生命保険は何歳から申し込むのがおすすめ?世代・男女別加入率
監修者の紹介

監修者の写真

監修者岡田行史

人材派遣会社17年経営したのち、保険代理店に転身後16年従事、2級FP技能士・トータルライフコンサルタントMDRT成績資格会員2度取得。ファイナンシャルプランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などを提案。また自らのがん闘病経験をふまえた生きる応援・備えるべき保障の大切さをお伝えしています。

読者
生命保険には、何歳から加入するのがいいのでしょうか?また他の人が、どれくらいから加入したのかも気になります。

読者
そもそも生命保険って、何歳から申し込みできるようになっているのでしょうか?

マガジン編集部
本記事では、そもそも生命保険に何歳から加入できるのかを紹介した上で、生命保険へのおすすめの加入年齢、年代別の加入率について見ていきましょう。

この記事の要点

  • 1.死亡保険や医療保険、がん保険、個人年金保険といった通常の生命保険の場合、契約者や被保険者として加入できるのは16歳ごろからという傾向にある。(保険会社・保険商品・契約内容によっては0歳から申し込みできるものもあります。)
  • 2.生命保険への加入は年齢よりもライフステージから考慮すべきだが、20代・30代から加入しておくのがおすすめ。
  • 3.最も加入者が多いのは40代で90%以上の人が加入しているが、30代から加入者数が一気に増加している。
あなたや家族に最適な保険は、「ほけんのぜんぶ」の専門家が無料で相談・提案いたします!

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

この記事は5分程度で読めます。

生命保険は何歳から申し込みできる?

読者
生命保険には通常、何歳から加入できますか?

マガジン編集部
生命保険の加入年齢は、生命保険の種類や各販売会社によって異なります。ここでは、次の3つの生命保険の種類ごとに何歳から加入できるのかを確認していきましょう。

加入できる年齢別に見た生命保険の種類

  • 一般的な生命保険(死亡保険や医療保険、がん保険、個人年金保険など)
  • 学資保険
  • 子ども向けの生命保険

また加入できる年齢には「保険契約できる年齢」と「被保険者年齢」の2つの見方があります。

ここで両者の定義を確認した後に、種類ごとの両者の年齢を紹介します。
保険契約できる年齢とは?
保険契約できる年齢とは、生命保険の契約者になれる年齢のことです。本記事では、契約者年齢とします。
被保険者年齢とは?
被保険者年齢とは、加入する生命保険における対象者になれる年齢のことです。

マガジン編集部
ちなみに契約者とは、保険料の支払いや契約内容の変更など、加入した生命保険に対して一定の責任と権利をもつ人のことで、被保険者とはその人に病気・ケガなどの保険金の支払い事由が発生したときに保障を受けられる人のことです。

一般的な生命保険の場合

ここでいう一般的な生命保険とは、死亡保険や医療保険、がん保険、個人年金保険など、幅広い年齢層を加入対象者とした生命保険のことです。

一般的な生命保険に加入できるのは、何歳から?
一般的な生命保険に加入できるのは、多くの生命保険では契約者年齢、被保険者年齢ともに16歳ごろからとなっています。(保険会社・保険商品・契約内容によっては0歳から申し込みできるものもあります。)
なかでも18歳以上に設定している商品が多い傾向にあります。

読者
いわゆる、「成人」に近い年齢からの加入が前提とされているのですね。
その理由として、考えられるのは次の2点です。

一般の生命保険に加入できる年齢が成人程度を前提としている理由

  • 社会人になる前のまだ働いていない子どもでは、責任をもって生命保険の保険料を支払えないから。
  • 成人と未成年では、必要な保障内容が異なり、未成年に特化した生命保険があるから。

学資保険の場合

そもそも学資保険とは?
学資保険とは、一定の保険料を支払うことで子どもの進学や成長に合わせて、祝金や満期保険金などを受け取れる貯蓄型の保険のことです。

もちろん、学資保険も生命保険の一種ですが、一般的な生命保険と異なる点があります。

マガジン編集部
それは、「被保険者が必ず子どもであること」です。

そのため、必然的に被保険者年齢が、変わってくるでしょう。

 

学資保険に加入できるのは何歳から?
学資保険に加入できる年齢は、契約者年齢の場合、一般の生命保険とあまり変わらず18歳からであることが多く、被保険者年齢(子どもの年齢)は0歳からと設定されていることが多いです。
また取り扱っている生命保険会社によっては、子どもが生まれる前から学資保険に加入できるものもあります。
ただ、学資保険には、次のような注意点があります。

学資保険の注意点

  • 子どもは0歳から加入できますが、加入できるのは多くの場合6歳までと短く設定されています。
  • また子どもの年齢が若い方が総支払保険料が少なくなり、逆に加入年齢が高くなると総支払保険料も増えます。
  • そのため、学資保険への加入を検討される場合は、なるべく早い時期に加入するのがおすすめです。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

子ども向け保険の場合

子ども向け保険とは、子どもの死亡や病気・ケガに備えるための保険です。

子ども向け保険もその名の通り、被保険者が子どもなので、学資保険と同じように被保険者年齢と契約者年齢が異なります

子ども向け保険に加入できるのは何歳から?
子ども向け保険に加入できるのは、被保険者(子ども)が6歳から、契約者が18歳からとなっている商品が多いです。(なかには、被保険者が0歳から申し込みできる保険もあります。)

マガジン編集部
子どもの加入年齢が6歳からと設定されているのは、6歳未満には小児特有の疾病などにより、生命保険の保障が適用される可能性が高く、生命保険会社が背負うリスクが高いことが考えられます。

 

生命保険は何歳から申し込むのがおすすめ?

読者
生命保険に加入できる年齢は、わかりました。ただ、何歳から加入するのがおすすめなのでしょうか?

マガジン編集部
大前提として、生命保険の加入は「年齢」で決めるよりは「ライフステージ」ごとに加入を検討するのがセオリーです。

 

ポイント

  • つまり、独身であるときと、結婚し子どもが生まれたあとでは、加入すべき保険やその保障内容も異なっていきます。
  • 例えば独身でまだ若いなら、死亡リスクが低い上に死亡しても、遺族が経済的に困ることはありません。
  • 一方で幼い子どもがいて、将来的な養育費がかかると予測できるなら、自分が死亡しても遺族の生活が困らないように死亡保険への加入が必要になります。

 

そのため、明確に「何歳から加入しておくのがいい」という決まりはありません。

マガジン編集部
ただし、それでもあえて「何歳から生命保険に加入しておくのがおすすめか」という疑問に答えると、「20代・30代」のうちに加入しておくのがおすすめです。

その理由は、結婚し子どもをもうけて家庭を築く人の割合が増加するからですが、他にもあります。

生命保険に20代・30代のうちに加入しておくべき理由を、下記でメリットとして説明します。

生命保険に20代・30代で加入するメリット

20代・30代で生命保険に加入するメリットは、次の通りです。

生命保険に20代・30代で加入するメリット

  • 保険料が低い
  • 生命保険に加入しやすい

それぞれのメリットについて解説していきます。

保険料が低い

同じ保償内容で40代以降に加入するより、20代・30代のうちに生命保険に加入すると、保険料が低いです。

なぜなら若いと比較的健康であるため、死亡や病気・ケガをするリスクが少ないためです。

マガジン編集部
そして若いうちに加入しておくと、将来的な保険料の値上がりも少なく、総支払保険料は40代以降に加入するよりも少なくなる可能性が高いです。

読者
どのみち同じような保障を受けるなら、保険料が安いに越したことはありませんね。
そのため、生命保険への加入は若い20代・30代のうちにするのがおすすめです。

生命保険に加入しやすい

また20代・30代の人は、それよりも上の世代の人より生命保険に加入しやすい傾向にあります。

マガジン編集部
それは持病や入院歴をもつリスクが少なく、告知や医師による診断に引っかかりにくいからです。
多くの方がご存知のように、生命保険に加入するには告知や医師の診断といった、生命保険に加入できるかどうかを測るための健康審査があります。

注意点

  • 生命保険会社からすると、死亡や病気のリスクが高い人を被保険者にしてしまうと、想定以上の保険金支払いが発生する恐れが高くなり、他の加入者との公平性の観点からも望ましくありません。
  • そのため、持病や入院歴にある方は、生命保険に加入しづらくなる傾向にあります。

読者
つまり、年齢を重ねれば重ねるほど、持病や入院する可能性が当然高くなるわけだから、そうなる前に早めに加入しておくのがいいということですね!

マガジン編集部
はい、その通りです。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

生命保険に20代・30代で加入するデメリット

一方で生命保険に20代・30代で加入すると、次のようなデメリットもあります。

生命保険に20代・30代で加入するデメリット

  • 保険料が負担となる
  • 他の資金の活用の機会を失う

それぞれ、見ていきましょう。

保険料が負担となる

生命保険に加入するということは、当然、保険料を支払わなければなりません。

確かに若いうちに生命保険に加入すると、保険料は比較的安くなります。

マガジン編集部
しかし、保険料が、若い人にとって負担になることは避けられません。

 

注意点

  • というのも、特に20代は、まだ社会人になりたての人ばかりで、収入が他の世代に比べて低くなっています。
  • いくら保険料が安いとはいえ、月に数千円から1万円ほどの料金がかかることは避けられません。
  • まだ収入が低い20代にとっては、保険料を支払ったからといって、すぐに価値のあるものを手に入れられるわけでもないので、大きな負担に感じるでしょう。

また30代にとっても、家族が増え家計の負担や責任が増す時期であるので、保険料は負担になりますね。

他の資金活用の機会を失う

人の死亡や病気・ケガ、老後の生活資金に備える手段は、生命保険だけではありません。

資産運用や貯蓄など、いろいろな方法があります。

ただ生命保険に一定の保険料を支払っていると、なかなか他の手段へ資金を回すことができません。

つまり、資産を生命保険以外に有効活用する機会を失ってしまうのです。

読者
たしかに、もし資産運用で高利回りを実現できたとしたら、生活資金のゆとりが生まれるかもしれませんよね。

マガジン編集部
おっしゃる通りです。特に若いうちは、何通りものお金の有効活用方法があるので、その機会を慎重に考えることが大切です。
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

各種生命保険に新規で加入したいけれど、自分ではどんな保障が必要か分からず困っていませんか?もしくは、既に加入している各種生命保険が現在のあなたや家族に最適かどうか分からず迷っていませんか?

どの商品が最適か分からない方や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい方は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。

 無料の保険相談所とは
  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.家計や収支、将来のことも合わせて相談でき
  • 4.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ5選をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

おすすめの保険相談所1つ目は、当社「ほけんのぜんぶ」です。

「ほけんのぜんぶ」のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数38社
  2. 相談員は、FP資格取得率100%(※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応(※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる

相談員の質が高く、また無料で保険相談をするだけでプレゼントがもらえるのも嬉しいポイントです。

取扱保険会社数

合計:38社 
(生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

2.保険マンモス

おすすめの無料保険相談所2つ目は「保険マンモス」です。

保険マンモスのここがおすすめ!

  1. 相談満足度95%※1
  2. 保険相談に関する調査で三冠達成!※2
  3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
  4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度

相談満足度も実績も多くあり、安心して相談ができると定評があります。

※2 保険マンモスが達成した三冠とは
自分にあった保険がみつかる保険相談所/ 優秀なFPに相談できる保険相談所 / 知人に紹介したい保険相談所
取扱保険会社数

提携先による

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/旅行保険/ペット保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 提携先による
キャンペーン あり

保険マンモスでは、無料保険相談後に豪華プレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!

※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

3.マネードクター

おすすめの無料保険相談所3つ目は「マネードクター」です。

マネードクターのここがおすすめ!

  1. 取扱保険会社数31社 ※1
  2. FP資格を保有したプロが全国に1,270人も在籍 ※2
  3. 相談満足度92.9% ※3
  4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
  5. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ大切なお金のこと全般相談できる
  6. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!

無料の保険相談窓口としてテレビCMも行っていることからご存じの方も多いマネードクターは、保険のことと同時に他のお金についての悩み事も相談できるため頼りになりることうけあいです。

取扱保険会社数

合計:31社 ※1
(生命保険:22社 損害保険:9社)

主要商品 生命保険/医療保険/がん保険/火災保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

マネードクターでは、無料保険相談の予約時にお好きなプレゼントを選択し、相談後にもれなくプレゼントを受け取ることができます!

ただし、プレゼントはこちらのページからの無料保険相談のみ限定となりますのでご注意ください。

※1…2021年10月現在
※2…2020年度実績
※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

4.保険市場

おすすめの無料保険相談所4つ目は「保険市場」です。

保険市場のここがおすすめ!

  1. 取扱保険会は業界最大の84社
  2. オンラインでの相談が可能
  3. 業界のなかで老舗
  4. 東証一部上場企業

取扱保険会社数は国内最大級で、老舗でありながら東証一部上場企業であることで安心感があります。

取扱保険会社数

合計:84社 
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン なし

5.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所5つ目は「保険無料相談ドットコム」です。

保険無料相談ドットコムのここがおすすめ!

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
取扱保険会社数 合計:22 
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

無料の保険相談窓口はショッピングモールやテレビCMで見たことがあれど、実際に利用をしたことがないと、何を基準に窓口を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、以下の項目をチェックするとよいでしょう。

最適な保険相談所の選び方
  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現在では各社がオンラインでの相談を実施しています。リモート業務の前後や休憩時間はもちろんのこと、お休みの時間などさくっと相談できるので大変好評なサービスです。
わざわざ外出するのは控えたいときも、気軽に自宅で相談ができます。
POINT
カメラを使用する相談も、電話のみでの相談も実施している会社もあります。まずは利用してみるのもよいかもしれません。
その他にも、よく利用するショッピングモールや駅の近隣にある店舗での相談ができる「店舗型」や、職場や自宅近くのカフェやファミレスで相談ができる「訪問型」もあります。
マガジン編集部
その時の状況でご自身に合った方法で気軽に相談できるところが無料の保険相談所の魅力です。

2.相談担当者が専門知識を有しているか

無料の保険相談窓口は多くありますが、相談に乗ってくれる担当者はどこも同じではないかと思われがちですが、実は、担当者は相談窓口によって異なることはもちろんのこと、店舗によっても異なります

保険の相談に乗ってくれる担当者全員がFPをはじめとする資格を持っているとは限りません。FPとは、以下のような幅広い知識を持ち合わせている者を指します。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは
  • 保険
  • 教育資金
  • 年金制度
  • 家計にかかわる金融
  • 不動産
  • 住宅ローン
  • 税制など

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、有益な提案やアドバイスができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、複数の保険会社の商品を比較・検討できるという点が挙げられます。比較できる対象が多いほうが、ご自身や家族により最適な商品が見つかりやすいということに繋がります。

マガジン編集部
取扱保険会社数を1つの指標に相談所選びをするのも1つの手です。

それでもどこにするか迷ったら

どの相談所も、もしも相談に乗ってくれる相談員を代えたい場合は無料で変更することが可能で、違う相談員に再度無料で相談をすることができます。

しかし、できることならば初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しいですよね。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「ほけんのぜんぶ」で相談をすることをおすすめします。

おすすめの無料保険相談所ランキング1位:ほけんのぜんぶ

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

みんなは何歳から入ってる?

読者
生命保険に加入できる年齢やおすすめの加入年齢についてはわかりました。ただ、他の人は何歳から加入しているのでしょうか?

マガジン編集部
20〜60代の男女別の生命保険加入率は、次のようになっています。
各世代の男女別生命保険加入率
年代 男性 女性
20代 58.5% 59.9%
30代 82.4% 82.8%
40代 91.0% 89.0%
50代 86.1% 87.3%
60代 82.9% 84.5%

 

20代が男女ともに50%台とともに低く、30代から加入率が一気に増加していることがわかります。

それ以降の世代はすべて80%以上をキープしていますね。

マガジン編集部
このことからわかるように生命保険への加入者数は、20代ではまだ低く、30代に一気に増加の傾向にあるようです。

読者
つまり、多くの人は30代になって加入の検討をするのですね。
それでは、以下で世代ごとの加入者状況を、もう少し詳しく見ていきましょう。

20代

20代の生命保険への加入率は男性58.5%、女性59.9%と6割弱の方が加入しています。

ただし、全世代のなかでは最も低くなっているのがわかりますね。

その理由は、次のように考えられます。

20代の生命保険への加入率が最も低い理由

  • 若く健康であるため、生命保険の必要性を感じていない
  • 扶養家族がいないため、死亡保険を中心に必要性を感じていない
  • 所得の低い人が多く、保険料を支払う経済的余裕がない
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

30代

30代は、男性82.4%女性82.8%となっています。

特徴的なのは、20代に比べて、大幅に加入率が増加している点です。

その理由として考えられるのは、次のようなことです。

30代で生命保険への加入率が急増する理由

  • 結婚や出産を機に扶養家族が増え、死亡保険の必要性を感じた
  • 経済的にゆとりが生まれて、生命保険の加入の負担が相対的に減少した
今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

40代

40代になると、特に男性は90%以上の人が生命保険に加入していることが分かります。

それは、以下のような理由が考えられます。

40代の加入率が90%を超える理由

  • 子どもが成長し、より一層、家計を支える人の経済的な責任が増した
  • 30代からさらに収入が上がり、生命保険への加入がしやすくなった
  • 健康や老後資金への不安が、現実的に感じられるようになった

\相談無料でプレゼントあり/

50代

50代は40代からやや減るものの86%以上と、依然として加入率は高い水準を維持しています。

50代の生命保険への加入率が高い理由

  • まだ学生の子どもを抱えている家庭も多く、経済的責任が大きい。
  • 健康や老後資金への不安が増大している

60代

60代は、ほとんどの世帯で子育てが終了し、生命保険への加入が少なくなりそうですが、依然として80%を超える高さとなっています。

その理由として考えられるのが、「健康に不安が出てくるので、入院や手術に備えられる医療保険に継続して加入している」ことです。

60代は、その年齢から当然、病気・ケガをする恐れが高まります。

そのリスクに備えるため、生命保険を解約せずに、加入を続ける傾向にあるのです。

\相談無料でプレゼントあり/

まとめ

生命保険は、18歳ごろから申し込みができるようになります。

そのなかでも、家庭において経済的負担が増す、20代・30代から加入することをおすすめします!

多くの人も30代から加入し、40代には9割以上の人が、生命保険に加入しています。

生命保険への加入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

今ならゆめぴりか米プレゼント
FPに相談する(無料)

 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、保険加入その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります
おすすめの記事