほか、家から保険会社に移動する必要もありません。

読者
できるだけスピーディーに保険の手続きを終わらせたい人に向いているといえそうですね。

保障内容がシンプルで分かりやすい

ネット保険では申込者の現状、希望に合わせて保険を設定・提案してもらえるわけではありません。

あくまで申込者だけで保険を決める必要があるため、複雑な商品も取り扱いはほとんどありません。

読者
掛け捨てなどのシンプルな保険が多いのが、ネット保険ならではのメリットとも捉えられるんですね。

自分で納得して商品選びができる

対面の保険では担当者との話でおすすめの保険を紹介されるため、自分で考えなくても保険に加入が可能です。

一方のネット保険では自分自身で商品を比較して、納得したうえで希望通りの保険に申し込むことができるとも考えられます。

対面のわずらわしさがない

ネット保険は担当者と話すことなく契約が可能です。

読者
スタッフ・担当者と話をすることに苦手意識を持っている人でも苦にすることはありませんね。

読者
対面販売では営業マンからいろいろな商品の説明を受けることで、かえって迷ってしまった経験があります。

マガジン編集部
ネット保険なら自分が加入したいと思う保険だけを、じっくり検討することができます。

\オンライン・訪問どちらも可能/

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

読者
保険に加入したいのですが、自分ではどれが最適なのか分からず迷ってしまうので、よい商品を提案してもらいたいです。
読者
専門家に家計や収支、将来のことも合わせて相談できたら嬉しいのですが…
マガジン編集部
どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。
 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数34社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる
  6. 安定した企業
読者
相談員の質が高そうですね。
読者
無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいですね!
取扱保険会社数

合計:34社 
(生命保険:22社 損害保険:9社 少額短期保険:3社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

2.保険市場

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業
読者
老舗で東証一部上場企業だと安心感がありますね。
取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

3.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所3つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

読者
保険相談をしたことがないのですが、相談所は何を基準に選べばよいのでしょうか?
マガジン編集部
数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。
最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。
読者
リモート業務の前後や休憩時間に自宅でさくっと相談できると便利ですね。
読者
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談できるとよいですね。
マガジン編集部
カメラを使用する相談や、電話のみでの相談を実施している会社もあるので、まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

読者
相談担当者って、どこも同じではないのですか?
マガジン編集部
実は、担当者は相談所によって異なり、担当者全員がFPをはじめとする資格を所持しているとは限りません。
FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。

読者
ということは、比較できる対象が多いほうが自分や家族により最適な商品が見つかりやすいということですね!
マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手でしょう。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合、無料で変更し、違う相談員に再度無料で相談をすることが可能です。

読者
しかし、できるならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいです。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

ネット保険をおすすめする人

以上のことから、ネット保険をおすすめする人とは以下のような人が挙げられます。

ポイント

  • ある程度は保険の知識がある人
  • 自分が入るべき保険が明確な人
  • 保険料をできるだけ安くしたい人
  • 店舗に出向いて担当者と相談する時間がない人
  • シンプルな保険を希望する人
  • 見直しや請求手続きを自分で行いたい人

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ある程度は保険の知識がある人

対面販売であれば担当者が不明点を丁寧に説明してくれるため、事前に予備知識がなくても保険の内容を理解することができるでしょう。

免責などの保険適用にならないケースなど申込者にとって不利になり得ることも、説明を受ければ理解できます。

一方のネット保険では、加入する商品を自分自身で選定して申し込みする必要があります。

マガジン編集部
もちろん不明点はコールセンターに電話して確認できますが、何も分からない状態では「何を質問してよいかも分からない」となってしまいがちです。

読者
自分自身で保険のメリット・デメリットを把握できる知識がある人のほうがネット保険には向いていそうですね。

自分が入るべき保険が明確な人

ネット保険では、どの保険にするか相談する相手がいません。

保険会社への見積もり依頼や加入手続き、告知まですべて行うのは「自分」です。

注意点

  • 自分で「入るべき保険」について決められる人、今すでに決まっている人であれば、迷うことなく加入できます。

     

  • 一方で入るべき保険が分からない場合は、自分で商品を決めてしまうことで将来的に「保障が足りない」といった結果になりかねません。

保険料をできるだけ安くしたい人

すでに紹介した通り、ネット保険では店舗型・対面の保険と違い、以下のようなコストがかかりません。

 ネット保険ではかからないコスト

  • 店舗のテナント料・家賃
  • 営業マンの人件費
  • 事務費用

これらの費用がかからない分、同じ保障内容でも対面よりネット保険の方が割安です。

マガジン編集部
わずかでも保険料を安くしたい人にとっては、ネット保険の方が有利です。

店舗に出向いて担当者と相談する時間がない人

ネット保険はインターネット環境さえあれば、パソコンやスマートフォンなどから24時間いつでも申し込みができます。

店舗型は営業時間外に申し込みできないため、夜しか空いていない人は申し込み手続きがなかなか進みません。

読者
ネット保険は自分が空いた時間で申し込むことができて、店舗に移動する手間や営業マンの訪問時間に合わせてスケジュールを調整する手間が必要ありませんね。

シンプルな保険を希望する人

対面販売では終身保険・養老保険などの貯蓄性が高い保険や変額年金保険、外貨建て保険などの「運用結果次第で損をする可能性がある」ような保険も販売しています。

ポイント

  • 一方のネット保険では「死亡時に指定額が受け取れる」という形のシンプルな設計の保険がほとんどです。

     

  • 定期保険や収入保障保険など、掛け捨てでシンプルな保険に加入したいと思っている場合は、ネット保険の方が割安な保険料で加入できます。

見直し・請求手続きを自分で行いたい人

ネット保険は、最初の加入だけでなく、ライフステージが切り替わった際の保険の見直しも自分自身で行う必要があります。

また、保険金を請求するときも、自分自身でコールセンターに電話するなどの手続きが必要です。

マガジン編集部
このような手続きを煩わしいと感じる場合は、担当者がサポートしてくれる対面販売の保険のほうが向いています。

\オンライン・訪問どちらも可能/

まとめ

ネット保険には、よく知られる「保険料が安い」以外にも、「24時間いつでも申し込める」「自分で納得して申し込める」などのメリットがあります。

一方で、営業マンのサポートを受けられないことから、以下のようなデメリットがある点には注意が必要です。

注意点

  • 自分で保険を選択しなければいけない
  • 貯蓄型やリスクがある保険は選べない
  • 審査が厳しい傾向にある

対面型とネット保険のメリット・デメリットを理解し、ご自身の保険の知識や希望する商品に合わせて申し込む保険会社を決めていきましょう。

マガジン編集部
どちらが良いか悩む際は、無料で専門家に保険相談が可能な「ほけんのぜんぶ」をはじめとする保険相談所の利用をおすすめします。

\オンライン・訪問どちらも可能/

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事